自分で証明するために、給与明細
でなんとか証明する
とかできないんでしょうか

どこかのネットで見ました

請求された人、詳しい人教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

かつて勤めていたところなんでしょうか?


現在勤めているところなら、問い合わせれば済む話だと思いますが…
基本的には再度問い合わせるしか無いと思います。
又は、直接持ち込んで、その場で手続きしてもらうとか…

経営母体がそれなりに大きいと、証明してくれるのは、それらを統括する事務局である場合があり
結構時間がかかることがあります。


尚、施設または事業所の廃業等により実務経験証明書の提出が困難な場合には、
個別に試験センターへお問い合わせください。 

と受験の手引に書いてあります。
    • good
    • 0

勤務先・勤務していた団体などの証明である必要があったはずです。


まずは、介護福祉士試験の団体や窓口に相談すべきだと思いますよ。

私は全く別の業界ではありますが、退職者への嫌がらせなどで証明を出さないというところもあると思います。現職者であればまだよいかもしれませんが、退職者などですとその証明書を作るメリットが発行者にないと思います。発行しなくても、大きな処罰などもないことでしょうからね。

勤務した証明としては、雇用保険や社会保険の加入履歴、源泉徴収票や給与明細などでも想像はつきます。
しかし、試験などの場合には、職務内容なども求めていることから、勤務期間だけでは足りないとされるかもしれません。

退職された会社での経験などの証明であれば、発行してくれて当たり前などと思わず、低姿勢でお願いすべきなのかもしれません。手土産をもって当時の上席者などに会いに行き、必要な様式と記載の手引き、あなたが想定する記載していただきたいことを書いてもらうための下書き、郵送となった場合の変装用の封筒と切手を持っていくなども必要かもしれませんよ。
すでに頼んでいるのであれば、進捗具合の問い合わせをされるのもよいでしょう。
特に実際の事務を担当される人にとっては、余計な仕事であり、面倒と感じているのかもしれません。上席者などへのあいさつをしたうえでのお願いであれば、頑張ってくれる可能性も増えることでしょう。

私は税理士業界にいたのですが、税理士試験の受験や独立のために実務経験の証明が必要とされています。実務経験が要件を満たすかの審査は資格団体や資格試験団体なわけですが、勤務先等の資格者自身がまだ早い、経験年数があっても経験内容の実績が少ないなどという理由で証明を出しません。
税理士業界は本当に資格社会であり、ライバル・同業者を増やしたくないなどという理由で書いてくれないことがあるのです。
私自身が証明書をもらった際には、退職の意思表示前に要件を満たすようにし、退職の意思表示前に証明書の記載を依頼しましたね。また、証明書の様式とともに記載してもらいたい内容の下書きをパソコンで作って渡したので、私の作成した通りの内容で押印するだけでもよい状態にしたところ、簡単に押印してもらった記憶があります。
私の業界では、いろいろな資格で経験などが重要となります。ですので、まとめて何通も作ってお願いしたものです。退職してからでは、頼みにくいものですからね。

証明書を出してもらう努力をしつつ、会社の協力が得られない場合の方法を窓口相談で模索するしかないと思います。
勤務状況や職務内容によって、方法があるかもしれませんからね。人によっても変わる部分がありますので、ご注意ください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私立の薬学部を受験しようと思うんですが、よくきくMRだとかCROとか修

私立の薬学部を受験しようと思うんですが、よくきくMRだとかCROとか修士とかの意味がよくわかりません薬剤師の国家試験と何か関係あるのでしょうか詳しい方教えていただけませんか?
また上記の資格で就職年収などが変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

企業勤務の薬剤師です。

MR、CRO、修士はいずれも国家試験とは直接関係ありません。

MRはMedical representative(医薬情報担当者)の略です。営業職ではありますが、医薬品に関する情報を医師に伝える役目で、製薬会社と医師の窓口になります。現在は認定試験などもあり、理系出身でなくてもなれるものの、一定の知識が必要になります(がん治療薬を扱う会社などでは更に社内独自の研修制度もある)。ただし、会社によっては従来の「営業重視!売上げ最優先!」の所もあるので、就職前の理想と実際のギャップが生じることもあります。

CROはContract Research Organization(医薬品開発業務受託機関)の略で、製薬会社が行う臨床試験の様々な業務の一部または全部を請け負い、行う会社です。仕事としてはモニター業務(病院に行って臨床試験の説明をしたり、契約をしたりする)、データマネジメント、統計解析などがあります(経験が無いのでこちらは情報少です)。モニター業務は全国の医療機関への出張も多いと聞いています。
日本CRO協会HP http://www.jcroa.gr.jp/index.html

企業では、研究(現在は博士課程卒が中心になってきました)、臨床開発、薬事、品質管理、安全性管理部門等、他にも薬剤師の活躍の場があります。私の同僚もほとんどが薬剤師、または理系の出身者です。

修士、博士は学位です。
通常の過程を終了後に大学院に進み、論文等が受領されて資格を得ることができます。
最近の新人さんは博士の人も結構います。

年収については、前出の様に概ね病院よりも企業の方がよいとは思いますが、企業の規模により収入には差があります。就職サイト(登録が必要、リクナビなど)で各企業の代替の新卒給与が分かるかと思います。
希望する仕事のスタイル(患者さんと直接接したい、医薬品の開発で医療に貢献したい等)は人とそれぞれです。薬剤師は病院以外にも、官公庁、企業(製薬、CR0)等色々な就職先がありますので、大学在学中に先輩の話を色々聞いて情報を集めてみてはいかがでしょう。
私も入学当初は病院勤務を目指して薬学部に入りましたが、卒論研究で研究のおもしろさを知り、企業への就職に変更しました。

受験、がんばってください。

参考URL:http://www.yakuzaishi1.com/

企業勤務の薬剤師です。

MR、CRO、修士はいずれも国家試験とは直接関係ありません。

MRはMedical representative(医薬情報担当者)の略です。営業職ではありますが、医薬品に関する情報を医師に伝える役目で、製薬会社と医師の窓口になります。現在は認定試験などもあり、理系出身でなくてもなれるものの、一定の知識が必要になります(がん治療薬を扱う会社などでは更に社内独自の研修制度もある)。ただし、会社によっては従来の「営業重視!売上げ最優先!」の所もあるので、就職前の理想と実際のギャップが...続きを読む

Q歯科治療の明細

先日歯科で歯石取りをし、明細書を頂きました。
そこで疑問に感じる項目がありましたので、分かる方、お願いいたします。

1.外来管理加算とは?
 調べましたが、はっきり分かりません。
2.医学管理料とは?
  調べたところ、「治療計画を作成し、それに基づく継続的な治療を行う場合に算定できる」とありました。複写の紙を頂きました。継続的な治療・・・1回の治療で終了した場合でも料金を取られるのでしょか?また、患者から拒否することは出来るのでしょうか?(今後の為。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして
ご質問の件ですが、まず外来管理加算ですが、これは再診時に算定されるもので、その診察時に定められた処置・手術などがなかった場合にのみ算定される、いわゆる再診時のオマケみたいなものです。
医学管理料…コイツが曲者で、定義は質問者さんがお書きになった通りなのですが、まず、(1)初診日より1ヶ月以上経過している再診時に算定できる(2)国で定めた特定の慢性的な症状や病気がある(3)その症状や病気に関して継続的な指導をする
この場合にのみ算定を許される指導料です。
これはその医院に過去に1度も受診したことがない場合は算定する事はできませんし(おそらく明細では再診になっているはず)、過去に受診歴があったとしても、歯石除去など半年や1年に1回のランダムな受診では本来算定するべきではないのかもしれません。とはいえ、敵も商売ですので、少しでも多くの収入を得ようと可能な限りの算定をしてくるのは自明の理であることは間違いありません。
話は戻りますが、質問者さんが全く初めて行った歯医者さんであれば、それはズルっていうか反則技ですし、何ヵ月ぶりで歯石除去以外なんら指導や処置をしてもらっていない場合は、受付ででも『これは一体何?』『継続的には何もしてもらっていないのですが?』と質問されてみてはいかがでしょうか?納得のいく答えが得られればいいですし、そうでないのなら、こちらがわからないのをいいことに不必要に患者や保険者から多くふんだくろうとするダメ病院…と理解し病院を変えてみるのも一つの手かもしれません。
ただ、変えた先でも同じ事が起こる可能性も否定できませんので、今行っているところが、質問者さんに都合がよく、これからも通院したいとお考えならば、角がたたない程度に牽制する程度にとどめておかれたらいかがでしょうか?しかし、診療報酬はわかりにくですよね。でも聞かなければ敵は自分たちから説明してくることはほぼ100%ありません。長々と失礼致しました。

はじめまして
ご質問の件ですが、まず外来管理加算ですが、これは再診時に算定されるもので、その診察時に定められた処置・手術などがなかった場合にのみ算定される、いわゆる再診時のオマケみたいなものです。
医学管理料…コイツが曲者で、定義は質問者さんがお書きになった通りなのですが、まず、(1)初診日より1ヶ月以上経過している再診時に算定できる(2)国で定めた特定の慢性的な症状や病気がある(3)その症状や病気に関して継続的な指導をする
この場合にのみ算定を許される指導料です。
これはその医院...続きを読む

Q診療明細の点数について

2年前子宮円錐切除をして、その経過観察とあわせて生理不順(pco)、チョコレートのう腫の経過観察で3カ月ごとに総合病院内の婦人科に通っています。

毎回超音波検査をして子宮や卵巣の様子を見てもらっています。診療明細書には外来診察料と処方箋料のみでした。しかし、今回なぜか、”超音波検査(断層撮影法)・胸腹部”という項目があり、530点も加算されていて驚きました。いつもと同じ流れの診察だったのに…ちがっていたことは、 半年ぶりに、ガン検査をうけたことくらいです。が、前回のガン検査のときは”超音波検査”という項目はなく、”細胞診”などガン検査に関係する項目のみでした。


今年から超音波も加算対象になったのでしょうか?それとも、回数通ったら加算されるしくみなのでしょうか?
それと、子宮って胸腹部なんですか?

無知ですいませんが、教えていただけたらありがたいです。(関係ないかもしれませんが、出産経験なしの未婚です)

Aベストアンサー

> 毎回超音波検査をして子宮や卵巣の様子を見てもらっています

のであれば 毎回 超音波検査 断層撮影法 胸腹部 530点 を算定するのが本来のことです
これは検査の複雑さを問いませんので簡単な検査も1時間かかるような検査も同じ1回分です

しかし、婦人科外来で行う検査のように、専用の超音波検査室へ移動せず診察室に備え付けの機器で短時間行うような場合は、算定するのを遠慮してまたは算定すべき書類やPC入力をしないでそのままにされている場合もありうるとは思います。

子宮など婦人科臓器は胸腹部の一部で間違いありません

参考URL:http://shirobon.net/18/ika_2_3/i_k_2_3_3_d215.htm

Q薬局の代金の明細について

今日薬局で薬を2週間分もらいました。
抗生物質と錠剤の漢方薬と二種類のクリームを混ぜた軟膏です。
調剤技術料330
薬剤管理料30
薬剤料512
合計で2640円でした。
2週間のお薬でこの料金だと高いように思えます。
薬剤料はこのくらいかもしれませんが調剤技術料は高いと思います。
なぜ調剤技術料が高くなるのでしょうか。
20時30分と遅い時間に薬局に行ったのも関係しますか?

お手数ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

わかりました。見直せば意外と単純でした。私のミスがあったので長くかかりました。

クラシエ十味敗毒湯エキス錠 1日3回 1回6錠 14日分
クラリス錠200mg 1日2回 1回1錠 14日分

63点×2剤分=126点

次に
ニゾラールクリーム2%(5g)
アクアチムクリーム1%(5g)
上記を混合

外用薬調剤料10点×1調剤=10点(先の回答に20点算定できると書きましたが私の間違いで10点が正しいです。)

計量混合調剤加算(軟膏)=80点(軟膏の計量混合に対する加算)

次に基本料

調剤基本料 40点

基準調剤加算2 30点(施設の様々な基準などを満たしている場合に厚生局に届け出た場合に算定可能。その他に基準調剤加算1で10点の加算がある)

後発医薬品調剤体制加算4点(後発医薬品を調剤できる体制の基準を満たしている場合に厚生局に届け出た場合に算定可能)

それに夜間休日等加算40点(20:30に受付したことに対する加算)

合計で330点となります。

基準調剤加算2の30点が他よりも高いかなと思いますが、その他については正しく算定しておりました。現状基本料が考えられる一番高い薬局ということになります。
詳しいデータはありませんが、基準調剤加算2を算定できる薬局はそれ程多くないと思います。恐らく10~20%程度ではないかと思います。基準調剤加算1も含めると半数以上の薬局は満たしていると思います。
同処方内容でしたら、その薬局ではなく、一度別の薬局で処方箋提出されると、その薬局の基準調剤加算や後発医薬品調剤体制加算の有無がわかると思います。
補足ですが、診療報酬改定が2年に一度見直しされることが通例になっており、来年4月から新しい点数やルールで算定することになると思いますので、今書いている事はそれ以降通用しなくなるかもしれませんのでご了承ください。

わかりました。見直せば意外と単純でした。私のミスがあったので長くかかりました。

クラシエ十味敗毒湯エキス錠 1日3回 1回6錠 14日分
クラリス錠200mg 1日2回 1回1錠 14日分

63点×2剤分=126点

次に
ニゾラールクリーム2%(5g)
アクアチムクリーム1%(5g)
上記を混合

外用薬調剤料10点×1調剤=10点(先の回答に20点算定できると書きましたが私の間違いで10点が正しいです。)

計量混合調剤加算(軟膏)=80点(軟膏の計量混合に対する加算)

次に基本料

調剤...続きを読む

Qレセプトの開示請求

レセプトの開示請求はどこにすればよろしいのでしょうか?
またおかしな部分があればどのようなアクションをとればよいでしょうか

Aベストアンサー

まず、医療機関へ診療報酬の明細がもらえるか聞いて見ましょう。
それとともにご加入の保険組合に該当月のレセプトの開示請求を
しましょう。 (レセプトの開示には医療機関の医師の同意が必要
ですので、必ずしも開示されるわけではありません。) よくわからない
理由でレセプトの開示がされなかったり不正な請求と思われるものが
ある場合は、まず医療機関へ聞いてみるのが良いと思います。 
医療機関が請求に誤りは無いと断言し、さらにご本人が納得いかない
場合は管轄の社会保険事務所もしくは国民健康保険団体連合会へ
問い合わせてみるのが順番であると思います。 
場合によってはそれを飛び越して、社会保険庁、国民健康保険中央会
などに相談されても良いかもしれません。 
最終的には厚生労働省がトップになりますが、あまり個々のケースを
扱いません。 まったく扱わないわけではありませんが、相当の押し
(電話で何時間も押し問答を行うような)が必要と思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報