チープ(安っぽいと言いますか、貧乏臭い)な家の光景ってどんな感じだと思いますか?

例えば、下駄箱の上にある「仲良き事は良き事哉」などと、かぼちゃやトマトと一緒に書かれた色紙。

或いは、牛乳パックで作られた家が隅に置かれている台所の風景。コシノジュンコのスリッパのあるトイレ。下部が洗濯物で膨れ上がったファンシーケース。

何と言いますか、まあイメージの遊びみたいな質問ですので、あまり深く考えずに、気軽にお答えいただけたらと思います。

上の例は、うちの実家だったり、ぼくの独身時代の様子だったりします(*^_^*)。貧乏は美徳ですが、貧乏臭いのは、少しかっこ悪いなー、と自分で思ったりします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

もう、いつもながら、coyoteさんの質問は最高ですね(笑)


この分野は”豊富な経験アリ”ですので喜んで参加させていただきます♪

<玄関編>
下駄箱上の飾り棚に、分けのわからん小市民的置物・・・
一昔前なら、ラックス石鹸で作った「白鳥」、5円玉をいっぱい通した「金のなる木」今なら、蛇腹折りの紙を重ねて作った「ピカチュー」ホコリだらけの「造花」

<トイレ編>
堂々と「○ワデー」なぞ芳香剤が正面に。ツッパリ棚には買い置き「トイレットペーパー」「紙おむつ」三角タンクの上の手洗い場には、水はね防止の「ビニールフラワー」設置。蛇口には「ピヨピヨ回るマスコット」

<お風呂編>
しいたけネットに入った「チビた石鹸」100円均一で買った「あかすりタオル」
「かかとの角質落とし」

<台所編>
食器棚に乱雑に並ぶ”春のパン祭り”などでもらった「中途半端な数と形の食器類」そしてそれを隠そうとガラス部分に無理やり張った「レース状シート」
冷蔵庫の扉に無茶苦茶貼られた、子供の「学校の予定表」「L字フックに貯められた輪ゴムの束」

<居間編>
「何でもカバー攻撃全般」
ティッシュに三段フリル、もしくはぬいぐるみのついたやつ
電話器の下に敷物+受話器の持ち手にカバー
ダイニングの椅子の背に小物収納つきのカバー、椅子の足に4つ動物カバー

本棚に毎号並ぶ「素敵な奥さん」
プラスチックの苔だらけ水槽に、夜店で釣ってきた「巨大化した金魚」

う~む、こんなところでいかがでしょうか?
まるで、gomuahiruの過去の生活をたどる様でなつかしいですね~
(現在継続中の物もございます・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは、gomuahiruさん。いつもありがとうございます。

弾けるように、爆笑したため、妻が不気味そうに見ています(*^_^*)。

「5円玉をいっぱい通した『金のなる木』」、「蛇口には『ピヨピヨ回るマスコット』 」、「しいたけネットに入った『チビた石鹸』」、「食器棚に乱雑に並ぶ”春のパン祭り”などでもらった『中途半端な数と形の食器類』そしてそれを隠そうとガラス部分に無理やり張った『レース状シート』」、「冷蔵庫の扉に無茶苦茶貼られた、子供の『学校の予定表』」、「本棚に毎号並ぶ『素敵な奥さん』」。


以上の6項目は、爆笑して、そのままのけぞって、ブリッジしたまま、更に泣きながら、大笑いしてしまいましたので、妻が酢を飲んだような顔をして、遠巻きに見ています(*^_^*)。いやあ、実にチープです。

まだ笑いが止まりません(≧▽≦)。

お礼日時:2001/06/10 18:50

スーパーの袋を三角に折ってとってある。


ビールの空き箱に包装紙を貼って使っている。
お菓子の入っていた缶にレシートが入っている。
他の方が書いているのを読んで爆笑!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、kaykayさん。

kaykayさんのご回答は、倹約家という感じが致しますよ。几帳面な印象を受けます(*^_^*)。

お礼日時:2001/06/13 21:47

貧乏とか色々言う人はいますが、昔は今のような生活は望めませんでした。


もしあなたが望むなら私のエッセイを紹介したいですね。
一寸聞いていただけますか。

夕焼けが、もう殆ど黒い雲に染み込んでしまって、辺りが何も見えなくなる頃、母の
声がし始める。
「ひろしーーっ、ひろしーーーっ、かえっといでーー。」
その声を聞くと直ぐに帰らなければ、後で叱られる。
何をしていても、ほったらかして、慌てて帰るのである。
手を洗って家に入り、食卓に着くと、丁度、”一丁目一番地”のラジオ放送が始ま
る。
食事を待ちながらそのテーマソングを聴くのが、当時の楽しみの一つだった。
内容はいい加減に聞いていたようで、いまでは余り覚えていない。
テーマソングは、”一丁目ーーえ、一番地”と言う所が調子よくて一番好きだった。
食事の準備が出来て、父と母が食卓に着くと、「いただきます」と両手を合わせ、目
礼をして食事が始まる。
若しかしたら、食事の間は、ラジオは切られていたかもしれない。
自分が、”一丁目一番地”のテーマソングが好きだったので、それだけは聴かせてく
れていたのかもしれない。
夕食についての想い出というのは、特に無い。
裸電球と、丸い食台、一丁目一番地、くらいだろうか。
暗い部屋だったというのだけは、深く印象に残っている。
食事についての記憶は特に無い。
朝食や昼食については、全然無いと言っていい。
何故か知らないが、この家での食事の記憶はきわめて少ないのである。

あの家にまつわる想い出と言ったらこれくらいだろうか。
本当は、もっと色んな事が有ったのだろうと思う。
そうそう、又一つ思い出した。
丁度、車のことで父を悩ませていたときのことだ。
物置に父が道具を取りに入ったのだ。
確か、車体を作るのに、丸太を引いていたのだと思う。
大きな鋸を取りに物置に入ったのだ。
自分もつれて一緒に入った。
その物置は、夜父が自分を怖がらせるために使っていた代物であったのだ。
「言うことを聞かなければ物置に閉じ込めるぞ。」
それが父の怒った時の口癖であった。
閉じ込められる物置はどれだけ恐いのか興味があった。
暗い時には入る勇気が無いので、明るい昼間に一度と思い、一緒に入ったのだ。
入り口の戸を閉めると辺りは急に暗くなる。
父は、大声で、「暗いっ」と言って怒る。
「お前のためにやってるんや。邪魔するな。」
もうだいぶ頭に来ているようだ。
鋸を取ると、さっさと戸を閉めて出て行った。
自分がまだ中に居るのにである。
ところが、中に閉じ込められて素晴らしいことに気付いたのである。
その物置は、簡単に板張りで作られていて、屋根も、板で葺かれていた。
板の間を通り抜けてくる光も白く奇麗に見えたが、何よりも奇麗だったのは、その板
の節である。
光が当たって赤く光って見える。
赤も、何とも深い赤で、見た事も無い、吸い込まれそうな色をしていた。
それが、あっちにもこっちにもあるのである。
一瞬、すごく幻想的な感じに包まれた。
余りに長い間、見とれていたのだろう、父が、心配したのか様子を見に来た。
その不思議な赤い光の中から出てくると、辺りは別世界かと思う程、眩しくて一寸く
らくらした。
その奇麗な赤い光の話をしたら、節に含まれている脂が光っているのだと言っていた
ように思う。
これは自分にとっては不思議な発見だった。
その後、よく晴れた日には、何度か一人物置に入ってその赤い光を楽しんだのであっ
た。

丁度小学校に入学する頃だったと思う。
新しい官舎が出来たので、家を移るという話が有った。
新しい家に移る楽しさより友達が遠くなるという不安が強かったように思う。
やがて父と母が、家の中の荷物をまとめ始めた。
そして、或る日その荷物を車に乗せて運び出したのだ。
距離的には、余り離れては無かったのだが、自分の行動範囲からは大きく離れてい
た。
着いた所は初めての土地であった。
もう前の所へは帰れない、そんな不安が大きく膨らんできた。
しかし、新しい家は気持ち良かった。
良い匂いがしたし、何より明るかった。
暫らくすると、もう新しい家への興味が膨らんでいた。
荷物は、直ぐに運び込まれていた。
後は何があったのか全然憶えていない。
憶えているのは、小学校へ行く道を教えられたことだ。
小学校は新しい家からは近かった。
広い道を暫らく歩いていけば、小学校の正門に出た。
前の家にはどう行けば良いか聞いたと思うが、多分教えてはもらえなかった。
小学校は、木造で、正門から入ると左側はおおきな運動場だった。
只、後で知ったことだが、此所は、小学校と中学校が一緒になっていたのだ。
大きな運動場は、中学校のものだった。
教室は、右側にあった。
一年生の教室は一番奥だった。
此所に行くには、裏門からはいるのが近かった。
裏門は、神社への道とつながっており、木が生い茂っていた。
学校へは,石段を上がっていかなければならなかった。
石段は、白く硬い感じの石で組まれていた。
今から思えば、花崗岩の石積みだったと思う。
幅は、5、6m程あったかと思う。
子どもの感覚だから本当はもっと狭かったのかもしれない。
家から学校までは、今から思えば1km足らずだろう。
下手をすると500m位だったかもしれない。
学校に行く時は、いつもこの裏口を使っていた。
正面玄関を使うことは、殆ど無かった。
正面玄関と、中学校との境目の広場については、実は強烈な思い出がある。
或る夜、ソ連の人工衛星ヴォストークの見学会が有ったことだ。
大勢の人たちが集まって夜空を見詰めていた。
突然、「あ、飛んでます。あそこです。ゆっくりと動いてます。」と言う興奮した声
が上がったのだ。
指差された方を見ると、小さな光が動いていた。
当時は夜は飛行機なんか飛んでいなかったから、あの小さな光は人工衛星だったと思
う。
ほんの小さな光だったが、あれがロケットで打ち上げたものだと聞いてすごく感激し
たのを憶えている。
これ以後、自分は天文ファンになってしまうのである。

どうだろう。
私の貧乏の記憶というのはこんなものなのだ。
本当は希望に燃えていたのではないかと今になって思う。
貧乏だと言うことは望みがあると言うことだ。
豊になって本当にえたもの、一体それは何だったのだろう。
私には判らない。
本当の豊かさ、本当の貧乏、深く考えるつもりはありませんが、つい昔を思い出してしまいました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初のエッセイ回答でした(*^_^*)。hiro1001さん、ありがとうございました。

ノスタルジックなお話で、しみじみと読んでしまいましたよ。しかし、これは、貧乏というより、質素ですね。更に、美徳だと思います。

こういう質素さが、hiro1001さんを天文ファンに導いたのかも知れませんねえ。

お礼日時:2001/06/11 20:57

「みかん箱を机代わりにしている」


「新聞屋からもらえる、新聞入れ用紙袋(読売は、季節の花など描いてある)に新聞を入れている」
「ビデオテープは録画用ばかり(市販の映画ビデオなどは無い)」
「100万円貯まる貯金箱がある(金持ちならいらんでしょう・・・)」
「冷蔵庫の扉に、缶コーヒーや食パンの応募シールが大量に貼りつけてある(応募しないものも、とりあえず貼っておく)」
「電化製品の箱は、売るかもしれないのでとっておいてある」

・・・もちろん、全部わたくしの部屋の様子です。
机は普通のダンボールでも良かったのですが、あえてみかんの箱にしてみました。
今までの机は、パソコンに占拠されてしまっています。

余談ですが、実はgomuahiruさんは私の家族の誰かなんではないかと疑ってしまいました。
まるっきりウチの実家の風景です。
“小市民的置物”は、タバコの空き箱で作った大阪城と、チラシを細く丸めて編み込んだ小物入れがあります(色付けしていないので、貧乏度倍増です。なんて中途半端なんだ・・・)。
あと、知人の結婚式の席でパクってきたベル(名前が挟んであった)と造花が一緒に並べてあります。
ちなみに、夜店の金魚も巨大に育ちましたが、夜店のひよこもいました。
普通はすぐ死んでしまうのに、ウチのは凶暴なにわとりになって、毎日卵をうんでました(もちろん朝ご飯です)。


<番外編>
「UFOキャッチャーで取れたぬいぐるみが大量に並べてある車」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまた爆笑してしまいました(≧▽≦)。

「100万円貯まる貯金箱がある(金持ちならいらんでしょう・・・)」、「タバコの空き箱で作った大阪城」。そして、番外編の「UFOキャッチャーで取れたぬいぐるみが大量に並べてある車」。いやあ、大爆笑です。

ありがとうございました、anshiさん。

念の為に書いておきたいのですが、チープが悪いという事ではなく、むしろぼくは好きです。ぼくの実家にしても、ぼくの家にしても、全然重厚でもありませんし、チープな物だらけです。

父親が、リビングのサイドボードの中に飾る洋酒(何故、飾る?)にしても、母親が得意そうに、「今日の夕飯はビフテキだよ」という「ビフテキ」(当人はご馳走のつもり)にしても、実にチープです。

しかし、こういう物に囲まれるのは、すごく楽しいです。

お礼日時:2001/06/11 20:53

テレビの上に白いレースが敷いてあり、その上にはこけし、木彫りのモアイの置物、変な花瓶、とにかく人形のたぐい(国内・海外問わずお土産でもらったもの)がびっちりと隙間なく置かれている我が実家。


経験上、貧乏くさい部屋の場合、テレビの上に「何か置く」のが習い性になっているようだ。どんなにインテリアがかっこいい部屋でも、テレビの上に何か置いてあるとださーい、と感じてしまうのは私だけであろうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

全く必須アイテムですよねー。テレビの上の「白いレース」は。これがなくてはいけません(*^_^*)。

「木彫りのモアイ」の双肩が、右前足で鮭を掬い上げている熊の木彫りでしょうか(*^_^*)?

今、慌てて我が家のテレビの上をチェックに行きましたが、我が家は、スカパーのチューナーがテレビの上に置いてあり、その上には、妻の甥っ子の写真が置いてあるだけでした。ふぅ。

厳しくも尊い意見をありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 21:02

お邪魔します。

出来れば何故この様な質問をするのか聞いて見たい所なのですが(笑)。
ズバリ、居間(リビング)にドンと置いてある「異様」にデカいテレビボード。
ご老人ならともかく、若夫婦の家でテレビだけが中心ってのは心の貧しさをつい感じてしまう。そう言うところに限ってCD等音楽を聴ける機器が一切無い。
ひねくれ者の偏見ですけど(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 何故この様な質問をするのか

という事なんですが、面白いといいますか、こういう事しか思いつかないんですよ。ぼくの場合(*^_^*)。まったく申し訳ない限りです。

で、「『異様』にデカいテレビボード」。バランスが取れてませんものねぇ(*^_^*)。でも、こういう友人は居ます。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 18:40

そうですね・・・例えば・・・・・



●健康サンダルに大きなゴムのひまわりがついている

●富士山の三角ペナント

●日めくりカレンダー

とにかく「昭和」の時代を感じさせるグッズや雰囲気のあるものですね!

それ以上古いと「チープ」ではなく「レトロ」になっちゃいますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わははは。ひっくり返ってしまいました(*^_^*)。

「健康サンダル」の「大きなゴムのひまわり」。正にチープ。これは笑いました。いやあ、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 18:37

coyoteさん、こんにちは。



チープな家のイメージ。

玄関に米屋などでもらった、カレンダー。
下駄箱のうえには、5円玉でつくった船の置物?
ゴルフバックには、キャラクターのクラブカバー。

台所のところに、たまのれん。
勝手口のところに、健康サンダル。

くらいしか思いうかびません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ。tipsさん、こんにちはー。

(≧▽≦)。「5円玉でつくった船の置物」と「勝手口のところに、健康サンダル」がいいですねえ。笑ってしまいました。「健康サンダル」は、茶色ですか(*^_^*)。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新築、見積もりオーバーでで削ったものは?

自宅を新築するのに、打ち合わせの最中です。
そろそろ最終の見積もりが出そうなのですが、明らかに予算オーバーしていそうな気配です。
でも、ここまでくると、何を削っていいのやら・・・と悩んでいます。

そこで、注文で家を建てた皆様、聞かせてください。
皆さんが、予算オーバーで、最後にあきらめたものは何ですか?
そこをあきらめて、家が完成した後、やっぱり少々高くてもつければ良かったなあ・・・と後悔しませんでしたか?
そこをあきらめて、いくらぐらい見積もりの金額を減らしましたか?

わかる範囲で、気軽に教えてくれたらうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレードなどを
 上げたことによる追加金額は結構なものです。
 ただこれを削って後で後悔する方も多いので
 譲れないものの上位にあるのであれば
 やめておいたほうがいいと思います。
 (建てた後での後悔がずっと続きますから)

(2)後付ができるもの
 エアコンやカーテンなど住んでから後で
 取付可能なものも結構金額がいくものです。
 自分の足で探せは安いものはあります。
 これらのものは入居したときに
 付いていると気持ちがいいものですが
 ハウスメーカーさんや工務店さん経由だと
 どうしても利益を上乗せせざる負えませんので
 この辺から削っていくお客様は多いです。

(3)オーダーものを抑える
 造りつけの家具や造作工事等のものです。
 耐震的な面で最近、お客様のご要望が多いんですが
 材料や大工さんの手間などがかかってきます。
 案外、通販などの家具のほうが安かった
 ってケースも多いです。
 この辺は迷うところですが妥協できるのであれば
 安く抑えられると思います。


やってほしくないのは・・・
「本体の金額や材料等を下げること」
友人の家はこれをしてしまったことで
最後の最後まで建築した工務店さんといろいろ
もめてました。
本体を値引きするということは
材料のランクも下げなければならないし
やはり手抜き工事になりやすいです。
これだけはしないほうがいいです。絶対に!

 

ハウスメーカーさんで外注設計をやっている者です。
仕事柄、直接お客様とプランの打ち合わせを行っていくうちにいろいろつけたくなるのもわかります。
気がつくと「え!!!」と思うような金額が出てから
あれこれ削っていくのも大変なのもよくわかります。

まず「ここはどうしても譲れないもの」を順位を付けて整理してみてください。

細かいものを説明していくと・・・

(1)大きく金額が調整できるもの
 オプションになるようなもの(特にハウスメーカーさんで多い)
 浴室やキッチンのグレード...続きを読む

Q予算を500万オーバー、削る所を教えてください

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものから削るのがいいかと思い、外壁で80万くらいカットできそうですが、残り400万ほどどこで削ったらいいのか?水周りの質を落とすことを思いついているくらいです。

設計士からは蓄熱式の暖房を辞めて、高気密を辞めればそれに付随してかなりの金額が落とせると提案されています。
しかしながら、ランニングコストが上がるのは嫌です。
素人ながら、金利が上昇しても家計が持ちこたえるだけの金額を予算設定したので予算以上の金額を出すつもりはなく、どんなに設備面で削っても無理なら坪数を削るつもりです。でも完全同居なのでできればこれ以上義父母との距離感が狭まるのは耐え難いのでなんとか材料等で落としたいので、落としても支障がなさそうなものを教えていただけたらありがたいです。見積書を実際にお見せしているわけではないのでお答えしづらい面もあると思いますが、よろしくお願いいたします。

家族6人(子ども2人、夫、妻、義父、義母)で延べ床面積58坪の家です。完全同居プランですので、水周りも1つずつ玄関も1つです。

初めての見積り額が予算(3500万)をオーバーしていて約500万円分カットしなければなりません。どこからカットしていいのか迷っています。

ほぼ総2階の長方形(玄関部分のみ飛び出ています)の切り妻屋根です。海からは遠いですが、風の強い地域で塩害の恐れがあるためカラーステンレスの屋根をガルバにすることはできません。

とりあえず面積の大きいものか...続きを読む

Aベストアンサー

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。
・ビニルクロス変更。サンゲツSPシリーズなどの廉価版から選ばれてはいかがでしょうか? 種類は豊富にあります。
・耐震壁を合板でつくっているようであれば、筋交いに変更してもらいましょう。最近合板の価格が上がっていますので。外壁の通気胴縁内側が合板でなくなれば、遮湿フィルムも不要になります(関東以西)。
・基礎が布基礎になっている場合には、べた基礎に変更するとお金が落ちる場合があります。
・畳の部屋はありますか?縁なし畳は高いので、縁ありに変更すると減額になります。
・巾木が木製であれば、樹脂製に変更すると減額になります。
・給湯器を、工務店さんの得意なメーカーに変更すると1万円程度の減額になります。
・竣工写真代や工事看板代が計上されていませんか? んなもんなくても建物は建ちますので、外してしまいましょう。
・珪藻土をやめると、壁下地の仕様も変わります。その減額をお忘れなく。
・見積もり項目に重複がないかを丁寧にチェックしてみてください。基礎コンクリート工事と左官工事両方に基礎のモルタル補修が入っていたり、土工事と外構工事両方に鋤取りが入っていたり、見積項目に重複がある場合も少なくありません。

本当は、相見積もりをとって、数量や単価を突き合わせてみるといいのですが。他社と比べて突出して数量が多い場合や単価が高い場合には、充分ネゴが可能です。

私の経験では、大きな減額をいくつか探すのではなく、細かい減額をたくさんかき集め、地道に積み上げていくほうが、結果として大きな金額を減らすことができます。このやり方であれば仕様や坪数をほとんど変えずに、1割超は楽に減額できます。また、工事費=税+工務店の経費+直接工事費という構成になっています。直接工事費を減らしたら、工務店の経費も同じ比率で減額できますので忘れないようにしましょう。消費税も同様です。

4000万円→3500万円の減額は、さほど難しいこととは思いません。
建築家は何をしているのでしょうか???

以下、他の回答者と重複する部分があるかもしれませんが、列記します。
・カラーステン屋根仕様変更(コロニアル等)。ステンは「錆びにくい」だけで、錆びないわけではありません。塩害を心配されるのであれば、避けた方がよろしいでしょう。
・フローリング変更。同等品で、より安く入れられる他社製品を施工者に提案してもらいましょう。実際にサンプルを見てから決められてはいかがかと思います。...続きを読む

Q外壁を安っぽくみせない工夫など・・・

地元工務店で一般的?な外壁にしようと思っています。
レンガとかは金銭的に無理です。

そこで相談なのですが、同じ値段の外壁材でも安っぽく見えないようにするコツや工夫などありますでしょうか?
個人のセンス次第になってしまいますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まぁ個人のセンスですが。

安く見せないためには、モノにもよりますが、まずサイディング1色は止めた方が良いと思います。色や模様にもよりますが、建売でたくさん出ているレンガ調サイディングはあまりにも安っぽく見えます。
同様にレンガ調サイディングを1階に、違う色で2階を、というデザインもよく見かけますが、レンガ調で重厚感を出していますよ、というのは見え見えで、かえって安さを引き立てているような気がします。

サイディングよりはやや値は上がるかも知れませんが、最近私が素敵だなと思う外壁が近所にあるのですが、これは、格子状のパワーボードで、1階が白系、2階がベージュ系になっています。重厚感を出すために、1階を2階よりも濃い色にすることがよくありますが、この家の外壁の方がセンスのいい高級感がある感じがしました。

30坪クラスの小さい戸建の場合には、1色はあまり良くない気がします。かと言って、外壁で頑張ってます!っていうのが見え見えのもどうかと思いますね。
さりげなさ、っていうんでしょうか。

メーカーのホームページで組み合わせシミュレーションなど出来たりしますから、検討してみたはいかがでしょう。

参考URL:http://www.asahikasei-kenzai.com/akk/pb/powerboard/top.html?fn=opening

まぁ個人のセンスですが。

安く見せないためには、モノにもよりますが、まずサイディング1色は止めた方が良いと思います。色や模様にもよりますが、建売でたくさん出ているレンガ調サイディングはあまりにも安っぽく見えます。
同様にレンガ調サイディングを1階に、違う色で2階を、というデザインもよく見かけますが、レンガ調で重厚感を出していますよ、というのは見え見えで、かえって安さを引き立てているような気がします。

サイディングよりはやや値は上がるかも知れませんが、最近私が素敵だなと思...続きを読む


人気Q&Aランキング