出産前後の痔にはご注意!

航空事故の特殊性について教えてください。
地上の事故となにがちがうのですか?

A 回答 (2件)

>航空事故の特殊性について教えてください。


 ちょちょいと取得出来るクルマの運転などと違い
 フライトは、パイロットは訓練を積み、経験を重ねて行くし、
 副操縦士や航空機関士、航空通信士などのプロが集まって操縦しているため
 基本的に人的ミスは少ない世界。

 従って、整備上の不具合で起きる事故が多くなるため
 それはパーツの不具合なのか、整備ミスの不具合なのか、設計ミスなのか、など
 徹底的に調べ、他の同型機に同じ状況(墜落)が
 起きるリスクを回避しなければならないのです。

 バッテリーの不具合の原因が究明されるまで、同型機のフライトを停止したように。

>地上の事故となにがちがうのですか?
 実況見分がほとんど出来ない。
    • good
    • 0

原因を追究すると、地上の事故に較べ航空機だけが「特殊」とは言えませんが、その被害が航空機の方が大きい為に報道される頻度が高いのです。

(目立つ、知る機会が多い、びっくりするような被害とか)

しかし、原因はいろいろあれど、地上の事故とは大差はないと思います。

ただ、いったん何かトラブルがあれば、地上と較べ回復させたり回避することが困難なのが航空機です。従ってフェールセーフといって何重にも安全対策を施しているにも関わらず、その間隙を縫って事故が起きるので、想定していなかったトラブルが「特殊」だとは言えます。
一つのミスで墜落するわけでなく、一つのミスから始まり連鎖したからこそ「墜落」したので、そこが特殊と言えるのですが原因というより「対策の盲点」といったほうが正しいと思います。

真の原因は・・・思い込みや錯覚などヒューマンエラーがきっかけである場合が多いです。だから決して地上と較べ特殊ではありません。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング