電子書籍の厳選無料作品が豊富!

人から聞いた話ですが…。

今現在実際にドンパチやってる国はありませんが、厳密に言うとまだ日本と交戦状態にある国があるそうです。
最後まで答えは教えてくれませんでしたが、本当にそんな国あるんですか?

ご存知ありませんか?

A 回答 (7件)

国際法が整えられ「戦争のルール」が決められてからはそういう珍事はよくあります。


日本と連合国との正式な講和はサンフランシスコ講和条約の名で知られています。
日本を含めた49カ国が調印した条約になりますが、うちコロンビア、インドネシア、ルクセンブルクの三か国が
調印までは済ませましたが、批准、つまり各国の議会での承認を受けていないため正式に締結されてはいない状態です。

どこも日本と険悪な関係という国ではありませんが、形の上では戦争は終わっていない事になります。
    • good
    • 3

全然関係ない話で恐縮なんですが、こんな話を思い出しましたよ。



>アンドラは第一次世界大戦に参加したが、「アンドラ国軍」があまりにも小規模(全11人)だったため、存在を忘れられ、アンドラ代表は条約締結(パリ講和会議)に呼ばれなかった。そのため、形式的にアンドラ公国は「第一次世界大戦を継続したまま、第二次世界大戦に参加」するという珍事が起こった。
    • good
    • 1

日清日露の戦争以降に


戦後処理がなされていないか
又は戦争の処理が文書でなされていない対戦国が
その対象でしょうが
その様な考え方はある意味いいがかりになります
例えば日露戦争は米国の仲裁で戦後の処理は完了していますし
たとえサンフランシスコ講和会議の条約加盟国でも
今の中華民国はこの講和会議には出席も条約文にも署名していませんが
それが即ち現在の交戦国と言う事には即座にはなりません
今現在は日本は何処の国とも何処の地域とも交戦状態にはありません
そのような考え方は基本的知識の拡大であり
現状の国際関係を愚弄するものであると考えるべき基本的認識の間違いです
知識と認識は違うのだとする最たる考え方で容認出来ません
    • good
    • 2

私が中学時代、サヨクの社会科教師が「(当時)ソ連とは平和条約を締結していないので、厳密に言えば戦争状態」と、タワ事を言ってましたよ。



それを指してるのかな?

確かに、現在も日露間で、平和条約締結に向け、努力している最中ではありますが・・。
しかし、日ソ共同宣言(1956年)をもって、国交は回復しており、国際法上の戦争状態は解消していますよ。

戦争ってのは、外交・国交レベルで解決出来ない場合、問題解決する手段ですから、国交回復をもって、戦争状態は集結するんです。

従い、より厳密に言えば、「平和条約は締結していないが、戦争状態は解消」ですね。

北朝鮮とか台湾とは、国交回復していませんが、それらは戦時中は日本の統治下ですから、戦争状態に至ってませんし・・。

「国交が無い=戦争状態」でもありません。

更に、日本は憲法で「交戦権」は放棄していますね。
浅学なので、ほかに「戦争状態」の国があるのかは判りませんが、少なくとも、もし「交戦状態」にあれば、憲法違反です。
    • good
    • 0

ロシア と言う回答がありましたが


戦争状態の終結と言う点だけであれば 1956年の日ソ共同宣言によって成立しています。

北方領土問題が解決していないのは これとは別問題です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%82%BD% …
    • good
    • 1

屁理屈でなら イタリア



ただしイタリア自体が内戦状態で 日本としては認めていない方の政権からなされた宣戦布告なので
日本としては「そんなもの 無効だから」と言うことになってます
    • good
    • 0

日露戦争後、日本とロシアは未だに正式な戦争終結の条約を結んでませんから、休戦状態にあると言えます。

    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!