プロが教えるわが家の防犯対策術!

質問致します。

私の知り合いに1000万くらい借金して自己破産して今は普通に生活してる
人がいます。
借金の内訳は、ほとんどがギャンブルやキャバクラなどの遊びのキャッシングだそうです。
本人は海外旅行も飛行機が嫌いで行くことがないし、カード関係も借金体質なので
持てなくて、現金主義になれてむしろOKだとか・・
実家暮らしで自分名義のものは何ひとつないので取られるものもない、警備員など
つけない仕事があっても自分は底辺なんで関係ないと・・

その人は自己破産して返済の義務がなくなり、すぐに結婚して両親との仲も悪くなかったので
同居して子供ができ幸せそうに暮らしています。
いまは製造業の仕事をしているそうです。
自己破産って、できたもん勝ち??そんな不公平なことがあっていいのでしょうか??
これは貸金業法が改正される2年くらいまえの話しです。
いまだと自己破産するほど借りることもできないとおもいますが・・
子供がローンを組むときに通りにくいとか、なにがしらあったほうが平等だと思うのですが・・

ベンチャー企業をはじめる人などが失敗しても死なない為に
こういった制度があるのは分かるのですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

遊興費は自己破産しても免責されません



弁護士通して金利分は勘弁してもらえても元金月々分割払い

借りた金は返す これが原則

返せない相手に貸さない 審査する

金を期限内に返さないと家族 親戚 兄弟まで催促行くことあります

だから弁護士から自己破産申請を裁判所にしてもらう

自己破産には社会的制裁も伴い

甘い事ではありません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼

>遊興費は自己破産しても免責されません

質問に書いた人は自己破産できましたが本当に遊び金で借金したのかは不明です。

もう1人似たような知り合いがいて、その人は遊び金で600万くらい借りて自己破産申請しましたが
受理されませんでした。
今でも返済しているようです(二人とも縁を切ったので詳しくはわかりませんが)
利息は免除されたとしても600万返済しようと思ったら月5万ずつでも10年もかかりますよね。

飲んで遊んでドンちゃん騒ぎして湯水のように使ったものを10年もかけて返済してる
人とチャラになって結婚して幸せそうに暮らしてる人では不公平すぎますよね。

回答有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:31

> 自己破産はできたもの勝ち


何を「勝ち」と言うかは微妙ですが、言いたい事はわかります。

> そんな不公平なことがあっていいのでしょうか??
自己破産は万人に認められる権利ですから、ある意味公平。
生活保護でお金をもらっている人をさして「ずるい」と言うのと一緒。

> いまだと自己破産するほど借りることもできないとおもいますが・・
キャッシングについては制限が出来ましたが、住宅ローン等の借金、銀行の無担保ローンは対象外となっているのでそのようなローン、そういったもので破産する人はまだまだ多数居ます。

> こういった制度があるのは分かるのですが・・
憲法に、健康で文化的な生活の権利をうたっています。
破産も生活保護もこの権利を元としていますね。
誰もが持っている権利で、その意味で平等なのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼

平等だけど、同じ理由で同じ金額借りた人でも出来る人とできない人がいますよね・・
だからほんとに平等なのかな??と思います。

有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:18

質問拝読しました



表題の通り「ハイ」です

ただし、何をするにしても「現金」のみ

昔、グレーゾーン金利が問題化するまでは、年率40%のサラ金なんてザラでした

「消費者金融」なんて優しい表現をするのがそもそもの間違い

>そんな不公平なことがあっていいのでしょうか?

そんなことないですよ

自己破産をするからには、金目のものは「ほぼ没収」とお考え下さい

加入中の生命保険も解約、下取りの出来そうな車も没収、株式、有価証券もそうですね

昔は貸す側も酷かったんです

何気なくサラ金で10万円借りて、毎月コツコツ返済していたら「優良な顧客」とみなされ、勝手に枠を広げられたんです

「返済能力がないからやめて下さい」って言っても

「いや~、成績があるんで、翌日返済してくださって結構です、融資させて下さい」といきなり100万円とかね

ですから、今、過払いとか任意整理をする人は昔からの返済が焦げ付いてしまった方々です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼

>ですから、今、過払いとか任意整理をする人は昔からの返済が焦げ付いてしまった方々です

昔の借金が膨れ上がったと1000万になったと聞きました。

有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:16

破産者に財産があり、管財人が選任される管財事件として扱われる場合には、引越しをするにしても、また、長期の旅行を行うにしても、逐一裁判所に許可を求める必要があります。

許可を求めた場合にはすぐに認めてもらえるケースがほとんどですが、こうした手間は破産手続きが完了するまで続きます。

自己破産をすると信用情報機関に自己破産をした事実が登録されてしまいますので,5~7年間程度は新たな借入やローンを利用することが制限されてしまいます。

借金を清算するにあたり、現在所持している財産の大半は差し押さえとなります。まず、土地やマイホーム、あるいは別荘などといった不動産は全て失います。住宅ローンがまだ残っている場合は、その時点で住宅を放棄する事になるのでそれ以上の支払いは必要なくなりますが、当然住宅自体も手放すことになるので、ローンの支払い損となり生活に必要のない高価な財産(現在価格が20万円以上の財産。ただし,現金の場合には99万円以上の現金)が処分されてしまいます。

連帯保証人や両親に同じ事をさせてしまう場合もある、自己責任で終わらない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼

>連帯保証人や両親に同じ事をさせてしまう場合もある、自己責任で終わらない。

保証人になっていなくても両親から回収できるものはしたらいいと思います。
難しいでしょうけど・・

有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:14

 それで借金がチャラになれば、勝ちじゃないのかなぁ。


とゆーか貸した方が馬鹿なんでしょ

 自分が債権者なら破産はさせませんけど。
元々破産でも『ギャンブルやキャバクラなどの遊びのキャッシング』なら
借金がチャラになる、いわゆる免責は通りません。
 自分なら破産申し立て以後、異議申し立てをして止めるけどね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼

有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:12

昔何かで見ましたが、自己破産は一度してしまうと、向こう10年は原則再度自己破産を認められないようです。

それに自己破産すると就けない職業もあるらしいですし…。
自己破産体質なら、1度目はうまく行っても2度目は無いという事ですな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼

有難うございました。

お礼日時:2013/08/24 01:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産した友人弟にムカ!こんな事許されるのでしょうか?

※半分グチです。すみません。

2年前に友人の弟が自己破産しました。借金が600万くらいで
車や飲み代など浪費がほとんどみたいでしたが。

ところが自慢げに借金がチャラになった事を言うんです。
おまけに40万もするバイクを兄名義で買い、親名義の貯金が
200万になったそうです。
遊びにも行くし、飲みにも行くし、自己破産したなんて解りません。

あと数年でまた自己破産が出来るから、その頃に思いっきり借りて贅沢
をするんだ、とほざいています。

人として返す前提で借りたのだから
返すべきと思います。しかし就職できない、病気や
乳飲み子を抱えているとか、知らずに保証人になったとか
そういう人の為の救済であり再出発の
為なのに友人弟はまったく罪の意識もないし、ずるいと思います。
おまけに自己破産を風潮して他人にもすすめるなんて。

水戸黄門になってとっちめてやりたいくらい。

こういう人って他にもいるのでしょうか?
確かに借金は個人のものだから親は関係ないのはわかりますが
親の自宅に住み、食事も親が用意し、親の名義で貯金。
昔は親戚中にアタマをさげて返す人もいましたよね。
自殺してしまう人もいる中で、制度を悪用する人がいるなんて。

ためいきがでます。どう思いますか?

※半分グチです。すみません。

2年前に友人の弟が自己破産しました。借金が600万くらいで
車や飲み代など浪費がほとんどみたいでしたが。

ところが自慢げに借金がチャラになった事を言うんです。
おまけに40万もするバイクを兄名義で買い、親名義の貯金が
200万になったそうです。
遊びにも行くし、飲みにも行くし、自己破産したなんて解りません。

あと数年でまた自己破産が出来るから、その頃に思いっきり借りて贅沢
をするんだ、とほざいています。

人として返す前提で借りたのだから...続きを読む

Aベストアンサー

親御さんの教育が悪かったのですねぇ。
でも、いつまでも親は生きていません。
お兄さんさんだって、未婚か既婚か、わかりませんが、
自分の家庭を持って、迷惑かけられると思ったら、
いずれ、見放すのでは?
その時になって、慌てても、遅いですよね。

万一、仮にその人が更生するとしましょうか。
(若い時から、こんなでは更生する可能性は無いでしょうね。
無差別殺人や、事故に巻き込まれて、いい人間が死ぬ事も多いので
ワタシも、こういう人間は嫌いですよ)
まぁ、嫁になる女が存在したりして、
子供が出来ちゃったとしますね。
その時、改心して、妻子の為に家を購入したい・・なんて思っても
(まぁ、そんな奇特な考えは持たない人種だとは思うけど)
ローンは組めません。

それにね、人生は長いのです。
一見、その場限りでは、「ズルして得した!」と思うような事だったり、「身を切られるように苦しむ事」に遭遇したとしても、
なが~い目で見れば、その事が、結果的に、どうなるかは、
わからないのです。

ただ、今の日本は、こういう無責任な人が増えてる気はします。
親が、しっかり生きて無いのでしょうね。
子供と言うのは、いちいち口で手取り足取り教えてもらわずとも、
親の背中を見て、育つものなのだと、
ある程度の人生経験を経て、つくづく思います。

質問者様は、ご両親に恵まれたからこそ、
こういうマトモな感覚を持っているのです。
いろんな人と一緒に仕事をして来ましたが、
片親だろうが、両親が揃っていようが、その人を見れば、
親がどういう人か、わかるものなんです。
「あぁ、この人の親はいい人だろうなぁ」と思う人には、
周囲にも、いい人が集まって来ますよ。
物理的な損得勘定では、無いんですよ。
でも、人生の豊かさは、グッと違ってきます。
その友人の弟は、憐れな人間なのです。
ムカつくのは、よくわかりますが、こういうバカをいちいち気にせず、
そんな人間にならないように、育ててくれたご両親に
感謝して、自分の人生を生きましょう!
そして、自分の子供には、そんな人間にならないように
教えましょうね。

親御さんの教育が悪かったのですねぇ。
でも、いつまでも親は生きていません。
お兄さんさんだって、未婚か既婚か、わかりませんが、
自分の家庭を持って、迷惑かけられると思ったら、
いずれ、見放すのでは?
その時になって、慌てても、遅いですよね。

万一、仮にその人が更生するとしましょうか。
(若い時から、こんなでは更生する可能性は無いでしょうね。
無差別殺人や、事故に巻き込まれて、いい人間が死ぬ事も多いので
ワタシも、こういう人間は嫌いですよ)
まぁ、嫁になる女が存在したりして...続きを読む

Qお金を貸した相手が自己破産することになりました。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識のある知人に相談してもそういった契約は無効だと言われ
貸した相手の任意(善意?)で返してもらうほかないと言われました。

でも,正直納得がいきません。

返してもらう方法があればもちろんのこと
何かしらの天罰(反省させたい)を与える方法はないのでしょうか。
もちろん合法的にです。

貸した金額は相当な金額で,もちろんお金を貸すときは捨てたと思って貸せなければ
貸すものではないということもわかっていて,それで貸したのであきらめるほかないかもしれませんが
なぜゆえに,助けるつもりで貸したこちらが痛い目にあって
借りたほうがふんぞり返って生活するような事態になるんでしょうか。。。

お金を貸した相手が自己破産することになりました。

個人的にお金を貸していた人が自己破産をすることになったらしく
弁護士さんから手紙がきました。

私はその相手が自己破産しそうなことも知っていたけれど
たとえ自己破産してしまっても,最後に借りるあなたには絶対に返すから,
契約書にも自己破産しても返すって書くから,貸してくれと言われてお金を貸しました。

しかし弁護士さんからは「自己破産しても,そのあとあなたには返します」
という契約は無効だといわれてしまいました。

実際,法律知識の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無効」と言われました。挙句、大声で「そんな理不尽な事があるかい!わしん所みたいな町工場は死ね言うんかい!」と怒鳴りちらしたら、法廷から閉め出されてしまいました。もう悔しくて悔しくて何度もそいつの家に電話して「少しでも払わんかい!」と言ったら、逆に警察に通報され、警察署へ連行。事情が事情なだけに、逆に同情してもらい、すぐ帰されましたが、それが機に「中度の鬱病」を患うハメになり、今は3級の障害者手帳も持っています。ですからあなたの気持ち、痛い程によく解かります。

こういったケースは借りた側の「モラル」に任せるしかないのが現状です。合法的な仕返しをしたいというあなたの気持ちも良く解かりますが、残念ながら今の法律ではそういった方法はありません。何かしでかせば「違法」になり、僕の様に捕まるのがオチです。

唯一、道筋があるとすれば、「私は自己破産するかもしれないが、金を貸してほしい。必ず返す」という文言が契約書に書いてあれば、ある意味あらかじめ「借り逃げ」を前提にあなたに金を融通してもらった事になるのですから、「詐欺」と言えなくもありません。しかしあなたもそれを承知で信用貸ししたのですから、詐欺になるのかどうか・・・。その契約書、法律相談センターで見てもらってはいかがでしょうか。結論がどうあれ、あなたに納得いく説明をしてもらった方が良いかと思います。


僕にはこんな程度のアドバイスしかできませんが、お役に立てれば幸いです。

確かに弁護士さんの言う通り、一旦「自己破産」が認められれば、必ずあんたにだけは返すという様な内容の契約書を作ったところで、その様な私文書には何ら効力はありません。

僕も会社を経営していた頃、取引先の自己破産に遭い、800万という債権を放棄せざるを得なくなった事があります。破産した会社の社長は雲隠れ。やっと債権者集会でそ奴の顔を見た時は、刺し違えてでもぶち殺したろかと正直思いました。僕は金額が金額なだけに「約定書」を請求書と同時に交わしましたが、やはり破産管財人・裁判官には「無...続きを読む

Q実家に同居している場合の自己破産の実際

お世話になります。タイトルの通りなのですが、両親・兄弟と共に生活していてる22歳の青年がリストラその他で、自己破産を検討しております。

その場合、弁護士に依頼して家族に感知されること無く手続きはできるでしょうか。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4237603.html
の回答者によると、
>実家に破産管財人(裁判所の担当官)が数回訪問したり連絡を入れたり、両親などにも面会したりしますので、同居別居を問わず、両親や兄弟などにばれずに自己破産は全く不可能なことです。

とのことですが、個人の場合不動産などの財産がある場合にしか管財人は選任されず、裁判所の担当官ではなく、裁判所が選任する弁護士であると聞きました。

もし上記の回答が本当であれば、両親・兄弟に内緒でというのは不可能なのでしょうか。
勿論、郵便物に関しては本人以外は見たり開封する事もないことを前提とします。

どうか教えて下さい。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら、依頼先から「家計表」の提出を言われませんでしたか??
ご両親やご兄弟の収入、支出を記載する必要があるからです。
もし、一人暮らしの場合はご自身についての収支が提示できれば
okですが、同居の場合はこのハードルを超えなければなりません。

従って、結論としてご質問者さんの知りたい事については、
破産手続きの準備段階(破産申立)につき『同居の家族』に伝え、
協力を得る必要があると言えますし、その方が手続き上スムーズに
進みますヨ。色々あるでしょうが・・・お話することをお勧めします。

個人破産の90数%は同時廃止(いわゆる同廃)事件ですから、この場合は管財人が選任される余地はありません。

ご質問者さんの場合も特に配当される財産もなさそうなので、
同様に同廃となるでしょう。
また、いくつかの返答からしか伺い知ることができませんが破産理由と
しても相当なものだと思いますので免責も問題なく得られるでしょう。

で、
廻りに言いふらさなければ第三者が知る由はありません。

しかし『同居の親族』にはこのことを言わないと手続き自体が
進まなくなります。
なぜなら...続きを読む

Q★自己破産前の準備として(クレジットカードその他)

★自己破産前における、準備?としてのご助言いただけませんか??

もしかしてですが、詳しい経緯は省きますが、自己破産をしなければいけなくなった場合の質問です。直接自分のギャンブルなどではなく、連帯保証による債務不履行の巻き込まれ事故です。

約10年後の自己破産ペナルティ後のカードやローンが少しでもうまく通るように復旧対策とりたいと思っています。(10年というのは、信用調査会社上、一番長い銀行協会のヒストリーのため、一応10年と書かせて頂きました)

履歴の復旧までの期間は、カード会社やその時の年収により、ケースバイケースと聞きますが、、そこでもし今回私が自己破産を早めに決断した場合は、もし10年としてヒストリー復旧後、またカードやローンを組めるよう対策をしておきたいと思います。

現在まで私自身は30歳後半まで、一度もカードなどの滞納がなく、クレジットカードのヒストリーはJCBゴールド200万、楽天ゴールド300万、その他2枚も80万、50万と一度も審査おちることなくキレイな状態です。車のローンも400万去年まで通りました。

が、しかし今回自己破産が見込まれた場合

(1)自己破産前にもう今の段階でカードをすべて解約し0枚にし、現金主義に切換え、破産の手続き時に(例え生活のカード決済でも)債務にカード会社の名前をかかなくていいように口座振替などに変えておき、たとえ100円でも10年後?ではないかもしれませんが、将来できるだけ復旧の足かせにならないようにするために今もっているカード会社に迷惑がかからないというか、10年後以降の審査が通るようにしておきたいのですが、やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?

(2)これは判断はカード会社によるかもしれませんが、例えば自己破産後に、1枚だけ解約していないカードを残していた場合、さらに使っていない状態で1枚だけもってたりとすると、まあすぐ1~2ヶ月とかで強制解約の通知がくるのでしょうか? それとも、もしすぐ解約通知なるものがこなく、自己破産後たとえば2~3ヶ月後にうっかり店頭のレジで使用した場合、突如レジで利用不可という状況になるのでしょうか? 

特にもうクレジットカードと車のローンはこの先最低10年は使えなくなる覚悟はできているのですが、この辺り気になりました。

(3)あとまた自己破産された、もしくは周りでいわゆる信用上ブラックで、実際は何年でクレジットカードや車や家のローンがくめた(復旧した)という話しをききますでしょうか?

(4)それ以外に、何か自己破産前にしておいた方がいいことあれば教えていただけませんか?

多少、なにかその辺り情報をお持ちの方、教えて頂けますと助かります。

★自己破産前における、準備?としてのご助言いただけませんか??

もしかしてですが、詳しい経緯は省きますが、自己破産をしなければいけなくなった場合の質問です。直接自分のギャンブルなどではなく、連帯保証による債務不履行の巻き込まれ事故です。

約10年後の自己破産ペナルティ後のカードやローンが少しでもうまく通るように復旧対策とりたいと思っています。(10年というのは、信用調査会社上、一番長い銀行協会のヒストリーのため、一応10年と書かせて頂きました)

履歴の復旧までの期間は、カー...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?
 ・その方が賢明です、(2)と関連しますが
  そのままカードを保有していても、カードの更新時期には信用情報は確認されますから(CIC、JICCの信用情報)
  その時点で、自己破産したことはわかりますから、通常ならカードの更新がされません(それまでは使用可能と言うこと)
  この場合、その情報はカード会社の社内情報として残りますから(これは何年経っても消えません)
 ・5年経過後も(CIC・JICCの記載期間は5年)そのカード会社では再度のカード発行は難しくなります
 ・解約をした場合、5年経過後に再度カードの申込をしても通常の新規の審査になりますからね

 ・車のローンは信販会社(加盟がCIC・JICCなので)なら5年経過後なら可能、クレジットカード、ショッピングローン等も同様(クレジットカードで銀行が直接発行しているのは不可)
 ・車のローン・住宅ローン等の銀行扱いは10年経過後でないと無理

 ・当面は(毎月引落以外なら:電気料金とか)VISAデビットカードを作れば(VISAデビットを扱っている銀行に口座を作り発行して貰う)通常の買い物(ネット・街の店舗)ならVISA決済で購入できます
  (クレジットカードではないので、決済、即銀行口座からの引き落とし:使用上限は口座残高まで)

>(1)やはり事前にすべて解約しておいた方が得策でしょうか?
 ・その方が賢明です、(2)と関連しますが
  そのままカードを保有していても、カードの更新時期には信用情報は確認されますから(CIC、JICCの信用情報)
  その時点で、自己破産したことはわかりますから、通常ならカードの更新がされません(それまでは使用可能と言うこと)
  この場合、その情報はカード会社の社内情報として残りますから(これは何年経っても消えません)
 ・5年経過後も(CIC・JICCの記載期間は5年)そのカード会社で...続きを読む

Q自己破産手続き中、様々な支払いをしてしまいました

まだ免責がおりる前の、自己破産手続き中に、子供の学費、携帯電話代金など弁護士に言わずに無断で支払ってしまいました。

子供の学費(高校の入学費用。その前の受検費用も払ってしまいました。)
携帯電話代金(携帯が壊れてしまい3ヶ月以上使っておりませんでしたが、不便で購入しました。)
医療費も、弁護士に無断で払ってしまいました。

弁護士さんに学費について一度軽く問い合わせたところ、高校なので義務教育ではないので認められるかどうかは分からない、とメールでいわれました。
ただ私はお金を子供に残せない以上、教育費だけは払いたいという身勝手な理由で、ずっと勉強していた息子の受検を取りやめることはどうしても出来ませんでした。
しかも中学卒業の前にかかる費用すら(これは贅沢費用のようなアルバム代とか、卒業遠足代金とかです)払ってしまいました。
高校の制服代も高かったのですが、ちょうど期末手当が12万ほど出たのでそれを入学金や制服代や教科書代、書籍代に、無断で回してしまいました。

悪質だと分かっていながら払っており、自分で最低の人間だと分かっています。
払ってしまってから、どうやって弁護士さんに言おうとずっと悶々としてきました。

無断支払いで、私が一方的に悪くて約束違反してしまいましたので、契約解除になることは重々承知しております。

その後ですが、自己破産を申請しても、このような悪質なことをしてしまったら、免責されることは今後もムリと思ったほうが良いですか?
自己破産というのは、やはり義務教育以外の子供の学費や扶養を完全にあきらめるべきなんでしょうか。

まだ免責がおりる前の、自己破産手続き中に、子供の学費、携帯電話代金など弁護士に言わずに無断で支払ってしまいました。

子供の学費(高校の入学費用。その前の受検費用も払ってしまいました。)
携帯電話代金(携帯が壊れてしまい3ヶ月以上使っておりませんでしたが、不便で購入しました。)
医療費も、弁護士に無断で払ってしまいました。

弁護士さんに学費について一度軽く問い合わせたところ、高校なので義務教育ではないので認められるかどうかは分からない、とメールでいわれました。
ただ私はお金を子...続きを読む

Aベストアンサー

どういう約束になっているのか知りませんが、電話連絡できるなら電話した方が良いです。
あと、必要以上に自分を卑下する必要はありません。
やっちゃったことは仕方ありません。淡々と、事務処理していきましょう。
今後は、気を付けてお金を使いましょう(^◇^)

Q電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

電車に飛びこんで自殺した方の親族は本当に多額の賠償金みたいなのをはらうのでしょうか?

 そのまんまです。よくそういう話は聞きますけど、噂以上にわかりません。家族だからと言って連帯保証人でもないと思いますし、仮にそうでも額がでかいと即自己破産なきもしますし、死者の財産を放棄すれば債務放棄ということにもなるような気がしますが、良く分かりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前聞いた話しでは実際に請求、支払までいくことはないと言ってましたが・・・

自殺→電車に飛び込む→通常の精神状態では出来ない

のような理由だそうです。一億円以上等、高額の賠償金や
慰謝料の話しは鉄道関係者がある程度意図的に流しているようで(そう簡単に電車に飛び込まれては困る)。
それよりも飛び込まれた電車の運転手さんの精神的ショックのほうが大きくて事故後強制的に1ヶ月の休暇をとらされるようです。

いずれにしろ、電車で飛び込み自殺なんて絶対にいけません!!

Q経済的負担に苦しむ60代前半の男性

二児の父となった男性は、仕事の都合上単身赴任を始める。妻と子供は海外に在住し、その男性は日本に住みながら海外出張を続けるという日々が続く。

妻や子供の海外での高めの生活費に加え、長男が日本の私立大学に入学したことによる学費を稼がなければいけないことにより、その男性の経済的負担は重くなる(長男は先に日本へ帰国した)。その上に仕事のストレスが一層加わる。

この状況がかれこれ20年弱も続いた後、妻と次男は漸く日本へ帰国する。長男はそれと同時に社会人として自立するが、妻と次男の方は養い続けなければならない。そこで一戸建ての新築を建てて引っ越すが、60代にして家のローンを何百、何千万円分も負う羽目に男性は遭ってしまう。しかも男性は数年前に心臓を患い、生命保険に入れなくなる。

家のローンに加え妻や次男の生活費を、現在の仕事を続けられるかどうかさえ分からないまま稼ぎ続けなければならない男性はストレスがますますかかってしまい、次第に家の中でそれを妻や次男にぶつけていってしまう。しかも妻の方は稼ぎが全くないにも関わらず、夫の金を好き放題に使ってしまうためその怒りも募る。

夫婦同士の話し合いを何回かしようとするも、別居が長年続いてお互いの価値観がぶつかり合い、うまくいかない。夫はますます感情的になってしまう一方になり、妻は次第に知らんぷりをするようになる。

これって離婚した方が男性にとっていいでしょうか?それとも、もうすぐ70代に入るのに離婚するのも今更という感じでしょうか?妻は稼ぎが全くないので、離婚はしない方がいいでしょうか?

二児の父となった男性は、仕事の都合上単身赴任を始める。妻と子供は海外に在住し、その男性は日本に住みながら海外出張を続けるという日々が続く。

妻や子供の海外での高めの生活費に加え、長男が日本の私立大学に入学したことによる学費を稼がなければいけないことにより、その男性の経済的負担は重くなる(長男は先に日本へ帰国した)。その上に仕事のストレスが一層加わる。

この状況がかれこれ20年弱も続いた後、妻と次男は漸く日本へ帰国する。長男はそれと同時に社会人として自立するが、妻と次男の方...続きを読む

Aベストアンサー

>60代にして家のローンを何百、何千万円分も負う

相当な年収ですね。
少なく見積もっても年収2,000万はないと、そのローンは銀行が認めないでしょう。
ローン返済が年600万として、のこり1400万。
次男もそろそろ卒業して、自立するでしょうし、たしかに使い放題に使えるなら、妻は贅沢に暮らせているでしょうね。

妻は、離婚しなければ1400万を好きに使えますが、あと何年かで、夫の介護、とかになるかもしれません。
家族に当たり散らすほどストレスがたまっていれば、夫が病気になる確率も高いでしょうし。
今でも冷え切った夫婦なのに、看病とか介護とかイヤでしょう。
だけど、夫を有料ホームに入れてしまえばいいわけで、そこはお金で解決できます。

夫は、離婚したからと言って、ローンが消えるわけではないし、次男の学費、専業主婦の中高年妻には離婚後も生活費を負担する必要があります。
資産、年金は折半です。家のローンがあるので、その分は資産から減額しますけど。

どっちが得なんでしょうね。
妻にとっては、貯蓄や資産がどれだけあるか、がポイントでしょう。
財産分与が多ければ、老後は安心です。

夫にとっても、経済的な問題は重要ポイントです。
離婚して、財産、年金が半減し、でも、妻と次男の生活費、学費は当分の間は負担しなければならない。

さらに夫には精神的な部分も考慮しなければならないです。
海外生活でほぼ別居状態でも、一応「家庭」はあったわけで、その「家庭がある」ということが、精神的に支えになっていた部分は大きいでしょう。
「妻子が支え」でなければ、長期間の単身赴任同然の結婚生活、帰国後60代でローン背負って新築1戸建て購入という無理はしないでしょう。

60代後半にして、その支えを捨てる勇気が夫にあるかどうか、離婚後の生活を自分で支えていけるだけの精神力があるかどうか、ですね。
なにしろ、30年以上、「妻と子」に支えてもらって生きてきたのです。
自分で自分を支えて生きてこなかったツケは大きいと思います。

結局、この案件は、妻も夫も、本人次第です。
本人が何を望むか、です。
海外別居とか、60代で住宅ローンとか、ケースが一般的ではないので、一般的な判断、というのはできないです。

あなたが夫なのか、妻なのか、どっち側の人なのかわかりませんが、
夫も妻も、自分で自分の将来をじっくりと想像して、自分が「本当に望んでいるのはなにか」を考えてみるしかないです。

ちなみに、離婚にさいして、家を売ってしまえば、ローンは無くなります。
差し引き多少赤字になっても、将来にわたって返済を苦にするよりはましでしょう。

私なら、年金とか財産とか、経済的にやっていけそうならば、離婚を選びます。夫であっても妻であっても。
だって、お金折半すれば生活可能なのに、家の中で暴言とか、冷え切ったまま、とか、一緒に生活する意味ないです。

>60代にして家のローンを何百、何千万円分も負う

相当な年収ですね。
少なく見積もっても年収2,000万はないと、そのローンは銀行が認めないでしょう。
ローン返済が年600万として、のこり1400万。
次男もそろそろ卒業して、自立するでしょうし、たしかに使い放題に使えるなら、妻は贅沢に暮らせているでしょうね。

妻は、離婚しなければ1400万を好きに使えますが、あと何年かで、夫の介護、とかになるかもしれません。
家族に当たり散らすほどストレスがたまっていれば、夫が病気になる確率も高いでしょうし。
...続きを読む

Q自己破産者が住宅購入は可能でしょうか。

以前にも投稿してから数ヶ月。

住宅購入を諦めきれずにいます。
主人46歳。 自己破産より5年10ヶ月経過しました。
子供は4人、育ち盛りの中学2人と小学1人と幼児1人+犬1匹です。

ビザ・JCB・マスターは所持できるようになりました。
現在お金を借りる目的ではなく、自営業なので燃料を入れたり
ETCなどで活用することが多く買い物や食事などは
破産したときと同様にげんきんで支払っています。

頭金も1000万以上貯蓄できました。

今年より顧問税理士さんをつけることも出来ました。

新築でも、中古でも広さがあれば家が欲しいと願っています。
3期分きちんと申告しています。
税金も納めています。

この状態で住宅ローンは申し込んで通ると思いますか?

住宅ローンで以前ダメと言われたところはもう2度と通りませんか?

Aベストアンサー

信用情報には破産者の記録が7年(10年だったかな)
は残ると思いますので、せめてその情報が消えてからの
ほうがよいのでは?と思います。
いざ住宅購入!って段階でがっかりしたくないですよね。
実際はローンがとおることもあると思いますが。
前に断られたところは避けたほうがいいとおもいます。

5年で1000万貯金なんてすごいですね!
ご苦労もあったでしょうが、単純に
すごいなあとおもいます。。。。

うまくいくといいですね。

Q自己破産しているかどうか調べる方法

知人に以前お金を都合したことがあります。
もともと、期限を決めて貸したわけではないのですが、お金が入用になったので、お金を返して欲しいと連絡したところ、その知人が、自己破産したと言ってきました。

本当に自己破産したのかどうか、調べる方法はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

知人が「自己破産した」といっても、自己破産には、『破産宣告』と『免責決定』という流れがあります。

簡単に言いますと、
まず裁判所が「この人はお金を払うことが出来ません」
と認めた場合『破産宣告』が出されます。
次に今までの借金をチャラにしてもらう『免責決定』をもらわなければ、
借金はチャラにはなりません。

知人がこの『免責決定』をもらっているのかどうかでしょう。

No.1の方がおっしゃられているとおり、『官報』にはこの
「自己破産申立」「免責決定」等の公告がなされていますが、
掲載のタイムラグ(決定日には掲載されずちょっと後になる)がありますし、
一般には購読されているのは少ないですし、
また官報販売所にバックナンバーが置いてあるとは限りません。
おおよその日付を確定して調べる方法もありますが、図書館等で調べるのも大変だと思います。
官報自体は月1,596円と安価ですが、面白い記事はありません。

下記に「官報情報検索サービス」のHPを記載しました。
これは官報の内容をパソコンから検索できるもの(有料)です。
これって便利で、名前・生年月日等により「自己破産しているのかどうか」が分かります。
ここまで費用を掛けて調べるのかどうか、はhamkajiさんの
判断にお任せするとして、まずは一例をご紹介します。

因みに「自己破産」について詳しいHPもご参考までに。
http://www.yebh3.net/image/jikoqa/1.html

参考URL:http://kanpou.npb.go.jp/search/introduce.html

知人が「自己破産した」といっても、自己破産には、『破産宣告』と『免責決定』という流れがあります。

簡単に言いますと、
まず裁判所が「この人はお金を払うことが出来ません」
と認めた場合『破産宣告』が出されます。
次に今までの借金をチャラにしてもらう『免責決定』をもらわなければ、
借金はチャラにはなりません。

知人がこの『免責決定』をもらっているのかどうかでしょう。

No.1の方がおっしゃられているとおり、『官報』にはこの
「自己破産申立」「免責決定」等の公告がなされていま...続きを読む

Q自己破産免責決定後7年が、過ぎたので2回目の破産したいのですが

一度自己破産を申請して、免責が決定しました。10年以上経過した現在、別の理由で、再度自己破産を申請したいのですが、出来ますか?別の理由だと免責は下りますか?免責が下りなかったらどうなりますか?友人からの質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあってどういう理由で破産(免責)を申立てようというのですか?前回が生活費不足で、今回が突然の保証債務の履行によるもの、等、まったく違う理由ならば、同じよりはやりやすいことがあります。しかし、その陰に、家計管理不良、過剰なブランド物買い漁り、ギャンブル、風俗通い等があり、事実を隠しているといえるようなら裁判所の心証は悪いですよ。10号には引っかからなくともそれ以外の免責不許可事由に該当すれば結局免責はおりません。
この場合、他の回答者ご指摘のように、破産はできても免責はでないため、返済の義務は残り、しかも期限の利益が失われるため、現状の債務元金+延利全額一括での返済を請求されることになります。

それと、わからない点が多すぎるのでこういう質問をあげられる時には可能な限り明確に状況を明らかにされることをお勧めします。
前述のようなギャンブル等はあるのでしょうか?今回免責されたい債務を負ったのはどこからで(銀行等か、クレサラか、その他か)、いつ負ったのですか?生活費不足なので…ということだったのであれば、今回破産を回避するために、これまで仕事をしていなければ仕事に就いたりとか、生活保護を受けたりとか、相応の努力はされたのでしょうか?
理由如何によっては、任意での債務整理や民事再生、特定調停等のほうが望ましい解決になることも考えられます。また、どういう理由であれ、多重債務の根本的原因が解決しない限り、7年ごとに破産申立(あくまで破産申立だけであって、いつも免責がおりるとは限らないことにご注意を)することになるかと思われますが、この点ご友人の認識はいかがでしょうか?

いずれにせよ、実際に整理を望まれるなら弁護士に相談されることをお勧めします。

前回の免責許可決定確定から7年経過していれば免責不許可事由にはなりません(平成17年施行の新破産法252条1項10号イでの変更点)。そのため、理論的に言えばサイドの破産手続きで免責がでる余地はあります(この改正により、7年以内の裁判所裁量での免責が逆におりにくくなったともいわれますが…)。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16HO075.html#1000000000000000000000000000000000000000000000025200000000000000000000000000000

ただ、「別の理由」というのがよくわからないのですが…何が実際にあって...続きを読む


人気Q&Aランキング