起業したことがある方、はたまた司法書士や税理士、社労士、不動産鑑定士等、独立系の土業資格を持っている方に質問です。 今まで周りを見てきて、「土業の資格を持って開業するのと裸一貫で起業するのとでは、やっぱり土業のほうが競争者が少なく成功のしやすさや安定性が全然違うな」って実感することってありましたか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私自身、税理士事務所勤務を経て、別業界で起業(法人)し、さらに副業で経営コンサルタントを個人事業として行っています。

経営コンサルタントでの業務の都合で士業事務所の非常勤ともなっています。

私自身が経営する分野では士業とは別ではありますが、士業資格があればもっと効率的・効果的な事業計画が立てられると思ったことがあります。
しかし、士業だけで食べていけるとも思いませんし、よく知る士業事務所の方もいろいろですね。

士業資格者は、それは難しい国家試験の合格者で尊敬も致しますが、どの士業も仕事量は変わらない、減っている中、資格者は増え続けています。引退する人も高齢で業務ができなくても、優勝な補助者を雇用することで業務も成り立っています。このような業界で新参者として顧客を獲得するのは容易ではありません。

若い士業者で事務所運営が順調・成功していると見えるところの多くは、営業力・人脈・経営力があると感じます。士業として行える分野であれば、既存の事業では効率化を図ることで同業他社と同等の費用を得て、士業として扱える専門性の高い分野や新しい分野の構築を図っていますね。
さらに、士業の経営者が他の業界で併業してはいけないというルールはありませんので、他の分野にも率先して経営を広げていますね。

資格所持というだけで顧客が集まる時代は終わりましたし、資格者が飽和な状況で他の資格者と違う部分を見せられる、営業力や人脈のある士業者でなければ、厳しいことでしょう。
士業の多くが修業時代というものもあると思いますが、営業的な分野までやらせてもらえるわけではありませんし、専門家思考が高いほど難易度の高い業務をやりたがってしまうことでしょう。効率的に稼いで余裕を持って初めて、高度な分野を行えると私は思います。

質問者様は、競争者が少ないと言われますが、そうでしょうか?

今まで専門家に任せていたような業務であっても、今はインターネットで情報があふれ、パソコンの利用者も多いでしょう。比較的簡単な許認可や届出業務、申請業務などは、申請者自身または申請者の事務員などがある程度こなしていることでしょう。大昔と異なり、申請窓口である役所なども対応が易しくもなっています。時間と労力次第では、専門家は不要と考えることでしょう。

さらに、弁護士や公認会計士資格者が増え、厳しい状態にもなっていることでしょう。他の国家資格試験に比べ、難しい試験を突破した人たちが苦労しています。勉強する能力は長けているため、他の資格試験を目指すという人もいるでしょうし、弁護士であれば、弁理士・税理士・社会保険労務士・行政書士などの資格が無試験でもらえ、さらに司法書士などの業務はそのまま弁護士業務としても扱えることでしょう。公認会計士であれば、税理士や行政書士などの資格が得られるほか、司法書士業務や社会保険労務士業務を扱える資格者となります。
資格に上下関係がなくとも、制度上有資格者が他士業にいるような士業であれば、見えない競争相手がいるということになるでしょう。

自由度のある資格に縛られない業界での活躍を目指したほうがよいという面もあるかもしれませんよ。
    • good
    • 3

30年技術系サラリーマンをしていましたが、身体を壊して脱サラ、開業しました。


技術系の資格もいくつか持っていはいましたが、ほとんどが企業に属さないと使えない資格でしたので、脱サラしてから独立系の資格で比較的取りやすい行政書士と社会保険労務士を取りました。
現在は社会保険労務士資格を活かしての行政窓口でのアドバイザーと。以前の技術系資格を活かしての調査・講師の二つで何とか食べています。年収はサラリーマン時代の1/4程度です。行政書士では仕事がありません。

士業の方が成功のしやすさや安定性で有利とは思いません。士業の中でも士業間でも、かなり競争はあります。士業ごとに対応業務・独占業務が類型化されているので、決まったパイの奪い合い、という面もあります。資格を取って開業したが数年で廃業される方もたくさんおられます。
従来の枠にとらわれない業務分野を開拓すれば他者に優位に立って競争力が得られますが、それなら現状の士業の枠とは違う分野になります。よって特別な資格をお持ちでなくても才能を活かして起業してやっておられる方もたくさんいます。
結局は資格を取ってから、起業してから何をどうやっていくか、競争に勝つにはどうするか、努力次第だと思います。

私の場合は経済的には成功しているとは言えませんが、あのままサラリーマンを続けていれば過労死したかもしれず、脱サラして健康を取り戻し、家族との時間を取り戻し、会社の利益のために身を粉にする生活から、市民や経営者の疑問や悩み解決に協力して感謝される今の生活の方が、よっぽど充実した幸せな生活だと思えています。
    • good
    • 2

.


 20年ほど前に、大手メーカで技術系サラリーマンを勤めながら知人(技術者)数人と一緒に資本金1千8百万円の株式会社(メーカです)を興しました。ですが、1年で(赤字が増えないうちに)解散することになりました。それで幾らその方面の知識・経験・技術があっても競争して勝ち残っていくのは難しい、と分かりました。高い勉強代を払って得た貴重な知見です。

 その何年か後に、業務上の必要性からある資格(士業ではないが、特殊な実務実績がないと取れない資格)を取り、世の中のニーズが今後その方向で広がることを見据えて脱サラし、自分の会社(資本金1千万円の経営コンサルタント会社)を興しました。これはうまく行き、サラリーマン時代よりも高額な報酬を得て、成功でした。あれから15年経ちますが、資格を取ってその資格をもとに脱サラして今の会社を興したのは成功だったと言えます。

> 土業の資格を持って開業するのと裸一貫で起業するのとでは、やっぱり土業のほうが競争者が少なく成功のしやすさや安定性が全然違うな…

 それなりに準備金があれば裸一貫でも起業すること自体は簡単に出来ますが、それを存続させ成長させるのは簡単に出来ることではありません。幾ら自分には腕や技術・経験(実績)・コネがあるとは思っても、世の中にはそれを上回る人が無数にいますから。統計(企業の生存率)によれば、起業した会社が1年もつ確率は60%、3年では38%、5年なら15%、10年になると6%、20年ではなんと0.3%ですよ。

 もし簡単には取れない難関の資格を取り、かつ、世の中にそれを必要とするニーズがあって、供給(資格にもとづくサービスの提供)よりもニーズのほうが上回っていると「競争者が少なく成功のしやすさや安定性が全然違う」と言えます。私の場合がそうでした。
 私が持っている資格は2つあり、そのうちの一つは私が資格の登録番号が第1番(つまり第一号)なんですよ。もう一つの資格もそれに近いものです。それで脱サラして開業したわけです。
 土業の資格があっても競争相手が多くてはそれほどの利点はありませんし、競争相手が少なくてもニーズが僅かではやっぱりダメです。世の中を甘く見てはいけません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社労士、行政書士で開業されてる方などにご質問です。 私の主人は今社労士事務所に勤めており10月から開

社労士、行政書士で開業されてる方などにご質問です。
私の主人は今社労士事務所に勤めており10月から開業する事になりました。 今は自分の仕事、勤め先の仕事で収入はありますが自分の仕事で忙しくなりあまり勤め先にも迷惑をかけれないので辞めて開業する事となりました。 顧問契約収入で月々10万円ほどあり、その他障害年金も主にしております。 友達に20人の従業員を抱える税理士事務所の代表者の友達がいて助成金や顧問先はそこからの紹介で成り立っています。行政書士業務も行います。
今後は自分で事務所を借りて家賃を払いやっていくのですが、、今まで発生しなかった家賃を払い、自分で保険に入りやっていけるものか不安でたまりません。
主人はまだ開業社労士、行政書士としてはまだマシなのでしょうか?
私はサラリーマンで毎月お給料をもらうのが当たり前でいてるので毎月の収入が不安定というのが心配でたまりません。
どうかみなさまアドバイスなどお願いします。

Aベストアンサー

業界人ではありませんが・・・
今年3月にもテレビ東京系の「たけしのニッポンのミカタ!」でも社労士で開業した方を紹介していました。
あの番組を見ただけで、社労士取得を考えた人もいたのではないだろうか?と思うような内容でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/backnumber/160318.html
   
業界に関係がないため詳しくはわかりませんが、営業力は必要?
でも紹介して下さる方がいらっしゃるのは、心強いのではないでしょうか。
   
そしてこれはどんな仕事でもそうですが、開業してすぐにどんどんお客さんが付くわけではありません。
5年、10年と掛かってお客さんを開拓し、顔なじみを増やして、次第に軌道に乗っていきます。
「サラリーマンで毎月給料を貰い」との事ですが、サラリーマンには定年があります。
定年になった場合、経済的には不自由がなくても、退職後目的のない人生になってしまいます。
唯々息をしているだけの人生・・・こんな人生ではつまらないでしょう。
   
それではと定年後開業しても先に書いたように、軌道に乗せるまでに時間が掛かります。
私は大手電機メーカーをリストラ絡みでしたが50代前半で退職し個人事業を立ち上げました。
起業後10数年経った今、50代前半での退職に悔いはありません。いや、むしろあの時起業したからこそ今があると思っています。
定年まで勤めたら今の仕事は出来なかったでしょう。
    
不安ではあると思いますが、開業すれば生涯現役です。
これは素晴らしいことです。
目先は大変でしょうけど、奥様も裏で支えてあげて下さい。
10年後「あの時開業してよかった」と思えるよう、お二人で頑張って下さい。

業界人ではありませんが・・・
今年3月にもテレビ東京系の「たけしのニッポンのミカタ!」でも社労士で開業した方を紹介していました。
あの番組を見ただけで、社労士取得を考えた人もいたのではないだろうか?と思うような内容でした。
http://www.tv-tokyo.co.jp/mikata/backnumber/160318.html
   
業界に関係がないため詳しくはわかりませんが、営業力は必要?
でも紹介して下さる方がいらっしゃるのは、心強いのではないでしょうか。
   
そしてこれはどんな仕事でもそうですが、開業してすぐにどんどんお...続きを読む

Q事務代行業を始めるのに士業の資格が必要?

会社を退職し個人事業者を対象にした事務代行業(記帳代行)を始めたいと思っています。簿記の資格はあり過去に勤務していた会社で決算以外をこなしていましたが税理士等の資格がありません。事務代行業をはじめるには士業の資格が必要でしょうか?

Aベストアンサー

依頼先の、事業運営に伴う、社会保険申告業務、税務申告等は、社会保険労務士、税理士等の業務でありますので資格が必要ですが、記帳のみを代行することは可能です。

http://yokohamaaudit.fc2web.com/

Qアウトソージング業で起業

ベンチャー企業、中小企業の為の販路新規開拓,販路拡大を
支援する営業代行のアウトソージング業を作りたいのですが必要なこと、注意すること、パートナーなどを教えて下さい。人材派遣ではありません。営業部を請け負うかたちにしたいです。

Aベストアンサー

同じかどうか判断しかねますが、きっと似たような事をやっています。

参考にして下さい。

営業については、私は次の様に解釈しています

企業が投資したモノ(商品・サービス)などを、第3者である相手(法人・個人)に対して、お金に換金する(買って頂ける)行為・営みである。

従って、そもそもお金に換金できない価値の低いものは、苦労が伴い、価値の高いものは、換金し易いのです。

例えば、今私は手元に雪印の商品券がありますが、大黒屋に行っても換金してくれませんでした。(笑)
この様に、価値がある無いと言う評価は相手がするものであって、いくら私が相手(大黒屋)に力説しても、徒労に終わる訳です。(爆)

従いまして、営業でのアウトソーシングとして正論を行くのであれば、そもそも商品価値の無いものを売って欲しいと言うクライアントに対しては、コンサルティングする必要がある訳です。

営業代行と言うのは、作業の代行である為に、基本的には業績評価ではないハズなのですが、お客様は成果を求めてきます。

私が面倒をみてきた人材派遣でも、営業派遣が難しいのは、その部分が絡むからです。

営業と言う下流部分でうんちくをお客様とやり取りすると、その後尻つぼみになる可能性が大きいです。
もっと上流行程部分で介在しながら、下流の営業部門でもアウトソーシングしますよ。的な感じの方が、自分もコントロールし易いでしょうし、売上げも上げやすいかと思います

ちなみに、私は、

経営層に対して、売上げを出し易い形にビジネスモデルをデコンストラクションした後に、オペレーション部門に対して、売上げをあげる為の手法を教え、手本を見せ(OJTや同行させる)、成果を出しています。

営業を外に出したいと言う事は、既に何かの動機付けが既にある訳です。例えば、思うように売上げが出せない。営業が難しい。コストがかかる。などなど。。。

その様な動機付けをそのまま受けると言う事は、その分のリスクをどうやってヘッジし、売上げをあげるか?など、解決できる答えを貴方が知ったなら、きっと経営コンサルタントより現実味ある具体的なコンストラクションが可能になるかと思います。

頑張って下さい!!

同じかどうか判断しかねますが、きっと似たような事をやっています。

参考にして下さい。

営業については、私は次の様に解釈しています

企業が投資したモノ(商品・サービス)などを、第3者である相手(法人・個人)に対して、お金に換金する(買って頂ける)行為・営みである。

従って、そもそもお金に換金できない価値の低いものは、苦労が伴い、価値の高いものは、換金し易いのです。

例えば、今私は手元に雪印の商品券がありますが、大黒屋に行っても換金してくれませんでした。(笑)
この...続きを読む

Q旅行業の起業・・・必要な契約

お尋ねします。旅行業で起業したいのですがひとつわからないことがあります。
第2種を登録するとして、都道府県への諸手続きはある程度わかるのですが、受託契約に関してどのように契約するものなのか知りたいと思います。また、契約に際してどのような資格などが必要で、業務をはじめてからの自社と委託した旅行業者との間のお金の流れについてもお願いできれば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に旅行代理店には「総合旅行業務取扱管理者」が一人以上必要です。(海外も扱う場合)
受託契約はたとえば旅行会社なら「エージェントセンター」等の代理店専門窓口がありますので、そちらにどうぞ。 基本的に何の商品を手数料何%で取り扱いして貰うのか等の契約だと思うんですが。
なお、海外旅行を行う場合JATAに営業保証金を預ける必要がありますので、その分も加味して資金を用意してください。
なお! 手数料率は低いので聞いて愕然としないように! 人脈等がないと難しいですよ。

参考URL:http://www.jata-net.or.jp/

Q建設業起業するにあたって

初めまして。
地元で建設業の会社に勤めてます21歳の者です。
自分は現場ではなく事務所で経理の仕事してます。
私の地元は田舎なので山が多いのです。


最近このまま人生終わりたくないと思うようになり、一年約3分の2は仕事ですし雇われの身以上
毎日朝起きると地獄のように憂鬱な気持ちになりこれを約あと50年も耐えるのかと思うと考えられません。


転職という考えもあるのですが、雇われる以上私はずっとこの気持ちを引きずると思います。
そこで、給料とかはかなり低くなりますが、自分で建設会社を立ち上げて、最初は3~4人でもコツコツ
仕事していき将来普通のサラリーマンぐらい(月30万くらい)給料もらえるくらいにまでなりたいです。


要はもちろんお金を稼げるのに越したことはないのですが、お金だけではなく、これから長い人生ストレスを感じて生きたくはないのですし、少しでも自分の頑張りが成果となればやりがいになるし一生頑張れると思います。


そこで質問ですが、私は建設業経理2級を今の会社で取得し、どうにかして現場1人親方?を探して、
書類関係は私が事務所で整理して(現場にも出ます)、現場は親方中心に一件の工事を3~4人でこなしていくといった感じです。ちなみに事務所は家の床屋を改造して事務所にしようと思います。


全然起業の知識もないですし、会社を経営するのも3~4人程度の
会社でも難しですよね?でもこの考え不可能でもないですか?

ご指摘アドバイスお願いします。
仕事がどれだけ難しいかも十分承知です。でも少しでも可能性があるなら私は必ず実現したいと思ってます。
回答お願いします。

初めまして。
地元で建設業の会社に勤めてます21歳の者です。
自分は現場ではなく事務所で経理の仕事してます。
私の地元は田舎なので山が多いのです。


最近このまま人生終わりたくないと思うようになり、一年約3分の2は仕事ですし雇われの身以上
毎日朝起きると地獄のように憂鬱な気持ちになりこれを約あと50年も耐えるのかと思うと考えられません。


転職という考えもあるのですが、雇われる以上私はずっとこの気持ちを引きずると思います。
そこで、給料とかはかなり低くなりますが、自分で建設会社を...続きを読む

Aベストアンサー

夢のまた夢!のお話なのでアバウトに回答いたします。


まず、貴方が親方(職人)の立場なら書かれている内容のような経営者について行きますか?
私なら絶対について行かないし、ついて行くくらいなら自分が経営者になって事務員として貴方を雇います。


つまり、人を引っ張っていくスキルを身に着ける事!
まず現場に出て仕事を覚えなさい!そして貴方が親方になりなさい!

若しくは設計業務に携わり、管理建築士の資格を取りなさい!


建設業経理2級???まぁあって損は無いと思いますが、経営していくうえでは無意味です。
仕事は取って来てなんぼ!こなしてなんぼ!です。

人を雇って…という考えなら、それなりの資金を貯める事です!
1000万ぐらいは捨てる覚悟が無いとダメです!

1000万なんてすぐに無くなりますよ!

トラック(営業車)、仕事に必要な機材!
仕入れに必要な現金!職人と自分の給料!


まぁ、今からやるべきことはいっぱいあるという事です!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報