【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちわ。
もう期限が迫っているのにこんな質問して恐縮ですが、
かなりあせっていますので、どなたか助けてください。

まず、給与支払報告書(総括表)に押す印鑑は、
代表者印でしょうか?角印ではだめなのでしょうか?

また、その他の給与支払報告書と法定調書関係は
どうなのでしょうか?

急ぎめでお返事いただけましたら、幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

給与支払報告書(個人別)印不要。


給与支払報告書(総括表)印不要。
法定調書合計表 代表者の個人印。
が正解です。
ちなみに、総括表を見てみると、
「給与支払者の名称又は氏名」とのみ書いてあり
「給与支払者の名称又は氏名印」とは書いてありません。
記入欄に○印がありますが、これには法的根拠はありません。
法定調書合計表は「代表者氏名印」と書いてありますので、代表者の個人の実印が正式です。
    • good
    • 4

「何でも良い」です。


乱暴に言えば「朱肉の色がついていれば良い」ですね。私はすべて認印で済ませています。
    • good
    • 2

会社の代表者名の横に押す印鑑は代表取締役印でも、角印でも、認め印でも、いずれでも問題ありません。

    • good
    • 0

以前、私が税理士事務所に勤めていた頃は、総括表、給与支払報告書ともに代表者印(丸印)を押していました。


ですが、押印された印鑑が角印だからと言って受け付けないということはないと思います。
押印なしで提出されているところもあるみたいですし…

会社名のみのときは、角印。代表者名の後に押印する時は、代表者印でいいと思います。

不安なようでしたら、No.1の方が言われるとおり、役所に確認してみてはどうですか?
    • good
    • 0

総括表は代表者印で、


個人は角印にしている。

まだ時間あるから、
役所でキチンと聞いたらいいよ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定調書の印鑑が、認め印でいいことの根拠は?

何か法的根拠があるのでしょうか?
それとも、根拠がないから、認めでいいのでしょうか?

明るい方、教えて頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

一般論として、国へ提出する義務のある書類には押印義務が課せられています(国税通則法124条)。法定調書の合計表は国へ提出する義務がありますから、押印も必要となります。各法の定める様式にも、これが現れています。(各法のいずれかにも法定調書に関する押印義務の定めが置かれているのかもしれませんが、確認しておりません。)

他方、提出義務のないか又は添付書類に過ぎない法定調書については押印義務もなく、様式でも押印欄を設けていません。

参考URL:
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/mokuji.htm


そして、押印に用いる印鑑については、特に定めがないため認印でも構いません。

例えば、提出義務者が法人である場合には、「当該法人の代表者」に押印義務が課せられます(同条2項1号)。しかし、これはいわゆる実印の印影や代表者印の印影まで求めるものではなく、代表者の姓名ないし姓の印影であれば足り、認印でも構わないものと解されています。

Q給与支払報告書(総括表)について

給与支払報告書(総括表)にある会社の代表者名に印というマークがあるのですが
印鑑を押さないと受理してもらえないものなのでしょうか?

総括表は押印がなくても構わないとどこかのサイトで見たもので・・・
印鑑が必要なのか。、必要だとしたら何か所必要なのか、など詳しく教えていただけませんでしょうか?

あとデザイン関係の仕事をしているのですが、事業種目のところには何と書けばよいのかがわかりません。「デザイン業務」という書き方で構わないのでしょうか?


ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>印鑑を押さないと受理してもらえないものなのでしょうか?

まずそんなことはないでしょう。
自治体によって書式は若干の違いがあり、印というマークのないものもあります。

押すとしても、代表者印などという大げさなものは必要なく、代表者の姓の三文判で十分です。


>「デザイン業務」という書き方で構わないのでしょうか?

その欄は必須ではないはずですから、空欄でもよし、書くとしても「デザイン業」でかまいません。

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Q給与支払報告書を提出しなかったらどうなりますか。

 小さな事務所で経理の事務をしているのですが全くの素人で、いまだにわからない事だらけです。初歩的な質問ですみませんが、どうか教えて下さい。

 うちの事務所から給与を支払っている人(8人ほどで、他の勤務先からも給料をもらっている人達です)はいずれも年間50万円を超えていません。この場合税務署には源泉徴収票等を提出しなくてもいいということだったので、うっかりしていたのですが、給与を支払った人の住んでいる市区町村に給与支払報告書というものを提出しなければならないということを最近知りました。提出期限が1月31日だったので、もう今から提出はできないのでしょうか?来年から提出すればOKなのでしょうか。

 また、上記の8人に給与を支払っているのは平成14年からで、今まで(知らなかったので)給与支払報告書は一切提出していなかったのですが、大丈夫なのでしょうか(バレたりしないのか…)。

 源泉徴収票は本人に交付しているので、8人の中で誰か確定申告をする人がいたら、その人の住んでいる役所に給与支払報告書を出していないとまずいのでしょうか?

 何かまとまりの無い文章になってしまってわかりにくいですが、簡単に言えば訊きたいのはタイトルの通りの内容です。よろしくお願いします!
 

 小さな事務所で経理の事務をしているのですが全くの素人で、いまだにわからない事だらけです。初歩的な質問ですみませんが、どうか教えて下さい。

 うちの事務所から給与を支払っている人(8人ほどで、他の勤務先からも給料をもらっている人達です)はいずれも年間50万円を超えていません。この場合税務署には源泉徴収票等を提出しなくてもいいということだったので、うっかりしていたのですが、給与を支払った人の住んでいる市区町村に給与支払報告書というものを提出しなければならないということを最近知...続きを読む

Aベストアンサー

再びNO.5です。質問をよく読んでいなかったようで申し訳ございませんでした。

>給与支払報告書を提出していないことによって何か不都合が生じるのでしょうか。

についてですが、8人の方が他の事業所からも給与をもらっているとのことですので、給与支払い報告書を受け取る市町村役場では、個人が確定申告をしていればもちろん2枚目が回報されるのでそれにより住民税を課税しますが、申告義務がなかったり、還付になるので申告しなかったりすることがあります。しかし、市町村役場は事業所からの給与支払い報告書により、個人の確定申告の有無にかかわらず給与支払い報告書を合算して計算することにより、住民税を算出するので、給与支払い報告書の報告がない場合正確に住民税を算出できず、個人にとっては不公平が生じます。また、住民税の課税については6月からですので、今から提出しても十分に間に合います。また、1月31日を越えて提出したからといって市町村役場の職員から苦情をもらうことは、まずありません。

以上のことから、いまからでもいいので給与支払い報告書を提出しましょう。

Q支払い調書に印鑑は必要?

去年、ライターさんにお支払いした原稿料の支払い調書を、
それぞれのライターさんに送ろうと思うのですが、
この支払い調書には、こちらの印鑑を押すものでしょうか?
手で書いただけなので、
偽造しようと思えばすぐに偽造できそうなので、
押した方がいいのではと思いますが、
一般的にはどうなっているのでしょう?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

支払者「住所(居所)又は所在地」「氏名又は名称」欄に記入するだけで、印鑑を押す必要は有りません。

Q社印のない源泉徴収票

前に辞めた会社から源泉徴収票が郵送されてきましたが、社印がありません。様式は他の会社と同じだけど、社印がないのなら、自分でもパソコンで作れるんじゃないの?って思ってしまいます。
こういう社印のない源泉徴収票って、転職先に提出したり、もし転職しなければ来年の確定申告で、ちゃんと使えるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

以前私も同じことがあり、
税務署に確認しました。

手書きの場合は、必ず社印がないとダメで
パソコンでつくられたもの(印字されているもの)についてはなくてもいいそうです。
手書きの場合は不正に訂正できたりするからという回答でした。

Q特別徴収の「給与所得者異動届出書」の印は社印(丸印)をおす?

住民税の異動届出書についての質問です。

会社の過去ファイルの中にある「特別徴収の給与所得者異動届出書」に押印がばらばらなので困っています。
事業主社名・代表者名と住所のところに押す印が、担当者によってばらばらで、ある人は会社の角印を押印し、別の人は社印(丸印)を押印しています。
正式にはどちらが正しいのでしょうか?また、その根拠は何でしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

実際に税務署に提出する書類の押印の件で税務署に尋ねたことがありますが、
押印された印章を信頼する、ということで
それがその企業のどういう印章なのかは特に調査しない、ということでした。

ちなみに当社では、銀行印でも無く、印鑑登録された公印でも無く、一般的な押印に使用する丸い印章を使用しています。

Q給与支払証明書はどこで手に入る?<急ぎです!!>

おはようございます。
みなさんの知恵を貸していただければと思います。

給与支払証明書を提出することになったのですが、どこで手に入りますか?
市役所でしょうか?それとも勤めていたところ?
平成13年分が欲しいのですが、当時住んでいたところの市役所、または当時の勤め先にお願いすれば、郵送してもらえるのでしょうか?

それと、給与支払証明書を請求する時は、
当時の住所、当時の名前(現在は結婚して名前が変わってます)と現在の住所、名前を教えればいいのでしょうか?

わからないことだらけなので、詳しく教えてもらえたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、ats8181oyajiです

給与支払証明書は、勤務していた会社に作ってもらいます

提出先の指定用紙は手元になければ入手しましよう
県などに提出する給与支払証明書は
インターネットからもダウンロード可能です
検索エンジンで「給与支払証明書」で検索すれば
たくさん出てきます。
だいたいが、勤務していた会社のハンコが必要です。

例:茨城県の県営住宅の申込に必要な書類がダウンロードできるサイト
http://www.ijkk.jp/kenei/nyukyo3.html

参考URL:http://www.ijkk.jp/kenei/nyukyo3.html

Q角印と実印(代表社印)の使い分け

法人の場合、法務局に登記した実印の他に、角印(登記してない)、銀行印等複数の印鑑がありますよね。
で、当社は請求書・領収書などは角印を使用しています。しかし、ある取引先から「領収書に代表者印がないと正式な書類にならない」と指摘がありました。
社長の指示で作成しなおして、差し替えしましたが、今後は全て実印を押せというのです。
実印は今まで経理で管理してないし、管理するのも大変です。ここや、他のサイトで調べて、一般的に角印で十分らしいと社長に進言したのですが、「掲示板や印鑑屋の話で、法的根拠がないな」と言われました。
何か法例文書や通達などもっともらしい文書ってありませんか?あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になります。ですから請求書はだいたい角印になります。(担当者は代表ではないので)
そして、大事なのは、法人であっても、「代表」個人の意思をはっきりさせるものは、会社印になります。
組織としての印が角印という感じです。ですから角印のほうが軽い感じです。
銀行印:これは、悪用されると、資金全部抜けますので、実印並みに厳重管理が必要です。
業務印:これをもう一つ作ると良いでしょう。一般的な書類は、これにします。角印よりは少し大事な書類に押します。領収書は、大事なお金を頂いたという、すごく大事な書類なので、実印とは言いませんが、代表の意思が必要なのです。
各、印鑑の使用規定(何に使うか)と、権限規定(誰がOKすれば押せるか)を規定しておくと良いでしょう。特に権限規定は、代表が権限委譲する形になりますので、最終責任は代表にいくことになります。

HP日経さん程度でもだめでしょうか。
http://www.gifu-gif.ed.jp/school/seika-j/2001/bijutsu_naganuma/inkan.htm
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/soumu/media/index.cfm?i=s_siten047

参考URL:http://www.i-partners.jp/soumu/109.htm

実印:印鑑登録してある印鑑:滅多に使いません。印鑑証明の添付が必要な書類・契約書に使用。またはそれに準じる気合を入れる必要のある契約書。例:不動産売買契約書。大手会社との基本協定書。
角印:通常の会社印(実印・銀行印・業務印)は、「○○株式会社代表取締役の印」となっています(又は、代表執行役)。角印は「○○株式会社の印」となっています。
書類に会社名の後に「代表取締役■■ ■■」という書類は、基本的に通常の会社印を使います。
「代表取締役■■ ■■」の無い書類、担当者名で出す書類は角印になり...続きを読む

Q源泉所得税の納付 訂正方法を教えてください。

学童保育の会計をしています。人事・総務系のことは素人なのですが…今回、初めて源泉所得税の納付をしたのですが、金額を間違えて記入及び納付てしまいました。訂正方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続きにより、その後納付する税額に充当します。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_23.htm)からDLできます。


正規の税額(本来納付すべきだった税額)より少なく納付した場合。


税額欄だけを間違えたのであれば、「人員」、「支給額」の欄は空欄とし、税額欄に不足分の税額を記載して、摘要欄に「**年**月不足分(あるいは納付漏れ分)」と記載して速やかに納付します。(税額にもよりますが延滞税の対象税額の場合、納付が遅れるとその日数分延滞税が増えますので早めに納付したほうが良いです)

「人員」や「支給額」欄等も間違えた場合は、それぞれ不足分の人数や支給額及び税額を記載して摘要欄には上記のように記載して納付します。
 

 
正規の税額(本来納付すべきだった税額)より多く納付した場合。


誤って多く納めた税額を還付してもらう方法と、その後納付する給与等に係る所得税額に充当する方法との二通りあります。

前者(還付)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の還付請求」の手続きにより還付を受けます。
申請書や記載要領及び添付書類等はこちら(http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/annai/1648_22.htm)からDLできます。

後者(充当)を選択する場合は、「源泉所得税の誤納額の充当届出」の手続き...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング