最新閲覧日:

先日、キャンプに行った時、車の後部座席の足を置くところに飲料水のタンクを置いて出かけたのですが、穴があいていたようで現地に着くとタンクの半分程度に水が減っており、後部座席が水浸しの状態になってしまいました。とりあえずマットを取り去り、しみ込んだ水を出来るだけ取ったのですが、まだ湿り気が残っています。このままだと車体がさびたりしてしまうのか心配です。何か対処の方法をご存じの方がいらしたら教えて下さい。

A 回答 (7件)

エアコンなどを意識的に使うことと、休みの天気のいい時に窓を開け乾かすことなどで問題ないと思います。


車の防錆は、室内の床下と室外の床下を比べてそれほど違わず、下地塗装(専門的には電着塗装)で錆びにくくなっています。雨降りに走行すると室外の床下は乾くまで濡れているわけで実際、それでも問題ないのが実情です。そんなわけなので、それほど神経質にならずに自分のペースで乾燥をさせる事で問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/31 09:05

 ぬらした際の初動処理には、バキュームは非常に有効です。

コイン洗車のバキューム(ビューティ製が多い)が簡単ですね。その際は乾いたタオルを吸い込み口に当てて、ふき取るような感じでバキュームを動かしてください。(タオルはこまめに乾いている部分にかえて)

既に2~3日過ぎているのでしたら、かつ今晴れていなければ、エアコンしかないと思います。
 古い車でなければ、そう簡単には錆びませんので(塩水除く)ご安心ください。ただ、あんまり湿ったままにしておくと、カビも可能性がありますが、臭い(室内に洗濯物を干した臭い)がしばらく残るかもしれません。
 なんにしても、今日中に処理してください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そういえば、何となく臭うような気がします。
早めに対応するようにします。

お礼日時:2001/05/31 09:03

だったら布団乾燥機はありますか


いずれにしても錆びだけではなくこの時期カビが心配です
問題が出る前に専門家に処置してもらう方がいいですよ
業務用の大きなバキュームで水を吸い取ってくれると思います
乾燥機だってあるかも・・・
    • good
    • 0

家庭用の除湿機を使えないですか(延長コードで引っ張って)



でも一番確実なのは
その車を買った販売店または整備工場で見てもらう事ですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

除湿器があればよいと思っていたのですが残念ながらありません。
自然乾燥させて、問題が出てきたら見てもらいます。

お礼日時:2001/05/30 15:04

 自然乾燥は、皆さんの回答どおりです。

外せるもの(無理ない範囲で)は全て外してください。
 後もし天気が悪かったら、エアコンを内気循環にして、風量を最大にして走ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
エアコンという方法もあるのですね。

お礼日時:2001/05/30 15:01

水分は出来るだけとった方がいいです。


足マットは取り外しが可能です。
後部座席も取り外しが可能です。外し方は車種によって違います。
座席を外すのが面倒であれば、足マットだけでもめくって水分を取った方がよいでしょう。ある程度水分をとってから、新聞紙等をマットの間にはさんで余分の水分を取り除きます。
また、出来るだけドアを開放して乾燥させることがいいでしょう。
簡単な方法はマットを捲って外気を入れ乾燥させることです。
これでだけでもかなり違います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
新聞紙ですか!
気が付きませんでした。試してみます。
座席の取り外しは、自分では出来そうもないので、窓を開けて放置しておきます。

お礼日時:2001/05/30 14:59

天気のいい日に窓を開けて放置する。


勝手に乾きます。
気になるのであれば、側面のプラスチックから全部、剥ぐことができます。
剥ぐのに、こつが必要なので専門家に相談してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。
晴れたらた、やってみます。

お礼日時:2001/05/30 14:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ