ある参考書に円高になると輸入品の円建て価格が上昇
         円安になると輸出品のドル建て価格が上昇と記載されていたのですが

 そもそも円建て・ドル建ての使い分けの規則のようなものはあるのでしょうか?
  (例えば輸入の時は円建てであるとか・・)

  円高 1ドル 100円が80円になる  → 輸入に有利
  円安 1ドル 100円が200円になる → 輸出に有利 までは理解出来るのですが

  仮に円建てで100円で取引していたものが、円高になり80円になる、
     そうなると損をした=円建て価格が上昇という事なのでしょうか?

  今ひとつ円建て・ドル建てが理解できていません。
  どなたかわかりやすくご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



少々強引な考え方ですが、紹介しておきます

1ドル=200円

というのは、よくみる形だと思います

これが 1ドル=100円 になったとします。

これはわかると思いますが円高です。

これはドル基準で考えているから、不思議に思ってしまう人が多くいます。

では円基準(100円)で考えてみましょう。

1ドル=200円  →  100円=0.5ドル

これが、変化すると

1ドル=100円  →  100円=1ドル

このように円基準でみてみると、0.5ドルから1ドルにあがっています。

なのでこのような場合は「円高」となります。

本題ですが、「円建て・ドル建て」とは、取引に使われる通貨によってきまります。

「円高=ドル安」のように「円建て価格が上昇=ドル建て価格が下降(減少)」と考えてみましょう。

「仮に円建てで200円で取引していたものが、円高になり100円になる」のとき

先程あったように、円の価値が上昇しています。

つまり、「円建て価格=円の価値」ということになります
    • good
    • 5

為替は 過去こにおいては、その国の力か関係でした。

先の戦争で負けた日本は、実質的に米国の植民地でした。東西冷戦が激しかった当時、米国は、日本を安定的な極東基地にする必要がり、1$=360円の固定相場に設定した。

以降 日本経済の発展とともに、自由相場に移行し、今日に至る。この時は、圧倒的な 米国の 軍事力・政治力・経済力があって、輸出は 基軸通貨の地位を確立した米ドル建てでした。 一部 円建てもありましたが、基本的に自分中心に世界が廻っていると思っている米国は、一切為替リスクと 負担(ドルから円への転換費用発生を嫌う)を 避けるために、ドル建てしかなかったと 言っても、過言ではありません。

経済の発展とともに、二次産業の衰退顕著になると、国内メーカーが無くなり、商品は 主として日本を含むアジアから買わざるを得なくなります。基軸つうかの地位を利用して、怠惰になったべき国民は、輪転機を回してドル札をするだけで、物が替える安易な道をたどります。 そうすると、累積赤字が膨大になってきます。 それでも、まだ他国の経済力が 落ちているので、相変わらず、ドル建て決済しか通用しません。 特に、中東の石油の利権を独占してきた米国のドルに逆らえる勢力は、中々
育ちません。 そうした中で、国ごとに違う通貨だった。ヨーロッパは、ヨーロッパ域内のスムースな経済流通の目的もあるが、米ドルの対抗する勢力となる思惑もあって、ユーロが誕生した。 ユーロは、一大勢力になりつつありました。 

米国は、金融以外に さしたる産業も無くなり、石油の利権と 農業(小麦・牛肉等)と金融しか メインの産業が無くなると、
銀行・証券が、世界中の株価や為替相場を操作したり、自分だけが儲かれば、他国がつぶれようが一切オカマエなしの、新手のヘッジファンドの登場で。世界の為替相場が、めちゃくちゃになりつつあります。
ヘッジファンドは、主に膨大な金額(数千億円から数兆円)の金を使って 空売りをして、多くの投資家が 狼狽売りすると輪をかけて、空売りし、そこについた辺りで、買い戻し、膨大な(天文学的な) 利益を出します。 いまの 米国の現状は、ろくすっぽ、汗水流さず、エアlコン効いた部屋で パソコンに向かって、ボタンを押すだけの国民になり下がっています。

このヘッジファイドが、まっ差に 世界の為替相場を動かしています。 現在ユーロ不安も、米国ヘッジファンドが ギリシャ・スペイン・ポルトガル・イタリア等の財政不安を煽り出し、格付け会社というのを利用して、格付けを下げ、世界の投資家の不安を煽り、そこでまた、空売りを始めるのです。 それを知ってる、ヨーロッパ人は 必死にこれらの危ない国々を、支えようとしているのです。 因みに 日本でも山一証券や いくつかの国策銀行がつぶれたのも、先ず 米国格付け会社がシャシャリ出て格付けを下げ、空売りから始まりました。 場合によっては、超安価に損会社を買い取り、メチャクチャなリストラをして、身軽になって チョッと利益が出始めたら、日本の生き残った企業に 従来よりは安い価格で売りつけ、さらに儲けるというのが、日常茶飯事なのです。

過去の経済力と 天文学的ドル札の印刷で超過剰に市場にある現状では、 市場を圧倒していて、どの国も 今は 逆らえないのです。札の数の多さは、力となっているのです。

米国の石油会社を追い出して、自国の力だけで石油のりけ気を出している中近東の国々は、ドル以外の通貨での通商の決済をしようとしています。 これに、もともと米国と対立極にあって、現在経済力が高まりつつあるロシアや中国が 賛同しつつあります。

日本は 戦後60年自民党政権は、ずーっと 米国の植民地的にペコペコした 土下座外交しか してこなかったので、未だにドル一辺倒です。 世界の経済力が、世界第2位にいた昭和時代も、第3位の今も、円の国際化をせず、米国ドル建てにしています。
日本は、 米軍に安全保障をしてもらっているという意識が、自民党にも 民主党にもあり、自立する気迫はありません。
だから、沖縄住民の意向や希望を無視して、米国の言うなりに いつまでも基地を押し付けているのです。全く、情けない話です。 米国を怒らせたら、貿易(輸出)出来なるなるという恐怖心があるのでしょう! 
中国のように、協調すべきはするけども、自国の利害に関わる時は、自分の要求を毅然とした態度で行う肝の据わった政治家がいないので、先ず 円建て貿易は 無理でしょう。

嘗って、橋本首相が、日本の財政が 今と同じ苦しい時に、日本が貿易で儲けたドルで、米国債を大量に買っていたその一部を売ろう公表したら、米国政府から恫喝され、その主張を引っ込めた経緯があり、それを今の政治家が皆 知っているから、何も言えない、情けない 政治が続いているのです。

しかし、いつまでも ドル安・円高政策をとれば、米国内への輸入金額(輸入物価)が上昇し続け、いずれ、破綻するでしょう。
日本は日本で、米国経済を相手にするより、アジアを中心とした経済発展が著しい国々へ貿易した方が、売上が上がります。
これらの国々も 米ドルに浸り始めています。 今年になって、米大統領がアジア重視を言い出したのは、アジアを完全に
ドル圏にしたい為です。 TPPを米国が推進するのも、当然 アジア太平洋地域にドル経済圏を確立したい為です。

政治と経済は 一体なのです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Q円高、円安と国内の不動産価格

円高、円安が国内の不動産価格に影響を与えるのは、外国投資家による不動産取得コストの高低が不動産に対する需給に影響を与えるからなのでしょうか?

Aベストアンサー

勿論そのとおりです。それにもう一つの要素としては将来予測が関係して来ます。将来更に円が高くなって行くと予測されると、不動産取得が投機の対象となり、需要が高まります。逆なら需要が低くなります。

QAUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いま

AUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いますか?
以前1ドル74円で安いと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

84円当たりを目安にされてはどうでしょうか。
豪ドルは5日に利上げの発表があるかどうか注目されていますが、
あるないに関わらずAUD/USDは調整でいったん下げると予想されています。
 
対して日本は金融緩和が決定しており、これも5日に内容が公表されます。
恐らくこれで円安方向に動いて行くだろうと予想されています。
 
総じていえばAUD/USDの下落調整スピードよりも
USD/JPYの方が早く上がるだろうと見られ、
欧州系の銀行アナリストは84円まで行くと予想しています。
 
90円近くまで行くかもしれませんが、年末に向けてドルの需要が高まるので
多くは望めないと思います。
 
これは予想であって内容を保証するものでないことを断っておきます。

Q円建て・ドル建て

 すごく基本的なことで申し訳ないのですが、よろしくお願いします

 輸出を行う際に、200円→100円の円高になったとすると
 円建てなら影響を受けない
 (代金を円で受け取る約束だったので200円での物なら200円、受け取れますよね?)

 ドル建てならば1ドル→2ドルに上昇するため輸出が減少すると
 参考書に書いてあるのですがこの意味合いが今ひとつわかりません。
 (200円の物が100円分しか代金が貰えないのだと思うのですが。。)

 どなたかご教授ください。
 よろしくお願いします。

 
 

Aベストアンサー

200円のものをドルで払ってもらうとします。

1ドル200円の時は、1ドルもらえます、
1ドル100円の時は、2ドルもらえます。
どちらも、こちらが受け取る金額は(円に換金して戻せば)200円ですが、相手が購入する時、同じものが2倍の値段になったとき(実質、2倍の値上げ)「買う気が起こるか」って話です。

円建てなら何故影響を受けないか、の方を考えないといけませんね^^;

Q今年最後の円ドルレート

今年の12月30日の円ドルレートはいくらくらいになると思いますか?
またその理由等もお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

そろそろ状況も煮詰まって来ましたし、ある程度絞り込めたので
見解でも書こうかなと思いましたが、
質問者はかなり非礼な方のようなので止めにします。

忠告として今のドル円は触るなです。
正しいポジションの取り方というものがあります。

Q食料品価格の上昇の原因は何ですか?

食料品価格の上昇の原因は何ですか?

幅広い観点から、原因について教えてほしいです。
正解でなくても、思いついたことでかまわないのでお願いします。

Aベストアンサー

石油高騰が原因

海外からの輸入品は船舶や航空機で日本に運ばれてきますので、重油や航空機燃料代が食料品価格に上乗せされます。

魚介類は漁船の燃料がいるので価格上昇がおきます。

農業用機械(トラクターや耕運機)や農業ハウスの燃料代が高騰で農産物価格が上昇して食料価格上昇

食品運搬流通網や店舗への食料品配送に石油燃料が使われて食品価格押し上げ。

家畜飼料の高騰で牛肉、豚肉、卵の価格上昇

世界的な食料不足で価格上昇(投機マネーの流入)

石油価格の高騰で、生産者の利益率が低下して食料品価格に上乗せ。

Qドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行

ドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行へ行くと91円台だったのですが何で変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

売/買でもレートが違いますよ
売レート - 手数料

Q円高と円安のちがいって?

私は中3で、もうすぐ高校受験を控えている者です。
私は商業高校を受験しようと考えています。
推薦入試で、小論文と、面接があるのですが、その高校の過去の小論文の課題に円高と円安についての問題が出たようで、私は円高と円安の違いがよく分からないので、そのような問題が出たらどうしようかと困っています。誰か円高と円安のちがいについて教えてもらえませんでしょうか?あと、そもそも今は1ドル何円なんでしょうか?
他に、何か商業に関するニュースなどで知っておいた方がよいものなどあれば、教えてください。

Aベストアンサー

ジャイアンからのび太はりんごを買っていたとします。
この場合 ジャイアンはアメリカ。のび太は日本とします。



ジャイアンからのび太はりんご1個をみかん1個と交換してました。
ところがジャイアンはある日 のび太にりんごが欲しければ、みかん2個持ってこいって言いました。
2個持ってこなければりんご1個をやらないって言いました。
前はみかん1個もっていけばよかったのに、2個必要になった。
でも、のび太はりんごが食べたかったので、みかん2個持っていかざるをえなかった。
(ジャイアンは強くなった、 のび太は弱くなった)
(ドル強い、円弱い)→(ドル高、円安)



しかし、前みかん1個でよかったのに、、と思ったのび太はドラエモンに泣きつきました。
ドラエモンはしょうがないなあと思いつつ、かわいいのび太のため、ジャイアンに「どうしてもみかんを食べたいぞ」光線を浴びせました。
ジャイアンは無性にみかんが食べたくなり、のび太にみかん2個とりんご一個を交換しようと言いました。
ところがのび太は、「別にりんごいらないから交換しなくていい」って言いました。
どうしてもみかんが食べたいジャイアンは、「そんなこと言わないでよ。そうだ りんご10個とみかん1個でいいからくれよ」って言いました。

今度はジャイアンが損ですよね?
だって前は1個のりんごで2個のみかんが手に入ったのに、今では10個も持っていかないと、みかん1個が手に入らないのだから。
ジャイアンはみかんの価格が上がったと思いました。

(ジャイアン 弱くなった、のび太 強くなった)
(ドル安、円高)

ジャイアンからのび太はりんごを買っていたとします。
この場合 ジャイアンはアメリカ。のび太は日本とします。



ジャイアンからのび太はりんご1個をみかん1個と交換してました。
ところがジャイアンはある日 のび太にりんごが欲しければ、みかん2個持ってこいって言いました。
2個持ってこなければりんご1個をやらないって言いました。
前はみかん1個もっていけばよかったのに、2個必要になった。
でも、のび太はりんごが食べたかったので、みかん2個持っていかざるをえなかった。
(ジャイアンは...続きを読む

Q円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いて

円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いていますが,ユーロはどこの影響で動きますか?

ユーロはイギリスポンドが要因で動いているのでしょうか?

Aベストアンサー

ユーロは基本的にユーロ加盟国の動向によって動きます。
ユーロ加盟国が多いほど、影響を与える国の数も多くなり、
ユーロが揺さぶられる可能性も高くなります。

また、ユーロ円であれば円の影響を受け、ユーロドルであれば
ドルの影響を受けます。
為替レートはシーソーと同じと考えて下さい。
一方が下がると一方が上がります。
ユーロポンドであれば、イギリスポンドの影響でも動きます。

Q「円高」と「円安」の発生要因は何なんでしょう?

「円高」と「円安」の要因は何なんでしょう?

国際経済上どういう要因から「円高」や「円安」になるのか詳しく誰か教えていただけますとありがたいのですが----。
言葉の意味だけでなく要因を知りたくなりまして。

高等学校の公民科「現代社会」や「政治・経済」の授業で触れるという立場からの説明だとさらに有難いです。

Aベストアンサー

各国の経済状況が関係しています。
好況ですと、株価の上昇を見込めるので投資マネーが集まる、
利子率が高いので貯蓄に有利などで
その国の通貨が買われるようになります。
かりに1ドル=120円だとして
アメリカがさらに好況になっていくとすれば
1ドル130円にもなるかもしれません。

逆に大不況になれば最悪、国家破綻もありうるわけで
そんな通貨は持っていたくないと考えると思います。(極論)
もしアメリカがそのような危機に陥れば
1ドルが120円と交換できるでしょうか。
やはり1ドル80円とか70円とかだんだん下がっていくと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報