『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

「耳で聞くと忘れる。目で見ると覚える。経験によって初めて理解する。」

このような意味の中国のことわざがあるらしいのですが、辞書などで調べてみてもみつかりません。

似たような意味のことわざを知っていたら教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

百聞は一見にしかず



どれほど沢山間接に情報を仕入れても、じかに見るのには及ばない

”漢書”より
前漢の時代、趙充国という将軍は宣帝に羌族の反乱を鎮める方法を尋ねられ、”百聞は一見にしかず。兵のことは遠くから計りがたいもの。直接金城まで行って地図を作り、計略を練ります。”として、戦地の状況から耕作をしながら戦う屯田兵を置くことにし、乱をおさめた

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kuni/kotowaza/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のお返事、どうもありがとうございました。
「百聞は一見に如かず」や「耳からの千遍も、手からの一遍にはかなわぬ」などをひっくるめて意訳すれば「認識は聞くこと、見ることではなく実践による」と解釈できますね。
参考になりました。

お礼日時:2004/02/07 01:10

ANo.#1の方のであっていると思いますよ。


『百聞一見(ひゃくぶんいっけん)』と漢字四文字で表し、普通は『百聞は一見に如かず』と言ってます。

班固『漢書』趙充国伝
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング