「有機分子が光学活性を示すためには、一般的には不斎炭素原子の存在が必要である。しかし、不斎炭素原子を持たない有機分子が光学活性を示す例があることも知られている。実例を挙げて説明せよ。」という問題が出されたのですが、全然分かりません。困っています。分かる方はどうか教えてください。

A 回答 (3件)

累積二重結合をもつ化合物でクムレンと呼ばれるモノがあります。


プロパン-1,2-ジエン(CH2=C=CH2)の水素三つを
それぞれCH3、Cl、Brに置換してみてください。
異性体がいくつできましたか?ポイントは四つの水素は
同一平面には存在しないということです。

ほかにも例はありますが、文章で表現できる自信がありませんので
名前だけ。

ヘキサヘリセン誘導体、
フェニルベンゼン誘導体
trans-シクロオクテン

興味があれば、追加質問してください。

ご自分で調べられる際のキーワードは
面不斉(面性キラリティー)、軸不斉、キラリティー
です。

この回答への補足

ありがとうございます!本当に助かりました。
とてもずうずうしいとは思うのですが、もし、
「二分子のマンデル酸のカルボキシル基が脱水縮合するとマンデル酸無水物が生成する。ラセミ体のマンデル酸を原料に用いると、(S)-マンデル酸同士が反応して生成する化合物、(R)-マンデル酸同士が反応して生成する化合物及び(S)-マンデル酸と(R)-マンデル酸が反応して生成する化合物が得られる。いずれの反応速度も等しいとき、これらの化合物の生成する割合はどのようになるか。」
という質問と、
「上で述べた(S)-マンデル酸同士が反応して生成する化合物、(R)-マンデル酸同士が反応して生成する化合物及び(S)-マンデル酸と(R)-マンデル酸が反応して生成する化合物の光学的な性質について各々述べよ」
という質問の答えも分かりましたら教えてください。お願いします!!!

補足日時:2001/06/01 20:40
    • good
    • 0

inorganicchemist さんの充分な回答がありますので蛇足に近いですが。



まづ最初の質問:
「いずれの反応速度も等しいとき」ですから,生成物は同じ量出来ます。今,(S)-マンデル酸をS,(R)-マンデル酸をRと略しますと,SはSとRと同じ速度で反応し同量の生成物を与えます。RもSとRと同じ速度で反応し同量の生成物を与えます。生成物は何でしょうか?同じものはありませんか?この点を考慮して下さい。

2つ目の質問:
上記の各生成物について,inorganicchemist さんがお書きの「メソ体、メソ化合物」を考慮する事と「R-RとS-Sの関係について」考えてみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!!
本当に助かりました!!!!

お礼日時:2001/06/02 23:45

速度が等しいのなら、「二枚のコインを同時に投げて


表・表と裏・裏と表・裏がでる確率はそれぞれいくらか?」
とおなじですね。たぶん。
(エステルは考えなくてもよいのですよね?)

酸無水物の真ん中にある酸素を通る鏡面を考えてみてください。
この鏡に映すと、
S-SはR-Rに、
R-RはS-Sになります。
S-RはR-Sになって・・・・・
実は、鏡の場所はどこでもよいのですけれどね。
つまり、S-Rの鏡像体は自分自身になるのです。

キーワードはメソ体、メソ化合物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に本当にありがとうございました!!!
すごく助かりました!

お礼日時:2001/06/02 23:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光学活性分子と非光学活性分子に関して

光学活性分子の溶液と非光学活性分子の溶液では光に対する性質はどのように違うのですか?
また、光学活性分子L体とD体の溶液では光に対する性質はどのように違うのですか?

Aベストアンサー

平面偏光の回転が観測される。
光学活性体はその回転が右か左に分かれる。
注意:大文字のL, Dは回転の方向を示す記号ではありません。

Q【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれている

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

Aベストアンサー

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。

現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物につい...続きを読む

Qこれの光学異性体の数えかたを教えてください。 できれば、2^n(n:不斉炭素原子の数)から 分子内対

これの光学異性体の数えかたを教えてください。
できれば、2^n(n:不斉炭素原子の数)から
分子内対称面を考えて、メソ体を引いて行くやり方でお願いします。

Aベストアンサー

真ん中の炭素二つが三価ですが、これでやるの?
残りのアルコール部位の炭素に不斉は無いの?

Q有機化学 環構造の不斉炭素原子

環構造の不斉炭素原子はどのように決めるのでしょうか?
環構造を形成する炭素原子が奇数個の場合は下の写真のようにわけて、R1≠R2≠R3≠R4なら赤丸の炭素原子が不斉炭素原子であるといえる、と理解しているのですが(間違っているかもしれません)、炭素原子が偶数個の場合はどのように炭素のうでを分ければいいのでしょうか。(偶数個の場合は奇数個の場合と違ってある炭素原子の向かいには必ず炭素原子がありますよね)

Aベストアンサー

着目している炭素 (この図だと赤丸をしてあるやつ) から, R1~R4 を 1つずつたどって並べていってください. その中に同じものがあれば不斉ではありません.

ただし「分子不斉」には未対応.

Q等核二原子分子と異核二原子分子の違い

等核二原子分子と異核二原子分子の分光学的違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

同じ原子で出来ていれば振動しても極性の変化が起こりません。
振動数は赤外線の領域にありますが赤外線の吸収に関しては不活性であるという事になります。
物理化学の教科書には必ず載っていることだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報