29歳の男性です。このたび結婚することになり、新築の購入を考えています。
結婚を機に消費者金融の借金(140万ほど)は今月一括返済しました。よって現在借金はないのですが銀行が過去の借入金などを調べることで住宅ローンが組めなくなる、ということはあるのでしょうか?相談する人間がいないので悩んでいます。
ちなみに年収は税込みで400万円程度、1700万円くらいの住宅の購入を考えています。
ご回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。

一括返済されているので問題なくローンは組めます。あとは過去の延滞の件が書かれていないので、100%とはいいきれませんが、過去に延滞や返済事故がなければ問題なくローンを組めます。

過去の返済に関してご不安でしたら調べることができますし、それからでもローンを組むことは大丈夫ですので、安心して利用できると思います!
調べ方なのですが信用情報機関で調べることができますので、そちらに伺うかもしくは自宅で調べるます。

http://www.shin-cashing-hikaku.jp/tishiki/jyouho …
信用情報機関の一覧でサイトの詳細がのっていましたのでのせておきます。

まず問題はないので安心してローンの申込されてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

全然OKです。

どころか超楽勝です。公庫でも銀行でも。過去データ調べられてもなんら臆することありません。もし銀行から借りるとして、ガタガタ言われたらそんなとこ相手にしなくていいです。借金が現在無い状態で年収、物件の金額、全てにおいて大丈夫です。貸してくれるところはいくらでもあります。
    • good
    • 0

kumakumasanこんばんは!結論から言うと全く問題ありません!過去3ヶ月以上の延滞などしてブラックではないですよね!?住宅は銀行ローン1本ですか?公庫ですか?どちらにせよ今の状態だったら問題ないと思いますし仮に借り入れ(サラ金)あっても大丈夫であったりもします。

そもそも信用情報機関はいくつかあって昔はサラ金の情報は銀行ではわからなかったんですけどね・・・最近は調べればわかるようになってきたみたいですけど・・家の購入となると銀行ないし公庫が抵当設定しますから信用貸しってことではないですから大丈夫でしょう。それより年収から割り出した支払いの限度額を重視しますから1700万くらいだったらOKでしょう!!!
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半年後の住宅ローン金利の予想は?

初めまして。
今年の10月までに住宅ローンの長期固定はどれくらい上昇しているのおもわれますか?
あくまで予想で結構ですので経済に詳しい方にお伺い致します。

Aベストアンサー

住宅ローンの固定金利は、ローンを組む時点での長期金利(10年国債の市場金利)に連動します。これに1.0%程度の貸し手の利益が上乗せされます。

現在ですと、短期金利が0%、長期金利が1.8%ですから、ローンの方は短期1.0%、長期2.8%ぐらいだと思います。

現在は長期金利が上昇中です。今後日銀のゼロ金利政策が夏から秋にかけて終わるとするとさらに0.3-1%ぐらい上昇する可能性があります。

したがって、ゼロ金利が解除されれば、住宅ローンの長期固定金利はこの秋には、3.0-3.8%ぐらいになるのではないかと思います。

Q税込み年収から考える住宅ローン

税込み年収が600万~700万程度の夫婦2人世帯(30代前半)です。住宅ローンの適切な借入額を、身近な知人数人に相談したのですが、人により幅がありました。
ここで、もう少し意見を聞きたいと思います。

財形と定期、一般預金を含めると、総額400万ほどの貯蓄はあります。
私は事情により専業主婦で、夫の収入のみです。継続中のローンはありません。月給総額は約40万、年金や税金、保険などの天引き後で、手取りはおよそ30万です。ボーナスは合計160~170万、その他の雑収入が10~20万です。
特に楽な生活ではありませんが、かといって特段困っているわけでもない、ごく普通の中流家庭だと思います。

返済は夫の定年前に終えたいので、20年以内と考えます。
無理のない月返済額、借入総額はどの程度まででしょうか?

Aベストアンサー

夫婦ともに三十台前半で、20年の住宅ローンを組みました。

住宅ローンをどう組むかって、夫婦の性格出ますからね~。
一概にコレぐらいが無理のない額っていうのが、各家庭により違います。

ちなみに私だったら質問者様のご家庭ぐらいの状況ならば、3000万円までかな。
(石橋を叩いて渡る性格なので・・・)
月の返済は今の家賃+20,000円ぐらいに収めます。

あと、金融機関のHPなどに載っていますが、ローンのシュミレーションをしてみるのもいいですよ。
http://www.jhf.go.jp/simulation/
その後、銀行の住宅ローン窓口に軽く相談してみてはいかがでしょうか?
おおよその感触つかめます。

私達夫婦が銀行に行ったとき、気軽に対応してくれました。
”旦那の単独融資で最高4千万円までかせますよ。”
と言われました。年収は質問者様よりかなり低いです。
(貯金は結構してました。)

ステキなマイホームが見つかるといいですね★

Q2008年11月の住宅ローン金利予想

 モーゲージバンク系のフラット35という住宅ローンを契約しており、建物が今月完成し今月の金利で融資実行される予定です。
 しかし連日のアメリカの金融不安による日経平均株価の下落や円高などのニュースが後を絶たず、一般的に不景気になると金利が下がる傾向にあるということらしいので、融資実行を来月まで待ったほうが良いのかどうか悩んでおります。
 詳しい方がいらっしゃいましたら、ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上げておきます。

そうでなければ、月々の住宅ローン金利について「固定期間が長期のものは上がり、短期のものは下がった」ということは『あり得ない』ことになってしまいますでしょう?

一度、過去の住宅ローン金利の推移をご覧になって、「前月比」を計算してみてください。
http://www.nikkin.co.jp/0601/

フラット35ならば、「長期金利」(10年物国債の金利)の動向もご覧になった方がよろしいです。
ご参考までに、一昨日1.3%台だった長期金利は、今日(前場引け)は1.5%台に上昇しています。

住宅ローン審査経験者です。

「変動金利型」の住宅ローン商品ならば、「プライムレート」が基準となっていますので「政策金利」の影響を直接受けますが、フラット35は「長期固定金利型の住宅ローン商品」です。
確かに、「政策金利」が変更されればマーケットの状況も変わってきますので、「政策金利」が下げられることが、フラット35の金利に影響しないとは言いませんが…。
金利設定部署にもいた経験からすれば、「固定金利期間が短いか長いか」で、住宅ローンの金利を設定する際の基準は違う…と申し上...続きを読む

Q住宅ローン借入額1100万円、フラットOR銀行ローン??

新築の打ち合わせ中です。




借入金額1100万円なら、フラット35か銀行の借入
どちらが、おすすめですか?


長期借入の意思もなく、できれば、繰り上げ返済もしたいと
考えております。

経験者の方、専門の方、
ご意見、お願いします。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。

確かに情報が少ないので、回答には悩むところですが…。

・長期借入の意思もなく
・できれば、繰り上げ返済もしたい
という点から、返済期間を10年にしても生活に余裕がある…ということかと思いました。
ならば、敢えて「返済期間の全期間にわたって金利が固定され、先々の金利上昇を心配する必要がない」ことがメリットのフラット35を選択する必要はないと思います。
少しでも金利の低いパターンを利用して、月々の返済額を低くし、長期固定金利の場合との差額も繰上返済に回すことにされればよろしいのではないでしょうか。

6月資金実行分のフラット35は、金利が最も低いところで2.770%。
銀行等の住宅ローンは、10年固定で2.40%で借りられるのではないでしょうか。
10年で完済できそうならば、当然10年固定2.40%を選びますよね?
この金利条件で、仮に15年返済ならば、10年後の金利見直し時に適用金利が5.50%以上になっていれば、フラット35の方がお得にはなります。
ただし、繰上返済をしなくても、残りの返済期間は5年になっていますから、固定金利選択型を選ぶにしても5年以下の固定金利期間にすればいいので、その適用金利で考えてください。
5年固定の適用金利が5.50%なんて時代が来てくれているでしょうか。
(金利商品による運用を行う立場としては、金利が高い方がいいですからね。)

住宅ローン審査経験者です。

確かに情報が少ないので、回答には悩むところですが…。

・長期借入の意思もなく
・できれば、繰り上げ返済もしたい
という点から、返済期間を10年にしても生活に余裕がある…ということかと思いました。
ならば、敢えて「返済期間の全期間にわたって金利が固定され、先々の金利上昇を心配する必要がない」ことがメリットのフラット35を選択する必要はないと思います。
少しでも金利の低いパターンを利用して、月々の返済額を低くし、長期固定金利の場合との差額も繰上返済に...続きを読む

Q住宅ローンの金利予想

このたび、借り換えの時期がやってきまして、少々悩んでおります。
残金1600万円であと30年ほどローンがあります。
10年固定で2.35%か3年固定で1.2%(どちらも期間終了後1.0%優遇です)で迷っております。
仮に、金利が3年で1.0%づつ上昇すると、10年後に残金は同じくらいになると思われます。
そこで、今後金利は、最大(最悪)どのくらいまで上がると予想されますか?また、一気にどれくらいまで上がることがあると思われますか?
皆さん、口を揃えて「誰にも分からない」と言われますが、いろいろな考え方を聞いてみたいので、私的な意見でも結構なので、お聞かせください。

Aベストアンサー

私の私見ですが
3年後までに2.5%ほど上昇(団塊世代の定年などで退職金が世にあふれる)
そこから5年くらいはウダウダと1%前後ぶれる
それ以降は少し下がるかな?と
2009年のピークを超えれば問題ないかな?
ですので10年以上の固定が安全かなー??
とりあえず今より金利が下がってくるのは当分無いかな?

こういう予想です。

Q年収300万円(税込み)の貯蓄

 こんばんは。30歳独身男性の貯蓄についてお伺いします。
 先日知人よりお見合いの誘いがありお受けしました。こちらから聞くわけでもなく事前の身上書みたいなものに、「年収300万円(税込み)、貯蓄1300万円」と書いてありました。
 相手の収入については「決して優雅な生活ではなくても人並みに送れれば…」と思っているので、年収300万円は「何とかなる」と思うのですが、「貯蓄1300万円」の部分が少々引っかかります。
 30歳現在年収300万円の方でも、大学卒業から貯金しても1300万円を貯める事は可能でしょうか?正直年収の割りに貯蓄額が大きいのがかえって不安です。

 どのような方法で増やしたことが考えられるでしょうか?

 ちなみにお相手は、服装・車などに嫌味のない程度にお金を掛けているようです。

Aベストアンサー

こんにちは。

>30歳現在年収300万円の方でも、大学卒業から貯金しても1300万円を貯める事は可能でしょうか?正直年収の割りに貯蓄額が大きいのがかえって不安です。

確かに今の年収を考慮すれば普通ではなかなか難しいと感じられる貯蓄額ですよね。でも可能性はいろいろありますよ。例えば:

親から生前贈与を受けた
宝くじ等に当たった
以前はもっと高年収だったが何らかの原因で年収が急降下した
株・投資で儲けた

等々です。まぁあって困るものでもなく、本当にそれだけお持ちであなたと合いそうならおつき合いしてみるのも悪くないかもですよ。

お役に立てば幸いです。

Qゼロ金利解除で住宅ローンはただ厳しくなるだけ?

5年後ぐらいにローンで一戸建ての住宅を建てようと思っています。頭金1千万円ぐらい貯めてのこり2千万ぐらいをフラット35で..と考えていましたが、ゼロ金利解除によって金利が上がると新聞に載っていました。あまり金利が上がるとみんな住宅ローンで家を購入しようとする人が少なくなると思います。
実際、銀行はただ金利を上げていくだけとなると思いますか? なにか住宅ローンを借りやすい手立てはうってこないですかね... 住宅ローンだけは金利を低いままにしておくとか、最初の3年は元金のみを減らしていけるとか。もしくは政治で税金の控除が大きくなるとかならないでしょうか... 個人的な予想・意見で結構ですので、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がるから」という常套句を使って変動金利でローンを組ませようとしますが、その手に引っかかってはなりません。
ちなみに我が家でも、今年はボーナスカットになりました。
ボーナスは会社の業績に比例するので、個人の頑張りや国全体の景気とは連動しないんです。

それからこれまではデフレであったので、デフレの時は不動産より現金を持つ方が有利と言われます。
逆にインフレになれば、現金の価値がなくなり物の価値が上がるのですから、不動産を持つ方が有利と言われます。
これまでは低金利により住宅購入ブームがあったのです。
家を買う人はいつも一定率はいるものですが、金利や不動産価格が上がれば同じお金で買える物件の質が落ちるので、購入者は減るでしょう。
以上のことからも、いろんな要素が絡み合うことなので、一概には言えないことがわかると思います。

#2です。

>今後は多少、月々の払いの大きいローンを組んでも企業の調子が良くなるから大丈夫.. という理解となるのでしょうか。

それはまったく違うと思います。
確かに、金利上昇と景気回復は連動しているかのように考えられがちですが、経済情勢というのはさまざまな要素が絡み合っているので、単純に金利上昇=景気回復ということではありません。
それに日本全体の景気が回復しているからといって、個人個人の給料が上がることとはまったく別問題です。
不動産屋は「金利が上がるときは給料も上がる...続きを読む

Q給料140万円稼いだ後で離職。扶養はムリ??

4月からパートで働いていましたが、12月半ばでやめることになりました。フルタイムで働いていて、夫の扶養から外れています。
一ヶ月大体14,5万の給料とボーナスで、今年の年収は140万円を超えています。130万以上年収があるので、夫の会社から、来年1月1日にならないと年金や保険には入れないと言われてしまいました。
結婚前にも年の途中で仕事を辞めたのですが、扶養に入れたので、夫婦で油断してました・・・。
どうするのが一番いいのでしょうか?国民健康保険に半月だけ加入できるのでしょうか?
それから、25日(退職後)に支払われる12月分の給料から年金も引かれていると思いますが、1月に夫の扶養に入ったら年金の支払いは途切れてないですよね?
いろいろ見たけどわかりません。教えてください!
慌てていて、変な文章でごめんなさい。宜しくお願いします

Aベストアンサー

ご主人の健康保険の種類が何なのかにもよるのですが、
保険者番号が06で始まる「健康保険組合」である場合、1年間の収入が130万円以上である場合、その年は扶養に入れないという取り扱いをしているところもあるようです。
(何度かそういう話を聞いています。
政府管掌健康保険の場合は、雇用保険の基本手当の金額が1日あたり3611円までだったり、今後1年間の年間収入の見込み額が130万円未満であれば扶養に入れることになっていますが。)

来年から健康保険上の扶養になれるのであれば、12月だけ国民健康保険に加入し、国民年金も1ヶ月分納めてください。

なお、12月の半ばで会社を辞める場合は、健康保険や厚生年金保険料が会社の給料から差し引かれるのは、システム上、11月分までとなっています。
よって、1月に夫の扶養に入ったとしても、12月は国民年金や国民健康保険に入らないと年金等の支払いは1ヶ月途切れてしまうことになってしまいます。

まずはご参考まで。

Q住宅ローンの金利について

もうすぐ、住宅ローンの3年固定が切れる予定です。
そこで、次は30年ぐらいの長期固定にしてしまおうと思っていたのですが、今後、金利はどのように推移していく可能性が高いのでしょうか?
先ほど、Yahooのニュースで「日銀の金融政策については、36人中22人が次回の利上げ時期を2009年6月以降と予想した。」と書いてありました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080710-00000852-reu-bus_all

ということは、まだ、当分住宅ローンの金利も上がらないということでしょうか?それとも、住宅ローンは別物なのでしょうか?

もし、2009年6月まで住宅ローンの金利が上がらないのであれば、それまで変動金利で、金利が上がりそうになったら、長期固定にした方が良いような気がしますが、どうなんでしょうか?

どなたか詳しい方がいれば、教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日銀の金融政策は短期金利(無担保コールレート翌日物)の話です。

住宅ローンは長期金利を参考にして決定されるので、短期金利が2009年6月まで上がらないからといって長期金利/住宅ローンが上がらないとは限りません。

実際・・・
日銀が2007年2月に短期金利を0.25%から0.50%に引き上げてから、ずっと短期金利は変わっていません。しかし、その期間でも長期金利や住宅ローン金利は変動しています。長期金利の代表である国債10年物は1.3%~1.9%くらいの幅があります。

では、長期金利が何によって決定されるかと言うと、将来的な金利動向の【市場の予想】に基づいて決定されます。


長期金利の決定要因
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E6%9C%9F%E9%87%91%E5%88%A9

Q貯蓄0借金60万円で住宅ローンは組めますか?

私42歳、離婚時に貯蓄も住宅もすべてもと奥さんと娘においてきました。
現在カードローン等約60万円の借金があります。中古でも住宅が欲しいと考えていますが、借金の返済と生活費でなかなか貯蓄も出来ない状況。
住宅ローン等を組む際に、初期費用や謝金返済を含めて借り入れできればと少し都合のいいように思っていますが、可能でしょうか?
借金の返済が出来れば余裕をもって月々10万円から12万円の住宅ローンの返済が可能かと思っております。
収入は年収540万円ぐらいです。
いい知恵がありましたらお教えください。
宜しくお願いいたいます。。

Aベストアンサー

> 住宅ローン等を組む際に、初期費用や謝金返済を含めて借り入れできればと少し都合のいいように思っていますが、可能でしょうか?
初期費用は無理ですね。
一般的には、「初期費用が必要となる時期」までに融資が間に合いませんから。
この分は、自己資金で用意していただくしかありません。

「不動産取得にかかる諸費用」と「住宅ローン借り入れにかかる諸費用」ならば、住宅ローンに上乗せして借りたり、同時に「諸費用ローン」等で借りることはできなくもありませんが。

ですが、現在ある別の借金を、(資金使途が異なるので)住宅ローンに上乗せして借りることはできませんし、それを不動産業者等が「問題ない」と言うようであれば、そのような不動産業者は利用すべきではありません。
不動産の取得に関する資金でないものを上乗せするには、不動産業者が「虚偽」の書類(見積書)を作成してそれを金融機関に提出しなければなりません。
「虚偽」の書類により、より多くの資金を借りようというのですから、金融機関を「騙す」ことになりますよ。
それが「犯罪」であることにお気づきではありませんか?

「犯罪」だから、それを「問題ない」というような不動産業者を利用すべきではないともアドヴァイス差し上げているんです。


現在年齢42歳、年収540万円の方で、他のお借り入れがカードローンの「返済のみ」で60万円…ということでしたら、返済能力からだけ判断すれば、1,500万円程度のお借り入れはできなくはないと思います。

ですが、他の回答者さまも仰っているように
> 現在カードローン等約60万円の借金があります。
> 借金の返済と生活費でなかなか貯蓄も出来ない状況。
であるにもかかわらず、
> 借金の返済が出来れば余裕をもって月々10万円から12万円の住宅ローンの返済が可能かと思っております。
というのは矛盾しています。

月々10万円から12万円の返済ができるのでしたら、今、まずそれをされればよろしいです。

今(の借金に)は月々10万円から12万円の返済はできないけれど、住宅ローンにならば月々10万円から12万円の返済ができるという意味が分かりません。

だって、仮にカードローンで金利が高く18.00%だったとしても、借金が増えなければ、毎月55,000円程度返済すれば1年間で完済できますよ。
毎月の返済額を11万円にされれば、半年かかりません。

義務の重さとしては、60万円のカードローンでも、数千万円の住宅ローンでも同じですよ。

例え、ゼロからのスタートだとしても、年収540万円の1人暮らしで
> 借金の返済と生活費でなかなか貯蓄も出来ない状況。
とはならないはずです。

もしかして、借金の額は60万円ではなく600万円ですか?

借金が問題ではないとしたら、いったい、生活費にいくら遣っていらっしゃるのでしょうか。
一度、生活費に無駄がないかを見直されてはいかがでしょう。

> 住宅ローン等を組む際に、初期費用や謝金返済を含めて借り入れできればと少し都合のいいように思っていますが、可能でしょうか?
初期費用は無理ですね。
一般的には、「初期費用が必要となる時期」までに融資が間に合いませんから。
この分は、自己資金で用意していただくしかありません。

「不動産取得にかかる諸費用」と「住宅ローン借り入れにかかる諸費用」ならば、住宅ローンに上乗せして借りたり、同時に「諸費用ローン」等で借りることはできなくもありませんが。

ですが、現在ある別の借金を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報