ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

内集団バイアスの例は何がありますか?
また内集団バイアスの社会的意義を適応の視点から述べよという問題があるのですが、どう答えればいいでしょうか?
わかる範囲で構わないので教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 内集団バイアスの社会的意義を適応の視点から述べよ


 
例えば、国家の運営がうまくいかず、社会がバラバラになりかかっているときに、仮想敵というか、敵国を強く意識させる世論誘導をすると、自国内のまとまりや高くなり、国家運営が容易になります。 国家でなくても、私企業でも競合企業とのシェア争いや生き残り、勝ち負けを意識させると、同じ企業内のまとまりが高くなり、目標達成に向けたベクトル合わせは簡単になります。私的な個人の仲間集団でも、例えば、ダンスや音楽演奏、スポーツの仲間集団でも、対抗的グループを意識することで、自分の属する内集団の結束や協力・共同行動の活動性は一段と高まります。 仲間集団でも、企業でも、国家社会でも、集団の結束の強さ、集団の活動性が高まれば、その内集団のメンバーは心理的に安心感が高まり、昂揚感や多幸感も高まります。

自分一人でなにかに熱中しているのでも昂揚感や多幸感は起きますが、自分が属していると思っている集団全体、集団に他の構成員も同じだという思い込みは、安心を高め、共同の喜びと仲間感の昂揚も高めるので、個人をハッピー感に酔わせることになります。
 
集団の構成員が、集団と同じ方向で結束し行動し思考していることにハッピー感を感じ、それを継続強化しようという感情傾向を強めるならば、その社会を継続的に運営するという観点に社会的意義は高いでしょう。 国家の危機を訴えるときに内集団バイアスの社会的意義はおおきいです。
逆に見れば、そこに集団のまとまりや壁ができてまとまって継続するということでもあるので、社会を改革し、新しい社会を創出するという面から考えれば、具合のわるいことであり、社会的意義はマイナスということでしょう。
ヨーロッパで各国毎の内集団バイアスが強ければEU共同体はできないし、イスラムやイスラエルを外集団とする内集団バイアスが強ければ世界平和は難しいです。
 
どちらの場合でも、独立性に不安を感じ易い個人にとっては、集団との同化・一体感・共同体のメンバーであるという思い込みができることは、社会適応、生存の適応にとっても大事なことです。
自分の能力や社会的地位、役割分担に不安を懐く人にとっては、内集団を意識させられ、内集団バイアスを持たされることはとても意義が高いことになります。 周囲から内集団を意識させられる機会が少なく、自分に自信が持てない・不安であるという場合、私はこの一家の主人だ、妻だ、娘だという意識を強く持つことで、自分の居場所を作り出し、精神の安定と、しっかりした生活を送ることができることに、内集団バイアスは貢献します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内集団バイアス

内集団バイアス(内集団びいき)の社会的意義って自分が帰属している集団には好意的な態度をとり、外の集団(帰属してない集団)には差別的な態度をとることであっていますか? またなぜ内集団バイアスは起きてしまうのですか?

Aベストアンサー

(1) 内集団バイアス(内集団びいき)の社会的意義って自分が帰属している集団には好意的な態度をとり、外の集団(帰属してない集団)には差別的な態度をとることであっていますか?
⇒ 内集団バイアスの言葉は、意味内容が確定していないと思います。 言葉を使う人によって考えている内容が違うのであれば、「内集団バイアスは~~~と考えてイイか」には一般論ではyes/noをいえないと思います。
例A:内集団バイアスとは、内集団に対して好意的に評価したり協力的に行動したりする一方で、外集団に対しては非好意的に評価したり、競争的・敵対的に行動したりする現象である。現在までの研究では、実在集団や最小条件集団において、信頼行動、協力行動、評価などの内集団バイアスが生じることが確認されている。
例B:自分が所属している集団の成員は、外集団の成員に比べ、実際には優劣の差がないにもかかわらず、人格や能力が優れていると評価することを内集団バイアスあるいは内集団ひいきと呼ぶ。内集団バイアスは原因帰属にも現れ、内集団成員の望ましい行動は内的原因に帰属されやすく(内集団に属していることに根本的な原因があると信じ込まれやすく)、望ましくない行動は外的原因に帰属されやすい(内集団に属しているかないかとは別の次元のことに原因があると信じ込まれやすい)。
なお、「身びいき」のようなイメージで(内集団びいき)を考えるとして、オリンピックやワールドコンペティションで自国選手を応援するような傾向を考えるならば、その帰属集団?のような認識が発生するメカニズムを検討した方が良いと思います。通常の心理実験などでは色分け、チーム分けなどで自他の集団を作為的に認識させますが、郷土、県、国別の意識はあっても、太平洋側/日本海側、アジア/欧州のような集団意識はなかなか発生しません。出身学校別とかは起きやすいですが、交際接触経験のない他人に関して内集団や外集団意識っぽいものが発生する原因を探ることが重要だと思います。 「集団帰属認識ありき」の前提で身びいきやバイアスの特徴を論じるのは、ちょっとおかしいように思います。
 
(2) なぜ内集団バイアスは起きてしまうのですか?
⇒ 領土問題や安全問題、犯罪、貧困、優劣などが、国や地域、地区、職業、勤め先、民族や宗教、学歴、知能の高さや身体障害などの区分で話題にされる場合は、明らかに認知バイアスが発生しています。 しかし、それらの認知バイアスや情緒反応の基とされている内集団の認知はどうしてできたのか、どのようにして集団帰属を認識出来たかということに遡って考える必要があります。 よく考えれば、「内集団と外集団とを自然に認識出来た」のではなくて、マスコミや扇動者・アジテータあるいは宗派のリーダ、行政府、企業の管理者などによって、集団の違いを認識させられているのです。 そう考えると、「内集団バイアスは起きてしまう」のではなくて、「内集団バイアスは人為的・作為的に作り出されている」ということでしょう。

日本選手が、日本選手団が、○○大のランナーが、新潟県出身の、我が社の、我が校の、当市の、農村の、○○の被災者の、というような表現で関心を集められ、そこに賛成賛同強調しないのは問題があるというような搦め手の宣伝で、このバスに乗らないのはおかしいよな気分にさせられた結果が、内集団バイアスと呼ばれるものになっている例が多いと思います。
 
下記のような実験も、競争関係集団を人為的に造り上げて、そこに帰属させるという工作をして、その結果を見ています。 勝ち負けの当事者に仕立てあげてしまうという工作が成功しなければ、このような実験も成り立たないことが多いと思います。
http://wwwhs.cias.osakafu-u.ac.jp/psy/DocJ/BT/2000/2000_4.htm

下記の実験も、帰属集団を意識させ、何かの遊具を使う順番も、一方の集団が先で/もう一方があとにさせたり、食事もそれぞれのグループでとらせたりし、やることなすこと集団単位にし、集団に帰属していることで損得や扱いが変わってしまう、自分の損得は帰属集団・運命共同体の損得と軌を同じにしていることを人為的に認識させています。 
http://d.hatena.ne.jp/lateral55/20060125/1138164502
 
これらの実験では、内集団の認知バイアスを調べているのではなくて、運命共同体/利害集団メンバーであることを認識させられた結果の認知バイアスを調べていることになるでしょう。

(1) 内集団バイアス(内集団びいき)の社会的意義って自分が帰属している集団には好意的な態度をとり、外の集団(帰属してない集団)には差別的な態度をとることであっていますか?
⇒ 内集団バイアスの言葉は、意味内容が確定していないと思います。 言葉を使う人によって考えている内容が違うのであれば、「内集団バイアスは~~~と考えてイイか」には一般論ではyes/noをいえないと思います。
例A:内集団バイアスとは、内集団に対して好意的に評価したり協力的に行動したりする一方で、外集団に対しては非...続きを読む

Q社会心理学における態度変容

社会心理学における態度変容とは何ですか?

Aベストアンサー

ある対象に対する個人の一貫した心の構えを「態度」といいます。そして、一定期間持続していた態度が何らかの原因によって変化することを「態度変容」といいます。

「態度変容」を促す“何らかの原因”には「外的要因」と「内面的要因」が考えられ、さまざまなモデルがあります。
広告においては「AIDMAの法則」というモデルが広く使われています。
Attention(注意)→ Interest(関心)→ Desire(欲求)→ Memory(記憶)→ Action(行動)という態度形成の各段階の頭文字をとったものです。

たとえば・・・広告を見てその商品を買った。誰かの薦めで映画を観た。なども「態度変容」であり、それぞれ“広告”や“誰かの薦め”が「何らかの原因」にあたります。

上記は、厳密に言うと社会心理学ではなく、行動心理学の領域でのお答えです。全体をきちんとご説明するには、関連する用語の説明も含めかなりの長文になります。できれば書籍を読まれ正確な知識を得られることをお薦めいたします。
ざっくりとしかご説明できず申し訳ございません。


人気Q&Aランキング