一人会社の設立を考えています。
そこで個人で中古マンションを購入し、会社に貸す、という形ができないか考えています。
この場合正式な契約書を作成する必要はあるのでしょうか。
(資本金は最低限に設定するつもりなので、会社としてローンを組むと長期になってしまいます。)

あと、バイクもプライベートでは乗ることがないのですが、名義は個人になっています。
手続きをする暇があるかわからないので、こちらも会社に貸し出すという形にできるといいなと
考えているのですが、金額や書類など調べてみても見当たらず、御存知のかたがいらっしゃったら
教えて頂けるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 >中古マンションを購入し、会社に貸す、という形ができないか考えています



  可能です。
  ただし、家賃が適正でなければ否認される恐れもありますのでご注意を。


 >この場合正式な契約書を作成する必要はあるのでしょうか。

  必要です。
  同族会社の法人とその役員の取引となりますので、賃貸借を証するものと
  して作成しておくべきです。


 >バイクもプライベートでは乗ることがないのですが、名義は個人になっています

  完全にダメということはありませんが、名義変更してそれにかかる費用を全額
  法人の費用とするのがベストです。
  名義変更しなければ、税金についても個人名で切符が送付されます。
  個人名のものを法人の経費としていれば、それが完全に法人で使用していたと
  しても、あらぬ疑いをもたれる事となります。
  今、面倒な手続きをしておくか、後から面倒な事に巻き込まれるか・・・
  考えて見てください。

 
 >こちらも会社に貸し出すという形

  可能ではありますが、いくらで賃貸するのですか?
  あまりに高額な賃貸料であれば、これも否認される(役員報酬とされる)恐れが
  あります。
  耐用年数も過ぎて価値の無い様な物であれば、時価(中古取引相場)で法人が
  買上げたらいかがですか?
  10万円未満であれば、法人の一時の経費となりますし、20万円未満であれば
  一括償却資産として3年で費用化できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、具体的な説明で、ベストアンサーにさせて頂きました。

お礼日時:2014/03/25 12:53

当然必要になりますよ、、、個人と会社、、、公人を分けて税金がかかるのだから。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

でしょうね。

お礼日時:2014/03/25 12:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失敗しない中古マンションの購入を教えて下さい!!

中古マンションを購入することになりました。
一括の予定です。
まだ、マンション探しを始めてないんですが、中古マンションだと、下見の時にどこの部分を注意して見ておくべきですか?
また、どんなことを不動産会社に聞いておくべきですか?
失敗しない中古マンションの購入方法を教えてください。

Aベストアンサー

中古マンションは「管理体制」が一番気になります。

管理組合がきちんと運営されているか?
修繕積立金・管理費はきちんと回収・運用できているか?

この点は、管理組合にて確認できますし、現地でマンションの清掃、自転車置き場、エントランスの張り紙、を見るとつかめます。

入居後に外装の大規模修繕で50万円の請求。。などもありますので、必ず確認を。
また、修繕積立金・管理費未納の入居者がいるのか?その方への対応はどのようになっているのか?


あとは、最近話題の建築基準法改正1981年前後か?ですね。
施工会社の確認も忘れずに「鹿島」「竹中工務店」「大成建設」「大林建設」などスーパーゼネコンが理想ですね。
事業主なら「三井不動産」です。

たくさんの物件を見ることと、気に入った物件があれば住んでいる方に聞いてみる事が間違いないですね。

Q有限会社設立の為\300万を貸すのは?

お金のことは まったくの素人なので、お教えくださいませ。

娘が 友人と 有限会社を創りたいからと300万円を貸してほしいといってきました。

300万とは、有限会社設立の際に、銀行に預けてあることが 設立の手続きに必要になるからということなのです。
その手続きが完了すれば、全額おろせるので すぐに返せるから、との弁。つまり 見せ金?ということらしいのです。

そんなに うまくいくものなのでしょうか?

そのために\300万を貸すということについて
法律的なこと、リスクなどお教えください。
どうぞ よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。
皆さんやはり法律の側面から、否定意見が多いいようですね。
でも私は基本的に、#11さんと同意見です。

>娘は 友人と フリーでホームページを作る仕事を請け負って仕事をしています。
>仕事は順調なようです。

とありますが、私の友人も同一の仕事をしていて、同じように会社組織にして欲しいといわれた事があり、法人設立しております。
企業との取引は、この会社組織というのが非常に大事なんです。特に大きな仕事は、いい仕事をしてくれると分かっていても、発注ができないことがいっぱいあります。

今現在、この種の仕事をしていて、利益が上がっているのなら、とりたてて運転資金は必要ないでしょうから、設立資金を貸してあげたらいかがでしょう。
借用書とはいわずに、#11さんがいうように、別段預金から移す預金口座を、akiyoteaさんが管理して、通帳・印鑑を保管しておけばいいのではないでしょうか。
私は法律の事は置いておいてといいましたが、もしどうしても違法性が気になるのでしたら、娘さんの仕事が順調にいって返せるまでその口座に預けておけばいかがでしょう。
多少の利率と預けておく口座が変更されますけど・・・

#1です。
皆さんやはり法律の側面から、否定意見が多いいようですね。
でも私は基本的に、#11さんと同意見です。

>娘は 友人と フリーでホームページを作る仕事を請け負って仕事をしています。
>仕事は順調なようです。

とありますが、私の友人も同一の仕事をしていて、同じように会社組織にして欲しいといわれた事があり、法人設立しております。
企業との取引は、この会社組織というのが非常に大事なんです。特に大きな仕事は、いい仕事をしてくれると分かっていても、発注ができないことがいっ...続きを読む

Q中古マンションを買いたいのですが、新築マンションの場合だと購入時の修繕

中古マンションを買いたいのですが、新築マンションの場合だと購入時の修繕積み立て一時金のような名目で30万ほどかかるみたいですが中古マンションでも必要なのか教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
私が中古マンション購入したのは15年ぐらい前になりますが、そういったものはなかったと思います。
ただ前所有者が修繕金や管理費を滞納していた場合はそれを清算する必要があると聞きました。
こちらのページは参考になりますでしょうか?

参考URL:http://www.eloan.co.jp/howto/topic.php?n=16

Q一人会社を設立した場合の給料について

ど素人質問ですみません。税務署の方にきけばいいのですが、もしよろしかったら教えてくだい。
自分は今年の6月に合同会社を設立しました。
自分への報酬の手続きはしていません。
ぼちぼち売り上げも上がってきたので、報酬の手続きをしようと思うのですが、もし来年1月に手続き用紙を提出した場合、会社の講座から引き落とすことができるはいつくらいになるのでしょうか。
また、もし経営に負担がかかるくらいの報酬を設定した場合に、税務署からの審査などは入るのでしょうか。

みっともない質問で申し訳ありませんが、もしよろしかったら教えてください。

Aベストアンサー

役員報酬だけを考えれば、税務署への届出義務はないでしょう。
あくまでも源泉所得税の納付のために給与支払事務所の開設の届出をするだけです。

税務署が会社の経営に口を出すことはありえません。経営は株主(出資者)とその株主に委任された役員で行うものであり、税務署ではありませんからね。

ですので、社内の処理として社員(出資者)総会による役員報酬を決定し、税務署へ給与支払事務所の開設の届出を行えば、すぐにでも法人の口座から役員へ支払うことは可能でしょう。

注意点としては、税務署は税務上の計算の中の損金(費用に類似)として認められる役員報酬かどうかを問題にする可能性があります。ですので、あなたの働いた結果の世間相場の範囲内であれば、まず問題はありません。そして、一般に役員報酬として損金処理ができるのは、定期定額給与である必要があります。毎月同じ時期に同じ金額を出さないといけないのです。月によって利益が出なかったから役員報酬を減らすなどということを認めれば、役員報酬による税金対策ができてしまうからです。
年間通して役員報酬を変動させる必要がある場合には、その場合に限って税務署へ事前に届けることで変動させる役員報酬とすることは可能です。このような場合には、未払いなどの処理も問題になるかもしれませんね。

ですので、1年程度をめどに役員報酬を設定し、年1回程度社員総会などで役員報酬を定め直せば問題はないことでしょう。世間相場と書きましたが、あなたの経営手腕で設ければ、世間相場である必要はないでしょう。ただ、利益や事業規模にそぐわない役員報酬や経営判断でころころと変わる役員報酬などとならないようにしなければならないことでしょう。

1人会社というものをどのようにとらえられているかわかりませんが、たぶん、出資者と経営者が同一で、実業務を行う従業員を雇用せず経営者自ら実業務を行うということでしょう。
このような場合ごちゃごちゃに考える人が多いと思うのですが、出資者と経営者と法人のそれぞれの立場で考えて行く必要があることでしょう。

税務署にびくつく必要は全くありませんが、税法などを知らずに会社経営していくことにより、税務調査で痛い目にあってもいけないことでしょう。本来は、自己申告が原則の税務ではありますが、複雑怪奇なものになっているとも過言ではないことでしょう。それを上手に活用するという面では、税理士への依頼も重要だと思います。私は、事業規模が小さいままで厳しいので税理士に頼らずに、自ら学習して頑張っています。ただ経営者が事務処理などのために時間を費やし過ぎると経営が傾くことにもつながりかねません。バランスが重要ですね。

役員報酬だけを考えれば、税務署への届出義務はないでしょう。
あくまでも源泉所得税の納付のために給与支払事務所の開設の届出をするだけです。

税務署が会社の経営に口を出すことはありえません。経営は株主(出資者)とその株主に委任された役員で行うものであり、税務署ではありませんからね。

ですので、社内の処理として社員(出資者)総会による役員報酬を決定し、税務署へ給与支払事務所の開設の届出を行えば、すぐにでも法人の口座から役員へ支払うことは可能でしょう。

注意点としては、税務署は税務...続きを読む

Q中古マンション購入か賃貸継続か

今年の1月子どもができた夫婦です。
現在賃貸マンションに居住していますが、いずれはマンションか一戸建てを購入したいと思っています。現時点では頭金がたまっていないため、すぐに購入することはできません。貯蓄に励もうと思っていた時、賃貸よりも中古マンションに住んで、いい物件が見つかった時に、その中古マンションを売って資金とすればいいのではないかと両親に言われました。4~5年後にはもう一人子どもがほしいと思っており、そのころには購入したいと考えているのですが、その間賃貸に住むより中古マンションに住んだほうがいいのでしょうか?
とりとめのない文章で申し訳ありませんが、アドバイスいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も賃貸より中古マンション。いずれは戸建て!と同じようなことを考えて5年前に築5年の中古マンションを購入しました。

買って気づいたことですが、住宅の返済額と管理費等が賃貸と変わらないからと安易に住宅ローン(変動金利35年)を組んだものの、毎月の支払いは変わらないのですが、返済額は減らない、減らない。

大袈裟に聞こえそうですが、35年のうち、15年位は毎月の返済額の約6割が金利です。

毎月の単位で考えると変わらないことなのかもしれませんが、年単位で考えると異常に利息を払ってることに。
車のローンなどと比べると低金利なのでそんなにと思うかもしれませんが、償還表などみると毎月の利息にびっくりします。

借り換えはいろんな方が書いてくれてますよう、簡単ではありません。
中古物件の価格設定はシビアでなおさらです。
たとえ築1年でもです。ローンの残高をかなり減らしておく必要があるとおもうので、繰り上げ返済などを実行すると、いまの賃貸の家賃分で住まうという考えがもろくも崩れます。
(まさに私のことです(* *;))

現在のお住まいから貯蓄に励まれ、購入資金の3割プラス初経費分貯める計画をされたらどうかと思います。

中古マンションを買い、戸建てを買い替えるプランは、借り換えも大変な問題ですが、業者への手数料(中古物件、購入額の3%+6万+消費税5%)と戸建ての諸経費、2つの住宅ローンの借入れにかかる諸経費。
こう考えると、将来の家の頭金の1割弱は中古マンション購入の資金で確保できてしますと思うんです。

賃貸には2年に1度更新があると思いますが、マンションをつなぎで毎年、固定資産税を払う金額よりは、更新料のほうが少ないと思いますよ。

マンションでも戸建てでも、将来の家族構成がもう少しみえてからでもいいのかと思います。
買うきっかけは人それぞれですが、今かな?って真険に思うときがあるとおもいます。
その時に無理な資金繰りにならないように準備しつつ時期を待てたら理想ですね。

自分も同じ考えを持ったので、参考になれば幸いです。
長々すいませんでした(^^:)

私も賃貸より中古マンション。いずれは戸建て!と同じようなことを考えて5年前に築5年の中古マンションを購入しました。

買って気づいたことですが、住宅の返済額と管理費等が賃貸と変わらないからと安易に住宅ローン(変動金利35年)を組んだものの、毎月の支払いは変わらないのですが、返済額は減らない、減らない。

大袈裟に聞こえそうですが、35年のうち、15年位は毎月の返済額の約6割が金利です。

毎月の単位で考えると変わらないことなのかもしれませんが、年単位で考えると異常に利息を...続きを読む

Q個人事業主から会社設立での経理

雑貨製造業で個人事業主から会社設立致します。
会社登記は12月年内設立、始動は2010年1月から考えております。

1、大手メーカーからの発注なので商社と他1社計2社を通しての受注です。
12月に材料を現金で30万円分仕入れて製造、1月納品、入金になるのですが、
1月に個人名(旧屋号)での請求書発行、のち3月入金になり、1月からの会社と
かぶってしまうのですが、どのように考え、対処すればよいでしょうか?
(契約上、わたし個人から、あたらしく設立した会社での請求書発行等の変更は不可能)

2、個人名でヤフオクに出品しており、年間売上げ180万程度あります。
認知、評価も多数あるため名前変えることなく、またストア登録しての出品でなく、
このままの個人名で行いたいと思っております。現在複数の個人名義口座で振込受付
していますが、やはり会社名義口座に振込みしてもらわないと経理上いけないでしょうか?
オークションのみに使用している個人口座です。内容がわかっているようになっているとか、
入金後、会社名義口座に移動させるとか方法ありますでしょうか?

わからない事が多くお手数をおかけ致しますが何卒宜しくお願い致します。

雑貨製造業で個人事業主から会社設立致します。
会社登記は12月年内設立、始動は2010年1月から考えております。

1、大手メーカーからの発注なので商社と他1社計2社を通しての受注です。
12月に材料を現金で30万円分仕入れて製造、1月納品、入金になるのですが、
1月に個人名(旧屋号)での請求書発行、のち3月入金になり、1月からの会社と
かぶってしまうのですが、どのように考え、対処すればよいでしょうか?
(契約上、わたし個人から、あたらしく設立した会社での請求書発行等の変更は不可能)

2...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の内容に意味不明な部分が多く、他の回答者様も回答できない
状況だと思います。
一番意味不明なのは下記の記述です。

「契約上、わたし個人から、あたらしく設立した会社での請求書
発行等の変更は不可能」

あなたは分かってらっしゃるのでしょうが、これでは無関係の
第三者には理解できません。

契約書は個人で交わしたのですか会社ですか?
会社はまだ設立途中なので個人名かなと思うのですが?

基本的には、折角、会社を設立されるのですからヤオフク分も含め
すべて会社へ集約されるのがベストと思います。
事務処理に掛かる経費を考えれば一本化すべきです。
個人名はブランドと考えればよろしいのでは!?

ご質問の内容を私なりに判断しますと、個人事業と会社とが
同時並行で推移してしまうように見えます。
これだと、何故、法人成りしたのかも不明です。

はっきりとした線引きは可能です。
そこを整理する為にどうすれば良いのかが質問のご主旨だと
思いますが、その肝心なところが読めません!!

キチンとした回答をお望みなら補足説明をされた方が良いでしょう!

ご質問の内容に意味不明な部分が多く、他の回答者様も回答できない
状況だと思います。
一番意味不明なのは下記の記述です。

「契約上、わたし個人から、あたらしく設立した会社での請求書
発行等の変更は不可能」

あなたは分かってらっしゃるのでしょうが、これでは無関係の
第三者には理解できません。

契約書は個人で交わしたのですか会社ですか?
会社はまだ設立途中なので個人名かなと思うのですが?

基本的には、折角、会社を設立されるのですからヤオフク分も含め
すべて会社へ集約され...続きを読む

Q中古マンションの購入にあたって

中古マンションの購入にあたって
中古マンションを購入しようと思っています。購入したら、水周り系のリフォームをしたいと思っています。引渡し後すぐにリフォーム工事に入りたいのですが、引渡し前に採寸などのために物件を見ることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

空家であれば、買主が完全に買う意思を見せれば、売主も寸法くらい測らせてくれると思います。

ただし契約前ですと、業者が入って長時間採寸するとかは難しく、当然売主側の立会も必要になるので、ほどほどに、という事になるんじゃないかと思います。

契約後から引き渡しまでの間であれば、業者を入れる事も認めてくれる可能性は高いですね。
実際、私も最近買った中古物件では、契約後に採寸とリフォーム計画のために業者を入れましたので。

もちろん、まだ所有権は移転していないので、断る権利というのもあって、ガンクツな売主なら、ダメだと言われる事もあるでしょうね。
売主次第なので、玉虫色の回答になってしまいましたが。

Q別会社を設立しようと考えてます。

別会社を設立しようと考えてます。
私は兄と兄弟で会社を経営しております。母体の会社の出資比率は兄(代表)5.5:私4.5です。役員は兄・兄嫁・私・私の嫁・父親です。経営状況は今期は前半の赤字幅が大きい為に結局は赤字ですが上向きに何とかできております。その上で今回ご相談したいのは新しく全く別の分野で事業を計画しております。
当然法人で考えております。実質的には今までどおり兄弟でするのですが、別会社の代表を私・役員を兄嫁で考えております。
確実な事がわからないのですが、人に聞いたところ、「代表・役員が同じであれば会社名が違っても同じ組織と税務署に判断される。」ということを聞いたからです。
 実質的には当然、兄と私で運営しているので役員報酬を分ける上でそういうことを考えているのですが。
母体企業の役員を平行して新事業の代表になる予定です。この状況の上でご回答いただければありがたいです。
1)新事業の会社はこの役員の状況で(母体企業と)同じとみなされるのでしょうか?当然事業内容は全く違います。
2)所在は同じ(現母体の会社)でもいいでしょうか?ビル等階違いもありません。同室です。
3)もしも、私代表・兄役員にした場合はどうでしょうか?やはり私代表・兄嫁役員 のほうがいいでしょうか?
4)母体企業に税務署が入った場合、新事業会社の帳簿なども持っていかれるのでしょうか?

よろしくお願いします。

別会社を設立しようと考えてます。
私は兄と兄弟で会社を経営しております。母体の会社の出資比率は兄(代表)5.5:私4.5です。役員は兄・兄嫁・私・私の嫁・父親です。経営状況は今期は前半の赤字幅が大きい為に結局は赤字ですが上向きに何とかできております。その上で今回ご相談したいのは新しく全く別の分野で事業を計画しております。
当然法人で考えております。実質的には今までどおり兄弟でするのですが、別会社の代表を私・役員を兄嫁で考えております。
確実な事がわからないのですが、人に聞いたと...続きを読む

Aベストアンサー

1.基本的に別会社ですから、関係ありません。ただし、税務調査などで、二つの会社が実態で一つの会社であれば、課税上合算させられる可能性は否定できません。規模が大きければ、国税局の査察として行うでしょう。同時調査が出来なくとも、連続した調査により判断される可能性もあるでしょう。

2.実態がしっかりと分かれていれば、所在地なんて関係ありません。ただし、どちらの資産で事業を行っているのか分からなくなりますから、しっかりと分けることが必要でしょう。場合によっては、事務部門などをどちらか一方の会社へ委託するなどの方法もよいでしょう。

3.あなた方次第です。私も兄と二人で2社を経営していますが、両方とも代表は兄です。事業運営上、融資などの連帯保証を代表者がすることが多いです。最悪の事態の時には、会社を倒産の上、代表である兄も自己破産をさせて、その後同一事業を私が代表で行うこともリスク回避の最終的な部分で考えているからです。

4.法人格が別ですから、基本的に提出は不要です。税務署の調査は任意調査です。もちろん拒否をすれば強制捜査を受ける可能性がありますが、調査段階では強制力がありませんから、勝手に持ち出されることは無いでしょう。ただ、顧問税理士などがいなければ、一方的な法解釈などであなたがたに説明される可能性はありますね。
基本的に税務調査は1件ずつです。しかし、複数の税目に関する調査を同時に行う場合もありますし、同一場所・同一役員の場合には、同時調査を求められるかもしれませんね。

顧問税理士によく相談されることです。

1.基本的に別会社ですから、関係ありません。ただし、税務調査などで、二つの会社が実態で一つの会社であれば、課税上合算させられる可能性は否定できません。規模が大きければ、国税局の査察として行うでしょう。同時調査が出来なくとも、連続した調査により判断される可能性もあるでしょう。

2.実態がしっかりと分かれていれば、所在地なんて関係ありません。ただし、どちらの資産で事業を行っているのか分からなくなりますから、しっかりと分けることが必要でしょう。場合によっては、事務部門などをど...続きを読む

Q中古マンション購入金額について。

中古マンション購入金額について。
中古マンションの購入を検討しています。
例えば600万円の物件を現金で購入する場合、諸経費を入れて合計金額はいくら位になるでしょうか?

Aベストアンサー

大体ですが、本体価格の、1.08倍を考えておけば、良いと思います。

ただ、今回のケースでは、現金で購入しますので、通常発生する、ローン保証料などが要りません。
また、おそらく、不動産取得税もかからないでしょう。固定資産税もかなり、安いと推測されます。

仲介手数料が3.15%+63000円、印紙、登録免許税、抵当権設定、それらをこなす、司法書士への報酬があなたの場合の主な諸費用になるかと思います。

火災保険などは任意かもしれませんので含みません、上記で、約50万円くらいを見ておいたらよいかと思います。

全部で650万程度。

Q「有限会社設立」と「個人事業」のメリット(節税等)について

近い将来、有限会社を設立したいと考えていますが、
個人事業と比較した場合の税金面でのメリットを教えていただきたく、質問させていただきました。

有限会社の場合、将来的な規模拡大に対応できること、社会保険に加入できること、対外的な信用力などがあるので、個人事業として運営せずに有限会社としてスタートし、役員報酬として収入を得たいと考えているのですが、税金面でのメリットがあまりないように思えるので、少し迷っています。

個人事業(青色申告)ですと、65万円の特別控除を受けられるし、法人住民税の均等割(7万円)のような固定的な税金も少ない?ようなので、一見トクなような気がしています。

実際、有限会社(零細レベル)と個人事業とではどっちが金銭的にトクなのでしょうか(設立後の税金上のメリット)。
アドバイスいただければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

法人化した場合は、税金面でのメリットは結構あるものと思います。

まず一番大きいのは、代表者に役員報酬を支払える点ですね、個人事業の場合は、個人事業主自身にいくらお金を支払っても経費とはなりませんが、法人であれば、役員報酬を支払うことができ、それがそのまま経費となります。
もちろん、代表者自身の所得税の対象とはなりますが、給与所得ですので、給与所得控除が使えますので、まるまる税金がかかる訳ではなく、所得の分散を図れますので、効果は大きいと思います。
それ以外でも、代表者絡みで言えば、個人事業主自身が店舗等を所有している場合、法人になれば、代表者に家賃が支払えますので、経費となります。
(個人事業であれば、固定資産税程度しか経費にはなりません)

その他、法人契約の生命保険契約をすれば、内容によっては、全額や半額が損金となり、経費となります。
(個人事業の場合は、いくら保険をかけても、生命保険料控除の範囲内で頭打ちです)

また、将来的に、代表者が事業承継等により退職される場合も、基本的に退職金を経費とすることができます、その資金として生命保険を会社契約でかける、という事も言えますが。
(個人事業であれば、事業を廃止しても、事業主自身の退職金は、例え支払ったとしても、必要経費となりません。)

それと、欠損が生じた場合、個人事業であれば3年しか繰り越せませんが、法人であれば7年間繰り越す事が可能です。

消費税について考えた場合も、現在課税事業者であるのであれば、法人化することにより設立から2期の間は、基準期間の課税売上高が0円となりますので、免税事業者となります。
(資本金が1千万円以上になる場合は、強制的に設立から2期の間は課税事業者とはなりますが)
この点のメリットは、かなり大きいのでは、と思います。

もちろん、もともと所得税がほとんどかからない程度の所得しかなく、役員報酬をとったら赤字になってしまう、というような状態であれば、法人化はお勧めできないものと思います。
前提として、それなりの所得がある事、又は今後伸びていく見込みがある事が、メリットを享受できる条件とは思います。

確かに、新会社法が施行されてしまうと、設立は以前より簡単でも、決算の公告や役員の変更登記等、従来の有限会社では必要なかったことが必要となってしまいますので、今の内に有限会社を設立して、新会社法施行後も、特例有限会社として存続する、というのは、タイムリーな選択とは思います。

法人化した場合は、税金面でのメリットは結構あるものと思います。

まず一番大きいのは、代表者に役員報酬を支払える点ですね、個人事業の場合は、個人事業主自身にいくらお金を支払っても経費とはなりませんが、法人であれば、役員報酬を支払うことができ、それがそのまま経費となります。
もちろん、代表者自身の所得税の対象とはなりますが、給与所得ですので、給与所得控除が使えますので、まるまる税金がかかる訳ではなく、所得の分散を図れますので、効果は大きいと思います。
それ以外でも、代表者絡...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報