雇用保険の再就職手当を受けるための満たすべき要件の一つに、離職前の事業主、(資本、資金、人事、取引等の状況から見て離職前の事業主と密接な関係にある事業主も含む)とありますが、この場合の密接な関係とはどのような基準で決まるのかご存知の方教えてください。
 実は、只今失業中で、何とかある会社に内定貰えそうなのですが、その会社は前の会社の受注先の一つです、資本、資金、人事などの関係は一切なく取引自体も割合は少なく取引年数もここ1,2年です。 

A 回答 (2件)

再就職手当の申請は可能です。



取引については、お互いの会社が、それぞれの会社の売上や年間生産額の50%以上の発注を相手の会社に行っている場合に、関連ありとみなされます。

ですから、今回のケースは大丈夫だと思います。

蛇足ですが、
 人事については・・
退職した会社から、再就職する会社へ、30%以上の従業員が派遣されていたり、人事交流が頻繁にあってなければ大丈夫です。
 資本・資金については・・
退職した会社から、再就職した会社へ、50%以上の出資(株式保有)がなければ大丈夫です。

詳しくはハローワークに聞いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、やはり貰えるなら貰いたかったもので心配だったので助かりました詳しい情報ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/28 00:35

私が離職した時に、ここに質問していました。


再就職手当てについてなど、他の方の質問もあります。

参考URL:http://www.asobiya.net/situtomo/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 後学のためにも参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/28 00:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50代女性無職です。この年齢でハローワークの就職支援訓練を受けて、再就職の道はありますか?只今絶賛迷

50代女性無職です。この年齢でハローワークの就職支援訓練を受けて、再就職の道はありますか?只今絶賛迷走中です。何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『50代女性』だから就職先がナイということはないよ。
でも、逆に言えば、『50代女性』だから採用するという会社もない。

年齢や性別よりも、その人が何ができるかというところも大きい。
一昔前と違って、「女性」というのも一種の強みなので、女性が歓迎される職業を選ぶといいと思う。
50歳という年齢も同じで、若い人にはできないような落ち着きが求められる仕事がいい。

ただ漠然とパソコン習って事務職でーーというなら、女性でなくてもいいし50歳でなくてもいい。
他の人材との競争になる。

Qなぜ個人事業主扱いなんでしょうか(生保会社)

個人的に調べたのですが、答えがはっきりしないので教えてください。

現在、ある生命保険会社に営業として勤務しています(新卒で正社員)
入社後、外交員は個人事業主だと説明を受けたので確定申告を先月行いました。
しかし、自分の給与明細には「事業所得所得税」とともに「事業所得雇用保険料」が毎月ひかれています。
雇用保険は、事業主から一定の条件の下雇用されているから入る保険だと認識しています。
であれば、私は個人事業主ではないのでしょうか?

文章がうまく纏められず大変恐縮ですが、
とにかく自分がどういう立場で会社と雇用形態を結んでいるのかを知りたいので、
保険会社と外交員の契約形態について詳しい方、ご説明よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般企業の正社員の場合は所得税として天引きされますが、高額医療費や保険などの認められた出費を申告すれば一部の税金が還付されます。
通常は年末調整という形で会社に提出して申告しますので、確定申告をしたことが無いという人も多いですが、忘れていたり副収入があったりする人は自分でする事もあり、個人事業主同様に確定申告をします。

個人事業主は自分で確定申告するわけですが、生保の外交員等でも所得税として天引きされていますが、この中で個人事業主として仕事の経費として申告すれば税金の還付が受けられます。

雇用保険には通常個人事業主本人は入れませんが、保険外交員など一部例外もありますので、関連URLをご覧ください。

生保の外交員は、どちらかというと特殊な雇用形態ですので、お店を構えたような全くの個人事業主(社長兼従業員)とは多少違う面もあります。
詳しい事は会社に聞いてみてください。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~cantask2/html/hyoushinosyousai.html#koyouhokenn

Q50代無職の女性です。今から調理師専門学校に通って資格を取得したとして、再就職の道は厳しいですか?

50代無職の女性です。今から調理師専門学校に通って資格を取得したとして、再就職の道は厳しいですか?

Aベストアンサー

調理の現場に行くほうがいいんじゃない?料理自体が出来ないで言うのなら、遅すぎるね。2年働けば、試験受ければいいだけだからね。難しいけど。

Q人事・人事部の仕事について教えてください!【緊急】

私は人事の仕事につきたいと思っています。
人事の仕事内容について詳しく知りたいのですが本等を探しても
よくわかりません。
人事、人事部の仕事内容等について教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.人材採用 
 中途採用、新卒採用、パート採用
2.社員の評価
 人事考課といわれる評価(ボーナスを決めたり、昇格のときに)
3.給与支払
 経理部でやっているところもある
4.労組との交渉窓口
5.健康管理
6.社員間のトラブルや苦情の窓口
本は、たくさん出ています。アマゾンほかで「人事部」で検索したら。
また、会社によっては総務部内でやっていることも含まれます。

Q50代での再就職

人材不足のために自営の飲食店を畳むことになりました。
両親そろって50代前半です。(子供が私を含めて3人います)
店を畳んで一か月ほどは片付けなどに追われますが、その後は仕事を探すつもりのようです。

50代前半で、2人とも持ってる資格は管理栄養士のみで管理栄養士としての仕事経験はほぽないと思います。
子供3人の大学の学費は積み立てていた学資保険と奨学金でまかなえるので、食べていけて老後の貯金をできる程度のお金を稼げればいいらしいです。

再就職はやはり厳しいでしょうか・・・・・?
長年料理を仕事としてきたので、老人ホーム、障害者支援施設等の調理員はどうかと勧めて見ようと思っているのですが・・・・・。

Aベストアンサー

免許があるのはなんと言っても強みです。
老人ホームや、病院、保育園、給食を出すところならいくらでも仕事があると思います。
 また、店を経営していた経験もあるのですから、レストラン・居酒屋などでも大丈夫だと思います。
 まだまだ若いです。頑張って下さい。

Q【人事スタッフ】入退社に伴う社会保険手続き等の人事業務

人事(主に採用業務)のお仕事に興味があります。
タイトルの求人募集(しかも未経験歓迎!)を見かけましたが、社会保険手続きとは具体的にどのような業務内容なのでしょうか。特に経験がいらないのでしょうか?経験のある方、どんな細かいことでもいいのでお話をお聞かせください。(私は漠然と事務処理と考えておりますが。)
私は、人事の仕事はまったくの未経験です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険は、大きく、
「労働保険」=労災保険+雇用保険
「(狭義の)社会保険」=健康保険+厚生年金
を言います。
おそらくこれの資格取得や資格喪失、さらには保険料納付等の仕事をすると思われます。

1.資格取得・資格喪失について
従業員が入社したり退職したりする時に、雇用保険と社会保険の手続をします。
雇用保険は管轄の公共職業安定所に、社会保険は社会保険事務所(または健康保険組合)に、届け出をします。
これに伴って、「健康保険証」を発行してもらったり、それを返却したり、
退職の時には「離職票」の手配をしたり、ということも行います。
また、氏名・住所の変更や扶養家族の増減などの届け出も処理することになるでしょうね。

2.保険料納付について
労働保険は年度ごとに過年度分の賃金を集計して保険料を算出します。
そして当年度の保険料を概算で納付しますが、年3回に分割できる場合が有ります。(その条件はここでは割愛)
社会保険料は、原則として毎年7月に各人の保険料を算定しますので、その作業が有ります。また、昇給などにより保険料が変更になる場合が有りますので、その処理も含むでしょう。

mugibatabatakeさんは未経験とのことですが、単に事務作業を進めるだけでしたら、1週間で覚えられる仕事です。
ただ、人事の仕事は、従業員のプライバシーに触れ、場合により適切なアドバイスをしなければならない場面も出てきますので、これから経験を積んでいく必要は有ると思います。この点は予め心しておいたほうが良いと思います。

社会保険は、大きく、
「労働保険」=労災保険+雇用保険
「(狭義の)社会保険」=健康保険+厚生年金
を言います。
おそらくこれの資格取得や資格喪失、さらには保険料納付等の仕事をすると思われます。

1.資格取得・資格喪失について
従業員が入社したり退職したりする時に、雇用保険と社会保険の手続をします。
雇用保険は管轄の公共職業安定所に、社会保険は社会保険事務所(または健康保険組合)に、届け出をします。
これに伴って、「健康保険証」を発行してもらったり、それを返却したり、
...続きを読む

Q50代男性の再就職についてアドバイス下さいm(_ _)m

50代男性の再就職についてアドバイス下さいm(_ _)m

私の父親は以前は大手企業に長年勤めていましたが、早期退職を希望して現在田舎に住んでいます。
再就職を田舎で考えていたのですが、身内の不幸など様々なトラブルがあり、就職出来る状況ではなくなり、誘いの話を断る事になり…しばらく無職でした。


最近やっと就職が決まったのですが、思っていた以上に内容がキツく、体調を崩しているようです。

様子を見に行こうにも、飛行機で2時間…前後の移動に計四時間かかる為、気楽に行けない上に、カナリ頑固…というか余り他人に甘えない人なので、電話やメールでも元気を装います。(声でバレますが…)

資格はいっぱい持っています。以前は土地の売買等してました。公務員の経験もあります。

出来れば関東で就職し直して欲しいと思っています。
それまでは我が家に居て貰っても良いと旦那も言ってます。(部屋はあります)


父親も何となくですが、関東に来たいような話しもしていたのですが…1度引き上げた手前示しが付かないのか渋っていました。


身体を壊す前に何とか説得したいのですが…

同じような経験をされた方などいらっしゃいませんか?
どのように事を運びましたか?

50代男性の再就職についてアドバイス下さいm(_ _)m

私の父親は以前は大手企業に長年勤めていましたが、早期退職を希望して現在田舎に住んでいます。
再就職を田舎で考えていたのですが、身内の不幸など様々なトラブルがあり、就職出来る状況ではなくなり、誘いの話を断る事になり…しばらく無職でした。


最近やっと就職が決まったのですが、思っていた以上に内容がキツく、体調を崩しているようです。

様子を見に行こうにも、飛行機で2時間…前後の移動に計四時間かかる為、気楽に行けない上に、カ...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

私もお父様を同じ状況で、就職活動中です。

お父様とほぼ同じ年齢です。

若い時のようにきつい仕事は、体がついていけなくなります。

お父様ももう何年も仕事をしているので自分のことはわかっていると思われます。

実際に、この歳で就職の条件だと契約社員や嘱託で以前の年収の半分以下です。

しかし、きつい仕事はお給料が良いのでどうするか迷っています。

最近見つけたのですが、月10万円で手取りにすると8万円を切ってしまう仕事もあるのです。

ご家族を養う?ためには、どうしてもきつい仕事しか選択はないと思われます。

あなたがお父様を呼んで、お父様の面倒を見るくらいの気持ちなら心配しましょう。
それができないようなら、大きなお世話です。

自分のことは、自分で決めます。

説得するには、お金を出し合いともに生活をしていく覚悟が必要です。
説得する何かをぶつけない限り無理だと思います。

ご参考まで。

Q個人事業主になれますか?

彼氏がトラックドライバーとして勤めているのですが、
会社で社会保険にいれてもらえず、(社長と家族のみ加入)、
国保へ加入しております。
就業規則等の整備や、労働条件の通知、雇用契約なども
きちんとされていないようです。
しかし、すでに5年以上勤めており、労使双方での話し合いで、
労働条件は変更しているようです。
しかし、税金や国保、年金等の支払がかなり多くなってしまい
困っております。
そこで、この会社へ今後も勤めていく中で、
ネットショップなどの個人事業の開業届を出し、
青色申告して税金対策することを考えております。
質問点ですが、

・ネットショップは実体がなくても個人事業として成り立つのか。
・多少の実体があれば法律に抵触しないのか。

以上の2点、また、この境遇に何かアドバイス等がありましたら、
回答下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

貨物自動車運送事業法については存じ上げておらず失礼しました。

副業といっても実体がないと税務署につつかれたとき痛いです。
来なかったとしても税務署が来ることを恐れながら仕事するのも大変です。
また、ネットショップにかかった経費しか落とせません。

サラリーマンには給与所得控除と特定支出控除という控除があります。

特定支出控除はほぼ意味がないので給与所得控除だけと考えてよいでしょう。

給与所得控除がサラリーマンにとって経費なのです。
自営業者の経費と同じです。
自営業者に給与所得控除は認められていません。

給与所得控除+経費は2重経費になりますからだめなわけです。

>国保、年金等の支払がかなり多くなってしまい

保険・税金が高いのがお悩みだったらいまのまま払い続けるしかないと思います。

サラリーマンがさらに経費を計上して税金を安くするのはさすがに税務署も黙っていないでしょう。

私も昨今の税金・保険・年金の高さには驚いています。
収入の4割は国保・社会保険料でもっていかれています。
国保は毎年満額55万円です。月5万円くらい献上しています。

しかし、サラリーマンで国保はきついですね。
国保は厚生保険に比べ加入者の負担が大きいです。
本当は事業主が厚生年金・保険に加入しないといけません。
そして保険料・年金の1/2を負担してもらいます。
もしくは現状の給料が高いのなら国保分を積み増ししてもらっているのでは?

合法的かつ経営者に負担をかけない節税法としては、中退共という
制度に入ってもらうよう経営者に頼んでみてはいかがでしょう。
月3万円まで積み立てできもちろん全額所得控除できます。
退職したときにそれを退職金として受け取れます。
私は違う制度で月7万円積み立てております。
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/

あとは国民年金加入者なら国民年金基金の加入がよいです。
受給できるのは65歳以降ですが、節税の一手段として使用されます。
http://www.npfa.or.jp/

要は雇い主が厚生年金・保険に加入していないのが悪いのです。
入らないのならある程度の手厚い給与をもらえるよう交渉してみてはいかがでしょうか?

貨物自動車運送事業法については存じ上げておらず失礼しました。

副業といっても実体がないと税務署につつかれたとき痛いです。
来なかったとしても税務署が来ることを恐れながら仕事するのも大変です。
また、ネットショップにかかった経費しか落とせません。

サラリーマンには給与所得控除と特定支出控除という控除があります。

特定支出控除はほぼ意味がないので給与所得控除だけと考えてよいでしょう。

給与所得控除がサラリーマンにとって経費なのです。
自営業者の経費と同じです。
自営業...続きを読む

Q50代の再就職についてのアドバイス(長文です)

父が今年56歳で私(息子)は29歳です。4年程前に父がリストラされ現在無職の状態です。母のパート収入月10万円程度で生活していますが、無口な父は母に内緒でカード会社等から借り入れをしており、その返済もあるので当然やりくりは難しい状況です。(おかしな話ですが父がお金を管理しています。)もちろん再就職活動を行っていますが、(1)高齢者の求人は倍率が高すぎる(職安、求人誌等)(2)臨時的な仕事ではなく、安定した収入がある仕事に就きたい、というような二つの考えが頭にあるらしく、思うように動けていないのが現状です。私や姉からも十万円単位での仕送りをしましたが、こちらも家庭・生活があり限界にきています。前職は衣料品の営業で、本人もあまり幅の広い知識は持っていません。私からも色々と考え方を広げてみるように話はしましたが、どんなことでも構いません、何かアドバイスがありましたら、宜しくお願い致します。(北海道札幌在住)

Aベストアンサー

首都圏で転職活動をしていた30代半ばの男です、参考に
なればと思います。


>(1)高齢者の求人は倍率が高すぎる(職安、求人誌等)

年齢不問の求人は何十倍になることも珍しくありません。
高齢者を意図的に募集するのは、管理人や役員車運転手等
人生経験を積んだ方を求めるような求人や管理職や役員と
いった業務のスペシャリストを募集する場合に限定される
といえると思います。
ただご尊父が実際に就職活動をして不採用が続いているの
か、倍率が高いからといって応募することすらしていない
のかで話が違います。応募しない案件の採用はありえません、応募しての不採用ならまだ糸口も見えてきます。


>(2)臨時的な仕事ではなく、安定した収入がある仕事に就きたい、

希望はわかりますが、選り好みをできる立場では無いので、
アルバイトや短期間であってもチャンスがあれば応募して
お金を得るようにしなければ、生活面での苦労ばかりでなく
実際に採用されても、身体が鈍っていて対応ができないと
思います。アルバイトでも採用をされれば自信にもなりますし、
アルバイトから正社員登用ということも珍しくないでしょう。


>前職は衣料品の営業で、本人もあまり幅の広い知識は持っていません。

だったら、尚更就職先の門戸を広げて求職活動をしないと
残りの勤務できる年数を考えてもリミットが過ぎていると
言える状況です。


>北海道札幌在住

おそらくは、首都圏よりも求人倍率は高いと考えられます。
年齢・地域で考えれば、採用されるのであればどんな職種
であっても奇跡というと大袈裟ですが、限りなく奇跡に近い
状況です。

私も正社員として採用されるまで、前職から1年8ヶ月も
かかりました。就職活動の期間でいえば1年2ヶ月程度で
その間はアルバイトをしながら求人応募をしていました。
履歴書等の書類は50社以上に提出し、面接も30社以上
はしてきたと思います。
私は事務系の職務経験しかなく、経験職種が前職の会社で
のみ通用するような特殊性もあり、総務・人事・経理といった
経験ではなかったので、経験者を求められる年代でもある
ため事務系での採用は困難でした。
資格も運転免許と一部の業界的な資格しかなかったので、
何の役にも立ちませんでした。
私の場合、退職時に割増があり手取りで300万位の収入
があったので、失業保険受給と保険満了後のアルバイト収入
でなんとか耐える事ができましたが、もう少し長引いていれば
厳しかったでしょう。

私自身も甘い考えをもっていたと今では反省をしていますが
多少持っていた自信も全て打ち砕かれました。

ご尊父は現状が最悪の状況と言えます。現状打破のため
息子さんである貴方が、心を鬼にして叱責をするくらいで
なければ、借金で夜逃げや最悪自殺という選択肢を選ばざる
を得ない状況にならないと言えますか?

厳しい事を書きましたが、年齢・地域性では有利と言える
私もこれだけ苦労しているということを反面教師として
ご尊父には転職活動に臨まれる事を進言いたします。

首都圏で転職活動をしていた30代半ばの男です、参考に
なればと思います。


>(1)高齢者の求人は倍率が高すぎる(職安、求人誌等)

年齢不問の求人は何十倍になることも珍しくありません。
高齢者を意図的に募集するのは、管理人や役員車運転手等
人生経験を積んだ方を求めるような求人や管理職や役員と
いった業務のスペシャリストを募集する場合に限定される
といえると思います。
ただご尊父が実際に就職活動をして不採用が続いているの
か、倍率が高いからといって応募することすらしていない...続きを読む

Q個人事業主で契約社員

過去質問よりいくつかのケースを読みましたが、いまいちピンとこないのでわかる方がいればご教授ください。

現在個人事業主でA社と契約し、A社契約先のB社で働いております。
ところが、4月からA社とB社との契約形態が変更となり、A社のプロパー(契約社員でも可)でなければ続ける事ができなくなりました。
A社より契約社員として続けられないか?と提案を受け、個人事業主のまま契約社員として続ける予定でいますが、以下を前提として・・・

・副業はせず、A社派遣の給料のみ。
・所得税、厚生年金・健康保険等の福利厚生分はA社持ち(厳密には折半ですね)
・地方税のみ自腹。
・年末調整はA社が実施。

Q1.現在個人で払っている国保・国民年金は払わなくて良いのでしょうか?
Q2.来年の確定申告では、個人事業としての収入はゼロと申請して良いのでしょうか?
   それとも個人事業の収入とみなされるのでしょうか。
   その場合、A社に所得税引かれた分の所得(給与)が取得とみなされ、更に課税対象となるのですか?
   私の見解では、A社に所得税を引かれていますし、年末調整もA社が実施して
   くれますのでゼロの申請で問題ないのではと思っています。
   更に住宅ローン等の各種控除がありますので、むしろ税金が返ってくると思っている。(甘いですかね)


契約の回答が迫っており、大変悩んでおります。
お手数ですがよろしくお願い致します。

過去質問よりいくつかのケースを読みましたが、いまいちピンとこないのでわかる方がいればご教授ください。

現在個人事業主でA社と契約し、A社契約先のB社で働いております。
ところが、4月からA社とB社との契約形態が変更となり、A社のプロパー(契約社員でも可)でなければ続ける事ができなくなりました。
A社より契約社員として続けられないか?と提案を受け、個人事業主のまま契約社員として続ける予定でいますが、以下を前提として・・・

・副業はせず、A社派遣の給料のみ。
・所得税、厚...続きを読む

Aベストアンサー

原則0でも申告しないといけないので、申告書Bで普通に作成、会社から給与がある場合は、所得の項目の給与の項目に源泉徴収票の金額を記入するだけです。
現在、売っている個人事業者の確定申告という本にサラリーマンで個人事業者である場合の申告の仕方が載っています。
個人事業者で確定申告されたことがあるのでしたら特に難しくありません。
会社で年金・健康保険を払っている場合は、自分で払う必要はありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報