勤続20年の会社です。保証人が死亡しましたが、新たに保証人を立てられない場合はその会社を依願退職しなければなりませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

身元保証に関する法律により、身元保証人の保証責任は5年間です。

勤続20年にもなるし、会社が代わりの保証人を求めていない以上、何の手立てをする必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

きちんと法律があるんですね。考えてみたら当たり前のことでした。私ではなく知り合いのことで、もし会社が求めてきたらそれには応じないといけないということですね。警備会社と聞いていたので、もしかしたら特殊なのかもしれません。どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/06/28 15:22

就職時の保証人は5年程度です。


試験して内定を出した割には信用されていないのか、出さなければならないですね。

20年も勤続していればその人の内面まで全てわかっているでしょう。
退職するまで保証人は努められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございました。そうですよね、永遠に保証されるなんてありえないですもんね。そんな当たり前のことにも気が回りませんでした。

お礼日時:2014/06/28 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正社員で5日間で会社を依願退職した場合給料を払わないとか会社に罰則規定はありますか?

会社に入社後正社員で5日間で会社を依願退職した場合給料を払わないとか会社
に罰則規定はありますか?、「労働条件通知書」でそんなのはありますか?とメ
ールで確認しましたが、回答がないまま、入社しました。
 入社5間の日程は
 1日目、焼肉パーティーでその日仕事らしいことはない。
 2、3、5日は本格的仕事とで、残業で2、3日は午前様退社
 4日は休み
 6日目に退職願で退職という仕事内容だった場合です。以上ですが
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

退職届を提出して、即日の退職が認められたのなら2週間の縛りは関係ないし
損害賠償の対象にもなりませんよ。

期間の定めのある労働契約なら、損害賠償請求の対象にもなるかも知れませんが。

民法第628条
当事者が雇用の期間を定めた場合であっても、やむを得ない事由があるときは、
各当事者は、直ちに契約の解除をすることができる。この場合において、
その事由が当事者の一方の過失によって生じたものであるときは、
相手方に対して損害賠償の責任を負う。

Q連帯保証人の1人が、死亡した際契約書は新たに作成されるのですか?

皆さん、ひとつ宜しくお願い致します。

兄が、DT建託の土地活用にて空き部屋保証が、気に入ったらしく賃貸マンション

の経営を始めるに付き1億3000万円をDT建託が、紹介した銀行から借り入れまし

た。30年ローンです。現在マンション建設後5年経過中です。

銀行からの申し出は、実母80歳、実姉55歳既婚、相談者実弟50歳既婚の連帯保

証を求めてきました。銀行の言うことは、兄が、現在独身であるということで既婚

者であれば我々母、姉、相談者弟3人に連帯保証人の要請は、しなかったと言

そしてローン中に兄が、もし死亡した時は、マンション経営を継いでローン残を返

済してくれる人間の意味も含むということでした。

問題なさそうだったので各人印鑑証明書提出と連帯保証人の契約書に署名捺印

をしましたが、先月中旬突然母が、心筋梗塞で亡くなってしまったんですが、その

ような時は、銀行の連帯保証人の契約書は、再度銀行側が、契約書を新たに

作り直しまた我々姉と相談者弟は、印鑑証明取り寄せと署名をしなければならな

いのでしょうか?

それとも銀行は、亡くなった母の署名を銀行側だけで、削除するだけで済むので

この場合済むのでしょうか?

どうかお分かりであれば教えてください。

お願い致します。

皆さん、ひとつ宜しくお願い致します。

兄が、DT建託の土地活用にて空き部屋保証が、気に入ったらしく賃貸マンション

の経営を始めるに付き1億3000万円をDT建託が、紹介した銀行から借り入れまし

た。30年ローンです。現在マンション建設後5年経過中です。

銀行からの申し出は、実母80歳、実姉55歳既婚、相談者実弟50歳既婚の連帯保

証を求めてきました。銀行の言うことは、兄が、現在独身であるということで既婚

者であれば我々母、姉、相談者弟3人に連帯保証人の要請は、しなかったと言

そ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1,NO.5 です。
補足について

(1),(2) 銀行に言えば兄に内密で契約書のコピーは、貰えるのでしょうか?

さすがに私もこれは「経験」したことないのでなんとも言えません。が、法的に契約内容を知る権利は当然、あります。
なんでしたら、順番が前後しますがまずは弁護士に相談されて、弁護士さんから銀行・支店に話を通してもらえば確実でしょう。
銀行がこれを兄にバラす理由はありません。
ただ、“兄に内密で” である必要性を特に感じないのですが。兄にばれたからって、今以上に悪いことは起こらないでしょう。

(3)もし今私が、実印を紛失したと言うことであればどうなるのでしょうか?

これは残念ながら、何の意味もないですねえ。私でなくほかの回答者でもそう断言するでしょう。
かつて、印鑑証明付き実印で署名・捺印した契約書があれば、それが将来にわたって有効です。新たに実印を押し直す機会はありません。
またもし新たに実印が必要なら、
「失くした判子は紛失届(?)を出して、新しい判子を実印登録する」
でお終いです。

ああ実印を紛失したというのは、そうでなくて、例えば、
「兄が私の実印を盗んで勝手に署名・捺印してしまった」 だとか、
「契約書に押されているのは、私の実印だと証明できない」 などと
言い訳する、という意味ですか?
そういう言い訳を封じるために、印鑑証明を添付させます。

とにかく、

・ 連帯保証の契約書に署名・捺印してしまった(←ローン完済まで責任が)
・ しかも実印で印鑑証明付きだ(←確実に本人の意志でやったことの証明)
・ 契約自体、良くあるもので、公序良俗に反しない(←契約の不当性もない)

となると。ちょっと対抗するやり方は私には思いつかないです。
これ以上は、プロの弁護士に相談されるよう、お勧めします。

No.1,NO.5 です。
補足について

(1),(2) 銀行に言えば兄に内密で契約書のコピーは、貰えるのでしょうか?

さすがに私もこれは「経験」したことないのでなんとも言えません。が、法的に契約内容を知る権利は当然、あります。
なんでしたら、順番が前後しますがまずは弁護士に相談されて、弁護士さんから銀行・支店に話を通してもらえば確実でしょう。
銀行がこれを兄にバラす理由はありません。
ただ、“兄に内密で” である必要性を特に感じないのですが。兄にばれたからって、今以上に悪いことは起こら...続きを読む

Q入社後、精神障害者手帳の交付を受けた場合、会社に届けをしまければいけませんか。

 今の会社(大企業)に入社後、精神障害者手帳の交付を受けました。今までどおり、仕事もできず、休んだりし、人事評価は、最低です。もちろん給与も下がりました。もうすぐ50代で、リストラの対象と言われています。
 会社(総務課?)に、障害者手帳を持っている事を、伝えれば、配慮してもらえるでしょうか。(仕事上の配慮や、解雇されないなど)
 よろしくお願いします。正社員です。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず私も持っている障害者手帳についてですが、届け出をする必要がありません。あるとすれば年末調整時に本人が障害者という欄に記載をしていて会社が障害者雇用事業所として登録をしているケースです。
年末調整時に記載しなくても確定申告をすれば同等の控除が受けられるので会社に秘密にすることは可能です。

で、なぜ精神障害者手帳を交付されるような事態になったかについては分かりませんが、手帳を交付されると言うことは医師の治療を1年半以上は受けているはず。ならば仕事ができず休んだりすることを悩んでスパイラル的に苦しむより医師の診断を仰ぎ休職を願い出てみてはいかがでしょう。傷病手当金の対象にもなります。
その上で復職に向けて治療に専念することをおすすめします。
障害者手帳は印籠ではないので大して配慮が期待できないばかりか下手をすると厄介者と見られかねません。障害者の受け皿のある余力のある企業ならともかく、障害者には冷たい状況です。
これは企業の大小にかかわらずある偏見です。

経験から言えば人事評価に影響のあるほど症状がひどいのであれば産業医の診断を得て休職するのが最善かと思います。
質問の内容から察しますとかなりリストラのプレッシャーがありそうですね。心の安静の面から言ってもとても安心して治療が受けられる感じではない気がします。薬の副作用から眠気や集中力を欠いたりしていませんか?今まで通りなんとか仕事をしたい意欲はよく分かりますが、かえって逆の結果が出てしまわないかとても心配です。

こんにちは。
まず私も持っている障害者手帳についてですが、届け出をする必要がありません。あるとすれば年末調整時に本人が障害者という欄に記載をしていて会社が障害者雇用事業所として登録をしているケースです。
年末調整時に記載しなくても確定申告をすれば同等の控除が受けられるので会社に秘密にすることは可能です。

で、なぜ精神障害者手帳を交付されるような事態になったかについては分かりませんが、手帳を交付されると言うことは医師の治療を1年半以上は受けているはず。ならば仕事ができず休...続きを読む

Q連帯保証人の父9年前に死亡、その相続人である家族に突然通知書が・・・。

突然送られてきた通知書に家族皆驚いており、どこに相談をしどうすればいいのかわからず、質問させて頂きました。どなたかアドバイスお願いします。

平成9年2月A氏が借りた賃貸物件の連帯保証人に父がなっていたようで、その家賃が平成15年1月を最後に支払われていないということです。A氏には未払賃料の支払いを催告されたそうですが、支払う資力がないとのことで、連帯保証人である父が18年3月に死亡しているということで、今回私たち家族に通知書が届いたという経緯です。

A氏は今もその物件に住んでいるようです。
通知書も昨日送られてきたばかりなので、どこにもまだ連絡していない状況です。

この様な場合支払いは私たちがしなくてはいけないのでしょうか?
おそらく法律上はそうなのかもしれないのでしょうが、父親は財産など全くなく、私たち家族も
支払う能力はありません。
「相続放棄」というのをhpで見かけたのですが、どうなのでしょうか?
また、法律事務所などの弁護士さんを通さないといけないのでしょうか?
専門的なことなので全くわかりません。
どなたか助けてください。宜しくお願い致します。

突然送られてきた通知書に家族皆驚いており、どこに相談をしどうすればいいのかわからず、質問させて頂きました。どなたかアドバイスお願いします。

平成9年2月A氏が借りた賃貸物件の連帯保証人に父がなっていたようで、その家賃が平成15年1月を最後に支払われていないということです。A氏には未払賃料の支払いを催告されたそうですが、支払う資力がないとのことで、連帯保証人である父が18年3月に死亡しているということで、今回私たち家族に通知書が届いたという経緯です。

A氏は今もその物件に...続きを読む

Aベストアンサー

この様な場合支払いは私たちがしなくてはいけないのでしょうか?
     ↑
相続放棄などの手続きをしていない限り、
原則そうなります。
相続放棄は、相続開始を知ったときから三ヶ月以内です。

ただ、そんな借金があるのを知らなかったことにつき
やむを得ない理由があれば、知ったときから3ヶ月以内
に相続放棄が出来る、とした判例があります。


”おそらく法律上はそうなのかもしれないのでしょうが、
父親は財産など全くなく、私たち家族も
支払う能力はありません。”
    ↑
支払い能力の有無と、法的な義務の存在とは
別問題です。


法律事務所などの弁護士さんを通さないといけないのでしょうか?
    ↑
相続放棄の手続きは、比較的簡単です。
素人でも出来ます。
http://law.main.jp/souzokuhouki/


”専門的なことなので全くわかりません。”
    ↑
大切なことで、判らないことがあったら専門家に
相談しましょう。
ネットで調べて解決、などと考えるべきではありません。
相談だけなら、数千円で済みます。
また、無料相談をやっている役所も多いです。

この様な場合支払いは私たちがしなくてはいけないのでしょうか?
     ↑
相続放棄などの手続きをしていない限り、
原則そうなります。
相続放棄は、相続開始を知ったときから三ヶ月以内です。

ただ、そんな借金があるのを知らなかったことにつき
やむを得ない理由があれば、知ったときから3ヶ月以内
に相続放棄が出来る、とした判例があります。


”おそらく法律上はそうなのかもしれないのでしょうが、
父親は財産など全くなく、私たち家族も
支払う能力はありません。”
    ↑
支払い能力の有無と、法...続きを読む

Q債務者死亡により連帯保証人に要求された追加担保と追加保証人について

私は、親が相続税対策のために建てたアパートの連帯保証人になっていました。親がなくなったので名義変更をしに銀行にいきましたが、そこの銀行より現在のアパートは資産価値が借入金より低くなっているので別途追加の担保を入れてくれということでした。
これに対して私は、名義変更のみなら何時でも受け入れるが追加融資も受けていないのに何故追加担保を入れる必要があるのか、私は親がなくなった後も一切の滞納もなく支払を続けているし、これからも連帯保証人として責任を持って支払っていくから承諾できないと拒否しました。
その後も銀行は同じ事を再三言ってきましたが、私も同じように拒否してきました。
すると今度銀行は追加担保はもういいから、その代わりに連帯保証人をつけてくれといってきました。私はこれについても同じように拒否しています。
何故なら、銀行が当初から追保証人をと言って来ていたのであれば、そのときはしぶしぶでも納得したのですが、当初は担保要求をし、それが駄目だから今度は保証人をという銀行のやり方に怒りを覚えたからです。
私は、銀行に「契約書に借入人が亡くなったときには、そのときの資産価値により新たに追加担保を要求することがある。」または、「そのときには新たに保証人をつけなければならない。」と言うような記載がありますか?もし、そうであれば直ぐにその通り実行しますよといいましたが、それに対して銀行は何も言わずただ保証人を付けてくれの一点張りなのです。
そこでお尋ね致しますが、この場合はどうすればよいのでしょうか。やはり、保証人をつける必要があるのでしょうか。良きアドバイスをお願い致します。

私は、親が相続税対策のために建てたアパートの連帯保証人になっていました。親がなくなったので名義変更をしに銀行にいきましたが、そこの銀行より現在のアパートは資産価値が借入金より低くなっているので別途追加の担保を入れてくれということでした。
これに対して私は、名義変更のみなら何時でも受け入れるが追加融資も受けていないのに何故追加担保を入れる必要があるのか、私は親がなくなった後も一切の滞納もなく支払を続けているし、これからも連帯保証人として責任を持って支払っていくから承諾できな...続きを読む

Aベストアンサー

多少銀行の内部事情を知っている立場からアドバイスさせていただきます。

銀行が要求している理由は、あなたの立場が相続により連帯保証人から本来の債務者の立場に変更になることによって、保証人不在の状態となるため、債権リスクが高まり銀行内部での渉外担当者やその支店長が自分の査定が下がることを懸念して、勝手なことを言っているだけです。
おそらく担当者が支店長などの上司から、リスクが高まったため、要観察先や要管理先となることを恐れてリスク低減を強く迫られて要求しているのでしょう。

貸し出し実行時から要求の内容が契約で定められているわけでもないので、担当者の立場のための要求など突っぱねれば良いと思います。
(ただしその銀行からは今後新規融資を受けにくくはなると思いますが)

そもそもその施策は金融庁の銀行保護行政の勝手な指導によるところでもあります。
そもそも担保割れになったのは銀行の判断が甘かったためなので、あなたがそのリスクを負う必要は全くありません。

法的には、あなたは自分の義務の範囲で、決められた返済をきちんとしていれば、銀行にそれ以上の要求をする根拠はありません。

多少銀行の内部事情を知っている立場からアドバイスさせていただきます。

銀行が要求している理由は、あなたの立場が相続により連帯保証人から本来の債務者の立場に変更になることによって、保証人不在の状態となるため、債権リスクが高まり銀行内部での渉外担当者やその支店長が自分の査定が下がることを懸念して、勝手なことを言っているだけです。
おそらく担当者が支店長などの上司から、リスクが高まったため、要観察先や要管理先となることを恐れてリスク低減を強く迫られて要求しているのでしょう。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報