試薬の容量の単位に「Unit」(ユニット)ってあるんですが、これってグラムに換算するとどうなるんでしょうか?
海外の試薬メーカーにユニットで表記されているのですが、実際何グラムなのかが解らなくて困っています。
誰か詳しい方教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

前2名の方に更に追加です.「それを言っちゃぁおしめーよ!」的なコメントですが.



Unitの意味は皆さんの言う通りです.定義も試薬(酵素や抗生物質,ビタミン等)によって異なるので,rei00さんの言うように「必ず!」どこかに明記してあるはず.「I.U.(国際単位)」であれば酵素やビタミン毎の共通の「定義」ですから理化学辞典等を調べても出ているはずです.
ただし,これはあくまでも「活性」を表す単位ですから同じ物質であっても「質量(g数)」とは一致しません.

さて,問題は「用途」です.質量が重要なのか,活性が重要なのか.
自分の分野での例をあげます.

「RNase」という非常に強力な酵素があります.多くは不要な,あるいは混入したRNAの分解に用います.試薬容器を見ると必ずその容器の中身の質量とUnit数が記載されています.RNaseが酵素であることを考えると,重要なのは加えた質量ではなくUnit数なのですが,一般にはRNaseを加える試薬はどのレシピをみても「g数」で記載されています.つまり,「分解する」という目的で使用する場合,厳密なUnit数にこだわらなくても過剰量加えてあれば問題がないからです.

逆の例です.「制限酵素」というDNAを切断する1群のタンパクがあります.この試薬容器をみるとどこをひっくり返してもg数は書いてありません.使用目的の多くは,DNA中の特異的な配列での切断です.しかし,これらタンパクは切断したものをまたくっつける(ライゲートといいますが)活性ももっています.つまり,必要以上に加えると「切断する」という目的が達成できないのです.そこで,g数がいくらであろうと,使うときに問題となるのは活性,Unit数になるのです.

arai-samaさんが使おうとしている試薬は何の目的で加えるのでしょう.もしも容器その他にg数の記載がないとすれば,活性が使用上クリティカルになる試薬なのだと思います.どうでしょう?

それと,g数は化学天秤を使えばわかります.あまりに内容量が微量で量りとれず,なおかつg数も絶対に必要な試薬なのだとすれば....(1行目に戻ります.笑)そのメーカーは自分の用途に必要な情報を教えてくれないわけですから,他のメーカーに変えましょう!!(すみません...)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すごーく参考になりました!
まさに目から鱗!
有り難うございます!
でもやっぱり横文字に強くないと厳しいですね・・・。
勉強の基礎からやり直しかなぁ・・・。

お礼日時:2001/05/25 10:28

mygsk さんに追加です。



ユニットは,mygsk さんがおっしゃっている様に「生物学的な効果・効力を示す単位」です。これらは,微生物代謝産物であったり,生物からの抽出物であったりしますので,製造ロットごとの活性の変動があります。

そのため,「グラム」単位ではここの製品ごとに数値が異なってしまい,カタログに記載できなくなります。そこで,「ユニット」で記載しているのです。

では,各製品が「何ミリグラム」あって「何ユニット」かは分からないのかというと,決してそんな事はありません。

通常,この種の試薬には「デ-タシ-ト」の様な製品情報を記載した紙が付いてくるはずです。ここに,「1ユニットの定義」や「測定法」等とともに,各製品が何ユニットで何ミリグラムかといった情報も載っているはずです。

なお,「1ユニットの定義」や「測定法」等の一般的なことでしたら,その製品のカタログや試薬メ-カ-のウェブペ-ジにのっている可能性もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても解りやすい回答有り難うございます。
無事解決いたしました。
データシート日本語版が欲しいと思う今日この頃です・・・。

お礼日時:2001/05/25 10:41

ユニット、単位、力価などの単位は用量(g)とは基本的には違う単位です。


生物学的な効果・効力を示す単位と考えたらいかがでしょうか。
抗生物質、ホルモン剤、抗凝固剤などがこれに該当すると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早急に回答頂きまして、有り難うございます。
なるほど。試薬の容量ではなくて、効力の値ですか。
これからは、よく注意してデータシートなどを参照したいと思います。

お礼日時:2001/05/25 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化炭素排出量 単位 t-co2 t

地球温暖化について調べていると、二酸化炭素排出量の単位が「t」と書かれているときと「t-co2」と書かれているときがあります。このtとt-co2の違いは何なのでしょうか?
例えば二酸化炭素排出量が20tと20t-co2だったら両者の重さは同じと考えて良いんでしょうか?

Aベストアンサー

「二酸化炭素」の排出量であれば、20tと20t-CO2 は同じです。(COは大文字、2は下付)
しかし、純粋な炭素量で表わす場合も多いので、間違いが無いように内容を付けています。

なお、日本では t(トン)を多用しますが、国際的には Gg(ギガグラム)が標準。

UNFCCCへのNational Greenhouse Gas Inventory Report で求められている温室効果ガスの
単位は、Gg-CH4、Gg-N2O、Gg-CO2eq などと書きます。(数字は下付)、
Gg-CO2eq は「二酸化炭素換算」です。

Qグラム当量数から実際のグラム数を出す方法

Bi2Sr2CaCu2O8+δの化合物100ミリグラムに含まれるBi5+の量を知りたいのですが。
過マンガン酸適定で、モール塩をもちいて逆適定を行いました。そしたら、

  Bi5+のミリグラム当量=4.5とでてきました

ここから実際のグラム数に直せないのですが、どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

rei00さんフォロー有難うございます。
rei00さんの回答で解決済みかとも思いますが、一応補足しておきます。
>この適定では、Bi3+とBi5+が混在しているのですが、Bi3+に関係なくBi5+を1モルと考えていいのでしょうか??
今回使用した滴定反応では、Bi5+のみが酸化剤として反応すると考えられるので、Bi5+のみの含有量を測定することが出来ます。

>この場合だと、試料100ミリグラムというのは考察に入れなくてよくなりますよね、、、?
上記の質問内容とも関連しますが、若干の誤解があるようなので順をおって考えてみましょう。
試料100mg中にX mgのBi5+が含まれている。(このX mgが求めたいわけですよね。)
よって(X/208.98)m_molのBi5+が含まれている。
これは2*(X/208.98)m_グラム当量である。(この値を滴定で求めたことになります。)
最終的に求めたい値は含有率(wt% or mol%)ですから、
Bi5+wt%=(Xmg/100mg)*100
と、なります。ここで初めて最初の100mgが必要になるので、滴定段階では最初に採取した量はあまり重要ではありません。

P.S.
happtomoさんは空実験(試料を含まない滴定)は行いましたでしょうか?
溶液中の溶存酸素も酸化剤として作用する可能性があります。この位の微量ですと相対誤差が大きい可能性がありますので、一度は空実験をして補正することをお勧めします。

rei00さんフォロー有難うございます。
rei00さんの回答で解決済みかとも思いますが、一応補足しておきます。
>この適定では、Bi3+とBi5+が混在しているのですが、Bi3+に関係なくBi5+を1モルと考えていいのでしょうか??
今回使用した滴定反応では、Bi5+のみが酸化剤として反応すると考えられるので、Bi5+のみの含有量を測定することが出来ます。

>この場合だと、試料100ミリグラムというのは考察に入れなくてよくなりますよね、、、?
上記の質問内容とも関連しますが、若干の誤解があるよ...続きを読む

Q株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

株価の時価総額の単位 T Bって何ですか?

Aベストアンサー

T(rillion): 1兆円, トヨタ自動車の時価総額20.8T
B(illion): 10億円

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積

(1)T=0Kにおいて、1、2,3次元の場合の単位長、単位面、単位体積あたりの状態密度を求めよ。ただし、粒子の濃度をnとする。導出にあたっては各次元における自由電子の波動方程式を立て、解を導きだすこと。

(2)各次元についてフェルミエネルギーEfとエネルギーの平均値を求めよ。

という問題で、(1)はできたのですが、(2)の導出の仕方が分かりません。
様々なサイトを調べたのですがあまり理解が出来ませんでした。ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

すいません再計算したら3/5Efでした。(今度こそ合ってると思います。)
それから書き忘れてましたが、εDを0~Efで積分した後、電子の濃度nで割ってください。そうしないと電子1つあたりのエネルギーになりません。

Q単位の換算

物質の含有量で、mg/kgを%表示に変更したい場合はどうすればいいのか教えてください。
例:鉛 単位mg/kg 含有量2未満の場合

Aベストアンサー

2mg/kgを%に換算するとします。
(ある物質1kg中に亜鉛が2mg含まれているとして)

1kg=1000g=1000000mgですので、含有率は
2mg/1000000mg=0.000002
となります。
%で表すならば、1%=0.01ですから、0.0002%ですね。

ここまで小さくなると、%よりもppmで表すのが普通です。
1ppm=10^-6ですから、0.00002=20ppm です。

Q電流の瞬時値のグラフを書きたいんですが、周期T、角周波数ω、位相角θの秒単位を教えてください。

式が与えられている電流の瞬時値iの周期と、位相角θを時間単位での出し方を教えてください。

I=5.2+j4.3 A
∴i=√2*6.75 sin(ωt+0.22π) A

この式からグラフを書きたいんですが、周期[s]と位相角θ[s]とω[rad/s]が分からないので出し方を教えてください。

Aベストアンサー

その電流の値から周波数を求めることは不可能です. なぜなら, それは「電流の大きさ」と「ある基準からの位相差」しか与えてくれないからです.
そんな値がどこからともなく出てくるはずはありませんから, 何らかの回路を考えているはずですよね. その回路が線形回路であれば, 「基準」(交流電流かもしれませんし交流電圧かもしれません) の周波数をそのまま使うことができます (線形回路に正弦波を入れると, 電流や電圧の周波数は変化しません).

Q単位換算について

この問題がわかりません

気体の常圧における熱伝導度の推算式としてEuckenの式がある。

k=360μ(cp+2.48)/M

k:熱伝導度[kcal/(m・h・℃)] μ:粘度[g/(cm・s)]
cp:定圧モル比熱[cal/(mol・℃)] M:分子量[g/mol]

これをSI単位の式に変換せよ。
わかる方がいらっしゃったらお願いします。
molをどう変換していいのか分りません。

Aベストアンサー

この式には、単位を合わせるための定数「360」「2.48」が含まれていますので、
SI単位にした場合の定数を求めることが問題の本意と思います。

さて、molはSI基本単位の一つですから、変える必要はありません。
SI単位で変えなければならないのは、
・kcal・cal → J (1cal=4.1868J)
ぐらいではないでしょうか。
℃もKにする必要がありますが、単位としては同じものです。

Q陽子や電子の磁気双極子モーメントの単位

磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

Aベストアンサー

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁率:μ0
としますが、
同じSI単位系でも
磁化M(=単位体積あたりの磁気モーメント)を

M=B-μ0・H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・H+M

と表示する流儀(EH対応)と、
Mを

M=B/μ0-H

と定義する流儀、つまりBとHの関係を

B=μ0・(H+M)

と表示する流儀(EB対応)があります。


EH対応で定義されたMはBと同じ次元を持ち、単位は[Wb/m^2]です。
一方、
EB対応で定義されたMはHと同じ次元を持ち、単位は[A/m]です。
ですので、それぞれの流儀での磁気モーメントの単位は(それぞれ[m^3]を掛けて)

EH対応で定義された磁気モーメントは[Wb・m]を単位として持ちます。
EB対応で定義された磁気モーメントは[A・m^2]=[J/T]を単位として持ちます。

テキストが「EH対応」か「EB対応」かどちらの流儀で磁化Mを定義したかにより
磁気モーメントの単位は変わります。
どちらの流儀が使われているのかは、質問者しか知り得ませんので
ご自分でテキストを最初から追って確認してください。

つまり、EH対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位を
[J/T]としているなら誤植ですが、
EB対応を採用しているテキストで磁気モーメントの単位が
[J/T]となっているのであれば誤植ではありません。


あと、蛇足ですが、
今回の質問のように厳密な定義や関連する知識が必要とされる問題を
インターネット上の情報のみに頼って解決することはお奨めしません。

理化学辞典(岩波書店刊)
http://www.amazon.co.jp/dp/4000800906
など、しっかりした成書で調べることをお奨めします。

理化学辞典であれば
付録のページの「5 電磁気的諸量の換算表・次元」の表を見れば
[Wb・m]と[J/T]が別の次元を持つことは数秒で解決できたはずですし、
「磁気モーメント」の項目を引けば、
「単位はEH対応でWb・m,EB対応でA・m^2である。」
と書いてありますし、さらに「電磁気の単位系」の項目を参照すべし、
と矢印がついていますので「電磁気の単位系」の項目を引けば、
「磁化Mを磁束密度Bと同じ次元にとるEH対応単位系と,Mを磁場Hと同じ次元にとるEB対応単位系がある。」
と書いてありますので、
「なぜ単位が[Wb・m]だったり[J/T]だったりするのか?」
までを数分で解決できたはずです。
(さらに「磁化」の項目を参照すれば、もっと詳しく書いてあります。)

apllさんが、物理系または化学系の学生さんでしたら、
理化学辞典を購入して座右に備えることを強くお奨めします。

以下、SI単位系で考えます。

> 単位を変換してゆくと、「Wb・m=J/T」となるのでしょうか?

なりません。
MKSA[m,kg,s,A]で表示すれば

 [Wb・m]=[m^3・kg/(s^2・A)]
 [J/T] =[A・m^2]

となります。
[Wb・m]と[J/T]は別の次元を持つ単位であることがご理解いただけると思います。


> 磁気双極子モーメントの単位は「Wb・m」だと思うのですが、
> 陽子や電子が持っている磁気双極子モーメントの単位が「J/T」になるのな何故でしょうか?

以下、
 磁束密度:B
 磁場:H
 真空の透磁...続きを読む

Q単位換算 mg%

濃度0.8ppmは何mg%なのか?
という質問です。

というのは、とある類似品の検査結果に0.4mg%という結果がありました。
これが1g中なのか、100g中なのか、はたまた1kg中なのかわかりません。
1ppm=1mg/kgといことだと、
0.8ppm=0.8mg/kg
1g中だとすると
0.8/1000なので、
0.0008mg/gなわけですよね?
それを100分率にすると
0.08mg%だと思うのですが・・・。

類似品との数値の差が大きいため、いまいちひっかかってます。
ちなみにモノはヒスタミンです。
吸光度測定をしてスタンダードグラフより濃度を割り出しています。

昔っから単位換算は頭ん中ゴチャゴチャになるので苦手なんですよ(T_T)
誰かたすけてください

Aベストアンサー

「%」は「率」だから、
100g中であっても、1g中であっても、「割合」としては同じじゃないですか?

ppmは、「百万分の1」の割合ですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報