生鮮食品を除く総合で消費者物価指数が2014年11月、2.7%となりました。
http://www.stat.go.jp/data/cpi/sokuhou/tsuki/ind …

消費税の影響は日銀試算で2%なので、消費税の影響を除くと 2.7-2=0.7% となり、2015年中のインフレ率2%(消費税の影響除く)の日銀の公約は非常に難しい状況になってきました。この0.7%は追加緩和の後の数字です。

黒田総裁は「何が何でも目標を達成する」といい続けてきていますので、当然、さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?

岩田副総裁はインフレ2%が達成できなかった場合、辞任するといっていましたが、これでは辞任まぬがれないと思いませんか? 

実際には、2014年3月では1.3%インフレで日銀は絶好調だったのですが、日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

"さらなる追加緩和が予想されますが、どう思いますか?"


   ↑
やるでしょうね。そしてやるべきだと思います。
このチャンスを逃したら、失われた30年、50年に
なるやもしれません。
その先は途上国です。
是非とも、ここで何とかして欲しいです。

ワタシ的には、消費税減税をすべきだ、と思って
いますが、現実には無理でしょう。


”これでは辞任まぬがれないと思いませんか?”
     ↑
辞任するかもしれませんね。
実務家、というよりは学者です。あの人は。


”日銀は消費税増税の影響を完全に見誤ったのではないでしょうか?”
    ↑
世紀の大ミスです。
そもそも失われた20年は、少し景気が上向くや利率を
上げてきた日銀の愚策が原因です。
それと同じことをやってしまった訳です。
ああいうエリートは、生活の苦労など経験していない
でしょう。
だから、たかが3%ぐらい、と判断を誤るのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。馬鹿な増税をするから、金融緩和がうまく景気回復につながっていない。馬鹿の見本のようなアベノミクスです。追加の追加の金融緩和で円安にはなるでしょうから、体質の弱い輸入企業にさらなるしわ寄せがいくでしょう。私も消費税5%に戻してほしいと思います。

岩田さんは、もともと消費税アップをせずに金融緩和をするべき、と主張していたのに、安倍さんに雇われたら、消費税アップ反対はまったく言わなくなってしまった。黒田さんは例のように消費税アップ賛成。消費税に関しては日銀の管轄外で実際に悪いのは安倍さんですが、日銀首脳は、消費税反対を強く主張すべきでした。

お礼日時:2015/01/09 11:04

目標に達していないのでもっと金融緩和をやってほしいと思っています。

貴方は失敗したのでもう止めて欲しいと考えるているのですね。0.7%ではインフレにはなっていないのだから止める必要がないのではないか。止めてほしいと思うのは、円安とインフレを実感して困っているからではないのでしょうか。
実際は商品価格が円安で値上がりしていることはみんな実感しています。原油安は想定外であったが、経済に悪影響を及ぼすことはないので、その分を差っ引いて数字を見れば良いと思います。黒田総裁の責任ではないと思います。
なぜなら米国も原油安の影響は同じように反映するからです。インフレ政策の目的は米国のインフレ率に追従して円高を避けることが目的だからです。

この回答への補足

いいえ。インフレ政策の目的は円高を避けるのみではなく、国内の企業の活性化、それによる景気回復も主要な目的です。

補足日時:2015/01/09 11:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(追加補足)いいえ。日銀は2%達成(消費税分除く)まで、量的金融緩和を進めるべきであると考えています。

お礼日時:2015/01/09 21:50

★回答



●先進国のインフレ目標では、プラスマイナス1%の幅に入っているかどうかで、目標達成について判断することが多いといわれる

●過去のデータではその幅に8割程度入ってOK、それからはみ出たら、説明が必要程度

●2%の上下プラスマイナス1%誤差範囲

●工学じゃないんで 社会科学で ぴったり2%になることはありえん

●2%といっても、上下プラスマイナス1%ぐらいの幅を持つのが普通だろう

●原油価格の上下動は 特殊要因 その上 先物市場が変動を広大させる

●その数値を取り上げて 記事にして受けねらいの TVマスコミがいたら TV出演者はただの馬鹿でしょう

※ただし 日銀は消費税の影響を 判断ミスしたのはあきらかだ これからもその影響はつづく
財務省にはめられた馬鹿だった

※素人でも検索すりゃすぐわかる

●図参照 過去確認  外資民間予想でこんな感じ
「インフレ率0.7% 絶体絶命 日銀首脳部」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。たしか黒田総裁は1%を切ることはない、といっていました。追加緩和しても0.7%(コアCPI)で、むしろ、時系列的に4月から逆にCPIが下がる傾向にあるので、1%を割り込む可能性も高いという意味で、絶体絶命なのには変わりがないと思いますよ。

黒田さん、財務省出身で、消費税賛成でしたからね。私は日銀の仕事自体は高く評価しています。ただこのまま行って1%を割り込めば、明らかに責任問題になるでしょう。

お礼日時:2015/01/08 23:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒田日銀総裁は消費税再増税をせよと言ってますが

消費税10%に引き上げた後、景気が下振れするリスクについては、「予想以上に経済の落ち込みが大きくなれば、財政・金融政策で対応できる」と述べました。1997年の消費増税で景気は下振れしましたが、財政・金融政策では対応できず、デフレに陥り賃金は下がり続けました。黒田総裁の考えは甘すぎませんか。しかも、国債を日銀が買いすぎると出口戦略が困難になるという副作用があります。日銀が買った国債をどうやって売るのでしょう。将来景気が回復したとき、金利を上げるのが大変になりますよね。このような重大な副作用を考えると、財政・金融政策で対応すればよいという安易な考えは危険だと思いますが如何でしょう。

実質成長率は2013年度は2.3%でしたが、2014年度はエコノミストの平均値ですが0.48%にまで落ち込むと言っています。すでに景気は下振れしていると言えるでしょう。再増税などやらず、今すぐに財政・金融政策で景気を回復させたほうがよいと考えますが如何でしょう。

Aベストアンサー

NO3 補足


はい。全部見ました。やはり彼は再度の消費増税を強く勧めていますね。23分あたりです。追加増税を行わなければ、政府の財政健全化に対する意識に疑念を持たれたら対応ができなくなるが、追加増税で景気が悪化したのなら、財政・金融で対応可能だと言っています。

★再度 回答

よく聴いて見ると以下となるよ・・・・・・・・


LIVE! 黒田東彦 日銀総裁会見 まるごと配信
http://channel.nikkei.co.jp/business/140904nitigin/10537/

☆朝日新聞質問 記者

『金融の後押しなしに 消費税増税は可能でしょうか?』

↑あほ 記者の質問 (日銀は消費税を上げる決定することに関与しないのである)


黒田回答

『政府 国会のおきめになること

財政の健全化は重要で・・・・・・うんぬん

政府におかれては
経済指標をみて決めるといってるので
私のほうから言うことはない』


☆WBSの使えん社員質問 (もやもやサマーズ並みですか?WW)

増税は1パーセントづつがいいかどうか?
(日銀は消費税を上げる決定することに関与しない 聞くのがへん)


黒田回答
『政府 国会のおきめになること 回答拒否』


その他は記者の 極端な質問に対して
リスクの説明をした

黒田回答要約

金融を行うものから見れば財政の信任は重要である。

※消費税にかぎらず増税しないで 日本国債の信認を悪化させ 暴落した場合は
金融政策によりコントロール不能であると説明している
ただしそのようなリスクはきわめて 確率的に低いと言ってる

※景気低迷の場合は金融政策によりコントロール可能であると  仕組みを解説しているだけ

両方とも 両極端に悪い場合を想定したお話と言うこと。




★黒田日銀のおかしいところはなにか?


天候要因も消費税要因も 一時的なものであると 言い切ったところだ!
12ヶ月で全部落ちてしまう~ えーっ ほんとかよ 怪しい


消費税の影響は持続的なものであると 計量経済学者に指摘されている
ボデーィーブローのように 日本経済に影響をおよぼす
ここが重要である 一時的ではない↓ここ

●【宍戸駿太郎氏】消費増税は精神分裂!
https://www.youtube.com/watch?v=VGvScVwh4NA
http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shavetail1/20120712/20120712081535.jpg


もちろん 黒田=財務省出なので 怪しいと思うのは 普通の人の考えとしてはあたりまえ・・・・・
バイアスかかってるんじゃねーのって思うのはわかる
おれも怪しい奴と思う 
副総裁岩田先生みたいには信用できないよ。


・・・・・・・・おわり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014-09  株価横ばい 今年は年金利回り低迷
  財務省の増税原理主義と揶揄される国民経済のダニのせいだ

<理由>
日本の不況の元凶
ベストアンサー
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8536491.html

消費税増税に伴う駆け込み需要後の反動について
ベストアンサー
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8524397.html


内閣府試算『消費増税の影響は0.1%』は嘘でしたね

増税は消費者に「大きな打撃」と浜田内閣官房参与は言っています。

http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702303959804580090132912841788

来年の消費税再増税は止めるべきだと思いませんか。

ベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8720619.html

NO3 補足


はい。全部見ました。やはり彼は再度の消費増税を強く勧めていますね。23分あたりです。追加増税を行わなければ、政府の財政健全化に対する意識に疑念を持たれたら対応ができなくなるが、追加増税で景気が悪化したのなら、財政・金融で対応可能だと言っています。

★再度 回答

よく聴いて見ると以下となるよ・・・・・・・・


LIVE! 黒田東彦 日銀総裁会見 まるごと配信
http://channel.nikkei.co.jp/business/140904nitigin/10537/

☆朝日新聞質問 記者

『金融の後押しなしに 消費税増税は可...続きを読む

Q白川日銀総裁の犯罪、日銀の犯罪の深層心理

これまでの超円高、株価低迷については、最近の阿部首相の金融緩和方針による改善により、日銀の問題であることが示唆されています。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121128/plt1211280709000-n1.htm
>一方、白川方明日銀総裁の実績はどうだろうか。新日銀法施行の1998年以来、日銀は金融政策で成功はないが、大きな失敗を3回もしている。2000年8 月のゼロ金利解除、06年3月の量的緩和解除、08年9月のリーマン・ショック以降、海外の中央銀行が大規模にバランスシート(B/S)を拡大したにもか かわらず日銀が行わなかったことだ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34586
浜田 宏一「金融緩和は量だけで効くのではない。『期待』で効くのだ」
>いま国民生活に多大な苦しみをもたらしているのは、デフレと円高である。デフレは、円という通貨の財に対する相対価格、円高は外国通貨に対する相対価格 ──つまり貨幣的な問題なのである。したがって、それはもっぱら金融政策で解消できるものであり、また金融政策で対処するのが日本銀行の責務である。

阿部首相は白川氏を更迭?する予定ですが、日銀の論理がなぜ間違っていたのか(もしくは間違っていないのか)? 日銀の論理の深層心理、本質的なところを教えてください。

(白川日銀総裁の犯罪、日銀の犯罪は誇張しています。白川日銀総裁の問題、日銀の問題かもしれません。)

これまでの超円高、株価低迷については、最近の阿部首相の金融緩和方針による改善により、日銀の問題であることが示唆されています。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20121128/plt1211280709000-n1.htm
>一方、白川方明日銀総裁の実績はどうだろうか。新日銀法施行の1998年以来、日銀は金融政策で成功はないが、大きな失敗を3回もしている。2000年8 月のゼロ金利解除、06年3月の量的緩和解除、08年9月のリーマン・ショック以降、海外の中央銀行が大規模にバランスシート(B/...続きを読む

Aベストアンサー

まず、あなたの言うように日銀が失敗を重ねてきた歴史が一因にあることは指摘できます。
白川氏が慎重になるのも仕方がないかもしれません。

日銀の仕事は物価の安定であり、雇用の安定化は含まれていません。
米国の中央銀行は雇用の安定が主目的であり、この点でも弾力性が違います。

次にリフレ派として次の記事を紹介しておきましょう。
http://agora-web.jp/archives/452944.html

要は日本のデフレ脱却は外的要因がないと無理とのことで、
よくグルーグマン教授の説は白川氏攻撃の材料にされますが、見方によっては援護ともなるわけです。

橋本、小泉政権下の時に大きな円安が起こり雇用も拡大しましたが、
この時にデフレを脱却できなかったのが直接の敗因でしょう。
この時の経験を踏まえ、最高責任者となった白川氏は指揮を摂ったのでしょう。

いっそのこと次の日銀総裁にバーナンキ氏でも指名しますか?
超タカ派の彼なら資本主義そのものの政策をやってくれるかもしれませんよ。

Q【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

【米とパンの消費量の話】10年間で日本人の米の消費が24%下がって、パンの消費が13%増えたという。

米の24%減からパンの13%増から11%が米とパン以外の消費に流れていることが読み取れる。

日本人は米とパン以外の第3のものを主食としている人が11%いる。

この新たに10年間で出現した主食11%はなんだと思いますか?

Aベストアンサー

はい。ナンだと思います。

Q日銀総裁の消費増税をやれとの主張は日銀法違反では?

日銀法第4条には「日本銀行は、その行う通貨及び金融の調節が経済政策の一環をなすものであることを踏まえ、それが政府の経済政策の基本方針と整合的なものとなるよう、常に政府と連絡を密にし、十分な意思疎通を図らなければならない。 」とあります。現在安倍首相は消費増税に関しては自分で決めると言っており、これから有識者の意見を聞き経済データを分析することになっています。先日黒田日銀総裁は政府に消費増税は予定通りやれと圧力を掛けました。

政府は日銀に圧力をかけてはならないというのが「日銀の独立性」というものですね。逆に日銀も政府に圧力を掛けてはならないのではないでしょうか。日銀法にあるように「政府の経済政策の基本方針と整合的」ということなら、日銀総裁の立場としても「これから有識者の意見を聞き経済データを分析する」という立場を取らないといけないような気がするのですが如何でしょう。

Aベストアンサー

>黒田総裁は 予定通り2段階の増税が実施されても「景気の前向きの循環は維持され、基調的に潜在成長率を上回った成長が可能」とし、「脱デフレと消費増税は両立する」との見通しを示した。

ですから、黒田日銀総裁は消費増税をうながす発言をしたのであり、圧力をかけたのではない、とも取れますが、消費増税は予定通りやれとはっきり圧力をかけた発言はあったのでしょうか?

私は、黒田さんの「潜在成長率を上回った成長が可能」の考えはおそらくまちがっていて、浜田宏一氏の言うように、現時点での経済成長に大きな悪影響を与えると思います。よって、財政規律の面(税収)でもマイナスでしょう。

その第4条は文意からすると、独立性をむしろ認めていない感じがあります。ある意味、旧日銀体制は行政側からの要請を無視してきており、第4条違反とも取れます。これまでの長い旧日銀体制が国民にあたえた悪い結果からすると、私は、日銀法を改正し、独立性を弱める方向が正しいと思います。

黒田さん、金融緩和のペースがちょっと遅いと思います。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8133276.html

>黒田総裁は 予定通り2段階の増税が実施されても「景気の前向きの循環は維持され、基調的に潜在成長率を上回った成長が可能」とし、「脱デフレと消費増税は両立する」との見通しを示した。

ですから、黒田日銀総裁は消費増税をうながす発言をしたのであり、圧力をかけたのではない、とも取れますが、消費増税は予定通りやれとはっきり圧力をかけた発言はあったのでしょうか?

私は、黒田さんの「潜在成長率を上回った成長が可能」の考えはおそらくまちがっていて、浜田宏一氏の言うように、現時点での経済成長...続きを読む

Q日銀総裁の年収

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0906&f=business_0906_007.shtml
を見ると
日銀総裁: 年収3,578万円
との事ですが
今の日本の経済が厳しいんだからもっと下げればいいのになぜもっと下げないのですか?

>世相を反映して年々下がっており、
10年前の日銀総裁は年収4千万円、
副総裁や審議委員でも年収3千万円以上でしたから、だいぶ引き下げられました。

との事ですが、もっと下げるべきだと思います。

Aベストアンサー

時給10円くらいが妥当。

どんなに優秀な人間でも日銀の仕事は務まらないよ。

日銀の総裁より優秀な私が言ってるのだから間違い無い。

日銀のやり方に正解や不正解が存在するとか思ってる時点で、経済や政治の仕組みの理解が足りてない証拠。

円高や株安で日銀が何も対応しなくても、国が衰退するなんてありえないから、

例えば円高で輸出産業が損害を被るとされるが、円高は輸入業者には有利。

統計的に輸出産業に労働者が多いとされてるので守られる傾向だけれど、統計値に現れない労働者というのも存在する。

たとえば
坊さんや宗教活動家、学業に勤しむ子供たち。専業主婦やヤフーオークションで日銭を稼ぐ人、株式トレーダー・・・潜在的に多様な人物が労働者とは認められる事なく活動していて、
「輸出産業で頑張ってる人」の数より「そうでないところで頑張ってる人」の数の方が圧倒的に多い。

輸出業に偏って甘やかすのは国民全体への公平感に欠ける。

ましてや円高になったら、国は財政出動するのだと分かっているから、先にドルを買いだめで、日銀に高値で転売できる。
実際、金融市場ではそれが当たり前になっていて、金のある人が儲かる仕組みで金のない人は儲からない仕組みなってる。
しかも、金融市場は自由で世界に開かれてるから、外国資本もそのマネーゲームに参加してくる。
日銀が円高を是正するというのは、海外にも儲けをくれてやってる訳で、自国民の首を締めてけてる様なもの。

これを自覚してないかもしれない日銀はまず優秀ではない。
自覚してたら優秀だろうけれど、優秀だからといって何ができるのか、日銀より優秀だろうな私でも判らない。
円高になろうが円安になろうが、何もしない方がまだいいかもしれない。
せいぜい財界の御用聞きとか、金の奴隷にならない様に、公平性ある対応する。
景気回復なんて世迷言だろうから、給料を全額寄付したなら職務を真っ当できてると判断すると思う。

時給10円くらいが妥当。

どんなに優秀な人間でも日銀の仕事は務まらないよ。

日銀の総裁より優秀な私が言ってるのだから間違い無い。

日銀のやり方に正解や不正解が存在するとか思ってる時点で、経済や政治の仕組みの理解が足りてない証拠。

円高や株安で日銀が何も対応しなくても、国が衰退するなんてありえないから、

例えば円高で輸出産業が損害を被るとされるが、円高は輸入業者には有利。

統計的に輸出産業に労働者が多いとされてるので守られる傾向だけれど、統計値に現れない労働者というのも存在...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報