体の全体(特に関節に)白いカサブタのようなものが出来る難病の鮫膚なんとかという病気に関して教えて頂きたいです。実際なって、現在は直ったと言う方いらしたら是非教えて頂きたい!知り合いがこの病気の為にとても辛い思いをしています。医者には通っていますが難病の為今現在は良い薬は無いと言われ色々な薬を試されていて凄く可哀想です。なんでも良いので御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も鮫膚は存じませんが、乾癬でしたら知り合いに


治療できるお医者さんがいますよ。
といっても、直接の知り合いではありませんが、
私の友人がアトピーを治してもらった人です。

お知り合いの方の状況が同じようでしたら、
治せるのかもしれませんよ。

参考になるかどうかわかりませんが、
他の方の補足までに回答させていただきました^^
    • good
    • 0

ちょっと「鮫膚」ではHitしませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「乾癬」
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(乾癬性関節炎)
これらのページで特に「症状」と関連リンク先を参照してください。

補足お願いします。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0

MSM(有機サルファ)で改善しますが、全治することはないそうです。

放っておくと、体の外の皮膚ばかりでなく内臓や血管にも広がる病気だとも聞いています。
MSMはローションに混ぜて肌に塗り、さらに内服もします。効果が現れるまでには2ヶ月ほど掛かるのが普通ということです。

有機サルファばかりでなく、そのほかの栄養全体とホルモンのバランスも配慮すると良いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q下痢が続く、薬も効かない…これって何の病気?

20代女性です。
※汚い話で申し訳ありません。

7年前から下痢がひどくなり、便の検査をしたら特に以上はないとのことで、その頃はものすごくストレスもたまっていたので『過敏性腸症候群』と思い込んでいたのですが、
それから今まで、悪くなったり良くなったり(良い時は1年に1度も下痢しなかったこともあります)を繰り返していました。

下痢がひどい時はロペミンという強力下痢止めを飲んでいて実際よく効いていました。

けれどここ数ヶ月、ロペミンが効かない時がたまにあり、
今ではほぼ全く効かず、
チアトン、ポリフル、ラックビーも効きません。
これ以上下痢に効く薬はないと言われました。

昔は緊張する場面やストレスがたまった時だけ下痢になっていましたが、
今は冷たい飲み物を飲んだ時や(こういう症状なので普段は常温か温めてのんでいますが)、
寒い時でも下痢になります。

昔の症状は過敏性腸症候群だったと思いますが、
薬が効かない、冷たい物を飲んだ時や寒い時でも症状が出るということは
別の病気ではないかと思ってきました。

(1)薬が効かない、冷たい物を飲んだ時や寒い時に症状が出るというのは過敏性腸症候群とは違いますか?

(2)潰瘍性大腸炎やクローン病等、他の病気でしょうか?
 症状としては、
 下痢の時は1日数回ですが毎日ではなく、軟便の時もあったりしますが(とはいえ生活や仕事に支障が出始めているようなレベルです)、冷たい物を飲んだ時や寒い時、緊張やストレスが多い時に症状が出ることが多いです。
 食事をするごとに症状が出る時もたまにありますが、食事の量は少ないです。身長は160cm、体重は41kgで最近3kgくらい痩せました。
 血便はありません。
 痔ではありません。

※お医者さんは上記の薬が効かなかったらまた来て下さいとのこと。
 お医者さんも薬剤師さんもさじをなげたような感じで薬が効かず症状も改善されないので、
 もしかしたら精密検査を…と言われるかもしれません。

体験談でも何でも結構ですので、教えて下さい。

20代女性です。
※汚い話で申し訳ありません。

7年前から下痢がひどくなり、便の検査をしたら特に以上はないとのことで、その頃はものすごくストレスもたまっていたので『過敏性腸症候群』と思い込んでいたのですが、
それから今まで、悪くなったり良くなったり(良い時は1年に1度も下痢しなかったこともあります)を繰り返していました。

下痢がひどい時はロペミンという強力下痢止めを飲んでいて実際よく効いていました。

けれどここ数ヶ月、ロペミンが効かない時がたまにあり、
今ではほぼ全く効かず、
...続きを読む

Aベストアンサー

筋肉が少なくて
細くて冷え性なら私も一緒なので。。参考までに

病名はたぶんつかないんじゃないですかねー
血便でてないようですし。

私は薬も飲めないからだなので
下痢とめのんでも吐くか下痢になるんですよ。。だから 
くすりを思い切ってやめてみるのもいいかもしれないとおもいました。

2週間飲んで効かないのは 合ってないってことです。

あとは
あったかいものしか食べない 飲まない。
よくかむ
ストレスをためない。
などをまもります。

下痢すると体力がなくなって余計悪循環にはいるからです。

内臓も下垂してる場合が多いので
(筋力も膜も力なく 内臓を支えられない)
とりあえず教わったのは
「腰の下から5番目くらいの背骨の両脇あたりぐりぐりしてみる」です。
胃が持ち上がってきます。
その辺にホッカイロをはりひやさないようにします。

夏ははれないけど 汗で冷えるのでハンカチをパンツに挟みます(前後 笑)
秋と春は特に季節の変化に耐えられないので
温めます。
なお 葛根湯とかはこのタイプの人は下痢しまくりになりますので
体を温めるけど 注意です

体重41だと生理とまりませんか?
まずは温めて下痢とめましょうね

漢方も結構ききますよ。

(私はちなみにカイロプラクティック(とてもちゃんとしたアメリカの資格をもつドクターのとこ)で
「下痢をとめてから治療しようね」といってくださって それから体力も回復しました。)


とりあえず調べてみて
なにもないと言われたら
まず漢方。でカイロですかね。

お大事に。。。

筋肉が少なくて
細くて冷え性なら私も一緒なので。。参考までに

病名はたぶんつかないんじゃないですかねー
血便でてないようですし。

私は薬も飲めないからだなので
下痢とめのんでも吐くか下痢になるんですよ。。だから 
くすりを思い切ってやめてみるのもいいかもしれないとおもいました。

2週間飲んで効かないのは 合ってないってことです。

あとは
あったかいものしか食べない 飲まない。
よくかむ
ストレスをためない。
などをまもります。

下痢すると体力がなくなって余計悪循環にはいるからです...続きを読む

Q病気の見通しと薬の効くしくみについて教えてください

息子は3年前に一度気を失い、今回また気を失いました。
3年前検査した時は、異常がみつかりませんでした。
心臓の検査では、脈が少ないくらいで異常はみつかりませんでした。
脳の検査はこれからしますが、たぶんてんかんを発病したのだろうと言われ、デグレトール錠200mgを朝食夕食後飲むようにいわれました。
毎日とても眠たいようです。
今後の病気の見通しと、デグレトール錠がてんかんの発作に効くしくみを教えてほしいです。

Aベストアンサー

失神発作は一般的に、貧血や低血圧等による脳血流の低下、心臓の不整脈によるもの、そしててんかんがあります。

てんかんは睡眠脳波によって判ります。
今回てんかんを疑ってテグレトールを処方されたようですが、テグレトールの作用・副作用はそれを検索された方がより詳しく載っていると思います。
眠気は多分その副作用によるものだと思われます。

てんかんと診断されれば、多分ずっと内服でのコントロールが必要になってくると思います。
コントロールが出来ていれば、日常生活には支障はありません。
かなり昔は差別的な扱いをされてたのですが、今ではそれは無くなっていると思いますが、詳しい事は分かりません。

ただ問題になるのは、そのてんかんをマイナスの因子と捉え、就職その他で申告しないで、またしかも内服せずに発作を起こして大事故になった、と言うケースが度々ニュースになったりします。
やっとてんかん患者に対しての偏見が無くなりかけてたのに、またそこで批判される、と言うのは辛いです。

私の身内にもいるのですが、以前は遺伝するとか言われていて、いつ自分にもその発作が起こるのか・・・と怯えながら過ごす従妹もいます。
今では発作は起こした事は無く、子どももいますが・・・

以前、若い男性のスタッフで、薬を飲み忘れていた事で発作を起こしてしまった人もいましたが、普通に結婚もしました。

まだ確定診断はされていないようですが、可能性は否定出来ないと思います。
でもたとえそうであっても、その病気はきちんとコントロール出来れば決して怖い病気では無い、と思って、これからも頑張って欲しいと思います。

うちの下の娘もてんかんではまだ無いんですが、熱性痙攣の重積発作を起こして救急搬送した事もあって、てんかん気質かも・・・・と思ってます。
これから発作も起こりうるかも知れません。
女の子なだけに、もしもの場合は妊娠とかで子どもに影響は・・・?とか先の想像までしてしまったりするんですけどね。

実際てんかんの方からのご意見があるといいですね。
多分、そちらの方がより詳しいかと思いますが、一応参考までと思って投稿しました。

失神発作は一般的に、貧血や低血圧等による脳血流の低下、心臓の不整脈によるもの、そしててんかんがあります。

てんかんは睡眠脳波によって判ります。
今回てんかんを疑ってテグレトールを処方されたようですが、テグレトールの作用・副作用はそれを検索された方がより詳しく載っていると思います。
眠気は多分その副作用によるものだと思われます。

てんかんと診断されれば、多分ずっと内服でのコントロールが必要になってくると思います。
コントロールが出来ていれば、日常生活には支障はありません。
かな...続きを読む

Q薬は処方されたらすべて飲むべきですか⁇ 1歳の娘が鼻水と咳でお薬をもらいました。 前回薬をもらった時

薬は処方されたらすべて飲むべきですか⁇

1歳の娘が鼻水と咳でお薬をもらいました。

前回薬をもらった時、症状が良くなったらやめても大丈夫ですか⁇と聞いたら、良くなってもぶり返すことがあるのですべて飲んでくださいと言われました。

今回は少し多めで1日3回7日分処方されましたが、前回の様に質問せず7日間飲ませるつもりで帰ってきましたが、いざ飲むと、すぐに鼻水も咳も泊まりました。そして副作用なのか、いつもの倍くらいの時間お昼寝をしています。

処方された薬は

●アスベリンドライシロップ2%

●プルスマリンAドライシロップ小児用1.5%

●ペリアクリン散1%
です。

病院に聞けば良い話なのですが、長期の休みに入ってしまいました。

やはり処方された薬は無くなるまで飲むべきなのでしょうか⁇

Aベストアンサー

医療的なアドバイスは診察をした医者しか行えないことになっていますので、責任はとれませんし、あいまいな言い方になりますが、、、

これらの薬は症状を抑える薬です。 症状がないのに飲ませる意味はないと思いますので、私だったら自分の子供には飲ませません。

Q難病の母にしてあげられること

カテゴリに悩んだのですが、病気のことなのでこちらでお願い致します。
母が小脳脊髄変性症と診断されて5年ほど経ちます。
進行が早く、今現在は家の中で捕まっていないと一人では歩けません。
外出は必ず父と一緒に行きますが、最近は父に捕まっていても歩くのがやっとな状態です。
人に何かをしてあげることが大好きだった母が、誰かの助けを得ないと何もできなくなっている今はとても辛いようです。
こんな折に、母が家で以前からやっていた仕事(技術のいる内職のようなものだと思ってください)も、仕事自体が少なくなってしまったようでほとんど回ってこなくなってしまいました。
取引先も、母の病気のことを知っていて優先的に仕事をまわしてくれていたようですが、受注の無いものは発注できないようです。

日がな一日TVを見るかPCでゲーム(ソリティアとかです)をするかしかない母を見ると、とても可哀想です。
本を読むのも好きだったので色々勧めていたのですが、最近は眩暈のために読むのも大変だそうです。

こんな母に、何か気晴らしのために勧められるようなことはありませんでしょうか?

自分で考えたのは、手先が器用でセンスも良い母だったので本屋で見かけた「大人の塗り絵」とも思ったのですが、最近は箸を持つのもやっとなようなので難しいかなと思っております。
母に聞くのが一番なのですが、聞いても私のことを気遣って「何もしなくて良いよ」といわれてしまうので。。。
同じ病気でなくとも、運動や手先の動きが不自由になってもこんなことができるよ、というのがあったら教えてほしいです。

カテゴリに悩んだのですが、病気のことなのでこちらでお願い致します。
母が小脳脊髄変性症と診断されて5年ほど経ちます。
進行が早く、今現在は家の中で捕まっていないと一人では歩けません。
外出は必ず父と一緒に行きますが、最近は父に捕まっていても歩くのがやっとな状態です。
人に何かをしてあげることが大好きだった母が、誰かの助けを得ないと何もできなくなっている今はとても辛いようです。
こんな折に、母が家で以前からやっていた仕事(技術のいる内職のようなものだと思ってください)も、仕...続きを読む

Aベストアンサー

義母が筋ジストロフィーで手足が不自由になった時に区役所から支給(?)されたPCを首で操って、みんなに手紙を書いてました。
お料理のレシピなども書いておりました。
私がお会いした時には既にお話が出来る状態ではなかったので、そこに至るまでの義母の姿は知らない為、大した回答もできずに申し訳ありません・・・。

個人的に思いついたのは指編み。塗り絵じゃなくて絵を描く(大人の塗り絵は細かいので自分でのびのび描いた方が良いかなぁと)。和紙のちぎり絵なら大胆な構図も味わい深いかも?新聞や雑誌への投稿(日常の小さな事からTVで感じたこととか図書券などもらえますし、掲載されると嬉しいです)。

病気自体による症状の他に身体を動かさないために生じている症状(廃用性の機能低下)は機能訓練によって良くすることが可能です。と書いてあるHPもあったのですが、お母様もそうであるなら、ゆっくりと休み休みリハビリをされるのはどうでしょうか?

健康な人間でも使わないと筋肉はどんどん衰えて固くなってしまいますので。

あーー。でも、私このお病気のこときちんと理解してないので、全くの見当違いでしたら、申し訳ありません。。。

何かちょっぴりでも参考にして頂けるような回答になっていれば幸いなのですが・・・。

真面目な方ほど無理を隠して頑張ってしまいますので、疲れたら休み休みゆっくりゆっくりするよう見守ってあげてください。

義母が筋ジストロフィーで手足が不自由になった時に区役所から支給(?)されたPCを首で操って、みんなに手紙を書いてました。
お料理のレシピなども書いておりました。
私がお会いした時には既にお話が出来る状態ではなかったので、そこに至るまでの義母の姿は知らない為、大した回答もできずに申し訳ありません・・・。

個人的に思いついたのは指編み。塗り絵じゃなくて絵を描く(大人の塗り絵は細かいので自分でのびのび描いた方が良いかなぁと)。和紙のちぎり絵なら大胆な構図も味わい深いかも?新聞や...続きを読む

Q大きな病気/小さな病気

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言えそうですが、軽い鬱としか診断されない鬱病の場合は大きな病気には入らないんじゃないかと思います。ちなみにこれは具体例であり、私に鬱病歴があるわけではありません。動けないくらいひどい風邪をひいたことならありますが。
でも入院歴や手術歴だけが大きな病気の基準か? と言われると「うーん…」とうなってしまいます。
「大きな病気」と言うだけじゃえらいアバウトだな…と思うことがありますので、皆さんの問診の「大きな病気」の基準を教えて下さい。または私はこのような病気にかかって「大きな病気にかかったことがありますか?」と聞かれてそのように答えたことがあるというものでも構いません。

よく病院の問診などで「過去に大きな病気したことありますか?」と聞かれますよね? 単に「大きな病気」だとその程度がかなりアバウトで、どれだけ大きい病気だと大きな病気と判断していいものなのかと気になったことがあります。感覚には個人差もあるだろうし。
自信満々ではありませんが、例えば何らかの病気で入院や手術したことがある場合、これは多分大きな病気の部類に入るんじゃないか…と思います。
つまり本当に動けないくらいひどい鬱病で入院したことがある場合は多分…というかほぼ確実に大きな病気と言...続きを読む

Aベストアンサー

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだということはご理解下さい。しかし「大きな病気」で一まとめに言ってしまうと確かに何を答えて良いのか分からなくなりますよね。特に患者さんが答えに窮している場合などはもっと質問の内容を明確にしていく必要があると思います。
#1の方が回答されている、通院程度の胃潰瘍であっても、例えば吐血などして病院に担ぎ込まれた場合、その既往を申告して頂くことは診断する上でたいへん重要な情報になります。
同様に「ご家族で誰か病気をお持ちの方はおられますか?」という質問もされた経験があるかと思いますが、これだって癌家系かどうかを知りたいのか、血縁に肝炎ウイルス保有者があるか否かを知りたいのか、はたまた糖尿病の素因があるかどうかを知りたいのか、質問者の意図は様々です。これを「家族の誰かに何かの病気」で片付けては、勿論答えるほうも困るだろうし、質問した側も期待した回答が得られない可能性が高くなります。
少し余談になりますが、Minako-chanさんの質問にある「軽い鬱病」などは、最悪の場合、下手にこの既往を申告してしまうことで、病気を過小評価されてしまう可能性だってあります。本当はその症状を生じる器質的異常があるのにも拘らず、精神的なものとして片付けられてしまうなどのように。本当はあってはならないことですが、こうした先入観が診断を誤った方向に導くことは、「可能性としてあり得る」のだということを、医療者も患者も共に肝に銘じておく必要があると思います。
明確な質問、的確な回答、これは患者と医療者の良好な関係を築き、治療を成功に導くための重要な鍵の一つであると思います。
とりわけ医療者は専門家として、先入観にとらわれず正確な診断を下すにはどのような情報を得る必要があるのか、現在自分にとって必要な質問は何なのか、よく考えて質問を行うべきですね。
だからMinako-chanさんが「何て答えたらいいのかな?」と悩む必要はないと思いますよ。自己判断で適当に答えるよりは、迷ったら「例えばどういった類の病気について答えれば良いですか?」とか「風邪をこじらせてひどい目にあったことがあるのですがこんなのも関係ありますか?」等と遠慮なく質問されると良いと思います。それが逆に医療者を助けることに繋がるかも知れません。

内科の医師です。
仰る通りです。アバウトで分からないですよね。反省させられます。
Minako-chanさんへの回答を一概に言うことはできません。なぜならその状況その状況で「大きい病気」が差す内容が異なるからです。
質問の目的は、これからしようとしている検査や治療に対して、関連した有用な情報を得たいというところにあります。
一般に回答の幅が狭い質問はあまり良しとはされていません(最たるものはyes/noで答えられる質問)。だからなるべく多くの回答を得るため、最初はアバウトな質問から始めるのだ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報