新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

研究職について

大卒から研究職に就くためには、
国家公務員第1種採用試験や地方公務員上級職採用試験を受けることで可能だとサイト上で見ました。

しかし、この試験について詳しく知らない、また改正があるとか・・・よく分かりません。

試験内容や、どんなことを勉強すればいいのか、
また他に研究職に就くためにどんな方法があるのか教えてください。

自分は大学1年 食物関係の学部 大学院はお金の関係上厳しいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

k1ll5pさん こんばんは



 学部しか卒業してない人が、どうやって研究職に就職出来るかの質問と考えて答えますね。

 一般に研究職に就職するとなると、最低条件が大学院修士課程を卒業した人となります。それは理系の大学の学部は高校までの化学や物理・生物と言う授業で行う実験より数ランク上の実験を行う授業があるのですが、それでもテキスト通り行えばだれでも同じ結果が出る内容です。そして実験方法等は、学生自身が考えて行う事は有りません。しかし大学院で行う実験は、テーマそのものは担当教授から与えられるものの、どう言う器具を使いどう言う実験を行えばテーマをこなす事が出来るかはご自身で考えないとなりません。その為に色々な実験器具の使い方を学ばないとなりません。
 研究職で就職すると言う事は、就職先に実験器具の使い方を勉強しに通うのではなくて、学生時代に学んだ色々な知識(含む 実験器具の使い方等)を用いて就職先に利益をもたらす結果を出す為に通う所なんです。したがって有る程度の実験器具の使い方が解っている方が就職試験を突破出来ると言う事になります。以上の様な理由より一般的には大学院修士課程以上を卒業した人が研究職に就職出来る訳です。

 以上は一般論の話しで、学部しか卒業してない人でも研究職に就職出来る場合があります。1つの例が、ノーベル賞を受賞された島津製作所の田中質量分析研究所長さんです。彼の場合は確か東北大学の学部しか卒業していません。と言う例も有りますので、学部卒で研究卒に就職出来る可能性は0%ではありません。
 では上記の様な学部卒で研究職に就職した方がどんな仕事をしているかですが、研究職とは名ばかりな仕事をしています。例えばメインの研究員の実験準備等(実験器具の組み立てや実験終わった後の器具の洗浄等で別な言い方をしたら「研究補助」です。)がメインの仕事です。またはメインの研究者の指示通りに実験をこなすと言う仕事をしています。メインの研究者の様にご自身で考えた通りの実験を行える事はほぼ有りません。そう言う仕事で良いのであれば、学部卒で成績がトップクラスの人なら名ばかりな研究職へ就職出来る可能性は有ります。上記した田中研究所長さんの場合は、メインの研究者に言われるままの事をしていた所、あれ???変だぞ???と思う事が起き、それを元にノーベル賞まで繋がる事になります。この様な事は研究補助と言う仕事をしていたら100年仕事をしていても1回有るかどうかの難しい事なんです。

 では公務員の場合はどうかですよね。公務員での研究職はほぼ専門職で、その職種に空きがない限り募集は有りません。一般の公務員試験とは別枠での試験になります。例えば国立大学医学部付属病院や公立病院の医師や看護師・薬剤師と同様な扱いで、一般職とは別扱いの募集になります。つまりその職種に空席があった場合のみ募集があると言うのが実態です。そして行う試験内容は、専門の試験以外に国家公務員で有れば国家1種と同様の一般教養の試験・地方公務員の場合は地方上級職と同等の教養の試験が行われます。この試験に合格出来れば、仮に学部しか卒業してない方でも大学院卒の方と同様に仕事をする事が出来ます。この点が一般企業に就職する場合との違いです。だたしそう言う職種での公務員へ就職を考えている方では、例えば東大や京大の学生の場合大学合格した翌日から将来の公務員試験合格を目指して一般教養の勉強を始めています。そう言う方と同じ試験を受けて勝ち抜いてなる職ですから、今から3年後の試験に向けての勉強を始めないとなりません。そう言う一般教養の試験は、高校3年間で習う全ての科目から出題されると言われています。k1ll5pさんの場合は、たぶん大学入学が決まってから約3ヵ月間高校時代の勉強はしてないでしょうから、日々高校時代の学力は低下していると考えて良いですね。今からでも遅くないですから(まだ勉強してない期間が3カ月しかないので・・・)高校3年間の総復習から始められたら良いと思います。具体的にどう言う試験内容の一般教養の問題が出題されるかは、大きめの本屋さんで公務員向けの本が何種類か売られているので、それらを参照されたら良いと思います。

 以上何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 1

研究所を持っている国の機関であれば、国家1種、2種で採用の後、人事異動として研究所で研究官として配属される場合もあります。

ただし人数的には少ないと思います。
試験内容は人事院のホームページをご覧下さい。
http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm
勉強内容は書店で対策本がたくさん売られているのでそちらを手にとってご覧下さい。

もうひとつは、はじめから研究職として採用されるパターンです。ほとんどが博士号取得者を対象としています。
大学院は金銭的に厳しいということですが、それについてアドバイスします。
・大学院に進学すると法律的には親の扶養を外れるので、奨学金を受けやすくなる。月々十数万円を借りることも可能。
・研究室によっては研究補助員、TAなどとして大学院生を雇用してくれる場合もある(月々数千円~数万円の収入ができる)。
・博士後期課程に進めば、成績優秀者は学振といって研究費+生活費を助成されるシステムもある(立派な給料取りになれます)。
・学部生のうちに真面目にバイトしておけば、大学院の学費くらいは貯められる。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やっぱり大学院に行くほうが確実ですよね・・・
回答ありがとうございましたm(__)m

まだ時間はあるので、ゆっくり考えていきたいと思います。

お礼日時:2012/06/24 11:42

国家1種は、要するにキャリアという事ですよね?


研究職と何の関係もないと思いますけど?
そもそも研究職の定義からしてはっきりしないし。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

http://www.hiroshima-u.ac.jp/seisei/shinro/

ここのページのQ&Aの最後の項目に書いてあったのですが・・・
何分知識が乏しいのですいません

補足日時:2012/06/24 11:33
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公務員試験(国家1種)の研究職を受験したいのですが。

私は現在大学2年で、今度3年になります。今までは大学院に行こうと思っていましたが、いろいろ考えることがあり、国家公務員1種を受験しようと決めました。
 
 色々な予備校のパンフレットを見ましたが、いまいち私の受験したい1種の研究職というのを対象にしたものが無いので、不思議に思っています。行政とかしか載っていないのですが・・。
 
 研究職は、国家公務員では1種と2種で、あるようですが、その内容の違いについてもよく分かりません。どう違うのでしょうか?
 また3年になろうという今から勉強を始めても1種試験には果たして間に合うものでしょうか?疑問だらけで不安になっています。
 どうか知っていらっしゃる方、教えてください!

Aベストアンサー

あまり良い情報ではないです。

以前は、国家1種、2種などで、国立の研究所に入って研究職員になるコースがありました。というより、今でも一応はあるのかもしれません。が、しかし、昨今の傾向として、研究職員となるには、大学の博士課程を出て、博士号をとった人でないと採用しないようになってしまいました。一般的には、国家1種の合格者は、求人を出している役所や研究所などに面接に行ってそこで採否が決まります。で、最近は、研究所では求人を出していません。さらに、ここ数年で、研究所は独立行政法人といって、国立ではなく、法人化をどこでも目指しています。(大学もいっしょです)そうすると、職員の身分も公務員とは違った形になってくるものと予想されます。従って、国家公務員の採用試験に合格しても、研究所にそのままストレートに入る道は無くなってしまうのではないかと思います。以前は、若くして優秀な人を公務員試験で採用して、研究所内で育て上げる、というケースがありましたが、最近は、博士課程の拡充など、研究者育成は大学で行い、その中から更に優秀な方のみを一線の研究者として採用する、というパターンになっています。
もちろん、完全に道が閉ざされているかどうかはわかりませので、良くお調べになって下さい。また、行政職でも専門分野でエキスパートになれば、出向という形で研究所に行ったりして、その後研究職に転職、等というケースは考えられるかもしれません。あるいは、大学や高専の技術職員などに採用されて、教官の実験のお手伝いをしている中で、その能力を認められて、研究者として格上げしてもられる、というパターンもいくつか知っています。ただし、いずれの場合もレアなケースです。また、博士号をとるには、大学の博士課程に進学するほかに、論文博士といって、会社など(役所も?)で立派な研究をすることで、申請すれば大学で博士号を出してくれる制度があります。ただし、会社の仕事ですから、だれでも自由にそういうことができる、というわけではないので、運が必要ですかね。

あまり良い情報ではないです。

以前は、国家1種、2種などで、国立の研究所に入って研究職員になるコースがありました。というより、今でも一応はあるのかもしれません。が、しかし、昨今の傾向として、研究職員となるには、大学の博士課程を出て、博士号をとった人でないと採用しないようになってしまいました。一般的には、国家1種の合格者は、求人を出している役所や研究所などに面接に行ってそこで採否が決まります。で、最近は、研究所では求人を出していません。さらに、ここ数年で、研究所は独立行政...続きを読む

Q地方公務員(研究職)の方にいくつか質問です。

地方公務員(研究職)の方にいくつか質問です。

(先日、ビジネス&キャリア-その他-で質問しましたが、回答が得られなかったのでここで質問させて頂いた次第です)
私はこの度地方公務員技術職に合格できたものです。公務員になってからも研究は続けたいと考えており、論文投稿やセミナーの企画、外部資金の獲得も行ってゆきたいと考えています。
そこで、現在または過去に地方公務員の研究職に就かれていた方々に下記の点について伺いたいです。ご回答が可能なものだけで結構ですので、色々とお教え頂きたいと考えております。何卒よろしくお願い申し上げます。

1.論文投稿は自由にできますか?
2.与えられた仕事以外に研究を進めることはできますか?
(この質問は、自分の研究が好き勝手にできるか?という意味ではなく、配属された地方の研究機関の研究テーマとして新規分野を自分で開拓できるか?加えて、その新規研究のために配属先の機器等を利用することは可能か?という意味合いです。)
3.公務員になってから学会運営等に携わった経験のある方は、どの様に携わったか教えて頂けますか?
(公務員としての一般業務ではない学会運営等の仕事を、どの様に時間を使って行ったか?等)
4.地方の研究機関の発行する研究技術報告は、他のアカデミックポストに就職する際に、有効な論文数としてカウントされますか?また査読はあるのですか?
5.公務員研究職経験者の方で、大学教官(准教授等のパーマネント職)に転職された方は、どの程度の業績レベルが基準だとお考えですか?また、大学教官への転職した感想等あれば教えてください(例えば、大学に来てから教育に割く時間が多くて公務員の時の方が良かった、とか、予算は大学の方が多くて良いとかです。)。

宜しくお願い申し上げます。

地方公務員(研究職)の方にいくつか質問です。

(先日、ビジネス&キャリア-その他-で質問しましたが、回答が得られなかったのでここで質問させて頂いた次第です)
私はこの度地方公務員技術職に合格できたものです。公務員になってからも研究は続けたいと考えており、論文投稿やセミナーの企画、外部資金の獲得も行ってゆきたいと考えています。
そこで、現在または過去に地方公務員の研究職に就かれていた方々に下記の点について伺いたいです。ご回答が可能なものだけで結構ですので、色々とお教え頂きたいと...続きを読む

Aベストアンサー

本当は大学教員になりたかったが仮の宿として国公立研究所を選んだという感じですね。

>1.論文投稿は自由にできますか?

基本的に自由だと思います。ただし特許など直接利益に関わるものは大学と同様、制約を受けます。また公務員倫理の一環として「職務上知り得た知識を外部に漏らしてはならない」というのがありますので、例えば市役所窓口にいた人間が住民データを使って統計学的な論文を書くような行為はアウトです。

>2.与えられた仕事以外に研究を進めることはできますか?

自由に、とは行きません。基本的に研究職としておこなう研究は「業務」の一環ですから、あなたのやりたい研究が所属研究機関の「業務」の一環であると認められなければなりません。その「業務」は、狭義には各年度始めに「業務分掌」として直属上司から提示されるはずです。「業務」としての研究は、多くの場合、所属施設の設立目的に合った研究です。つまり国立衛生研究所なら日本国内の衛生に関すること、都立農業研究所なら東京都内の農業に関する研究になります。なのでもしあなたが大学でアメリカの綿花栽培の研究をしていたなら、その継続は多くの場合難しく、所属機関のカラーに見合った研究テーマにスイッチする必要があります。
ただしどの研究機関にも「基礎研究」の枠は多少なりともあるので、あなたの研究がそれに該当すると説明できるなら、継続は可能です。その場合は、あなたが出すであろう研究成果が所属機関の運営にとって何かしらのプラスになることを企画書の中で説明する必要があります。この「何かしら」の部分は非常に融通無毛であり、ケースバイケースとしか言えません。要するにあなたの文章力の勝負ということです。

とはいえ、このような事情は大学でもある程度同じです。例えば長野県立大学へ就職したら、研究テーマとしては長野県に関することが推奨されるはずで、それと大きく違うことをやろうとすると、できなくはないが肩身はせまいはずです。

>その新規研究のために配属先の機器等を利用することは可能か

業務と認められなければ、その研究はプライベートとしての範疇になります。つまり禁止はされないが、表向きは配属先の機器を使わず、業務時間外(5時以降あるいは土日)に自宅でおこなうことを求められます。なぜなら公務員には「職務専念義務」というものがあるからで、この遵守は表向き、非常に厳しいです。
ただし、あくまで表向きです。知り合いから頼まれた試料を職場の機器を借りてちょっと分析するといったことは、どこの研究機関でもあり得ることで、上司も元研究者なら大目にみることが多いです。ただし出るとこへ出れば首になるという認識をもち、目立たない範囲で行うなどの配慮が必要でしょう。

>公務員になってから学会運営

これはよく問題になります。基本的に、職場業務に関連する内容でなければ、上に記した職務専念義務に触れますので、基本的に好まれません。まあ庶務幹事みたいな事務仕事なら職場でちょこちょこやってもばれませんが、外へ出て学会発表とかなると、基本的に年休をとって行くことになるでしょう。言いかえれば、年休をとって業務時間外に行く分には、どこの学会へ行く行かないもあなたの自由ということです。

>地方の研究機関の発行する研究技術報告は・・・有効な論文数としてカウント・・・また査読・・・

所属機関が発行する研究紀要とか報告書の類ですね。まずカウントされません。査読もほとんどの場合ありませんので、将来的に大学へ移りたければ、業務として作成する報告書の類とはほかに、プライベートに論文を生産し、定評のある外部の学術誌へ定期的に出版しておく必要があるでしょう。定年まで同じ職場をつづける職員より時間的にきつくなるのは当然です。

>大学教官(准教授等のパーマネント職)に転職・・・どの程度の業績レベルが基準

一般の大学助教が「外部の」准教授へアプライするケースと同じです。分野にもよりますが、35歳なら査読つき論文10本、45歳なら20本くらいではないでしょうか。

>大学に来てから教育に割く時間が多くて公務員の時の方が良かった

ごくごく一般には、大学教員より公務員研究者の方が暇でしょう。准教授ともなると授業と学生の指導に追われ、自分では研究できないでしょう。研究できてるように見えるのは、自分ではなく学生にやらせているのです。
それでも多くの人が大学へ行きたがる理由は、大学教員のネームバリューでしょう。あと上に書いてきたような制約が少ないことも。 例えば服装も出勤時間も自由みたいなこと。 基本的に国公立研究所の研究者は公務員ですから、服装はネクタイ着用、勤務時間は(たとえ何も仕事なくても)9時5時拘束みたいなことは、職員の常識として普通に強制されます。

本当は大学教員になりたかったが仮の宿として国公立研究所を選んだという感じですね。

>1.論文投稿は自由にできますか?

基本的に自由だと思います。ただし特許など直接利益に関わるものは大学と同様、制約を受けます。また公務員倫理の一環として「職務上知り得た知識を外部に漏らしてはならない」というのがありますので、例えば市役所窓口にいた人間が住民データを使って統計学的な論文を書くような行為はアウトです。

>2.与えられた仕事以外に研究を進めることはできますか?

自由に、とは行きません。...続きを読む

Q理系院卒(修士)が公務員目指すなら

一応旧七帝大の修士課程を修了予定の者です。

当初、博士課程に進学する気でいたのですが、修士までに自身が出した実験データから修士論文をくみ上げてみて、「この程度ではとても博士とそれ以降やっていけない」と思ってしまい、心折れてしまいました。

しかし、だからと言って何もしないわけにもいかないので、就職を考えることにしました。

そこでふつうに就職するか考えたのですが、家族などは自分が競争社会にあまり向いてないだろうから公務員の法がいい、と言われ公務員を考えているのですが、正直どういったものを目指せばいいのか皆目見当もつきません。

できれば自分の地元に居たいので地方公務員かな?とは思っていますが、どんな職種が目指せるのでしょうか。

ちなみに自分は今まで生物系の研究室で遺伝子を取り扱ってきました。一応今まで浪人・留年は無しでやってきました。

ご回答をいただける方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

理系の修士課程を出ても、地方公務員になる人はたくさんいます。

やはり多いのが行政職(窓口対応から政策の企画立案まで何でもこなす一般的な公務員)です。
質問者様の場合、都道府県庁(上級職)、政令指定都市(上級職)あたりがターゲットになってくると思います。
試験では、入試センター試験のような広く浅い教養と、法律や経済についての知識が必要です。旧帝大に入れる程度の頭脳を持っていれば、半年~1年程度勉強すれば、理系でも十分通用すると思います。
なかには、こうした法律経済の専門知識を求めない(つまり、一般教養と論述試験と面接のみ)のところもあります。なおさら理系でも志望しやすいと思いますが、受験しやすいために競争率は高くなりがちです。

もうひとつは、たとえば農政局とか水産試験場あるいは博物館などを中心に活躍することが期待される職種です。採用人数は極端に少なく、試験も生物学や農学に関する専門的な知識を深く問うものになってきます。
今まで大学院で学んだ知識をフルに生かしたいのであれば、このような職種を選ばれてもよいでしょう。



あと、競争社会に向いていないとおっしゃいますが、公務員だって最終的には同期との出世競争になります。
また役所全体をみたときも、予算や補助金の獲得、企業や大規模公共事業あるいは観光客やイベントの誘致、浄水場やごみ処理場などを巡っての近隣自治体との交渉など、競争が必要な部分もあります。

一方で、民間企業でも、たとえば都市ガス業者や高速道路会社など、他企業の新規参入が難しく、熾烈な競争にはなりにくい企業もあります(ただし、それぞれ電力会社や鉄道会社との競争などはあります。決してガス会社や道路会社が安穏と出来るわけではありません)。

少なくとも、「家族がこういうから、競争の少なそうな公務員になる」という程度のモチベーションで公務員を目指すべきではありませんし、仮に公務員になれても大成しないと思います。
働くなら明確な目標と野心を持って就職活動に取り組んでください。

理系の修士課程を出ても、地方公務員になる人はたくさんいます。

やはり多いのが行政職(窓口対応から政策の企画立案まで何でもこなす一般的な公務員)です。
質問者様の場合、都道府県庁(上級職)、政令指定都市(上級職)あたりがターゲットになってくると思います。
試験では、入試センター試験のような広く浅い教養と、法律や経済についての知識が必要です。旧帝大に入れる程度の頭脳を持っていれば、半年~1年程度勉強すれば、理系でも十分通用すると思います。
なかには、こうした法律経済の専門知識を求...続きを読む

Q29歳新卒、地方公務員(研究職?)のお見合い相手

こんにちは。
相談に乗っていただけないでしょうか。

当方30歳・女性・中小企業の一般事務員。年収はぎりぎり300万程度です。

現在、29歳で新卒・地方公務員 研究職?の方とご縁があり交際目前といったところです。
(多少フェイクは入れてます。ご容赦ください)
交際前ですが、お互いいい年齢で少なくとも私は結婚を意識していますし、相手もそのようです。
お人柄も悪くなく、女性慣れしてないようで人見知りな自分でもぎこちなくですが付き合いやすい相手です。

ただ、大学に在籍していた年数が長く、ドクターコース?まで行っており、29歳で地方公務員・研究職で新卒採用されたそうです。
年収が民間企業と比較するとやはり低く350万程、まして大卒と比較しても7年の差があります。
この人と結婚した場合、正直将来のことが心配です。
今の時代、完全専業主婦を希望しているわけではありませんし、結婚後も仕事を続けようとは思っています。
しかし、体力的にも厳しいので(若干体が弱いです)定年まで勤めることは考えておらず、また正直浮き沈みの激しい会社で途中で切られる可能性が非常に高いです。
もちろん転職する気はありますがうまく行くとも限りません。
身内の公務員の人はおらず、周りにもいませんので条件だけ見ていいお相手かどうかも分かりません。
人柄はいいと思うのですが。

私は結婚したらすぐ子供を生みたいと考えています。
そうすると最低でも産休期間は年収350万程で生活。私の貯金は多少ありますから何とかしのげたとしても、よっぽど切り詰めないと継続的には難しいのでは、と考えています。
また、自分が体を壊した場合もぎりぎりまで無理して勤めるか復職を急がなければなければならないのではないかと思います。
大手勤務でありがたいことに不自由なく生活させてもらった身としては、正直選択する幅がないのが怖いと思っています。
また、子供に不自由をかけるのではないかと。。
お互い同じ県内に住み、両親も2人とも県内におりバックアップは期待できるのですが。

このお相手、皆さんはどう思われますか?
また公務員給与削減の折ですが、研究職は昇給とかどうなっているのでしょうか。
あまりに想像がつかなくて、地雷を踏みそうで相手に踏み込んで聞くことができません。

こんにちは。
相談に乗っていただけないでしょうか。

当方30歳・女性・中小企業の一般事務員。年収はぎりぎり300万程度です。

現在、29歳で新卒・地方公務員 研究職?の方とご縁があり交際目前といったところです。
(多少フェイクは入れてます。ご容赦ください)
交際前ですが、お互いいい年齢で少なくとも私は結婚を意識していますし、相手もそのようです。
お人柄も悪くなく、女性慣れしてないようで人見知りな自分でもぎこちなくですが付き合いやすい相手です。

ただ、大学に在籍していた年数が長く、ドク...続きを読む

Aベストアンサー

今後公務員の給料は厳しいですよ。
先日国家公務員のボーナスが発表されましたが、正直、国家の屋台骨を支える仕事をしている人がこれっぽっちしかもらえないのか…という印象です。

世間の公務員への目は厳しいですし、今後給料が上がるとも思えず、(というかますますカットされるでしょう。退職金も期待できないですね。)民間がアベノミクスがうまくいって好景気になっても、公務員はよくて据え置きかと思われます。

いい条件は、余程の落ち度がない限りクビにはならない、ということくらいでしょうか。
本当はそれすらあやしいですけど。
民間ならば、多少の交通違反でも処分されませんが、公務員なら分限処分、ということもあり得ます。

それでですね、あなたは彼にどのくらい魅力を感じているのでしょう?
安定と穏やかさぐらいしか魅力がないのであれば、やめておいた方がいいんじゃないですか?

というのは、あなたにとって彼が魅力的で素敵ならば、多少条件が悪くても喜んで一緒になりたい、一緒に苦労したいと思うはずだからです。
そういう相手と結婚するのじゃなければ、幸せにはなれませんよ。

どんな相手と結婚したって、多かれ少なかれ苦労はあるものです。
(おひとり様を選択したって苦労はあります)

その時に一緒に苦労したいと思える相手か、相手を幸せにしてあげたいと思えるかどうかで結婚の決断をした方が、最終的に幸せになれると思います。

今後公務員の給料は厳しいですよ。
先日国家公務員のボーナスが発表されましたが、正直、国家の屋台骨を支える仕事をしている人がこれっぽっちしかもらえないのか…という印象です。

世間の公務員への目は厳しいですし、今後給料が上がるとも思えず、(というかますますカットされるでしょう。退職金も期待できないですね。)民間がアベノミクスがうまくいって好景気になっても、公務員はよくて据え置きかと思われます。

いい条件は、余程の落ち度がない限りクビにはならない、ということくらいでしょうか。
本当...続きを読む

Q研究職を諦められない自分にアドバイスをください

去年に早稲田大学院理工学研究科修士課程を修了して社会人1年目の者です。
日本の主要企業30社に入るくらいの大企業の研究職で採用されたまでは幸せでしたが、入社直後に技術営業に異動になりました。
大学院を出てまで営業職です。これほどの屈辱は今まで無かったです。
改めて考えると、うちの会社は東大どころかMITでPh.Dを取得した方もいます。研究職には鬼才がゴロゴロいます。
しかし私は研究職という夢を諦められません!私がしたいのは営業ではないのです。
私が研究職に就くにはやはり博士課程に戻るしかないのでしょうか?アドバイスをください。

Aベストアンサー

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」に感じる必要はないんじゃないでしょうか。「会社ではよくある話」ではないかと・・・・。正直な話、研究以外したくないなら、何故一般企業を目指したんでしょうか。国研・独法研の研究員を目指せばいいのに。

博士過程に戻ったら、修了後TOP30企業にもう一度入れる保証はなくなってしまいます。今いる企業は絶対に無理でしょう。そのリスクが負えるのなら、博士課程に戻るのもよいと思います。ただ、博士課程の就職は、学部・修士の就職とは、状況も仕組みも異なっていますからそれは、事前に調べた方が良いかと思います。

当然ですが、博士課程は修士までと違って、単位をとれば学位が貰えるという場所ではありません。貴方ご自身に研究のセンスがあるのかが、一番重要です。

「これだから院生を雇うとワガママで困るんだ」
「プラス二年勉強しただけで、専門家ぶって困る」
「学歴を鼻にかけていて、使いにくい」

このあいだ読んだ本に、院生は扱いにくいという企業側の声として、上記のような事が書かれていました。なんだか、この質問に対する企業側の声ような気がしますね。

ちなみに博士号持っている人でも、研究職から開発職への移動とかよく聞きますよ。博士だって企業にいった時点で、ずーっと研究職でいられる保障は無い訳ですから、ましてや修士の場合、それ程「屈辱」...続きを読む

Q大学院修士課程修了後の国家公務員受験について、どう思われますか?

 こんにちは、私は現在大学院修士2年の者です。
 今年の夏頃(8,9月あたり)までは基本的に博士に進学するつもりでいたのですが、自分の研究職への適性やモチベーションに自信が持てなくなり、今は進学はしない考えでいます。
 就職活動も10月に入ってから始めてみたのですが、この時期になるとエントリー可能な企業も限られており、先日第一志望としていた企業で不採用になってしまいました。そこで、元々「公務員向きの性格」と周囲に言われていることもあり、国家公務員(第I種)の受験を数日前から考え始めました。
 説明が不十分なのでいろいろと疑問を抱かれるとは思うのですが、ここで皆さんに伺いたいことは、修士課程修了後から試験勉強を始めることがどのくらい不利になるか、ということです。
 当然今度の4月(2007年度の受験)には間に合いませんので、丸1年勉強した後、2008年度で勝負することになります。
 そうしますと、上手くいったとしても年齢的には26歳になってからの就職であり、さらに24~26歳の2年間は丸々受験(とアルバイト)だけの浪人生活になってしまいます。
 このようなプロフィールは国家I種の採用においてどのくらい不利なポイントとなるでしょうか?皆さんの忌憚なきご意見を戴けますようお願い致します。

 こんにちは、私は現在大学院修士2年の者です。
 今年の夏頃(8,9月あたり)までは基本的に博士に進学するつもりでいたのですが、自分の研究職への適性やモチベーションに自信が持てなくなり、今は進学はしない考えでいます。
 就職活動も10月に入ってから始めてみたのですが、この時期になるとエントリー可能な企業も限られており、先日第一志望としていた企業で不採用になってしまいました。そこで、元々「公務員向きの性格」と周囲に言われていることもあり、国家公務員(第I種)の受験を数日前か...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、公務員も選択肢として考えている大学生です。

>修士課程修了後から試験勉強を始めることがどのくらい不利になるか

ということですが、おそらく“あなた次第”です。(生意気な表現で申し訳ありません)
博士に行って研究職ってことは理系でしょうか?もしroy_stephさんが理系ならば、国I(技術系)の試験自体は、もともと理系は忙しい人ばかりなので1ヶ月も勉強できれば十分合格圏内です。採用選考も文系ほど大変ではありません。
またNo.3さんもおっしゃるように国家1種採用でも、いまどき1年2年程度の年齢差や出身大学名は関係ありません。(多少の“本音と建前”はあるかもしれませんが。)

ただ、来年の6月に合格し官庁訪問をするにあたって

・なぜ、博士進学を諦めたのか。
・民間企業はどうだったのか。
・どうして公務員を目指したのか。(←特にコレ)
・ブランクの1年間(内定の有無に限らず)何をするつもりなのか。

といった点で、相手に納得してもらえるだけの回答と行動が必要だと思います。

私がこんなこと言うのもなんですが、
「研究職への自信がなくなり博士を諦め、公務員向きの正確だから公務員めざし、院終了後は勉強とアルバイトと就活だけしていました。」
って感じでは魅力に欠けて、もったいないと思います。

その辺の回答が上手く伝えられれば、「経歴」に関しては問題ないと思います。

こんにちは、公務員も選択肢として考えている大学生です。

>修士課程修了後から試験勉強を始めることがどのくらい不利になるか

ということですが、おそらく“あなた次第”です。(生意気な表現で申し訳ありません)
博士に行って研究職ってことは理系でしょうか?もしroy_stephさんが理系ならば、国I(技術系)の試験自体は、もともと理系は忙しい人ばかりなので1ヶ月も勉強できれば十分合格圏内です。採用選考も文系ほど大変ではありません。
またNo.3さんもおっしゃるように国家1種採用でも、いまどき1年2年...続きを読む

Q技術系公務員の仕事内容とキャリアプランについて教えてください。

技術系公務員の仕事内容とキャリアプランについて教えてください。

今、地方公務員の技術職も視野に入れて勉強している大学院生です。

なかなかインターン等に参加する機会が得られなかったため、技術系公務員の方々が日々どんな仕事をされているか興味があります。また、公務員制度改革なのか地方財源の健全化なのかわかりませんが、今後地方の研究所の事業が収縮してゆくとも聞いたことがあります。

自分は農学部で生化学を中心とした研究をしていて、公務員試験を受けるなら、農学か衛生工学で受けようと思っているのですが、今後研究所などの事業仕分けがあることを考えると、どちらで受けるのがよいでしょうか?

また、技術職で入っても、行政職に回れますか?行政職でも、できれば行政立法や省庁への出向ができればいいなと考えております。そういったキャリアプランは実際問題積めますか?または、そういった異動の希望が優先されるようになるためには、入る前と入った後にどのようなことをすればよいでしょうか?優秀な人が都道府県庁勤務や本省出向ができると聞いたことはあるのですが、どういった評価にもとづいて異動が決まるのですか?

技術系公務員の仕事内容とキャリアプランについて教えてください。

今、地方公務員の技術職も視野に入れて勉強している大学院生です。

なかなかインターン等に参加する機会が得られなかったため、技術系公務員の方々が日々どんな仕事をされているか興味があります。また、公務員制度改革なのか地方財源の健全化なのかわかりませんが、今後地方の研究所の事業が収縮してゆくとも聞いたことがあります。

自分は農学部で生化学を中心とした研究をしていて、公務員試験を受けるなら、農学か衛生工学で受けようと思...続きを読む

Aベストアンサー

今年、地方上級(県庁)行政職に最終合格したものです。元社会人。会社が倒産して試験受けました。
なかなか回答がつかないのでアドバイスを。

>研究所などの事業仕分けがあることを考えると、どちらで受けるのがよいでしょうか?

それは政治家しか解りませんが、私の友人(国II土木)の出向先は民主党が政権を取って、廃止になる方向に向かってます。彼も嘆いていますが、コレばっかりはどうしようもない。
でも、民間企業と違ってしっかりと、代替先は紹介されるはずだから、人生お先真っ暗ってわけでもないですよ。

>技術職で入っても、行政職に回れますか?

私も実際に仕事してる訳じゃないですが、技術と行政は別モノです。勿論、仕事内容によっては一般職と一緒にやるでしょうが、そもそも存在目的が違うからなぁ。

一般職・・ゼネラリスト(何でも屋)、浅く・広く
技術職・・スペシャリスト(ひとつだけ)、深く・狭く

私は大学院時代の研究生活から、スペシャリストになり”見識が狭くなる”ことがイヤで、ゼネラリストを選びました。行政職は2年ごとに異動があるので、全ての分野を学べるとのこと。コレばっかりは好みですよ。

>行政職でも、できれば行政立法や省庁への出向ができればいいなと考えております。

うーん、そういう希望が通るのかどうか。所謂バラ色のキャリアプランを望むなら、それこそ国Iにでも合格しないと・・キャリア組の地方上級だからと言って、「自治体の働きアリ」には違いないと思いますよ。この就職難の時代、そういう希望が通るのだろうか疑問です。

>入る前と入った後にどのようなことをすればよいでしょうか?
>優秀な人が都道府県庁勤務や本省出向ができると聞いたことはあるのですが

私は、経営企画本部と言う部署で、企業の企画運営に携わり、幾ばくかの部下も持ってきました。その経験から申すに、出世ができる人間とは「上司の機嫌を取った人間」なのです。
公明正大で、正義感もあり、部下の信頼も熱い、社会人の鏡のような人間が出世できるかと言えば、現実社会はそうではありません。特に、公務員は大学派閥とコネクションのるつぼですからね・・。だから、みんな「東大」⇒「国I経済・法律」を狙うのですから。


>どういった評価にもとづいて異動が決まるのですか?

父は国税専門官でしたが、「人事評定」なんか名ばかりで、サボっててもマジメにやっても均一評価だと嘆いていました。恐らく、地方公務員も大差ないでしょう。ただ、最近は民間からの登用など民間に近づける動きもありますから、「仕事で手柄を上げれば出世が早くなる」傾向にあります。
異動は、恐らく単純に年功序列・順番のハズです。あとは、総務にコビを売った人間はよくされます。(マジです)父はよく歯向かってたので、僻地に飛ばされてましたっけ。

少し社会人経験者として、厳しいことを申しますと、国にせよ地方の機関にせよ、若者にキャリアを積ませるために血税をつきこんでるワケではないのです。特に地方は、華々しいキャリアが無くても、歯を食いしばって、地元の為に働く人材を求めていますよ。

省庁への出向と言うことが、ラッキーで起こればイイですが、少なくとも5年間はやりたくもない・つまらない、雑用仕事をやる生活になると思いますよ。(面接時に覚悟しなさいと言われました)

厳しいことを言いましたが、地方の為に働きたいと言うお気持ちがあれば、同じ仲間として、是非がんばって欲しいと思います^^キツイこと言ってゴメンなさい。

今年、地方上級(県庁)行政職に最終合格したものです。元社会人。会社が倒産して試験受けました。
なかなか回答がつかないのでアドバイスを。

>研究所などの事業仕分けがあることを考えると、どちらで受けるのがよいでしょうか?

それは政治家しか解りませんが、私の友人(国II土木)の出向先は民主党が政権を取って、廃止になる方向に向かってます。彼も嘆いていますが、コレばっかりはどうしようもない。
でも、民間企業と違ってしっかりと、代替先は紹介されるはずだから、人生お先真っ暗ってわけでもないですよ...続きを読む

Q「理化学研究所」で研究するには…

現在高校生なのですが、科学について研究する人になるのが夢です。
特に脳科学に興味を持っています。
そこで「独立行政法人理化学研究所」には「脳科学総合研究センター」があることが分かり、「これだ!!」と思いました。
しかし、疑問が生じました。
(1)そこへ入るには大学はどういう学部に入ればよいのか。
(2)博士号を取らなくてはいけないことは分かりますが、博士号をとれば入ろう思ったら必ず入れるのか。
(3)大学では、こういう研究所に入らなければならない、などという制限はあるのか。
(4)そもそも「独立行政法人理化学研究所」とはどういった組織なのか。

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

私も分野は違いますが、独行の研究所に勤めていました。
理研に移って行った方も多くいらっしゃいましたので、少しならお話できるかと思います。

(1)そこへ入るには大学はどういう学部に入ればよいのか。
まず、HPからその分野でも興味のある正職員の研究員の名前等を調べ、そこから出身の大学、研究室、所属学会等を検索すれば、
だいたいの傾向がわかってくると思います。
他の方がおっしゃられている通り、特定の分野では特定の研究室から入る傾向にあり、
私の研究所では、同様の大学や研究室でグループ員が固められていることも少なくなかったです。
研究者の道を行くと決めていらっしゃるようですから、教授の名前で大学を選ぶくらいで良いと思います。
もちろん、コネだけでは無いのですが、それが大きな力を持つのは研究界でも同じように思います。

(2)博士号を取らなくてはいけないことは分かりますが、博士号をとれば入ろう思ったら必ず入れるのか。
これは雇用形態によるでしょう。正職員、ポスドク、派遣、契約が主な雇用形態だと思います。
正職員は、新卒ではかなり厳しいと思われます。
海外や国内の研究室で実績を積み、多数の論文を持つ方と競わねばなりません。
たとえ採用をクリアしても任期付きからのスタートですので、正規雇用には、さらに多くの結果を残さねばなりません。
ポスドク(理研では基礎特研と呼ばれます)でしたら、ある程度のコネ(研究室の教授の名前等)と、博士中での実績があれば大丈夫だと思います。
もちろん、こちらも任期がありますので、永久就職というわけには行きませんが、他の研究所に比べても高い待遇が受けられます。

(3)大学では、こういう研究所に入らなければならない、などという制限はあるのか。
卒業生が理研に入るのならば名誉と考えてくれる教授が多いと思います。

(4)そもそも「独立行政法人理化学研究所」とはどういった組織なのか。
私の分野では、国内では一番の研究所、という認識でした。予算もかなり大きいと思います。

あなたのようなお若い方が、高い志を持たれているのは素晴らしい事だと思います。頑張ってください。

私も分野は違いますが、独行の研究所に勤めていました。
理研に移って行った方も多くいらっしゃいましたので、少しならお話できるかと思います。

(1)そこへ入るには大学はどういう学部に入ればよいのか。
まず、HPからその分野でも興味のある正職員の研究員の名前等を調べ、そこから出身の大学、研究室、所属学会等を検索すれば、
だいたいの傾向がわかってくると思います。
他の方がおっしゃられている通り、特定の分野では特定の研究室から入る傾向にあり、
私の研究所では、同様の大学や研究室でグル...続きを読む

Q国家公務員の技官には出世が難しい?

国家公務員の建築系(技官)を選択した場合

出世が難しいと聞いたのですが

本当でしょうか?

Aベストアンサー

国家公務員、技官、出世(または昇進)といったキーワードでgoogleなどから検索すれば大量にそういう話は入手できると思います。

が、ここで簡単にいえば;基本的には技官は事務官(文系)より出世は難しいです。国家I種で入れば本省課長ポストまでは何とか辿り着けるといわれてますが、それ以上(官房審議官・本省部局長・技監・…)には就けないと思っていた方が良いでしょう。ただ本省の課長というのは、民間企業の課長とは比べ物にならない程、社会的には偉い立場ですので、課長になるということは、それで十分名誉な事だと思います。また、国交省などでは例外的に技官でも上までいけ易く、事務次官に就く方もいることにはいます。

一方、今後は入省年次で決める年功序列を辞めて、実力評価で昇進をきめようという流れもあり、人事評価制度が革新されれな、技官でも出世しやすくなるかもしれません(実際、昔に比べれば確実に技官と事務官の差は小さくなってきています)。

結局、技官は出世や給料ではなく、ただ純粋に「やりがい」を求めて、そういう選択をしているのが現状です。

Q大学院の修士課程と博士課程の違いは?

大学院の修士課程と博士課程の違いは?
博士はドクターと言うことですが
修士は?
勉強の内容が違うんですか?
そもそも大学院は何を勉強するところですか?
分かりやすく教えてください
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授業(講義)を受けることにより
研究作業の訓練を習得しますが、
大学院では訓練で習得したことを生かして
主体的な研究作業をします。

つまり、学士では一般常識と同時に、
大なり小なり教授や助教授の方法論や
研究成果やを学びますが、

大学院では、より主体的なテーマを設定して、
研究を発展させていきます。
(大学によってはチームで研究することもありので
あくまで、個人的研究ではなく、主体的研究です。)

ただ修士の場合は、一方で、
学士と同じように講義を受けなければなりませんので、
(学士と一緒に受ける場合もあるし、修士のみの授業もある)
大学院でも初等的な訓練もしなければならないということでしょうか。

博士になると講義そのものはありませんが、
大学によっては出させてくれるところもあるようです。
また、教授や助教授の研究のお手伝いをしたり、
講義のお手伝いをしたり、
愛犬の散歩をしたりします(笑)

実質的な違いは、はやり名声とお金という
殺伐とした話になります。

たとえば大学の役職は教授職、助教授職、講師、助手などがありますが、
たとえば教授職になるための条件の一つとして、
博士号を修めていることなどがあります。
助手や、まれに講師職でしたら修士程度でも
雇ってくれるところはあります。

またたとえば、同じ助教授職でも、
雇用契約書によっては博士と修士の間に
給与の面で差をつけるところなどもあります。

就職難の今日では大学院へ行く人が多いようですが、
大学院に在籍しているからといって、
就職できないわけではありません。

たとえば、修士課程を受けながら、
ほかの県の予備校などで高校生相手に
受験勉強を教えている方など
いっぱいおられます。
中には昼は大学院で、夜は建設業(ドカタと言ったほうがいいかも)の方もおられます。

終戦で勉強したくてもできなかった
おじいちゃんやおばあちゃんがいる大学院も
中にはあるんじゃないでしょうか?

いずれにせよ、大学院過程は
大学によって違うし、
文科系、理科系によってもちがうし、
国立、公立、私立などの違いもあるでしょうから、

一番よいのは、志望する大学に問い合わせて
(たいていの大学院はパンフレットを発行していて
そこに研究方針やしくみなど詳しく書かれてあります)

場合によっては、教授や助教授を
直接たずねられてみてはいかがでしょうか。

最後にこの情報は何年も以前のうろ覚えですので、
今現在はこれが性格かどうかは責任もてませんが・・・

がんばってね。

過去の回答を見て、
私の時とはひょっとして
いろいろ制度が変わったのかしら?
と首をかしげているのですが

文科系の学科では、修士課程は2年、博士課程は3年が
一般的だったと思います。
ただし、それは大学によっても違いますし、
私大と国立によっても違います。
たとえば修士課程を、博士課程前期と言い換えて、
いきなり博士課程5年にするところもあります。

決して何年でも在籍できるわけではなく、
大学によって全4年なり全8年なり、
限度はあります。

学生(学士過程)では
授...続きを読む


人気Q&Aランキング