はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

税務に詳しい方おられたらお願いします。

専業のデイトレーダーで法人化した場合、以下のとおりにやって問題
ないでしょうか?従業員は自分(社長)以外いません。

売上  100万円/月  1,200万円/年  (全てトレードによる売買益)

費用  100万円/月  1,200万円/年
(月額費用内訳)  役員報酬 80万円(社長ひとり分)
         その他 20万円

損益  ±0円→ 法人住民税の7万円のみ納付

数字は全て例です

売上はトレードの結果ですので、仮に期中で(例えば8カ月とか)で
売上が1,200万円を超えそうになった時に法人でトレードをするの
を中止して、個人でトレードを行う。法人の決算を損益0円もしくは
赤字を確定させて、また次の期から法人でトレードを行う。
個人でトレードした分は確定申告を行う。
もちろん役員報酬の所得税住民税は会社(天引)で支払います。

個人だけでやっていると全て申告分離課税の20%の納税となりま
すが(厳密には多少の経費は認められるとして)、法人化することに
より上の例だと1200万円まで税金は法人住民税の7万円となり、
それ以上売買益が出た場合は20%税金を支払うこととなります。


これは正当な節税になるのでしょうか?
(これとは上の例の損益0になることと、途中から個人でトレードする
ことの両方です)
それとも脱税になるのでしょうか?

長文で申し訳ありませんが詳しい方おられたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

本当にメリットを出すには、法人を設立して収益を法人に溜め込み自分の自由にしない事こそが最も有利です。


一応法人税・法人住民税・事業所税等が必要ですが、役員報酬も課税標準330万未満に抑え(此処が申告分離との損益ライン)、株式配当金として多少決算処分する程度が一番有利です(法人税を払うから配当金には総合課税配当控除がある)。
で、法人の事業所に自宅を使わない事です。自宅だと法人としての申告納税を税務署が否認して個人事業扱いで合算して所得税を賦課する余地を残します。必ず法人設立登記を行い賃貸で事業所を確保し、新規にパソコンやサーバーを設置します(これらは固定資産ですから減価償却と償却資産の固定資産税を支払います)。無停電電源装置(バックアップの自家発電等も併用)設置がベスト。
更に小規模企業共済(国営退職金共済)に月額5万円迄無税で積立出来るのでこれに積み立てて行きます。これは事業清算時点で退職金として受け取ります(退職金には退職給与控除が適用される)。
法人設立の本当のメリットは飽くまで自分自身の経費を使わず法人の経費を使えるのがメリットです。が、一般の事業法人では無く投資法人ですからむやみに会社に飲食のツケを廻せる訳ではありません。きちんとタイムカードで管理して会社に夕食の出前を取る(これも役員待遇程度)ならば出前代金は認められる位、フランス料理のフルコースはとても無理。「従業員が居れば」福利厚生も必要経費になりますが事業主単独ですと福利厚生はほとんど経費になりません。だから昼食補助を日額300円出すのが必要経費になるかどうか位。「深夜迄トレードするなら」仮眠用の折りたたみベッドは必要経費になるかも(会社に住んではダメ)。電気代も50KVA(=500A)以上でないと電力会社から買う必要があります。或いは100%自家発電か。
    • good
    • 15

あくまで最終的には税務署の判断になるので何とも言い難い所でしょうけど、殆どの場合はこの方法は認められません。


役員報酬に上限はありませんが、あくまで法人として適切である事が前提です。
売上が年間1200万円なのに対して1人とは言え役員報酬が8割も占め、経費などで赤字かトントンと言う決算を続けていれば、間違い無く税務調査で指摘されるでしょうね。

まぁそれ以前に役員報酬は前期末に株主総会で決定される事になるので、次年度のトレード利益が想定出来れば良いですが、計画された利益を大幅に下回った場合でも役員報酬を減額できませんので、支払う住民税や所得税は高いままです。帳簿上は役員に対して借り入れた事になります。
その次の年にこれを返済すれば、返済金は会社の利益ですから、この部分には法人税がかかります。

また、結局は給与所得になるので、個人で確定申告して20%の税金を支払うのと大して変わらない税金を支払うことになりますね。およそ200万円程度。
個人なら年間の取引履歴かFX業者から出される年間の損益計算表を添付すれば済みますけど、法人なら原則的に複式簿記で毎月履歴を取るなどして月締めも必要ですし、事業年度毎に決算報告も作成しなければなりませんから、税金云々の前に時間と労力を無駄に使うことになり余り得策とは言えないでしょう。

法人化してメリットが出るのは、トレード以外でも主たる事業を行っていて、その売上や経費などを相殺できる状況になるなど、FX以外でも法人としての売上が立てられる状況にある場合が殆どですよ。
    • good
    • 9

そんなことないですよ。



参考URLに入れた方はFX事業で法人化しているデイトレーダーですよ。
法人口座でトレードすることにメリットを感じて、法人化している方も結構多いですよ。

参考URL:http://forex-day-trader.biz/

この回答への補足

No.3さん No.4さん

その辺は結局税務署に直接確認しないとわからないかもしれま
せんね。専業で法人化してる人も主たる業務は別のことにして、
実態はトレードって感じかもしれませんしね。
税務調査が入って実態を見られた時、経費を認められないとか
あるんでしたらちょっと考えものですよね。

補足日時:2012/11/23 19:08
    • good
    • 5

FX、株式、先物取引、デイトレ等を専業として法人登記はできません。


証券業の免許を取れば別ですが。
もしくは、不動産業でも何でも、実態のある、、、主たる業務があれば、
それで登記してその他の業務として為替取引を入れる事は可能です。
ただ、主たる業務に実態、それなりの取引実績とか売上げとかが必要です。
何か商売でもやっていればいいですけどね。
喫茶店でも大丈夫なはずですが、、、

たまにここでFXとかの節税として出てくる話題で、確かにそうできれば節税になりますが、できないというところが個人投機家の悩みですね。
プロバイダ料金を、ログと、取引記録と照合させ、経費として認めさせた人がいたそうですが、それでも経費にできるのはせいぜい数万、節税できるのはそこへ税率をかけた額だけですから数千円。手間に見合うだけの額になりません。
PC本体や電気代も落とせれば良いのですが、どうやってもあくまで実際に取引した時間分だけしか認められないので、ごくわずかです。申告するだけ無駄。

要するに、個人投資で落とせる経費は無い。
認めない、という原則から税制が作られていますのでどうしようもありません。
    • good
    • 4

意味不明??



>もちろん役員報酬の所得税住民税は会社(天引)で支払います。

所得税住民税は経費にはならないし~。

1200万の給与なら所得税住民税で200万円強だけど

この回答への補足

No.1さん

総務経理を20年やってますし当然決算もやってますから、その辺は
理解してるつもりなんで大丈夫ですよ。

No.2さん

書き方悪かったですかね?
所得税住民税は当然役員報酬から天引きして、会社が払うという
ことです。

確かに1200万に対して所得税住民税で200万以上かかるので、
正当だとしてもあまり節税にならないかもです(汗

補足日時:2012/11/22 22:17
    • good
    • 0

腹式の簿記をしっかり作れるなら、あとは、月6万円以上もらうと、年末調整などの書類も、必要です、もちろん給料からの税金計算も必要になりますよ、、、。

この回答への補足

No.1さん

総務経理を20年やってますし当然決算もやってますから、その辺は
理解してるつもりなんで大丈夫ですよ。

補足日時:2012/11/22 22:19
    • good
    • 9

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人口座での株式の資産運用は損ですか?

現在、一人会社を立ち上げて事業を始めようと思っています。
以前から個人で資産運用を行なっており、株式投資を行なっていました。

会社設立後、株式投資をこれまでどおり個人の口座で行うべきなのか、「投資」を事業内容に組み入れて法人口座で行うべきなのかについて質問です。

質問1:
株式の税金は申告分離課税(現在は証券優遇税制の為、一律10%)の為、仮に「投資」を事業内容に組み入れたとしても、会社の事業の損益とは合算できないと考えているのですが、正しいでしょうか?

質問2:
設立する会社は一人で運営する個人会社です。
この場合、法人口座で株式投資を行なって利益を生み出したとしても、結局その利益を役員報酬等で個人に支払った場合、所得税がかかってしまう為、株式の申告分離課税+給与所得税がかかってしまうことになり、損だと思っています。

個人会社の場合は、法人口座ではなく、これまで通り個人口座で運営した方が得なのでしょうか?

どなたかご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

<結論>

 少なくとも、譲渡益を想定しているなら、損しますよ。


 質問1
・株式の申告分離は個人の制度ですから、会社は 収益に組み入れて 通常の法人税の税率です
・天引きされた所得税は税額から控除できます。


 質問2
・会社の利益 - 役員報酬 = 会社の課税所得(若干税務調整などもありますが・・・)
・2重に課税にはならないですが、役員報酬って、今、年度の途中で変更しても税務上は認められないので、株投資のように波の有る収益には、「節税」が難しいですよ。
・あと、資金の出し入れが、会社・社長と不規則に行き来すると思いますので、税務調査の際に「認定賞与」という恐い扱いを受ける可能性が高くなるように思います。
・また、会社の消費税の計算上「非課税売上」が増える(株の売却売上)ため、仕入税額控除も減っちゃうことが十分に考えられます。

 

 (株)譲渡益を会社にしたら、儲かっても、個人で使いにくいですよ。
 個人で、優遇税制の恩恵を受けたほうがいいかな~と思います。

Qデイトレーダーは、個人事業主になった方がいい?

ちらっとデイトレードをしているなら、税務署に個人事業主にしたらと言われました。
まだ始めて数ヶ月で、やっていけるかどうかも分からないですけど申請をするのとしないのでは何が違うのか、利益・不利益はありますか?

Aベストアンサー

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての経費であります。

 簡単に例をあげましょう。
 株式投資での収入が年間200万円、著書出版による原稿料・印税収入が200万円、合計400万円の収入があったとしましょう。
 ではここから取材費用や原稿用紙購入代などの経費を差し引こうと思っても、それはあくまでも原稿料・印税収入の200万円からは差し引けますが、株式収入からは引けません。もしも経費が250万円掛かったとしても原稿料・印税収入から200万円の経費を引いた残りの50万円の経費は株式収入から引く事はできません。貴方の赤字です。(実際には収入を超える費用は認められません。事業内容にもよりますが、経費として認められるのは収入に対して10-30%の間といったところです。)
 それでいながら、株式収入からはしっかりと10%の源泉徴収は引かれます。(数年先には元の税率の20%に戻りますね)
 
 「パソコン使ってネットで株取引するんだから、個人投資家にはパソコン購入費や電気代やプロバイダ接続料や自宅を事務所扱いにして”家計に事務所家賃を支払う”などは経費として認められるのでは?」
と思われるかもしれませんが、これも今の税務署は認めてくれません。課税を不服として訴訟を起こして勝訴すれば別でしょうが。

 というわけでほとんどメリットはありません。強いて言えば開業届けを出して青色申告者になることで晴れて無職者から「税務署お墨付きの事業者」になりますが、普段道をあるいていてもご近所さんの貴方を見る眼差しが尊敬の目が変わるわけでもありませんから、特段メリットにはならないでしょう。

税務署の人が言ったんでしょ。
貴方個人にはほとんどメリットは無いと思いますよ。
課税対象者を詳細に把握するために開業届を出させて、2,3年に一度は確実に調査に立ち入るための方便だと思います。

 株式投資で得られる利益に対する経費は全く認められていないのが現状です。たとえば貴方が株式投資に関する著作を発行して、たくさん売れたらその取材費や原稿用紙や万年筆の購入費用や編集者との打ち合わせの喫茶店のコーヒー代などは経費として認めてくれますが、それはあくまでも原稿料や印税に対しての...続きを読む

Q株式投資のための会社設立をしたい

自分で行っている株式投資の資金で会社を設立して、投資会社を設立したいと考えています。運用するのは基本的に自己資金のみです。
会社組織にするとパソコン等の設備を経費にできり、損金を繰越しできたり、長い目で見て得な事が多いような気がするのですが、メリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

まず、有限会社株式会社にしたら、有限責任になりますので、有限300万と株式1000万 までの責任です。投資会社ならかなりのメリットですね。損して倒産しても責任分だけ返せばいいんですから。 上に書いてある質問、会社として考えれるもの全て会社の必要経費に出来ます。恐れなくても勇気を持って申告しましょう。有限の場合自己資本分300万を銀行にもって行き、銀行で保管証明をとらなくてはいけません。それからは書くのせからしいからそっちの知りたいこと書いてください。答えますので。私の会社は有限会社です。社長やってますのでほとんどの回答できるでしょう。それと有限会社で営業を一年間ほとんどしていなくても年間市県民税が6万円かかります。それと僕に聞かなくてもここのURLの担当者は無料でなんでも詳しく教えてくれますよ。

参考URL:http://www.kaigyou.com/open.htm

Q会社を作ってのデイトレード

 個人でデイトレードしている人が、会社を設立して会社名義で同じことをした場合、税金上はどうなるのでしょうか。稼ぎが大きければ大きいほど得するのでしょうか。
 その他、メリット、デメリットがありましたらお教え願います。
 

Aベストアンサー

はじめまして 会社経営をしているものです
私も来年から同じことをしようと考えているので少々同じ種類の事を税理士ないしは書籍で研究しておりまして、わかる範囲でお答えいたします
結論から言いますと会社をつくるメリットは以下の二つがあると思います

(1)個人で利益を出した場合は税法上では相当の税金がかかってきますし確定申告の義務がありますので正直に手続きするとかなり税金で持っていかれます(少々の利益では申告せずに済ませている人も大勢いるらしいが・・)が、法人を作りその際に営業目的を投資業にしておけば儲かった利益を営業利益として経費と通算できます しかも青色申告にしておけば5年間の利益と損益を通算できますので1~2年目にぼろ負けして、3年目に大きな利益を出した場合は3年目の大きな利益にそのまま税金がかかるのではなく1年目2年目の負けと通算することができるのです
(2)ネットトレードといいましても、現物株とオプションや商品先物などのデリバティブがあります
あなたが言われているのは勿論、日経225などの先物系だと思うのですが、個人でされた場合、現物株で100万もうかったが先物で100万損した場合、現物と先物は通算できないので先物の負けに関係なく現物株の100万にもろに税金がかかります
しかし、法人で同じ現象が起きた場合、両方とも営業利益にすることができるので会社の利益はゼロ!利益に対しての税金はかかることがありません
以上の二点が法人にする事の大きなメリットです

しかも法人の場合は自宅を事務所として家賃を経費で落とせたり友人との食事を交際費で落とせたり車を社用車として購入したり一般企業と同じように出来ます

まずは有限会社を設立し自分ひとりが役員の一人会社というのが作れますのでそれで自分が取締役社長としてやればいいと思います 株式会社はややこしいので考えない方が良いです 
法人設立には司法書士などに依頼するのが一般的ですが恐らく15万~20万くらいかかるので節約したいのなら法務局に足を運べば書類の揃え方は教えてもらえます。設立後は自分には給料を出さないようにしたら良いです。給料を出すとそこからまた源泉徴収されますしお勤めでしたら会社に副業がばれる事もあります
もうかれば経費で大体の生活必要品はまかなえるのでそれでいいです(まぁー儲かったらの話ですが・・)じゃー儲からなかった時はどうなるか・・ここがポイントです
会社は赤字でも一定の税金は払わないといけません
利益に対して何パーセントという税金とは別に法人税は恐らく5万~7万程度払わないといけません
これは住民税みたいなもので会社が存在している以上地方公共団体に支払う必要最低限のものです
ですからこれだけは捻出できることが条件です
後、青色申告にする以上は会計をきっちりしないといけませんがなれたら簡単なので会計ソフトを用意したら大丈夫だと思います
デイトレードで節税をと考える以上は儲ける事を前提に考えてらっしゃるでしょうからそれなら法人にする方が間違いなく得です
ただ、全然儲ける自信が無いのにいきなり法人をつくる必要は無いと思いますよ
あくまで儲からないと法人メリットは無いわけですから・・ 
最後に私の考えをいうならば、儲かっても儲からなくても自分所有の会社を持つのは夢があってすごくいい事だと思います そこからいろんな情報が集まり会社経営にも詳しくなり次の事業にもつながってきます
年間5~6万のリスクの大人の趣味と考えても決して悪くないのでは・・
頑張ってください

はじめまして 会社経営をしているものです
私も来年から同じことをしようと考えているので少々同じ種類の事を税理士ないしは書籍で研究しておりまして、わかる範囲でお答えいたします
結論から言いますと会社をつくるメリットは以下の二つがあると思います

(1)個人で利益を出した場合は税法上では相当の税金がかかってきますし確定申告の義務がありますので正直に手続きするとかなり税金で持っていかれます(少々の利益では申告せずに済ませている人も大勢いるらしいが・・)が、法人を作りその際に営業目的...続きを読む

Qほぼ無職で株取引のみの所得がある場合、確定申告をすべきか?

昨年の1月に休職し、その後退社したので平成21年の所得はほとんどゼロです。

その後、無職状態で株取引(デイトレ)を行い、数百万の所得がありました。
2つの証券会社で特定口座(源泉徴収有)を選択したので、所得税と住民税は
支払っており、確定申告は不要だと思ったのですが、特定口座(源泉徴収有)
でも、確定申告をすると還付されるという情報を思いだしました。

【質問】
2つの証券会社どちらも収支がマイナスで、損してるなら話は別ですが
私の場合、年間取引報告書を見ると、どちらも差引金額(差損益金額)は
プラスで得してるので、還付金は期待できませんか?

一方、確定申告をした事によって、株以外の所得がゼロであったのが
数百万の所得がありとみなされ、国民健康保険料や住民税が値上げ
される事はありませんか?

確定申告をすべきか?非常に迷ってます。

Aベストアンサー

>No.2さんのご意見のように納税は国民の義務ですから確定申告は…

特定口座源泉ありは、それだけで税務手続きを完結させることもできる制度ですから、確定申告をしなくても納税の義務は果たしています。
誤り回答に惑わされないようにね。

>株以外ゼロではなく、退職金として150万円の収入がありました…

退職金も株と同じで申告分離課税です。
「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出し、源泉徴収が正しく行われている限り、確定申告の必要はありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

>退職金や株の収益の申告で、国民健康保険料や住民税が高くなってもやむを得ませんです…

あなたがそう考えるならあえて否定はしませんけど、試算してみて逆ざやになるのなら申告しないことも、法に定められた権利の一つです。
脱税などではありませんよ。

Q個人事業の一環として、株式売買をする事は可能でしょうか?

 投資顧問業務(投資一任業務や助言業務)等ではなく、
あくまで個人事業主が「事業主自身のお金で売買する場合」の話ですが、

 事業開始時に提出する開廃業届出書の「事業の概要」欄に、「投資業務」等と記入し、
個人事業の一環として、株式売買をする事は可能でしょうか?

 又その場合、売買で得た利益は「事業所得」になる、と考えて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>投資顧問業務(投資一任業務や助言業務)等ではなく…

ということなら、何も制約はありません。ご自由にどうぞ。

>「事業の概要」欄に、「投資業務」等と記入し…

こうなると財務省の認可等が必要になるかと思います。
あなた自身が利益を得るためではないのですか。あえて「事業の概要」に記載する必要はないと思います。

>売買で得た利益は「事業所得」になる…

個人がやる株売買は、「分離課税」です。事業所得とは全く切り離し、株の売買益のみの申告をします。
実務としては、1枚の申告書にまとめて書きますが、内容は完全に独立しています。
事業で出た赤字を株の売買で補てんしたり、またその逆のことなどはできません。

なお、売買益でなく、株の配当金は「配当所得」として、事業所得と合算する「総合課税」になります。
配当をもらう際に源泉徴収される税金は、事業に課せられる税金から差し引くことができます。

詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
「所得税」→「株式投資と税金」→「1463 株式等を譲渡したときの課税(申告分離課税) 」
のあたりです。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/index2.htm

>投資顧問業務(投資一任業務や助言業務)等ではなく…

ということなら、何も制約はありません。ご自由にどうぞ。

>「事業の概要」欄に、「投資業務」等と記入し…

こうなると財務省の認可等が必要になるかと思います。
あなた自身が利益を得るためではないのですか。あえて「事業の概要」に記載する必要はないと思います。

>売買で得た利益は「事業所得」になる…

個人がやる株売買は、「分離課税」です。事業所得とは全く切り離し、株の売買益のみの申告をします。
実務としては、1枚の申告書...続きを読む

Q法人で株取引をする時の仕訳について。

法人で株の取引をします。売買目的で、取引による差額は売り上げに計上します。

これにあたり、証券会社の法人口座を作りました。
この口座にまず入金し、証券会社を通して、株の売買は行います。
この時の仕訳と、売買時の仕訳がわかりません。
株の取引の利益、損益は当社では売り上げに計上するので、この場合の仕訳を教えてください。

私個人の名義ではなく、法人で行う場合の仕訳がわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「売上」は使えません。

売買目的有価証券(資産)
売買目的有価証券売却損
売買目的有価証券売却益

の科目を使って営業外収益とします。

まさか株式投資を「主たる事業」にはしていませんよね?

Q個人投資家の法人化のメリット(税金面)

無職の個人投資家です。
先物取引でここ3年ほど、年平均800万ほどの収益があります。
必要経費も、書籍・パソコン代くらいしか認められませんので、
ほぼ税金20%(160万)ほど、ここからもっていかれます。

この場合、
法人化して、同じようなことを行うと、
税制面で何らかのメリットがはあるでしょうか?

Aベストアンサー

年平均800万円の「収益」とありますが、ご質問から推察するに「所得」(=収入-経費)のことと思われますのでその前提でお答えします。また、税金20%(160万)も所得税のみ意味するものとします。
個人事業の場合の税負担
所得税160万、個人住民税80万、個人事業税25万 合計265万
*個人住民税の均等割り4千円は無視しました。

法人の場合の税負担
所得のほとんどを給与として支給し、法人の所得を0とした場合
法人税0、法人住民税7万(均等割のみ、赤字でもかかる税金です)、法人事業税0、給与所得に対する所得税77万、個人住民税60万、(個人事業税はありません)合計144万円

同じ800万儲けても、個人であればその全額が税金の対象になるのに対して、法人化してこれを給与とすることにより、給与所得控除額(給与に対する必要経費と考えてください)が200万発生し、税金の対象が600万円まで圧縮されてしまいます。

以上、税負担のみで考えると法人化のメリットは大であるといえますが、法人化のための費用(専門家に依頼すれば最低でも20~30万円)、毎月の経理処理のための手間と費用等の問題も当然あります。相談だけであれば、それほど高い費用はかからないはずです。是非、一度専門家にご相談されることをお奨めします。

年平均800万円の「収益」とありますが、ご質問から推察するに「所得」(=収入-経費)のことと思われますのでその前提でお答えします。また、税金20%(160万)も所得税のみ意味するものとします。
個人事業の場合の税負担
所得税160万、個人住民税80万、個人事業税25万 合計265万
*個人住民税の均等割り4千円は無視しました。

法人の場合の税負担
所得のほとんどを給与として支給し、法人の所得を0とした場合
法人税0、法人住民税7万(均等割のみ、赤字でもかかる税金です)、法人事業税0、給与所得...続きを読む

Q専業株式投資家でも青色申告できる?

下記の様な方法で、合法的な節税は可能ですか?

株式配当が年に100万、株式譲渡益が数年に1度の割合で300万、の収入が有るとします。(他の収入は無し)
青色申告には、青色申告控除が65万円分有りますので、基礎控除の38万円分も合わせて考えると所得0になります。
不定期の株式譲渡益は特定口座内で申告分離課税で完結させます。

つまり、不動産事業やアフィリエイトなどでは無く、株式投資のみでも青色申告できるのか?
また、株式投資のみの青色申告が可能であると仮定して、自分の都合の良い様に選択をして、事業所得にせずに、特定口座内の申告分離課税で済ませて、株式譲渡益を不申告にする事が可能なのか?

アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>株式投資のみでも青色申告できるのか?

税務署が認めてくれれば可能です。
以下のQ&Aが参考になります。

『株式投資での個人事業主』
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-31799/
>>株式等の譲渡に係る所得が事業所得か、それとも雑所得や、譲渡所得であるかは、対価を得て継続的に独立して行なわれ、相当の規模をもって、常習的・規則的に行われ、その存在が一般的に認識され得る程度のものという実質的な基準で判定することとされている

つまりは、「誰が見ても株で食っている」という状況ならば事業と呼んでも差し支えないだろうということです。

さらに、Wikipediaの『譲渡所得』より抜粋
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%B2%E6%B8%A1%E6%89%80%E5%BE%97
>>資産の譲渡による所得がすべて譲渡所得となるわけではなく、以下に掲げる所得は、譲渡所得に含まれない。
>>たな卸資産の譲渡その他営利を目的として継続的に行なわれる資産の譲渡による所得
>>事業的規模で営まれていれば事業所得、そうでなければ雑所得に含まれる。

ちなみに、配当所得は事業活動の結果ではなく、株主となることで等しくもたらされるものですから「事業かどうかの判定」の際には除外してお考え下さい。

>株式投資のみの青色申告が可能であると仮定して、自分の都合の良い様に選択をして、事業所得にせずに、特定口座内の申告分離課税で済ませて、株式譲渡益を不申告にする事が可能なのか?

同じく上記リンクより

>>そもそも、株式等に係る譲渡所得等の金額は、「株式等の譲渡に係る事業所得の金額、譲渡所得の金額及び雑所得の金額の合計額」とされており、
>>たとえ事業所得に該当する場合であっても、税額計算は、他の所得と区別して、分離課税としての税率を適用して行うこととなり、何億円の利益を得たとしても税金は国税・住民税合わせて10%ということになります。

事業所得ではあるが申告時は分離課税されるという指摘です。

※以上のように「どこからが事業所得か」についての明確な規定はありませんので、必ず管轄の税務署にてご確認下さい。

『税についての相談窓口 』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

--------------
(参考)

ご存知かもしれませんが、特定口座(源泉徴収あり)で納税を完結するのではなく、確定申告を行うと「【国民】健康保険料」の保険料(税)算定の所得に含まれますので、国保に加入している場合は保険料の増加も考慮する必要があります。

※所得税の確定申告を行うと(申告書に記載の住所地の)市区町村に申告データが提出されます。
※「国保」は各市町村ごとに算定式が違いますのでお住まいの自治体にてご確認下さい。

『戸田市|国民健康保険税試算シート』
http://www.city.toda.saitama.jp/435/434554.html
『所沢市|国民健康保険税額の試算』
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kurashi/tetuduki/kokuho/hokenzei/sisan/index.html

>株式投資のみでも青色申告できるのか?

税務署が認めてくれれば可能です。
以下のQ&Aが参考になります。

『株式投資での個人事業主』
http://profile.allabout.co.jp/ask/q-31799/
>>株式等の譲渡に係る所得が事業所得か、それとも雑所得や、譲渡所得であるかは、対価を得て継続的に独立して行なわれ、相当の規模をもって、常習的・規則的に行われ、その存在が一般的に認識され得る程度のものという実質的な基準で判定することとされている

つまりは、「誰が見ても株で食っている」という状況ならば事業と...続きを読む

Q株取引で発生した間接費用は確定申告できない?

税務署に電話で質問したのですが、株取引で確定申告する場合、株の売買の手数料は直接費用として経費に計上できるが、セミナー代や株の書籍、通信費などの間接的な費用は一切経費として認めないといわれました。名古屋の中川税務署です。
(おまけに電話相手が最初からすごいケンカ腰で、電話をしていてすごく不愉快になりました。)


ネットをみているととてもそんなことはないと思うのですが、みなさんどうでしたか?


あと、別の質問ですが、私は特定口座の源泉徴収ありで取引しており、税金は自動的に支払われることになると思うのですが、セミナー代などの費用がもし認められたら払いすぎた分の税金は戻ってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>…最初からすごいケンカ腰で、電話をしていてすごく不愉快になりました。

あいにく「はずれ」の人に当たってしまったようですね。
遠慮無く以下の窓口に相談・報告されるとよいと思います。

ただ、この時期は「質問攻め」で疲れきっている職員さんもいるので、その分は割り引いて考えてあげて下さい。

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm

---
本題の「必要経費」についてですが、株の売却益を「譲渡所得」として申告する場合は、どの職員さんに聞いても「間接的な費用は一切経費として認めない」という回答になると思います。

簡単に言えば、「株式譲渡所得」と言った場合は、文字通り「配当を得る権利を人から譲ってもらい、その後、その権利を人に譲ったら、たまたま譲渡価額の差額で儲かった」というようなイメージの「所得」とみなされるということです。

別の見方をすると、「はじめから値ザヤ稼ぎの目的で商品を仕入れて売りさばく」というような「事業(商売)」とは本質的に異なる「棚ぼたの儲け」だから、「必要経費」という考え方には「なじまない」という【理屈】です。

---
「国(税務署)」としては、わざわざ徴収できる税金を減らすような「理屈」を言うはずがありません。

ですから、【税金を減らしたい】納税者の「自分はあくまでも事業として株の売買をしてるんだ(値ザヤ稼ぎが目的なんだ)」「だから、事業所得として損益通算も認められるべきだし、青色申告もできてしかるべきだ」という【理屈】と意見が真っ向から対立するのは、ある意味当然のことと言えます。

ですから、いわゆる「専業のトレーダー」でも、税法上は、一般の個人事業者のような「税法上有利な」扱いを受けるは困難なのが現実でした。

『国税不服審判所>公表裁決事例集>有価証券の継続的売買による所得(4件)』
http://www.kfs.go.jp/service/MP/02/0208030000.html

端的に言って、「株の短期売買はイチかバチかのギャンブルなんだから、事業と一緒にしちゃあかんよ」というのが国の見解ということです。

---
しかし、税制改正にともなって、以下のような法令の解釈が、国から示されています。

『「租税特別措置法(株式等に係る譲渡所得等関係)の取扱いについて」等の一部改正について(法令解釈通達)』の趣旨説明(情報)[平成16年7月15日]
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/joto-sanrin/040715/01.htm
>>37の10-2 (株式等の譲渡に係る所得区分)
>>《説明》
>>1…株式等の譲渡に係る所得区分は、従来から、当該株式等の譲渡が営利を目的として継続的に行われているかどうかにより判定することが原則とされていたが、…申告分離課税への一本化に際し、課税庁と納税者側の両者からみた簡便な所得区分の基準を明らかにする必要があるとの理由から、実質基準を原則としつつも、次のとおり取り扱って差し支えないこととしている。
>>(1)所有期間1年超の上場株式等及び非上場株式等の譲渡による所得は、譲渡所得とする。
>>(2)信用取引等の方法による上場株式等の譲渡など所有期間1年以下の上場株式等の譲渡による所得は、【事業所得】又は雑所得とする。

上記のように、「所得区分」について「国が具体的な判断材料を示した」ということです。

この「通達」と「本人の交渉力」があれば、「これまでの法令解釈」で指導を行っている職員さんに「事業所得」としての申告を認めてもらうことは可能かと思います。

---
ちなみに、私は、「楽さ」を優先しているので、「源泉徴収ありの特定口座」で「基本的に何もしない」派です。

以前は、「商品先物取引(雑所得で申告分離)」で必要経費を申告していたこともありましたが、正直、「相場」に必要経費はさほどかからないので、面倒になってやめてしまいました。

ですから、最近の税務署の対応までは詳しくありませんので、あくまでも「そういう情報がある」というだけです。

ちなみに、「対応する税務署」「対応する職員さん」でも、見解は大きく異なりますので、「一人の職員さんの回答」=「国(税務署)の法令解釈」とは考えないほうが良いです。

---
なお、「所得税」は「申告納税制度」ですから、「納税者の法令解釈」に基づいて申告するのは納税者の権利です。

ですから「国(税務署)」が、「申告書の内容が法令に反している」ことを明確に示すことができない限り、その申告書は有効です。

もちろん、「示されたら」「修正申告」に応じる必要があります。

『申告と納税』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/06_1.htm
>>国の税金は、納税者が自ら税務署へ所得等の申告を行うことにより税額が確定し、この確定した税額を自ら納付することになっています。これを「申告納税制度」といいます。
『不服申立ての手続』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/fufuku/huhuku3.htm

最近では、「競馬のハズレ馬券は必要経費か?」で国の見解を不服とする納税者が裁判所に判断を求めていて話題になりました。

『競馬脱税裁判の判決日が決まる|賭博法改正を願う弁護士津田岳宏のブログ』(2013年2月15日)
http://tsuda-moni.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-9b0c.html

>…セミナー代などの費用がもし認められたら払いすぎた分の税金は戻ってくるのでしょうか?

「必要経費」を譲渡収入から差し引く(所得が減る)ので、当然還付されます。

*****
(その他参考URL)

『税務上の取扱いに関する事前照会に対する文書回答について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/jizenshokai/bunsho/gaiyo01/01.htm
---
『株式デイトレーダーは事業所得?』
http://www.kubotakaikei.net/investment-tax/investment-tax-03.html
---
『【確定申告特集(4)】FXの必要経費はどこまで認められるのか?|ザイFX!』(2009/03/03)
http://zai.diamond.jp/articles/-/38370
※「FX税制が一本化される前の記事」ですが「考え方」は同じです。
『ソニー銀行>FXと税金のしくみ 所得の計算方法と必要経費』
http://moneykit.net/from/tips/tips120620_03.html『FXは事業所得にはならない?|佐藤税務会計事務所』(2011年7月14日)
http://www.satotax.com/2011/07/post-214.html
『海外FX業者を利用した上での税金について、主要都市国税に電話して聞いてみました』(2012/05/08)
http://ameblo.jp/meganeq/entry-11245053368.html
『FXの海外業者の税金』(2012/09/18)
http://ameblo.jp/umanbanku/entry-11358307320.html
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『国税局コールセンター』(2010.01.27 )
http://iwayan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-0de5.html
『確定申告コールセンター』(2011/02/19)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-838.html
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
---
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
---
『「5つの交渉術」をマスターして欲しいものを手に入れる!|Lifehacker』
http://www.lifehacker.jp/2013/01/130129minimal_negotiation.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は税務署に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>…最初からすごいケンカ腰で、電話をしていてすごく不愉快になりました。

あいにく「はずれ」の人に当たってしまったようですね。
遠慮無く以下の窓口に相談・報告されるとよいと思います。

ただ、この時期は「質問攻め」で疲れきっている職員さんもいるので、その分は割り引いて考えてあげて下さい。

『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
『国税庁>ご意見・ご要望』
ht...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング