築年数の古いマンションの購入を検討しています。
 築年数は1973年なので今年で築40年になるRCマンションです。

中身はリノベーションされており十分に魅力はあるのですが、逆にそのきらびやかな表面的な設備に目を取られ、肝心の住まいとしての躯体などに関しては不動産会社もリノベーションを行った会社もあやふやな回答でした。

 私が心配するのは現在で既に40年も経過しているマンションということは、いわゆる旧耐震設計の建物であり、地震等に対しては脆弱さが必ずあると考えられていますよね?
 地域は名古屋市なので東海地区としては今後も地震の驚異が残ります。

仮にいつ来るか分からない地震に対する問題を考えないとして、基本的にここまで古くなっているRCマンションという建物としての行く末はどうなることが予想されますか?
 若しくは、法規上などでどうなることが決まっている、などがあればぜひ教えてください。
 できれば実例があれば良いのですが、検討しているマンションを販売している不動産外者の方も「RCマンションというものが一般的に建てられ始めたのがちょうど40~50年前くらいでなかなか建て替えなどの実例が少ないのも事実」ということで、買ったあとの心配事がどうもモヤモヤしています。

 例えば50年経ったら強制的に法律で建て替えをしなくてはいけない!と決まっているのであれば、残りの10年で一旦退去しなくてはならない、その際には賃貸か実家にでも仮住まいをしなくてはいけない、とある程度計画も建てられます。

 まだ実例自体があまり多くはないという分譲マンションの行く末とはどうなるのが現実ですか?
マンション管理士や不動産分野に長けている方、こういった古いマンションを購入しようとする場合の注意点やその先のライフプランも踏まえてアドバイスいただければと思います。

 ちなみに購入希望者は30代で、年収は800万あります。
ちゃんとした(?)新築、築浅物件も買うことはできますが、今後の日本の状況が見えないためあまり大きな買い物(4000万とか)をすることに不安を感じます。

 わかりづらい質問で恐縮ですが、ぜひアドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>中身はリノベーションされており



ここが非常に気にかかります。
マンション全体のフルリノベでは無いのですね?

マンション全体のフルリノベ(名古屋だと矢作建設さんとかが力を入れてますが)であれば、躯体・耐震診断を行いますし、必要な耐震補強も行い、給排水等も更新されているケースが多く、
瑞穂区や千種区あたりの超富裕層が住んでいたような物件は、そもそもの設計や使用建材が今の基準から見ても頑強・高品質で、維持管理や修繕もきめ細かく行われていたようなのが多いので、販売業者に建物全体のリノベ内容や耐震診断結果・補修内容を確認すれば安心して住める物件が多いです。

しかし古いマンションを単に特定室内だけリノベしたような物件は・・・
結論を先に申し上げますと、やめておいた方が宜しいです。

他の区分所有室には、リノベどころかリフォームもできない経済状況の方が住んでいたり、
管理費や修繕積立金を滞納していたりします。
そのため、建物の維持管理に必要な長期修繕計画が破たんしていたりして、鉄部やコンクリートが著しく劣化していたりします。

一部は賃貸化されていたりして入居者の入れ替わりも激しかったり、
管理費滞納の多さや所有者の支出能力の低下で、管理状況が悪いか、これから悪くなっていきます。
昔の物件は給排水系統の更新工事が難しく、また高額になる傾向があるため、排水詰まりや水道の水質低下、漏水などが起きてきます。
そういった問題を解決しようとしても、修繕積立金が底をついていたり、修繕金が高額なため1戸あたり数十万円以上の追い金を求められたりします。
もちろんそのようになった物件で修繕金を集めるのは不可能に近いです。
こうなるとスラム化するのは早いでしょう。

根本的な改善をしようとしても、管理組合員は連絡が取れなくなっていたり、老人で改善意思そのものが無かったりします。
建替え決議に必要な賛成票すら集められず、廃墟ともなりかねません。

先に申し上げたような、超富裕層が住んでいたような物件であれば、建蔽率や容積率に余裕がある事が多く、立地も抜群なため、建替えによる容積アップにより、区分所有者の負担金が無かったり、少額で済んだりもしますが・・・
    • good
    • 14
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

まだ確認が取れておりませんが、耐震工事などは未実施だと思います(そんな重要な説明は一切なかった)。
現所有者方の経済状況まではわかりませんが、高齢化が進んでいるところと修繕積立と管理費合計が2万円足らずのところを見るとご指摘のように長期修繕計画自体が破綻しているのかもしれません(外観の塗装工事などは定期的にやられているようです)。

 そう言う意味ではかなり面倒に巻き込まれそうな不動産だと感じました。

投資として何かがあったときは売り逃げちゃう、というような考え方や不動産会社のように売り逃げちゃう考えなら問題ないでしょうが、自分で住んで管理もするとなれば問題山積ですね。

 古いマンションは思っていたよりも問題が多く感じました。

 実事情を知り、非常に勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2013/02/10 15:39

住まいの選択肢には色々とありますが、中古建物のリノベーション等も選択肢で出てきます。


どの選択肢でもそうですが、安く済むものは後でお金がかかります。
新築で言えば擁壁等のある土地では安く購入ができますが建物工事でお金がかかります。
中古建物は売値が安いですが、あとあと修繕等でお金がかかります。
購入される方の考え方次第のところが大変大きいかと思います。何年住む必要があるのか、何年持てば良いのか。。
木造の新築住宅でも修繕費は意外とかかります。ライフプランをきちんと検討してどの選択肢が自分にぴったりかを検討いただくと良いかと思います。
    • good
    • 1

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

極めて正常な感覚の質問ですね\(^o^)/



リフォをリノベとか言い換えて、アーキテクト?デザイナーごとまるで店舗のようなスタイルをさぞモダンな新ライフ方向?・・・みたいなのこの前テレビでやってましたけど・・・(笑

つまり、皆で渡れば怖くない赤信号・・・状態で(笑

極論すれば、原発安全神話と同じ。。。

オッキイ地震来るか来ないかの掛け率の問題で。

※ココ重要→ ハッキリ言って、もはや古い中層建物群総体でも個体での問題ではなく、個人の人生観の問題です。哲学です(笑

住んでる危険度のほか、財産感覚でここが購入派、賃貸派に大きく分かれる観点です。

長年設計監理業務経験上、正直率直言って、自分の手がけ、しっかり監理してきた物件以外安心度はありません。見てきて、鉄筋配筋や溶接箇所の致命的いい加減さを運良く施工最中に目撃して生コン打ち込み止めさせてスッタモンダしてようやく直させた・・なんて例さえいくつもあります。。。

そして、(例えば阪神級の地震に遭えば)倒壊・圧死ほどの壊れ方はしないと(これまでの理屈上の)自信はありますが、構造修繕不可能な、財産的価値を失くす壊れ方はたぶん出るんじゃないか・・・と思っています。(し、率直、建主様とも必ず雑談に入れます。責任逃れ予防線の意味でも笑)

まさに運を天に任せて・・・
こうと決めたら、迷わない。
決めて踏み出してからグダグダ心配する、考え出す、これがもっともサイテーの脳力の人です。←これだけは堂々と言えます\(^o^)/
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

業界に長年携わっている方こそのご意見、大変貴重に感じました。

やはり私の考えていた不安が正解だったようですね。
建築屋さんの言うことは昔からあまり信じていませんが、不動産会社もまた仲介するだけして後のことはよくわからんで通してしまうのですかね。

法整備などもまだまだのようですし、ようやく方向性が見えてきたような気がします。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/11 15:35

まあ、ひとつの方法として銀行に聞いてみる。



「ローンを組みたいんだけど」と相談して、ローンが組めない物件はアウト。

地震保険の見積などもチェック。

cpy3300さんも損はしたくないだろうけど、ほかにも損したくない人はいくらでもいるんで参考にするといいですよ。



PS。名古屋地区だと筐体よりも地盤や出水の心配も重要じゃないかな???
  地震の時、下が潰れるのか、全体が傾くのか・・
  長期修繕計画があるなら、地盤調査とかしてると思いますよ。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。

そういう観点からも確認ができるのですね。参考になりました。

お礼日時:2013/02/10 15:31

>いわゆる旧耐震設計の建物であり、地震等に対しては脆弱さが必ずあると考えられていますよね


そのとおりです。

で、そういう建物の救済措置として、耐震診断・耐震補強があります。
http://www.honmagumi.co.jp/kenchiku/page3-1.html
これは新耐震基準ができたとき同時に作られていたのですが、当時は静岡近辺など一部の地域でしか行われていませんでした。全国的に耐震補強がクローズアップされたのは、阪神淡路震災からです。
すでに学校では実施がかなり進んでいますから、ご覧になったこともあると思います。

耐震補強は、だいたい新築の1~2割の費用でできることが多いので、実施する価値はあると思います。
ただ、コンクリートの寿命があるので、前の回答にもありますが、築100年使うのは無理でしょう。

この回答への補足

ご回答有難うございます。

耐震工事ですね。そういう手段もありますね。

ただ現実的に実施しようとすると、これまでの修繕積立金を元にマンション組合の何割かの賛成を得て実行に移る、と聞いたことがあります。

流石に100年は使うつもりはありませんが、仮に私が今買ったとして、40年住んでも築80年ってところでしょうか、数字だけを見ると流石にちょっと怖い気もします。

問題は高齢化して皆さんさほどお金などに余裕はなく、賛成が得られない場合です。建て替えもそうですが、耐震工事という案も現実的に実行できるかと言われると法的な強制力や何らかの外的な指導や補助金などがない限り難しいのでは?と思ってしまいますが如何でしょうか?

未来の法整備については何とも言えませんが、現時点では解決策が定まっていない(問題先送り)なタブーな世界なのでしょうか。

補足日時:2013/02/08 15:02
    • good
    • 8

>築年数の古いマンションの行く末



膨大な量の建築廃棄物となって日本中の処理場を埋めることになります。

木材は解体時に焼却すれば生育過程で吸収した二酸化炭素を環境に返還するだけです。
鉄骨は解体時に鉄くずとして溶かして再度、鉄製品になります。
コンクリートは再利用が出来ず、埋立地を埋めるだけです。

その耐用年数は建物ごと、またメンテナンス状態によって違いますが、設計時には60年を目標としておりました。
よくメンテされているコンクリート建造物は80年ぐらい使える可能性もあります。でも100年は無理でしょう。

コンクリートという建築資材があまりにも安価なため、戦後の貧しい時代から沢山のコンクリート建造物が作られました。
これからそのツケを払うことになります。

最近では、コンクリートの廃材処理の困難さを意思して、鉄骨造りの高層建築物が中心になりました。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

非常に興味深い観点をいただきました。

やはり具体的な解決方法や指針は出ていないのでしょうか。

結論や方向性が出ていないものに身を任せるのは少し怖いですね。
気に入ったマンションは5階程度の比較的低い建物ですが当時としても妙に凝った外見が今でもノスタルジックな雰囲気を出していて、それはそれで良いと感じました。

ただ他の方も言われていますが、次の大きめな地震で住むには危険なくらいな崩れ方をしてしまえば資産どころじゃありませんしね。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/08 14:02

敷地が広ければ建て替え時にフロアを増やしてその分安く建て替えるなどの方法もありますが、実際には無理でしょう。

建て替えは築40年などの建物では住民の年齢も高齢で建て替え費用が工面できず無理な場合がほとんどです。
出来れば耐震補強して安心して住み続けると言う手も有りますが、耐震補強には一億円以上のお金がかかるので難しい。(お金以外の問題も山積みです)
修繕積立金を上げるにしても限度が有りますしね。
新耐震前の建物は地震が来たら終わりかもというように思った方がよいかもしれませんね。

築浅物件を買えるなら買った方が結局はお得です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

おっしゃる通りで、検討物件のことを聞く上で周辺住民に変な人がいないかなど話していたら、やはり高齢者が多くて頻繁に救急車が来るとかそういう話題もありました。

 やはり建て替えというのは現実的に無理なんでしょうね。
 管理費と修繕積立金をしっかり取られてもあまり未来のない支出とも言えますね(地震が来るまで住めるだけ住むという感覚がどうしても馴染めません)。

築浅物件を買うという選択肢もあるにはあるのですが、今回の物件がやはり中心部の住みたい場所だったので、不動産ならではの場所に惚れた点もあります。

気長に探してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2013/02/08 13:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションリフォーム 絨毯部屋の床暖房

築15年の中古マンションを親戚が買いました。

リフォームの相談ですが、このマンションは新築時に北側のお部屋に絨毯敷き仕様なのですがその下にガス給湯式の床暖房が入っているそうです。ちなみにこの設備はまだしっかり機能しているとのことです。

 今回親戚はこの絨毯を撤去して普通のフローリングに仕様変更したいとのことですが、できればこのガス給湯式の床暖房をそのまま残し、利用できないかとのことです。

 つまり既存の絨毯部屋用の床暖を残し、絨毯を撤去、床暖対応のフローリング仕様にリフォームしたいとのことです。

 マンション購入時に不動産会社から一応紹介された近所のリフォーム業者は「できない」と一蹴されフローリング張り替え時に電気式の床暖房に切り替えるのが得策との案内を受けました。

 最悪はその手しか無いかなと思っていましたが、リフォームをやられている方々に広く意見を伺ったほうが方向性もあるかもと思いダメ元で質問させていただきました。

 ガス給湯式の床暖は最悪、その部屋だけ殺すこともできるそうなのでコストが大幅にかかりそうなら、床暖なし、という仕様も考えているそうです。

 給湯器も床暖までカバーできるよいものに最近交換されたそうなのでできればこのシステムを殺さずにフローリングにしたいのです(給湯器:RUFH-V2403HT2-3(B))。

 ちなみに施主は絨毯はアレルギーがあってどうしても替えなきゃいけないそうです(ちなみに前所有者がペットを飼っていたため、動物臭がカーペットから取れないのも大きな理由ですが、上記の理由から絨毯張替えも考えていないそうです)。

 このようなマンションのリフォームをご経験があるかた、是非良いお知恵をお貸しください。

よろしくお願いいたします。

築15年の中古マンションを親戚が買いました。

リフォームの相談ですが、このマンションは新築時に北側のお部屋に絨毯敷き仕様なのですがその下にガス給湯式の床暖房が入っているそうです。ちなみにこの設備はまだしっかり機能しているとのことです。

 今回親戚はこの絨毯を撤去して普通のフローリングに仕様変更したいとのことですが、できればこのガス給湯式の床暖房をそのまま残し、利用できないかとのことです。

 つまり既存の絨毯部屋用の床暖を残し、絨毯を撤去、床暖対応のフローリング仕様にリフォー...続きを読む

Aベストアンサー

建築関係の仕事をしているものです。

まず、先の回答にあるCFシートなどは床暖のうえには施工できないのでムリだと思います。

カーペットが施工してある部屋の床暖と言うことなので、現状はフェルトグリッパー施工という状態だと思います。
このカーペット用の床暖房の場合には、床暖のパネルを固定し、上にカーペットをかぶせるように施工しますので、単純に覆っているだけだと考えてもらえば良いでしょう。

コレをフローリング仕様にしたい場合においては、フローリングのレベルに合わせるために床暖の周りのフェルト(クッションになっている材料)を剥がして床暖パネルと同じ高さにしなければなりません。また、床暖房のパネルに釘を打つような部分が用意されていないために、フローリングを固定することができないことが予想されます。

床暖房のパネルもマンションや戸建てによっていろいろなものがあり、フローリング用とカーペット用など用途もありますので、施工業者としてはカーペット→フローリングは簡単には引き受けたくないし、技術的に難しいことも多いため「不可」という結論になるのだと思われます。

マンションとのことですので、現状はモルタル下地の上に床暖房パネルがあり、その周囲をカーペット用のフェルト材で囲ってあり、その上がカーペットになっていると思われます。
この状況でしたら、フローリングに変更した際に現状の床暖を利用するのは難しいと考えてよいでしょう。

新たに、フローリング用のパネルを検討した上で設置する方が安価になると思われます。

建築関係の仕事をしているものです。

まず、先の回答にあるCFシートなどは床暖のうえには施工できないのでムリだと思います。

カーペットが施工してある部屋の床暖と言うことなので、現状はフェルトグリッパー施工という状態だと思います。
このカーペット用の床暖房の場合には、床暖のパネルを固定し、上にカーペットをかぶせるように施工しますので、単純に覆っているだけだと考えてもらえば良いでしょう。

コレをフローリング仕様にしたい場合においては、フローリングのレベルに合わせるために床暖の周りの...続きを読む

Q築25年古屋付の土地の購入検討

都内23区内で土地26坪+延床30坪の木造スレート葺(S62/4~築25年)の購入検討中です。
各々ざっくりいくらぐらい?メリットデメリットはどうでしょうか?
(1)更地渡しで新築
(2)現況渡しでリフォーム

(1)は見積もり(1社・・住不戸建部)だと本体22+外構工事1+ガス給水引込1+古屋解体2+空調他1=合計27百万円(できれば欲しいとリクエストした延床35坪ケース)とのこと。
よく、注文住宅のCMで「坪60万円(=延床35坪だと21百万円?)」と言いますが、この言葉には外構以降の費用は入っていない?
正直、この価格だと土地代まで合わせると、見送りが賢明と考えています。

(2)は、コストが新築より低いことを期待していますが、耐震チェックや雨漏り、シロアリなど色々コスト・手間が多そうで。住宅借入金減税が除外リスク有もマイナス。耐震基準適合証明は購入決定前に確保可能なのでしょうか?

かなり乱暴な質問で恐縮です。予算ギリギリですが場所が気に入ったので、予算建てのため教えてください。
「安かろう悪かろう」では困るので、一般的な必要価格がざっくりとでも解ればありがたいです。(土地代・借入・登記代は全て計算済なので、それ以外である、今回の建物他の部分)

都内23区内で土地26坪+延床30坪の木造スレート葺(S62/4~築25年)の購入検討中です。
各々ざっくりいくらぐらい?メリットデメリットはどうでしょうか?
(1)更地渡しで新築
(2)現況渡しでリフォーム

(1)は見積もり(1社・・住不戸建部)だと本体22+外構工事1+ガス給水引込1+古屋解体2+空調他1=合計27百万円(できれば欲しいとリクエストした延床35坪ケース)とのこと。
よく、注文住宅のCMで「坪60万円(=延床35坪だと21百万円?)」と言いますが、この言葉には外構以降の費用は入っていない?
正直、こ...続きを読む

Aベストアンサー

男一生に一度は新築をと考えますが
中古の良い点
固定資産税が安い。良い建物に当たればかなり経済的。入居まで短期間ですむ。

阪神淡路大震災(平成7年)で耐震性が問題になり以後戸建住宅でも耐震性は高められたと思います。建売住宅でさえ5年前くらい前から地盤強化しています。阪神淡路大震災では大手住宅メーカーのものは倒壊はほとんどなかったといわれています。25年前の住宅でも大手のものであればそこそこ信用できるでしょう。
中古購入にあたっては建築家を伴って問題点を洗ってからにすることが賢明です。買ってから欠陥が見つかった場合は悲惨です。

地盤がよいか悪いかの判断
川、池に近い。窪地。昔池や田だった。陸軍の作成した古地図を参考。
基礎に傾き、ひび割れが全くないか、基礎周りの土地が傾いていないか。排水の流れが良いか。建物に取り付けたガス管が正常か。

リフォームはまず住んでみてから考える方がいいでしょう。
リフォーム箇所
屋根は瓦であれば耐震性を高めるための調整と瓦のずれ防止措置(これだけなら安い)。鋼板やカラーベストだと葺き替え時期。
外壁塗装
水回り
風呂、台所、トイレの刷新。中古でも水回りを新品にする気持ちがいい。
壁紙の張り替え。畳の入れ替え。襖、障子の張り替え。障子は自分ですれば安い。
室内天井は拭き掃除する。

できればインナーサッシで断熱。窓ガラスはペアでなく防犯ガラスがお奨め。

超高級品を使わなければ35坪で1000万円もあれば、ただし大手ハウスメーカー系のリフォームは3割ほど高い。

実は私は築15年の大手ハウスメーカーの建物(28坪)をほぼ土地だけの値段で購入し現在10年目です。結果としてまー満足です。この10年間にリフォームで約1000万円使いました。今年は外壁塗装を予定しています。

男一生に一度は新築をと考えますが
中古の良い点
固定資産税が安い。良い建物に当たればかなり経済的。入居まで短期間ですむ。

阪神淡路大震災(平成7年)で耐震性が問題になり以後戸建住宅でも耐震性は高められたと思います。建売住宅でさえ5年前くらい前から地盤強化しています。阪神淡路大震災では大手住宅メーカーのものは倒壊はほとんどなかったといわれています。25年前の住宅でも大手のものであればそこそこ信用できるでしょう。
中古購入にあたっては建築家を伴って問題点を洗ってからにすることが賢...続きを読む

Qマンションの床リフォーム、既存床に無垢材を張った場合。

マンションの床リフォーム、既存床に無垢材を張った場合。

こんにちは。
現在、マンションのリフォーム検討中で、その工法について質問です。

床の全面張替えの工事で、
既存の床の上に15ミリの無垢材を張る工法を薦められています。
現在の床は、防音用にクッション材の付いた(もしくは敷かれた)
少しフワフワした感触のフローリングです。
よく見ると全体的に平らではなく、波打っているようにも見えます。
その上に無垢材を張ると、反りが更に強く出たりしませんか?
また、階下への音の響きはどうなるのでしょう?

このような工法をご存知の方、または既にリフォームされた方、
工事やその後の様子など教えて下さい。

それから、この工事で生じる洗面所やトイレの段差ですが、
ベニヤを敷いた後、上にシートを張って高さを合わせるそうです。
(建具は下を少しカットです)
しっかり工事する為に、洗面台など、一度外して床を作ってから戻すと言われたので、
多分きちんとした工事をしてもらえると思うのですが、
湿気の多い場所だけに、既存の床との間にカビが生えないか心配です。
このような工法についても、ご存知の方がいらっしゃればアドバイスお願いします。

マンションの床リフォーム、既存床に無垢材を張った場合。

こんにちは。
現在、マンションのリフォーム検討中で、その工法について質問です。

床の全面張替えの工事で、
既存の床の上に15ミリの無垢材を張る工法を薦められています。
現在の床は、防音用にクッション材の付いた(もしくは敷かれた)
少しフワフワした感触のフローリングです。
よく見ると全体的に平らではなく、波打っているようにも見えます。
その上に無垢材を張ると、反りが更に強く出たりしませんか?
また、階下への音の響きはどうなるのでし...続きを読む

Aベストアンサー

建築兼大家業してます。

一般的のリフォーム工事です。

>>よく見ると全体的に平らではなく、波打っているようにも見えます。
>>その上に無垢材を張ると、反りが更に強く出たりしませんか?
波打っている上に15mm無垢板をそのまま張るのは難しいです。たぶん、パッキンをして、レベル調整をして、平らに施工します。でも無垢材は、無垢なので下地の状態と関係なく反ることもあります。その辺は大工の腕で軽減できますが…。

>>また、階下への音の響きはどうなるのでしょう?
わずかに防音アップ。変わらないと言っても良いぐらい。

>>それから、この工事で生じる洗面所やトイレの段差ですが、
>>ベニヤを敷いた後、上にシートを張って高さを合わせるそうです。
>>(建具は下を少しカットです)
>>しっかり工事する為に、洗面台など、一度外して床を作ってから戻す。
問題ないです。
湿気も今の状態と変わりません。

聞いた限り、真っ当な工事だと思います。

《建具を切って欲しくなければ》《費用がかかって良ければ》今ある床を剥いでから新たに張る遣り方もあります。その工事は費用を抑えた遣り方です。

建築兼大家業してます。

一般的のリフォーム工事です。

>>よく見ると全体的に平らではなく、波打っているようにも見えます。
>>その上に無垢材を張ると、反りが更に強く出たりしませんか?
波打っている上に15mm無垢板をそのまま張るのは難しいです。たぶん、パッキンをして、レベル調整をして、平らに施工します。でも無垢材は、無垢なので下地の状態と関係なく反ることもあります。その辺は大工の腕で軽減できますが…。

>>また、階下への音の響きはどうなるのでしょう?
わずかに防音アップ。変わらないと言...続きを読む

Qマンションリフォームについてなのですが、築年数が経ち、少し傾いているためか、リフォームしたばかりの和

マンションリフォームについてなのですが、築年数が経ち、少し傾いているためか、リフォームしたばかりの和室の角に添付写真のような隙間があいています。
傾いていて45度カットでは対応できない場合はカットの角度をかえて隙間なく作るものではないのでしょうか?

なお、リノベーション案件にてまだ完成しておらず施工会社へは問い合わせ中です。
施工会社の回答の信用性の確認のためにもこちらで質問させていただきました。

Aベストアンサー

やり直し案件ではありますが
「和室なんだからせめてパテ埋めくらいして隙間の影だけは消してくれないと」
でしょうね。
「しかし残念ですね」と値引きを打診しても良いでしょう。


45度では収まらないかの確認は普通は作業前にします。
その結果で条件に合わせた収め方を選択します。
いろいろ方法はありますので。

角度を変えてやらない事もなく、それが必要なればやるのがプロです。
ただ、先に書いたようにやり方は色々。

現場によっては元々右と左の材料(この場合は「廻り縁」)の、壁から出る幅(表現がわかりにくいですが)が違う時。
あくまでも45度で収めると、接合部の奥は壁の角に一致しませんから、角度を変えて壁の角に一致するようにする時など、角度を変える作業は間々あります。
当然45度で収めていく場合もあります。
部屋の条件や予算でいろいろなケースがあります。

Qマンションリフォームでオーディオに良い床材について

マンションのリフォームを考えていますがオーディオルームの床材について悩んでいます。
今現在は床をあげて中にグラスウールと防音シートを引いて合板フローリングにしようと思っているのですが予算的にはカーペットにしたいのです。
主人がどうしてもフローリングが良いらしいのですが私としては床に直接座れるカーペットの方に魅力を感じています。
グラスウールの健康への心配や湿気なども気になります。
オーディオについては良く分からないので主人が言っている事が正しいのか単なる思い込みかも理解出来ません。
窓も二重サッシにすると言ってますが壁や天井からの音漏れについてはどうなのでしょうか・・ご近所に迷惑を掛けるのだけは避けたいです。
オーディオに詳しい方、どうかお教え下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音響技術の資格を持つ者です。

ほかの方も書かれてますが防音シート、グラスウールは吸音効果はかなり低いです。
お住まいのマンションは「楽器演奏可」の物件でしょうか?
その場合でしたらオーディオの音を優先してフローリングでもよいですが演奏不可の物件の場合でしたら物件自体の防音がさほどなされてないので音よりもご近所を考えてカーペットほうがよろしいかと思います。
マンションの築年数、構造により「壁・天井の音漏れ」に関しては一概に言えないのですが重低音が一番漏れやすい(というか漏れていて気になる音域)なのでご注意されるかといいと思います。窓は二重、ドアは防音壁というのは必須ですね。
窓だけしても意味はないので、ドアはきちんと考えてもらってください。

グラスウールは上にきちんとした施行をしていれば健康に害はありません。

聞く環境や音楽にもよりますがカーペットとフローリングの違いはありますが別に録音等をされるわけでもないのであれば
そんなに気になる音の違いでもないはずです。ショールームとかにいかれてもよいかと思いますよ。

ふつうのリフォームの業者よりも防音室専門の業者に相談された方が細かいことをアドバイスしてくれますし、安価になったりもしますので見積もりだけでも依頼されてみてはいかがでしょうか?
あと、ヤマハのユニット式の防音室もそれなりに悪くはないですよ。

参考URL:http://www.c-mst.com/

音響技術の資格を持つ者です。

ほかの方も書かれてますが防音シート、グラスウールは吸音効果はかなり低いです。
お住まいのマンションは「楽器演奏可」の物件でしょうか?
その場合でしたらオーディオの音を優先してフローリングでもよいですが演奏不可の物件の場合でしたら物件自体の防音がさほどなされてないので音よりもご近所を考えてカーペットほうがよろしいかと思います。
マンションの築年数、構造により「壁・天井の音漏れ」に関しては一概に言えないのですが重低音が一番漏れやすい(というか漏...続きを読む

Q給湯器の替え時は 最近、マンションで共同購入で給湯器買おうよといった動きがあります。築15年、実家

給湯器の替え時は

最近、マンションで共同購入で給湯器買おうよといった動きがあります。築15年、実家も15年目で壊れたし、そろそろ寿命ではあります。共同購入は東京ガス直で買う以外は、思ったほど安くないので別の販売業者に施工してもらってもいいのかなと思うのですが、各所不具合が出てから場当たり的に直すのと、計画的にセットで直すの、どちらがいいのでしょう

正解があるわけではないと思いますので、経験談などありましたら教えて頂きたく思います。

どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

マンションの場合は、戸建てと違って、PSに給湯機が設置されることが多いので、経年劣化が進まない場合が多いです。15年まだまだ大丈夫なこともありますよ。
点検で問題無いなら、そのまま使い続ければいいです。ただし、お金に余裕があれば、共同購入の方がはるかに安くなります。(高い場合は問題あり)

Qマンションのリフォームに伴う床仕様の制限について

通常リフォームの場合にはL45以上の遮音制限をしている場合が普通ですが、その意味は具体的にどういう事でしょうか?

1)フローリング以外でもL45にしなければいけないのでしょうか? じゅうたん敷きでもL45にしなければいけないという事でしょうか? じゅうたんで騒音問題が出るとも思えませんが、じゅうたんにL45なんて規格はないと思いますし、事実上フローリングを強制する規定になってしまいますが。

2)リフォーム前の床がL45という規格制定以前の施工だった場合、当然ながらL45の性能があるとは言えないことになりますが、その場合に水回りやクロスや一部間仕切り壁をリフォームする場合でも「床は変更しない」という事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

(1)L45と言う規制はリフォームをした場合のフローリングの規制値です。
(2)床を変更しないという選択は自由です。

Q家の建て替えについて 今私たちには住んでいる家があります。築33年程です。年数も経っており途中リホー

家の建て替えについて

今私たちには住んでいる家があります。築33年程です。年数も経っており途中リホームにて何度か家をさわっています。そのため耐震強度に問題があり建て替えを考えています。
そして私共には子どもがおり、来年小学校入学のため住民票をそっちの住所に移しています。同じ市内です。
その場合ローンなどの組み替えなど必要になるのですが住民票はそのままで今現住んでいる家の建て替えは可能でしょうか?
どなたか教えてくださいませ。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

実家でリフォームローンのみを抱えている状態でしょうか?
お子さんが小学校入学ってことは30代位?
だとすればの世界ですが、リフォームローン分を完済出来る額を含んで
新築ローン組めば大丈夫ではないでしょうか。
住民票がどこにあろうがローンは組めます。でなければ他の土地買って
家建てられないでしょ。

Q分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。

ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。
(ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など書類が年々追加される傾向がある為、苦情件数はそれなりに増えてるようです。)
工事の基本情報は以下のとおりです。
ご経験者の方、ご専門の方、情報をお持ちの方、音が響かないようにする為に工事で気を付けるべき点ご指南の程よろしくお願い致します。


<基本情報>

スラブ厚・・・150mm。公団住宅で築29年、8階/11階建
天場までの高さ・・・100mm~120mm

元の床・・・大引き+根太+構造合板(12mm)+遮音シート付きの合板フローリング(9mm)。
※床下はロックウールで遮音。確認で一部解体したところ、隙間なくギュウギュウに詰まっていました。

工事後・・・・万協フロア(遮音用YPE-90)+パーティクル(20mm)+構造合板(12mm)+無垢フローリング(12mm)
※同じく、ロックウール(55mm)で遮音予定。
工事業者の考えでは、万協の脚自体に遮音性があるので、ロックウールは、1枚を引けばよく、ギュウギュウに詰める必要はないとのこと。
スラブに不陸があるため、スラブが下がっている所は、一部、支持脚とパーティクルの間に構造用合板を入れて、調整するような説明がありました。

ロックウールを目いっぱい詰めなくてよいものか(床下に空間ができてよいか)、構造用合板を挟んで床下地の強度が落ちないか、素人でよく解らないので、その点もアドバイスをお願い致します。乱筆で申し訳ありません。

       

分譲マンションの二重床のリフォーム(遮音)について

LDの二重床がヘタって沈み込むようになったため、やむなく今回リフォームで下地から作り直すことになりました。

ダイニング側の床下の一部に給水管が通っています。以前「水道管周りは管経由で、音が響きやすい」と聞いたことがあるのですが、具体的に同じ団地内でもリフォームで二重床を触ったあとに、階下住民から音の件で苦情を言われるケースを時々耳にしております。
(ここ最近では、管理組合の工事の申請書類に、床の遮音性能書や、収まり図面など...続きを読む

Aベストアンサー

大分日にちが経っておりますが、参考になれば幸いです。

変更案は、支持脚式の置き床遮音用のみが、床スラブに対しての、緩衝材となる構築です。

その場合ですと、従来あった遮音シート付きフローリングと比較すると、下階への振動は、同等に押える事は出来ません。
(結構響くようになる恐れが有ります。)

無垢フローリングの下地に、緩衝材の設置が望ましいかと思います。(遮音シートでも可。)
(無垢フローリングでは、緩衝材付きの物は、ほぼ無いと思いますので。)

ロックウールに関しては、ギュウギュウに詰め込むまでの必要はないかと思います。

ようは、各種配管の振動と共鳴を抑えられれば良いだけの事ですので、配管固定バンド類にも防振ゴムなどを利用し、緩衝音を抑える事の方が重要でしょう。

床スラブの不陸は、支持脚で調整のできる物が主流です。(と言うか、それしか使ったことが無いです。)ので、合板での不陸調整などは必要有りません。

床の振動を床スラブに伝える、支持脚であり、支持脚の支える面積のみでは、振動を抑え切るには無理が有ります。

出来るだけ、振動を抑えるには、合板とフローリングの間に遮音シートなどの吸収材を用いるべきかと思います。それで、以前と同等な環境になるかと存じます。

大分日にちが経っておりますが、参考になれば幸いです。

変更案は、支持脚式の置き床遮音用のみが、床スラブに対しての、緩衝材となる構築です。

その場合ですと、従来あった遮音シート付きフローリングと比較すると、下階への振動は、同等に押える事は出来ません。
(結構響くようになる恐れが有ります。)

無垢フローリングの下地に、緩衝材の設置が望ましいかと思います。(遮音シートでも可。)
(無垢フローリングでは、緩衝材付きの物は、ほぼ無いと思いますので。)

ロックウールに関しては、ギュウギ...続きを読む

Q築60年、古い家の土壁を壊して断熱材を入れたいです。

わけあって、築60年くらいの木造住宅の壁を修理することになり、お知恵を貸してください。
当方素人です。なるべくコストをかけずに、家族の力でリフォームしたいと考えています。
専門的なことや用語など詳しいことはわからないのですが、できるだけ説明させていただきます。
ですので「職人・業者に頼むべき」「取り壊して改築するべき」などのご回答はお控えいただけると幸いです。

家は石の上に立っており、壁はすべて土壁です。
トイレの4面の壁のうち、外に面している壁(160×160cm)にベニヤ板を張って壁紙を貼ろうとしたところ、土壁が上部からぼろぼろとまとまって崩れてきてしまい、外壁が部分的に見えるようになってしまいました。

家にはこれから老夫婦が住む予定です。土壁というだけでも年寄りには寒いのですが、柱と土壁には数ミリの隙間があり、外の光がうっすら見え、隙間風も入る状態です。土壁を取り払うと、外壁、柱、間柱だけになっています。この際なので外壁はそのまま、土壁を取り払って内側だけ新しく断熱材を入れた壁にしたいと思っています。

この際、必要なものは外壁側から
1:透湿防水シート
2:断熱材(スタイロフォーム、発砲ウレタンフォーム)
3:防湿シート
4:石膏ボードまたはベニヤ
5:壁紙

以上でできるのでしょうか?

断熱材はスタイロフォームをメインに、隙間を発砲ウレタンフォームで埋める形で考えています。

安易に壁をDIYで、と考えたのですが湿気などのことを思って調べれば調べるほど難しいことにとりかかっているような気がしてしまいます。が、年寄り夫婦があと15年くらい住めるくらいになるよう、がんばりたいと思います。

わけあって、築60年くらいの木造住宅の壁を修理することになり、お知恵を貸してください。
当方素人です。なるべくコストをかけずに、家族の力でリフォームしたいと考えています。
専門的なことや用語など詳しいことはわからないのですが、できるだけ説明させていただきます。
ですので「職人・業者に頼むべき」「取り壊して改築するべき」などのご回答はお控えいただけると幸いです。

家は石の上に立っており、壁はすべて土壁です。
トイレの4面の壁のうち、外に面している壁(160×160cm)にベニヤ板を張...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
日曜大工では少し難しいかもしれませんが、、そこはがんばるということで

①土壁を落とす
 えつろ(竹の芯材)、抜き(杉の横板)、ワラが混ぜてある土を撤去します。
 かなりの埃と廃土がでます。
②間柱等の下地材の補足
 別図に分かりにくいかもしれませんが記載しました。
 間柱を柱と柱の間にいれる。柱に抱かせるように下地(関東垂木)を打つ
 これらは表面の下地ラワン12mm合板(壁の補強にもなります)
③断熱材の設置
 グラスウール10K程度の物で良いと思います。綿のようなものがビニール袋に入った状態の物
 袋の耳部分を下地にかけてタッカー止します。
④ラワン12mm合板の設置
 柱・間柱にしっかりとビス止め固定してください
⑤クロス張り
 下地の合板のビス部分やその他隙間等はパテ処理した方がきれいに仕上がります。
 クロスに糊づけして貼りましょう。

細かなやり方はあえて書きませんが分からない場合は挑戦しない方がいいかもしれませんね
ちなみに透湿防水シートは外側から貼るものなので今回はやりません。
*このやり方がベストなのか、正しいのかはご自身で判断ください

以上参考までに

こんにちは
日曜大工では少し難しいかもしれませんが、、そこはがんばるということで

①土壁を落とす
 えつろ(竹の芯材)、抜き(杉の横板)、ワラが混ぜてある土を撤去します。
 かなりの埃と廃土がでます。
②間柱等の下地材の補足
 別図に分かりにくいかもしれませんが記載しました。
 間柱を柱と柱の間にいれる。柱に抱かせるように下地(関東垂木)を打つ
 これらは表面の下地ラワン12mm合板(壁の補強にもなります)
③断熱材の設置
 グラスウール10K程度の物で良いと思います。綿のようなもの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング