音訳のボランティアをしています。
ヤン・ファン・エイクの絵画 『アルノルフィーニ夫妻像』 に描かれている

Johannes de Eyek fuit hic (ファン・エイクここにありき)

の読みを教えて下さい。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Johannes de Eyek fuithik


「ヨハネス ドウ エイエク ファイテイック」です。
なお、このオランダ語の発音をカタカナで正確に表記することはできませんので、あくまでも参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2014/08/07 21:50

 ラテン語です。

限界があるのを承知でカタカナで書いてみると「ヨハンデアイクフイ(トゥ)ヒク」辺りでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2014/08/07 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語文法について(de,des,du)

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
いつも戸惑うのですが、自分が使うときは La prise de la conscience
と絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしか
ないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。
le risque de consultation, les lieux de travailなど

以上、お手数ですが何方かご教授いただきたく宜しくお願いします。

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接補語(目的語)になっているのです。
例:
prendre conscience(直訳)「知覚を得る」
→La prise de conscience「知覚を得ること」→「自覚」


ご質問2:
<(2)des dangers→de+les>

その通りです。

このlesは、du tabagisme passifでdangerを特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問3:
<(3)du tabagisme passif→de+le>

その通りです。

このleは、passifでtabagisme を特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問4:
<自分が使うときは La prise de la conscienceと絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしかないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。>

1.基本的に、deの後に来る名詞が不特定の名詞、抽象名詞、総称的に使われる名詞、種類・性質・材料を表す名詞などの場合は、定冠詞を用いないのが一般です。
例:
un homme de courage「勇敢な人」
robe de soie「絹の服」

2.conscienceの場合、「知覚」「意識」は抽象名詞なので、無冠詞で使われます。
例:
avoir conscience de「~を覚える」「~を知る」

3.一方、conscienceが「良心」「本心」の意味で使われる時は、部分冠詞や定冠詞が付きます。これは、「良心」に特定性があるためです。
例:
avoir de la conscience「良心的である」
avoir la conscience large「寛大である」

上記の句を用いる場合、conscience「良心」は文脈の中の、ある特定の人に関して使われます。そのため、定冠詞や部分冠詞がついているのです。


ご質問5:
<le risque de consultation, les lieux de travailなど>

1.le risque de consultation:

このconsultationは「診察」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

2.les lieux de travail:

(1)このtravailも「仕事」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

(2)この句全体で一般的な「職場」というニュアンスで使われています。

(3)もし、この「仕事」に定冠詞がつき、les lieux de travailとなっていれば、前出の特定の仕事を指し、「話題に出ているその仕事の職場」という特定性が出てきます。

3.以上のように、deの後の名詞に定冠詞がつくかどうかは、その名詞の総称性、抽象性、特定性によります。総称的なニュアンスでは、定冠詞をつける必要はないのです。


1月1日から実施されたこの法律、元旦はややtorerantで監視も緩めでしたが、2日からはcontroleurも見回りして、厳重な規制が敷かれています。タバコを吸わない身としては、大歓迎の法律です(笑)。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接...続きを読む

QPrix de l'Arc de Triomphe

Prix de l'Arc de Triomphe
読み方をカタカナでお願いします。

Aベストアンサー

 プリ ドゥ ラルク ドゥ トゥリオンフ

でしょうね。

QLa casa de espana

la casa de espanaでスペイン語講座行っていますが、受けたことあるかた、いらっしゃいますか??
大学の授業でのスペイン語が全て終わってしまったのですが、文法があと少しやっていない部分があるので習いたいなぁって考えてます。
La casa de espanaは安いし、いいなぁって思うんですけど、内容はどうなのかなぁって思って質問させていただきました

Aベストアンサー

こんにちは。No.2です。

>中級IIを終えると文法的に一通り終了って感じですか??
>クラスの人数はどれくらいなのでしょうか?

はい、文法的には一通り終了です。
応用は残ってるでしょうけれども、一応、基本的なところ、接続法過去まで終わります。

人数は、日本人先生の文法クラスは、正確に覚えていませんが(数えなかった)、10人前後だったと思います。
初回は十人以上いたような感じがするんですが、最後のほうになるとよく出席するのは8人ぐらいでした。

ちなみにネイティヴ講師のクラスは5人程度で、こちらのほうが少人数でした。

それぞれクラスの定員が何名かは分かりませんが、実際にはこんな感じでした。
ちなみに構成は老若男女。おじさんもいれば、年配のご婦人もいるし、女の子も青年もいる。
どちらかというと女性が多かったですが。

Q西語 maquinitas de ultima generacion

http://www.lagaceta.com.ar/vernota.asp?id_nota=88404

「Beckham が 50millone-euro の Gilletteとの契約で頭を剃った、イギリスの一般的なサッカープレイヤーの比較にならないくらいの CM収入が日本企業も含めてあちこちから入る」

という内容の記事だと思うのですが、
最初のパラグラフの

y ser modelo en fotos con maquinitas de ultima generacion.

の中の
maquinitas de ultima generacion.

意味が解りません。

そこだけでも教えてください。

Aベストアンサー

ジレットは安全カミソリの世界的なメーカですね。
ベッカムはそれで頭を剃ったという文章の後に
maquinitas de ultima generacionとあるのでmaqunitas
は安全カミソリを指し、generacionは機械に使った場合、世代、タイプ、型などを表します。ここでは「最新モデル」「最新型」。

スペイン語に限らず欧米語は同じ単語や表現を繰り返すのを嫌うので、このような言い換えが普通です。

Qcommencer a と commencer de の違い

commencer a と commencer de の使い分けについて教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

commencer a は日常語,普通の表現
commencer de は文章語

ただし,単純過去では
il commenca a となって,[aa] が続いてしまうので,それを嫌う人は de を用いる。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報