これからの季節に親子でハイキング! >>

うつ病で仕事ができなくなり、今傷病手当金を受給してます。

うつ病で、障害者年金2級を認定されるのは、どれくらいの状態であれば認定されるのでしょうか?

もし経験者様がいらっしゃれば、教えていただけると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

友達関係の精神障害年金の請求の手伝いを4人程した事がある者です。


仕事はアニメーターですので専門家ではない事念頭に置いて下さい。

精神障害者年金はこの制度を知っていて
適正に診断書と申立書等の書類が書かれていて且つ書類がきちんと揃っていて
認定医が基準に沿って審査をして
審査基準を満たした者のみに支給されます。
なのでお金に困っているからとかうつ病で苦しいだろうなといった感情は一切入りません。
1度申請すると質問者様が亡くなっても数十年は申請書類は保管されます。
なので、1度不支給になって数年経つと法律が変わっていなければ
また診断書・申立書等の書類から再申請する事ができますが
以前の申請書類と比較されるので1度不支給になった場合は
ほぼ100%受給は無理と思ったほうがいいかと思います。
症状が物凄く重くなっている場合は例外的に支給される場合はあると聞きます。

>傷病手当金を受給してます。
まず、傷病手当は最長1年6ヵ月間受給されますので
これを受給している間は精神障害者年金の受給は不可能になります。
精神障害者年金の受給資格は医師からうつ病等精神障害と診断を受けてから
1年6ヵ月たたないと受給資格が発生しません。
(例え1年6ヵ月たったとしても傷病手当との2重申請は出来なかったはずなので
精神障害者年金を申請しても間違いなく不支給になります)
なので傷病手当が貰えなくなったら精神障害者年金を受給できるか
傷病手当を貰っているので年金事務所や病院等で確認して下さい。

>どれくらいの状態であれば認定されるのでしょうか?
精神障害者年金2級は正直言ってかなり厳しいです。
・全く働けない事(会社等は退職していて全くの無職で収入がない事、もしくは休職して数年)
・幻聴・幻覚が多少なりともある事(薬で抑えられるか?抑えられないほど酷いかで扱いが変わります)
・時に精神が不安定になり暴力行為や暴言を吐き散らし暴れる事がある事。
・不眠状態が数年続いている事(薬を使っても平均1~2時間程度しか眠れない)
・全く外出出来ない事。
・全く外出出来ないので買い物等生活必需品が自分で買いに行けない事。
・自力では全く生活できなく家族等の介護が必要な事。
・一人で布団から起き上がれない。
・一人で着替えが全く出来ない。
・一人でトイレに行けない。なので常時おむつをしてる。
・一人で全くお風呂に入れない。
これらの他に
・精神科への入院履歴がある事(あるなら正直に医師に伝えて無いないで構いません)
・現在精神患者を対象としたデイサービス等に通っている(又は通っていた)
当方の経験ですとこれらが最低限精神障害者年金2級を受給出来る条件且つ
上記を全て通っている医師が全てを把握・上記の事を病状と全て認めてカルテに記載してある事が
大切になってきます。
あくまで最低限なのでこれ以外にも審査項目はあるかもしれません。

医師に書いて貰う診断書に"日常生活能力の判定"という項目があります。
ここを全て、"助言や指導をしてもできない若しくは行わない"にして貰わないと相当厳しいです。
https://www.nenkin.go.jp/shinsei/jukyu.files/000 …

また、精神障害者年金を請求する際5年の訴追請求が出来るので
1年6か月で支給される人もいますが1年6か月ではまず不支給の可能性が高いです。
個人的には5年以上上記の状態が続いて精神科に通っている人が支給され易いのかなと勝手に思っています。

問題なのが国が定めた基準はありますが非公開のうえ
不支給になった場合何故不支給になったかの説明が全くないうえ(問い合わせても絶対に教えてくれません)
申請する都道府県によって国が定めた基準が変わってくるという事です。
同じ病状でもA県では支給されてB県では支給されない
又、同じ都道府県でも認定医のさじ加減で同じ病状でも支給されたり不支給だったりします。
もっと酷いのは申請書類をくじ引きのように引いて支給・不支給を決定。
この病院は気に入らない、ここは喧嘩売るとヤバいといった認定医の感情で
支給・不支給が決定する場合もあります。
上記にも記載しましたが申請する都道府県の懐事情によっては5年の訴追請求をすると
問答無用で不支給になる所もあるそうです。
この辺りは厚生省が調査に乗り出すと言ったきりどうなってるのかわからない状態です。

なので質問者様が精神障害者年金2級をとれるかと聞かれたら
質問内容をみる限りパソコンで質問出来る程度ですのでまず無理かと思わます。
厚生保険で受診しているので3級なら物凄く運がよければとれるかもしれませんが
3級ではあまり意味がないので。
今通っている病院の医師が精神障害者年金の診断書を書いてくれるかも問題です。
不支給になったら医師を責める人が沢山いるので書かないという医師も多いです。

勘違いしている医師も沢山いますが精神障害者保健福祉手帳2級をもっているから
精神障害者年金2級をとれるかというと全く関係のない機関で審査するので
多少の考慮はあるみたいですが関係ありません。
しかし、その逆はありです。
精神障害者年金2級がもしとれたら100%精神障害者保健福祉手帳2級はとれますので
持っていなければ申請しましょう。

後、個人的な意見ですが社会労務士に頼むのは辞めておいた方がいいです。
かなりの確率で医師と診断書で揉めて最悪転院しなければいけない可能性もありますし
運よく取れたとして更新の際に医師がへそまげて診断書を書いてくれない場合もあります。
社会労務士は成功報酬だけが目的なので質問者様の事は何も考えてはいません。
5年の訴追で支給が取れれば成功報酬が高くなるから要はお金がたくさん入るので
一生懸命仕事としてやってくれるだけで更新の場合は殆ど断られます(成功報酬が少ないから)

殆ど想像の域を出ませんがだいたいこんな感じで今まで請求してきました。
後、審査に物凄く時間がかかる場合もあるので半年以上は待ちましょう。
中には1年過ぎても連絡がなかった場合もありました。
一応、1人を除いて精神障害者年金2級を受給しています。
以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

いろいろな状況、側面から総合的に判断されますので、一概に言えません。

家族の援助、治療の進み具合、主治医の診断書の内容、など、総合的に判断されます。
こういう要件があれば必ず認定される、といったような決まった内容はありません。そのようなサイトもたくさんありますが、疑わしいので、十分気をつけてください。
また、主治医があなたは無理、といっても認められることもあるし、あなたなら通る、と言われて無理なこともあります。あくまで総合的な視点から判断されます。
うごけない、介助なしでは何もできない、寝たきり、トイレも行けない、などでないでしょうから、2級に判定される要件は、3級とも似ていますし、曖昧です。経過や現状を加味して総合的に判断されます。
ありのままを申告し、主治医が書いてくれた診断書に異論があれば、申請まえに直してもらうようにしましょう。申請してから不服申したては大変です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうつ病による障害厚生年金の受給申請は難しいですか?

現在、うつ病の療養をしており、仕事をしていません。

年金機構の最寄りの事務所へ国民年金の免除手続きに行ったのですが、
その際に担当の方が、よろしければ障害厚生年金
(うつ病発症時はサラリーマンでしたので)のご相談をされてみてはどうですか?
と助言され、そのまま社労士さんにご相談をしました。

結果、障害厚生年金の申請用件は満たしています、
ただ、裁定はうつ病の場合難しい場合もあありますし、診断書も二枚で、
割高なので主治医と相談して、申請書を出すか考えてみてください

と助言いただきました。

私は2008年11月にうつ病発症、初診日に休職を勧める診断書を書いていただきましたが、
会社側との相談により就労制限を受けながら半年間勤務、結果症状が悪化し、
休職に入りました。

4ヶ月後、完治しないまま復職し、3ヶ月勤務後再休職、その後産業医・人事部長と話し合うも
復職を認められず、職務規定により強制退職?※となりました。

 ※この退職については、法的に適正なのか不明です。
 パワハラ、オーバーワークの強要、初回復職後リハビリ勤務時にオーバーワークの
 強要をされたにもかかわらず、労組、人権推進部もまったく動いてくれず、最終的に
 人事部長に「むいてないんだよ」と暴言を吐かれて心が折れ終わりました。

その後、ずっと療養をしていましたが(寝込んでいるのがほとんどでしたが)、昨年夏、
知人の会社に誘われ入社しましたが、事前の労働条件と話が違い夜勤・肉体労働をすることになり、
労働についていけず、病気が悪化し一ヶ月で退職となりました。

それからは、また病気療養を続けています。

今回、障害厚生年金のお話をいただき、受給できる可能性があるのなら申請したいのですが、
社労士さんも診断書が割高なのと、主治医の見解、裁定を下す医師の見解によっても割れるので
通るかどうかはなんとも言えないとのお話でした(私に限らず誰にでも)。

現在は自宅にいて、ほとんど外出せず(できず)、寝ているか少し起きてテレビを見たり、
インターネットをしたりしているような療養生活です。

外出できない状況になることもあり、診察日に病院にいけないことも多々あります。

このような状況ですが、裁定が通る可能性はありますでしょうか?
明らかに難しいようでしたら、障害厚生年金の診断書代は高いようので、控えようと思います。

ぜひ、ご助言いただけますと幸いです。

現在、うつ病の療養をしており、仕事をしていません。

年金機構の最寄りの事務所へ国民年金の免除手続きに行ったのですが、
その際に担当の方が、よろしければ障害厚生年金
(うつ病発症時はサラリーマンでしたので)のご相談をされてみてはどうですか?
と助言され、そのまま社労士さんにご相談をしました。

結果、障害厚生年金の申請用件は満たしています、
ただ、裁定はうつ病の場合難しい場合もあありますし、診断書も二枚で、
割高なので主治医と相談して、申請書を出すか考えてみてください

と助言いただ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、はじめまして。

私は、うつ病で障害基礎年金を受給していますよ。
まずは、主治医さんと病院のソーシャルワーカーさんに相談してみてください。

私の実感としては、1回きりの申請用の診断書代の高額さよりも、申請書類を自分で作成するのがものすごく大変だった記憶があります。社会保険事務所の方に添削(?)を受けながら3回くらい通って作成し、申請書類を提出し終えた時は疲労困憊していました。

でも、結果として、年金がいただけるのと、障害者手帳による税金や公共機関の助成がいろいろ受けられるので(携帯電話のプランもお安くなるし)、申請してよかったと思っています。
障害者手帳による助成は自治体に依って変わりますが、私が住まう自治体では交通費助成として「市の公共交通機関の全部フリーパス」かタクシーチケットを選べます。私はフリーパスを使ってますが、バカにならない恩恵です。

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Q障害者年金は働いてもストップしないんですか?

私は1級身体障害者ですが、この4月から事務員のパートとして働き始めました。現在、障害基礎年金と障害厚生年金をもらっていますが、働いて、ある程度以上収入を得るようになると、年金はストップするという話を耳にしたことがあるんですが、どうなのか教えてください。今は、パートですし、収入も少ないのですが、将来、収入が増えた時のことが気になります。年金がストップするボーダーラインなどは決められているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。
年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。)に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。

20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」ではないケースもありえます。
たとえば、20歳前に社会人として就職し、厚生年金保険に加入した場合などです。
上述した印字がなければ、支給制限の対象とはならない通常の障害基礎年金(国民年金保険料を支払っており、かつ、20歳以降に初診日があるとき)か、もしくは障害厚生年金です。
すなわち、支給制限に該当しない障害年金の場合には、いくら給与所得があっても、支給制限には引っかかりません。

支給制限については、過去、私自身が下記に詳述してあります。
所得に関して、給与所得のほかにどういった所得がある場合に支給制限に該当するか、そして、その所得の合計額がどういう場合に該当するか、ということを、簡単な計算式で示してあります。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1796256

障害年金受給者は通常、特に定められた障害である場合を除き、決められた期間ごとに診断書付きの現況届で身体の障害の状況を報告する義務があります。
そのとき、もしも障害の等級(手帳の等級ではなく、年金の等級のことです。手帳と年金とは全く個別。)が軽減してしまっていると、より受給額の少ない級に落とされてしまったり、あるいは、障害年金を受けられなくなります。

障害年金については法改正があり、平成18年4月からは、「障害基礎年金+老齢厚生年金」という形で受給できるようになりました。
いままでは、老齢厚生年金を受け取れるような年齢になると、障害基礎年金を受け取り続けるか、それとも老齢厚生年金に変えるか、どちらかを選択しなければならなかったのです。
しかし、障害基礎年金を受給している障害者は、老齢厚生年金を受け取れる年齢になっても、引き続き、障害基礎年金を受け取れます。
これは、画期的な法改正ではないでしょうか。
なお、法改正後は、上記の場合、もし「老齢厚生年金」を受け取ると、「障害厚生年金」はストップになります。
但し、どちらを受け取るかを選択できます。「老齢厚生年金の額」>「障害厚生年金の額」となる場合に限り、選択が生きてきます。
そうでない場合には、「障害基礎年金+障害厚生年金」のままでいたほうが無難でしょう。

※ 障害基礎年金と障害厚生年金を混同しないよう、十分お気をつけ下さい。
※ 前述のとおり、障害基礎年金には、支給制限に該当してしまうものと該当しないものと、2種あります。

「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」(国民年金法第30条の4)は、受給権者の所得が『「所得税法で定められた控除対象配偶者及び扶養親族の数」に応じて定められた限度額』を超える場合には、その年の8月分から翌年の7月分までの1年間、全額または2分の1が支給停止になります。

所得には、地方税法における都道府県民税の課税対象とならない所得は含めません。
これらは以下のとおりです。
逆に言いますと、以下のもの以外の所得があれば、所得として考慮されることになります。

○当座預金の利子、老人・障害者のいわゆるマル優の利子
○遺族年金、恩給
○給与所得者の出張旅費、転任補助金
○給与所得者の通勤手当(~10万円)
○相続、贈与による所得(但し、相続税や贈与税は課税されます)
○国民年金法による給付(老齢年金は除く)
○厚生年金保険法による給付(同上)
○宝くじの当選金
○公害補償金

株式の売買による儲けや配当は、所得になります。
つまり、支給停止を考えるときの所得にあたります。

データは少し古いのですが、平成15年8月から平成16年7月までの支給停止における所得制限額は、次のとおりでした。
現在もその額はほとんど変わりませんので、参考になさって下さい。

●全額支給停止
462万1000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であったとき
加給年金部分(配偶者等分に相当)も支給停止
●半額支給停止
360万4000円に扶養親族等1人につき38万円を加算した額以上であるとき
加給年金部分(同上)は支給される

受給権者の所得が限度額を超えるかどうかを計算する式は、次のとおりです。

所得=a-(b+c)
a:上記非課税所得以外の所得の額(退職金等も含む)
b:地方税法における雑損控除、医療費控除、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、配偶者特別控除
c:地方税法における障害者控除、老年者控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生控除

こんにちは。
障害年金のうち、障害基礎年金かつ国民年金法第30条の4に基づくものについては、所得による支給制限があります。
年金証書(注:もちろん、年金手帳ではありません。「障害年金を支給しますよ」という証書のことです。)に「国民年金法 01 第30条の4」と付記されているものがそれで、「20歳前傷病による障害基礎年金(無拠出型障害基礎年金)」というのですが、これのみが上記支給制限の対象になります。

20歳前に初診日があっても、場合によっては「無拠出型障害基礎年金」では...続きを読む

Q障害年金(国民年金)2級を受給したいのですが…

障害年金を申請するため、必要書類をそろえました。

医師の診断書で、3日常生活能力の程度が、
(3)精神障害を認め、家庭内での単純な日常生活はできるが、時に応じて援助が必要である。

と診断されました。この場合、2級を受給するのは難しいでしょうか?
最近、認定が厳しくなっていると聞いていますが、実際はどうなのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害年金用の医師の診断書(様式第120号の4)の
「2 日常生活能力の判定」という欄には、以下の6項目があります。

 ○ 適切な食事摂取
 ○ 身辺の清潔保持
 ○ 金銭管理と買物
 ○ 通院と服薬
 ○ 他人との意思伝達及び対人関係
 ○ 身辺の安全保持及び危機対応

この各項目のどれにも、以下の4段階の日常生活能力区分があり、
各項目ごとに、どれかの区分にマルが付けられることになっています。
(下にゆくほど、障害の程度が重くなります。)

 ○ 自発的にできる
 (または「適切にできる」)
 ○ 自発的にできるが、援助が必要
 (または「概ねできるが、援助が必要」)
 ○ 自発的にはできないが、援助があればできる
 ○ できない

6項目を見たときに、少なくとも2項目以上について、
「自発的にはできないが、援助があればできる」にマルが付かないと、
3級相当となり、1級相当や2級相当には見てもらえません。

質問者さんの場合には、6項目中3項目で、
「自発的にはできないが、援助があればできる」にマルがあり、
それだけを見れば、一見、2級にあてはまるようにも思えますが、
「3 日常生活能力の程度」の欄で、
「家庭内での単純な日常生活はできるが、時に応じて援助が必要」
だとされている場合においては、さらに、
具体的な援助内容が医師によって詳細に診断書に書かれていないと、
2級とは認められない場合が出てきます。

具体的な援助内容とは、質問者さんに対する
家族やヘルパー、施設職員などによるかかわり方のことで、
助言・指示・説得・指導・情報提供・外出時の同行・作業時の同伴
などといったようなことが具体的にどう行なわれているのか、
特に詳細に記されていなければいけません。

具体的な援助内容は、主に以下の欄に記されます。
 ○ 社会復帰施設、グループホーム、作業所等の利用状況・期間等
 ○ 在宅支援(訪問看護等)の利用状況
 ○ 現症時の日常生活活動能力及び労働能力

結局のところ、どれだけ医師が詳細に診断書を書いてくれるか、
ということにかかってきてしまいますので、
「マルが付いている個数」だけで障害等級がすぐ決まる、
というものではありません。

したがって、2級になるともならないとも、
やはり、何とも言えません。
裁定請求(受給の申請)をして、結果を待つしかありませんよ。
 

障害年金用の医師の診断書(様式第120号の4)の
「2 日常生活能力の判定」という欄には、以下の6項目があります。

 ○ 適切な食事摂取
 ○ 身辺の清潔保持
 ○ 金銭管理と買物
 ○ 通院と服薬
 ○ 他人との意思伝達及び対人関係
 ○ 身辺の安全保持及び危機対応

この各項目のどれにも、以下の4段階の日常生活能力区分があり、
各項目ごとに、どれかの区分にマルが付けられることになっています。
(下にゆくほど、障害の程度が重くなります。)

 ○ 自発的にできる
 (または「...続きを読む

Q障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良か

障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良かったら職種も教えて欲しいです。また、障害年金に詳しい方、年金受給に響くのか教えて下さい。ケースワーカーさんに聞いてみましたが、はっきりした答えが得られなかったので、お願いします。現在、調子は良くない日もありますが、働きたいと思ってます。

Aベストアンサー

私は(精神)障害年金2級で年金をもらいながら週5で6時間で働いています。
職種はサービス業です。
仕事内容はレジの補助です。
障害年金2級をとるのは、かなり状態が悪くないと取れません。
回答者さんの場合、働く意欲がある場合とるのに難しいかもしれません。
一番良いのは申請が通ってから働くのがベストです。
一度2級を取れれば、体調がよくなり働いても年金はもらえます。
ただし期間があり(だいたい2年間)働けるまで回復していれば次は3級に降格するでしょう

Q障害年金2級を貰いながら働くことは可能ですか?

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌から探してバイトをしてもいいのでしょうか?そうすると情報が主治医や職安や年金事務所に伝わるんでしょうか?その結果3等級に落ちるのでしょうか?例えばれなくとも法律的に2級のまま働くのはいけないんでしょうか?そして、その後の更新日(来年)に主治医に報告が必要になるんでしょうか?その場合主治医との約束違反になります。働いていないと言ってもいいんでしょうか?しかし役場には情報が入ってるでしょうし、主治医にも情報がいくのでしょうか?因みに更新日までには治して等級が下がっても、受給停止になっても正社員で働きたいと思っています。とにかく今は切羽つまった状態で困っています。乱文で申し訳ありませんが教えて下さい。

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌...続きを読む

Aベストアンサー

どの障害でも同じですが、障害基礎年金2級の認定基準に該当しないと再認定時の診断書によって判断された場合は3級がありませんので支給停止になります。
2級の認定基準は、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。とされていますので、継続した労働が可能になれば障害は改善したと判断される事になります。
仕事をする(した)、しないではなく、障害の状態が改善していれば支給停止になりますが、改善したかどうかを判断するのは年金機構です。
ですので、再認定時の診断書の内容にもよりますが、支給停止になる可能性はあります。
仮に、障害の状態が改善した場合は2級の認定基準に該当しなければ、働かないでいても支給停止になります。
仮に支給停止になっても、将来万が一悪化した場合は「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて提出する事によって、支給再開を要求する事ができます。
無理し過ぎない程度に、主治医と相談しながらお仕事なさってくださいね。

Q障害年金の認定結果はどのくらいの期間がかかりますか

今月末までに障害年金の申請をします。

その場合、認定結果がでるのは何ヶ月くらいかかりますか?

ご存知のかたはおおしえください。

Aベストアンサー

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)

◯ 障害基礎年金で3か月以内
◯ 障害厚生年金では3か月半以内

但し、実際には、この日数内に終わることは少なくなっています。
平成22年度末現在、障害基礎年金では87.7%が期限内でしたが、
障害厚生年金では7.7%足らずでした。

平成23年度末現在は、障害基礎年金ではほぼ同様(9割近く)ですが、
障害厚生年金ではいまだ半数にも満たない状態(44%)です。

つまり、結果が知らされるまで、障害厚生年金のときは
半年近くの日数を要することが稀ではありませんので、
あらかじめ承知しておいていただいたほうが良いと思います。
(障害厚生年金+障害基礎年金のときもそうです。)

★ 注
初診日が厚生年金保険の被保険者期間中にあり、
年金法でいう障害の状態(障害者手帳の級とは全く無関係です)の
2級や1級に該当する可能性があるならば、
「障害厚生年金+障害基礎年金」としての請求になります。
(このとき、2級か1級ならば、同じ級の障害基礎年金も出るから。)

いずれにしても、請求後は、結果がわかるまで待っていただくしかありません。
また、結果がわかってから約40~50日後が実際の初回振込日です。
 

裁定請求(申請ではなく、裁定請求といいます)を行なうものが、
障害基礎年金だけなのか、それとも障害厚生年金だけなのか、
あるいは、障害厚生年金+障害基礎年金なのか。
そのことは把握していらっしゃいますよね?
(障害基礎年金のみのときは、窓口が市区町村になりますので。)

裁定結果(認定結果ではなく、裁定結果といいます)は、
日本年金機構のサービススタンダード(標準処理日数)にしたがって、
次のように知らされてきます。
(請求から結果通知までの目安の日数。実際の振込はさらにその後。)...続きを読む

Q鬱病・パニック障害は精神障害者手帳を申請すべき?

鬱症状が約1年続いています。過去にパニック障害もわずらっており、この10年鬱は隠して生活してきました。ところが現在の職場で「うつ状態」がひどく仕事もままならない状態です。年齢的にも40を目前にして果たしてどうすべきか悩んでいます。
カミングアウトしての再就職活動はハローワークや民間の支援センターでもあるようですが、精神疾患はやはり門戸はせまいようです。
隠すべきが障害者手帳3級を取得してオープンにしてしまうか悩んでいます。
何か良いアドバイスがありましたら教えてください。
ちなみに現在の職場はすでに昨年1か月休職しています。医師からは再休職もしくは任意入院を勧められています。現在の会社の社風として(および制度)として2度目の休職となれば、退職を余儀なくされます。
上司には、私個人の体調面のため、ことの深刻さは十分に伝わっておらず、気力でこの困難を乗り越えてみろと励まされ困っています。
鬱になった経緯は割愛しておりますが、決して怠けやさぼりではないこと補足しておきます。しかし周囲には良く思っていない方がいることも分かっており非常に会社に居づらいです。

鬱症状が約1年続いています。過去にパニック障害もわずらっており、この10年鬱は隠して生活してきました。ところが現在の職場で「うつ状態」がひどく仕事もままならない状態です。年齢的にも40を目前にして果たしてどうすべきか悩んでいます。
カミングアウトしての再就職活動はハローワークや民間の支援センターでもあるようですが、精神疾患はやはり門戸はせまいようです。
隠すべきが障害者手帳3級を取得してオープンにしてしまうか悩んでいます。
何か良いアドバイスがありましたら教えてください。
ち...続きを読む

Aベストアンサー

うつ症状がある人、パニック障害の人がみんな精神障害者手帳を申請するわけではないので、必要かどうかは、人それぞれの状態や状況によると思いますよ。

ただ、精神障害者手帳を申請すれば、「よく思っていない人」が良く考えてくれるかどうかは不明だと思います。それとこれとは別問題でしょう。

やったことのない病気は理解しづらいですし、偏見を持つ人もいます。
そういう人はちょっと放っておかないと、キリがないような気はします。上司がメンタルヘルスに理解が無いと困りますが。せめて治療の邪魔をしないで欲しいですよね。
「気力で乗り越えろ」は明らかに害悪です。

主治医にこうしたことはお話されていますか?
していないのだったら話すべきですが。

Q障害者年金の、初回支給日について

今日(3月20日)に「年金決定通知書」が届きました。

通知の証書の日付が「平成27年3月12日」、支払開始年月が「平成27年2月」と
記載されているのですが、支払開始年月の欄が空白になっています。

この場合、初回振込日はいつになるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示しています。
両方とも支給される場合は、どちらの部分にも支給開始年月が印字されています。
一方、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらか一方しか支給されないときは、一方の部分が空白になっています。その点を再度確認していただき、障害厚生年金と障害基礎年金のどちらが支給されるのか、その障害等級は何級何号なのかを調べて下さい。

支給開始年月とは、「◯年◯月分の年金から支給されますよ」ということを示していますが、実際の初回支給日とは直接の関係がありません。
障害認定日請求が通ったときは、一般に、受給権を取得した年月の翌月になっています。
障害認定日請求であっても、遡及請求として請求が行なわれて、時効のために5年よりも過去の部分が支給されないときは、ここは翌月にはなっていません(時効の計算によって、まちまちになります)。時効に到達していない部分については、遡及して支給されます。
一方、事後重症請求で通ったときは、請求日[窓口受理日](事後重症請求のときは、この日がある月が「受給権を獲得した年月」になります。)の翌月になっています。遡及しての支給はありません。

ポイントは、証書発行日付です。
この日から数えて、おおむね50日後に、実際の初回支給が行なわれることになっています。
したがって、5月15日には初めての振込が行なわれる、と考えて良いでしょう。
なお、年金の振込は各偶数月の15日が基本で、前々月分・前月分の2か月分が振り込まれますが、初回に限っては偶数月以外でも振込が行なわれ、次回以降の分よりも前の分が一括で振り込まれます。
質問者さんの場合には、平成27年2月分・3月分が振り込まれるとお考え下さい。
その上で、6月15日以降は通常の偶数月振込となるはずで、6月には4月分・5月分が振り込まれることとなります。

初回振込の直前(通常は、年金証書・年金決定通知書が到着した翌月)には、別途に、「 初回支払額のお知らせ・年金振込通知書」が届けられます。
その書類こそ、確定した初回支給日を示すもので、初回支給日に実際に振り込まれる額も示されています。そちらの書類の到着をお待ち下さい。

到着済の年金証書・年金決定通知書をもう1度確認して下さい。
以下のURL(画像)のようなものが到着したことと思いますが‥‥。

http://www.nenkin109.com/voice/img/miho/koe_miho1-2.jpg

まず、「平成27年3月12日」ですが、これは証書の発行日付です。
実際の初回支給日とは無関係です。

次に支払開始年月ですが、「厚生年金保険年金決定通知書」の部分と「国民年金年金決定通知書」の部分とに分かれているはずです。
前者は障害厚生年金の支給を、後者は障害基礎年金の支給を、それぞれ示し...続きを読む

Q障害年金の初回振込み日について

11月18日に年金証書と裁定通知書が届きました。
そこで初回の振込み日はいつになるのか教えていただけないでしょうか?
色々と調べると原則15日に振り込まれるとなっておりました。
12月15日には通知が来なかったということは1月15日になってしまうのでしょうか?
それとも今月中に振り込まれる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます。

初回振込の直前には、年金振込通知書および年金初回支払額通知書が送られてきます。
そちらに記されるのが、実際の振込額です。
言い替えると、年金証書を見ただけではわかりませんし、誤解も招きやすくなります。時効や支給停止になる場合であっても、年金証書には金額が記されることがあるからです。

ちなみに、私が経験した例では、以下のような流れになりました。

7月31日 年金証書(兼 裁定通知書)が到着 ‥‥ 支給決定(含 遡及分)
9月9日 年金振込通知書および年金初回支払額通知書が到着 ‥‥ 初回振込額(含 遡及分)が示される
9月15日 初回振込(7月分まで)
10月15日 通常振込開始(8月分・9月分から)

ちなみに、年金額は、物価の動向に応じて毎年度変わるしくみになっています(来年4月分からは下がる見込みとなっています。)。
したがって、年金初回支払額通知書と年金証書とを突き合わせて、初めて、どのように年金が計算され、どのように実際に振り込まれるのかがわかります。
 

年金証書(兼 裁定通知書)が届いた後、40日から50日後に実際の振込(15日に行なわれます)が行なわれることになっています(法令や内部通達できちんと決められています。)。
つまり、1か月半程度はかかってしまうので、あなたの場合は、早くても1月15日振込になりますよ(12月15日に振り込まれていなければ、今月に振り込まれることはありません。)。
なお、初回振込に限っては偶数月でなくとも行なわれますが、通常の振込は偶数月15日に行なわれ、前々月分と前月分の2か月分が振り込まれます...続きを読む


人気Q&Aランキング