我が家は3,000万円の分譲マンションを購入しました。頭金0円、月々おおよそ10万円ずつ、約30年のローンです。主人の名義です。主人は現在60歳です。

主人は「私が死亡したらその時点で住宅ローンは支払う必要がなくなり、住宅はそのまま我が家のものになる。」と説明していますが、疑問があります。

1. そのような契約はありうるのでしょうか。

2. なぜ死亡するとローンが免除になるのでしょう。住宅販売会社が損をすると思うのですが…。

3. 60歳で30年ローンを組んだということは、生きていれば90歳まで月々返済していくことになるのですが、老齢により支払能力がなくなった場合はどうなるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

保険契約によって、残りのローンを実質返済しなくても良くなることがあるようです。



・住宅ローンについてのよくある質問│住宅ローン│りそな銀行
http://www.resonabank.co.jp/kojin/jutaku/faq/ind …

A 回答 (13件中1~10件)

>1. そのような契約はありうるのでしょうか。


住宅ローン契約時に、団体信用生命保険に加入している
ということです。そのため万が一死亡した場合には
保険会社より金融期間に保険金が支払われ、残された家族の
返済義務はなくなります。
 ちなみに、保険金額とローン残高は同じように減っていくので
半分返済した時点で死亡しても、保険金が支払われるのは
残額に対してだけなので、遺族に余分に返ってくることは
ありません。

>2
 既出の通り保険ですので、住宅会社や金融機関は
損をしません。むしろ遺族に支払ってもらうより
保険金で完結できたほうが良いでしょうね。

>3
 60歳で30年ローンって組めるんですか!?驚きました。
(もしよろしければ差し支えない範囲で、勉強の為に
どのような金融機関か教えていただけるとありがたいです)
 団体信用生命保険は死亡時と高度障害になったときのみ
保険金がおりますので、高度障害以外で無収入になると
支払いを続けなければなりません。当然、返済できなければ
自宅を差し押さえられることになります。
 最近では、金融機関によってはガン保険もセットにしている
ところもあります。

 また60歳での30年ローンとのことですが、もし親子ローンや
お子さんとの連帯債務での借り入れの場合、
契約内容によってはご主人が無くなられてもローンの半分のみ
保険で充当され、残り半分に付いてはローンが残る場合があります。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

「子供との連帯債務」これだ! 親子ローンだったわけですね、うちは。納得。子供が半分払う場合もあるんですか。子=私が半分払うことになるかもしれませんね。

お礼日時:2004/02/16 16:48

1と2は団体信用保険に加入されてると思います。



しかしながら通常私の知っている範囲の住宅ローンって、ローン完済時に75歳以下でなければならないと思ってたんですけど、60歳なら15年しか組めないと思ってました。その知識が間違ってなければ、親子ローンか連帯債務者がいると思うのですが、その場合はたとえ団信に加入してても、ご主人の負担分のみは保証されて、残りは払わなくてはいけないんじゃないかなあと思います。もし3でおっしゃっているようなローンを本当に組まれているのなら、その金融機関を後学のために教えていただきたいです。

もちろん3のように支払能力がなく、滞納してしまう場合は財産は差し押さえられ、競売にかけられますよ。その場合は立ち退きになります。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

「差し押さえ」「競売」という言葉を聞くと、責任を感じます。立ち退きにならないように気をつけます。

お礼日時:2004/02/16 16:52

ご質問の回答は他の方が言われてる通りで団信に加入していればローンの借入人が死亡した場合支払う必要はありません。



団信の保険料は月々のローン返済とは別で年払いです。
3,000万の借入なら7~9万位かと思います。

また月々の支払いが10万位、との事ですがこの金額は管理費込みでしょうか?この価格の物件ですと1万5千~2万程度の管理費が毎月有るはずですが、管理費は団信の支払い免除の対象外ですので管理費は支払っていかなくてはなりません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

いいえ、管理費は別です。そうか管理費もかかるのか・・・。

お礼日時:2004/02/16 16:41

60歳で30年ローンを組んだということは銀行のローンではないと思われます.銀行のローンは普通は完済時の年齢の上限規定があって70~75歳程度に決まっているようです.



住宅金融公庫は申し込み時の年齢が70歳以下と決まっています.親子2代の継続なら長期期間の融資も可能だと思うのですが,一代だけで完済時の年齢が90歳というのはあり得ないと思うので,一体どこから融資を受けたのか見当がつきません.

銀行の場合は団体信用保険等生命保険が義務づけられているようです.この制度は皆さんが書かれているようにこの制度加入者全体でリスク分担してる制度です.

90歳という平均余命を上回る人が団体信用保険等生命保険を利用するということは,それ以外の加入者にとっては不利になるわけですから,共済制度的な性格からして不可能に思われるのですが.

なお金融公庫の場合,団体信用保険等生命保険への加入は義務づけられていません.私は加入いていないのですが,配偶者の同意もつけた誓約書が必要になりました.

1.融資がどこから行われているか見当がつきません.

2.団体信用保険等生命保険に加入していると考えられます.

3.何歳になろうと生きている限り返済義務は消えません.返済不可能で立ち行かなくなれば,そのマンションを放棄するしかないのではないでしょうか.
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですよね。90歳にもなったら普通、働けませんよね。やはり親子ローンかな?

お礼日時:2004/02/16 16:38

A1・2


皆さんが回答されているように、ローン契約時に同時に団体信用保険等生命保険にも加入されたと思われます。
ご主人が死亡された場合は、そこから死亡保険金が出ますが、そこからローンの残り部分に充当します。つまりローは完済でき、住宅の方はご主人名義の住宅を相続された方のものになります。

A3
60歳で30年ローンですか? ひょっとして親子ローン的なものではないでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

親子ローンですか。そういえばマンション販売の人が子供について何か話していたような…。もう忘れましたが。

お礼日時:2004/02/16 16:32

知り合いにマンション購入後1年程でご主人が亡くなった方がいます。


ローンの返済は全くされていません。マンションはその方のものです。
マンション購入時にそういう保険に入らされたそうです。
詳しいことがわからなくてすみません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

やはりうちも「そういう保険(団信)」に入っているようですね。

お礼日時:2004/02/16 16:29

私も2000万のローンを組みましたが、しっかり団信(団体信用保険)の申込書にサインをしたのを覚えています。



つまり私が死ねば、ローンはその保険で相殺されるわけです。

ローンの返済額にたぶんその保険料も入っているのでしょうね。

しかし60歳でよく30年組めましたね。うちの父も60代でローンを組みましたが、たしか10数年しか組めなかったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。平均寿命より高い年齢まで働いてお金を返す計画なんて無茶ですよね。

お礼日時:2004/02/16 16:27

ローンを組んだときに、生命保険に加入しているはずです。

保険料、結構な金額のはずです。

我が家の場合は、毎年一回、一年分の生命保険料を口座から引き落とされてます。

支払能力がなくなって、ローンの支払いが滞った場合は、差し押さえされるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う・・、なんだか不安になってきました。大丈夫か? うちは……

お礼日時:2004/02/16 16:24

元住宅販売をやっていた、現在生命保険の営業をしている友人から聞いた話です。



住宅購入時に自動的にそのような保険をかけられているそうです。
だから名義人(つまりご主人)が万一死亡した場合は、ローンの残額を保険で補填し、相続した遺族はローンを払わなくても良いという制度がある。
と言う話を聞きました。

だから、家庭を持った人の場合は、賃貸に住み続けるよりも、家を購入した方が有利だ。との事です。

細かいことは専門家の方に確認された方が良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえば、マンション購入の時、セールスマンが「借りるより買った方がお得ですよ」と何度も言っていました。そういう事だったんですね。

お礼日時:2004/02/16 16:20

1.あります。


「団体信用保険」といって、住宅ローンを組むほとんどの人が半ば強制的に加入しています。

2.保険の仕組みです。
死なない大多数の人の保険料でまかなってます。ご主人も払ってます。

3.60才では30年ローンは組めません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

生きている人が保険金を出し合って、万が一のときに備えるわけですね。なるほど。

お礼日時:2004/02/16 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半年後の住宅ローン金利の予想は?

初めまして。
今年の10月までに住宅ローンの長期固定はどれくらい上昇しているのおもわれますか?
あくまで予想で結構ですので経済に詳しい方にお伺い致します。

Aベストアンサー

住宅ローンの固定金利は、ローンを組む時点での長期金利(10年国債の市場金利)に連動します。これに1.0%程度の貸し手の利益が上乗せされます。

現在ですと、短期金利が0%、長期金利が1.8%ですから、ローンの方は短期1.0%、長期2.8%ぐらいだと思います。

現在は長期金利が上昇中です。今後日銀のゼロ金利政策が夏から秋にかけて終わるとするとさらに0.3-1%ぐらい上昇する可能性があります。

したがって、ゼロ金利が解除されれば、住宅ローンの長期固定金利はこの秋には、3.0-3.8%ぐらいになるのではないかと思います。

Q住宅ローンとカードローンについて現在主人名義、借入も主人の名前で信金に申込をして、仮審査が通り本申

住宅ローンとカードローンについて
現在主人名義、借入も主人の名前で信金に申込をして、仮審査が通り本申込の結果待ちとなっております。
先日信金の担当さんから呼び出され、カードローンを2件申し込んで欲しいと言われました。私もその信金に口座を持っていたため、同じく2件カードローン申込をしました。
よく、カードローンを申し込むと住宅ローンの審査に影響があるといったことを耳にしますが、少し不安になっています。
ただ、住宅ローンとカードローンは同じ信金なので、大丈夫かな?とは思うのですが、
住宅ローンの審査上、カードローンの申込は特に影響はないのでしょうか?
また、カードローンを申し込むにあたり、当然私も個人信用情報の照会をかけられていると思うのですが、万が一なにかあった場合、(思い当たるものはないのですが、最近クレジットカードを作るために申込をしました)
私の個人信用情報も審査に影響はあるのでしょうか?
また、この申し込んだカードローンを主人、もしくは私が利用した場合、審査に影響はでるのでしょうか?

長くなりまして申し訳有りませんがご回答よろしくお願いします。

住宅ローンとカードローンについて
現在主人名義、借入も主人の名前で信金に申込をして、仮審査が通り本申込の結果待ちとなっております。
先日信金の担当さんから呼び出され、カードローンを2件申し込んで欲しいと言われました。私もその信金に口座を持っていたため、同じく2件カードローン申込をしました。
よく、カードローンを申し込むと住宅ローンの審査に影響があるといったことを耳にしますが、少し不安になっています。
ただ、住宅ローンとカードローンは同じ信金なので、大丈夫かな?とは思うのです...続きを読む

Aベストアンサー

あくまでも推測ですが、何ら問題はないのではと思います。

どちらかといえば、住宅ローン仮審査をしたところ何ら問題もなく、カードローンも審査が確実に通りそうなので申し込みをお願いしたというところでしょう。
信金に限らず金融機関は行員や支店毎にカードローンの発行件数などのノルマ(というか目標)があります。
信金にしてみれば、ご主人と質問者さんで二件の発行ができれば万々歳です。
もちろん住宅ローンも目標などがありますし、おそらくそっちの方が重要なので、カードローンを申し込んだ結果、住宅ローンの本審査が通らないなんてことになったら信金にとっても大問題です。

ただし、カードローンは住宅ローンの何倍もの利率だと思うので余程のことがない限り、発行されても使わないほうが賢明でしょう。

Q2008年11月の住宅ローン金利予想

 モーゲージバンク系のフラット35という住宅ローンを契約しており、建物が今月完成し今月の金利で融資実行される予定です。
 しかし連日のアメリカの金融不安による日経平均株価の下落や円高などのニュースが後を絶たず、一般的に不景気になると金利が下がる傾向にあるということらしいので、融資実行を来月まで待ったほうが良いのかどうか悩んでおります。
 詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上げておきます。

そうでなければ、月々の住宅ローン金利について「固定期間が長期のものは上がり、短期のものは下がった」ということは『あり得ない』ことになってしまいますでしょう?

一度、過去の住宅ローン金利の推移をご覧になって、「前月比」を計算してみてください。
http://www.nikkin.co.jp/0601/

フラット35ならば、「長期金利」(10年物国債の金利)の動向もご覧になった方がよろしいです。
ご参考までに、一昨日1.3%台だった長期金利は、今日(前場引け)は1.5%台に上昇しています。

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上...続きを読む

Q住宅ローンが滞っています。主人が住宅回収機構に資料取り寄せていましたが別に暮らしていて今私が住んでい

住宅ローンが滞っています。主人が住宅回収機構に資料取り寄せていましたが別に暮らしていて今私が住んでいるマンションがどうなってゆくのか心配です。子供にローンを借り換えて貰いなんとか私と子供で
払っていこうかと思っていますが可能でしょうか?

Aベストアンサー

住宅の所有名義にしろローン名義にしろ、親から子への変更は難しいです。
そもそもが親から子へのリレー形式でローンを組んでいれば借り換え時に子供の名義にすることも可能な場合がありますが、そうでない場合はまず許可されません。
仮に現在リレー形式のローンを組んでいたとしても、借り換え時には贈与税がかかる場合が多くあります。

Q住宅ローンの金利予想

このたび、借り換えの時期がやってきまして、少々悩んでおります。
残金1600万円であと30年ほどローンがあります。
10年固定で2.35%か3年固定で1.2%(どちらも期間終了後1.0%優遇です)で迷っております。
仮に、金利が3年で1.0%づつ上昇すると、10年後に残金は同じくらいになると思われます。
そこで、今後金利は、最大(最悪)どのくらいまで上がると予想されますか?また、一気にどれくらいまで上がることがあると思われますか?
皆さん、口を揃えて「誰にも分からない」と言われますが、いろいろな考え方を聞いてみたいので、私的な意見でも結構なので、お聞かせください。

Aベストアンサー

私の私見ですが
3年後までに2.5%ほど上昇(団塊世代の定年などで退職金が世にあふれる)
そこから5年くらいはウダウダと1%前後ぶれる
それ以降は少し下がるかな?と
2009年のピークを超えれば問題ないかな?
ですので10年以上の固定が安全かなー??
とりあえず今より金利が下がってくるのは当分無いかな?

こういう予想です。

Q住宅ローン・夫死亡の場合

彼が家を購入して毎月住宅ローンを支払ってるのですが、彼が「籍入れて、俺にもしも何か(死亡など)あった場合お前に返済義務が生じたら嫌だから、籍入れず事実婚でいいと思う」と言いました。もし結婚(入籍)した場合彼名義の住宅ローンは、彼が死亡した場合妻に返済義務が生じるでしょうか?

Aベストアンサー

たとえ夫婦であっても、借金の返済義務はありません。なので、籍を入れないこと自体に何の意味もないでしょう。
ただ、住宅ローンという負の遺産に対して不動産という遺産もあります。これを相続するなら、これら両方を含めた全てを相続することになります。ローンの方が多ければ相続放棄すれば返済義務が生じませんので、どちらが多くなるかで決めれば特に問題はありません(亡くなってからの期限あり)。

また、住宅ローンを組む時には団体信用生命保険(団信)に入らされるのが普通です。団信に入っていれば死亡時に債務は全てチャラになり、返済義務がなく不動産を相続出来ることになります。
団信に入ってないことは少ないのですが、この場合は生命保険等で対処するのが一般的であり、リスクヘッジを考えてない人でない限り心配することもないでしょう(お金に無頓着な人は駄目かも?)。

Qゼロ金利解除で住宅ローンはただ厳しくなるだけ?

5年後ぐらいにローンで一戸建ての住宅を建てようと思っています。頭金1千万円ぐらい貯めてのこり2千万ぐらいをフラット35で..と考えていましたが、ゼロ金利解除によって金利が上がると新聞に載っていました。あまり金利が上がるとみんな住宅ローンで家を購入しようとする人が少なくなると思います。
実際、銀行はただ金利を上げていくだけとなると思いますか? なにか住宅ローンを借りやすい手立てはうってこないですかね... 住宅ローンだけは金利を低いままにしておくとか、最初の3年は元金のみを減らしていけるとか。もしくは政治で税金の控除が大きくなるとかならないでしょうか... 個人的な予想・意見で結構ですので、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がるから」という常套句を使って変動金利でローンを組ませようとしますが、その手に引っかかってはなりません。
ちなみに我が家でも、今年はボーナスカットになりました。
ボーナスは会社の業績に比例するので、個人の頑張りや国全体の景気とは連動しないんです。

それからこれまではデフレであったので、デフレの時は不動産より現金を持つ方が有利と言われます。
逆にインフレになれば、現金の価値がなくなり物の価値が上がるのですから、不動産を持つ方が有利と言われます。
これまでは低金利により住宅購入ブームがあったのです。
家を買う人はいつも一定率はいるものですが、金利や不動産価格が上がれば同じお金で買える物件の質が落ちるので、購入者は減るでしょう。
以上のことからも、いろんな要素が絡み合うことなので、一概には言えないことがわかると思います。

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がる...続きを読む

Q住宅ローンの審査について。先日住宅ローンの審査をお願いしましたが、何点か不安があります。ご意見

住宅ローンの審査について。

先日住宅ローンの審査をお願いしましたが、
何点か不安があります。ご意見お願いいたします。

主人42歳年収315万 勤続年数3年半
子供2人
貯蓄800万 頭金は400万位で考えています。
土地はあります。その土地に2000万程の家を新築する予定でいます。
なので、最低でも1600〜1700万は借り入れ希望です。

年収や年齢も不安ですが、
会社規模、10人以下資本金も300万との事

それから、約4年位前に、ずっと税金を滞納していた事があります。催告書まで来ていて、差し押さえ予告も来ました。
差し押さえ実行される前に完済しました。
この事実は、住宅ローン審査に影響しますでしょうか。

トータルで考え、審査は通るでしょうか。
あと数日でお返事があると思いますが、
心配で心配でなりません。
皆様ご意見よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

> それから、約4年位前に、ずっと税金を滞納していた事があります。催告書まで来ていて、差し押さえ予告も来ました。
> 差し押さえ実行される前に完済しました。
> この事実は、住宅ローン審査に影響しますでしょうか。
影響しません。
銀行や保証会社が参照する信用情報機関の信用情報に税金の滞納は記録されません。
また、住宅ローン申込に納税証明書が必要となる場合がありますが、直近3年分が必要となるので4年前なら影響しません。

問題は年収と年齢ですね。
返済率を25%とすると、金利1%なら25年の返済となるので、まったく無理と言う訳ではないですが通るかどうかまではわかりません。
借入の時に返済が定年退職までに終わらなければならないと言う決まりはありません。私自身、借入当初は完済時の年齢が67歳でしたが、問題なく借りられています。

Q住宅ローンの金利について

もうすぐ、住宅ローンの3年固定が切れる予定です。
そこで、次は30年ぐらいの長期固定にしてしまおうと思っていたのですが、今後、金利はどのように推移していく可能性が高いのでしょうか?
先ほど、Yahooのニュースで「日銀の金融政策については、36人中22人が次回の利上げ時期を2009年6月以降と予想した。」と書いてありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000852-reu-bus_all

ということは、まだ、当分住宅ローンの金利も上がらないということでしょうか?それとも、住宅ローンは別物なのでしょうか?

もし、2009年6月まで住宅ローンの金利が上がらないのであれば、それまで変動金利で、金利が上がりそうになったら、長期固定にした方が良いような気がしますが、どうなんでしょうか?

どなたか詳しい方がいれば、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日銀の金融政策は短期金利(無担保コールレート翌日物)の話です。

住宅ローンは長期金利を参考にして決定されるので、短期金利が2009年6月まで上がらないからといって長期金利/住宅ローンが上がらないとは限りません。

実際・・・
日銀が2007年2月に短期金利を0.25%から0.50%に引き上げてから、ずっと短期金利は変わっていません。しかし、その期間でも長期金利や住宅ローン金利は変動しています。長期金利の代表である国債10年物は1.3%~1.9%くらいの幅があります。

では、長期金利が何によって決定されるかと言うと、将来的な金利動向の【市場の予想】に基づいて決定されます。


長期金利の決定要因
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E9%87%91%E5%88%A9

Q現在、私が住んでいる住宅ローンの名義が弟なんですが、今度、妻のお兄さんに住宅ローンの名義になってもら

現在、私が住んでいる住宅ローンの名義が弟なんですが、今度、妻のお兄さんに住宅ローンの名義になってもらいますが、その際に税はかかりますか?かかる場合はいくらぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

弟さんが住宅ローンを一旦完済して、お兄さんが新たに住宅ローンを組んで購入する形になると思いますが、この場合贈与は発生していませんから税金はかかりません。
但し、その後のお兄さんのローン返済を実質弟さんが行うようであれば贈与税がかかるようになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報