ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

木造住宅の防火の配線について!


木造住宅の防火区画の配線は、分電盤から行く線だったり、CD菅だったりと貫通させる場所が多いと思いますが、各場所耐火パテだったりで埋めれば良いのです か?
それとも鉄管かなんか入れて各場所鉄管の中を配線した方が良いのでしょうか?


あと、ボックス等は鉄ボックスを使う事はわかるのですが他に防火用の物を使う物とかあるのですか?
電線なんかもそれ専用ぢゃないと駄目ですか?
無知ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は意匠の者、電気に詳しくありませんが。


以下、申請を通す為の方策でしか有りませんが。
最近グループホームの申請の際、審査機関から「大臣認定番号のある処理方法を図面一枚にまとめると分かりやすい」と言われたので、未来工業のHPから相当すると思われる貫通方法のCADデータをダウンロードし一枚にまとめて提出したらすんなり通りましたよ。
各々の配線図には「区画貫通処理は⭕番図面参照(まとめた図面)」と、書いて。
実際の施工では別な方法が採用されるかもしれませんが、それが同等の大臣認定をとっていれば軽微な変更で済むはずです。

審査機関にもよります。
「1m不燃管に耐火パテの図」のみや、これに告示や施行令の番号を沿えるだけで通る機関も多いです、経験上。

審査機関の基準によって、選択を変える必要があるとは言えましょうか。
ともかく一番簡単なのは、電気、機械設備屋さんに聞く事でしょうね。
貫通状況に応じた図面のストックをレベルに差こそあれ必ず持っています。
    • good
    • 7

木造でもアパートやグループホームなどで防火区画が必要になりますが


未来工業やネグロス電工などの電設資材関係のカタログを見れば
PF管・金属製電線管・ケーブルでの防火区画貫通方法や材料が載っています

いんぺい配管ならCD管ではなく、基本的に自己消火性のPF管ですね
自火報・防火ドア・非常放送などの配線には耐火・耐熱電線が必要になりますが
一般の用途の配線で、貫通部だからといって耐火・耐熱の電線を使用することはないです
厚さ1.6mm以上の金属製アウトレット・ボックス、プルボックスなら、防火用として使えます
    • good
    • 5

>ちなみにCD菅はPF菅を使った方が良いですか?


>PF菅ぢゃなくても大丈夫ですよね?

難燃性なのでPF管を使用します、


>電線なんから普段使ってる奴でも問題は無さそうですね!
> 分電盤とかも防火用とかあるんですか?

電線は 用途によります、
一般配線はVVFやAEでOKですが 防火扉や総合盤
等など HPを仕様する機器も有ります。

どの様な耐火構造なのか解りませんが
通常の防火区画で界壁内に電線やBOXを仕込んで配線する場合は
金属や不燃性のスイッチボックスを使用
配管はPF管 石膏ボードから出た管口の周囲は石膏ボード
補修材(ジプタイト)や耐火パテを充填 其々管口にも
タイカスール http://www.mirai.co.jp/product/taika/pdf/bp_subw …
やフィブロックhttp://www.sekisui.co.jp/fp/

等を使用しますhttp://www.toyobou.com/gallery.html

なので貴方の施工している木造住宅の構造がどのような
防火区画を必要としているかで工法が異なります、
消防設備や施工管理が出来る人物に判断してもらってください
必要ないのに これ等高価な資材を投入するのは無駄です
また 逆に必要な場所で使用してなければ 大問題です。

一般的な木造住宅で有れば PF管 耐火パテ 場合によっては
フィブロック程度で大丈夫かと。
    • good
    • 1

分からないことも無いが、一般の木造住宅で、そこまでする必要があるのかは疑問です。

工場内の電気室防災を検討したことがありますが、木造住宅なんて、幾ら配線の防火対策なんて実施したって、家全体が燃えて、余り効果が無いように思われるか・・・・・・

で、前提ですが、電気工事士の資格は持たれていますか? 「電線」とのみと書かれているので、疑問があります。資格を持たない人が工事を行うと、法律違反になります。

本題ですが、基本、耐火パテで可。配管ですが、中を伝って延焼する恐れがあるので、配管端末をパテで埋めないと意味は無い。配線は、フツーに使うのは、難燃性のものです。(工場用ですので、家庭用はいい加減かも知れませんが)

補足。電気関係では、配管を「鉄管」とは言いません。使用する配管は、基本、薄鋼配管なのです。樹脂製配管が使用できるのは、接地用IV線のみ。配管は、ノイズ対策も含んでいます。

この回答への補足

わざわざありがとうございます。
免許は持っていますがやるのが初めてで、建築基準法を定めてる所に連絡しても担当が居ないとかで対応してもらえなかったので!


ちなみにCD菅はPF菅を使った方が良いですか?
PF菅ぢゃなくても大丈夫ですよね?
電線なんから普段使ってる奴でも問題は無さそうですね!
分電盤とかも防火用とかあるんですか?
よろしくお願いします。

補足日時:2014/04/12 10:24
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q防火区画の電線管貫通方法

防火区画はあまり詳しくないので教えて下さい。

防火区画された壁に、CVケーブルを通したいのです。
電線管(25)を通し、壁の両面にプルBOXや丸BOXを付けると、防火区画処理と同等とみなされる・・・と聞きましたが、本当でしょうか?
(もしあれば、参考URLを教えて下さい。)

もちろん、電線管内は不燃物を充填します。プルBOXや丸BOXには電線管が約数m布設されます。
ラックなど、専用キットが販売されていますが、それほど大げさな工事はしたくないです(CV3c3.5sq1本です)

Aベストアンサー

この辺の判断は地もとの消防と打ち合わせが重要です、消防に関しては地元の消防の指示が重要です
心配ない無いのは、貫通商品利用で承認図添付が簡単、その他はやはり消防と協議でしょう、ここでは無理です。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q電力ケーブルと弱電ケーブルの離隔距離

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブル(LAN・電話等)の電線間の

相互の離隔距離って法的に決まっているのでしょうか? 強電と弱電は 

離して置かなければいけないと思うのですが 具体的な数値がわかりませ

ん。 ご指導願います。

Aベストアンサー

こんにちわ
本物の電気屋さんです

ずばり、お答えします

電力ケーブル(VVFケーブル)と弱電ケーブルの
離隔距離の規定は、きちんと明確に記述されております。

離隔距離の規定は、
直接接触しないように布設する。
が正解です。何cmとの規定はありません
接触していなければOKです
離隔1mmでも、10cmでもOKなのです。

ご質問の電力ケーブルがVVFケーブルであるため
電圧種別は、間違いなく低圧で、ケーブル配線となります。
ガイシ引き配線の場合は、
裸線と弱電線は、30cm
絶縁電線と弱電線は、10cmです
ケーブル工事の場合は、接触しなければOKですので
心配はいりません
強電ルートと弱電ルートを別々に作って布設すれば
何ら問題ありません

Q配筋補強の要らない床貫通スリーブの最大サイズ及び根拠

新築の鉄筋コンクリート作りの建物で、配線用に床(厚さ400から500mm)に貫通穴を設けたいのですが、配筋の補強等をしたくないので、補強しないで済む最大のサイズと、その法(建築基準法?)的根拠あるいは、何かの基準、指針等を確認したいのですが、教えてください。当方 電気技術者で、建築、土木関係は、ほとんど知識がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~40mm程度)を確保して更に施工誤差なども勘案すると100mm以内の径の開口であれば鉄筋などに影響を与えず、コンクリートの欠損としても軽微なため、仮に構造計算を行なったとしても今ある鉄筋だけでもってしまう事が多くなり、よってもって開口補強はしなくても良いとされていたりします。実際に、わが社の構造の基準図でも直径100mm以下の開口は補強不要としていますが、それもこれも床の構造設計時にそういった開口が開いても大丈夫なように設計をする事になっているからです。

また、古からの慣習で100Φ以下は補強不要というのもありますが、恐らく上記のような理由により影響が極めて小さいと判断できる場合が多いのがそのいわれの元だと思います。

法的根拠たるものはこれまでには見たことがありません。
建築基準法には、構造計算により適切に構造部材の断面を決める事になっています。

ちなみに、スラブ厚400mm~500mmというのは一般的な用途の一般的な構造の建物ではありませんので、きちんと設計図書になんて書かれているかを読んで、分からなければ設計者に質疑をあげてきちんと理解すべきだと思います。

素人さんぽい質問なので間違った認識の部分を指摘すると、どの本をお読みになったか知りませんが、「100mm未満であれば、配筋補強を考えなくてよい」が万事において通用するわけではありません。100mm未満でも補強が必要になることはあります。お造りになる建物の設計図書をよく読んで適切な工事を行なって下さい。

ちなみに、一般的な用途の一般的な規模、構造の建物であれば、概ねスラブ配筋はD10又はD13を200mmのピッチで配筋するので、No.1さんの回答にもあるようにスラブの鉄筋から被り厚さ分(片側30mm~4...続きを読む

Qエアコンの最大消費電力(W)最大電流(A)教えて。

冬になり、エアコンの使用量も少なくなり、家庭でので電気使用量が大きく減ったため、配電盤の電力会社とのアンペア契約を変更(60Aから30Aに)しようと思っています。
ところが、冬でも1台だけ下記表示のスペックのエアコンを暖房用に使用します。
家庭内のその他の家電の消費電力と合わせると30A契約では、電流が多く流れブレーカーが落ちるかもしれません。
特に、深夜のエアコンの起動時、早朝起動時など、炊飯器などの消費電力の大きなものと重なる可能性があります。

そこで、質問です。下記スペックのエアコンを暖房用として、外気温が0℃を下回るような時、エアコン起動時など、瞬間最大で、どれくらいの消費電力(W)、最大電量(A)になるのでしょうか。

エアコン FUJITSU AS-J22S-W (下記サイトで確認できます)
http://www.fujitsu-general.com/jp/products/aircon/2007/j_series/lineup/asj22sdetail.html



房暖房能力 : kW(キロワット)

2.5kW
(0.5kW~5.1kW)

外気温2℃時

暖房能力 : kW(キロワット)

3.7kW

消費電力 : W(ワット)

1,140W

電気特性

消費電力 : W(ワット)

420W
(100W~1,290W)

運転電流
(最大) : A(アンペア)

4.7A
(15.0A)

力率

90%

エネルギー消費効率(COP)

5.95

運転音 : dB(デシベル)

室内

44dB

室外

42dB

圧縮機出力 : W(ワット)

600W

送風機出力 : W(ワット)

室内

24W

室外

26W

始動電力 : A(アンペア)

4.7A

冬になり、エアコンの使用量も少なくなり、家庭でので電気使用量が大きく減ったため、配電盤の電力会社とのアンペア契約を変更(60Aから30Aに)しようと思っています。
ところが、冬でも1台だけ下記表示のスペックのエアコンを暖房用に使用します。
家庭内のその他の家電の消費電力と合わせると30A契約では、電流が多く流れブレーカーが落ちるかもしれません。
特に、深夜のエアコンの起動時、早朝起動時など、炊飯器などの消費電力の大きなものと重なる可能性があります。

そこで、質問です。下記スペ...続きを読む

Aベストアンサー

最大は15A以下です。


契約アンペアの変更をした場合、大きな問題があります。
配線は、『単相3線式』であることは、間違い無いと思われます。

で、60Aの契約はいいのですが、『単相3線式』の場合、【中性線(アースが取られている)】と、簡単に表現すると、A相とB相があります。
そのエアコンがA相、B相のどちらに接続されているのか? また、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器(電気の場合)などは、A相、B相、どちらに配線されていますか?
それによっては、電力消費バランスが崩れて、ブレーカーの落ち方が計算以上に速くなりますよ。
電気の負荷バランスを計算に入れて、契約変更しないと、「変更」自体が無駄になりますよ。
その辺は、アドバイザー会社なんかと、相談しないと危険です。

一気に半分にしたら、危険なので、40A当たりで考えてはいかが?

Q電力の単位KWとKVAの違いと換算方法

単位KWとKVAの違いが分かりません。どっちも電圧E×電流Iじゃないんですか?換算方法とかあれば教えてください。

Aベストアンサー

KWはその装置の消費する本当のエネルギーで有効電力と呼ばれます。
KVAはその装置にかかる電圧の実効値と電流の実効値を
かけたもので皮相電力と呼ばれています。

皮相電力[kVA]から(有効)電力[kW]への換算は、
有効電力=皮相電力*力率 
でこの力率は電流の位相と電圧の位相が完璧に一致している抵抗のような負荷の場合は1になります。
逆に,コイルやコンデンサ成分のあるような負荷(モータなど)は位相がずれるためにこれより小さく(普通0.8くらい)になります。
なぜこのような2通りの表現があるかというと,皮相電力が規定してあると電流絶対値が決まりますので,必要なブレーカの容量,電線の太さなどが決まります。
電力だけだと,決まりません。

Q外壁は防火区画の一部?ダクト貫通について!!

耐火構造の商業ビル(1フロアー300m2×7階建て)
の2階部分に40m2の飲食店を造ります。
ビルの外壁側に面しており、店内の天井換気扇から
ダクトを通じて外壁にコア抜きして排気します。
コア抜き部分にはFDをつけます。

そこで質問なのですが、外壁面から1m以内の
ダクトは不燃材料でなければいけないのでしょうか?
(不燃ダクトはスチール製のジャバラダクトも可能なのでしょうか?)

防火区画の貫通部分は1m以内を不燃としなさい
っていうことが基準法に書いていますが・・・
そもそも外壁は防火区画の一部なんだろうか??
と疑問を持ち始めました。
社内の1級建築士に聞いてみたところ・・・
防火区画の一部でしょ!!あたりまえでしょ!!
っていう回答でした。
でもなんとなく納得いかないのです。
防火区画なら?画面積区画ということになるのでしょうか?
(このビルは飲食店のみなので異種用途区画はありません
 また、階段室、EVは竪穴区画になっています)
延焼の恐れのある部分だから1m以内を不燃にする必要が
あるというのなら、まだ納得できるんですが。

ちょっとバカな質問かもしれませんが、
よろしくお願いします!!!

耐火構造の商業ビル(1フロアー300m2×7階建て)
の2階部分に40m2の飲食店を造ります。
ビルの外壁側に面しており、店内の天井換気扇から
ダクトを通じて外壁にコア抜きして排気します。
コア抜き部分にはFDをつけます。

そこで質問なのですが、外壁面から1m以内の
ダクトは不燃材料でなければいけないのでしょうか?
(不燃ダクトはスチール製のジャバラダクトも可能なのでしょうか?)

防火区画の貫通部分は1m以内を不燃としなさい
っていうことが基準法に書いていますが・・・
そもそも外壁は防...続きを読む

Aベストアンサー

う~~ん。

ちゃんと調べたわけではないですが…
外壁がみな防火区画だとすると(耐火構造という前提ですが)、外壁に開く開口は全て防火設備になっちゃうから、扉は?窓は?ガラリは? ぜ~~んぶ防火扉にしなくてはいけないということになってしまいます。

そんなことはないですよね。

そもそも、防火区画とは、建物のある部分と、別の部分を区画することを意味していて、その中には屋外との区画というものは含まれていないのではないでしょうか?
特殊な場合として、防火区画が外壁にぶつかる部分では、外壁に1mの折り返しが求められますので(これも屋外との区画が目的ではなく、屋内の区画が廻り込んでいるだけ)、外壁の一部に防火区画の性能を求められることはあります。

では、外部(例えば隣の建物)との区画は?
これについては、区画というよりも延焼の恐れのある部分という概念が別に設けられていて、この部分(明らかに外壁が対象)に対する防火措置が別に定められていますよね。
外壁の場合は、FDの設置なども、防火区画からの要求というよりも、こちらの要求で設置しているケースが圧倒的に多いと思いますが…

う~~ん。

ちゃんと調べたわけではないですが…
外壁がみな防火区画だとすると(耐火構造という前提ですが)、外壁に開く開口は全て防火設備になっちゃうから、扉は?窓は?ガラリは? ぜ~~んぶ防火扉にしなくてはいけないということになってしまいます。

そんなことはないですよね。

そもそも、防火区画とは、建物のある部分と、別の部分を区画することを意味していて、その中には屋外との区画というものは含まれていないのではないでしょうか?
特殊な場合として、防火区画が外壁にぶつかる部分で...続きを読む

Q接地線の太さについて教えてください。 内線規定1350表を見たのですが

接地線の太さについて教えてください。 内線規定1350表を見たのですがいまいち
理解できません。

今 次のような幹線があります。

L1 300AT CVT250Sq から 分岐で L2幹線 100AT CVT60sq と L3幹線 100AT CVT60sq

があります。 こういた場合 接地線の太さは どうなるのでしょうか?

ご指導お願いいたします。

Aベストアンサー

内線規定の後ろの方で資料1-3-6を見てください。
トリップ値X0.052で電線サイズです。
トリップ値でなくフレームで計算する人もいます。(トリップ値変更されても大丈夫なように)
幹線サイズから計算する人もいます。(幹線が足りるのに接地線が足りないのはNG)
人それぞれ、建物用途、使い方等から判断してください。
個人的には、接地母線は低圧配電盤の最大フレームから算出し、分岐ばトリップ値から算出がよいと思います。。

Qjw-cadで線の太さを変えたい。

あらかじめ基本設定で基本的な線色、線幅を設定してあるのですが、
ちょっとここは太めの線で描きたいなと思う時に、太い線を簡単に描く方法はないでしょうか?

今までは基本設定でわざわざ線を新たに設定し直しておりました。

線属性のパネル(添付画像)を使ってもっと簡単に線の太さを変えることはできないでしょうか?
添付画像のように線幅を222のように設定しても太い線を掛けません。

やり方が分かる方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

済みません。
トンチンカンな答えをしてしまいました。

質問に貼り付けてあった線種選択ダイアログ画面の上にある、「SXF対応拡張線色・線種」にチェックを入れると、線属性という別画面に切り替わります。
そこで、好きな線色を選び、下の方の線幅(1/100mm単位):基本幅18の欄に数字を打ち込めば変化させる事が出来ます。
JWの通常の線幅設定とは異なる数値ですが、別のCADソフトとのやり取りは、こちらの方が元に近い形で受け渡せます。
その為、こちらでの設定に慣れていた方が、仕事には使えます。

Q共同住宅の防火区画について教えてください

共同住宅の防火区画は何処になるんでしょうか。スラブ・隣との間仕切・外壁でしょうか。又、階段室に下り壁を作り天井を貼る場合、天井は1時間耐火になるのでしょうか?又、設備配管を室内からPS内へ壁を貫通した場合、区画貫通になるのでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は法規によりますが、概略の考えとしては以下です。

まず、建物が耐火構造(3階以上が300平米以上など)としなければならないものとして記します。
 ・住戸の界壁および外部側の壁の界壁からの折り返し900の部分。
 ・内部廊下の場合は、廊下側と住戸との界壁。
 ・竪穴区画以外の部分の床。
 ・竪穴部分の外周壁。(内部階段、EVシャフトなど)
 ・建物外壁のうち延焼線(隣地境界線、道路中心線、隣棟間線などから3mまたは5mの範囲)にかかる部分。
 ・その他告示などによる部分(排煙免除の室など)。
が主な対象ですが、消防の特例などを使用していると
 ・外部廊下側の界壁。
 ・特定光庭やバルコニーのない部分の外壁(一般的に妻壁)。
 ・共用部分の区画壁
などに制限がでますが、こちらは特例の対象内容によって変化します。
大雑把に言えばこんなところだと思いますが・・・

ちなみに天井の耐火はありません。下がり壁はそこが区画ラインなら、耐火構造になるはずです。(防火扉もつくはずですが)
配管類が貫通する壁が防火区画の壁であれば、区画貫通処理が必要になります。(そうでなければ不要)

詳細は法規によりますが、概略の考えとしては以下です。

まず、建物が耐火構造(3階以上が300平米以上など)としなければならないものとして記します。
 ・住戸の界壁および外部側の壁の界壁からの折り返し900の部分。
 ・内部廊下の場合は、廊下側と住戸との界壁。
 ・竪穴区画以外の部分の床。
 ・竪穴部分の外周壁。(内部階段、EVシャフトなど)
 ・建物外壁のうち延焼線(隣地境界線、道路中心線、隣棟間線などから3mまたは5mの範囲)にかかる部分。
 ・その他告示などによる部分(排煙免除...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング