乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

我が家のエアコンはダイキンのマルチタイプで室内機3台につき室外機1台です。12年前に新築時に隠蔽配管にて取付ました。
先日エアコンが冷えなくなったため、ダイキンの修理の方に見てもらったところ、エアコンの寿命も過ぎているので、この機会にセパレートタイプのエアコンに買い替えを勧められました。
そこで、大手量販店にてセパレートタイプを購入し、取付工事に来てもらったところ、我が家の配線ではマルチタイプしか取付られないと言われ、セパレートを返品し新たにマルチタイプを注文し直すことになりました。その際、業者から工事施工明細書をいただいたのですが、隠蔽配管はやめて新たに壁に穴あけをし屋外配管でお願いしたのに、明細書には配管洗浄(窒素ブロー)代1台15750円、隠蔽配管作業代1台6300円が含まれていました。エアコンは2台購入したので2台分の料金になります。隠蔽配管をやめたのに配管洗浄は必要なのでしょうか?
その他配管カバー代などあわせて工事費合計80850円かかると言われました。
エアコン購入時に標準取付工事費15750円支払っています。その他に材料費など実費がかかるのはわかっていましたが、8万円もかかるなんて思ってもいなかったので、この工事費が妥当なのかとても不安です。
工事は明後日です。一刻も早く蒸し風呂状態の我が家から解放されたいので必死です。
エアコン配管洗浄がどのような時に必要なのか、我が家の今回の工事に必要なのか、わかる方いらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>隠蔽配管はやめて新たに壁に穴あけをし屋外配管でお願いした


洗浄は不要です以前の配管は使わず、新品の配管になる訳ですから取り付け加工と、屋外のカバー位な筈ですが、それとも以前の配管を使おうと言うのでしょうか、銅管の硬化によるガス漏れが気になりますが。
それに電気工事でセパレートに出来ますよ。配電盤からコンセントまでの配線工事が出来ない、電気工事士の資格者がいないのでしょう、ただそれだけです。
うちは隠蔽配管でセパレート4台です、故障した時の事を考えると1部屋だけですし、壊れた物から交換すれば良いだけですから、隠蔽配管は全部自分でしました、まあ壊れたら、壁に穴開けて配管を変えますが。
    • good
    • 1

>>エアコン配管洗浄がどのような時に必要なのか、我が家の今回の工事に必要なのか、わかる方いらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願いします。

状況としては、その洗浄や隠匿配管代って不要に思えますが、ここで聞くよりも大手量販店に確認したほうが早くて確実なのではないですか?
実際の工事は、その量販店の下請け電気屋さんが行うのでしょうけど、エアコン工事がたてこんでいて、連絡ミスなどあったのではないかと思いますね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
やはり量販店に確認した方がいいですかね。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2013/08/10 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QR22からR410機種へ交換、配管洗浄について

旧機種が完全に故障している場合、配管洗浄の必要がありますが、
一般的に配管洗浄の金額とは、冷媒回収+配管洗浄の費用のことを指すのでしょうか?

2分4分、10mぐらいの配管ですが、
R410が使える状態にするまでの相場はどれくらいでしょうか?

Aベストアンサー

配管洗浄と冷媒回収は別物と考えるのが良いかと、


相場というほど 一般的ではないので あくまでも目安程度ですが

ルームエアコンなら冷媒回収費用で1万円~1万5千円前後

配管洗浄費用で2万5千円~3万円前後ではないでしょうか、

フロン22は配管洗浄用にも使用できるほか メンテナンス用にも簡易蒸留再生するなどの
方法で再利用も可能なので 一概に料金は判断できませんが概ね 上記程度の
費用が発生するでしょう、

なので 配管を新規に引き換える事は不可のですか?

また故障の程度によってはメーカーごとに対応が違う場合もありますし

また コンプレッサーの焼損などの故障ではなければ配管洗浄の必要はありません。

とりあえず参考まで。

Q隠蔽配管で取付てあるエアコンを買い替えますが・・・

17年前の新築時に隠蔽配管で取り付けたエアコンを買い替えます。
(壊れて動かないわけではなく普通に動きます)

で・・新しいエアコンの取り付け工事について、
再度配管を利用して隠蔽配管で行うべきか、
それとも昔の配管は使わずに、新規穴あけ露出で普通に工事を頼むほうが賢明か、悩んでいます。

配管の厚みは0.8mm以上あるので、隠蔽配管再利用でも(ガスの種類が違っても)可能だと
業者からは言われました。 そのほうが無駄がない気もしますが、かえって手間と費用がかさむのではないか、
結局古い配管の劣化等で先々トラブルが起きるのではないかと心配もあります。

何に注意して工事方法を決め、工事がきちんとされるかどうチェックしたらいいのでしょうか?

詳しい方、アドバイスをどうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

17年前との事ですので 間違いなくR22のエアコンなので 

現在の冷媒R410Aとは 冷凍機油(潤滑油)の種類が異なり、

基本的には配管洗浄等の手段が必要なのですが  最近はコンプレッサーの

焼損履歴が無く 現在エアコンが冷房運転可能なら 洗浄無しで隠ぺい配管等の

古い配管が使用可能な場合が有ります。

しかし これらはあくまでも新規に配管の敷設が困難な場合に選ぶ選択肢であり

出来る事なら 新規に穴を空け 配管をされる方法を推奨します、


取りあえず参考まで。

Qエアコン配管の再利用は大丈夫?

先日20年使用のエアコンが壊れてしまい買い換え、
工事の方が下見にきて家人が対応しました。
というのは現在の配管が、サンルームの床下を通っており
工事がややこしいようだったので。

工事の方の話では配管の交換が出来ないので、
現在の配管を再利用するという話なのですが
20年前の配管に経年劣化等の不安はないのでしょうか?

家人がその点について聞いたところ
■床下を通ってるので程度は良い
■冷媒を入れ直す
という話だったらしいのですが、単に工事が面倒臭いだけなような気もします。
あと密閉性・冷媒漏れ等々大丈夫なものなのか……

エアコン工事に詳しい方がおられましたら
ご意見お聞かせください。
なお新しいエアコンはダイキンのEシリーズです。

Aベストアンサー

当たり前の事は…

・配管に漏れが無い事
・コンプレッサオイルが異なるので可能であれば配管内に残存しているオイルを除去する(鉱油→合成油と変更されています、しかし混じると完全にアウトというレベルではない)

当方が予想する問題点は…

>現在の配管が、サンルームの床下を通っており

室外器より配管の最下部が低いと(落差大)当然コンプレッサオイルの戻りが悪くなります。旧冷媒の場合は塩素が含まれておりプロがいう「オイルが溶け込んだ状態」でサイクル内を循環しますので旧機種の場合20年もったのですから無問題だったのだと思われます。
鉱油→合成油と簡単に説明すると粘度の軟い油に変更されて循環しやすいよう考慮されています。

R32というダイキンが使う冷媒の詳細は存じませんが(当方も現場を離れてしばらく経つものですから)HFCですから他社冷媒とそれほど変わりないと思います。

ダイキンの取付指示書にこの点は記載されているハズなので取付業者に確認してみて下さい。
取付業者も珠玉混合なので上記の点を理解していて明快な説明ができないようでしたら配管の再利用OKという判断さえも心配になってしまいますしね。

当たり前の事は…

・配管に漏れが無い事
・コンプレッサオイルが異なるので可能であれば配管内に残存しているオイルを除去する(鉱油→合成油と変更されています、しかし混じると完全にアウトというレベルではない)

当方が予想する問題点は…

>現在の配管が、サンルームの床下を通っており

室外器より配管の最下部が低いと(落差大)当然コンプレッサオイルの戻りが悪くなります。旧冷媒の場合は塩素が含まれておりプロがいう「オイルが溶け込んだ状態」でサイクル内を循環しますので旧機種の場合20年もった...続きを読む

Q窒素ガスの入手方法

こんばんは
カテが分からなくてこちらに投稿します

窒素ガスが欲しくて探しています
何となく、ガス屋さんに行けば手に入るのかな?とは思ってるのですが…

気になる事は
1、使用する量が少ないので大量には要らないから小さなボンベがあるかどうか
2、それでも長期になるのでボンベがレンタルであればどうなるのか
3、上と合わせて、ボンベを買い取りなんてできるのか、もし買取だといくらくらいするのか
4、ガス自体はいくらくらいの値段なのか
5、レギュレターは酸素用が使えるのか、口に種類はあるのかどうか

等です
ご存知の方教えて下さい

Aベストアンサー

#2のTEOSです。
お節介 ついでに また書きますね。
ガス置換包装で窒素ボンベを使うようですが、機械を買ったときに
ガスホースラインも同時に買わなかったのですね。
接続金具も買っておかないとね。
ガス置換の割合が90%以上くらいで、残存酸素で食品の劣化を
完全には防げないと思います。(特に油脂の酸化)
一番完璧な方法は、ガス置換+小さいサイズの脱酸素剤の封入。
私は食品メーカーでは無いけど、食品保存の研究を以前に長期間
してました。 製造後6ヶ月以上経過したドックフードやジャーキーも
食べて官能テストした事も有りますよ。

会社で窒素ボンベ使うのなら、ガス置換包装の機械を買った会社で
紹介受ければ ボンベは容易に手に入ります。

酸素用のレギュレーターは、外が蝶ネジ型で変わっているので
窒素ボンベには、はまらないと思います。(覚えが曖昧)
窒素ボンベ買ったら試してみれば??
また何か有れば どうぞ!

Q新冷媒ガスR32のエアコンはガス規定量は厳格なの?

新冷媒R32は、単一冷媒なので追加補充出来るらしいのですが、

R410Aのエアコンはガスの規定量より多くても、少なくてもダメらしいですが、

R32のエアコンも同じように規定量より多くても少なくてもダメなのですか?

それならば、追加補充可能でも、室外機にどれくらいの量が入っているか判らないので

意味が無いと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

>でも、R22時代のように適当に補充は駄目で、

いやいや R22も適当ってわけじゃ無いよ

入れすぎはやはり 液圧縮の原因になりかねないからね

ただ R410Aから べらぼうに運転圧力も上がり 取扱の危険度が

上がったのは間違いない しかも冷媒の絶対量が少ない量で運転する傾向にあるので

そう言った意味では 少しの量の増減でも 影響がでる可能性はあるよね、

あと R32単一では微燃性があり 取扱いには注意が必要、

近くに点火源があるのは まずい。

Qエアコンのガス

最近、R32という冷媒が出てきていますが今までのR410のマニホールドと真空ポンプを使用していいのでしょうか?埋設で既設のエアコンのガスがR410の場合、配管洗浄は必要ですか?
後、いい面と悪い面を教えてください。m(_ _)m

Aベストアンサー

R410A
R410Aは沸点の比較的近い2種類の冷媒を混合した疑似共沸混合冷媒です、
  R32/R125(50/50)擬似共沸混合冷媒
ですので R410AからR32への更新では コンプレッサに焼損等の
トラブルが無ければそのまま更新可能です。

ほとんどの工具はそのままご使用できます。 
配管や継手もR410A対応のものは、
そのままご使用できます。

R32は、安全に使用ができる冷媒ですが、極わずか燃性があるため、万が一の場合に
備えて着火源となりうる機器類の使用を避けることをお勧めいたします。

R32は地球温暖化係数がR410Aの1/3以下です。
●R410Aは係数が「2090」なのに対して、R32は「675」です。
HFC-32が環境にやさしいと言われる所以がここにあります。

R32はR410Aと圧力域が同じです。
●使用される銅管や継手類は、R410A(第2種)がそのまま使用可能です。
●R410A用の各種サービスツールがそのまま使用可能です。

R32は単一冷媒です。(つまり、再充填が楽になりました)
●単一冷媒であるため、気相充填が可能になり、取扱いが容易です。
●再生作業を行っても、組織変化することがありません。

●種別 :単一冷媒。HFC(ハイドロフルオロカーボン)です。

●冷凍油 :合成油(エーテル、エステルなど)他のHFC冷媒と同じです。

●圧力 :高め。HFC冷媒の中で、R410Aと同等の圧力です。他のHFC冷媒と比べて、約1.5倍程度高くなります。

●サービスポート :5/16フレアを使用します。これは、R410Aと同じです。

●ゲージ :R32用の冷媒飽和圧力温度目盛のついたゲージが必要です。 (高圧側:-0.1から5.3Mpa 低圧側:-0.1から3.8Mpa)

●その他の機器:R410Aと共用ができます。ただし、リークテスタについては、R32冷媒について検証、校正済みのものを使用してください。


 

R410A
R410Aは沸点の比較的近い2種類の冷媒を混合した疑似共沸混合冷媒です、
  R32/R125(50/50)擬似共沸混合冷媒
ですので R410AからR32への更新では コンプレッサに焼損等の
トラブルが無ければそのまま更新可能です。

ほとんどの工具はそのままご使用できます。 
配管や継手もR410A対応のものは、
そのままご使用できます。

R32は、安全に使用ができる冷媒ですが、極わずか燃性があるため、万が一の場合に
備えて着火源となりうる機器類の使用を避けることをお勧めいたします。

R32は地球...続きを読む

Q隠蔽された配管のエアコン取り付け工事の料金について

教えてください。
本日、新品で購入したエアコンの取付工事をしました。(エアコン取付工事専門会社へ委託)
その会社の料金設定は、
基本料金 6,000円
配管 7,000円
真空引き 1,000円
合計 14,000円

私のマンションは配管が壁に隠蔽されており、配管7,000円は必要ないと思い、基本料金と真空引きの合計7,000円で済むのかなぁ、と思っていたのですが、請求された料金は、
基本料金 6,000円
配管調整 10,000円
真空引き 1,000円
合計 17,000 でした。
確かに、隠蔽配管の場合、冷媒管のフレア加工などが必要とマンションの説明書には書かれているので面倒そうな印象はあるのですが、請求書の内容も不明瞭で、なんだか釈然としません。
通常は、このくらいの費用がかかるのでしょうか?
しかも取り付けに5時間かかり、今日は予定外にどこにも出かけられず、かなりゲンナリした1日でした。

Aベストアンサー

おはようございます
配管が既に有るとの事ですが,標準が4mなので4mを越えている分に関しては他の方の説明にもあるように,銅管の「ロウ付け」と言う溶接作業になりますね。
4m未満であれば,フレア加工と言う簡単な作業なので10000円と言うのはどうかな・・・・とは思いますね。
真空引き1000円は安いとは思うけれど,では明確に「いくらが普通なの?」と聞かれると,業者により様々だと思います。
真空引きをすると,時間はかかります
配管の中の空気を全て抜くからです,そして真空になった配管の中に冷媒(ガス)を入れるからです。
と ここまで書いて気が付いたけれど,配管調整料ってガスを入れた手間賃?かなと思うのですが・・・・・
真空引き及びエアーパージ代と書けば問題が無かったように思うのだが,一度 配管調整料って何ですか?と工事に来た業者さんに聞いてみるのが良いかもしれませんね。

経験からいくと,エアコンの電源が有り,貫通穴が有れば40分で工事は終わりますよ。

QR410A 運転圧力はどのくらいですか?

先日、膨張弁の不具合とわからずに、霜つきだったので冷媒をチャージしました。

その後、膨張弁の動作不良が判明し、修繕し動くようになりました。

この時期の運転圧力を教えていただけませんか?

気温10℃で、暖房時3.5Mpaなら許容範囲でしょうか?

Aベストアンサー

こちらの特性表が参考になると思います。
http://www.daikin.co.jp/chm/products/fluorocarbon/fluorocarbon.html
なお、最近のエアコンはインバーター方式なので圧力が適正になるように配管温度などで制御されてしまいますので、極端に高いとか逆に極端に低くない限り問題ないです。
また冷房時は一度電子膨張弁を閉めてから配管温度を確認しながら徐々に開いていくので、はじめは配管に霜が着くことが多いです。

Q業務用エアコン取り付けについて

業務用エアコン取り付けについて、予算もあり自分で取り付けたいので
ご教授お願いいたします。対象機器は、天埋ツイン型6馬力です。

同タイプの既設機器(旧冷媒)が稼動中で、これをリプレース対応機
種に置き換えを考え、日々、調査、勉強中?です。既設の冷媒管は、
液管φ12、ガス管φ19で天井裏で分岐管を通して内機に接続だと
思います。

メーカの施工資料にある既設配管流用チャートを読むと、配管長、
サイズ制限(&冷凍機油の変色やごみがなければ)をクリアすれば
洗浄レスで配管流用可能(主管、枝管とも流用したいです)となって
います。また、新冷媒の圧力の関係で分岐管の耐力が求められており
指定の分岐管との取替えが必要のようです。

前置き長くなりましたが、質問の要点は以下です。
※準備しなければならない機材一式が結構必要なことは承知していま
すが、取替えが10台と多く(機材費<<工事費)で、
(将来的にも)その道に多少なりとも興味もありまして。
この旅?、一歩踏み出したいと考えています。

Q1.分岐管を交換する際には、分岐管のロウ付の接続部分から少し離
れたところでカットすればよい?

Q2.新規の分岐管と枝管をロウ付をする際には、天井裏での作業にな
るんでしょうか?また、酸化膜防止のため窒素ブローが標準みたい
ですが、窒素ガスを注入する箇所は(主管を先に分岐管に溶接すると
して)主管から?そもそも、なんで分岐管の接続だけフレアーナット
じゃないんでしょうか?耐圧がロウ付け>フレアーナット??

Q3.冷媒管接続後は、真空引き前に配管の気密試験があります。
以前に業者(2社)からもらった工期は、どちらも半日/台でした。
一方、標準的な気密試験は規定圧力昇圧後、1日放置となっています。
ということは、たいていの業者は真空引きの際の真空度で代用している
んでしょうか?

Q4.旧機器のガス管は枝管を含めてφ19。新機器のそれはφ15な
ので異型ニップルが必要だと考えていますが販売しているサイトを
ご存知でしたら教えて下さい。

Q5.三菱重工には、トレーニングセンターがあり店舗型エアコンの
カリキュラムがあります。もし受講された方がおられましたら
アドバイスをお願いいたします。

以上、誠に勝手で、ずうずうしい質問だと思いますが、心優しき
御先生方、宜しくお願いいたします。

業務用エアコン取り付けについて、予算もあり自分で取り付けたいので
ご教授お願いいたします。対象機器は、天埋ツイン型6馬力です。

同タイプの既設機器(旧冷媒)が稼動中で、これをリプレース対応機
種に置き換えを考え、日々、調査、勉強中?です。既設の冷媒管は、
液管φ12、ガス管φ19で天井裏で分岐管を通して内機に接続だと
思います。

メーカの施工資料にある既設配管流用チャートを読むと、配管長、
サイズ制限(&冷凍機油の変色やごみがなければ)をクリアすれば
洗浄レスで配管流用...続きを読む

Aベストアンサー

No.5です。

1)主管が3/4インチ(19.0mm)新しい分岐管が5/8インチ(15.9mm)を異径フレアユニオンで繋ぐんですか、止めた方がいいです。配管の基本はなるべく繋ぐ箇所を少なくる。そうすればガス漏れリスクが低くなりますし6分(3/4インチ)のナット締め付けるの天井裏だと大変ですよ。

http://www.m-sugiya.com/cms/order/log/eid46.html

2)簡易バーナー(カセットボンベ式)はせいぜい」2分、3分までです。6分となると酸素、アセチレンバーナーでないとつきが悪いです。最悪、酸素を使わないアセチレンバーナーです。

昔、冷媒管を溶接で繋ぐ配管専門で仕事をしていた職人さんがいましたけど、そのような職人さんに頼めないですかね。

Qエアコンガス R410Aの全量充填方法

フレアナットの締め過ぎで、フレア部を破損したため、その後室外機をちょっと動かしたことで、数日で全量漏れてしまいました。フレア部は再加工しますが、下記について、どうかよろしくご指導下さい。

(1) ガスと共に、オイルも漏れていますが、オイル不足でコンプレッサーに悪影響を与えることはないでしょうか。

(2) 規定量の充填方法を具体的に教えていただきたいのですが、自分なりの解釈は下記の通りです。間違っているでしょうか。 
なお、コントロールバルブ、チャージングスケール、液冷媒をミスト状にするクイックチャージを使用します。

まず真空引きは、ストップバルブが低圧、高圧共開いた状態で、
[低圧側のサービスポート]-[コントロールバルブ]-青-[マニホールド]-黄-[真空ポンプ]という接続で真空引き後、ハンドル(Lo)を閉じる。

ガス充填の準備は、真空ポンプの代わりにガスボンベを接続し、コントロールバルブで三方弁のサービスポートを閉じた後、マニホールドの出口にクイックチャージを接続し、黄、青のホース内のエアパージは、コントロールバルブの接続部を緩め、ガスボンベのガスで行う。

ガス充填は、コントロールバルブでサービスポートを開く。

以上で規定量が全部入るでしょうか。

(3) 配管長は約3mですが、真空引きの時間はどの程度必要ですか。

(4) 逆流防止アダプタは、付いていないのですが、作業途中で電源が切れるとか、先に真空ポンプを止めてしまう等のないように注意すれば、無くてもいいものなのでしょうか。

以上よろしくお願い致します。

フレアナットの締め過ぎで、フレア部を破損したため、その後室外機をちょっと動かしたことで、数日で全量漏れてしまいました。フレア部は再加工しますが、下記について、どうかよろしくご指導下さい。

(1) ガスと共に、オイルも漏れていますが、オイル不足でコンプレッサーに悪影響を与えることはないでしょうか。

(2) 規定量の充填方法を具体的に教えていただきたいのですが、自分なりの解釈は下記の通りです。間違っているでしょうか。 
なお、コントロールバルブ、チャージングスケール、液冷媒をミ...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは
ガスの充填手順ですが、真空引きは室外機内まで真空にしますので1時間ぐらい掛けた方が良いでしょう。
 そして、ポンプが回っているうちにゲージマニホールドのバルブを閉じ真空ポンプからホースを取り外します。この時、先にポンプを止めてからホースを外すと、ホース内が真空ですのでポンプ内の油を吸い上げてしまいますので、逆流防止器が付いていないポンプでは、先にホースを外してからポンプを停止します。
 そして、今度はボンベを黄色いホースにつなぎますが、ホースにポンプの油が付着している可能性があるので、できれば他のホースに取り替えた方が良いと思います。
 ボンベをつないだら、黄色のホースのエア抜きを行い、ボンベをはかりに乗せます。ボンベは液体が出る状態にします。
 ボンベのバルブを開け、はかりを確認しゲージマニホールドのバルブを開け、定量まで充填します。この時クイックチャージは取り付けません。
 この時配管内の圧力が上がってしまい充填できなくなってしまったら、できれば10分ほど置いてから冷房運転を行います。そして今度はクイックチャージを途中に取り付け残りの分を充填します。

 クイックチャージを最初から取り付けていても問題はないのですが、配管内の圧力がすぐ上がってしまい充填にかなり時間がかかります。

 ポンプは逆流防止器が付いていなくても大丈夫だとは思いますが、真空引きの間、ずっとそばに付いていなければなりません。もし、停電などで止まってしまった場合。すぐにバルブを閉じホースを外して油を吸い込まないようにしなければなりません。

 冷凍機油も漏れているとのことですが、数日かかって漏れたならそんなに漏れているとは思えませんし、配管長も3mと短いので大丈夫でしょう。

 チャージングスケールとはシリンダーの事でしょうか。
R410のシリンダーは無かったと思うのですが、もしR22の分でしたら使わないでください。シリンダー内に冷凍機油が付着している可能性があります。普通はボンベを電子秤に乗せて計量します。
 ボンベもサイフォン管が付いていると思いますので、液が出てくるのを確認してください。知り合いでボンベを逆さまにしてガス状で充填してしまった人がいました。もちろんやり直しましたが。

 こんばんは
ガスの充填手順ですが、真空引きは室外機内まで真空にしますので1時間ぐらい掛けた方が良いでしょう。
 そして、ポンプが回っているうちにゲージマニホールドのバルブを閉じ真空ポンプからホースを取り外します。この時、先にポンプを止めてからホースを外すと、ホース内が真空ですのでポンプ内の油を吸い上げてしまいますので、逆流防止器が付いていないポンプでは、先にホースを外してからポンプを停止します。
 そして、今度はボンベを黄色いホースにつなぎますが、ホースにポンプの油が付...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報