--インフレ対策として金貨を購入したいと思います。メープルリーフ金貨とかオーストリア金貨とかがありますが、よく流通しているのはどちらでしょう。できれば、日本で財政破綻が起きて日本円の価値が非常に小さくなったときに、貨幣の代わりに使用できるものが望ましいです。
サイズも数種類あるようですが、どの大きさのものが最も流通していて、将来的に有利(使いやすい)でしょうか?また。そもそも、地金と金貨とどちらが有利なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

カナダのメイプルリーフ金貨も、オーストリアのウィーンハーモニー金貨も


どちらもその国の法定貨幣で 額面通りに使用できますが、
金地金としての価値の方が高いので、金としての価値で考えれば、
基本的に価値に違いはありません。
どちらかの国が、実は金の純度が低かった、なんてとんでもないニュースでも流れない限りは。

日本で取引されるときには、金貨としてのプレミアム価格が上乗せされて取引されます。
購入するときには金の重量よりもプレミアム価格分高くなり、
売却するときには金の重量よりもプレミアム価格分高くなります。
このプレミアムは金貨が綺麗な状態であれば上乗せされますが、
キズなどが入っていた場合は、その重量の金の価格での取引となります。
つまりは購入するときにはプレミアム分高く購入しているのですが、
うっかりキズをつけてしまうと、売却するときにプレミアム価格分が上乗せされないため、
その分安く買われてしまいます。
流通が極端に減るとプレミアムの上乗せがなくなる可能性もあります。
そういった意味では金貨よりも地金の方が有利と言えるかもしれません。

金地金も金貨も重量が軽いものは鋳造コスト分上乗せされて取引されます。
重量が軽いものほど割高になっています。
地金屋は金を買い取った後、自社で必ず改鋳するそうで、
重量が軽いものほど割に合わない、ということなのでしょう。
購入するときには鋳造コスト分高く、
売却するときには鋳造コスト分安くなるため、
金地金にしろ金貨にしろ なるべく重いものが有利と言えます。
金貨であれば1toz、地金であれば500gや1kg。

とはいえ、それらを購入・売却するときには、結構な金額が動くことになります。
将来的に貨幣の代わりに使用することを考えているのであれば、
重量の少ないものを小分けにしておいたほうがいいかもしれません。

将来インフレとなったときに、貨幣価値は下がっても、金ベースの価値は変化ないという前提で、
将来、金を貨幣代わりに使うときに、1回あたり今のレートで金 何グラム程度の単位で使うか?
ということを考えれば、金貨や地金の重量は色々ありますが、
何グラム or 何オンスのものを買えばいいかが判りますよね?

もし今の感覚で1万円札代わりに使うことを考えているのであれば、
今は金が1gあたりだいたい4,600円ぐらいなので、
2g~3gの地金あるいは1/10tozの金貨を購入すればいいのではないかと思います。
    • good
    • 1

メープルリーフ金貨とオーストリアのウィーン金貨であれば、


どちらも日本での換金に問題は無いと思われます。

使いやすいサイズと言う事ですが、上記の金貨を直接使う
ことは出来ないので、日本円に換金する必要があります。
有利という点では、大きなサイズほど日本円に変えた時の
手取り金額が大きくなります。
例えば、十分の一オンスの金貨10枚より、1オンスの金貨
1枚の方が手取りが多いです。

地金と金貨の有利性ですが、金地金500g(約220万円)を
購入可能であれば、地金の方がコストが低く有利です。
それ以下の金額であれば、コスト面から金貨の方が有利です。

金貨を持つ場合、いろいろなサイズを持った方が日常生活では
便利に使えるのではないでしょうか。
サイズによる金額(円)の違いをよく把握した方が良い気がします。

金ETFについては、様々な問題があるようなので、興味があれば
一度調べられる事をお勧めします。
基本的に社会が乱れれば乱れるほど、金現物の輝きは増します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 15:23

インフレは、物価の上昇で米騒動のような人為的に起こすもので生産で解決出来るものです。

円の価値は、コロニーが決めているもので人為的操作が可能です。金本位制で無いきんは、鉱物としての価値で金を求める人がが増えれば上がりますが求める人が少ないと下がります。さて、硬貨でも作れば価値が保存出来るでしょう。
    • good
    • 0

将来的に有利というのがどのようなケースを想定しているかによるかと思います。



金(GOLD)の資産性に注目しているというのであればコスト的には金価格に連動するETF(ETN)などに投資をするのが一番です。ただ「円」自体に不信感を抱いているというのであれば、ベイドル建ての金価格連動タイプのETF(海外ETF)の投資が一つの手段となるでしょう。

地金や金貨については、取引コスト等が高いので基本的には所有欲を満たすと言う話と、実物を保有数満足感というものが大きな要素をしめていると思います。

参考URL:http://money-lifehack.com/asset-management/1495
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/15 15:21

地金

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。ところで、なぜ地金の方が有利なのでしょうか。

補足日時:2014/10/14 21:04
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金貨購入をインターネットでできるのでしょうか?

いつも楽しく拝見させていただいております。

教えていただきたいのですが、ハイパーインフレに備えて金貨を購入したいと
思っています。

ネットで好きな時に( できれば夜 )純金積み立ての 「 スポット買い 」のように購入したいのですが
できるところは(純金積み立ての契約をしないで)ありますでしょうか?

他に、金貨購入について、アドバイスがありましたら、是非是非お教えください。

よよしくお願いします。 m(__)m

Aベストアンサー

田中貴金属
三菱マテリアル
が、純金積み立てをしながらだと比較的安い

三井物産
スポット専用でも出来る。
ただ、一元管理なので会社の資本の一部としてお金が管理されます。
その点だけ納得できれば非常に有利。
これは純金売買のみで、金貨はこの限りでは無いです。

金貨だと、田中貴金属が一番いいかな

Q長期固定ローンでのマンションの購入はハイパーインフレ対策として有効でしょうか?

新築マンションの購入のため、10年~15年ほどのローンを組んで2000万~3000万円を借り入れようと考えています。(頭金は別に2000万程度ある自己資金で支払う予定です。)
ローンは5年固定×2回or3回程度で返すつもりなのですが、一つ皆様のご意見を聞かせてください。
よく、国などの借金が700兆円もあり、解決するための一手法として意図的にハイパーインフレを起こす可能性があるなどの話を聞くのですが、その場合、長期のローンを組んでおくことは有利なように思うのですが、いかがでしょうか?
それとも、そのような事態になった場合は、固定と思っていた金利も変更になる等されてしまって、意味が無いのでしょうか。

Aベストアンサー

>長期のローンを組んでおくことは有利なように思うのですが、いかがでしょうか?

「長期固定」「全期間固定」であればその通りですが単に長期のローンでは不十分です。

>固定と思っていた金利も変更になる等されて
固定期間中は固定ですから金利が変更されることはありません。
ただ短期や中期固定であれば、その固定期間が終了したらそのときの実勢金利に一気に上がることになります。

ただ全く意味がないかというと必ずしもそうとは言えなくて、元金金額については相対的に価値が低くなりますので、最終的には楽になる方向であることは確かです。

しかし問題は給与などは遅行指数といい、インフレに遅れて上昇しますので返済完了までは一時的には苦しい状況になるでしょう。

では。

Qたとえば他の国で金貨を購入してもらい

YAHOOのオークションで知ったのですが、
他の国で製作した商品を展示して売っています。
(日本の物価指数から5倍程の価値になるようです)
もし韓国などで金貨を購入してもらい、日本に送って
もらった後それを売ったら利益が出るのではないでしょうか。こう言う事はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>海外からの輸送は個人売買の時には、関税がかからないのでしょうか

掛かります。

>個人売買の場合どうやって調べるのでしょうか?
>一々荷物をすべて調べているのでしょうか?

まず、自己申告します。
虚偽の申告をし通過し、相手国でも通過したらラッキーでしょうけど、通過する可能性は低いでしょう。

もし、腐りやすい物や、危険物が入っており、他の荷物が破損でもしたら損害賠償請求されるでしょうし、相手国で見つかった場合は、返信代金請求、面倒な関税請求が待ってます。

爆弾などが入ってないかX線で全てチェックしています。
怪しい物が有れば、開けられます。

Q「カンガルー金貨」を売りたいと思っております。

「カンガルー金貨」を売りたいと思っております。
4月末日まで勤めていた会社の社長に、私の子供が生まれた際に記念として「カンガルー金貨」を頂きました。
三菱マテリアル株式会社の「カンガルー金貨」1/10oz直径16.10x厚1.50mmです。
(参照サイト)http://www.mmc.co.jp/gold/products/gold/coin.html
しかし、会社都合で首を切られてしまい、子供が物心ついて、この金貨を渡すにも、記念にならないような結果になってしまいました。
家族の大黒柱の私が求職中ということで、少しでも生活費の足しにしたいということもあり、金貨を売りたいのですが、金貨に関して全く知識がありません。
適切な価格で買ってくれるところ、もしくはなるべく高価に買って頂けるところをご存知の方がいらっしゃいましたら、お教え頂けましたら幸いです。

Aベストアンサー

1/10ozは約3.11gで、売却日の金の相場に左右されます。
確実なのは名の通った貴金属店ですが、手数料など引かれる場合があります。
またコインの場合は傷がないと多少アップするお店もあります。

ちなみに4月30日16時の買い取り相場は3667円です。

Q天皇陛下御即位記念10万円金貨の購入について

天皇陛下御即位記念10万円金貨が何枚か欲しいのですが、
偽造も多く不安があります。
発行枚数が多く骨董価値はないらしい為、
ある程度お手軽に(?)本物が欲しいのですが、
どの様にすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

それなりに大きな貨幣商
(たとえば日本貨幣商協同組合に加盟している店など)
に注文を入れておけばよいと思います。

これはある程度の貨幣商の場合偽物をつかまされることはまずないです
(これは貨幣偽造の罪が厳しいことと、彼らはある程度偽物を見抜けること、
また有名な偽物ならば素人ではなく別ルートで処理するため)。

また、Yahooなどのオークションを使う場合、
出品者の評価及び自己紹介も参考にしてください。

価格では12万から13万(このあたりは不明です)程度でしょうか?

Qインフレ対策は?

これからインフレがやってくると思うのですが皆さんはどう思いますか?
皆さんはインフレ対策してますか?
どのような対策をしていますか?
一般的には金や株、外貨と言われていますがその他のお勧めはありませんでしょうか。
またどのように良いのかの説明をいただけると幸いでし。
それと外貨とは外債とは違った対策なのでしょうか?
解る方お願いします。

Aベストアンサー

>国債と外債、それとインカムファンドをほぼ同額に分けています。
>これに何か足した方が良いですかね?
本当にインフレに強いのは株式なのですが、こちらは知識がないと難しいのに加えて、自分の知っている分野に的を絞った方が分かりやすいかも知れません。
逆に知らない分野に手を出すのなら、自分で勉強してからでないと危険です。
そこで現時点で保有している資産についてのインフレ対策について述べたいと思います。
国債については個人向け国債ならばそれほど心配しなくても良いと思われます。
もっと良い商品が出たら乗り換える事が可能です。
長期国債の場合は、注意が必要です(インフレに弱い)。

外債については、外国のインフレに負けない投資戦略をやらないと長期的な為替下落でやられてしまいます。
そこで、商品別に詳しく税金や運用について述べていきます。
1:外貨MMF 2:BST(ボンドセレクトトラストの略で野村證券のみ)
3:ゼロクーポン債 4:利付債
外貨MMF、BSTは短期金利型金融商品ですが、外貨MMFは分配金を出して、そこから20%の源泉分離課税が適用されるのに対して、BSTは基準価額が上がっていくタイプの商品で、信託終了日前までに売却すれば、値上り分は非課税です。
つまり、外貨MMFよりもBSTの方が税法上有利です。
ゼロクーポン債は年間譲渡益50万円までの非課税枠があり、それを越えた場合は確定申告の義務があります。
利付債は金利部分に20%の源泉分離課税がされる代わりに売却益は非課税です。
ゼロクーポン債、利付債共に償還時まで持つと、償還差益(差損)は雑所得ですので、利益が出た場合は税法上不利です。

アメリカのインフレは上昇傾向にあると言えますが大雑把に3%と考えて良いでしょう(実際はもっと高くなっているかも知れません)。
アメリカ利付け国債(利率4%、残存9年3ヶ月、単価97.25と仮定)があるとしましょう。
単純に直利に対して税金とインフレを差し引くと0.29%しか残らない(実際には償還差益はありますが・・・)ので、長期的にはそれほど儲からない訳です。
ですから、金利上昇局面の時はMMF(BST)、又は短期の債券で乗り切って、金利がピークに達したら、長めの債券を購入します。
すると米国のインフレが収まると金利低下に伴った債券価格が値上りするのに加えて、税引き金利からインフレを差し引いた実質金利が上昇しますので、高収益を期待できます。
為替については、現時点では日本よりもアメリカの方がインフレ率が高いので、長期的にはドルが下落する可能性が高いのですが、日本がハイパーインフレになった場合は、逆に長期的にはドルの価値が上がります。
つまり、米ドルで運用する場合は、米国のインフレ率以上の収益を得なければ、理論上、ドルの下落でやられてしまうのはこの為です。
税金と金利とインフレ状況から最適な組み合わせで、インフレヘッジを考えます。

「インカムファンド」についてはよく分からないのですが、外債ファンドについては下記URLの#4の方の意見が参考になります。

インフレ対策で、やってみたい分野が有ったらご質問ください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1679396

>国債と外債、それとインカムファンドをほぼ同額に分けています。
>これに何か足した方が良いですかね?
本当にインフレに強いのは株式なのですが、こちらは知識がないと難しいのに加えて、自分の知っている分野に的を絞った方が分かりやすいかも知れません。
逆に知らない分野に手を出すのなら、自分で勉強してからでないと危険です。
そこで現時点で保有している資産についてのインフレ対策について述べたいと思います。
国債については個人向け国債ならばそれほど心配しなくても良いと思われます。
も...続きを読む

Qリオ五輪記念金貨の売れ行きは?

3枚組の金貨セットを税込388,800円で1セット購入しました。
1枚4.4gなので、金単価より大分高いけど、記念金貨だからと思い購入しました。
この金貨の評価や評判はどうなんでしょうか?

情報お持ちの方、お教えください。

Aベストアンサー

金貨は全4種(今回購入の3種の他にもう1種類あります:発売時期が違う)下記参照
https://moedas.bb.com.br/moedas/produtomercadoriacomemorativo/detalharSelecionado.action?codigoProdutoMercadoriaComemorativo=70&codigoBanner=11955&publicador=1
今回購入の金貨の発売価格(現地ブラジル銀行)は1枚:1180レアル、3枚で3540レアル ・・・日本円で11.6万相当
下記はブラジル銀行の記念硬貨販売のページ
https://moedas.bb.com.br/moedas/produtomercadoriacomemorativo/listarDisponiveis.action
日本での発売価格が現地での価格の3倍以上(ケースには入っていますが)なので、どうなのでしょうか
記念で持っているには良いでしょうけど、後の売買を考えているのなら、その時の需要次第ですからね

Q金貨の価値についての質問なんですけれども・・・・

金貨の価値についての質問なんですけれども・・・・
平成21年の500円玉でそこらの500円玉とはまったく違っていて
「JAPAN 47 PREFECTURES COIN PROGRAM 平成21年 500YEN」と裏面のまわりにそう書いてあ中心に「地方自治」と書いてあります。
表面には、小さく「新潟県 NIGATA」と書いてあり、中央に(種類はわからないが)鳥が2羽います。
一番上に「日本国」と書いており、一番下には「五百円」と書いてあります。
たぶんこの47は日本で47枚しか発行されてないと思うんですけど・・・・・・・・。
この500円金貨の価値はどのくらいあるんでしょうか?????
それとも価値がないのでしょうか??????
回答お願いします!!!!

Aベストアンサー

「地方自治法施行60周年記念貨幣」の事ですね。
価値は額面通り。
発行枚数が多いので、高価格は期待出来ません。

http://www.mint.go.jp/prefecture/page5.html
http://www.mint.go.jp/prefecture/index.html

Q地金型金貨のプレミアム

地金型金貨について。買うときにはプレミアムを払うが、売るときにそのプレミアムが戻ってくるので、プレミアム分は差し引きゼロになる、と思っていました。

しかし先日、アメリカンイーグル金貨を地金業者に売ったときには、地金再生価格だけでプレミアムは付きませんでした。業者が言うのには 「その金貨に人気があればプレミアムがつくが、人気がなくなればプレミアムはなくなる」 とのことでした。

そしてさらに 「今はメイプルリーフにプレミアムがついているが、これも先行きどうなるか分からないから、地金型金貨を長期保有するなら購入時のプレミアム分は損金と考えたほうがよい」 と言われました。地金型金貨のプレミアムとは、この程度のものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>地金型金貨のプレミアムとはこの程度のものなのでしょうか?

(答)この程度のものです。

地金型金貨とは、もともと国家が利潤を上げるように作られた商品です。
国が地金を購入して金貨に加工し、多少のマージンを付けて売ります。
欧米の国民は昔から金貨貯蓄に慣れがあるので、その習性を巧く利用し
たものと言えます。

国は金貨をマージン付き価格で販売業者に卸し、業者はそれを顧客に
売ります。そのとき業者は買取り価格にもマージンをつけることで、
顧客が心理的に購入しやすいようにします。だから、買取りのときに
マージン(プレミアム)を付ける、というのはあくまでも業者が自発的に
行っていることです。発行者の国が金貨を買い取ることはありません。

したがって、買取プレミアムは業者の都合によって変わります。
かつてはクルーガーランドに買取プレミアムがついていましたが、
輸入自粛などの問題が生じたので人気がなくなりプレミアムもなくなり
ました。アメリカンイーグルも、日本ではメイプルリーフに押されて人気が
下がって買取プレミアムが消えました。販売業者が、ある地金型金貨の市場を
開拓したいために他の金貨の買取プレミアムをなくすこともあります。
メイプルリーフも将来どうなるかわかりません。だから

>長期保有するなら購入時のプレミアム分は損金と考えたほうがよい

というのは本当です。

美術的観点とか装飾品とかいうことでなく、投資やインフレヘッジのために
金を長期保有するなら、地金そのものを地金価格で購入することが一番です。
もし東京にお住まいなら、いちど御徒町を訪ねてみてはいかがですか。
100グラム程度の小さい地金でも手数料をほとんど取らずに売ってくれる店が
幾つもあります。きちんと店舗を開いている店ならば問題はありません。

>地金型金貨のプレミアムとはこの程度のものなのでしょうか?

(答)この程度のものです。

地金型金貨とは、もともと国家が利潤を上げるように作られた商品です。
国が地金を購入して金貨に加工し、多少のマージンを付けて売ります。
欧米の国民は昔から金貨貯蓄に慣れがあるので、その習性を巧く利用し
たものと言えます。

国は金貨をマージン付き価格で販売業者に卸し、業者はそれを顧客に
売ります。そのとき業者は買取り価格にもマージンをつけることで、
顧客が心理的に購入しやすいようにします。だから...続きを読む

Qペイオフ対策として?

 勤続35年、結婚26年のサラリーマンです。
 このたび、会社のリストラで希望退職を選択しました。
 トラの子の退職金をとりあえず銀行に預けようと思っています。この際、ペイオフ対策として、私と妻名義に分散しようと考えていますが、相続税などの税金はかからないのでしょうか?
 何か良い方法があれば、お教えください。

Aベストアンサー

奥様名義で預金を作る際は、税金面では贈与、銀行のペイオフでは実質預金者であるかが問題となりますので、方法としてはあまり得策ではありません。

それよりはむしろ、信用度の高い銀行や郵便局に分散して預入した方がいいです。管理面での手間は確かにかかりますが、イザという時の心配はしないで済むので安心です。

また金融機関は退職金などの大きな資金を見ると、投資信託などのリスク商品を勧めてくることがあります。これについては投資時期が非常に重要となりますので、安易に金融機関の担当者の説明を信じない方がいいです。(金融機関の担当者の多くは、株式相場や債券相場についてほとんど理解していません)

あと金融機関の選択については、以下のページが参考になるかと思います。

参考URL:http://www.ifinance.ne.jp/learn/finance/fnb_8.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報