「天竺」の前は、なんて呼ばれていたのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

インドから中国に仏教が伝わり(西暦2年?)その後中国からたびたび修業僧がインドを訪れています。

ハイライトが唐時代にインドを訪れた三蔵法師(西暦629-645年インド訪問)です。三蔵法師はインドから多数の貴重な経典を持ち帰った功績により後世に名を残したわけですが、後に孫悟空の活躍する「西遊記」が三蔵法師の旅をモデルとしたため庶民にまで有名になりました。

前置きが長くなりましたが、天竺という名は仏教が伝わったころからの呼び名と思われます。それ以前は中国もインドも統一国家として不安定な時期であり、果たして今日のインド全体を指す呼び名があったかどうか、残念ながら調べきれていません。古代中国では西に広がる地域を遠近を問わず「西域」と呼んでいたので、インドが国の体をなし、仏教を通じて交流が始まる前は、その時々に覇権を握った王朝を西域のxx王国と呼んだのではないでしょうか。

余談ながらわが国では、舶来、外国産を表す言葉として、朝鮮、唐が使われていましたが16世紀頃から天竺が加わり、その後南蛮(スペイン、ポルトガル)や紅毛(オランダ、イギリス)が同じ意味で使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/05/16 08:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインドの友人へのお土産はないがよいですか?

来年二月に10日間インドのチェンナイの友人(女子の高校生および奥様)の家庭へ10日間お世話になります.現在名前入り万年筆・ちりめん等・文房具・チョコレート・カレールー等を用意しましたが何か喜ばれるお土産がありましたら教えてください.また注意点なども教えてください.いずれのお土産も日本製を考えています.

Aベストアンサー

  こんばんは。

 女性へのプレゼントでしたら、スカーフとかハンカチなどはどうでしょうか。

 食べ物は注意しないと日本よりも暑い地域なので変質しないものが良いでしょう。

 日本を感じさせるお土産としては扇子が良いと思います。
 外国人が日本に来て買って行く中でのおみやげで、扇子は上位に入っています。


 外国人が喜ぶプレゼントを集め、扇子も含めて売られているサイトを貼っておきます。
参考までにどうぞ↓

参考URL:https://secure.gmt.ne.jp/shop-online.jp/japan/index.php?body=list&category_id=203

Q銃が発明される前の西洋的城壁の「銃眼」は何と呼べば???「狭間」でしょうか?

こんにちは、

現在、中世ファンタジー小説を、洋書と共に翻訳本で読んでいるのですが、

城壁の描写で、battlementsを「銃眼」と訳してありました。

しかし、そのファンタジー小説は、銃等登場しません。 剣、槍、戦斧、弓矢が主力武器の時代の小説です。

そこで、この訳はちょっとおかしいんじゃないのかな? と思うに到ったのですが、

一体銃が発明される前の銃眼って何ていう名称だったのでしょうか?

「狭間」でしょうか? それとも「狭間」と「銃眼」は違いますかね?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AD%E9%96%93
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%83%E7%9C%BC

教えてください、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

狭間(さま/はざま)でいいです。
弓矢の場合は、矢狭間。鉄砲の場合は鉄砲狭間。
日本語ではこれしかありません。
銃眼はこの場合は誤訳でしょう。
狭間は胸壁についた小窓のことです。
城、城砦についているものは、ほとんど銃眼ではないのがほとんど。

Q海外(インド他)在住の日本人、およびインド人へのお土産について

年末にインドに行きます。
現地で、山岳地域の村に住んでいる日本人女性とインド人の夫婦の家で
お世話になります。気遣いは不要だといわれていますが、何か手土産を
持って行くとすれば、何がよろこばれるでしょうか?
インドに限らず、外国に住む日本人全般に対するお土産でも結構です。
また、地元インド人に対しても、親しくなったときの手土産をいくつか
持って行こうと思いますが、どのようなものがよいでしょうか。
よくボールペンとかライターとか言われますが、それ以外にありますか?

Aベストアンサー

人生の半分程度が海外在住ですが、
僻地に居るときには、なかなか近所に日本製品が無いので、何でも嬉しいですが、インスタントラーメンとかは嬉しいです。 牛の肉のエキスなどが入っている場合にインドへは持ち込みが検疫で問題ないかどうかはインド領事館あたりで確認したほうがよいでしょう。

醤油も沢山は持ってきにくいが、子供の時から使っているもの以外だとあまり・・・(日本にこんなに沢山の種類が有るのは海外に出てから知りました)。 醤油は機内持ち込み荷物にいれておきましょう。預けるほうでは駄目です。
本は趣味もあるしすぐに読みきってしまうとあとは役立たずですが、雑誌はネットがつながっていない場所なら嬉しいものです。

テレビの有無とかDVD・カセットの有無等で違ってきますが、日本のテレビ放送の録画もうれしいです。その場合はCMもそのまま録画してください。\(~o~)/ 

Q「現代」と呼ばれる時代は、200年後は何と呼ばれる?

歴史においては、一般的に明治以降を「現代」と呼んでいます。
しかし、200年ぐらい経つと環境が変化するため、その歴史区分も
だんだん無理が出てきるような気がします。

歴史区分は、その時代の「首都」と基準に呼ばれる事が多いです。
(例:奈良・平安・鎌倉・室町・江戸)
多分、平成の次の時代にて遷都または首都機能移転が行なわれると思います。

したがって、私の予測では明治から「平成の次」までを「東京時代」と
呼ぶようになると思います。
皆さんは、いかが思われますか?
予測でも構いませんのでご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史区分は、その時代の「首都」を基準に呼ばれることが多い。
(×)→平安時代以降、明治維新まで都(首都)は、ずっと平安京(京都)でした。政治の中心という意味ならば、まあ半分正解。奈良時代に都は何度か移転していますし、室町の「花の御所」ができたのは三代目の足利義満の時代から。安土桃山時代などは政治の中心も二転三転しています(時代の区分もかなり不明瞭です)。

またこの間の政治の中心の移転は、大きな政権交代が元になっていることが多いですから、単に首都機能が移転しただけでは時代の区分になるとは考え難いです。

・奈良~平安:天武系から天智系へ
・平安~鎌倉:貴族から武士へ
・鎌倉~室町:武士から貴族、そして再び武士へ
・室町~江戸:武士(貴種)から下級武士へ
・江戸~明治以降:武士から庶民へ

明治以降については、第二次世界大戦を境として「大日本帝国」から「日本国」に変わったことから、首都は東京で移転していませんが、今後ここをひとくくりとした時代が設定される可能性が高いと思います。「帝都時代」か「日帝時代」といわれるのでは。

もし平成の次の時代に首都が移転し、民主党の政権が続いていたならば、先の総選挙を境として、昭和戦後から平成21年夏までを「自民時代」、それ以降を「民主時代」と呼称されるかもしれません(笑)。

歴史区分は、その時代の「首都」を基準に呼ばれることが多い。
(×)→平安時代以降、明治維新まで都(首都)は、ずっと平安京(京都)でした。政治の中心という意味ならば、まあ半分正解。奈良時代に都は何度か移転していますし、室町の「花の御所」ができたのは三代目の足利義満の時代から。安土桃山時代などは政治の中心も二転三転しています(時代の区分もかなり不明瞭です)。

またこの間の政治の中心の移転は、大きな政権交代が元になっていることが多いですから、単に首都機能が移転しただけでは時代の...続きを読む

Qインドのお土産

7月にデリー、アグラ、ジャイプールにツアーで行きます。(インドは初めてです)仕事を休んで行くので会社にお土産を買わなくてはならないのですが、名物のお菓子みたいな物ってあるのでしょうか?個別に20個30個も買えないので、できれば箱詰めのお菓子があればいいな~、なんて思ってます。ご存知の方教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

インドからのお土産に食べ物は、やめた方がいいと思います。インドのお菓子 もちろんたくさんありますよ。でも、日本に持って帰って知り合いにあげて喜ばれるかどうかは、疑問です。まず、食べないでごみ箱にーーーでしょう。真空パックなんて見たことないです。まぁ、無難な紅茶ぐらいにしておいたらいいかも知れません。ツアーガイドが、お土産屋さんに連れていきます。はっきり言って、紅茶は専門店で買うべきです。7月であれば、ダージリンのファーストフラッシュが、入手できます。お土産屋さんの置いている紅茶は、----です。値段も10倍ぐらい高いです。ツアーのようなので、専門店へ行くのは不可能ですね。因みに私は、デリーには、7,8回、アグラには2回、ジャイプールには、3,4回行ったことがあります。兎に角、お土産にインドのお菓子は、ジョークとして面白いかもしれませんが、食べてくれません。一度、インドりんごを持ち帰ったら、日本の税関でストップ、その場で食べてもいいですかって訊くと「どうぞ」だって。
まぁ、食べる必要もなかったので、没収てことになりましたがーー。フルーツの持ち込みも厳しいです。
アグラのタジマハールには、いつごろ行きますか?
満月の夜であれば、最高です。私は、一週間毎日(夜の場合もある)タジマハールに通いました。満月の夜は、無料開放でしたが、いまはどうかわかりません。インドの旅楽しんでください。

インドからのお土産に食べ物は、やめた方がいいと思います。インドのお菓子 もちろんたくさんありますよ。でも、日本に持って帰って知り合いにあげて喜ばれるかどうかは、疑問です。まず、食べないでごみ箱にーーーでしょう。真空パックなんて見たことないです。まぁ、無難な紅茶ぐらいにしておいたらいいかも知れません。ツアーガイドが、お土産屋さんに連れていきます。はっきり言って、紅茶は専門店で買うべきです。7月であれば、ダージリンのファーストフラッシュが、入手できます。お土産屋さんの置いてい...続きを読む

Q日本は「豊葦原瑞穂國」と呼ばれていましたが、「瑞穂」と並んで「葦」を取

日本は「豊葦原瑞穂國」と呼ばれていましたが、「瑞穂」と並んで「葦」を取り上げたのはどのような理由によるものでしょうか。
「葦」は、竪穴式住居の屋根材として有用である、とは思いますが、何か特別な理由があるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古事記に、最初の二柱の神が誕生する様子の描写を
「葦牙のごと萌えあがる物に因りて」と書き記されています。

この葦牙は葦の芽の事を言います。

その二柱の神の作った島々を「豊葦原の千秋の長五百秋の水穂の国」と記します。
これにより、日本は「豊葦原瑞穂國」と呼ぶそうです。

他に葦には水から真直ぐに生える事で生物の生息地を与えることに繋がり、
生物が集まる事で微生物等により汚れの分解等を促進し、自然の浄化作用において重要な存在であります。
また茅葺の屋根材としてだけでなく、葦簀(よしず)=すだれとして日除けなど、葦舟としての材料、
葦笛など茎が空洞なのを利用した楽器など、その活用法は多岐に渡ります。

また古代エジプトの死者の楽園は葦の茂る原野と記されています。


生活にも活用でき、また神話にも登場するので、葦が取り上げられたのではないでしょうか

Qお土産を渡す時の英語のフレーズについて

空港にインド人のゲストをお迎えに行くのですが、日本のお土産を渡そうと思います。そこで、渡す時の一連の会話ですが

A : Are you going to buy something from japan for your family?

A : I wish you like this.

 ~渡す~

A : Here's a little something for you from Japan.


では、変ですかね?笑

Aベストアンサー

>空港にインド人のゲストをお迎えに行く
ということは、この方は日本に到着したとこ ってことですかね。

それならば、ウエルカム ギフト と言われた方が、相手の方はしっくりくると思います。
そして、あなたが気に入ってくれたらうれしい、
あなたの家族の方々も気に入ってくれたらもっとうれしい、と伝えたらいかがでしょう。

Qなぜ「日本」は「Japan」と呼ばれてるのですか?

カテ違いだったらすみません。

今さらながらふと思ったのですが
なぜ「日本」という国名は「Nihon(あるいはNippon)」
ではなく「Japan」と呼ばれるようになったのでしょうか。
だれ(どこの国?)が最初にJapanと呼ぶようになったのでしょうか。

Aベストアンサー

なぜ「日本」は「Nihon(あるいはNippon)」と呼ばれてるのですか?

ご質問者は、今さらながらふと思ったことはありませんか? 基本的なことをお忘れの方もいらっしゃるようですが、「ニホン(あるいはニッポン)」は訓読みではなく、音読みですね。つまり中国音(ちゅうごくおん)です。
したがって答は、「昔の中国(の一部地域)で、『日本』をそういう風に発音したから」(または、少なくとも日本人にはそう聞こえたから)となるでしょう。中国風の発音を日本人が真似して、訛って、「ニホン(あるいはニッポン)」になったわけです。訓読みなら、「ひのもと」などです。

次に、なぜ「日本」は「Japan」と呼ばれてるのですか?
これについても同様です。答は、「昔の中国(の一部地域)で、『日本』をそういう風に発音したのが元になっている」(または、少なくとも外国人にはそう聞こえた)となります。中国風の発音を外国人が真似して、訛って、廻り回って英語では「Japan」になったわけです。
要するに、「Japan」にせよ、「Nihon(あるいはNippon)」にせよ、最初は中国音であることに変わりはありません。両者の違いは、もとの中国音の違いであり、それは時代と地域(中国のどの地域か)で、中国音が異なっていたことに由来しています。
その時代と地域、および外国への伝播を具体的に説明すれば、他の方のご回答のようになるでしょう。ただし、二、三の有力な説はありますが、まだ定説はないようです。

私が申し上げたいのは、「なぜ Japan? と疑問が浮かんだら、なぜ Nihon? とも考えてみましょう」ということです。同様の例は多数あり、例えば、なぜ「お茶」は「tea」ですか? 答は、「もとの中国音の違いに過ぎない。『チャ』も『テー』も、中国音から来ている」。
しかし、茶は中国原産(説が有力)で、その飲用の風習も中国で始まり東西に伝播したから、「もとは中国音」が当たり前だとしても、他ならぬ「日本」の呼び方も同じ仕組みだとは、納得がいかない……と感じる方もいるでしょう。
しかし、昔は中国中心に(東洋)世界が回っていたのだから、当然の話なのです。幕末以前の日本の知識人の教養は、中国の歴史・文物・詩文・文字などが、大きな割合を占めていました。

さらに、少なくとも17世紀初頭まで、日本人自身が「日本」を「じっぽん」とも呼んでいました。『日葡辞書』(1603-04年。原題は Vocabulario da lingoa de Iapam )は、日本に来たイエズス会宣教師が編纂して、当時の日本語約3万2800語を(ポルトガル式)ローマ字で表記し、ポルトガル語で的確に解説したものです。同時代の日本人がつくった辞書に比べても格段に優れており、日本語研究の上で第一級の資料とされています(『世界大百科事典』平凡社による)。その『日葡辞書』に、「日本」は「にふぉん。にっぽん。じっぽん」の読みがあると記録されています(類例としてヒノモト、ヤマトも)。
したがって、次の説を唱える人もいるくらいです。「日本に来た外国人が、日本人みずから『じっぽん』と呼ぶのを聞き、西洋に伝えた」。

「じっぽん」という呼び方が日本で行われなくなったのは、その後のことです。もし、「そんなの聞いたことがない。日本人は絶対、日本を『じっぽん』と読まない」という人がいるとしたら、単なる無知でしょう。何しろ、元は中国音なので中国次第であり、日本人も西洋人もそれを真似したに過ぎないのです。

なぜ「日本」は「Nihon(あるいはNippon)」と呼ばれてるのですか?

ご質問者は、今さらながらふと思ったことはありませんか? 基本的なことをお忘れの方もいらっしゃるようですが、「ニホン(あるいはニッポン)」は訓読みではなく、音読みですね。つまり中国音(ちゅうごくおん)です。
したがって答は、「昔の中国(の一部地域)で、『日本』をそういう風に発音したから」(または、少なくとも日本人にはそう聞こえたから)となるでしょう。中国風の発音を日本人が真似して、訛って、「ニホン(あるいはニ...続きを読む

Q『お土産』  貰って嬉しいお土産はなんですか??

旅行のお土産を貰うこともあれば、あげることもあると思いますが、貰って嬉しいお土産はなんでしょう?

私は、いつも無難なチョコレートをお土産にすることが多いんですが・・・貰ってもそれほど嬉しいと思うモノではありませんよね。なんとなく、おやつ?感覚ですし。

そこで、旅行のお土産にいつも購入するモノや
貰って嬉しいお土産を教えて下さい。(ブランド品等の高価なモノは対象外です)
また、貰って嬉しかったお土産や喜ばれたお土産も教えて下さると嬉しいです。

Aベストアンサー

No4です。
最近のヒットは仙台土産の喜久水庵の喜久福。
北海道土産のピュアメロンゼリー(名前違うかもしれません。うろ覚えで申し訳ないのですが・・・)
マルセイのバターサンド。
福島の温泉まんじゅう。
渋めだと、小田原の干物。
(どこで買ったのか不明)ニシンの甘露煮。
千枚漬け。
唐辛子。(絶妙なブレンドでした。)
やっぱり自分ではなかなか買わないものをもらうと
嬉しいです。そこでしか買えないようなものだと
尚更(^^)。

Q1949年に発表された「教育公務員特例法」、「教育職員免許法」、「社会

1949年に発表された「教育公務員特例法」、「教育職員免許法」、「社会教育法」を
順番別に分けてください!!

Aベストアンサー

> 1949年に発表された「教育公務員特例法」、「教育職員免許法」、「社会教育法」を
順番別に分けてください!!

 49年(昭和24年)発表というのは法令の公布順ということですか?

 1949年(昭和24年) 1月12日 法律第 1号 「教育公務員特例法」

 1949年(昭和24年) 5月31日 法律第147号「教育職員免許法」

 1949年(昭和24年) 6月10日 法律第207号 「社会教育法」


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報