いまさらなんですが、英語が苦手で、外国人と仕事で会わなければならない時には、すごく緊張してしまいます。
結局通訳まかせで、こちらは曖昧にうなづいたりしてなんとなくごまかしているのですが、最初の挨拶・名刺交換ぐらいは、流れるように話したいなと思っています。
どのような慣用的な用語を使ったらよいのでしょうか?
誰か教えてください。
あと、握手を求められる時が多いですが、このときもどのように反応したら良いか分かりません。
情けない話ですが、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

1.慣用的な用語



 →ビジネスの場合は次の慣用句が無難でしょう。

 Hello, nice to meet you. My name is ○○○.

 相手が既知の場合(メールなどで連絡をとっていた、など)はHelloをHiにしたほうが親しみやすさが表現できます。また、I am ~という表現は目上の方には使わない方が無難です。自分を前面に押し出した表現なので、イントネーションやシーンによっては誤解される恐れがあるからです。以前ビルクリントン元大統領が来日した時「My name is ~」と言っていましたが、あれは日本人に対しての誠意を見せるために表現したものでしょう。大統領が「I am ~」と言うと、物凄く偉そうに聞こえるわけです。よく映画では、悪役の外務高官なんかが治外法権を盾にしようとするときに「I am ~」を使って「俺は外務高官なんだぞ」と主張しますね(一回目のリーサルウエポンでそんなシーンがあったはず)。そういう時のアクセントはIに置いてます。

2.握手を求められる時

 こちらが先に挨拶するなら言い終わりかけで手を差し出せばいいですよ。相手が先に挨拶してきたら、

 Nice to meet you. My name is ○○○.

 と言いながら手を差し伸べればいいと思います。気持ちの問題ですね。ひとつ提案なんですが、考え方を変えてみてはいかがですか。

 英語が話せないのは恥ずかしいことでも何でもありません。東南アジアなんて現地語と英語がごっちゃになった独自の英語が(シングリッシュとかね)まかり通ってます。しかも通訳の方が傍におられるのなら、日本語で対等にお話すればいいわけですから「英語ができて何ぼのもんじゃい。こっちだって日本のビジネス支えてんじゃ!」くらいの気持ちを持っても罰はあたりませんよ。英語が喋れなくても仕事の方はできるんだ、ということにプライドを持ちましょうよ。

 また面白いことに、外人の多くは堂々とした態度で接する日本人に対しては心を開きます。日本人同士だと、相手に合わせたり場の雰囲気で自分を出したり引っ込めたりを選ぶのが「当然」だという無意識の前提で話をしています。でもそれは日本の文化内でしか通じないものです。意外にも外人の多くは、そういった日本人の曖昧さや複雑さを文化的に理解できず、警戒心を持ちながら話していることが多いように思います。まず初めに、堂々とした話し振りや態度で相手の文化に対する理解を示せば、相手は懐かしい自分の文化の香りを嗅ぐことができて落ち着くはずです。それなら言葉でのコミュニケートよりも上の「文化理解によるコミュニケート」ができるのではないでしょうか。

 実は偉そうに言っている僕もぺらぺらとは英語を喋れません。でも喋れそうに見られることが多いです。確かに自分でも「喋れそうな振り」は上手いと思います。喋れそうな振りで一番大事なのは、発音や知識よりも態度だと思うので。あと、外人の友達から「考え方が日本人的じゃない」とよく言われます。確かにそういう一面はあるかもしれません。それでも僕は純粋な日本人です。要は人と人が意思疎通するのですから、こちらから理解したいと思う気持ちを態度で示すことです。

 きっとすぐに慣れますよ。一年も経たないうちに、同じような質問をした方に答えてるはずです。がんばってください。応援します。

PS.回答を書いていたらmickjey2さんに先を越され、同じような意見でした。きっと気持ちの問題ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。堂々とがんばってみます。

お礼日時:2001/06/09 11:25

仕事柄時々海外の方と合う機会があります。


(まあ同じ会社の中にもいますけど)
どうしても英語が苦手である場合、日本人は気後れするようですね。
一番大事なことは、

あなたが日本人相手のミーティングをするときと同じに振る舞えば良いんです。
英語でなくてもかまいません。通訳もいるんだし相手は英語が話せないことは理解しているでしょう。
たとえ日本語でも身振り、表情を見れば歓迎の言葉を言っていることはわかるんです。
挨拶、言葉を話しかける(たとえばどうぞこちらにとか)、笑顔で対応する、これが相手が誰であっても基本です(よね?)。

その上で、もし余裕があれば英語で歓迎の挨拶をしてあげけば喜ぶでしょう。
どうも日本人は英語が話せないことにコンプレックスを感じているようで(まあ気持ちは分かりますが)、それが相手の印象を悪くします。
相手は別にあなたが英語を話せるかどうかは気にしていなくて、「仕事が出来るかどうか」を気にしています。
自信に満ちて「日本語で」堂々と対応すると、非常によい印象を持ってもらえますよ。

挨拶は何でも良いじゃないですか。Nice to meet youでもHelloでもWelcomeでも。
どうせ相手はあなたが英語が出来ないことは通訳がいる時点でわかるんですから、むしろそういう英語が出来ない人が、相手の国の言葉で挨拶してくれると、非常に喜ばれるものです。
(だってその人のためにわざわざ覚えて練習してくれたわけですからね)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。結局わたしは恥をかくのが怖いんだなと思います。

お礼日時:2001/06/09 11:23

通訳の人が話しているときも、相手の人のほうに目線をやり、わからないことは通訳が


説明してくれるまで、表情を変えずにいればいいと思います。(通訳が説明してくれ
たときに、うなづくなり、反応すればいい)曖昧にうなづくのは、誤解のもととなる
ことがありますので。
 日本語で話すときも、ときおりは通訳だけでなく、外国人に顔を向けてほしい気もします。

 挨拶は先のお二方が答えられていますので・・・

 握手はしっかりと握って、上下に力強く振ってください。相手の顔を見ながらする
ことが大事だと思います。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さんに励まされましたので、がんばります。

お礼日時:2001/06/09 11:15

This is [ご自分のお名前].


Nice to see you, [相手のお名前].

というのが慣用句でしょうか。

相手の名前をつけるのが好印象のポイントです。なくても大丈夫です。
かつて教科書に載っていたように「How do you do?」というと
アメリカ人は古典的だなぁと思う人もいるようです。

握手は、胸を張って最高の笑顔で!
日本の方は神妙な顔をされることがありますが、笑顔は相手の気持ちを
よくします。(小泉首相もよく笑顔で握手しているでしょう?)
タイミングは相手がとってくれますよ。相手は慣れていますから大丈夫。
タイミングが多少ずれても、自分が堂々としていたらサマになります。
小さなことですが、相手の信頼感、安心感もぐっとあがることでしょう。

ミーティングがうまくいくといいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス頂き、ありがとうございます。心配だけどやるしかありませんね

お礼日時:2001/06/09 11:14

相手を紹介されたり自ら名乗って挨拶するときが握手のタイミングです。

相手が男性なら堂々と目を見つめて握手は短く力強くしなければいけません。日本人でお姫様のように相手に手を任せるような柔らかい握手をする人がいますが、怪訝におもわれるでしょう。相手が女性の場合は一呼吸おけば女性が手を出しますので、男性ほど強く握らずに握手します。頭をぺこぺこせず相手の目を見ることが良い印象を与えます。とっさに英語が出てこないときは相手を見て軽く微笑みながら握手するだけで構いません。通訳がいる場合は、はっきり自己主張をすることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス頂きありがとうございます。がんばってみます。

お礼日時:2001/06/09 11:13

基本的に、日本人同士での交渉の際に言うことと同じと考えてはいかがでしょうか。


「はじめまして。私は○○と申します。」とか言いながら、名刺を渡したりしますよね。
無理に多くを話す必要はないでしょう。
「Nice to meet you. I am ○○」でいいんではないでしょうか。
握手は日本人にとってのお辞儀とおんなじ感覚。かまえる必要はありませんよ。
むしろ、自分から先に手をのばすと好感をもたれるかも。
握手のタイミングとしては「Nice to meet you」の後とか、その場の流れから判断してもいいかもしれませんね。
タイミングがつかめるまでは、相手が握手を求めてきたら握り返す、ぐらいで様子を伺って、握手を求めるタイミングがつかめてきたら、自分から先に握手を求めてもいいかもしれませんね。
わたしはビジネスでは海外の人には会いませんが、初対面の海外の人に会った時は、「Nice to meet you. My name is ○○」と言いながら、手をのばしたりしています。
通訳の人がいるなら、緊張する必要はありませんよ。
堂々として、全てまかせておけばいいのです^^

ご参考になればよろしいのですが・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速アドバイス頂きありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/06/09 11:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「私は○○株式会社のXXです。」という場合。

「私は○○株式会社のXXという者です。」というのを、

My name is ○○ of XX company. と言いたいのですが、これで合ってますでしょうか。
My name is ○○ from XX company.という人もいてるのですが、どちらが正しいのでしょうか。

My name is ○○ から言い始めたいので、それにそったアドバイスをお願い致します。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Michael Jackson.
I am a recording engineer at Motown records.

名前をまず述べ、職業を伝えて、最後に所属する会社を述べるのが、正しい方法だと思います。文化的な違いです。

日本では苗字(所属する家)があって名前(個人)がある。
西洋では名前が先にきて、最後に苗字が来る。

同じことですね。「拙者、何々藩、誰の誰兵衛が家臣、石川五右衛門と申す」これが日本の文化、しきたりですよね。

皆さんが言うように、fromが正解でしょう。

ただし、日本語で電話などで「○○株式会社のXXと申します」というのは極めて正しい、当たり前の自己紹介の仕方ですが、英語圏では必ずしもみんなが自己紹介するときに使う表現ではないです。日本においては自分が所属している会社なり学校なりを伝えることは大事なことで、省くことは出来ないです。

My name is Michael Jackson from Motown records.
これ、間違いではありませんが、あまり聞かない紹介の仕方です。

とても自然に聞こえるのは
My name is Mic...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

Q外国人との挨拶のやりとりが…

私は今、英会話に通っています。
それで、いつも思う事があるのですが、外国の方は挨拶をする時に大抵必ず「hello」の後
「how are you?」と付け足してきますよね?
本などで読んでも、その「how are you?」には深い意味はなく軽い「元気?」みたいなものだと
知ってはいるのですが、会う度に(電話をした時にも)いちいち「I'm fine thank you,and you?」
「Yes,I'm fine」…のようなやりとりがあってやっと本題に入れるので、
日本人の私からしてみると、毎週会うのに「こんにちは、お元気ですか?」「はい、元気です。あなたは?」
「私も元気です」という一連の流れが長く感じます。
ネイティブの方は本当に毎回こういった(かしこまってない言い方だとは思いますが)やり取りを
されるのでしょうか?もっと簡単に済ませる言い方はないでしょうか?
ちなみに先生は全員イギリスの方です。

Aベストアンサー

カナダ留学経験あります。

How r u はルールみたいなもので、日本でいう「おはよう」みたいな感じです。返答の「I'm fine」もです。ちなみに「I'm fine」はあまり言わず、「I'm good」が多いです。

今韓国に留学中なのですが、私の周りには外国人が多いです。どの国のひとも「How r u」「good」等普通です。

韓国では「How r u」「I'm good」のように「チャル チャッソヨ?」「ネ チャルチャッソヨ」と言いいます。意味は「よく眠れた?」「うん、よく眠れた」です。

外国の友達から日本ではなんていうの?とよく聞かれます。一応「元気ですか?」「はい、元気でです」「あなたは?」と教えてあげますが、その後に必ず日本人はあまり使わないと釘をさします。
不思議がられます。もしかしると他の国では当たり前なのかもしれませんね。

Q賞与は入社していつからもらえるものか?

中途採用で入社した場合、賞与はいつから支給されるのでしょうか?一般例で良いので教えて下さい。ちなみに私は今年3月下旬入社です。年収額は決まっていますが(外資ではないです)、いまいち不明な会社なのです。担当部署に聞けば判ると思いますが、其の前にアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

賞与の評価の期間が決算が3月末の会社(官公庁も似たようなもの)なら後期が10月から3月、前期が4月から9月になります。ですから、3月下旬なら数日/180日ぐらいになるので、賞与はないことになりますが、それではかわいそうということで、賞与ではないお金を出すところがおおいいのでは。
いわば、先払いの借金ですね。4月の給料も正社員は3月の勤務実績ですからね。本来新入社員には
ないものです。
でも退職のとき、退職してから、給与とか賞与はもらえないのが普通ですから、公正とはいえませんね。

担当部署でも「そんなの聞くなよ。非常識野郎」と思われるかも。

Q「お伺いさせて頂きます」という敬語

よろしくお願いします。

「お伺いさせて頂きます」という敬語の使い方は、やや不自然に感じますが正しいでしょうか?
間違っていればその部分と理由を教えてください。

Aベストアンサー

「伺う」「させて頂く」は、いずれも謙譲語ですので、二重敬語になり、違和感を感じられるのは当然です。
「伺います」あるいは「参加させて頂きます」などに言い換えるべきだと思います。

そもそも「させて頂く」という謙譲語は、「本来、このようなことをするのは失礼と存じますが」的な前提に基づいた敬語なのですが(例えばテレビで「抽選の結果は、発送をもって代えさせて頂きます」)、最近では、動詞にこれを付ければ敬語になると勘違いして使うケースが増えており、だんだんそれがスタンダードになってきているのは、個人的には淋しく悲しい気がしています。

例えば、会議などで企画を説明する時、本来は「それでは企画内容について、ご説明致します」「ご説明申し上げます」と言うべきですが、最近の若者はほぼ全員が「説明させて頂きます」と使います。
食事を勧められて「では頂かせて頂きます」という、わけのわからない敬語を使うのも聞いたことがあります。

スミマセン。年寄りの愚痴でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報