人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

庄内藩の文書「保定記」を読んでいるのですが、下級武士を「者人」と書いてありました。おそらく平安時代の下級官吏「舎人」を音読みしたのではないかと思うのですが、ご教示頂ければ幸いです。

A 回答 (3件)

者頭と言うものがあります。

者人とは者頭の配下であります
者頭とは足軽大将のことです。 この場合、役職無しの士分の兵卒であると読めるかと存じます
    • good
    • 0

追加


>百二十石之由,・・・、「者人」・・・

120石は下級武士とは言えないと思います(敬称での言い方「者人」)

100石以上の家禄の武士は、どこの藩でも「上士」とされます。きちんとした屋敷に住み、外出する時は供を連れて歩く身分

庄内藩の例では、100石以上を上士、30石以上を中士、それ以下を下士
参考URL


士分は、侍と徒士に分けられる。
「侍」は上士とも呼ばれ、所領(知行)を持ち、戦のときは馬に乗る者で「御目見え」の資格を持つ。騎士と表記。旗本、与力、代官所の下役である手付、
「徒士」は扶持米をもらい、徒歩で戦うもので、「御目見え」の資格を持たず、下士、軽輩、無足などと呼ばれる。御家人、同心、代官所下役である手代、足軽、卒、武家奉公人の内、若党は士分で「徒士」身分である。
「侍」の内、1000石程度以上の者は大身、人持ちと呼ばれることがあり、戦のときは備の侍大将となり、平時は奉行職等を歴任し、抜擢されて側用人や仕置き家老となることもある。1000石以下の「侍」は平侍、平士、馬乗りと呼ばれる。(1万石の大名の場合600石でも家老・大身)

(区別があいまいなもの)
武家奉公人の内、若党は「士分」であるが「徒士」の身分
郷士は、郷に住む武士で、多くは「徒士」身分であるが、「侍」身分の者もいた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E5%A3%AB

>石

石以外に三十俵二人扶持などの言い方もあります。
知行米は、御目見以上、旗本など中・上級武士の俸給で、石高であらわす。
切米は御目見以下の下級武士、御家人の俸給
武士の給料は「切米」と「知行米」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
三十俵二人扶持は切米

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1892868.html

この回答への補足

中略した部分は次の通りです. 
寄附四畳、座敷八畳,二の間居間八畳、寝間八畳、茶の間十五畳、台所は弐間半に三間、「者人」住居は畳,中門にて有候、外に「男居」物置に有之よし、一躰多くは梁割之家無之中門付之由、但し便所は弐百五十石以下よりは多分上江壱ツ、下江壱ツならて無之甚不自由成内之よし、家通積には能家も有之候得共一躰ちいさく請負普請にて悪敷由
ご教示頂いた上士、下士之住居の違いが分かります。
ただ「者人」が「舎人」(とねり、しゃじん)之当て字として使われていたのか、 また「男居」は「下男」の意味でしょうか。
ご教示頂ければ幸いです。

補足日時:2012/07/27 11:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご説明有難うございました。大変参考になりました。

お礼日時:2012/07/27 11:12

母者人、兄者人、姉者人などと呼ぶことはありますが(敬称)、保定記の文章の前後は?

この回答への補足

二見武助と申仁、百二十石之由,此家(中略)台は弐間半に三間
、「者人」住居は畳、中門(中略)

補足日時:2012/07/25 22:58
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご連絡有難うございました.よろしくご教示下さい。

お礼日時:2012/07/25 22:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「たそがれ清兵衛」の50石取りとは

映画「たそがれ清兵衛」を観ました。(時代は幕末です)
この中で何度もでてくる50石取りの身分(給与)とはいかほどのものなのでしょうか?
貧しいということはわかりますが、具体的にどれくらいの経済状況なのでしょうか?

1石とは米の単位だと思いますが、そもそもお米で給与をもらっていたのでしょうか?
それとも現金ですか?
映画の中で病気の妻の医療費が毎月1両4分かかったとありました。
この金額を石高にするとどれくらいになりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか感動的な映画でしたね。
一石は下記のようです。
10斗=2.5俵(=100升=1000合)約150キロ
50石ですと、125俵、約7.5トンです。
安房守伝記を見ますと、
幕末のころは一石は25万円相当と書かれていますので、125万円ですね。
幕末のころは、一両が5000円程度ですから
清兵衛は年収125万円(月給10万5000円程度)
妻の医療費(毎月1両4分)は7000円かかる計算です。
使用人もいますから、かなり厳しい生活ですね。

参考URL:http://bakumatu.727.net/iroha/mame-kome.htm,http://www.asyura2.com/0306/tyu2/msg/314.html


人気Q&Aランキング