ニトロベンゼンを塩酸と鉄をくわえた反応機構についておしえてください。また鉄は
どのように作用しているのですか?(特に電子の動き)鉄は文献から四酸化鉄になると
ありますがどのようになるのですか? 抽出ではトルエンをつかってアニリンを抽出したが
分液漏斗で分離するときはトルエンはアニリン層にあるのですか、それとも水層にあるのですか。
還元後に水酸化ナトリウムをくわえるのはなぜですか。またアニリンやニトロベンゼン、
ベンゼン、アセトアニリドにかんすることなら何でも教えて下さい!お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

rei00 です。

補足拝見しました。

「四酸化鉄とは、Fe3O4ことです」とありますが,これは Fe(II)-Fe(III) の混合酸化物です。質問には,「文献から四酸化鉄になる」とありますが,上記の反応の際に Fe3O4 になると書かれていますか。

一般には,鉄は2価または3価で存在します。したがって,上記還元反応の結果として鉄は FeCl2, FeO(2価)または FeCl3, Fe2O3(3価)になりますが,通常はより酸化数の大きい3価になると思われます。

もし,お書きの文献が上記反応で鉄が四酸化三鉄(Fe3O4)になると書いてあれば,それは FeO と Fe2O3 の混合物を指していったのか,反応後出来た酸化鉄がさらに四酸化三鉄(Fe3O4)に変わる,との意味だと思います。

どちらにしても,上記反応で直接 Fe3O4 は出来ません。
    • good
    • 3

レポ-トでしょうか。

MiJun さんもご指摘の様に基本的な事はご自分で調べましょう。その上で,どこまで分かってどこから分からないかについて質問された方が適切な回答が得られますよ。


> また鉄はどのように作用しているのですか?(特に電子の動き)

 鉄は還元剤として作用しています。で,この反応の電子の動きは明確になっていないのではと思いますが。


> 鉄は文献から四酸化鉄になるとありますがどのようになるのですか?

 この反応後,鉄は3価になり,「四酸化鉄になる」とは思えないのですが(四酸化鉄であれば,鉄は8価?)。お書きの文献とは何でしょうか。補足下さい。


> 抽出ではトルエンをつかってアニリンを抽出したが分液漏斗で分離するときはトルエンはアニリン層にあるのですか、それとも水層にあるのですか。

 まづ,「トルエンはアニリン層に」は「アニリンはトルエン層に」の間違いですね。
 一般に極性の高い化合物は水層に,極性の低い化合物は有機層に溶けます。この場合,フリ-のアニリンは極性が低いですから有機層にあります。


> 還元後に水酸化ナトリウムをくわえるのはなぜですか。

 上記の様に,高極性の化合物は水層に溶けてトルエンでは抽出できません。還元反応は塩酸酸性で行なっていますので,そのままではアニリンが高極性のアニリン塩酸塩になっています。これをフリ-のアニリンに戻すのには,塩基性にする必要があります。


> またアニリンやニトロベンゼン、ベンゼン、アセトアニリドにかんすることなら何でも教えて下さい!

 これについては,MiJun さんご指摘の「化学便覧」・「化学大辞典」等を調べて下さい。

この回答への補足

四酸化鉄とは、Fe3O4ことです。

補足日時:2001/05/26 21:19
    • good
    • 0

 ニトロベンゼンに塩酸と鉄を加えると鉄が触媒になり、ニトロ基の酸素の部分が還元され、アニリンができます。

鉄以外にもスズなんかも利用します。スズの場合、塩酸の塩素と化合して塩化スズ(SnCl3)になり副産物として水が精製されます。トルエンは無極性分子なので極性のある水には溶けません。よって水層にあります。
 還元後、水酸化ナトリウムを入れるのは134殿のいうとおりです。アニリンは芳香族化合物で唯一塩基性(弱)を示し、さらし粉を入れると紫色になります。また、アニリンを二クロム酸カリウムで酸化するとアニリンブラックという染料が得られます。
 アニリンを無水酢酸でアセチル化をするとアセトアニリドができます。アセトアニリドは解熱剤(アンチフェブリン)として使われるようです。
 ニトロベンゼンはベンゼンを硫酸触媒下で硝酸を加えるとできる中性の物質。他にもベンゼンを濃硫酸に加えるとスルホン化してベンゼンスルホン酸になり、水酸化ナトリウムで中和後、固体の水酸化ナトリウムでアルカリ融解するとナトリウムフェノキシドができ、二酸化炭素を吹き込むとフェノールができる。ベンゼンスルホン酸は強酸、フェノールは弱酸でフェノールはニトロ化やハロゲン化することでピクリン酸や2,4,6-トリブロモフェノールになる。有機化合物は言い出すときりがないのでここらでおしまいにしておきます。高校の化学でかなり得意分野だったからあってると思います。
    • good
    • 0

反応機構については忘却の彼方…



反応は還元反応ですね。
アニリンは水には溶けません。
水酸化ナトリウムを加えるのは、過剰の塩酸を中和するためですね。

アニリン…特異臭のある無色透明の液体。融点-6℃、沸点184℃
ニトロベンゼン…有害な無色または黄色の液体。融点6℃、沸点210℃。
アセトアニリド…アニリンを塩化アセチルなどでアセチル化すると得られる。
     無色板状結晶。融点113℃
    • good
    • 0

まず、図書館で「化学便覧」・「化学大辞典」等を調べてから不明の点を質問されては如何でしょうか?


さらに有機化学の基礎の本等も見てください。

ご参考まで。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構につい

反応機構について質問させていただきます。図に示した2つの反応機構についてですが、

1)はまずmethylamine hydrochlorideが作用してエナミン構造をとりその後NaH(OAc)3により還元というながれでよろしいのでしょうか?またなぜここはNaH(OAc)3のような還元剤を使ってるのでしょうか?オレフィンがあるためそこを還元しないようこの還元剤を使ってるのでしょうか?

2)これはアミンの水素を引き抜いてアニオンにした後オレフィンに求核攻撃するのでしょうか?またはホルムアミドがなんらかの動きをして行くのでしょうか?

どちらかでもいいのでアドバイスなどよかったらお願いします。

Aベストアンサー

まず、MeNH3Clはメチルアミンの塩酸塩ですよね。塩酸塩になってにるのだから、MeNH3Clの窒素上には非共有電子対をもっていませんよね。だから、MeNH3Clには求核性を持ちません。MeNH3Clに求核性を持たせるために、トリエチルアミンを加えて、MeNH2にしています。メチルアミンにすれば、求核性をもちますので、基質であるカルボニル化合物と反応して、イミンを形成をします。イミンの形成反応は、可逆反応であり、イミン形成と同時に水を生じます。したがって、イミンの形成に少しでも平衡を傾けさせるために硫酸ナトリウムにより水を除去していると考えられます。
イミン形成後にイミンをNaBH(OAc)3よりアミンへと還元しています。NaBH(OAc)3という還元剤を用いるのは、反応性を低い還元剤をつかったほうが、副反応の恐れが少ないからでしょう。

 
下のほうはマンニッヒ反応のようなことが起こっているのではないかとおもいます。

Qo-ニトロアニリンとp-ニトロアニリン

薄層クロマトグラフィーで、o-ニトロアニリンとp-ニトロアニリンを分離すると、何故o-の方が長距離進むのでしょうか。

溶媒のジクロロメタンにはp-の方がよく溶けるようですし、極性もo-の方が高いのでは??
と、未熟な私には分かりません。どなたかお願いします

Aベストアンサー

o-ニトロアニリンの場合にはアミノ基の水素とニトロ基の酸素との間に分子内で水素結合ができます。
そのために、p-ニトロアニリンと比較して分子間の水素結合ができにくくなり分子間の引力が減少します。同様の理由で薄層クロマトの固定相(シリカゲル?)と引き合う力もo-ニトロアニリンの方が小さく、展開溶媒の移動にともなう移動距離が長く(Rf値が大きく)なるものと考えられます。

Q反応機構の中間体

反応機構を書くときの中間体の書き方で悩んでいます。

反応機構に出てくる中間体は〔 〕で囲まなければいけないのでしょうか?
〔 〕で囲まないと、反応機構は間違いになってしまうのでしょうか??

どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

習慣として[ ]で囲むことが多いように思いますが、囲まなければ間違いというほどではないと思います。たとえば、最近よく用いられているボルハルト・ショアーの教科書を見ても、常に[ ]で囲んであるわけではないようです。
ただ、No.1の回答にもありますように、[ ]を使うことによって、そのものを単離していない、あるいは単離できないというニュアンスを表すこともしばしばあります。
したがって、反応機構を表す際に、反応中間体や遷移状態は、[ ]内に入れた方が良いような気がします。

Qp-ニトロアニリン中のo-ニトロアニリンを同定したい

1、アセトアニリドをニトロ化することでp-ニトロアセトアニリドを生成する
2、加水分解でp-ニトロアセトアニリドからp-ニトロアニリンを生成する

という過程で粗製したp-ニトロアニリンにはo-ニトロアニリンが不純物として混じると思うのですが((-NHCOCH3)のオルトパラ配向性により)、その不純物が確かにo-ニトロアニリンであることを確認するにはどうすればいいでしょうか?
未熟につき、考えてもいい案が閃きません。どうかご教授ください

Aベストアンサー

こんにちは。
No.1さんが推薦してくださったMNRでは、機器がある研究室と無い研究室では差が出てしまいます。
そこで、どんな研究室でも出来る方法としては、薄層クロマトグラフィーによって確かめる方法があります。

薄膜クロマトグラフィーは、薄い膜状の試験紙の上にサンプルと試験溶媒の混合物を載せて、試験溶媒に溶け出す物質の差から分析を行う実験方法です。

詳しくは、http://mol.ch.wani.osaka-u.ac.jp/exp/organic/expB/aniline5.html
を参照してみてください。

Q化学反応機構に関する質問です

化学反応機構に関する質問です。
ある化学反応は推定した反応機構で実際に進むかどうかは、コンピュータシミュレーションを利用して、確認することができますか?

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

考えうるすべての反応経路の活性化エンタルピーから、どの経路を取りやすいか、またその経路が実験的に起こりえるかを推定することはできますが、必ずこうなるとは言い切れません。
何故ならば理論計算で算出した結果は、あくまでも世界のあらゆる影響のうち一部のみを考え、近似して求めたものであるからです。

Qアニリンからニトロベンゼン

ニトロベンゼンをスズと塩酸で還元してやるとアニリンが生成しますよね。逆にアニリンからニトロベンゼンを作る経路を考えています。というのも、アニリンからメタ配向性の一置換ベンゼンを作りたいからなんです。「マクマリー有機化学」で調べたところアニリンからニトロベンゼンの合成経路は載っていなかったのですが、可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

アニリンからニトロベンゼンは可能です。反応の一例が特許庁の電子図書館から見れます(下記URL:特許公開2003-261516)。
しかし教科書的な解答で言えばアニリンをニトロ化した後でアミノ基をジアゾニウム塩にした後還元して外してやるというのはどうでしょうか?アミノ基の反応はSandmeyer反応を調べると関連して載っていると思います。

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/homepg.ipdl

QNaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH

NaOH水溶液とCH3CH2CO2Hの反応機構とヘキサン中のCH3CH2Liとethyneの反応機構を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

単なる酸塩機反応でH+のやり取りですので、反応機構云々を議論するまでもないと思います。
前の回答はethyneとエチレンを勘違いしておられるようですが、ethyne(アセチレン)であれば、リチウムアセチリドができるのは当然のことです。もちろん、エチルリチウムとの当量関係も考慮すべきです。

Qトルエンとベンゼンのニトロ化傾向

トルエンとベンゼンではどちらがニトロ化されやすいのでしょうか?
その証拠と理由を教えてください。

Aベストアンサー

トルエンの方がニトロ化されやすいです。
ニトロ化は芳香族環への親
電子置換反応なので、ベンゼン環の電子雲濃度が高い方が反応しやすくなります。
ベンゼンに比べ、電子供与基であるメチル基をもつトルエンの方が、ベンゼン環の電子密度が高くなるからです。
ちなみに配向性と反応性は必ずしも一致しません。
たとえば、ハロゲンは、I効果では電子吸引性、M効果では電子供与性です。
ハロゲンがつくと、例えばクロロベンゼンではベンゼン環の電子密度は、ベンゼンよりも低下するので
反応性(反応速度)はベンゼンよりも遅くなりますが、反応途中のσ錯体の安定性からオルトーパラ配向になります。
アニリンなどは、ベンゼン環の電子密度も高まるので、ベンゼンに比べ反応速度も速く、配向性もオルトーパラ配向になります。
ニトロ基はI効果、M効果とも電子吸引性なので、反応速度は低下し、メタ配向になります。

Qベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!

ベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!
ベンズアルデヒドを酸素で酸化して、安息香酸ができる反応の反応機構を教えてください。または、反応機構が載っているサイトを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1です。体力を取り戻したので、(笑) 少し詳しく書きます
酸素による「自動酸化」は連鎖反応で、最初に開始剤(不特定のラジカル、もしくはラジカル発生試剤)を要します。
「自動酸化」
Ph-CHO + R・ → Ph-C(=O)・ + RH
Ph-C(=O)・ + O2 → Ph-C(=O)-O-O・
Ph-C(=O)-O-O・ + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-H +Ph-C(=O)・
過安息香酸ができるとともにベンズアルデヒドラジカルができ、二番目と三番目の反応が交互に起きて過安息香酸がたまります。
過安息香酸ができてしまうのでは困るので、(笑)ベンズアルデヒドと過安息香酸が反応し付加物ができた後これが二分子の安息香酸に分かれます。この転位反応が結構遅いのでメンドイです。
Ph-CO-O-O-H + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-CH(OH)-Ph →転位→ 2Ph-CO-O-H
になります。
触媒など色々必要なのですが、混乱するだけなので省きます。

Qニトロベンゼンとアニリンの合成

ベンゼンと濃硝酸・濃硫酸を用いて試験管でニトロベンゼンを合成するときに、温めた後試験管の内容物を水にあける時に未反応のベンゼンが残っているとどうなりますか??

それから、アニリンの合成で合成したアニリンを取り出すのに操作(以下の(1)~(3))に工夫があるらしいのですが、これはアニリンのどのような性質に基づくものなのでしょう??

(1)ニトロベンゼンをスポイトで約1ml取って試験管に入れ、スズ2g、濃硝酸4~5mlを加えてよく振りながら約70℃に温める。
(2)試験管中にニトロベンゼンの油滴がなくなったら、液体だけをビーカーにあけ、6mol/lの水酸化ナトリウム水溶液を加えてよくかき混ぜる。1度白い沈殿ができるが、さらに水酸化ナトリウム水溶液を加えて白い沈殿を溶かす。
(3)分液ろうとに溶液を移し、更にジエチルエーテル5mlを加え、よく振り混ぜる。下層部を捨て、上層部だけを蒸発皿に入れてジエチルエーテルを蒸発させる。

Aベストアンサー

ベンゼンはニトロベンゼンと一緒に油層に入ると思います.
それから,(1)ですけど,「濃硝酸」じゃなくて,「濃塩酸」では
ないでしょうか.以下,濃塩酸の場合ですが,(1)で生成するのは
水溶性のアニリン塩酸塩です.
(2)で沈殿するのは水酸化スズだと思います.参考URLをご覧下さい.
アニリンは水にわずかに溶けますが,(3)の操作により
かなりの割合でエーテル層に移動します.
性質としては,
○ニトロベンゼンを還元して得られるのがアニリン.
○アニリンの塩酸塩は水に良く溶ける.
○アニリンは水に溶けにくく,油に溶けやすい.
○アニリンの沸点はジエチルエーテルよりも高い.
などを利用した操作になりますね.

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=400332


人気Q&Aランキング

おすすめ情報