最寄の皮膚科を受診したところ脂漏性疾患と診断され、顔面の落屑には軟膏が効果的というのでリンデロンVG軟膏というお薬を出して頂きました。確かに使用してみると痒みや落屑が少なくなったように思います。ただ、ボクの場合頭皮の落屑もかなりひどいので、リンデロンVGローションも出して頂いたのですが、これがたった10mlしか入っていない小さな容器で、とても頭皮全体に毎日使用するには少な過ぎると思うのですが、もっと大きな容器に入ったものはないのでしょうか? あるいはこのお薬と同じ効能であれば別のローションでも構わないと思うのですが、そのようなローション系のお薬がありましたらお教え下さい。宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

さきほど回答した者ですが、不十分な回答だったので、補足します。

リンデロンVGは、くわしくは、抗生物質入りのステロイド剤です。
抗生物質にしても、ステロイド剤にしても、乱用は避けるべきです。
普通のステロイド剤には抗生物質は含まれていませんが、炎症がひどい場合などに処方されます。
ステロイドは乱用すると怖い薬ですが怖がるあまり、まったく使わないで直すのもかえって悪くすることが多いようです。
先にも書いたのですが、症状が軽快したら普通のローションの使用をお勧めします。私もアトピーですが、普段はコラージュデルム(持田製薬)のローション、ボディークリームなど、低刺激のものを使っていて、ひどい時だけステロイド剤を使用しています。
ちなみに、ステロイドをつけて、紫外線にあたってはいけないのですが、(直射日光)頭に昼間つけていて、大丈夫なのでしょうか?医師に説明を聞かれましたか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

zuciさん、度々のご回答ありがとうございます。私もいま、zuciさんからご紹介頂いた持田製薬のシャンプー(コラージュフルフル)を使っています。他のシャンプーよりはフケや痒みがかなり改善されたように思います。でも持田社製品にコラージュデルムというローションがあることは知りませんでした。興味深深です。さっそくそのローションのこと少し聞いてみようと思います。大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/23 08:51

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ハイパー薬事典」
このページで
「名前」に「リンデロン」と入れて検索ボタンを押す
→「リンデロンVGローション」をクリック
→「副作用」の項を参照。

皆さんの回答のように「ステロイド」が入ってますので慎重に・・・。

ご参考まで。 

お大事に。

参考URL:http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

他の方へのお礼にも書いたのですが、ヘア・トニックのようにふりかけて使うものだと誤解してました。お薬を結構軽く考えていたようです。想像以上に副作用が強いことに驚いています。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/23 08:59

強い薬なので副作用が怖く、今は薬をもらっていないのですが、以前に私も頭皮の脂漏性湿疹に同じ薬を処方されました。

そのときは同様小さい親指サイズのボトルで5~6本もらってきました。

ステロイド剤ですし、副作用があるので大量に出したくないというのが製薬会社・医者側の本音だと思いますが、量が足りないのであればお医者様と相談しながら本数を増やしてもらってはどうでしょうか。

あまり回答になってなくてごめんなさい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そんなに強いお薬だとはしりませんでした。それこそヘア・トニックのようにバンバン振りかけるものだと思っていたので、あの小さなミニ・ボトルを見たときは「たったこれっぽっち?」と思ってしまった訳です。でも少量しか処方しないのがなんとなく分かりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/23 08:43

リンデロンVGは硫酸ゲンタマイシンという抗生物質です。


炎症を起こしているところが雑菌に感染したりして悪化するのを抑えるために処方されたのではないかと思います。
抗生物質は乱用しない方が良いと思います。それに、普通の売薬として売られているものでもないので、かかりつけの病院に相談されたほうが良いと思います。
たぶん、医師の説明不足で、抗生物質だということを聞いていらっしゃらないのだと思います。症状が軽快したら、刺激の少ない普通のローションなども使えると思います。たいていの皮膚科には、そういうものも置いているので、聞いてみてはいかがですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、参考になりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/23 08:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 脂漏性皮膚炎<皮膚の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    脂漏性皮膚炎とはどんな病気か  頭や顔面などの皮脂の多い部位(脂漏(しろう)部位)や、腋(わき)の下などの汗や摩擦(まさつ)の多い部位に皮膚炎が現れる病気で、新生児期から乳児期にみられるものと思春期以降、主に成人にみられるものに分けられます。 原因は何か  皮脂の多い部位に常在するマラセチアなどの酵母による皮膚炎という説が有力です。成人では、ビタミンB群の不足や、肉体的・精神的ストレス、低温度・低湿度が悪化の原因になります。 症状の現れ方  乳児脂漏性皮膚炎は、生後まもなくから発症し、髪の生え際から頭の皮膚、額や眉毛部に黄色いかさぶたと淡い紅斑(こうはん)がみられます。かゆみはほとんどありません。  成...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング