証券会社につくる口座の種類についてです。
源泉徴収なしの特定口座と一般口座を比較して、一般口座のメリットはなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>源泉徴収なしの特定口座と一般口座を比較して、一般口座のメリットはなんでしょうか?



「【源泉徴収なし】の特定口座(簡易申告口座)」との比較であれば、「一般口座のメリットは特にない」、むしろ「確定申告が面倒なためデメリットのほうが大きい」ということになります。

もともと、「確定申告を簡便にできるようにして証券投資を促進しよう」というのが「特定口座制度」の主な目的ですから、「一般口座の方が便利」ということは原則としてないわけです。

ですから、「(申告が容易な)特定口座を取り扱っていない」という金融機関もほぼ無いはずです。

『特定口座制度|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1476.htm

---
(備考1.)

「金融機関」は、顧客の取引の内容を所轄の税務署に報告する義務があります。

この「報告の方法」が「一般口座」と「特定口座」では異なっています。

『そのほかのご留意点 支払調書について|大和証券』
http://www.daiwa.jp/money/tax/other/other01.html

---
(備考2.)

先物取引やオプション取引などは、「特定口座を開設している証券会社」で取引しても「一般口座」での取り扱いとなります。

『先物・オプション 確定申告ガイド|楽天証券』
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fop/tax_return …
>>株式と異なり、日経225先物・日経225オプション・日経225ミニ取引には税制上、特定口座が適用されないため、証券会社から年間の損益をまとめて記載した「年間取引報告書」は発行されません。…

*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『[PDF]特定口座に関するQ&A(改訂4版)平成21年11月|日本証券業協会』
http://www.jsda.or.jp/sonaeru/oshirase/files/091 …
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/wor …
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365 …
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/503 …
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『ご意見・ご要望|国税庁』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-126 …
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します
    • good
    • 0

質問の2つの口座の違いは、証券会社が損益の計算をやってくれるかどうかの違いです。

源泉徴収なしの特定口座の場合、証券会社が1年間の損益計算をして翌年1月中に年間取引報告書が発行され、それをみれば確定申告するかどうか判断することができます。だから、最初から自分ですべて計算する一般口座より楽ですよ。よって一般口座のメリットは思いつきません。あるとすれば、ここに書けないようなことでしょう。
    • good
    • 0

簡単に言う他に所得があるサラリーマンの場合、20万以上を儲けた場合、面倒な確定申告が必要なので


その必要がない特定口座のほうがいいという人が多いです。でも、残念ながらほとんどの人はたった20万でさえ
勝てないのでこのメリットは享受できていません。


一方、専業主婦や学生など所得がない人は、間違いなく一般口座のほうがいいと思います。
税金の計算はしなければいけませんが100万以上年間で勝てない人が大半です。
ならば、税金がとられない一般口座でいいと思います。
特定口座でも確定申告ば税金は戻ってくるのですが、面倒ですよね。そもそも確定申告できる人は
一般口座でいいわけですし。

「特定口座でとられた税金は本来おさめる必要がない税金。確定申告しなければ返ってこない」

が基本です。何とかして税金を取ろうとする国、税務署のわなですのでご注意を。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「源泉徴収なし」と「源泉徴収なし」が同じ口座に?

特定口座の「源泉徴収あり」に変更した場合、
過去に「源泉徴収なし」の年に購入したモノは「なし」のまま
取り扱われることが分かりました。

その場合は「源泉徴収あり」に変更後に購入したものは「あり」として
取り扱われるんですよね?
同じ口座内で「あり」「なし」が同居するとの認識でよいですか?

Aベストアンサー

基本は無しのものは無しで有りのものは有りで分けて計算しますが、簿価の洗い替えでどうするかは証券会社次第。基本的には移動平均法を税法が要求している為で、有りと無しは別計算する原則も合算する可能性があります。

Q特定口座(源泉徴収なし)と一般口座の違い

 過去に同種に質問は多数行われていることは承知の上で、自分の理解力が足りないために恥ずかしながら質問させていただきます。

Q:確定申告の手間は覚悟の上で、株式取引の投資効率を上げる理由から、譲渡益発生の都度徴税されない「特定口座(源泉徴収なし)」
または「一般口座」の利用を検討しています。そこで両者の違いを調べたところ、

  A.前者は「特定口座年間取引報告書」が証券会社より送付されて
    くるので、簡易な確定申告が可能。
  B.証券会社から税務署への提出書類が、前者は「特定口座年間取引
    報告書」、後者は「支払調書」(1回の売却金額30万円超)

ということはわかりました。さて、税務署にどのくらい儲けているかや職場に株式取引をしていることがわかっても一向に差障りのない私は、
上記Aより「特定口座(源泉徴収なし)」を選択すべきでしょうか?また、両方を比較して「一般口座」を利用するメリットがありましたらご教示
願います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

特定口座のほうが、損益計算を自分でしなくて済むので良いでしょう。これから株を始める方の場合、一般口座のメリットは思いつかないです。タンス株をもっている場合は、一般口座を使わざるをえない場合があります。
一般口座は、証券会社に口座を開設すればだれでも使えますので、特定口座を申し込むかどうかの判断になります。

Q株の確定申告をし忘れた!(『特定口座源泉徴収有り』と『一般口座での売買』を併用)

『うっかりしていた・・・』では済まされませんが、事実そうなってしまっているので皆さんのお力をお借りしたく質問させていただきます。

当方、3社の証券会社に口座を持っています。

A社:特定口座源泉徴収有り(ネット証券)
B社:一般口座      (一般店舗で営業マンつき)
C社:一般口座      (〃          )

株式売買は新証券税制になる前から行っておりまして、その当時(新証券税制以前)は源泉分離課税を選択し売りを行っていました。
新証券税制がスタートする前にすべての口座(A・B・C社)を
特定口座にしたつもりでしたが、実際にはA社のみが特定口座で
あとの2社は一般口座のままで現在に至っております。

私は3社とも特定口座だと信じ込んでいたため、新証券税制がスタートした平成15年から今まで確定申告をしていませんでした。

以下は各社ごとの大まかな損益です。

    A社(特定源泉有り) B社(一般口座) C社(一般口座)
15年 +300万      +20万     +300万
16年 +500万      -700万    +400万
17年 +100万      +70万     +30万
18年 +500万      +50万     -150万

今度の休みにでも税務署に行き確定申告をしようと思っているのですが
やはり、うっかりとはいえ申告していなかったのは事実ですから何らかのペナルティーは課せられてしまうのでしょうか?
(色々調べてみたのですが、無申告加算税?延滞税は掛かるようですが・・・)
ちなみに15年、17年度は各社とも+でしたから譲渡益税を払うにしても、16年度はB社とC社の損益通算で-300万、18年度は同じく-100万と損失となっているため、各年度A社で源泉徴収されている税金から還付されるという見解は正しいですか?

自己管理ができていなかった為にこんな事態になってしまい恥かしい限りですがご回答を宜しくお願い致します。

『うっかりしていた・・・』では済まされませんが、事実そうなってしまっているので皆さんのお力をお借りしたく質問させていただきます。

当方、3社の証券会社に口座を持っています。

A社:特定口座源泉徴収有り(ネット証券)
B社:一般口座      (一般店舗で営業マンつき)
C社:一般口座      (〃          )

株式売買は新証券税制になる前から行っておりまして、その当時(新証券税制以前)は源泉分離課税を選択し売りを行っていました。
新証券税制がスタートする...続きを読む

Aベストアンサー

それはまあ、普通に無申告加算税や延滞税はかかるでしょうね。

>ちなみに15年、17年度は各社とも+でしたから譲渡益税を払うにしても、16年度はB社とC社の損益通算で-300万、18年度は同じく-100万と損失となっているため、各年度A社で源泉徴収されている税金から還付されるという見解は正しいですか?

正しいといえば正しいですが、4年間まとめて精算するので、全て通算して考えます。偶然でしょうが、15~18年のB,C社の損益はわずか20万円のプラスのようですから、その分だけ税金を払えばいいだけです。大した額にはならないですよ。

ただまとめてではなく、時間の流れに沿って精算する場合、15年の320万円分は納税することになるでしょうが。

Qネット証券の特定口座(源泉徴収あり)

ネット証券に特定口座(源泉徴収あり)を持っています。

A社、B社、C社と3社持っていて、06年度A社で-60万円、B社で-40万円合計-100万円のマイナスを出したとします。もし今年にC社の口座で+100万円出した場合、口座を最初から一個だけもっていた場合よりも多くとられてしまう税金とかありますか?図解↓

(1) 06年A社(-60万)、06年B社(-40万)、07年C社(+100万)
 
(2) 06年A社(-100万)、07年A社(+100万)

Aベストアンサー

1と2のどちらのケースにおいても、100万円儲けた口座ではまず10万円の税金が源泉徴収されます。

06年の損失を繰り越すための確定申告がしてあれば07年の利益と相殺でき(10万円が戻ってきます)ますが
確定申告をしていなければ10万円は戻ってきません。これは1と2のケースで違いはありません。
いずれにしても、06年と07年の2回の確定申告が必要になってきます。

源泉徴収口座は便利なシステムで、同年の損益なら通算して税金を調整してくれますが
年をまたいで損益を合算したい場合は前年の確定申告(損失繰越)が必要になります。

Q楽天証券で、特定口座、源泉徴収なしにしているのですが……

マーケットスピードで買い注文を出すときに、特定口座か一般口座を選ぶときに、うっかり一般のほうを選択したら、執行中になりました。
特定口座の源泉徴収なしで開設しているのですが、一般口座を選択できたのは、どういうことでしょう?
特定口座というのは、一般の中に含まれているということなのでしょうか?

Aベストアンサー

特定口座は証券会社が損益計算をやってくれるサービスで、誰でも証券総合口座を開設すれば一般口座を持つことになります。
含まれるといえば、そんなようなものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報