【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

はじめまして。法律関係に詳しい方、電力関係にお勤めの方にお聞きしたいことがあります。

過電流について。

最近、悪質な業者(韓国系か中国系です)がずっと来ており、

家(マンションです)の電気系統の配線をいじくった為、過電流が発生しています。

(防犯カメラに映ってました)

朝・昼と掃除機、パソコンなどの電化製品を使用すると、急に機械が熱くなり、コードなどは

持てなくなるほど熱を帯びます。このままだと電化製品が全部過電流で潰れそうなので

なんとか防ぐ方法を教えて下さい。なお、警察等には届けても信用してもらえませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

過電流とは消費するほうの問題であなたが使っている電化製品の問題です。


もし、配線をいじったのであるなら、今までより細いものに取り替えて、その配線が過熱する。

ですから、今回の件はあなたが使っている家電側の問題です
    • good
    • 1

電圧や周波数は変えられますが電流の増減をして送るということはできません。


(とはいえマンションや家全体分の周波数の変更は難しいですけど・・・)
>朝・昼と掃除機、パソコンなどの電化製品を使用すると、急に機械が熱くなり、コードなどは持てなくなるほど熱を帯びます。
使用中の電気製品に何らかの異常が起きているのかも知れません。
コードというのが延長コードやタップなどの類であればそのタコ足などで容量の最大値近くまで電気を使っているのかもしれません。
掃除機は目詰まりするとモーターが発熱しますしPCもデスクトップだと電源部分などの冷却のためのファンが故障し停止すれば部分的に大きく発熱することがあります。
気になるならマンションの管理会社や電気保安協会に調べてもらうように相談してみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

理論的にはあまり考えられませんが、


契約している電力会社に点検を依頼すればコンセントの状態が正常かどうかはすぐに調べてくれますよ。
過電流が流れるには電圧が以上に高くなっているか、機械の種類によっては周波数の異常があるか、そのどちらかまたは両方でしょう。

マンションのようなところであれば建物内にキュービクル(変電設備)が有る場合もありますので、この部分に細工をすれば電圧を通常より高くすることは不可能では有りませんが、周波数のほうは簡単にはいきませんので、何かあるとすれば電圧の異常と言うことになるでしょう。

そのような異常であれば計測器で測ればすぐにわかります。
電力会社の検査で異常が認められれば、その異常の部位(分界点と言う物がありそこで責任の所在が切り替わります)によって、電力会社側で修理を行うか、マンション側で修理を行うかが決まります。また、どのような業者かはわかりませんが、正常な使用を妨げるような改造を施すことは法律によって禁じられていますので、処罰を受けるでしょう。もし無資格で行っていた場合も処罰を受けます。

いずれにせよ警察よりまずは電力会社に検査を依頼することです。































りろんt
    • good
    • 0

過電流というのは、電化製品などがなんらかの故障等が原因で本来の消費電力以上の電力を消費するために発生するものです。


本当に過電流であれば質問者さん宅の家電製品の異常です。
万が一過電圧であれば電源コードが熱くなるとか以前に家電製品は壊れます。

電力会社から受電する電力は、高圧電源ならば変電設備で低圧に変圧されて各戸毎に供給されます。
低圧ならばそのまま各戸に分配されて供給されます。
一般的な常識から言って、特定の部屋にのみ過剰な高電圧で電力を供給する事は不可能に近く、質問者さんの部屋が明らかにおかしいのであれば、おおよそ同じ階の隣近所の部屋も同じ現象が起きるはずです。

防犯カメラに映る悪質な業者を確認したと言っていますが、防犯カメラの映像は通常は誰にでも公開されるものではありません。
きちんとその辺の手続きなりなんなりを経て防犯カメラの映像に映るものを確認したとします。
それであればちゃんとそこには事件性や犯罪の可能性が確認できるはずです。
そういったものの提示があれば警察ではちゃんと捜査してくれるはずです。
それどころか信用さえしてくれないというのならば、これらの事象は全て質問者さんの妄言かと思います。

そもそも上で述べたように、マンションなどの集合住宅では電気系統の個別の操作はほぼ不可能です。
過電圧は供給する側に問題があれば起こりえますが、過電流は末端の問題であり負荷である家電製品が原因です。
    • good
    • 0

一般の家庭の電灯線、コンセントは、各戸のブレーカーを通っていて、過電流が起きればブレーカーが落ちるようになっています。



その「怪しい業者」は、家の中、玄関ドアの内側にあるブレーカーをいじりましたか?いじってませんよね。

外の配線にどのような細工をしようが、貴方の家の内側にあるブレーカーが「そのまま」なのであれば、過電流は絶対に起きません。

>朝・昼と掃除機、パソコンなどの電化製品を使用すると、急に機械が熱くなり、コードなどは持てなくなるほど熱を帯びます。

掃除機など、コードを出し入れするタイプの物は、コードを出し入れするたびに、被服の内側の導線が劣化していって、だんだん、電気が通り難くなります。

電気が通り難くなれば、電気抵抗が増え、増えた電気抵抗の分だけ、電気が熱になって放出されます。

つまり「コードが古くなれば、過熱しやすくなる」のです。

論理的、電気的、常識的に言って、貴方の言う「過電流」は「絶対に有り得ません」

単に「家電品が古くなって、過熱しやすくなっただけ」です。

電気火災が起きる前に、10年以上使った古い掃除機を買い換えましょう。

あと、暇があったら、精神科も受診して下さい。「被害妄想」という厄介な病気に罹っている可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気による機器の壊れる原因について

こんにちは、
1、ある機器の基板を電源を入れたまま抜き差しして、基板の中の電子部品が壊れた場合は、電子部品に「過電流」が流れて壊れると考えております。抜き差しした場合、過電圧が電子部品に印加されて損傷することがあるのでしょうか?

2、落雷などでは、信号ラインにサージ電圧(=過電圧)が印加されて、基板の電子部品が壊れます。また100Vラインに200Vを間違って繋ぐと過電圧によって機器が壊れますが、大半は短絡して「過電流」が流れて壊れるのではないでしょうか?如何でしょうか?

3、放射、伝導、誘導ノイズで壊れる場合は、過電圧で壊れるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.>抜き差しした場合、過電圧が電子部品に印加されて損傷することがあるのでしょうか?

あります。プラグを抜いたりして突然電流が切れたときにはコイルなどに大きな逆起電力が生じて、これが過電圧を生じる原因になります。

2.>大半は短絡して「過電流」が流れて壊れるのではないでしょうか?如何でしょうか?

短絡ではありません。落雷による大電流、高電圧が末端にまでノイズになって伝わるのでしょう。

3、誘導ノイズには時として微小電流ではあっても高電圧の場合があります。流れている電流がわずかな時間に0になると、計算上では無限大に近い高電圧が発生します。

Q過電圧・過電流が加わる原因

ある機器のレギュレータ部が破損してしまい、調べた結果、どうやら過電圧もしくは過電流が加わったのではないかとの結論になったのですが、落雷があったわけでもなく、12VDCのカーバッテリで電源供給していたため、何故そうなったのか原因がわかりません。(電圧が減衰する事はあっても、増幅する事はないと思うのですが。)
可能性としては、上記に挙げた要因の他、
1)静電気が帯電していた
2)配線ミス
が考えられますが、2に関してはミスがなかったことを確認しています。1に関しては、無人の状態だったため、放電する条件がなないとの見解で、要因ではないと考えています。(ただ、アースは接続していませんでした。)
弱電・強電関連の技術者の方に、他にどのような要因が考えられるか、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

過電圧もしくは過電流との事ですがこれは入力側に対してでしょうか、それとも出力側でしょうか?

バッテリー電源であっても回路内にリアクタンス(モーターやコイルなど)を含む場合、電源の投入や切断の際に誘導電圧でバッテリーよりはるかに高い電圧が発生する可能性はあります。またレギュレーターの種類によりますが、シリーズ型のレギュレーターでは入力電圧より出力電圧が高く保持されると壊れる場合があります。入力電圧<出力電圧となると言うのは一寸不思議に思うかもしれませんが、負荷側に平滑用のコンデンサーなどがある場合、その容量しだいでは、出力側の電位が高くなりレギュレーターに逆方向の電流が流れる場合あります。これを防ぐには正常動作時に逆方向になるように、入出力間をダイオードでつないでしまう方法があります。

いずれにせよ、情報が不足しています。せめて機器の種類、レギュレーターの種類を記載していただければ、より具体的な原因を推測できるでしょう。

Qコンセントの電圧が瞬間的に下がる。

去年9月末より現在の賃貸マンションに住んでます。
引っ越して来てから家電がバタバタと故障しだしおかしいと思ったので、電力会社で屋内コンセントの電圧を24時間測定器で計って貰った所、瞬間的に電圧が88ボルトまで下がる事が判りました。屋内ブレーカーから、各、部屋のコンセントへの配線に欠陥があるとのことです。
現在の状況は、夕方からマンションの他の部屋で電気が使われ出すと、電圧が低めになり(94~96ボルト)、その時にうちの部屋でドライヤーなどの機器を使用したところ、94~96ボルトきていた電圧がとたんに90ボルト、または、それ以下にまで下がってしまいます。そして、そのドライヤーの使用を止めると、とたんに電圧が100ボルト近くまで急激にあがるという状況です。また、その瞬間ブレーカーは落ちず、他の電化製品の電源のみがおち機器が止まるのです。
Mac(iMacDV 450)も壊れ、また新しいiMacを購入したのですが、1ヶ月経たないうちに以前使用していた物と同じような現象が現れてきています。(画面が上下左右歪んでくる、突然電源がおちる)
今まで壊れたものは、テレビ、コンピュータ(マッキントッシュ)石油ファンヒータ、空気清浄機、ドライヤーです。全て平成13年1月~6月に購入したものです。現在は冷蔵庫のモータ音が大きくなると同時に、プラスチックをバリッと割るような大きな音も頻繁にするようになってきました。
電力会社からは、電圧が低くて電化製品が壊れるというのは、考えにくいと言われてしまいましたが、普通に使用していただけの電化製品が、4ヶ月の間にバタバタと壊れるのは不自然であり、また、壊れたという事実があります。電圧が瞬間的に下がる、不安定という状況下で電化製品やコンピュータに本当に影響は無いのでしょうか?
御回答宜しくお願いします。

去年9月末より現在の賃貸マンションに住んでます。
引っ越して来てから家電がバタバタと故障しだしおかしいと思ったので、電力会社で屋内コンセントの電圧を24時間測定器で計って貰った所、瞬間的に電圧が88ボルトまで下がる事が判りました。屋内ブレーカーから、各、部屋のコンセントへの配線に欠陥があるとのことです。
現在の状況は、夕方からマンションの他の部屋で電気が使われ出すと、電圧が低めになり(94~96ボルト)、その時にうちの部屋でドライヤーなどの機器を使用したところ、94~96ボルトきていた...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。他の方のおっしゃるとおり、また電力会社もいう通り
>電圧が低くて電化製品が壊れるというのは、考えにくい~
のは、そうなんですが、これは低い電圧で維持される場合なんです。
急激な電圧変動が繰り返される場合は、これは大抵の電気機器で故障の原因になります。

早急な対策が必要であろうと思いますよ。
「あ、壊れた」で済んでるうちはいいのですが、場合によって火事という事にもなりかねない問題です。
管理人、もしくは不動産やさんでしょうか、もしくは大家さんかも知れませんが、早急に抜本的な対策を講じてもらう事をおすすめします。
明らかにあなた自身の過失とかって話じゃないですからね。
よかったら少し大きめの消防署に相談してみてください。
いろいろ教えてもらえるかもしれません。あるいは↓にメールで質問してみるのもいいかな。

http://www.fri.go.jp/

Q電気製品がよく故障する部屋

お世話になります。今の家に引っ越してから約13年になります。私の部屋のことなのですが、電気製品がよく故障します。コンポ、パソコン、空気清浄機、ビデオ、テレビ、携帯電話などなど。購入して一年もしないうちに原因不明の故障になります。突然電源が切れたり、つかなかったり、機能が使えなくなったり。ほとんどのものに5年から3年の延長保障をつけているので今のところテレビとビデオ以外は無償で修理してもらえていますがあまりにも故障が多いので不安です。ほかの部屋のものはほとんど故障しません。テレビなんて私の部屋では全くつかなかったのにほかの部屋では観れる、なんてこともありました。コンポやパソコンは去年から今年にかけて買っているのですが、それぞれ5回から6回も修理に出しています。東京電力に連絡してコンセントや電磁波などの影響を調べてもらいましたが、異常なしでした。何か原因があるのでしょうか?PCはWindowsXPが立ち上がらない故障で今月2回目の修理となりました。何かアドバイスありましたらお願いします。

Aベストアンサー

運が悪いとしか言いようがないかもしれません。回答者に対するご返答を見てみるとお部屋自体に問題があるとは思えません。もしメーカー保障期間で繰り返し故障知るようでしたら、欠陥商品かもしれませんよ。新品に交換してもらうとかサポートに交渉なさったらいかがでしょうか。修理履歴なんかはメーカーで保管しているはずですから。

Q電気事故による停電の際の賠償責任

電線を誤って破損させ、数分間の停電を引き起こしてしまった場合、停電によって損害を被った人に対してどの範囲まで損害賠償しなくてはいけないのでしょうか?

例えば、停電によってパソコンが破損した人がいた場合、パソコンの修理費を弁償するべきなのでしょうか?
また、そのパソコンのデータに対する損害なども賠償しなくてはいけませんか?

また、会社などが停電によって、「営業に支障をきたした」と言われた場合、その遺失利益も賠償すべきでしょうか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

停電に拠る損害賠償は全て起因者が賠償する責務があります。
電力会社は自らの設備の不良、従業員等の過失に拠り停電を惹起した場合は電力会社が損害賠償をします。
但し、雷・台風・地震等の自然災害については補償はしません。
尚、電力会社は起因者に電力会社の被害額を請求します。
第三者(質問者の方の様な)の不法行為が原因で停電を惹起した場合は起因者の責任に於いて賠償しなければなりません。
例のパソコンの故障ですが全て最新の機種(停電補償システムが無い)と限りません(プログラムも旧タイプ)ので瞬時停電(瞬き程度以下の時間)でプログラム、データが消える事は多々あります。
其の場合は双方話し合いで損害額を決定しなければなりません。
データを作成するには多大な時間が必要な場合が有りますのでご注意下さい。
又、会社関係で電子制御で製品を作成している場合其の工程での製品不良が出ますので何百万円の不良品の補償が必要となります。
要するに被害者が損害を立証すれば全て起因者が賠償する事が必要です。
尚、NO1の回答の様に電力会社は電力供給の義務がありますので損害賠償を盾に取り供給停止する事は絶対にありません、電力会社OB(損害賠償・法務担当)として一言申し添えます。

停電に拠る損害賠償は全て起因者が賠償する責務があります。
電力会社は自らの設備の不良、従業員等の過失に拠り停電を惹起した場合は電力会社が損害賠償をします。
但し、雷・台風・地震等の自然災害については補償はしません。
尚、電力会社は起因者に電力会社の被害額を請求します。
第三者(質問者の方の様な)の不法行為が原因で停電を惹起した場合は起因者の責任に於いて賠償しなければなりません。
例のパソコンの故障ですが全て最新の機種(停電補償システムが無い)と限りません(プログラムも旧タ...続きを読む

Q雷で電気製品が壊れた場合の損害保険

初めて質問します。
電気製品が雷によって損害を受けた場合、家財の火災保険で補償されることと思いますが、そこで必要となる「落雷証明書」の発行を依頼すると証明書の発行を拒否されました。
小さな店ではなく、全国展開をされている大型家電店なのですが、質問をしても「落雷した所を見た訳でないので証明できない」と。確かに雷が落ちて電気製品に電流が入る場面など、見ていないのは当然なのですが、とにかく証明書は書けない。『過電流による破損の見積書類なら書くけど、手数料2100円かかる』と言われました。
そんなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に「気象台」で天気関係の証明は発行してくれると思いますよ。
ただし、気象台では「そこに落ちた」という事は解らないと思うので「当日の天気状況から落雷発生の可能性がある」程度だとは思いますが。

リース物件の落雷による動産綜合保険適用についてリース会社に聞いたところ「気象台で証明を貰ってくれ」との事で対応したことが数回有ります。

Q中性線欠相事故について教えて下さい。

電気については素人ですが、漏電遮断器について調べていて疑問が湧きました。

赤、黒、白(中性線)の3線があるとして、赤と黒の電圧差が200V、赤白、黒白の電圧差がそれぞれ100Vだとします。

中性線欠相事故は、赤白、黒白に接続した、100V用の負荷に、白の中性線が切断することで、最大で赤黒の電圧差の200Vが印加されてしまう事だと理解しています。

しかし、なぜ、100Vの各負荷を、赤白、或いは、黒白のどちらか一方だけに決めて接続しないのでしょうか?

片方だけであれば、中性線が切れても、停電するだけで過電圧の事故などは起こり得ないと思うのですが。

Aベストアンサー

 >しかし、なぜ、100Vの各負荷を、赤白、或いは、黒白のどちらか一方だけに決めて接続しないのでしょうか?
どちらかだけには決めてませんが、既にやっています。
この方法は主に分岐回路に使用されていて、通常2P1E(2極・1引外し装置)の100V15A又は20Aのブレーカーを使用して、赤-白、黒-白を独立させて結線しています。
その為、負荷への配線は主に単相2線式なので、質問者様の仰る配線となっており、白相が欠相しても200Vは掛かりません。

次に本題ですが、単相2線式にした場合を考えてみましょう。
上記の説明より既に負荷側は単相2線式なので、主回路を単相2線式にした場合を考えます。
負荷の赤系統、黒系統に対してそれぞれ2本ずつ必要なので、合計4本の線が必要です。
主回路の配線ですから、60sq以上の配線を使用するなどは当たり前です。
そういった太い線を、引き込み点から分電盤までの間で、単相3線式より1本余分に施工しなければならないので、設備費用と労務が無駄になります。
それなら2本だけで良いじゃないかと思われるでしょうが、2本にすると合計の許容電流の問題から電線を太くする必要があります。
電線の太さが倍になったら電線の値段も倍とはならず、それ以上の値段になるので、これまた無駄な出費になります。

一方、単相3線式は、赤相、黒相の負荷が平衡している場合、両相の電流が打ち消し合い、中性相には電流が流れません。
つまり0Aという事は、白相には熱が発生しないので、3本あるにもかかわらず2本とすることができ、配管内の容積率を抑える事が出来ます。
それらに加え、主に主回路で使用されているので、1度施工したら後に改修する頻度も少ない為、中性線が欠相してしまう恐れも少ないと言えます。

こういった理由から、単相3線式が採用されています。
知識としては重要な事項ですが、主開閉器の締付けを確実に行えば、それほど起こるものでも無いという所です。

 >しかし、なぜ、100Vの各負荷を、赤白、或いは、黒白のどちらか一方だけに決めて接続しないのでしょうか?
どちらかだけには決めてませんが、既にやっています。
この方法は主に分岐回路に使用されていて、通常2P1E(2極・1引外し装置)の100V15A又は20Aのブレーカーを使用して、赤-白、黒-白を独立させて結線しています。
その為、負荷への配線は主に単相2線式なので、質問者様の仰る配線となっており、白相が欠相しても200Vは掛かりません。

次に本題ですが、単相2線式にした場合を...続きを読む


人気Q&Aランキング