いまから24年前に父が亡くなりました。相続人は母と3人の子供でしたが不動産の名義はいままで父のままになっていました。このたび、母の老齢化に伴い(もっとも、元気で判断能力はありますが)相続人全員(4人)の合意のもと、不動産の名義をすべて長男1人の名義にしようということになりました。この場合の相続手続きに必要な書類を教えてください。また、素人一人でこの手続きができるものでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>素人一人でこの手続きができるものでしょうか。


法定相続人全員の協力が無いと無理。

>相続手続きに必要な書類を教えてください。
相続人全員が判る戸籍一式。
長男が不動産の全てを相続する内容の相続財産分割協議書。
分割協議書に押した相続人全員実印の印鑑証明書。

相続登記申請には、上記に加えて長男の住民票。
該当不動産の固定資産税評価証明書。
相続人関係図。
該当不動産の登記簿謄本。
などが必要。

書類さえ揃えば、登記申請は簡単です。

ただし、「分割協議書」とは何か? どのように書けば良いのか?
戸籍は、どれどれを取れば良いのか?
という疑問があるようなら無理です。

参考URL:http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/static/Taro12-1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/05 08:51

法務局のHPをくまなく見て、相続による所有権移転登記の申請書のひな型を見てみましょう。



要求される文書などが記載されるわけですから、それを見て同じようにそろえられるかどうかでご自身でできると思えたら頑張ってみたらいかがではないですかね。
あとは、法務局は平日の日中しかやっていませんし、素人新制の相談まで含めると何回も行く覚悟をしましょう。

私は、税理士事務所勤務で多少の知識は持っていましたが、特別な登記に勉強はしませんでした。インターネットで調べ、法務局で相談して手続きを行いましたが、何とかなりましたね。
ただ、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明書、実印の押印などの協力は必須です。さらにお父様の戸籍謄本を出生まで取得する必要がありますので、これも平日の日中にやる必要があるため、結構大変な作業だと思います。

素人でできるかではなく、あなたにできるかが重要なのです。
素人というのは、プロ以外を言いますし、ピンきりだと思います。事務を転職と考える素人であれば、辛さは半減しますし、事務手続きを嫌う人にとってはつらさは倍増するものです。

現在司法書士事務所へアルバイトで入所した私ですが、素人でも簡単だと思うことであっても、多くの人が司法書士に依頼しています。これは、不動産という大きな大切な財産で間違いがあってはいけないこと、平日しかやっていない法務局への手続きに時間を割くことができない、時間を割くにしても何度も面倒だということなどから依頼されるのでしょう。

不動産登記では、登録免許税という費用が掛かります。相続を理由にすれば税率は低いですが、お金にすぐに変えられない不動産の名義変更で費用が掛かるということは、自分の財布からお金を出さなければなりません。不動産が思っている以上に高い評価ですと登録免許税も高額かもしれません。
司法書士を使えば、同じ登録免許税に報酬を加算して支払う必要があります。安心できる反面費用が掛かるということです。

多くの場合専門家が行う手続きです。一口に素人ができるかどうかなんて答えられませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。ありがとうございました。やっぱり頼もうかな。

お礼日時:2014/10/06 18:31

> 素人一人でこの手続きができるものでしょうか。



全く経験の無い素人には面倒で難しいです。
よって、止めておいた方が無難です。
司法書士さんへ相談しましょう。

懇意にしている金融機関などありましたら、
そこで司法書士さんを紹介してくれることもあります。

司法書士さんに掛かる費用は、土地の広さにも拠りますので、
依頼する際に、概ねを確認しておくと良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/05 08:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄弟姉妹が相続する場合 その2

QNo.3354617での質問の続きとなります。

被相続人に配偶者や子が無く、かつ、直系尊属も既に他界しているため兄弟姉妹が相続する場合において、

被相続人の全血兄弟Aと
被相続人の親が縁組みした養子(血縁関係なし)Bと
被相続人の父親の前妻との間の半血兄弟(養子縁組なし)C
の法定相続分は民法900条4の規定から

全血兄弟A 相続財産の2/5
養子(血縁関係なし)B 相続財産の2/5
半血兄弟(養子縁組なし)C 相続財産の1/5

という理解で正しいでしょうか。
兄弟姉妹の相続の場合、親の嫡出子、非嫡出子が考慮されないとするのでBが全血兄弟と同じとなることには少し違和感があるのですが他に血縁のないBが不利になるような規定はありますでしょうか。

Aベストアンサー

>兄弟姉妹の相続の場合、親の嫡出子、非嫡出子が考慮されないとするのでBが全血兄弟と同じとなることには

 Bは嫡出子になります。(民法第809条)なお、設問ではBは被相続人の親と養子縁組をしているとなっていますが、被相続人の両親と養子縁組をしていないと半血兄弟になります。

Q亡くなった父名義の銀行口座→母名義に、これは相続?

先日父がなくなり、父名義の銀行口座などを母の名義に変更したいのですが、名義変更=相続になるのでしょうか?

相続人は母、娘2人(姉・私)ですが、
生活に必要な公共料金などの引き落としに使っている口座などを含め、貯金などはすべて書類などがそろい次第、父→母名義に変更したいと思っています。

自宅などの不動産を含め相続については、四十九日を無事に終えて落ち着いてから、改めて家族で相談しようと思っているのですが、母に付き添い妹の私が名義の変更をしてしまい後から面倒なことになるのでは??と急に不安になってしまいました。

・母も私も姉が欲しいといえば姉の分は渡す気持ちがある

・妹の私が母と名義の変更をするのは、私の嫁ぎ先が近く、専業主婦のためです。家が遠くフルタイムで働く姉が名義変更などにまったく関心がないようです。

Aベストアンサー

>「相続の割合をきっちり決める前に名義変更をして後で分けても問題がないか?」

銀行口座が凍結されていると仮定するならば、そもそも、姉の書類(印鑑証明等)抜きで名義変更は出来ません。
ですから、相続人全員で、とりあえず口座のお金を払い出す書類を作成し、後から金額を相談の上で分けるからと、承諾を得る必要があると思います。
状況からして姉を説得するしか方法がないように思います。
また、姉の協力がすばやく得られないのならば、新しい口座を作って、変更届けを出す方が早いかもしれませんね。
あと、老婆心ながら、相続財産がプラスのみならば、急ぐ必要はないですが、戸籍謄本・登記簿謄本等、結構入手に手間取る事もおおいですし、また、認識していた事と違う事(土地が祖父名義?隠し子?・・・)が分かるのも、珍しい事ではありません。
早め早めの行動をお勧めします。

Q兄弟姉妹の配偶者の相続権について

被相続人の兄弟(姉妹)の妻(夫)が相続人となりうるケースはありますか?

例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

Aベストアンサー

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。

厳密に言えば、子供がいなければ直ぐ親になるのではなく、
子供がいない場合(正確には子供が一定の事由で相続人とならない場合)に
孫がいれば、親ではなく孫(これを代襲相続と言います)、
孫もいなくてもひ孫がいれば、親でなくひ孫(再代襲と言います)と
世代が下がって行きます。
下の世代(直系卑属)が全くいなければ初めて親になります。
複数の子供がいて一部の子供が既に死亡している場合などには、
死亡した子供についてその子(被相続人の孫)、孫(被相続人のひ孫)と
代襲相続が起ります。

#養子が絡むと少々複雑になりますがここでは無視します。

直系尊属の場合、親等の近い者が優先します。
つまり、まず親です。
親が一人も(*)いなければ祖父母。
祖父母も一人もいなければ曽祖父母。
という次第で世代が上って行きます。
これは代襲相続とは違います。
上の世代(直系尊属)も全くいなければ初めて兄弟姉妹になります。

(*)例えば、親の内父親だけが死んでいれば母親が相続人となり、
 父親の両親(父方の祖父母)は相続人にはなりません。
 同様に、両親が死んでいて4人の祖父母の内一人でも生きていれば、
 曽祖父母は一切相続人にはなりません。
 ここが子供の場合に生じる代襲相続との違いです。

兄弟姉妹の場合、一代に限って代襲相続が認められています。
つまり、兄弟姉妹が一定の事由で相続人とならない場合に
代襲相続ができるのは、その子(被相続人の甥姪)までです。
その子(甥姪)も相続人とならない場合にはその孫は相続人とならない
(再代襲できない)ということです。


なお、遺言により相続人以外の者にも財産を承継させることができます。
これは相続ではなく遺贈という別の制度で、
遺贈により財産を受ける者は、受遺者と言い、相続人と似て非なるものです
(似ているので似たような扱いを受ける面もあります。
 ちなみに、相続人に遺贈を行うこともできます。
 そうすると、相続人且つ受遺者ということになります)。
世間的には相続人と言うかもしれませんが法律的には間違いです。

参考に付け足しておきますと、
兄弟姉妹が相続人として相続した後で死亡すると、
兄弟姉妹の配偶者が「兄弟姉妹の」相続人になるわけですが、
すると「結果的に」、被相続人の財産が兄弟姉妹の配偶者の手に渡る
ということは起りえます。
しかしこれは別に兄弟姉妹の配偶者が被相続人の相続人となった
というわけではありません。

#つまり死亡の順番によって財産を得られるかどうか
 変わってしまうというわけです。

ありません。

>例えば、被相続人が死亡後、相続前に兄弟姉妹が死亡した場合はどうなりますか?

その兄弟姉妹に子供(被相続人の甥姪)がいればその子供が相続人になります。


詳しい話は以下の通りです。

相続人は、まず原則的には、
1.子供と被相続人の配偶者、
2.子供がいなければ直系尊属(*)と被相続人の配偶者、
3.直系尊属もいなければ兄弟姉妹と被相続人の配偶者
です。
兄弟姉妹の配偶者は相続人ではありません。

(*)直系尊属とは早い話が、親、祖父母、曽祖父母……のことです。...続きを読む

Q亡くなった父名義の土地の売買手続き

25年前に他界した父名義の田を売ることになりましたが、その土地は相続手続を未だしていません(つまりまだ父名義のままなのです)。この場合、法定相続人(母、長男、次男、三男)が協議し合意したした上で、そのうち三男一人だけが土地の売却所得を得ることはできるでしょうか?またそのためにはどういった手続きをすればよいのでしょうか。何もわからないので、どなたかどうか教えてください。

Aベストアンサー

相続財産は相続税がかからない範囲だったから相続税の申告はしていないということでよいでしょうか?
それが重要ですから。

であれば、遺産分割協議書にて3男のみが相続するとの合意を相続人全員で行い、実印捺印印鑑証明添付にて3男への相続登記をして下さい。

その後は3男の不動産ですから売却代金を受け取るのも三男ですし、譲渡所得も三男のみ発生します。

Q兄弟姉妹が相続する場合

被相続人に配偶者、子が無く直系尊属も既に他界しているため兄弟姉妹が相続する場合において、被相続人の父親とその愛人の間に認知した非嫡出子がいる場合、この人も当然に法定相続人となるのでしょうか。
その場合、半血兄弟の1/2と非嫡出子の1/2で嫡出子兄弟の1/4となるのでしょうか??

Aベストアンサー

>被相続人の父親とその愛人の間に認知した非嫡出子がいる場合、この人も当然に法定相続人となるのでしょうか。

そのとおりです。

>その場合、半血兄弟の1/2と非嫡出子の1/2で嫡出子兄弟の1/4となるのでしょうか??

半血兄弟の1/2だけです。
非嫡出子の1/2は「・・・嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし・・・」と規定してあるので、被相続人の父が無くなった場合の話です。

Q亡くなった父名義の不動産売却

亡くなった父名義の不動産(家+土地)を売却したいと思っています。
相続人は母と姉(長女)と私(長男)です。尚、不動産にはまだ
住宅ローンが若干(200万程度)残っており、銀行に抵当権が
あります。住宅ローンの200万は負担する前提として、売却す
るにはどのようにするとよいでしょうか?
思いついたのは以下の2つです。
(1)不動産会社に直接、売却申し込みする。
   ★亡くなった父の名義のまま、売却はできるのか?
(2)司法書士に依頼して相続人の誰か(例えば母)に
   名義変更後、不動産会社に売却申し込みする。
どなたかご教示いただければ助かります。

Aベストアンサー

故人名義ままで売却することはできません。
また、相続人名義にかえて売却するとその人のみに税金がかかることニ注意です。
持分で登記し売り出すか、契約をして単独所有にし売却するか、故人名義のまま売却にだしてその後考えるかのどれかでしょうね

Q兄弟姉妹の相続人及び法定相続分について

被相続人は、幼少のとき実父が死亡したため、実母の再婚相手との間で養子縁組をしました。被相続人には配偶者、子供ともいないため、兄弟姉妹が相続人(実父との兄弟姉妹と養父との兄弟姉妹)となりますが、養父には離婚した前妻との間に子供が居ました。その子供は離婚の際に前妻が引き取り、戸籍も前妻の父の戸籍に入ったようです。この場合、その子供も相続人となるのでしょうか。また、この場合の法定相続分についても教えてください。

Aベストアンサー

事実関係が分かりにくいのですが、以下の状況と判断して話をします。

1.被相続人をXとする。
2.Xの実父P、実母Q、養父(実母の再婚相手)Rがいたが全員死亡している。
3.Xには配偶者も子供(直系卑属)もいない。
4.PQRよりも上の世代の直系尊属は全て死亡している。
5.Xには実父Pと実母Qの子である兄弟姉妹A1~Anがいる。
6.Xには養父Rの実母Qの子である兄弟姉妹B1~Bnがいる。
7.養父RにはQと婚姻する前に前妻Kがいて、Kとの間に子C1~Cnがいる。
ここでC1~CnはXの相続人となるか。

ここで、戸籍はどうでもいいです。戸籍がどうなっていようと相続権とは関係がありません。問題なのは「一定の血族関係があるかどうか」だけです。戸籍(簿)は「一定の血族関係の存在を示す証拠であるが故に相続権の存在を示す証拠となる」ことはあっても「戸籍によって相続権が生じる」のではありません。
結論的には#2の回答の通り、C1~Cnも相続人となるです。

2,3,4の事実から兄弟姉妹が相続人となります。
そこでA1~Anは生物学的にも法律的にも完全に両親が同じ全血の兄弟姉妹。
B1~Bnも生物学的には異父兄弟姉妹で半血だが「法律的には完全に両親が同じ」全血の兄弟姉妹。
C1~Cnは生物学的にはまったく血が繋がっていないが、法律的には同じ養父Rの子供であるから異母兄弟姉妹即ち半血の兄弟姉妹。
ということになり、全員兄弟姉妹として相続人となります。その上で、半血兄弟は全血兄弟の相続分の1/2ということになります。つまり、A1~AnとB1~Bnの法定相続分は同じでC1~CnはA1~AnとB1~Bnの半分となります。

事実関係が分かりにくいのですが、以下の状況と判断して話をします。

1.被相続人をXとする。
2.Xの実父P、実母Q、養父(実母の再婚相手)Rがいたが全員死亡している。
3.Xには配偶者も子供(直系卑属)もいない。
4.PQRよりも上の世代の直系尊属は全て死亡している。
5.Xには実父Pと実母Qの子である兄弟姉妹A1~Anがいる。
6.Xには養父Rの実母Qの子である兄弟姉妹B1~Bnがいる。
7.養父RにはQと婚姻する前に前妻Kがいて、Kとの間に子C1~Cnがいる。
ここでC1~CnはXの相続人となるか。

...続きを読む

Q亡くなった父の不動産の名義変更

父の49日法要前なのですが 兄が父名義の家と土地(300坪)を自分の名義に変更すると言って来ました。
介護が必要になった両親を 嫁いだ長女の私が引き取り介護していましたので 両親が住んでいた家は現在空き家となっています。 
兄はいずれは地元に戻ると言っていますが言葉だけのような気もします。

そこで質問なのですが
相続の権利があるのは 母、兄、私、妹の4人なのですが 兄が名義変更するにあたって 注意しなければいけないことは何でしょうか。

母は入院中でお金がかかりますし 妹も私も相続を放棄する考えはありません。
兄は 親の介護には無関心ですが 跡取りである事を前面に出して 預貯金も自分が相続するのが当然だと思っているようなので 今後の事が心配です。
なお 不動産関係 預貯金は私が全て管理しています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「兄が名義変更するにあたって」ということは,
「その不動産をお兄様単独名義にする」ということですよね?
基本的に,そうする旨のお父様の遺言が存在しておらず,
他の相続人の全員が相続の放棄をしていなければ,
お兄様は,自分1人で(勝手に)自己の名義にすることはできません。

#遺産分割の決定前は,相続財産(遺産)は相続人全員の共有状態ですので,
 4人の共有(法定相続分に応じた持分の共有)名義にすることは可能です。

単独名義にするには,相続人全員で遺産分割協議を行い,
「当該不動産をお兄様が相続する」という内容の遺産分割協議書を作成する必要があります。
(その真正担保のために全員が実印を押捺し,印鑑証明書を添付します)
また,他の相続人が「自分には相続分はありません」といった内容の証明書を作成(実印押捺,印鑑証明書添付)しても,
同様の効果が得られてしまいます。
そういったものを渡してしまうと,単独名義にされてしまう可能性がありますので,
そうしないように気を付けておくべきでしょう。

お母様が認知証のために意思表示ができないとのことですが,
成年被後見人の審判を受けなければ,成年被後見人としての保護が受けられません。
お母様の権利を守るためにも,しておいたほうが良いと思います。
成年後見制度に関する参考:リーガルサポート
  http://www.legal-support.or.jp/

あと,現金と預貯金に関しては,
もしもそこから支払ったものがあるならば,できるだけ領収書をとっておいたほうが良いです。
使途が明示できない遺産の消費は,相続人間の争いの元になります。

「兄が名義変更するにあたって」ということは,
「その不動産をお兄様単独名義にする」ということですよね?
基本的に,そうする旨のお父様の遺言が存在しておらず,
他の相続人の全員が相続の放棄をしていなければ,
お兄様は,自分1人で(勝手に)自己の名義にすることはできません。

#遺産分割の決定前は,相続財産(遺産)は相続人全員の共有状態ですので,
 4人の共有(法定相続分に応じた持分の共有)名義にすることは可能です。

単独名義にするには,相続人全員で遺産分割協議を行い,
「...続きを読む

Q義理の兄弟の相続権について

被相続人(A)の母親は死亡しています。父親は再婚し、後妻との間には実子(B)がいます。
直系卑属はすべて相続放棄しており、直系尊属が全員死亡している場合、兄弟に相続権があると思いますが、この場合「Aの実の兄弟が全員死亡していると、義理の兄弟Bに相続権があるのでしょうか?」。「Aが後妻と養子縁組されていないと、Bには相続権がないのでしょうか?」。
どうか御教示よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>補足しますと、父は被相続人が死亡する前に死亡しています。

被相続人の直系尊属(父・母・祖父母等)がすべて死亡。
被相続人の直系卑属(子)が相続放棄。
被相続人に配偶者は居ない。

上記の場合でしたら、兄弟のみが相続人です。
あと、被相続人が死亡時に、兄弟がすでに他界していた場合は、兄弟の子供も相続人になります。
尚、Bは半血兄弟になりますので、兄弟の人数(兄弟の子供)により、相続割合は変わります。

Q亡くなった父名義のマンションを売却しました。相続税について教えて下さい

2年前に実父が亡くなりました。
突然だったので、名義の変更などはそのままです。

最近、父名義のマンションを600万円ほどで売却することになりました。
(母と折半で共有名義です。)

その際、相続税などはどのくらいかかりますか?

また、司法書士さんなしで名義変更は無理ですか?
この前、抵当権の抹消は自分でできました。

色々アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

所有権移転登記の上で売却する必要があります。
お亡くなりになった人は売却できませんので・・・。

相続による所有権移転登記には、他の回答者様が言われているように、遺産分割協議書、固定資産評価証明、お父様の戸籍(除籍)謄本、相続人の戸籍謄本や住民票が必要になります。これらの書類で重複する場合、お母様とお父様が同一の戸籍謄本に現在も記載されている場合やあなたが未婚で記載されている場合など、は省略できます。

戸籍謄本は、配偶者や直系親族であれば、取得は可能です。遠方の場合には、郵送請求もできると思います。その場合には時代をさかのぼるように請求しなければ、つながりを証明できませんので気をつけてください。
専門家への依頼も可能です。相続税の申告が必要であれば、税理士がまとめて職権請求することも可能ですし、司法書士や行政書士は遺産分割協議を依頼などを受ければ職権請求で取得可能です。
以前司法書士に料金を聞いたら、戸籍謄本の取得であれば一件3000円と言っていました。遠方の場合には、送料が別途必要になると思います。

抵当権の抹消ができたなら、ご自分でもできると思いますよ。

遺産が7000万円までであれば、相続税の申告は必要ないと思います。しかしそれ以上の財産で配偶者控除などを受けるのであれば、申告が必要になります。マンションの評価額は、固定資産評価証明で確認できると思います。

ちなみに、固定資産の評価証明は、固定資産税の評価証明なので、管轄の市町村役場の税務課などで取得できます。

ご参考までに・・・

所有権移転登記の上で売却する必要があります。
お亡くなりになった人は売却できませんので・・・。

相続による所有権移転登記には、他の回答者様が言われているように、遺産分割協議書、固定資産評価証明、お父様の戸籍(除籍)謄本、相続人の戸籍謄本や住民票が必要になります。これらの書類で重複する場合、お母様とお父様が同一の戸籍謄本に現在も記載されている場合やあなたが未婚で記載されている場合など、は省略できます。

戸籍謄本は、配偶者や直系親族であれば、取得は可能です。遠方の場合には...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報