現在、社会人ですが最近、物理学を勉強したくて本気で海外(イギリス)留学を考えています。
ノーベル賞受賞者やそれに近い人たちがいる大学で、本当の天才というものに触れてみたいと思っているのですが、物理は高校のとき以来やっていません。それどころか成績も非常に悪く、大学は文系に進んだのですが、卒業後、どうしても物理学(素粒子物理学)を勉強したいと思っており、最近どうしても本気で勉強したくてたまらなくなってきました。
ブルーバックスなどを読んで少々かじった程度ではあるのですが、学問的な知識と呼べるものは全くありません。
このようなわたしが現実的にどういう方法をとればこのゆめが実現するのでしょうか?
やはり、日本の大学に入りなおしてそれから留学、ということになるのでしょうか?
無理だとか厳しいとか言う意見は求めていませんので、現実的にこういうやりかたがある、というのをご存知の方教えていただければ幸いです。
また、素人でも専門的な知識を得るためにはどのような本(或いは雑誌)を読めばいいのかも教えていただければ本当に助かります。
さらに、素人でも参加できる学会の講演会や集会のようなものがあればそれも教えていただければ助かります。
なにとぞ、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

先ほどはどうもすいませんでした。


少し過激に書きすぎたようです。
どの程度の決意があるかわからなかったもので、どうも失礼しました。

ブルーバックスは、物理学の非常に興味深いしかも、成功例をたくさん
書いてあるものです。
それを読んで、素粒子物理学を志す人は今までも後を絶ちません。
私は、物性理論で素粒子とは違う研究をしていますが、研究者の仲間
入りをするまで大学に入学してから10年かかりました。
これから行うことは非常に危険なことだと思います。

しかし、あなたの覚悟は非常によくわかりました。
そのような人に私の発言は不適当でした。

私の大学の先生で素粒子を志していた人が、素粒子理論の研究室
の教授に言われたことは、「君の家はお金持ちかい??」だったそうです。
つまり、それほどその研究を職業としてやっていける人が少ない世界で
あることをわかってください。

素粒子を研究しようとしていた友人が読んでいた本で入門というタイトルだったので
私も少し勉強した本を紹介します。
講談社サイエンティフィクの「ゲージ理論入門」です。
私が購入したときは、1,2巻の2冊ありました。
しかし今は版が変わっていると思います。
大きな書店で少し内容を見られといいでしょう。
後、少し古い本ですが、培風館の「クォークとレプトン-現代素粒子物理学入門-」も
参考にしてみてください。

最後になりましたが、ほんとに失礼なことを書いてしまったことを許してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
やるべき具体的な道が見えてきたのでいまはやる気満々です。
もし、途中で挫折してしまったら、それはそれで仕方がないと思いますが、たぶん挫折はしないだろうと思います。
わたしは国語(特に文章)が専門で、いままで何度となく愕然としたり、途方に暮れたり、不安になったりということはありました。
でもやっぱり好きなものだから続けていますし、それを辞めるというのもできません。
ここに質問する人の中にはいろんな人がいるので、自分がどれだけの思いでやろうとしているかを書かなかったことはまずかったと思います。
質問文を読んだだけでは「むしのいい質問」としか受け取られなくても(実際、質問自体はそうなのですが)仕方ありませんね。
でもわたしは本気です。
勉強をしたいからするというそれだけの理由です。
また、学問以外でそれなりの経済力が必要だという現実的な問題もあります。
でもやることは決まっているので後は立ちはだかる問題をどう解決していけばいいかを考え、丹念に解決していくよう努力するだけです。
もし、留学のゆめが叶わなくとも、働きながら勉強をするということでもやっていこうと思っています。
ということなので自分にできる形でやっていこうと思っています。
最後に具体的な本の紹介ありがとうございました。
今度の土日に早速捜してみます。
また何かありましたら、(厚かましいのですが)教えてください。よろしくお願いします。

お礼日時:2001/05/29 01:36

すいません、この場所に書くべきことではないのでしょうが、


以前の私の書き込みのせいで、日本の大学や研究者が閉鎖的だと
とられると困るので、この場を利用させてもらって弁明させてください。

決して、日本の大学や研究者が学ぶ意志のある人を拒否することはありません。
ただし、どのレベルに自分が入っていこうとしているかによって無理が
あるのでは?と言うことです。
私がy_atanさんの質問の意味を誤解していたのです。

>学問的な知識と呼べるものは全くありません。

この状態で、研究者レベルの留学をしたいのかと思っていたのです。

これは、私の私見です。

  大学 最先端の知識を得ることができるように基礎学力を磨くところ。
  大学院修士 最先端の知識を得、それを活用できるようにするところ。
  大学院博士 最先端の研究を自分で行えるようになるところ。

と言った段階が必要だと思ったのです。

場違いかと思いましたが、私のせいで日本の研究者の心が狭いと思われているよう
でしたので、弁明させていただきました。

この回答への補足

今日、たくさん本を買ってきました。
補足の欄に書いていますが、お礼です。「ゲージ理論入門」は古本屋さんにありましたが、それでも思った以上に高額で驚きました。持ち金がなかったので、次回購入します。
道のりは長いでしょうががんばります。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 01:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本の(理系の分野で)大学が閉鎖的かどうかはわたしには分かりませんが、少なくともここで教えてくださった方はそうでないと感じています。
何より、日本物理学会での非会員参加方法も教えていただけましたし。
これから頑張っていきます。
どうもみなさん、ありがとうございました。
本当はみなさんに20ポイントずつお付けしたいのですがそれも叶いません。
みなさんにはこんなに教えていただいて心苦しいのですが、自分の進む道を一番明確かつ具体的に示して下さった方にお付けしようとおもいます。
今度の土日、お勧めの本を購入し、それからこの質問を締めることにします。
本当に感謝いたしております。はやく本物の学力を身につけて留学し、研究者になりたいです。
みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:2001/05/31 02:48

>「(解析)力学、統計力学、電磁気学、量子力学、相対論の教科書」


>の教科書というのすら分からないのですが
>よろしければ具体的なものを教えて頂けませんか?
下の私の回答で挙げた岩波書店の物理入門シリーズなら(全部で10冊くらいですが)
これらの内容のものは一通りそろえることが出来ます。
このシリーズは1冊目としてはわかりやすくて良いと思います。

他にも思いつくものを書いてみますが、
私自身はこういった基礎科目を離れて久しいので
(岩波のシリーズも含めて)あくまでも参考ということにして下さい。
特に最近の本に関しては、学生の方のほうが詳しいと思います。
・力学:東京図書 理論物理学教程 力学
・電磁気学:ジャクソン電磁気学
・量子力学:吉岡書店 現代の量子力学

皆さんがすでに紹介しておられる「ゲージ理論入門」、「クォークとレプトン」
はまだまだ難しいと思いますが(学部3,4回生以上の内容です)良いと思いますよ。
また、個人的には場の理論の教科書として
Particle Physics and Introduction to Field Theory (Harwood academic, 1981)T.D.Lee著
を推薦します。
古いので活字が少し変わっていて、慣れるまで読みにくいですが、
院生などのゼミに使うものとしてこれが一番いいように思います。
最後のほうはまだ先の話なので今はあまり気にしないで下さい。

この回答への補足

今日、いろいろと本を買ってきました。
大学生向けのテキストと思われるものをいくつか買ってきました。お勧めの本はほとんど見あたらなかったので自分が知っている人の書いたテキストになると思われる本を買ってきました。中身はやはり難しかったのですが少しずつでも理解できるようになれば、と思っています。平日もできるだけがんばります。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 01:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いろいろ勉強してみます。新刊で一気にそろえるのはさすがに些か辛いものがありますので、古本屋で見かけたらお勧めの本は買うことにします。
近くに理工系の本に非常に強い古本屋さんがあるので、行けばたぶん何冊かは置いてあると思います。
10年以上前の数学セミナーの増刊もそこで何冊か手に入れたのでありそうな気がします。
「ゲージ理論入門」「クォークとレプトン」、学部3、4回生以上向きというのは確かにまだまだ難しいですね。
でもいずれ必要なら早い内に買っておいて、早い内に触れておくことにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 02:03

大学は文系に進まれたとのことですが、私の経験では素粒子物理を勉強するのに必要な高校レベルの知識としては高校の物理はF=maを知っていればいいと思いますが数学が非常に重要だと思います。

高校での数学特に微分積分、線形代数をそれなりにこなせないと量子力学、電磁気学、力学を勉強する際にかなり厳しいと思います。

kajuramさん推薦「ゲージ理論入門」、「クォークとレプトン」は多くの素粒子物理学者が座右の書にしているものです。これが読みこなせれば立派だと思います。私、じつは所々わかってないところがあります(自爆)。物理学を勉強しはじめだとなにやらさっぱりわからないことがいっぱい書いてあると思いますが早い段階で手に入れても損のない本だと思います。

この回答への補足

お礼です。
高校物理をやり直さなくていいということが分かり大いに助かっているのですが、数学がだめです。いま数学をやり直しています。「ゲージ理論入門」は今日、古本屋で見つけたのですが、それでもかなりの額で、あいにく手持ちのお金が不足して買えませんでした。座右の銘ということなので今度是非とも購入します。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 01:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。数学は得意でしたが高校を卒業してからはやっていません。
いま、早速、微分積分を勉強しなおしています。
少しずつ思い出してきました。線形代数はまったくやっていません。
「ゲージ理論入門」と「クォークとレプトン」の二冊、チャレンジしてみます。さきほど寄った本屋さんには置いてありませんでした。
土日にでも捜してみます。
それにしても、専門家のみなさんが寄ってたかって(?)これほど教えてくださるのには感動しました。
このサイトを利用するようになってからまだ日が浅いのですが、教えてくださる人たちがすべて専門家でしかも同じ人による複数の書き込みもこんなにあるのは初めてみました。
どうもありがとうございました。
高校での物理の知識はF=maくらいだということなので安心しました。
数学をやり直してみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/29 21:02

素粒子物理を専門にしているものです。


y_atan さんの最終的な目標は研究者になりたいという事でしょうか?
かなりの決意をしておられるようなので、そうだと思って回答を書きます。

確かに日本より海外のほうが研究の出来る環境があるのかもしれません。
大学院生の待遇などはアメリカの方がいいですから。
ただ、creol さんがもし日本の工学部出身でしたら
もう少し日本の物理の専門家のイメージは異なるかもしれません。
工学屋と物理屋は少し違うと思います。(私の考えですのが)
少なくとも、私は単位だけを取っている物理科の学生より a_atan さんのほうが魅力があると思いますし、そのように考える方は少なくはないと思いますよ。

ただし、会社を辞める前に一つだけ忠告があります。
ブルーバックスなどと違う数式を用いた素粒子物理をみても a_atan さんの
興味が変わらないかということです。
まずは、量子力学の教科書でも読んでみてください。
学部生も読んでいる本で易しいものとしては
 岩波書店 物理入門シリーズ5,6 量子力学I,II
が挙げられます。
読んでみてわからないところはここで質問すれば回答が返ってくると思いますよ。
始めは知識がなく大変でしょうが、本当にやる気があれば会社の休みの日でも利用して
少し時間をかければ全部理解できなくても多少書いてあることがわかってくると思います。
逆に、そのくらいのこと(理解ではなく努力のほうです)が出来ないと競争は厳しい世界ですよ。

>素人でも専門的な知識を得るためにはどのような本(或いは雑誌)を読めばいいのか
まずは、(解析)力学、統計力学、電磁気学、量子力学、相対論の教科書ですね。
また、これらを読むためには微分積分学、線型代数といった大学初等数学も必要です。
こういった基礎が理解できれば、場の理論、量子色力学、量子電磁力学、
など大学院レベルのものになってきます。
このあたりまで理解できたなら、後は y_atan さんがこれだと思うものから
どんどん研究すれば良いと思います。
他の分野での経験は新しいアイデアを出すための武器になると思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます! だいぶ具体的な道が見えてきました。まったく畑違いのことをしようと思っているのでどう進んでいいのか全然分かりませんでした。
いまやっとそれが見えてきました。
「岩波書店 物理入門シリーズ5,6 量子力学I,II 」を購入してやってみます。
「(解析)力学、統計力学、電磁気学、量子力学、相対論の教科書」の教科書というのすら分からないのですがよろしければ具体的なものを教えて頂けませんか?
なにぶん、まったくの畑違いなもので。
でもやる気は充分あります。
いままでは何をどうしたらいいのか本当に分からなかったので助かります。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/05/29 00:59

再び siegmund です.



> 仕事をやめるということに関しては別にまったく問題はありません。
> じっくり考える必要はありません。
> もうやろうと決めたので自分にとって可能な方法を模索し、実行していくだけです。

という覚悟でしたら私がどうこういう問題ではないように思いますが,
素粒子の研究までは遥かな道のりですので,そこはご認識下さい.

学部の物理がどの程度のレベルかは,
放送大学の番組である程度見当がつくかと思います.
物理学科の授業だと,放送大学よりはいくらかレベルが高いかも知れません.

この回答への補足

お礼です。
かなりの道のりでしょうが、「千里の道も一歩から」なので自分にできるかたちで頑張っていきます。先は長くてもがんばりますよ。できるだけ早く大学レベルの知識・知力を習得しようと思っています。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 01:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました! 裏技まで教えて頂いて助かります。
さっそく今度の土日にでも、本を購入したいと思います。
素粒子までの研究が遙かな道のりでも構いません。
基本的にわたしは勉強が好きですから(笑)。
わたしも分野こそ違え、国語(特に文章)では専門家です。作品こそ発表していませんが四年間芥川賞作家について文章修行をしてきました。高校時代は5教科の中で最も国語が嫌いだったのに。
好きになるということのパワーは自分でもよくやったな、と思うほどでした。
一生好きな勉強をつづけていきたいので素粒子までの道のりが遠くても構いません。辛いこともあるでしょうがそれはいままでもそうでしたからよく分かっています。
目的は留学することそのものではなく、あくまでも勉強・研究をすることですから自分にできる形でやっていきたいと思っています。
ただどうせ勉強するなら、本格的な本物の学問を、できるだけ恵まれた環境でやりたいと思ったのです。
どうもありがとうございました! 励みになりました。

お礼日時:2001/05/29 00:47

社会人になってから,最近どうしても本気で勉強したくてたまらなくなってきました,


という y_atan さんにまず敬意を表します.
勉強には意欲が一番でしょう.
だいぶ話は違いますが,10年くらい前に卒論の指導をした元学生が数年前に私を
訪ねてきまして,
「卒業してから会社で物理とほとんど関係のない仕事をやっていたが,
どうしても物理が勉強したくなったので大学院に入りたい」というのです.
いろいろ事情があって,結局他の大学の大学院に行きましたが,
そちらの先生と会いますと
「○○君は非常に熱心で,他の院生の手本になっていますよ」
ということだそうです.

ただし,実際問題として,「ブルーバックスなどを読んで少々かじった程度」から
素粒子物理学までは遥かな道です.
写真集で見るヒマラヤと自分で登るヒマラヤの違いみたいなものでしょうか.
私は中学生のころ物理の啓蒙書の類をかなり読み,
それがきっかけになってプロの物理屋となったので,
その遥かな距離はよくわかります.

y_atan さんもご自分で認識していらっしゃると思いますが,
いきなり大学院,研究室は無理です.
学部の物理の中心となる科目は kajuram さんも書いておられるように,
力学,電磁気学,統計力学、量子力学,物理数学,などですから
ここらへんの勉強は必須です.
出身学部と入る大学院は別に無関係でも構わないところが多いと思いますが,
大学院に入るのにふさわしい学力があるかどうかのチェックは
たぶんどこでも何らかの形であるでしょう.
通常の入試の形だったり,面接だったり...
大学院や研究室はそれなりに専門性が強くレベルも高いところなので,
ついていけない人間がいるとちょっと困っちゃいます.
kajuram さんの表現はちょっとキツすぎると思いますが,
それなりの学力を必要とするということです.

いずれにしろ,学部のレベルから勉強を始める必要があると思います.
イギリスの大学がいいか,日本の大学がいいかは,私にはちょっとわかりません.

日本物理学会の講演会については u13 さんが書かれているとおりです.
市民講演会はタイトルどおり一般市民向けです.
研究発表の講演も物理学会の会員でなくても参加できますが,
本当は参加登録しないといけません.
会員と非会員では参加登録費が違います.
でも,講演するわけじゃないから,こっそりもぐり込んでいてもわかりません
(ないしょですよ).

ご健闘を祈ります.
    • good
    • 0

アメリカで工学(結構物理より)の大学院生してるものです。


回答を少し。

もし、物理を勉強するなら、日本の大学はやめたほうがいいです。
イギリスはどうかわかりませんが、アメリカは勉強したいという者を拒みません。
これは重要な事です。
下の方のように、なめてるとかそういったことも言いません。
当たり前です。やる気のある人間を否定する理由などないですから。
日本の大学にはまだまだこういった心の狭い研究者、教授が山ほどいて
やる気のある学生を殺していってるのが事実です。
というわけで、学ぶなら日本を離れるべきです。

一番初めに思ったことなんですが、英語の方は大丈夫なんでしょうか?
帰国子女とか英語ががんがん使いこなせるなら、イギリスでもアメリカでも
大丈夫ではないでしょうか。

これまたイギリスではなく、アメリカの話なんですけど、大学院から勉強することも出来ます。学部時代の専攻とはちがう専攻で大学院に入学する事も出来ます。
あまりにも分野が違うと拒否される事もありますが、
探せばそういう大学院もあるんじゃないでしょうか。

それで力学、電磁気学、統計力学、量子力学などを勉強して素粒子の方へ進むとか。
僕の想像できる限りでもかなりの勉強量になると思います。

アメリカにもサマースクールという制度がありますが、詳しくは知りません。
研究所などでも学生(外部の人も)対象に行われてます。

社会人ということで学生に戻るなら仕事をやめるという事になると思います。これはy_atanさんの人生の中で大きな転換になると思いますので、
じっくり考える必要があるのではないでしょうか。

以上、参考になれば

この回答への補足

お礼です。
英語も駄目なので、いま物理用語などもできるだけ英語と併せて憶えるようにしています。たわいもないことですが、それだけでもなんか本格的に勉強しているなぁ、という気がして嬉しくなってきます。先は長いでしょうが頑張ります。大いに勇気づけられました。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/04 01:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました! 非常に心強いご意見、大いに励まされました。
残念ながら英語ががんがん使いこなせるわけではありません。それもこれからやっていく予定です。
以前から漠然と考えていたことなのですが最近だんだん本気でやろうという気になってきました。
いまとなってはあまりにも障害が多すぎるように思うのでなかなか本気になれませんでした。
来年にはすぐ留学とかいったことを考えているわけではありません。
5年後でも10年後でもとにかく自分に可能な方法でやっていこうと思っています。
途中で挫折したらそれだけの思い入れしかなかったということでしょう。そうならないよう頑張ろうと思っています。
仕事をやめるということに関しては別にまったく問題はありません。
じっくり考える必要はありません。もうやろうと決めたので自分にとって可能な方法を模索し、実行していくだけです。
別にイギリスでなくてもアメリカでも構いません。偉大な物理学者たちが出ているのでイギリスの方が環境としていいのではないか(気持ちの問題で)、と個人的な思い込みで書いただけです。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2001/05/28 20:48

日本である必要はないと思いますが、学部相当からやり直した方がいいと思います。


あなたは、研究室にはいるような留学を目指しているのでしょうか?
しかし、今研究をしているものから言わせてもらうと、物理の基礎学力のないものが
研究室をうろうろしているのは迷惑以外の何者でもありません。
ブルーバックスや科学系猛暑を読んだぐらいで物理をわかった気にならないでください。

それと、素人が専門的な知識を得るための本を教えてほしいと言われていますが、
学部学生が日常の授業で使う、力学、電磁気学、統計力学、量子力学を
まず理解してください。
その知識なしに、素粒子物理学を理解することは不可能です。

>無理だとか厳しいとか言う意見は求めていません
 と書かれていますが、あえて言わせていただきます。
 物理をなめてませんか???

この回答への補足

ちょっと誤解をされているようなので。
わたしは別に物理をわかった気になんて全然なっていません。
質問文をきちんとお読みになりましたか? 学問的な知識と呼べるものは全くありません、と書きました。
研究室に入るような留学を目指してはいますが、それはすぐにということではなく、物理の基礎学力をつけるためでも留学は構いません。
最初はみな素人でしょう? すぐに専門的なことをするために留学したいと言っているわけではありません。
必要なら日本の大学学部にもう一度入りなおして、それから留学ということも考えています。
できるだけ可能な最短コースを行きたいのでこの質問をしました。
最後に「物理をなめてませんか???」ということでしたが残念ながらなめていません。
絶対に不可欠というのなら、高校の物理の全ての範囲からでもやりなおそうと思っています。
わたしは本気なので誹謗中傷や人を小バカにした発言は撤回していただきたいですね。
第一、これが「専門家によるアドバイス」なのですか?

補足日時:2001/05/28 20:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「学部学生が日常の授業で使う、力学、電磁気学、統計力学、量子力学をまず理解してください。
その知識なしに、素粒子物理学を理解することは不可能です。」
↑こういう情報が欲しかったのです。どうもありがとうございます。
ためになりました。

お礼日時:2001/05/28 20:34

ヨーロッパの大学、研究所にはサマースクールというシステムがあって学生を受け入れていますが、社会人でこれに参加できるかどうかは申し訳ありません、わかりません。



学会の講演会ですが、日本物理学会があります。次回の会合は9月22-25に沖縄国際大学で行われます。一般方向けの市民講演会というのも行われるようです。詳しくは参考URLに挙げた学会のホームページでどうぞ。一般公演以外の玄人向けの公演も聞きに行くのは可能だと思います。本当は学会に入会して参加費を払わないといけないのですがこっそり聴きに行っても身元確認されたりつまみ出されたりすることはないです。聴いてためになる公演を見つけ出せるかどうかはまた別の問題ですが…

参考URL:http://www.jps.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考ページも拝見しました。専門家の方々がどのような活動をされているかがちょっと分かったような気がします。
自分でももっと調べてみます。
講演会の内容そのものがためになるかどうかはともかく、まずはそういう雰囲気に入り込むことも大事だと思うので助かります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/28 20:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【素粒子物理学を学ぶには?】必要な数学知識

物理に全く詳しくない数学科の者です。
ですので、専門の方にとってはナメた質問をするかもしれません。

素粒子物理学や量子力学、超弦理論を勉強するとしたら、
数学のどの分野の知識が大切になってくるのでしょうか。
ことさら、"時間に関する物理学"を学ぶためには、やはり量子力学をやるべきなのでしょうか。

大学の教授に聞いたところ、そこまでのレベルになってくると、どの数学が大切かわからないが、
最近は非可換幾何がそのような分野で注目されている、とおっしゃっていました。

また、もしよろしければ、その分野の先駆者がいるような大学院を教えていただければ助かります。
趣味程度ではなくて、研究者になるために勉強をしようと思います。
無礼を承知で、どなたかご教示お願いします。

Aベストアンサー

"現代の物理学"では確かに非可換幾何による運動の表現がより一般的な形として示されています。
また、ミレニアム問題で知られているように、物理学者だけではどうにもならない数学上の処理が数学者達に要求されていることも事実です。
勉強して理解したいだけなら、今までの理論の数学表現にあわせて数学を勉強すれば、よいでしょう。
しかし、"研究者として"物理を修めたいと考えるならば、今までの表現だけが出来ればよい。という態度であれば、大した理論も完成できずに終わるでしょう。
なぜなら、研究するなら、当然未知の現象にも出会うはずで、その現象の数学による表現をあなたが考える事になるので、今までとは別の表現が必要になるかもしれないので、他の方がいうように、数学の多数の分野に精通している方がより簡潔に正確に表現でき、後世まで残る理論になりうるのではないかと思うからです。
ちなみに私も物理を学習したいと思いつつ、まだ詳しくは習っていない素人です笑
お互い頑張りましょう。

Q単刀直入に言うと宇宙科学で必要な知識で物理学が有ります。しかし、物理学

単刀直入に言うと宇宙科学で必要な知識で物理学が有ります。しかし、物理学の中にも力学とか熱力学とか有りますよね。その、力学といっても色々とあるじゃないですか。その中で宇宙科学で使うと言うか必要法則を教えて欲しいのです。

Aベストアンサー

何が聞きたいのか良くは分からないが・・・、
例えば、天体の運動・形状・構造などを取り扱うものに天体力学とかがあるけど・・・。

Q私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません

私は中堅大学一年の物理学科に通っています。力学と物理学が全くできません。
力学と物理学が理解できるオススメの参考書があれば教えて下さい。

また、力学や物理学は必死に勉強しても解ける感じがしません。勉強すれば物理学の問題は理解できますか?

Aベストアンサー

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てくる、ラグランジェ方程式とか
ハミルトン方程式は、何に使うのか理解
出来ていますか。

ラグランジェ方程式は、古典力学
(今勉強しているものです)
ハミルトン方程式は量子力学に
使います。

>勉強すれば物理学の問題は理解できますか?
ある程度高度な理論(高等数学など)は
天才でもない限り、普通の勉強では理解
出来ません。凡人には、理解できないので
単位認定がかえって甘いような気がします。

大学もそれは、分かっていると思うので、
単位を取るための勉強をしてください。
繰り返しますが、基礎理論だけでいいです。

化学系では、こういうものができなくても、
量子化学(量子力学の化学への応用)
物理化学(熱力学、統計力学などの化学への応用)
が何とかなってしまうですが、
物理学科ということなので、基礎理論を
理解していないとまずいとおもいます。
理論物理の研究室に入るのかもしれないし、

手元にあった、力学の本でいいものが
あったので紹介いたします。

物理入門コース 力学 岩波書店

ちなみに、岩波の理工系の数学
入門コース 微分積分も優れた
本です。(高校数学が分かれば
理解できる)

力学で出てく...続きを読む

Q【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、 物理学では

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二酸化炭素の吸収が飽和している状態ってことなんでしょうか?

それとも海の海水は二酸化炭素より比重が重くて、二酸化炭素を海水が吸収しているのは錯覚だったということになります。

海が二酸化炭素より比重が重くて二酸化炭素を吸収していないとすると今後も地表に二酸化炭素は積もり積もっていくわけで悲惨ですが、

海の海水が水と同じく二酸化炭素より比重が軽くて、海の海水に二酸化炭素が重くて沈んでいっているのにも関わらず飽和して地表に二酸化炭素が増え続けているのとでは意味が違ってきます。

どちらなんでしょうか?

【物理学の難しい話】二酸化炭素が増えて地球は温暖化に進み地球温暖化が問題となっているが、

物理学では物質には比重があると教える。

水の比重を1としたときに二酸化炭素の比重は水と比べて1.6で水よりも重たく二酸化炭素は水より下に沈む。

地球には海があり海水が広がっている。

海水の比重は幾らなんでしょう?

海水より二酸化炭素の方が比重が重いと二酸化炭素は海水の下に落ちていくはず。

でも地表に二酸化炭素が残っており、二酸化炭素は地表に増え続けているという。

ということは海の海水の二...続きを読む

Aベストアンサー

君の考え方には密度の要素が抜けてるべさ

Qもし時を研究するとしたらそれは物理学に属しますか?

簡単な回答で良いです
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

物理学です。
時に関するSF的な発想も物理学がベースになっているので
物理学を選択することが一番の近道だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報