独学でドイツ語の勉強をしてます。
発音はCDや教育テレビで聞いたりしてます。

このたびドイツ語3級を受けようと思っているのですが、頭に入りにくいので、覚えるコツとかありますか?
ただでさえ覚える単語が多いのに、名詞は der,die,dasがセットになってるのでそれも覚えないといけません。
例文で覚えようとすると、主語によって動詞が、過去や完了で動詞が、次に続く名詞によって形容詞の単語が変化していて「なんやねん」って感じです(笑) 単数と複数ではまた単語が違うし。


あと、単語の頭に(名詞・動詞問わず)、ver,be,er,ge などがついた単語が異常に多いのですね。それぞれどういった意味があるのか知りたいです。どこか詳しいサイトなどご存じではないでしょうか?


いい覚え方があればぜひやってみたいです。いいサイト、本があれば見てみたいです。
何かご存じでしたら教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私はアクティブブレインというセミナーに行きました。


2日間のベーシックコースと1日のアドバンスコースで
160個の任意の単語を覚えたり、20個の文章を順序通り覚えられるようになりました。
上級講座の英単語コースは秀逸でした。
おススメです。

また、記憶力は思い出した回数に比例します。
五感を駆使し、眼で見る、声に出す、手で書く、耳で聴く、料理でしたら舌で感じるというようなことは誰でもやるのでしょうが、そのあとで思い出すという作業をやらないと定着しません。
たとえば予備校に行っている場合ですと、講義の日とその翌日という短期間の間に、i講義→ii講義の休み時間→iii講義終了後→iv帰りの電車→v帰宅後に転記→vi翌日の通学中という計7回、記憶する回数を確保するくらいやれば定着します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思い出す作業が大事なのですね。
ちょっと勉強が足りてなかったです。
五感を使ってドイツ語にふれる方法考えてみます。
ありがとうございます!

お礼日時:2014/09/11 00:54

単語やそれを使った表現を覚えなければならないのは、特別ドイツ語だから ということはないでしょう。


名詞の文法性はそれこそ名詞一つ一つ覚えなければ、、、。
”頭に入りにくい、、、”は申し難いのですが、学習不足というか、やり方が非効率、、、?
多くの品詞が働きによって活用するので、文章中の働きが明確になり、文の意味が明確になるのです。そこが、途中で成長方向が曲がってしまった妹分の英語と違うところです。
接頭辞の元々の意味を知る必要がありますが、英語でしたら、副詞などであらわれるところを、一語にしただけです、一語一語ちゃんと覚えましょうね。ドイツ人もそうやて覚えるのです。 前綴りの意味は、独和辞典に記載があるはずです。 なければそんな辞書は捨てましょうね。

いろいろ書きましたが、根本は 学習不足 の一言、でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

学習不足、確かにです。
効率良い方法考えてみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/11 00:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ単語は冠詞ごと覚えるべき?

ドイツ語を大学で学んでおります。
やはり単語をある程度覚えないとどうしようもないのですが
単語の性は皆さんどのようにおぼえられているのでしょうか?
色々考えた末、とりあえず2通りのタイプがありえるのではないかと思いました。例えばSchiffという単語について。

タイプ1:
Schiffは中性名詞であるということを覚えている。
だからdas Schiffとなる。
タイプ2:
das Schiffとセットで覚えている。
だからSchiffは中性名詞だとわかる。

みなさんは「単語が何性か」を覚えていますか?
それとも「単語とセットになる冠詞そのもの」を覚えていますか?
いまいちどうすればよいか迷っているのでアドバイスお願いいたします。
ちなみに女性名詞は見分けやすいとか、その類の話は知っています。

Aベストアンサー

人により向き不向きがあるでしょうが、私はタイプ2ですね。ドイツ語をやっていたのはもうずいぶん昔の話ですが。

それも単に der, die, das を付けるだけではなく、auf dem Schiff のように前置詞+冠詞+名詞 のセットで、あるいは 形容詞+名詞 でも、人称代名詞の所有格を付けてでも、実際に出現するフレーズで覚えるのがよかったような気がします。適正な前置詞が何かということも合わせて覚えられるし、だいたい実際の会話では、何性で何格だからどの形、とか考えてる時間はとてもないですよね。

ただ、上のようなやり方だと男性と中性が区別できないことがままありますが、いろいろなフレーズを覚えるようにしていけば解決することもあります。まあ性を間違えてもまず会話で問題になることはないし、よく分からなかったらあいまいに発音しても構わないと思います。作文をするときは、今どきはたいていパソコンを使うでしょうから、そんなに困りませんしね。

QRilkeのGedicht Das war der Tag der weissen ・・・

また、リルケの詩です。

Das war der Tag der weissen Chrysanthemen,
mir bangte fast vor seiner schweren Pracht....
Und dann,dann kamst du mir die Seele nehmen
tief in der Nacht.

Mir war so bang, und du kamst lieb und leise,
ich hatte grad im Traum an dich gedacht.
Du kamst, und leis wie eine Maerchenweise
erklang die Nacht....

der Tag der weissen Chrysanthemen というのは11月頃の「死者を偲ぶ日」のことですね?
白菊の花束を持って墓地に行く人々を見たことがあります。
この詩も「死」がテーマになっていると思います。

「私はその日の重苦しい華やかさが怖かった」Prachtは、晩秋に映える白菊の華やかさを言っているのでしょうか?
「お前は私の魂を深い夜の闇へと奪いに来た」duは「死」を意味していると解釈してよいですか?
「私はとても不安だった、お前は優しくひそやかにやって来た、私はちょうど夢の中でお前のことを考えたところだ。」
leisはleiseのことですか?erklang の主語はdie Nachtでやはり「死」を暗示していると考えてよいでしょうね?
「おとぎ話の調べのようにひそやかに夜の歌が聞こえてきた」
テレビのドイツ語講座で当時Michael Muenzerが朗読していたのを覚えています。

全然急ぎませんので、お暇な折にご回答をいただければ嬉しく思います。入力だけでも大変な労力だと思います。いつもいつもありがとうございます。

また、リルケの詩です。

Das war der Tag der weissen Chrysanthemen,
mir bangte fast vor seiner schweren Pracht....
Und dann,dann kamst du mir die Seele nehmen
tief in der Nacht.

Mir war so bang, und du kamst lieb und leise,
ich hatte grad im Traum an dich gedacht.
Du kamst, und leis wie eine Maerchenweise
erklang die Nacht....

der Tag der weissen Chrysanthemen というのは11月頃の「死者を偲ぶ日」のことですね?
白菊の花束を持って墓地に行く人々を見たことがあ...続きを読む

Aベストアンサー

この詩は、リルケの若いときの作品です。通常リルケの詩集としてまとめられるものは、1899年に『わが祝いに』として出版され、のちに『初期詩集』と改題された詩集から始まります。しかしこの白菊の詩は1896年の作で、『Traumgekrönt(夢に冠された)』という詩集に収められていたものです。この時期の作品は、まだリルケの個性が出る前で、あまり取り上げられる機会はないと思うのですが、その中でこの詩は比較的知られているようです。歌曲として作曲もされていますし、選集のようなものにも収録されることがあるのではないかと思います。
解釈についての資料は見つからず、ドイツのQ&Aサイトにも、だいぶ前にこの詩の白菊の意味を尋ねる質問が出ていますが、やはり、「葬儀の時によく使う花なのでそういう意味があるのでは」という回答がたった一つついているだけでした。しかし、死を主題にした作品という解釈には疑問があります。

やや余談になりますが、この詩の中で白菊が何を意味しているかは別として、菊の意味を少し調べてみました。たしかにヨーロッパでは、葬儀に白菊を使う習慣があるようで、死の象徴ととらえられていますが、一方で愛の象徴となる面もあるようです。白菊に限らず、菊を死や、死を超える愛の象徴とする考え方はフランスで始まりました。フランスの花屋たちがそれを中央ヨーロッパに広めたようですが、彼らは同時に、男女間のやり取りの場面での用途も考えたようで、したがって、下菊は必ずしも死とだけ結びつくのではなく、誠実さへの感謝としての贈り物にもなるということです。また、黄色の菊は戯れの愛、赤い菊は愛の告白、そして、態度はまだ決まらないがいつも君のことを思っている、と伝えたい場合は、いろいろな色の菊を混ぜた花束を勧めたようです。
http://www.symbole-wiki.de/index.php/Chrysantheme

また、詳細はわからないのですが、たぶんウィーンの古い映画に出てくる歌で、「weiße Chrysanthemen schenk ich dir zur Hochzeitsnacht」というのがあるようです。

こういうことを知ると、ひょっとしてこのリルケの詩は、婚礼の夜のことを歌っているのではないかと思いそうになりますが、これも短絡的です。

さて、この白菊の詩なのですが、最初に発表された『Traumgekrönt』という詩集の中では、『Lieben(愛する)』という題のもとに書かれた22の連作の2番目の作品として出ています。22作全体が素朴でロマンティックな愛の詩で、この2番目の作品だけを死と結びつけるのには無理があります。

Traumgekrönt所収 Lieben 全22篇
https://de.wikisource.org/wiki/Lieben

しかし、冒頭にはっきり「Das war der Tag der weissen Chrysanthemen」と書いてあるので、「白菊の日」という表現に重要な意味があることは間違いありません。そしてこれはたぶん、死の象徴として言っているのではなく、「諸聖人の日(万聖節)」の出来事として書いているのだと思います。「schweren Pracht」のschwerは、重苦しいという意味ではなく、この祭日に町中で白菊の花束が供えられるので、その華やかな花束の「荘重さ」を表現するものです。注意すべきは、その前の「fast(ほとんど)」です。もし死の訪れを恐れる場面であれば、fastとは書かないでしょう。fastからは、むしろ諧謔性が感じられますが、その次の行の「dann, dann」という繰り返しも同様です。duは死ではなく、あくまでも恋人です。諸聖人の日の白菊を見て不安になったということにユーモラスに掛けて、「そしたら、そしたら(やっぱり思ったとおり)、深夜、君は僕の魂を奪いに来た」と言っているのです。bangenは悪い意味の不安ではなく、期待と不安の混じったものですね。「du kamst lieb und leise」とありますが、duが「死」なら、liebとは言いません。「Märchenweise」も、死とはイメージが違いすぎます。
leisはleiseの省略形です。これは、先の御質問で少し触れたように、詩のリズムの制約から来ています。弱強弱強の繰り返しでできているのですが、leiseとしてしまうと、ここだけ弱が二つ続いてしまうのです。それを避けるためです。
erklangの主語はdie Nachtでよいのですが、erklingenは響きを上げる、鳴り始めるという意味です。「夜が、おとぎ話の調べのように響き始めた」という意味になります。楽しい意味です。ロマンティックで若い詩、官能的な詩ともいえます。

音楽的なイメージも参考に。

アルバン・ベルク作曲『7つの初期の歌』から『Traumgekrönt』
https://www.youtube.com/watch?v=vUVDn8ptK3Y

この詩は、リルケの若いときの作品です。通常リルケの詩集としてまとめられるものは、1899年に『わが祝いに』として出版され、のちに『初期詩集』と改題された詩集から始まります。しかしこの白菊の詩は1896年の作で、『Traumgekrönt(夢に冠された)』という詩集に収められていたものです。この時期の作品は、まだリルケの個性が出る前で、あまり取り上げられる機会はないと思うのですが、その中でこの詩は比較的知られているようです。歌曲として作曲もされていますし、選集のようなものにも収録されることがあ...続きを読む

QA,E,K,O,S,U,Y,Yを並べ替えて・・・

変わった質問だと思うのですが、A,E,K,O,S,U,Y,Y
の8つのアルファベットを並べ替えて、カッコイイ名前を作りたい
のです。自分で考えたので一番響きが良かったのは、
「SYAEKU」(シャエク)なのですが、YとOが足りません・・・。
英単語でもローマ字読みでも何でもかまいません。
もしよければ、みなさん、お暇な時にでも考えてもらえませんか?

Aベストアンサー

なかなか難しいです。

(1)ユーシャエク(YOUSYAEK)
(2)ユーシェーク(YOUSYEAK)
(3)シェークユー(SYEAKYOU)
(4)ユーヤソーク(YUYASOEK, YUYASOKE)
(5)八瀬優子(YASEYUKO)
(6)瀬古裕也(SEKOYUYA)

Q第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか?
ドイツ語は、単語や発音が
スペイン語は、文法が
英語に比べて難しいと聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

スペイン語もドイツ語も、名詞に性別があるのでそれを覚えないといけません。フランス語もですが
さらに中性名詞もあります。

もうこの辺で嫌な感じしてきたかもしれませんが…

つまり、名詞が女性か、男性か中性か、単数か、複数か、で付ける冠詞がちがってきます。

また、名詞が格によっても変化します。

勉強すると「英語が国際語でよかったー」と思います。フランス語になるかもしれなかったので


発音はどうでしょう。聞きなれない、発しなれない音がありますが
スペルからの発音の決まり事を覚えたら知らない単語でも読み上げたりはしやすいですし。


また、「学びやすい言語」と「単位をとりやすい言語」は別ですね
担当教員によってかなり違いますから。

あとは興味のないことを学ぶのは、いくら楽な言語でも辛く
興味があることなら、多少難しくても苦ではないです。

好きな映画があるとか
好きなサッカーチームの言語が…とか
地域に南米人が多いとか
第九を歌いたいとかマーラーが好きだとか
何か自分の興味があるもので決めるという方法もありますよ。
そのほうが絶対お勧め

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

ス...続きを読む

Qロシア語,フランス語,ドイツ語の古典テキスト

ロシア語,フランス語,ドイツ語のいずれかの古典文学(著作権切れ)のテキストを無料で公開しているサイトがあれば,教えてください.

Aベストアンサー

Project Gutenberg では英語以外のテキストも公開されています。
検索を http://www.gutenberg.org/catalog/world/search 
で、Language のところで、
Russianを選ぶとロシア語8編、Frenchを選ぶとフランス語1784編、
Germanを選ぶとドイツ語760編が出てきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報