『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

現在65歳です。
20年前に2級を取得し、15年前に1級の検定を受け、不合格でした。
その後、仕事の都合で受験チャンスがなく、未だ、検定に未練があります。
しかし、受験者の年代を考えると、自分の年ではいかにも無謀のような気がします。

上手な友人と比べると、自分はそれほど運動神経が良いわけでもなく、
子供のころに父親に教えてもらったおかげで、年期だけは入ってます。

しばらく遠ざかっていた教程も買って読んでみようかと思っていますが、この歳で検定は
無理でしょうか?

合格するとは思っていませんが、1級バッチは憧れです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず1級はそんなに甘いものではありません。


失礼ながら質問者様のご年齢を考慮しますと、年間40~50日くらいの滑走をしないと1級のレベルを維持できません。
スクールや、指導員資格を持たれた方に指導を受けられていれば滑走日数は多少少なくなってもいいでしょう。

滑走不足でも検定挑戦するためには、オフシーズンは膝や腰を中心に強化トレーニングを実行してください。ランニング、軽いダッシュ、スクワット、背筋トレなどもしてください。


●まず、基礎小回りと横滑りは年齢的のも問題ありません。
●問題は大回りと、不整地種目です。

●大回りはスピードと切れ、ターンの質も求められます。

●一番問題なのが不整地小回りです。これは、スキー場、当日の天候、検定の都合によってゲレンデ環境が日々変わります。なるべく硬いコブ斜面を滑らされることが少ない検定会場の選択が必要です。下見が必要です。実際の検定も見るといいでしょう。日曜日の検定が比較的多いと思います。

●厳しい斜面を滑らされることが少ないスキー場が見つかったら、そのスキー場に連続して通いインストラクターから1級検定コースの指導を受けることです。

質問者様がコブ斜面を得意としているかどうか分りませんが、検定当日のゲレンデコンディションで硬いコブや深いコブを滑らされなければラッキーです。
八方尾根などの検定は厳しく、50人~80人受けても1人受かるかどうかのレベルですから会場選びは慎重におこなってください。

検定当日のゼッケンですが、3番から10番くらいのゼッケンが有利です。1~2番はフォアランナー(前走)の滑りと比較され不利です。
10番以降はみんな同じラインを滑るので荒れてしまい不利です。当日の検定申し込みは3~10番目までに並んでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

具体的な回答をありがとうございます。

憧れが現実になるためには、オリンピックに出るくらいの覚悟がないとダメですね。

所詮、遊びのれべるですから、1級所持者には失礼でした。

しかし、綺麗に滑ることは常に心がけたいと思っておりますので、同レベル目指して講習を受け、向上心を持ち続けていたいと思います。

その後折を見て挑戦することにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/02/12 08:40

スキー自体しばらくされていないのでしょうか?


もしされていないのなら、まず、どの程度滑ることができるかやってみるのが先決です。
年齢で自分の可能性を摘み取るのはもったいないことだと思います。

ちなみに1級って意外と上手くなくても取れます。
    • good
    • 2

こんにちは。


65歳で上達への意欲を持ち続けていることは、素晴らしいことです。
これからも、楽しいスキーライフを続けられることと思います。

さて、20年前の2級でしたら、おそらくまだカービングの滑りではなかったかと思います。
15年前の1級は、微妙ですね。
カービングに移行した初期かな?と思います。
いや、僕が1級取ったのが10年前なので、
まだカービングの滑りになっていない頃ですね。
おそらく、あなたは、ストレートの板で、受験されたかと思います。

さて、1級挑戦が無理かという話ですが、
決して無理ではないと思います。
私の周りでは、70歳前後になっても、1級レベルを維持(昔取った杵柄?)している人、
レースでバリバリ滑っている人、たくさんいます。
結局は、修練しだい、ということになります。

カービングの滑りでの1級合格に必要な体力的なスキルは、
まず、脚力です。しっかりと板を押さえ、踏ん張り、コントロールするのには、それなりの脚力は必要です。それをつけるために、年配の方はランニングをされている方は、多いです。

「技を身につければ、脚力なんて必要ないよ。カービングって、楽して滑れる板なんだから。」と言われる、上手な人もいますが、疑問です。
スピードが出て、斜度があって、重力や遠心力がかかって、雪面にエッジをかませて滑るのですから、脚力が必要ないわけは、ありえないでしょう。

次に、スピード感覚です。
1級の大回りの検定では、スピード感が必要です。
中級斜面以上の斜面で、思い切った速度で滑りますから、スピードが出せて、それをコントロールできなくてはなりません。
ですから、「スピード出して、急斜面をかっ飛ばすのが、好き!」にならないと、
無理でしょう。
暴走してはいけません、余裕を見せなくてはいけません。

1級というのは、一般スキーヤーにとって、
一つのステータスです。
ゲレンデで滑っている、上手なスキーヤーはたくさんいますが、
やはり、「まあ、1級なら持ってるよ。」と聞かれて答えられるようになりたいですね。
いくら上手くても、
「なんだ、上手くみえるけれど、1級持ってないんだ、ふーん。」と見透かされます。
「いや、俺、検定とか興味ないし。楽しく滑れればいいじゃん。」
というのは、まあ、言い訳とまではいいませんが、
英語得意だけれど、英検は取らないよ、みたいなものです。
仲間内ではいけてるけれど、社会では認められない、的な。

さて、横道にそれました。
1級の動画とか、教程のDVDとかありますね。
沢山見て、自分にできそうかどうか、ある程度判断できると思います。

後は実践あるのみです。
沢山滑って、自分なりの自信を磨いて、スクールや講習にも入って、
検定も何回も受けて、自分に足りないモノを理解して、進みましょう。
それなくして、
ネットや本で、研究しているだけでは、永久に憧れで終わります。
体力的には、ここ数年で限界が来ると思います。
今シーズンにかける!できることはなんでも頑張ってみる。
毎日ランニングして、運動する。

それぐらいの心構えで挑めば、良い結果がでるかもしれません。
受からなくても、今後のスキーライフを長く楽しめる結果になると思います。

頑張ってください。

この回答への補足

模範解答ありがとうございます。
スキーは好きです(父からもらった財産と思ってます)が、それほどのヘビーユーザーではないので、中途半端なスキーヤーですね。

1シーズンに7日程度しか滑っていません。同年代の知人と比べれば馬力はありますが、今年か来年が最後のチャンスかも知れないと思っています。
今からだと、志賀(SIA)のに行くか、水上(SAJ)のマイナーなスキー場に行くか、どちらも講習+最低2回の検定を考えてます。
今年がダメなら、来年早めに準備をしようとも思いますが、どちらが良いですか?

自宅は練馬なので、水上がアクセスしやすいです。
いずれにしても、普段の努力が必要とのご指摘。
準備をして今年は肝試し。
来年に向けて努力をしてみます。

補足日時:2014/02/09 10:40
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。

楽しみにプラスアルファ。
1級程度の滑りは維持していくためにも
講習、検定は目標として頑張ります。

お礼日時:2014/02/12 08:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー検定の受かりやすいスキー場、受かりにくいスキー場は?

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

Aベストアンサー

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?

八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

QSAJの1・2級に受かるために適したスキー板とは?

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した板はフリースタイル用パーク向け・ツインチップ板です。
(サイドカット110-80-103・R15)
またビンディングをメーカー指定のセンター寄りに取り付けています。
それと、ブーツは2バックル・フレックス90のものです。

そこで質問なのですが、
SAJ1・2級を目指す上で、この板では練習のはかどりが悪い・支障が出るといったことはありますか?
また向かないようでしたらどのようなタイプ(オールマウンテンスキー・デモ・柔らかめ・硬め・Rの値)を購入したいいでしょうか?
具体的に板の名前を上げて頂きますと助かります。

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した...続きを読む

Aベストアンサー

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そんなに早くどのコースもスイスイ滑れるようになったら、逆に飽きるのも早いですよ。
ツインチップも関係ないです。ノルディカのファイヤーアローなどはツインチップでもバリバリです。
ただし、基礎板に比べれば軽くて不安定な面はあるでしょう。

買い足すなら、普通の中級板で良いです。
基礎用と書いてあってもなくても良いです。基礎板なんて、海外メーカーはそれっぽい板を寄せ集めて「デモ」と書いてあるだけですから。
むしろ「デモ」と書いてないが故に安く処分されている板もあります。
センター76mmくらいまでのオールラウンドでも良いです。

カービングターンを覚えるまではサイドカット15m以下くらいの方が基本技術をマスターするのに都合が良いです。最初から大回り板を買うと遠回りになります。

例:アトミックの中級レジャー用「バリオカーボン」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/1001shopping/at-11-vario-c.html?ccode=ofv&pos=2&model=

日本では基礎板扱いの中級モデル「VF-Light」
http://item.rakuten.co.jp/sports-bazaar/s-sk100159/
海外では「ゲレンデ用スキー」ジャンルで「VF73」という名前になります。

ズッシリ重いのをいとわなければ「VF2」もボチボチ安いのをみかけます。
http://item.rakuten.co.jp/himaraya/0000000212388/
初級から1級の上まで幅広く使えます。
これも海外では「VF75」というモデルになります。

アトミックを例に挙げましたが、安売りメーカーを除けば各社それぞれ良いところがあります。

基本技術を身につけるのは良いのですが、「基礎スキー」はちょっと宗教じみた面があって、最終的にフリースタイル目指すなら客観的な視点を忘れない方が良いです。

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そ...続きを読む

Q歳をとってからのスキー

46歳男性です。生まれてこのかた一度もスキーを
したことが無いのですが、人が気持ち良さそうに
滑ってるのを見て、やってみたいなぁと思うようになりました。
ただ、中年から始めると事故やケガが怖いとも聞きます。
また、始めるのはいいけど、向き不向きがあるの
なら、それも聞いておきたいと思い、質問させて頂きます。

そこで質問ですが、↓こういうスペックの私が、スキーを
始めるとして、体力的・考え方的に果たして向いてるかどうか
ご教示ください。

1)スキーはもとより、スケート、一輪車などの
経験はこの歳まで一切ナシ

2)脚力は60歳台、体の柔かさは20歳台

3)やる以上は、中級の上ぐらいのレベルを目指したい

4)理論や形を理解しないと、実践に移せないタイプ

5)上手く行かないとすぐイライラする

もし向いてるということであれば、今後どのようなところで
どのような方法で習うのがいいのか、教えてください。
(千葉に住んでます)

Aベストアンサー

スキー運動の大きな特徴に
「外力の活用」
というのがあります。

ほかのスポーツと異なり、内力(プレーヤーの筋力など)だけでなく、滑走(重力による落下運動)から得られる遠心力などを活用して楽しむことができるスポーツなのです。つまり、省力的な楽しみ方もできるスポーツなのです。また、ゆっくり滑ったり、林の中を滑ったりと、嗜好性も多様です。

1)スケートや一輪車の経験などまったく関係ありません。スキーは、時には両足を同時同調させる運動も行ないますが、場面においては、左右の足を交互に操作したりもします。

2)前述したように、脚力や持久力が乏しくても、重力による落下運動から生じるエネルギー(外力)を活用できるので、それなりの楽しみ方が得られます。身体が柔らかいことは◎。

3)やはり、最初に、適切な指導者の指導を受けることが大切だと思います。SAJまたはSIAの公認スキー学校に入ってレッスンを受けてみましょう。ある程度滑れるようになったらシニアスキーツアーに参加してみては?

4)書店のスポーツコーナーに行けば、初心者用の本やビデオもたくさんあります。理論派であるのなら、スキージャーナル社から出ている『日本スキー教程(指導実技編)』を読んでみては?

5)今主流のカービングスキーを使用すると、小学校高学年・中学生の1班20名程度のレッスンでもまったくの初心者2時間で左右の連続ターンができるようになります。斜度の緩い林間コースなどなら、2時間程度で滑走できます。起き上がることも半日くらいで慣れるでしょう。イライラすることはないでしょう。

そのほか)用具の進化が激しいので、上達の第一歩は用具選びからです。レンタルの場合、粗悪な(古すぎる)レンタルに注意しましょう。
今シーズンは雪が少ないので、GWはあてになりません。これからだと、新潟のARAIスキー場がベストです。(設備が良い)

スキー運動の大きな特徴に
「外力の活用」
というのがあります。

ほかのスポーツと異なり、内力(プレーヤーの筋力など)だけでなく、滑走(重力による落下運動)から得られる遠心力などを活用して楽しむことができるスポーツなのです。つまり、省力的な楽しみ方もできるスポーツなのです。また、ゆっくり滑ったり、林の中を滑ったりと、嗜好性も多様です。

1)スケートや一輪車の経験などまったく関係ありません。スキーは、時には両足を同時同調させる運動も行ないますが、場面においては、左右の足を...続きを読む

Qスキー SAJバッジテストの点数について

先日、SAJの2級検定に合格しました。
質問ですが、受けた級によって、与えられる点数の上限って決まっているものなのでしょうか?
2級、全て66点で合格でした。が、当日の2級受験者20人中(4人合格)では 各種目66点が最高だったので、2級でエントリーすれば一番上がこの点数と決められているのかな、と感じた次第です。
というのも、同じバーンで行った 1級受験者の方々、転倒とか暴走気味とかの致命的に見える失敗されても、最低点が67点とかだったので(発表は1・2級同時でした)。
続いて1級にもチャレンジしたいと思うのですが、もし検定が絶対評価であれば、66点だとまだまだなのでもっと精進してから、と思うのですが、1級でエントリーしたらもっと高めの点をもともと期待できるのであれば、だめもとで申し込んでみようか、と考えている状況です。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。うらやましい。

かつてインストラクターをやってる人から聞いたのですが
1級は5種目×100ポイント=満点500ポイント
350ポイント以上合格(70%)
2級は4種目×100ポイント=満点が400ポイント
260ポイント以上合格(65%以上)

ってことになってます。
ここで、ぶっちゃけですが、
1級の場合は
・転倒暴走=67
・まだまだ=68
・あとちょい=69
・まあ合格=70
・合格!=71
・うまい!=72
2級の場合は
・転倒暴走=62
・まだまだ=63
・あとちょい=64
・まあ合格=65
・合格!=66
・うまい!=67

と、とどのつまり合格点(1級は70、2級は65)を中心に6段階評価やってるようなものなのですね。
だから1級と2級の間に点数の関係はありません。
1級を受験されたら、70点を基準に、超えてるか、まだかを大体6段階で評価されます。

と、2級を大回り以外64点で落とされた私がえらそうに答えてみました。(笑)

Q1級検定におすすめのスキー板は?

先シーズンの検定では、不整地小回りで2点足りず、合計1点の
不足に泣きました。 
来シーズンこそは雪辱をはらすべく、苦手種目の技術不足を新調板
に助けてもらおうと思っています。
アトミックのメトロンならば! と思いましたが、店員さんからは
 『検定には不向きな板』 と断言され、オガサカの板を何種類か
すすめられました。

“メトロン9”ってどうなんでしょうか?
ぜひ、皆さんのご意見をお聞かせください。 
どうぞ宜しくお願いします。

・ホームゲレンデの不整地はコブ斜面というより未圧雪コースです。
・当方、中肉、中背、おまけに中年仲間入り 1級以上は望み無し。

Aベストアンサー

メトロンB5に乗る前はアトミックの「arc-a」というSLベースの基礎板(157cmR=12mくらい)と、フォルクルの「ファンカーバーF5」という「スーパースポーツ4☆」の基になった板(158cmR=14mくらい)を、どちらも高下駄噛ませて乗ってました。
(どうでも良いんですが、フォルクルもファンカーバー時代はパッとしなかったのに、名前を変えて「基礎ラインですよ」と言った年からメジャーになりましたね)

メトロンに乗り変えてから、確かにパウダーとボコボコに荒らされた非圧雪斜面はムチャクチャ楽になりましたよ。ちょうどカービングスキーが出始めた頃と同じく「それはズルだろう」と思うほどです。
整地ではSLベースと比べれば穏やかな分、切り替えで遅れた時に「発射」コケする恐れが少なくなったと思います。サイドカーブ10mの割に融通がきいて大回りやクルージングもできますが、肘すりに興じるとちょっと忙しいかな。
B5は片側3.6kgと激重ですが、滑る分には1日で慣れました。見た目は派手ですが、乗り慣れてしまえば普通のカービングスキーですよ。「パウダーも滑れる9.10(arc-c)」と聞いた時に「なるほどな」と思いました。
まぁトップ幅130mmもあるのでコブでピッチリ足を揃える滑り方には適さないと思いますが…。

でも持ち運びがしんどいので、お金があったらm:9も欲しいなぁと思うわけです。まぁ、これからしばらくは子供の相手でMIDスキーの出番が増えると思うので、折れるかヘタるまで買いませんが。

試乗してませんが、m:11-B5Cという板があります。
無印B5に比べるとちょっとだけ軽く、トップ幅が狭くてサイドカーブもショートターン用としては緩め、164cmで14m。これならどうでしょう?
ちなみにメトロンシリーズは日本からの発案で製品化されたそうですが、欧米でヒットしてほとんどのメーカーから似たような板が出たのに、日本ではいまひとつ。遂に今期は無印B5の輸入を中止して(海外では継続販売なのに…)m:11-B5Cとm:9以下に絞るそうです。

今期から出る「ノマド」ってのもあり、ミドルモデルに試乗しましたが、こちらは大回り向き。サイドカーブが緩い割に踏めば深回り自在なカービング特性はアトミックらしく、これまた「余裕があれば欲しい1本」でも不整地小回りはメトロンほどオートマチックじゃないでしょうね。(試乗したのは良くも悪くも雪質が良い時。大回り肘すりが気持ちよかった)
あと、エランの「マグファイア12」ってのに春のザクザク荒れ雪で試乗。これは大回りで大爆走できる重戦車ですが、小回りはパワーがいりそうだと感じました。
ヘッドの「ゼノン9.0」とマグファイアの10はm:9そっくりのプロポーションですが、ヘビー級の私では深回りするとズレてくる印象。軽い人や女性だと操作しやすいかもしれません。(短時間の試乗ではそれぞれのメーカーのツボを見つけられなかっただけかもしれませんが)

海外ではこれだけヒットしたのに。ねぇ…。

まぁ、イントラで食べるために級が必要という人以外、結局は趣味ですので、楽しいと思う選択が一番だと思いますが。

メトロンB5に乗る前はアトミックの「arc-a」というSLベースの基礎板(157cmR=12mくらい)と、フォルクルの「ファンカーバーF5」という「スーパースポーツ4☆」の基になった板(158cmR=14mくらい)を、どちらも高下駄噛ませて乗ってました。
(どうでも良いんですが、フォルクルもファンカーバー時代はパッとしなかったのに、名前を変えて「基礎ラインですよ」と言った年からメジャーになりましたね)

メトロンに乗り変えてから、確かにパウダーとボコボコに荒らされた非圧雪斜面はムチャクチャ楽になりました...続きを読む

Qコブ練習に適したスキー場

スキー中級者です。今までコブを避けていたのですが、今シーズンから何とかコブに挑戦してみようと思っています。
まずは連続したコブの衝撃吸収に慣れる事から始めようと考えています。
そこで、緩斜面にある程度長さのある人工の小さなウエーブが作ってあり、ヒザ曲げのばしの感覚の練習ができるスキー場を、できれば関越道方面でご存知の方がいらっしゃったら教えてください。当方東京在住です。3~4時間程度で行けるスキー場であれば長野道方面でも行けるかな、とも思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩鞍も悪くないですよ、休日のお昼過ぎた頃に女子国に出来はじめるコブであれば・・・ですが。

コブ初心者であればエア台のあるようなモーグルバーンより自然コブの方が良いです、玉原のコブはかなり斜度が緩いのでコブが滑れなくとも中級(2級)程度の技術が有れば恐怖感無く練習できると思います。
さもなければ斑尾のように毎日キチンと整備するモーグル練習用バーンのあるスキー場か、ですね(練習用のコブ斜面としては国内随一のクオリティーです)。

4月5月になって雪が腐ってくるとコブの季節になります(その前に整地でのショートターンとポジショニングをキッチリ練習しておく必要がありますが)。
スピードが出ないので吸収さえ出来れば直滑降でもある程度滑れてしまうのですが、ここでコブの中でのターンとエッジングの練習をしないと次のシーズンに思い切り後悔することになります。

QSIAとSIAの差とバッチテストについて

スキーの連盟ってSIAとSIJの2つあるじゃないですか?この二つの差っていったいなんなのでしょうか。

それとスキーバッチテストのことなのですがSIAは検定の判定が曖昧でSIAの1級はSIJの2級に相当すると聞いたのですがほんとうなのでしょうか。わかる方おしえてください。

Aベストアンサー

YGucchiYさんに色々誤解があるようなのでまず日本のスキーに関する団体について説明しましょう。

スキー検定を実施している団体は以下になります。
(1) 財団法人全日本スキー連盟(SAJ)
(2) 社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)
(3) 日本テレマークスキー協会(TAJ)

その他の団体としては、日本プロスキー連盟があります。

日本プロスキー連盟と、日本テレマークスキー協会(TAJ)(テレマークスキーの団体)は、今回の質問に関係ないようなので省略します。

さてSAJとSIAの大きな違いは、アマチュアの競技団体と、プロの教師集団です。

(1)の全日本スキー連盟(SAJ)は、アマチュアの競技団体で、JOCと国際スキー連盟(FIS)に加盟していますので、オリンピックや、ワールドカップへの選手派遣なども行っています。

スキーの検定は、指導者検定と、スキーバッヂテスト、ジュニアバッヂテスト、クロスカントリー検定(説明省略します)があります。

スキーバッヂテストは、5級から1級までのハッヂテストと、プライズテスト(テクニカルプライズ・クラウンプライズ)に分かれます。

指導員検定は、準指導員(各県連主催)、指導員検定(全日本主催)

指導者資格と、テクニカルを受検するには、1級取得している必要があります。(年齢も関係あり)

詳しくは、取りあえずSAJのこのページみてください。
http://www.saj-edu.ne.jp/education/license.html

(2)の社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)は、スキーだけでなくスノースポーツの技術指導を目的とした専門家、プロの教師集団という事になります。
国際職業スキー教師連盟(ISIA)に加盟しています。
詳しくは、SIAのページをみてください。
http://www.sia-japan.or.jp/profile/rinen.html

SAJのバッヂテストにあたるのが、インターナショナルテスト(IT)です。
ISIAでは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階の国際レベルの検定です。
日本だけ、セミブロンズ、セミシルバー、セミゴールド、スーパーゴールドを合わせた7段階になっています。

SAJの検定は、国内限定であるのに対して、ITの3段階はISIAの国際基準でジャッヂされます。

とはいっても、人間の目で判断しますからバラつきはあります。


さて検定のレベルの話ですが、種目が違うので一概に言えないのですが大体こんなところです。
SAJの2級受かる人は、SIAのITシルバー(逆はちょっと??)
SAJの1級受かる人は、SIAのITセミゴールド(逆はちょっと??)
SAJのテクニカルプライズギリギリ落ちるレベルで、SIAのITゴールドは、大体受かります。(逆はちょっと??ただしゴールド合格レベルがあれば1級は受かります)
SAJのクラウンプライズでもよっぽどうまくないと、SIAのスーパーゴールドは受からないと思います。。
理由としては、検定の演技の要素がデモンストレーション能力重視であるからだと思います。
スーパーゴールドは、06/07シーズンに初めてSIAフェスティバルで実施されましたが、30数人が受検して2名しか合格しませんでした。07/08シーズンは、何名合格したかはわかりませんが、そのくらい難しいようです。

YGucchiYさんに色々誤解があるようなのでまず日本のスキーに関する団体について説明しましょう。

スキー検定を実施している団体は以下になります。
(1) 財団法人全日本スキー連盟(SAJ)
(2) 社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)
(3) 日本テレマークスキー協会(TAJ)

その他の団体としては、日本プロスキー連盟があります。

日本プロスキー連盟と、日本テレマークスキー協会(TAJ)(テレマークスキーの団体)は、今回の質問に関係ないようなので省略します。

さてSAJとSIAの大きな違いは、...続きを読む

QSAJテクニカルプライズテストに合格するために

50歳のおやじです。
スキー歴は30年と長く、1級は25年前に取得しました。昨シーズンから励みとしてテクニカルをめざしていますが、整地大回りや整地小回りは75点位が出せますが、不整地がまったくダメです。特に不整地小回りは70点位です。コブのレーンにそって2~3ターンはできますが、だんだんターン弧が合わなくなり、スピードが上がり、ポジションが遅れ、レーンをはずしてしまい、逃げてしまいます。とくにバーンが硬い状況では、てきめん滑れず2級程度になってしまいます。
私は、昔から、ポジションが後ろ気味なのか、プロペラターンができません。また、スキーの早い操作(回転数の多い小回り)が苦手です。克服するためにはどのような練習をしたらいいでしょうか。シーズンオフのトレーニングも含めてお願いします。

Aベストアンサー

イントラです。
本当に整地小回りの技術に自信がありますか?

不整地が滑れないスキーヤーは、30°を超えるような急斜面整地でのトレーニング不足が原因です。
不整地種目は「慣れ」が重要ですが、闇雲に不整地で練習し続ければ克服できるかと言えばそうではありません。
多くの場合、内手(内腰)が引けてしまい、ターン後半にローテーションして失敗します。
次に多いパターンが、重心を谷方向に落とし込めないためにターン前半の雪面コンタクトが不足し、ターン後半に圧が集中して失敗することです。
つまり急斜面整地における基本トレーニング不足が原因です。
自分自身が得意と思っている部分にこそ、問題があるのです。
これはスキーに限ったことではありませんよね。

私、そして私の顧客も急斜面整地トレーニングをこなしている内に、徐々に不整地が滑れるようになりました。
まずは急斜面整地をご自分のリズムで滑り切れるようになるまでトレーニングを積んでください。
ちょっとしたきっかけで不整地を滑れるようになれば、あとは「慣れ」と自己研鑽により上達していきますよ。

目標をもってご自身の好きなスポーツに打ち込めることは素晴らしいことです。
かげながら応援しております。

イントラです。
本当に整地小回りの技術に自信がありますか?

不整地が滑れないスキーヤーは、30°を超えるような急斜面整地でのトレーニング不足が原因です。
不整地種目は「慣れ」が重要ですが、闇雲に不整地で練習し続ければ克服できるかと言えばそうではありません。
多くの場合、内手(内腰)が引けてしまい、ターン後半にローテーションして失敗します。
次に多いパターンが、重心を谷方向に落とし込めないためにターン前半の雪面コンタクトが不足し、ターン後半に圧が集中して失敗することです。
つ...続きを読む

Q50歳からのスキー挑戦

大分県在住の50歳夫婦です。
スキーは一度もやったことがありません。
スキーをやりたくなり、九重スキー場でレッスンを受けたいと思っています。
50歳からでは、もう遅いでしょうか?
毎週のように登山をしており、体力には自信があります。
ゲレンデの初心者コースレベルで問題なく滑れるようになりたいと思っています。

ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

若い頃スキーブームに乗りシーズン券を買って毎週ゲレンデに通っておりました。
バッジテストを目指しスクールでセッセと修行しておりましたね(爆)
今は趣味、楽しみとして数回行く程度です。
でもスキー技術は興味があり年々変わる教程を習いにスクールに入ります。

カービングスキーが主流となり教程が全て変更になった時、どうせイチから覚えるならと再度バッジテストを受け直しました。
スクールが始まったら半分以上中高年、50代60代の方々でした。
皆さん気持ちも体力も若い、そして大人同士なのですぐに仲良くなりました。
知り合いの指導員の方に話を聞いたら年配の受講生が増えているとの話でした。
下手なスポーツより運動量が高く、空気が澄んでいるので健康増進には最高。
目標が高いところに魅力を感じるのだと思います。

今のスキーは道具が良く安全性も高いのでコツさえ掴めばすぐに滑れると思います。
何よりウェアは軽くて暖かいですね、昔はモコモコのダウンでも寒かった。
習う事の楽しさを楽しめたらバッジテストを目指しても良いと思います。
スキーは自己流よりも集中して習う方が早く上手になりますよ。

お二人で楽しむなら昔と違ってゲレンデも空いてますから快適に滑れると思いますし、自分のペースで楽しむ事が出来ます。
何より一度滑りを覚えると体が覚えてくれますから、体力に自信があればいつまでも滑れると思いますよ。

続くかどうか自信がないのならウェアだけ何とかして道具はレンタルで良いと思います。
受講して楽しくなれば一式揃えて良いと思います。
スキーに関しては安物、量販店では買わない事です。
スキー上達はブーツが自分にフィットしているかによります、それは専門技術が豊富なショップ、店員さんによります。
ブーツが合っていれば上達が早く楽に滑る事が出来ますよ。
楽しいスキーライフを願っております。

若い頃スキーブームに乗りシーズン券を買って毎週ゲレンデに通っておりました。
バッジテストを目指しスクールでセッセと修行しておりましたね(爆)
今は趣味、楽しみとして数回行く程度です。
でもスキー技術は興味があり年々変わる教程を習いにスクールに入ります。

カービングスキーが主流となり教程が全て変更になった時、どうせイチから覚えるならと再度バッジテストを受け直しました。
スクールが始まったら半分以上中高年、50代60代の方々でした。
皆さん気持ちも体力も若い、そして大人同士なのですぐに...続きを読む

QSAJバッジテスト1級受験に関して

SAJバッジテスト1級を今年から受験しています。
現在3回受験し、
一回目は3種目1点足りず、横滑り2点足りず275点。
二回目、3種目70点、横滑り1点足りず279点。
三回目、小回り、大回り1点足りず、横滑り、コブは70点で278点。

外向傾が作れず内倒。VTRを見ると案山子みたいに左右に倒れている。ターン後半、「外向傾を戻すのが早い」という指摘も。
スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。また小回りでは上に抜けている?との指摘。
確かに自分でVTRを見てもその通りなので直したいのですが…

質問①ですが、外向傾を出すために、外肩を落とす(肩のラインを雪面と並行にする)という意識を持って滑って良いのでしょうか?外足荷重を意識していけば自然と外向傾が出るのが良いのかなと思っているのですが、今のところそうなっていないので、多少強引でもそういう姿勢と言うかシルエット作りをして良いのでしょうか?

質問②重みを乗せられていないということで膝&股関節をまげて重心を落とすよう指導されるのですが、これで滑ると太ももがパンパンになります。以前(5年前)、2級を受ける前は太ももパンパンで普段から滑っていたのですが、当時2級を受ける際「体倒すだけでターンすれば疲れませんよ」ってことで内倒を教えられました。確かにそれ以降疲れなくなっていたので「素晴らしい技術」と思っていたのですが、一級を今年初めて受験してからというもの、指摘された「股関節&膝を曲げる」ととても疲れます。これはどう考えればいいんでしょうか?

ちなみに2級は講習内検定時代で三種目それぞれ67点、一回で受かっています。
以降五年程はスクール、検定一切受けず、今年から1級受験デビューしました。

専門家の方ご回答宜しくお願い致します。

なお、仕事のスケジュールなどで適宜受験しており、特定のスクールを決めて受験しているわけではありませんが、主に南信や北陸で受験しております。ただ、左記スクールは今シーズンの検定を終えているので、3月末に奥美濃で受験しようと思っております。初めてなので、奥美濃の受験についてもアドバイス等情報があればお教えください。

SAJバッジテスト1級を今年から受験しています。
現在3回受験し、
一回目は3種目1点足りず、横滑り2点足りず275点。
二回目、3種目70点、横滑り1点足りず279点。
三回目、小回り、大回り1点足りず、横滑り、コブは70点で278点。

外向傾が作れず内倒。VTRを見ると案山子みたいに左右に倒れている。ターン後半、「外向傾を戻すのが早い」という指摘も。
スキーに重みを乗せられていないという指摘が多い。また小回りでは上に抜けている?との指摘。
確かに自分でVTRを見てもその通りなので直したい...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問にお答えします。
外向傾と外足荷重は別物と思ってください。
斜面を横切るとき、直進方向ではなく、斜め下(谷側)に上体が向いた姿勢を外向傾と言います。
その時、私の場合、両足の荷重配分は9:1で外足のインエッジに乗っています。山足アウトエッジはほぼ接地しているかどうかです。

その後ニュートラル(ターンの終わりと次のターン始まりのつなぎ目部分)で一瞬ですが斜面に垂直に立ち、(ひざが完全にまっすぐになることはありません)次の谷足インエッジで雪面をとらえてターンを開始します。ここから谷足荷重が始まります。

>案山子みたいに左右に倒れている。
とあるので、もしかすると、ターンが頭を中心にストレート内倒の状態で始まっているのかなと感じました。これだと、外足荷重が見られないので減点になるのではと思いました。

「くの字」姿勢はご存知でしょうか。
谷足はインエッジで雪面をとらえているので、脚は山側に倒れます。逆に上体はバランスを取るために谷側に倒れます。これが外向傾の形です。カービングの板になって以前ほどの極端な姿勢は必要ありませんが、この姿勢が安定感につながります。

トレーニング法としては、外足インエッジ1本のみで何度も滑ってください。内足は上げます。切り替えたら次の外足インエッジでターンします。バランスがしっかりとれるポジションを自分で探してください。外足インエッジにしっかり重みをのせて滑れる腰の位置を見つけます。

>小回りで上にぬけている。
とありましたので、切り替えで伸びあがるイメージを、もっと「谷」方向に変えてください。怖いですが、谷に体を投げ出す感じ、斜面に垂直に立つ意識が必要です。これがわかると板が体の後からついてくる感じがわかるようになります。

あと一歩のところまで来てますので、頑張ってぜひ輝くバッチを手にしてください。

ご質問にお答えします。
外向傾と外足荷重は別物と思ってください。
斜面を横切るとき、直進方向ではなく、斜め下(谷側)に上体が向いた姿勢を外向傾と言います。
その時、私の場合、両足の荷重配分は9:1で外足のインエッジに乗っています。山足アウトエッジはほぼ接地しているかどうかです。

その後ニュートラル(ターンの終わりと次のターン始まりのつなぎ目部分)で一瞬ですが斜面に垂直に立ち、(ひざが完全にまっすぐになることはありません)次の谷足インエッジで雪面をとらえてターンを開始しま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング