ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

勤続20年の会社です。保証人が死亡しましたが、新たに保証人を立てられない場合はその会社を依願退職しなければなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

身元保証に関する法律により、身元保証人の保証責任は5年間です。

勤続20年にもなるし、会社が代わりの保証人を求めていない以上、何の手立てをする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きちんと法律があるんですね。考えてみたら当たり前のことでした。私ではなく知り合いのことで、もし会社が求めてきたらそれには応じないといけないということですね。警備会社と聞いていたので、もしかしたら特殊なのかもしれません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/28 15:22

就職時の保証人は5年程度です。


試験して内定を出した割には信用されていないのか、出さなければならないですね。

20年も勤続していればその人の内面まで全てわかっているでしょう。
退職するまで保証人は努められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。そうですよね、永遠に保証されるなんてありえないですもんね。そんな当たり前のことにも気が回りませんでした。

お礼日時:2014/06/28 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q身元保証書の保証人は家族でもOKですか?

就職に際し、身元保証書の提出を求められています。
「会社に損害を与えた場合は連帯して損害を賠償します。」の文言があります。
家族(成人)でもOKですか?(連絡文書には家族はダメの記載はありません。)

Aベストアンサー

通常は両親や年長の兄弟などでしょう。

叔父さんなども多いですかね。

勿論経済的に賠償ができるということは必要です。もっともその人の財産状態までは調べないでしょうが。

またこの保証人は一般的にはせいぜい3年程度の保証義務で、それ以上の義務は無いものとされています。
このことも伝えて適当な人にお願いしたらよいでしょう。

Q親兄弟親戚がいない場合の身元保証人について

親兄弟親戚がいない場合の、身元保証人についておしえてください。

結婚していません。
兄弟、親戚はおりません。
将来、順当に行けば独りぼっちになります。

現在の職場の入社書類は親が身元保証人になっています。
でも将来身寄りがなくなった頃に、やむを得ず転職を余儀無くされる事態になった場合、身元保証人はどうしたら良いのでしょうか。
友人は多少はおりますが、ただの身元保証人とはいえ、「保証人」と言われるものをお願いするのはなかなか難しいです。

そこで保証会社というものを検索してみたのですが、ずるずると「詐欺」ということばも出てきてしまいます、
保証会社というものは、合法で認められた安全な会社はあるのでしょうか?

世間知らずで恥ずかしいのですが、どうぞ、よろしくおねがいいたします。

体験談などありましたら嬉しいです。

Aベストアンサー

身元保証などで保証人になってもらうような場合、別に家族などである必要はありません。ですのでご友人などでもかまわないのです。

私が以前専門学校へ入学する際には、同居親族以外の身元保証ということで、叔父に書いてもらいましたね。

仲の良い友人と話していると、あなたのお考えのように、どのような内容であったとしても、連帯保証という名称から基本書くことは出来ないという話もしたことがあります。しかし、一番の友人は、借金の保証人であれば金額次第、身元保証など人物に対するものであれば書いてくれるという友人がいますね。

会社としては、親族を含め、誰一人として身元を保証してくれないような人は、怖くて採用できないという考えなのではありませんかね。
心配であれば、遠い親せきもしっかりと親戚づきあいをする、友人関係なども十分に信頼をもらえるような行動を心がける、などをしていれば、さほど困るものではないと思います。

どうしても身元保証してくれるような人がいないのであれば、身元保証を求められない会社への就職などとするしかないことでしょう。これは、家族の問題とあなた自身の問題によるものですので、あきらめるしかないことでしょうね。

身元保証をするような保証会社などは聞いたことはありませんね。
私も会社を経営しておりますが、社会人経験者などであれば、経歴や必要に応じての前職会社などへの問い合わせで、およその人物を理解できます。しかし、新卒採用などの場合には、学校の紹介程度しかありませんので、同居親族以外の身元保証を求めています。別居の兄弟や祖父母でも可ということから、困った人は聞いたことはありませんね。そして、身元保証の範囲と期間なども明記するようにしていますので、すんなりと対応してもらっていますね。

すべての会社の採用で身元保証を求めるとは限りません。あなたの人間性次第では、心配をなくすことも可能でしょう。頑張ってください。

身元保証などで保証人になってもらうような場合、別に家族などである必要はありません。ですのでご友人などでもかまわないのです。

私が以前専門学校へ入学する際には、同居親族以外の身元保証ということで、叔父に書いてもらいましたね。

仲の良い友人と話していると、あなたのお考えのように、どのような内容であったとしても、連帯保証という名称から基本書くことは出来ないという話もしたことがあります。しかし、一番の友人は、借金の保証人であれば金額次第、身元保証など人物に対するものであれば書いて...続きを読む

Q身元保証人がいません。

身元保証人がいません。これまで2社に応募しました。返事はまだもらっていません。しかし、内定を貰って、身元保証人が必要といわれたら終わりです。ハローワークの人からも身元保証人と言われていなければその仕事は駄目になるといわれました。2社の感触はよかったのですが内定をもらえるかどうかはわかりません。さらに会社を探して応募するべきでしょうか?ちょっとネットのハローワークをみた限りでは新規のものは私の希望分野では、でてないです。
嘘の身元保証人会社を使うべきでしょうか?
それとも希望分野のパートの仕事を探すべきでしょうか?
回答またはアドバイス、是非お待ちしてます。

Aベストアンサー

 人間関係で少し歯車狂うと、なかなか難しくなりますね。お気持ちわかります。
 私なら、面接ではっきり話をするでしょう。今までは、こういう家庭環境であって、親兄弟には頼めない状況である。。そして、友人は数人いるが、身元保証まではなかなか頼みづらいとか。。要するに自分の採用条件の1つにするわけです。
 それで無理なら、正社員はあきらめるか。自営の道ですね。また、会社も選り好みしないなら、求めない会社もあると思います。

Q就職時、身元保証人の条件

就職時に身元保証人が必要と会社から書類をもらったのですが、1人は家族で、もう1人は家族以外という条件でした。1人は父親に、もう1人は祖父に頼んだのですが、定年退職していて現在無職です。無職であっても資産があれば、保証人になれるのでしょうか?
可能な場合、資産があるかどうかの証明もすべきなのでしょうか?会社自身が調べることもあるのですか?
法律その他お詳しい方、是非アドバイスを下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

身元保証人についての対応は、会社によって全く違います。
業種によっても違いがあります。
金融関係は厳しくしていますが、形式的に身元保証人を取っている企業もあります。

一般的には、祖父は家族になりますから、家族以外に1名という場合は、該当しません。
又、資産があれば無職でも認める企業もありますが、定期的な収入がある人と規定している企業もあります。
又、資産状況の証明まではしませんが、印鑑証明を提出させたり、手紙などで確認する場合もあります。

いずれにしても、電話などで直接会社に確認されるのが確実です。

Q保証人不要の仕事にはどのようなものがありますか?

こんにちは、よろしくお願いします。

私は現在求職中なのですが、色々複雑な事情があって保証人が必要のない仕事にはどのようなものがあるのかを知りたいと思いました。

以前、自分自身でも調べたり、実際の経験から分かったこととしましては、現金を扱うような仕事(例えば、経理事務やレジなど)は、アルバイトであっても保証人の記入が必要なことがほとんどでした。

保証人を必要としないような仕事や職種について、詳しい方がいらっしゃいましたら、何か教えて頂けるとありがたいです。

ちなみに、私は20代半ばの女性です。ですので、女性が保証人不要で就職出来るような仕事にはどのようなものがあるのかを教えて頂けるとよりありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在一般事務で、結構な額のお金を動かしていますけど、入社時には保証人を求められたりはしませんでした。

思うのですが、たとえ不要であっても、わざわざ「保証人不要」とは明記しないと思います。
そんなことを前面に出したら、事情がある人ばかりが集まってしまいそうなので。

「保証人必要」と書かれていない求人を、根気よく当たっていくしかないのでは?

Q実印を押印し、印鑑証明書を添付することのデメリット

身元保証人を頼まれました。
就職の際に身元保証人を1名か2名用意して
身元保証書に実印で押印し印鑑証明書の添付を求めてくる会社が多いみたいです。
実印や印鑑証明書などを、いくら就職のためとはいえ、渡すのは少し不安になります。
今回のように、身元保証書と書かれた紙に実印を押印し、印鑑証明書を添付することのデメリットはなにかありますか?
身元保証書と印刷された紙に、身元保証人の住所・氏名・勤務先名・勤務先住所までも書き、実印を押印し、その印鑑証明書を提出して、万が一ほかのことに悪用されるような事はないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>実印を押印し印鑑証明書を会社に渡るのが不安でなりません。

印鑑証明書を他に流用出来無くさせ、それでも不安とのこと。

先方のやることは、陰影に基づく偽造です。

そして、出来ることは、あなたが不動産を持っていれば、抵当権設定が思い付きます。
しかしこれとて、他にいくつかの偽造文書を作り、あなたになりすますのですから、結論として無理なことです。

あなたが不動産やら資産を持っていなければ、何が出来るのでしょうか。
ヤミ金融からの借金だとすれば、保険証が必要となります。
印鑑証明書を偽造しての犯罪というのは、私の経験からはありません。

犯罪は、印鑑証明書などは用いず、振りこみ詐欺のように口頭でなされます。
印鑑証明書を必要とする犯罪は、私の経験からはありません。

Q死亡した夫が身元保証人になっていました

10年前に、夫は、実姉の施設入所の保証人に
なっていました。

2年前に夫が亡くなり、その後に、その夫の実姉の施設入所費用が
未払だったため、支払って欲しいと言われています。

既に、亡くなった夫の実姉の債務を払う義務があるのでしょうか。

施設側は、夫が身元保証人になっていたので、その妻に払う義務が
あると言っています。

本当にそうなのでしょうか。
もし、義務があったとして、時効はないのでしょうか。

教えてください。

Aベストアンサー

〉義務があったとして、時効はないのでしょうか。
(1)質問者さんが相続を放棄することはできませんので支払う義務があります。
(相続放棄は亡くなってから3ヶ月以内です、保証人だけというわけにはいきません)

(2)支払いの義務がないのは
保証人がなくなってから、新たに発生した費用です。
新たに発生した費用とは、これまでに払ってこられた費用とは別に発生した費用ということです。
例えば、大部屋から個室に移ったなどの条件が変わった場合などという意味で、ご主人が生前から支払われていた費用は永遠に継続されます。

*教訓として、、妻(家族)の反対で保証人を辞退することが多いのは相続が絡むからです。保証人なるのは本人の意思だけでなく、家族でよく話し合いをして決めるということです

Q就職時の連帯保証人と提出書類

ある会社より再就職で内定を頂きましたが、その際、「提出書類がそろってから働ける」という説明を受けました。朝提出したその日より働けるということでした。

書類をいただく際に簡単に説明があり、「親がなって構わないし、年金生活者でも構わない」ということでしたので、その場ではあまり深く考えることもありませんでした。

書類を持って帰って読んだのですが、【連帯保証人】と明記されており、よくある【身元保証人】ではなくて、期間が最長の【5年間】と明記されております。

また、同時に提出する書類には、本人と連帯保証人の【住民票】と【印鑑証明書】の両方が必須となっております。

その他、書類の中には、
・○ケ月は試用期間となり、その間ボーナス権利があってもすべて放棄する
・本人が退社後であっても、発覚した損害をすべて弁償する
・○ケ月の試用期間内に会社都合で一方的に解雇されても文句は言いません。

内定をいただけた会社での仕事内容は、【リフォーム関係での営業マン】ということで、最初は固定給でスタートしますが、その後段階的にフルコミッション制度に近づくような形態でした。

そこで質問となりますが、
教えてグーで検索すると、就職での保証人の関連質問で、【印鑑証明書】を提出させる会社はあります! というのは結構出ているように思いましたが、(1)就職する本人と連帯保証人の住民票を提出させるというのは、それほど深く考えないでも良いものなのでしょうか?単純に過去にその会社で働いた人とかの中で、住所がうそだったりした為とか?そんな解釈でよいのか? それとも住民票は出さない方が良いとかあるのでしょうか。

(2)働く本人(自分のことですが)、これまで勤めた会社などで過去に1度も損害を与えたりしていないような場合、要求されている書類【住民票】や【印鑑証明書】をそろえ提出することは大丈夫なのでしょうか? それとも会社によっては、本人が何か問題起こさなくても、悪質な会社だったりした場合に、何かお金を請求されることってあるのでしょうか?

私が悩んでいる理由ですが、過去に勤めた上場企業では、「就職での身元保証人を要求するのは厳密にいえば法律違反なので、そんなことをしない」と言われ、保証人そのものが必要でありませんでした。

また、地場(福岡)で再就職などをした時には、「収入のある人を保証人に書いて出して」 と言われたのですが、「いませんし、上場企業ではそんな保証人とかの制度が無かったので、ダメだといわれれば辞めるしかありませんね」とほんとのことを言ったら、要求されなくなり、そのまま働けました。

今回の場合は、「保証人の書類を出したら働いてもいいよ」と少し違います。

ある程度、自分なりに再就職したりした時に、【身元保証人】というものはあるのだろうとは考えていたものの、実際内定が出たりした時に、「ちょっと想定範囲内を超えてしまった」という点で、2つの考えが頭に出てきました。

A.単なる形式的なものに過ぎないと考え、さっさと必要書類をそろえ、入社し、その働いた時に感じるフィーリングで悪質だと感じたりした場合には、○ケ月の試用期間内などに辞めることなどをすれば、変な請求されることもないような気がする。

B.その会社の業種というか? 業界の慣習のようなものなのかもしれないが、ひょっとしたら、提出する前に、【教えてグー】で質問してみて、「こんな失敗例がある」などのような回答を得れば、提出せずに内定辞退することで、回避できるのかもしれないことが隠れているのかもしれない。

自分のことだけであれば、もう少し簡単に考えられる気がするのですが、親などになにか迷惑がかけると後で後悔してしまいそうで、それでみなさまのお知恵をちょっと教えて欲しいのです。

実際に入社し、そこで仕事がキツいということであったり、自分なりに努力をして結果が万が一出せなくて、給料が下がったりするとか、あるいは成果主義の中で退職勧告などもあるかと思いますが、そういうのは、心配はしていないんです。自分でなんとかすべき問題かと考えます。

唯一気になっているのは、その会社が悪質な会社とかであった場合に、どんな展開があるのか?
体験談とかでいいですし、噂とかでもいいのですが、知りたいのです。

私は最初は、【雇用契約書】がないみたいで、過去に何か入社した社員に騙されたりした会社で、単に仕事させる前にまず連帯保証人とかいう書類をほしがり、提出さえすれば働けるという意味かと考えたりしたのですが、ちょっと自信も無くなってきました。

どうぞよろしくお願いします。

ある会社より再就職で内定を頂きましたが、その際、「提出書類がそろってから働ける」という説明を受けました。朝提出したその日より働けるということでした。

書類をいただく際に簡単に説明があり、「親がなって構わないし、年金生活者でも構わない」ということでしたので、その場ではあまり深く考えることもありませんでした。

書類を持って帰って読んだのですが、【連帯保証人】と明記されており、よくある【身元保証人】ではなくて、期間が最長の【5年間】と明記されております。

また、同時に提出する書...続きを読む

Aベストアンサー

お客様相手の仕事です。
もしお客様が不満を訴えれば貴方は「解雇」で損害の請求をされても何も言えません。
いわゆるブラック企業と思ってもいいでしょうね。
高給はうたっているがリスクも大きいという事ですね。

例)
暫くして契約が取れて施工する。
数カ月後に先方からクレームが来たと会社から言われる。
実際には嘘
損害金を請求される。
等の行為を繰り返して運営している会社と見るべきですね。

Q適性検査や筆記試験ってなんなの?

適性検査や筆記試験ってなんなんでしょう!
それで一体何がわかるんですか?
そしてふるい落とされる側の気持ちになってください!単に縁がなかったということでしょうか??
適性検査とはどうゆうものなのか
筆記試験とはどうゆうものなのか
教えてください!

Aベストアンサー

まず、適性検査についてお答えします。
適性検査は、面接で把握しにくい資質・能力・性格特性等を科学的・客観的に測定するものです。あなたが受けられた適性検査が何かわかりませんが、適性検査はいろいろな機関・企業等から出ており、測定する対象も様々です。私が知っているだけで、厚生労働省編「一般職業適性検査」(GATB)、職業興味検査(VPI)、内田クレペリン精神作業検査、東大式TEG、YG(矢田部ギルフォード)性格検査、キャリア・インサイトなどがあり、それぞれ心理学者等のホランドやスーパー、バーンらの人格理論に基づいて開発され、その結果にはある程度の信頼性・妥当性が得られています。(企業が独自に開発した検査についてはわかりません)

例えば、「一般職業適性検査」(GATB)は米国の労働省が適性理論に基づいて開発したものを旧労働省が日本の実情に合うように手直しして1952年に開発されました。
その後も何度か改訂されており、知的能力・言語能力・数理能力・書記的知覚・空間判断力・形態知覚・運動供応が測定されます。参考URLのほか、ここも覗いてみてください。
http://www.jdv.co.jp/business/recruit/graduate/selection/selection_aptitude.html

筆記試験については、目的はみなさんが言われるとおりです。レベルは中学卒業程度の会社もあれば高校卒業程度の会社もあり、会社によって違います。会社がこれらの選考方法を採用する意味は、優秀な人材を選ぶことだけではありません。今は30歳未満の失業率が約1割と言われています。1人の採用に何十人も応募者があることもあります。会社は採用選考に時間も労力も経費も使います。応募者全員を面接すればそれだけ負担も増えます。書類選考や適性検査、筆記試験である程度面接者を絞のは、効率的に採用選考を行う、という意味もあるのです。

ふるい落とされる側の気持ちもわかりますが、ふるい落とさなければならない側の事情もあります。就職活動は厳しいと思いますが、選んだ仕事は本当に自分に合っているのか、自己分析し自分の能力や人間性を磨きながら、焦らずあきらめず就職を目指してください。

参考URL:http://www.ailabor.or.jp/work/kensa.html

まず、適性検査についてお答えします。
適性検査は、面接で把握しにくい資質・能力・性格特性等を科学的・客観的に測定するものです。あなたが受けられた適性検査が何かわかりませんが、適性検査はいろいろな機関・企業等から出ており、測定する対象も様々です。私が知っているだけで、厚生労働省編「一般職業適性検査」(GATB)、職業興味検査(VPI)、内田クレペリン精神作業検査、東大式TEG、YG(矢田部ギルフォード)性格検査、キャリア・インサイトなどがあり、それぞれ心理学者等のホランドや...続きを読む

Q身元保証書を代理で書くと・・

現金を扱うような仕事(例えばタクシー乗務員・ホテル従業員etc・・)は入社の際にだいたい身元保証人が必要になり、
身元保証人の署名をした用紙を提出しなくてはなりませんが、
『すでに保証人から了解を取ってる、
面倒だから代理で書いておいてくれ』と頼まれたから自分で全部書いた結果
筆跡が同じで、
これでは駄目だと、
ちゃんと本人に書いてもらいなさいと内定してる会社から
言われたことある人いますか?

Aベストアンサー

こんいちは、

 言われる方ではなく、言う方です。過去に1度だけ言いました。

 確かに「形式的な」保証人の場合、特に親兄弟が遠い所に住んでいる場合、郵送とかが面倒ですから、誰かに書いてもらって、新たに買った三文判を押す、という事例は、(ここだけの話)良くあります。

 インチキといえばインチキですが、応募者も採用側も暗黙の了解がある場合が多いです。

 但し、明らかに同じ字(印まで同じ?)では、せっかく用意してあげた「暗黙の了解」を無視したということになりますので、採用はNGです。
 
 せめて、字の上手い友達に頼んでください。また、保証人本人には、その件を必ず伝えて、了解を取ってください。本物の保証人が「そんな話、聞いてない」とか言ったら、これまたOUTです。

 ご参考まで。

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報