今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

限界利益の意義を教えてください。

何のために使用するのでしょうか?
そもそも必要ありますか?
営業利益ではだめですか?

ちなみに定義は理解しています。

限界利益=売上高-変動費
限界利益-固定費=営業利益

固定費はそもそも一律ならば、限界利益なんてそもそも必要ないのでは?


ご教授お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

会計士です。



限界利益は、管理会計・経営額を勉強しないと、
理解は難しいかもしれないですね。

限界利益自体の意義と問われると、それほどないのですが、
限界利益を売上高で割った限界利益率というものを、
会社がどれくらい売上を立てれば儲かるのかを検討する指標として使います。

経営者にとっては、「うちの会社はいくら売り上げたら儲かるんだ?」
というのを知りたいですよね?それを把握するために限界利益と限界利益率があります。

具体例をあげます。

A社・・・売上高100万円、変動費50万円、固定費30万円、営業利益20万円
B社・・・売上高100万円、変動費20万円、固定費60万円、営業利益20万円
だったとします。

変動費、固定費以外は同じ会社です。
A社・・・限界利益は50万円、限界利益率50%
B社・・・限界利益は80万円、限界利益率80%です。

では、営業利益がマイナスにならない(0円以上)ようにするには、
A社とB社はいくら売らないといけないかを考えます。

A社は、固定費として30万円必ずかかってしまいます。
営業利益を0円以上にするためには、固定費30万分以上の利益を獲得しないといけません。
しかし、A社の限界利益率は50%なので、売っても50%しか利益が出ません。
50%の利益で30万以上を獲得しないといけないので、60万円以上売らないといけないです。

同様に、B社は75万円以上売らないと利益が出ません。

このようなことを計算するために、限界利益はあります。

一例ですが、分かって頂けましたでしょうか。
    • good
    • 1

> 固定費はそもそも一律ならば、限界利益なんてそもそも必要ないのでは?



営業利益や経常利益など、企業分析上の経営指標的な面からは、仰る通りです。
いくら限界利益があろうとも、営業利益で赤字なら、「赤字は赤字」です。

しかし実際の経営上では、限界利益の獲得には意味がありますよ。
仕事が無い状態で、社員がブラブラしていても、固定費は発生しますよね?
そこで限界利益でも稼げば、「一律の固定費」の一部は回収出来るワケで、その結果、固定費は少し下のレベルで一律になります。

言い換えますと、限界利益は「やらないよりはマシ」のレベルであるから、「限界」と表記される由縁ですね。
あるいは「限界利益」と言う言葉が出てくる時点で、「その事業はヤバい」と言う目安でもあり、用語としてのニーズがあると言えるかも知れません。

また、限界利益がマイナスと言う商売は、基本的には有り得ない(例外は有り得る)ので、限界利益はプラスで標記される数値で、営業利益のマイナス標記のみでは、限界利益がいくらか?は一見では表現されていません。
従い、営業利益赤字の事業で、どの程度、人権費が回収出来ているか?などを見る経営指標的に、全く意味が無いワケでもありません。
即ち、リストラ目標値の設定などには有効性はありますよ。

いずれにせよ限界利益は、経営指標と言うよりは、経営判断に有用性がある数値かと思います。

尚、例外として、売れ残った場合、在庫コストや廃却コストが高額である状況などでは、その費用との見合いで限界利益のマイナスが許容されるケースは有り得ます。
    • good
    • 1

これは商売の方法によっても意味が違ってくるのですが、基本的には今の条件を変えずに一個余計に売れたらいくら利益が増えるかということです。


今の条件を変えずにということは、会社の規模、社員数、事業所数等を同じとするということです。ということは固定費は今と全く同じにして余分に一個売り上げが増えるという意味になります。
もし条件が同じで売り上げが増えるのであれば一個当たりの固定費はそれだけ減りますから利益率は上がることになります。
ただし売り上げが増えるとこれまで買ってくれない顧客にも売ることになるので販売価格が低下するのが一般的です。したがってどれだけ価格を引き下げても利益を増やすことができるかということも限界利益でわかります。それは仕入れ価格=売価の時点です。
この時がその会社の極大利益ということになります。
それ以上の利益を得るには基礎条件(社員数、事業所数等)を拡大しないとできないということになります。
こういうことを判断するのに限界利益の考え方は非常に役に立ちます。
    • good
    • 1

直接原価計算の「限界利益」は全部原価計算の「売上総利益」に相当するものです。



「売上総利益」は全部原価計算の利益概念です。財務会計は全部原価計算の手法で行われ、損益計算書では「売上総利益」が表示されます。

一方、「限界利益」は直接原価計算の利益概念です。直接原価計算の手法は、予算管理、原価管理、損益分岐点分析などの管理会計に有効です。ここに「限界利益」の意義があります。
    • good
    • 0

会社というものは儲けないといけないのです。


で、どうしたらいくら儲かっているかという基準がいくつかありまして、

限界利益=売上高-変動費

では、変動費=仕入れなどの費用なのです、
すると、

費用を賄うためにはどれだけ売り上げないといけないか。というのが限界利益なのです。
いくら売り上げても費用がかさんでいては会社として儲かったことにはなりませんよね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q粗利益と営業利益の違い

こんにちわ

粗利益と営業利益はどう違うのでしょうか。どちらも売り上げから経費などを引いているようなのですが、

会社を見る場合どちらの数字が高い方が儲かっている会社なのでしょうか。

Aベストアンサー

単純に説明すると上から

売上総利益(粗利益):売上総利益=売上高-売上原価
営業利益:営業利益=売上総利益-販管費(営業に掛かった費用)
経常利益:経常利益=営業利益-営業外損益
税引前当期利益:税引前当期利益=経常利益-特別損益
当期利益:当期利益=税引前当期利益-税金(法人税+住民税+事業税)

という計算になります。

単純に金額だけで見るのであれば、粗利益が大きいほうがよいのですが、
売上1億の粗利益5000万の会社と、売上3000万の粗利益2500万の会社では
後者の会社のほうが額は少ないですが粗利益率が高いので優秀な会社と言えるでしょう。

ただこれも業種により計算方法や優秀といえるパーセンテージが異なってきますので
一概に金額だけを見て儲かっているかどうかの判断は難しいと思います。

Q製造業の粗利益について

製造業の粗利益について

粗利益=売上総利益と説明しているものが多いですが

売上高から原材料等の変動費を引いた貢献利益や限界利益と同じ意味と解する説明も見受けます

正しくはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

「ところで製造業の場合・・」以下の文章が不完全になっていしまったので書き直します。↓


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、粗利益(そりえき、あらりえき、あらり)とは、全部原価計算においては売上総利益を指し、直接原価計算においては限界利益(または貢献利益)を指します。

ところで、売上原価の大部分は変動費ですが一部は固定費です。また、販管費の大部分は固定費ですが一部は変動費です。ですから全部原価計算における粗利益(売上総利益)と直接原価計算における粗利益(限界利益(または貢献利益))とは必ずしも一致しないのです。

さらに製造業の場合は、売上原価の主要部分である製造原価の大部分は変動費ですが一部は固定費です。この点も、全部原価計算の粗利益と直接原価計算の粗利益が一致しない原因になります。

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q変動費、固定費の算出法を教えて下さい。

初心者です。申し訳ありませんが、教えて下さい。


売上高   100,000
売上原価   6,000
売上純利益  4,000
人件費    16,000
水道光熱費  3,500
賃貸料    10,000
減価償却費  3,000
広告宣伝費  3,500
その他経費  7,000
経費計    43,000

営業利益   -3,000

・売上原価、広告宣伝費は売上に合わせて一定の率で変動する物とする。
・他の経費は全て固定費とする。


(1) この場合の、変動費は

(2) 固定費は

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか


頂いたお知恵は決して無駄には致しません。
何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上高の公式が参考書に書いてあるはずです。売上高と変動費と固定費がわかっていますから、それを公式に代入して計算するだけです。

(4) 売上が10%アップすると利益はいくらか

売上げが10%アップすると変動費も10%アップしますから、その数字を使って営業利益を計算しましょう。

(5) 売上原価が今より5%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これは、売上高がそのままで売上原価が今より5%減ったら営業利益がいくらになるのかを計算するだけです。

(6) 人件費等の固定費が今より10%ダウン(金額で)すると利益はいくらか

これも(5)と同じで、売上高がそのままで固定費だけが10%ダウンしたときの営業利益を計算します。

(7) 目標利益200万稼ぐ為には、いくら売ればいいか

参考書の損益分岐点売上高の章の終わりのほうに、利益計画の公式が書いてあるはずです。その公式に目標利益額と変動費、固定費、売上高を代入すると計算できます。

これは、参考書の練習問題ですね。

参考書には、変動費とは売上に合わせて一定の率で変動する物だという内容が書いてあるはずです。ですから、売上原価と広告宣伝費が変動費ということになります。それ以外はすべて固定費とみなして計算しなさい。という練習問題です。

(1) この場合の、変動費は

変動費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(2) 固定費は

固定費がどれだかわかりましたから、あとはそれを足し算するだけです。

(3) 損益分岐点売上高はいくらか

損益分岐点売上...続きを読む

Q原価になる費用と、販管費になる費用 ルールは?

会社の費用は、原価になるものと、販管費になるものがあると思いますが、どの費用がどちらに分類されるのかというルールはあるのでしょうか?それは何によって規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

>原価

 製品の製造にかかる費用
 材料費、製造に係わる労務費、外注費、製造部門で使う備品費、消耗品費、固定資産の減価償却費、電気代など
 製造に係わる間接要員(管理部門、管理職)の費用も含まれる。

>販管費

 販売や管理にかかわる費用
 営業、総務、経理の労務費や消耗品費やその他
 運送費

 上記の区分けがが基本だと思いますが、会社の考え方や区分けにより若干変ります。
 製造コスト以外を販管費(販売管理費)としています。
 細かいことをいうと、原則、建物費用や電気代、水道代も、製造コストと販管費に分けます。

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q粗利と利益の違いについて教えてください

粗利と利益(純利)と経常利益と売上高って
それぞれどんなもので、どのような違いがありますか?
またそれぞれどういう場面で必要になってくるものでしょうか?
教えてください

Aベストアンサー

otosun28さん、おはようございます。

粗利とは、単純に「売上げ」から「仕入れ金額」を差し引いた金額のことです。

ここでいう「売上げ」というのは、最終的にお客様からいただいた全てのお金のことです。それは一人のお客様からについてでも、百人のお客様からについてでもかまいません。

そして「仕入れ」というのは、そのお客様に売る商品の仕入れにかかった費用を「仕入れ額」と言っております。その仕入れの中には、仕入れのために必要だった「配送費」なども含まれます。ここでは人件費や光熱費、通信費は含まれません。

そしてそれらを差し引いて残ったお金が「粗利」ということになります。


つづいて「利益」ということですが、利益には「経常利益」とか「純利益」と言ったものがありますが、ここでは「純利益」についてお話いたします。

先程ご説明した「粗利」から更に、企業が運営していく上で必要な(ここで初めて)光熱費や人件費、通信費など(全ての費用「総費用」)を差し引いた「最終的に残ったお金」のことです。これを通常世の中では「利益」とか「純利益」とか言っております。

これがないと会社は「赤字」ということになります。

以上です。分かりますかねえ?

otosun28さん、おはようございます。

粗利とは、単純に「売上げ」から「仕入れ金額」を差し引いた金額のことです。

ここでいう「売上げ」というのは、最終的にお客様からいただいた全てのお金のことです。それは一人のお客様からについてでも、百人のお客様からについてでもかまいません。

そして「仕入れ」というのは、そのお客様に売る商品の仕入れにかかった費用を「仕入れ額」と言っております。その仕入れの中には、仕入れのために必要だった「配送費」なども含まれます。ここでは人件費や光熱費、...続きを読む

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q内部利益率(IRR)をわかりやすく説明してください

内部利益率(IRR)に関する資料を読んでいるのですが、うまく頭に入ってきません。

どなたか、わかりやすく説明していただけませんか?

Aベストアンサー

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場合を考えましょう。
この割引率をrからさらに引き上げていけば、NPVは減少していき、いずれNPV=0になりますが、このときの割引率(これがIRRです)は、(値をrから引き上げていったのだから)当然rよりも大きい値になっているはずです。
したがって、NPV>0ということと、IRR>rということは、ほぼ同じことを意味しています。
(同様に、NPV<0であれば、IRR<rとなっています)

では、このNPV=0となるときの割引率であるIRRとは何ものなのかということですが、「投資とリターンが等しくなるときの利回り」なので、要するに「その投資の平均利回り」と考えることができます。

簡単な例として、初期投資100万円、1年後に105万円得られるプロジェクトを想定してみて下さい。
NPV=-100+105/(1+0.05)=0
となるので、IRR=5%です。
これは「100万円を1年間投資して1年後のリターンが105万円である場合の利回りは5%です」というのと同じですよね。
因みに、もしプロジェクトの要求利回りが3%であれば、
NPV=-100+105/(1+0.03)=1.94
で、NPV>0で、IRR>要求利回り3%となっています。

したがって、極めて粗い言い方をすれば、
プロジェクトの要求利回り(r)=プロジェクトの借入金利%
IRR=プロジェクトの平均利回り%
NPV=プロジェクトの最終的な儲け¥
であり、
プロジェクトの利回りが借入金利より高ければ(IRR>r)、儲けが出ている(NPV>0)
と、感覚的にとらえてもいいと思います。(厳密な表現ではありません)

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場...続きを読む


人気Q&Aランキング