プロが教えるわが家の防犯対策術!

英語で「降水確率」は、a rainfall probability であって、a rainfall possibility ではダメなのですか?

それから、例えば

According to the weather forecast, there's a thirty percent possibility of rain.(天気予報によれば、雨の降る可能性は30%だ)

という文章の possibility は、逆に probability ではダメなのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

普通は probability = 確率、possibility = 可能性 と訳しますが、そうではなくて、probability は確率が高く、possibility は確率が低い、という風に使い分ける使い方もあるのですね。



高い低いの境目は必ずしもはっきりしませんが、降雨確率が30%ぐらいですと確率としては低いと見て thirty percent possibility と言うことがある訳です。60%ぐらいなら sixty percent probability とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。なるほど、言われてみて納得しました。

お礼日時:2014/08/16 20:11

>>「降水確率」は、a rainfall probability であって、a rainfall possibility ではダメなのですか?



正式な場面(天気予報など)で使う場合は、probabilityの方だとは思います
それは、日本的感覚で説明すれば「(たぶん)降る確率」として発表するわけです
http://en.wikipedia.org/wiki/Probability_of_prec …

wikiの引用ですが、別の表現として、likelihood of precipitationとも言っています
likelihoodというのは、「ありそうなこと(見込み)」

possibilityも問題はないと思います
ただしニュアンスとして「降る(かもしれない)確率」
ちょっと公の場では、やや無責任な感じは受けます

でもよく考えてみると、どちらにしても確率で話ししているのであって、「たぶん降る」のが30%であっても、「もしかしたら降るかもしれない確率」が30%であっても、結果して同じではないですか?
肯定的な面からの確率と、否定的な面からの確率の違い

>>According to the weather forecast, there's a thirty percent possibility of rain.(天気予報によれば、雨の降る可能性は30%だ)

この場合は、厳密に言えば、probabilityなのかもしれませんが、天気予報として降水確率が30%と言っているわけです
ただ、possibilityとしているのが、天気予報で言われたことなのか、この文の話者(書き手)が自分の感覚でpossibilityとしたのかがわかりません
また、文脈に合わせて「30%の確率で雨が降るかもしれない(傘持ってないよ、どうしよう)」と心配そうに言っているのかもしれません
probabilityだったら、「30%の確率で降るって言ってるから、傘もって行こうか」と誰かに話しているかもしれません

ニュアンスの話しをしましたが、このprobabilityとpossibilityの違いがとても厳密なものかというとそうではないと思います
POP(precipitation of probability)という表現はあるにせよ、「降水」に関して、一般的な会話で2つの単語を厳密に使い分けをしているかというとそんなことはないと思います

ただ
It is probable that ... というのと
It is possible that ... というのとでは、話す人の自信の程度が違うようには感じます
前者が「たぶんそうだよ」と、まだ見せていない根拠を持ちながら、「来るなら来てみろ」とちょっとドヤ顔で待ち構えているのと
「ということも考えられる」とあり得そうな理由をとってつけて、あり得ないことをひやひやしながら何とか自論を通そうとしているような感じの違いでしょうか

結論として、ここらの違いは一般的にはほとんど問題のないレベルの単語の意味の違いです
ですから、どっちを使わなきゃいけないということではなくて、どっちもどんどん使って、相手の反応に合わせて使い分ければいいと思います
学習者なんですから、今の時点で表現選択の幅を狭める必要は全くありませんし、もし狭めてしまうようなギチギチした学習を進めれば、後々自分の首を絞めていることに気が付くことでしょう

蛇足として、論文などではこういう単語の意味の違いは厳密にしなければいけません
大した根拠ももっていないのにprobableやlikelyを使ったり、きちんとした根拠・理由があるのに、possibleなどの消極的な単語を使って主張の弱い印象を読み手に与えたりすることがあれば、それは書き手としてのレベルを問われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ご意見は参考になりました。

お礼日時:2014/08/16 16:21

意味は最終的には通じるでしょうが、probability, possibility なんて単語はつかいません。


通常は chance of rain, chance of shower, chance of precipitation です。

因みに shower は米国でよく使われます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。なるほど、chance of precipitation は覚えておきます。

お礼日時:2014/08/16 16:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~しながら」ってどう言いますか?

タイトルの通りですが、「~しながら」という2つの動作をどのように表現すればいいですか?
例えば、「私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。」「今、私は歩きながら音楽を聴いている。」のように「~しながら~をしているという動作」

「~しながら・・・・」はどのように表すのでしょうか?and??じゃないですよね。(^^;)宜しくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while watching TV.
I was eating dinner yesterday as I was watching TV.

>今、私は歩きながら音楽を聴いている
I'm listening to music now while walking
I'm listening to music as I walk/am walking.

と言うような表現ですね。

また、~しながら、の持つ、同時にしている、と言うフィーリングを出す表現も良く使われます。

I was eating dinner and wataching TV at the same time.
I am walking and listening to music at the same time.

直訳的には食べる事と見ることを同じ時にやっていた、となりますが、表現としては「~しながら」と全く同じ感覚でこの表現を使います。 つまり、日本語と英語との表現の仕方が違うだけで同じ感覚で言っているのですね。

ただ、この表現ですと、見ながら食べているのか食べながら見ているのか、表現の焦点がなくなります。

ですから、この焦点をはっきり出すために、

I'm listening to music at the same time (I'm) walking.
I'm walking at the same time (I'm) listening to music.

と表現できるわけです。

asとwhileにはちょっと違うフィーリングが入ってきます。 asは「同時に」と言うフィーリングがあり、whileは「他にも」と言うフィーリングが入ってきます。 ~をやっているけど他にも~をやっている、という表現ですね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

まず、している、と言う事ですので、進行形の形を取るとこの意味合いが出ますね。 食べていました、は、I was eating/having. 聴いている、は、I am listening toですね。

blue_watermelonさんがおっしゃるようにwhileと言う単語を付け加える事によって同時進行しているフィーリングを出す事が出来ます。 また、asと言う単語も使えます。

>私は昨日テレビを見ながらご飯を食べていました。
I was eating dinner yesterday while wat...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q"Please kindly~"という表現は適切ですか?

海外との連絡で社内では海外へ向けてメールで何かを依頼する際"Please kindly~"という表現をよく使っています。
しかしながらどうも意味が重複していて不自然に感じます。
ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う必要なまったくないと感じます。

つまり、文化的な表現だなと感じると言うことなのですね。

>ビジネス上不自然な表現ではないでしょうか?

改めて考えると不自然と感じない事もないですが、普通の場合この表現を使ったメールなどを日本から英語をメールを受け取ると、そのまま受け取っています。 しかし自分でアメリカでは使おうとは思いません。

I would appreciate it if you would kindly
などの表現を私な必要に応じて使います。 

ビジネスで使う英語はビジネスで使う表現が元になっているわけですね。 日本でも同じですね。 ビジネスで頑張っている・頑張ってきた人のビジネスを思わせる表現をうまく使っていますね。 一・二年で習得できるようなものではないですし、英語にはまったく問題がないアメリカ人ですらセミナーを受けるくらいですし、表現方法と言うか,適切な英語表現力を高めるための努力を毎日しているのです。 英語の先生がビジネス経験なしで、ビジネス感覚なしで、表現できるものではないのですね。 ビジネスで使われている英語表現は実際に使われている表現をどれだけ見てきて、どれだけ使うかと言うことになるわけですが、日本でのビジネス英語の表現に慣れてくると「日本での英語のビジネス表現」をこちらでも普通に使われていると言う錯覚が作られていると言うことなのではないでしょうか。

Podcastでもこの点ではいろいろ見つけることが出来ると思います。 そして、英語圏からのメールなどでどのような表現を使っているのかを良く見てください。 日本の英語ビジネス表現に慣れている人からであれば結構「日本ではこの英語表現がうけている」と思って使っている人も出てくるとは思いますが、そうでないビジネスマンがどのような表現をして「頼む」のかを身につけてくださいね。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたらどんどん突っ込んでまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

この表現、非常に「外国人」を感じさせます。 なぜ相手に「親切さ」を要求するのか、と言うフィーリングがしてしまいます。

どうせkindlyを使うなら、親切さを自然に求めているWould you kindly, Will you kindlyと言う風にもって行きたいところですが、やはりkindlyを求めるのには気分が良くないし、そういわれたからといって、丁寧さを出そうとしているのは分かるけど(日本語の表現方法文化を知っているからでしょう)、そこまで使う...続きを読む

Qlookとtake a lookのニュアンスの違いを教えてくださいm(・0・)m

『見る』を辞書で調べると、look.take a look. have a look などが書いてあるのですが、それぞれのニュアンスの違いがわかりません。なんとなくでもいいので、違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

日本語では動詞で表現するものを英語では名詞で表現すると
よく言われます。

take a look, have a look とすると、名詞 look の前に
色々と修飾語を加えることができ、表現する上で都合が良いからです。

take a look なら「ちょっと見てみる」、
take a long look なら「じっくりと見る」

動詞を修飾するのに、いっぱい副詞をつけるのは
わかりにくく、表現しづらいのです。

Qnotedの意味

英語圏の会社に、いろいろと技術的な要求仕様を箇条書きにして質問していたのですが、回答に「noted」と書かれている項目があり、知人に聞いたら日本語で「拝承」って言ったような意味だよと言われたのですが、辞書で調べるとなんとなく違うニュアンスのような気がして、悩んでおります。もし、ご存知な方がおられたら教えてください。

Aベストアンサー

多くの場合は日本語の「了解」にあたる場合に使いますが、英語の意味としては了解、納得、OKではないので注意が必要です。貴社の要望を読みましたという場合もあり、読んでどうするかまではふみ込んでいません。とりあえず
notedと返事しておいて必要な措置(それが必要なら)をとることもあります。あなたが不満だと言う事はわかったという意味に使われた場合、相手がその不満を解決するかどうかは分かりません。

一般的な字句の解釈だけではなく、両者がある件名で何が問題なのか、何を求めているのか、ケース・バイ・ケース
で明らかにしていけば誤解の心配はないでしょう。後で法律的(契約)な問題に発展するような案件でnotedだけで済ませるのは危険です。

私はビジネス・レターの習慣(礼儀)として、特に返事のいらないような案件でも相手の手紙を見たという事を伝えるために一言 notedと打ち返す時に使用したり、1~5の
質問や注意事項に対し、1~3に対しては詳しく回答し、4~5が単なる連絡事項的な場合にはnotedを使用していました。

Q「~で働いている」とは「on」「for」「in」どれを使えばいいでしょうか?

「私は旅行代理店で働いていました」という英文を作りたいと思っています。
そこで「~で働く」の「~で」は何を使えばいいのか「work」を調べたところ3つの例文がありました。

work on a ranch. 牧場で働く
He works for a newspaper. 彼は新聞社に勤めている
She works in the city. 彼女はその市で働いている

と書いてありました。
私が書きたいことを英語にするなら、

I was working on a travel agency.
I was working in the travel agency.
I was working for a travel agency.

どれになるのでしょうか?(英文自体が違っていたらご指摘お願いします)

またそれぞれどのように違うのでしょうか?

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名).

とします。
ご提示の例文は過去進行形になっていますが 進行形は一瞬の動作を表すのが基本ですから 私だったら過去形にします。
ただ 文脈によって 一時的に働いていたということを強調したい場合には使えます。

ところで ここのところ大変でしたね。回答しようかと思ったのですが 見たときにはすでに多くの方のご回答が寄せられていましたので しゃしゃり出ることもないかなと思い回答しませんでした。不愉快な思いもなさったことと思います。気になさらないことです。
まああの件に関しましては ほっておかれたらよろしいかと思いますが・・勘違いオジサンは困ったものです。余談ですが。

基本的に

on グループとか何かの組織に属する時に使います。

in その人の仕事・職業を示す時に使います。

for 雇われている時に使います。

牧場の時は何故かonを使うようですが これは決まった言い方のようで 何故そうなのかわかりません。

「私は旅行代理店で働いていました」

I worked in a travel agency.

私ならこういいます。「ある旅行代理店」ということで限定していないので for より in を使います。
これがきちんとした会社名を書くのだったら

I worked for @@@@@(会社名...続きを読む

Qthis Sunday それとも next Sunday?

英語で、「今度の日曜日」という場合、this Sundayが正しいのでしょうか?それともnext Sundayが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思い書いています。

この二つの表現のことはこのカテでも何回かされていますが、普通「困った表現」の中に入ります。 つまり、誤解のある表現だと言うことなのです。 

なぜだと思いますか?

それは、人それぞれに違う意味合いを感じさせてしまう表現だからなのです。 言い換えると、人によって、解釈が違うのです。

だからこそ、今日から近い日曜日、と言う意味のThis Sundayがもう過ぎてしまった今週の日曜日なのか、これから来る日曜日なのか、誤解を起こす表現なんですね。

ですから、この表現を聞いた時には、確認の意味で、you mean this last Sunday or this coming Sunday?と言う様に言うわけです。 Sunday 3 days ago? or Sunday 3 days from today?というような表現も使います。

ただ文脈として、過去形か未来形かが分かれば問題ないですね。

つまり、誤解がある可能性を持っている表現だということを知っている、と言うことなのです。

ではnext Sundayはと言うと、これも困った表現なのです。 This coming Sundayの事を言う人もいますし、Sunday a week afterという意味としても使う人がいるわけです。 そしてもっと困ったことに、両方とも未来のことである為に文形からは区別がつかないわけです。

と言うことで、これらを使う時には、日付を言ったり、今日から何日、と言うような表現をしたり、挿入的な表現方法をして、this Sunday, 2 days ago, I ,,,,,,と言うような表現をすることも誤解を防げるわけです。

特に約束の日なんかではこれらの表現が誤解を起こす可能性を持っているということが分かっているわけですからその誤解を防ぐ表現をすることがすなわち英語力の一部と言うことにもなるのです。

これでお分かりになりましたでしょうか。 ご理解しにくいところがあったり追加質問がありましたらまた書いてください。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思い書いています。

この二つの表現のことはこのカテでも何回かされていますが、普通「困った表現」の中に入ります。 つまり、誤解のある表現だと言うことなのです。 

なぜだと思いますか?

それは、人それぞれに違う意味合いを感じさせてしまう表現だからなのです。 言い換えると、人によって、解釈が違うのです。

だからこそ、今日から近い日曜日、と言う意味のThis Sundayがもう過ぎてしまった今週の日曜日な...続きを読む

QI apologize と I'm sorry の使い分け

I apologize と I'm sorry はいずれも謝罪するときに使われると思うのですが、意味やニュアンスに違いはあるのでしょうか?
apologize のほうがやや深刻な意味で使う印象がありますが、実際にはどのように使い分けているのでしょうか?
ご教示のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

これってすごく違うことだと思いませんか? 思って欲しいのです。

動作であるからこそ、I would like to apoligizeとはいえるけどI would like to be sorryとは言えないと言う事を考えればすぐ分かるわけですね。

つまり、I would like to apoligize you all and I would like to apoligize you all and express it from the bottom of my heart, "I am sorry."と言う表現がまったく違和感無く使えるわけです。 重複している文章ではないわけですね。

と言う事は、謝罪をするのかごめんなさいと言うフィーリングを伝える表現なのかと言う違いがあるわけです。

そうすると、apologizeの方は「文章として使え」、I'm sorryはフィーリングを著説あらわす表現だと言うことになります。

ですから、この違いをしっかりつかんでおけば、謝りたい、謝った、謝るつもりだ、と言うフィーリングを出すときにはapologizeと言う単語当然のごとく使いたくなるわけで、文章にするわけですね。

その謝りたい時に言う表現が「ごめんなさい」と言うせりふになるように、I'm sorryと言う表現を使うわけです。

I thank you.とThank you!の違いに似ているかな。 こちらの方が同じ単語を使うのでちょっと分かりにくいかもしれませんが、感謝しまうと言う文章か「サンキュー」と言うせりふか、の違いですね。

日本でも、謝るときに「謝罪いたします」や「深く感謝いたします」と言う表現もせりふとして使いますね。 でも、どんなときに使いますか? この表現が口から出るときの状況や感覚を感じてください。 今回の英語の表現もまったく同じなのです。 これを口語・硬い表現と分類したところでどうやって使うのかは分からないのではないでしょうか、とふと思いました。

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

これは大きな意味の違いがあります。 フィーリングがまったく違うということなのですね。 実際に使うと言う視点から見ると、まったく違うと言えるものであるということなのです。 ここを理解しないと結局使えないということになります。

その違いは何かと言うと、本当は簡単なことなのです。

つまり、謝罪する、と言う「動作」と、ごめんなさい、と言う「せりふ」と考えればよく分かると思います。

...続きを読む

Q「新聞で見たんだけど」「テレビで見たんだけど。」

日本語だと会話の冒頭で
「そうそう!昨日テレビで見たんだけど、」や
「そうそう。今日の新聞に載ってたんだけど、」
と言って、一拍間をおいて、その内容を話します。

英語だとどうなるのでしょうか?
「According to a TV」
「According to a newspaper,」こんなんですか?
ちょっと固すぎますよね?

具体的には
「今日テレビみたけど、西武ライオンズが優勝したみたい。」
「新聞に載ってたけど、新総理大臣は麻生で決まりみたい。」
はどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

このような場合は、thisという単語を用いてこれから話すことを最初に表すことができます。

例えば
Well, I saw this on TV today. ~

動詞は通常はwatchですが、「~みたい」となっているため、テレビでじっくりと見たわけではないようなのでsawにしました。

I read this in a newspaper. ~

Q”行き” ”帰り” って?

こんにちは。
日本語では旅行の話をする際に、”行きにどこどこに寄って・・”
とか ”帰りにはどこどこで何して・・”などと言うことがあります。
この”行き”とか”帰り”と同じ意味合いを英語でははどのような表現をするのでしょうか?
”on the way to *****"でいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

on the (my) way to ~ 
on the (my) way back to ~

でいいと思いますよ。


人気Q&Aランキング