アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

喘息の検査で白血球の数値が高いと言われました!白血球の数値を下げる食事や食材はなんですか?また他にした方がいい事はありますか?ご回答よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

白血球が多いということは炎症しているということで炎症を抑えるまたは、腫れを治すことかな?


一週間同じ数値なら医者検査してもらい薬を処方してもらう。
のどの腫れや風邪などの外的な原因が明らかなら、のどの薬や風邪薬を処方してもらう。
病院が嫌ならシナモン、生姜、はちみつ、プロポリス
参鶏湯、韮と卵のおじや、充分な睡眠と休養。身体をよく温め体温を上げるとよい。寝てしっかり汗をかくこともいい。

スマホ、コンピュータはやめる方が早く治る(電磁波のせいと、目や頭が疲れるから)
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!

お礼日時:2015/11/10 20:56

白血球の数値を操ろうとするのは発想が逆ですよ。


白血球が上がる原因は、病気や怪我、ストレスですから、必要ならそれらを治療するというのがスジです。
仮に白血球を下げる食べ物があったとして(聞いたことありませんけど)それを食べて下げても意味がないんです。
その検査機関からも、白血球の数値を下げなさいとは言われてないと思いますがいかがですか?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
確かにpoco_2さんの言うとおりですね!
貴重なご意見ありがとうございました!

お礼日時:2015/11/05 20:18

白血球は、体内に入った異物を撃退するために増えます。


それを下げようと考えるのは、異物を有利にすることで意味がありません。
身体に異変が起きなければ白血球も増える必要がありませんから、白血球が増える原因を改善することが、結果的に白血球を減らすことになります。
バランスの良い食事。
適度な運動。
十分な睡眠。
こうしたことを心がけてください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
すごく勉強になりましたありがとうございました!

お礼日時:2015/11/05 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白血球数が多いのですが白血病を心配しなくても大丈夫でしょうか?

杞憂だと笑われそうですが、不安なので質問させてください。
9/20の会社の健康診断で白血球が多い(10700)との事で再検査を指示されました。
10/19の再検査でも白血球数は11100で、異常マークがついてるものだけ記しますが、
MCV:109、NEUT:82.6、リンパ球:11.9でした。
しかし、総合所見では「白血球再検の結果所見がありますが、次回の健康診断まで経過を見ます」となっています。
両方の検査時点で風邪も膀胱炎も他に炎症をおこしている様な感じもなかったです。
本当に大丈夫なのでしょうか・・・?

Aベストアンサー

端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。
今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。

MCV:109、NEUT:82.6、リンパ球:11.9
このうちNEUTは好中球のことだと思います。通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。これに対して現在の状況は好中球が多いですね。
MCVは赤血球の体積です。特に問題なさそうです。

白血病とは基本的には骨髄の中で赤血球/白血球/血小板がコントロールをなくす病気です。その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するものです。さらに白血球の分化のいろんな段階で問題が起こると、それぞれの段階の未熟な白血球が増加します。(ただし慢性白血病ではすべての段階のものが増加します)その結果、正常な血球の増殖が抑制されて、貧血とか出血傾向になるのです。

現在の状態で貧血/出血/その他ダルさとか自覚症状があるのか、という点と、LDH(酵素の一種ですが、血球の異常増殖時には増加します)とか尿酸とかその他のデータが重要です。

また、白血球はストレスとかによっても大きく変化します。
軽い風邪にかかっても、すぐに一万は超えます。

これらのことから、ひとまず経過観察が対処としておおいのです。
ただ、詳しく採血検査しても、結果が出るまでに長くかかる検査だったりして、結局は1週間後に再検査、がもっとも適当という風になるのではないでしょうか。

しかし、心配ならば結局は残りのデータ確認が、精神衛生的にも重要だと思います。健康に気をつける人で大病になる人は少ないといわれていますし、病院にかかって、白血病そ否定する検査をしてもらってはいかがでしょうか。

端的にいえば(はっきりとはいえない)だと思います。
今わかっているデータではあまりにも一般的なデータ過ぎます。

MCV:109、NEUT:82.6、リンパ球:11.9
このうちNEUTは好中球のことだと思います。通常の比率は好中球:リンパ球は50:40です。これに対して現在の状況は好中球が多いですね。
MCVは赤血球の体積です。特に問題なさそうです。

白血病とは基本的には骨髄の中で赤血球/白血球/血小板がコントロールをなくす病気です。その中で一般的によく知られているのは白血球がたくさん増殖するもので...続きを読む

Q「好酸球」ってなんですか

先日、孫が咳がひどいので診察に行ったところ、「好酸球」が少し多いと言われました。そもそも「好酸球」とはどんなものですか。少なくするにはどうすればよいのでしょう。

Aベストアンサー

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌されるある種の蛋白は、寄生虫に対する傷害作用や気管支の粘膜を傷害する作用があります。

気管支喘息などのアレルギー疾患の指標として、IgEという免疫グロブリンの値もよく用いられます。これは、肥満細胞という細胞の表面に結合していて外部からアレルゲン(アレルギーの原因になる物質)が侵入してくると、肥満細胞の中からいろいろな化学物質が出て、さらには骨髄で好酸球が産生され、それが気道に遊走してきます。これによって気管支の粘膜に炎症が起こります。
好酸球が上昇しているということは、現在の咳が以上のようなアレルギーの背景をもつことを疑う所見ということになります。

好酸球の値をどうやって少なくするかというご質問ですが、アレルギー疾患の場合は、好酸球の値は症状の程度とある程度の関連があるといわれています。したがって、原病の程度が軽くなれば好酸球の数も少なくなる傾向があります。

本来、好酸球が増えるのは寄生虫疾患に対する体の防御機能の一つであったと考えられていますが、寄生虫が少なくなった現在、体の免疫能が本来病気の原因になることのない花粉などの物質に対して過敏に反応して、結果的に好酸球が自分の体の一部を傷害してしまい、アレルギー疾患を引き起こしてしまっていると考えるのがわかりやすいと思います。

まず好酸球とは、白血球の一種です。好酸性に染色されるため、この名前があります。
正常では、血液中の白血球のうち、数%が好酸球です。少し多いというのは、おおよそ5-10%前後なのでしょう。
血液中ばかりでなく、痰の中や鼻汁の中などにも認められることがあります。

臨床的な意味についてですが、アレルギー疾患や寄生虫疾患で上昇します。現在の日本では寄生虫疾患というのは極めて少なくなっていますから、ほとんどがアレルギー疾患の指標として用いられます。
好酸球の中にある顆粒から分泌さ...続きを読む

Q白血球数が多いです

夫、35歳の事で相談お願いします。

先月6月の健康診断で初めて『要受診』が出ました。
勤続10年で、今まで異常なしだったのですが、5年程前から
白血球が範囲外(増加)の傾向がありました。
また半年後の検査では正常範囲に戻るというのを繰り返していました。
例:H18年6月→8500 
  H18年11月→10000
  H19年6月→6700
  H19年11月→15000(白血球数)

で今回6月の結果が13700です。

血小板の結果は今までも指摘された事はなかったのですが、
今回は35.4あります。
血小板は『要観察』です。

勤務状況ですが朝8時に出て、夜は早くて10時、遅い場合は
夜中の1~2時というときもあります。
昼食など12時には食べれる事は少なく、15時くらいが
殆どみたいです。
(夜帰ってきてから、用意していた夕食を食べます)。

タバコは結構吸う人で1日1箱以上(2箱未満です)。
ビールも350mlを最低2本は飲みます。

1ケ月ほど前から、唇(上唇右半分)も腫れています。
硬くなく痛みもないようです。

ネットで白血球増加を調べました。
白血病など色々記載されていました。
来週血液外来を受診するのですが、それまでの間かなり不安です。

お詳しい方、どのような事が思い当たりますか?
宜しくお願いいたします。

夫、35歳の事で相談お願いします。

先月6月の健康診断で初めて『要受診』が出ました。
勤続10年で、今まで異常なしだったのですが、5年程前から
白血球が範囲外(増加)の傾向がありました。
また半年後の検査では正常範囲に戻るというのを繰り返していました。
例:H18年6月→8500 
  H18年11月→10000
  H19年6月→6700
  H19年11月→15000(白血球数)

で今回6月の結果が13700です。

血小板の結果は今までも指摘された事はなかったのですが、
...続きを読む

Aベストアンサー

白血球総数増加は明らかに働き過ぎ、過重労働が原因だと思います。

白血球分画群は生命活動が盛んになればなるほど、その防衛能力を強めなくてはなりませんので、体を守ってくれる白血球総数を増やしておく必要があります。生命活動が盛ん、というのは単に運動などで体を使うということだけではありません。体は長時間労働のストレス(精神的なものも含めますが、主に長時間重力に逆らうことからくるストレス)でも運動してるのと同じ状態になります。

また、体が活動的なほど体が傷つく可能性があるので体は自ら血小板を増やして緊急の場合に備えてるわけです。

心身の適応力を超えても尚且つ休養もそこそこに頑張り過ぎると、いつしか白血球総数が異常に増加、白血球分画群の過剰反応が引き起こされて白血病など様々な病気の原因になってしまいます。

白血球総数、血小板の増加がそれを警告してくれていますので、ご主人は大事に至る前にしっかり休養をとったり、働き過ぎをやめて、活動量を減らさないといけません。白血球の数は活動量に比例しますので、活動量が減れば白血球もそれに見合ったように減ってきます。

白血球総数増加は明らかに働き過ぎ、過重労働が原因だと思います。

白血球分画群は生命活動が盛んになればなるほど、その防衛能力を強めなくてはなりませんので、体を守ってくれる白血球総数を増やしておく必要があります。生命活動が盛ん、というのは単に運動などで体を使うということだけではありません。体は長時間労働のストレス(精神的なものも含めますが、主に長時間重力に逆らうことからくるストレス)でも運動してるのと同じ状態になります。

また、体が活動的なほど体が傷つく可能性があるので体...続きを読む

Q好酸球が高い

腹痛があまりにひどいので、さまざまな検査をしたのですが
「好酸球」が正常の5倍~6倍あるとのことでした。

腹痛がひどかったので
1週間入院して、今は2倍位に落ち着いてきたので
とりあえず退院したのですが、腹痛はまだあります。
いつもではないのですが、特に食事中、食後すぐに痛くなることが多いのです。
入院時にアミラーゼというのも、すごく高かったんですが
それは正常値に戻りました。
先生は「アレルギー性」の可能性が高いというのですが・・・。

飲み薬はソセゴンというのを処方されました。
一体どういう病気が考えられるのでしょうか。
先生も「???」って感じで困っているのです。
なので、私の方もどんどん不安になってしまいます。

わかる方がいましたら、どんなことでもいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

好酸球については、以前回答しましたのでそれを参考にして下さい(下記参考URL)

アミラーゼについてご説明すると、これは膵液、唾液の中に含まれる消化酵素ですから、膵臓疾患、唾液腺疾患で上昇します。これは、アミラーゼ分画(アイソザイム)というものを調べる(血液検査)ことで、どちらが優位に上昇しているかがわかります。その他にマクロアミラーゼといってアミラーゼに血液中の蛋白が結合して大きな分子量となっている状態では、アミラーゼの血液中の測定値が上昇することがあります。
膵臓や唾液腺から分泌されるアミラーゼは尿中に排泄されますから、血液中に増加しているときは同時に尿中のアミラーゼも上昇していますが、マクロアミラーゼは尿中に排泄されず尿中アミラーゼは上昇しません。
血液中、尿中のいずれのアミラーゼも持続的に上昇している時は、膵臓、唾液腺からのアミラーゼが血液中に逸脱していることになりますので、原因疾患がないかどうかを調べる必要があります。
持続的でも尿中に増加していなければ、マクロアミラーゼの可能性が高く、病的な意味はあまりないことが多いと思います。その他にも原因不明で唾液腺型のアミラーゼが上昇する病態があるようです。

今回の症状の可能性として、急性膵炎、慢性膵炎の急性増悪なども鑑別が必要だと思います。アレルギー性の消化器疾患を考えるなら、好酸球性腸炎とかアレルギー性腸炎などという疾患もありますが、頻度的にはまれです。特定の食品の摂取による下痢や腹痛、嘔吐などの症状があり、腸管壁に好酸球が浸潤していることで診断がつき、ステロイド剤がよく効きます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=139304

好酸球については、以前回答しましたのでそれを参考にして下さい(下記参考URL)

アミラーゼについてご説明すると、これは膵液、唾液の中に含まれる消化酵素ですから、膵臓疾患、唾液腺疾患で上昇します。これは、アミラーゼ分画(アイソザイム)というものを調べる(血液検査)ことで、どちらが優位に上昇しているかがわかります。その他にマクロアミラーゼといってアミラーゼに血液中の蛋白が結合して大きな分子量となっている状態では、アミラーゼの血液中の測定値が上昇することがあります。
膵臓や唾液腺...続きを読む

Q白血球数が基準範囲外でした!

主人のことですが・・・29歳。
健康診断を受けました。先日結果がでたのですが・・・
タイトル通り、白血球数(WBC)が基準範囲を越えてました。
ネットで検索したところ、基準範囲がそれぞれ違っていました。
健康診断の結果表では基準範囲が3500~9000でした。
主人は9500(昨年は6300)でした。

病院へ行って検査した方がいいのでしょうか?
普段の生活で気をつけることなどありましたら教えて下さい。
毎日が不安です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは一般論ですので、最近口内炎がよく出来るようになったとか、ちょっとつねっただけで内出血が起こったなどといった症状が急に増えたのなら、必ず医者に診てもらってください。さて白血球は特に細菌感染等で炎症が起こった時に増加します。ですから、病的な物の場合大半は何らかの症状を伴います。正常値とは大半の病気のない人がこの範囲内にいる確率が高いということを示しているだけなのです。
つまり皆顔が違うように、やや大目や低めの人も当然います。白血球は貴女のおっしゃる通り3500~から9000程度ですが、これだけでもかなり上と下に差があります。つまり相当変動すると言うことです。また測定器や施設によっては4000~8000という所もあります。と言うことは、誤差が下500上1000あるわけです。正常値9000までで9600ではコンピュータ解析では異常値になってしまいますが、医師の判断では正常と判断しても差し支えないと思います。
他の方も言ってらっしゃる様に中には原因不明の白血球増多も時折みかけますが、この場合、白血球分画が大切になります。白血球には好中球、好塩基球、好酸球、単球といった種類があります。このどれが増加しているかで病気の種類が分かります。正常値を越えている場合、ほとんどがこの血液像を調べてありますので、何も言われていないのなら、まず問題はなかったと言えるでしょう。私のつたない経験上、他に症状がなくてこれら分画に異常が認められた人は全て白血球12000以上です。でも不安を抱えたままでは精神衛生上良くありません。会社の検診ならば指定病院がありますので、そちらを受診なさってすっきりさせましょう。

これは一般論ですので、最近口内炎がよく出来るようになったとか、ちょっとつねっただけで内出血が起こったなどといった症状が急に増えたのなら、必ず医者に診てもらってください。さて白血球は特に細菌感染等で炎症が起こった時に増加します。ですから、病的な物の場合大半は何らかの症状を伴います。正常値とは大半の病気のない人がこの範囲内にいる確率が高いということを示しているだけなのです。
つまり皆顔が違うように、やや大目や低めの人も当然います。白血球は貴女のおっしゃる通り3500~から9000程度...続きを読む

Q白血球を高める食物

父が悪性リンパ腫で今、3週間に1度病院に通い抗がん剤をうっているため、とても白血球や赤血球、血小板が低下しています。自宅療養のためどうにか食べ物で白血球や赤血球、血小板を上げたいと思ってるんですが、どのような食物を食べたらいいかわかりません。もし、知っている方がいるのならどうか教えて下さい。お願いします.

Aベストアンサー

こんにちは。
悪性リンパ腫患者でありつつ(造血幹細胞移植術後)
病院で管理栄養士として勤めています。
おそらく、患者と専門家両方の意見を言えれると思います。

さて現状ですと食事の幅が少なくなってるのではないでしょうか?
・生ものを制限
・嗜好の変化
・食欲低下   など

また血液を造るためにたんぱく質
口内炎などを予防するためにビタミンB群
風邪等の免疫力をあげるためにビタミンCと
体に良さそうなものを上げていくとキリがありません。

それよりももっと多角的に考えて、オールマイティーな食事を目指す必要があります。

しかし、その食事を目指しても
・嗜好の変化
・食事制限
・食欲の変化
などによって満足のいく栄養素量を摂取できにくくなります。

そのなかで何ができるか・・・?を考えていきます。

~改善案~
1:患者が望む食事を主流とする
2:バランスの取れた食事内容とする
3:ビタミン類の摂取を増やす
   注意:サプリメントは食事ではなく
      薬剤という感覚で使用してください。
      使用するなら主治医に報告を。
      ただしビタミン剤などが必要な場合
      主治医が処方すると思うのですが・・・

トータルで考えてみてくださいね♪
一つのものに焦点を置いて改善案を出すと
その他が崩れてしまい、結果的に偏った食事になってしまいます。

例:コレステロールが高い = 卵・肉食べない!
  =結果として偏食になってしまった・・・

大切なことなので繰り返しですが もう一度言います。
・総合的に見てバランスの取れた食事 がお勧めです。

補足質問がありましたら、遠慮なく聞いてください♪
共に戦っていきましょう♪

こんにちは。
悪性リンパ腫患者でありつつ(造血幹細胞移植術後)
病院で管理栄養士として勤めています。
おそらく、患者と専門家両方の意見を言えれると思います。

さて現状ですと食事の幅が少なくなってるのではないでしょうか?
・生ものを制限
・嗜好の変化
・食欲低下   など

また血液を造るためにたんぱく質
口内炎などを予防するためにビタミンB群
風邪等の免疫力をあげるためにビタミンCと
体に良さそうなものを上げていくとキリがありません。

それよりももっと多角的に考えて、オ...続きを読む

Q白血球数12500だったのですが・・・

以前にも白血球や白血病について質問した物ですが、以前から白血球が高くて9000台をうろうろしてて、一度血液内科にかかり詳しく検査してもらい、まぁ2万、3万と増えてこなければ問題ないでしょう。タバコの影響だと思います。
と言う事で様子を見るようにいわれ帰って来たのですが、本日別件で採血したら白血球が12500もあり、お医者様曰くタバコの影響で上がってるから心配ないとの事だったのですが、もう一度詳しく調べてもらった方がいい数字なのでしょうか?
ここ最近の数字を書かせて頂きますと、

01/06----- 9800(この時は技師の方が顕微鏡で調べて芽球やその他異常なしとの事でした。)
01/20----- 9200(自動分析器)
01/31---- -9500(この時に別の病院に行き血液内科で精査してもらいまぁ大丈夫との事でした。)
02/18----- 6200(自動分析器)
03/23-----12500(自動分析器)

一度は下がったので安心してたのですが、また高い数字が出て不安です。
白血病で一度下がったりする物なのでしょうか?
お医者様の言う通りタバコの影響とみて心配いらないのでしょうか?

一日10~15本の喫煙者です。

どちら様か詳しい方宜しくお願い致します。

以前にも白血球や白血病について質問した物ですが、以前から白血球が高くて9000台をうろうろしてて、一度血液内科にかかり詳しく検査してもらい、まぁ2万、3万と増えてこなければ問題ないでしょう。タバコの影響だと思います。
と言う事で様子を見るようにいわれ帰って来たのですが、本日別件で採血したら白血球が12500もあり、お医者様曰くタバコの影響で上がってるから心配ないとの事だったのですが、もう一度詳しく調べてもらった方がいい数字なのでしょうか?
ここ最近の数字を書かせて頂きますと、

01...続きを読む

Aベストアンサー

回答#3です。補足を拝見しましたが、
シロウトが理解できる範囲を超えた医学的レベルの高い内容だと思います。
つまり、シロウトがちょっと聞きかじった付け焼刃的な知識で勝手な判断すると、
誤った考えを持ってしまう危険がありますので、
医師に聞かれたほうがよろしいかと存じます。(かくいう私もドシロウトですが)

それを承知で、補足に書かれた
>"stab杆状好中球"と”seg分葉好中球" (←漢字をお間違いですよ)
とお書きの部分について少しだけ説明しておきます。
シロウトの手に負える内容ではないということをご認識ください。

白血球は通常5つに分けられます。(それぞれの説明は省略します)
・Neutro(好中球/こうちゅうきゅう)
・Eosino(好酸球/こうさんきゅう)
・Baso(好塩基球/こうえんききゅう)
・Mono(単球/たんきゅう)
・Lympho(リンパ球/りんぱきゅう)
このうち、Neutro(好中球)は更に2つに分けられます。
・Stab(桿状核球/かんじょうかくきゅう)
・Seg(分葉核球/ぶんようかくきゅう)
Stabは生まれて間もない好中球、Segは生まれてから時間の経った好中球です。

前にも回答しましたが、好中球の数値はニキビの化膿程度でも上がります。
細かいことであまりオタオタしないほうがよろしいかと思います。
本当に大変な状態なら医師がそれなりの対応をするはずだと思いませんか。
それともやはり医師が信用できませんか。

回答#3です。補足を拝見しましたが、
シロウトが理解できる範囲を超えた医学的レベルの高い内容だと思います。
つまり、シロウトがちょっと聞きかじった付け焼刃的な知識で勝手な判断すると、
誤った考えを持ってしまう危険がありますので、
医師に聞かれたほうがよろしいかと存じます。(かくいう私もドシロウトですが)

それを承知で、補足に書かれた
>"stab杆状好中球"と”seg分葉好中球" (←漢字をお間違いですよ)
とお書きの部分について少しだけ説明しておきます。
シロウトの手に負える内容ではないと...続きを読む

Q白血球数が基準範囲以上ですが大丈夫?&何故?

お世話になります。ただいま5ヵ月に入ったところの妊婦です。
1ヵ月と10日ほど前(だから3ヵ月くらいの時)に受診した健康診断の結果で、白血球の数が基準範囲を越えていました。

白血球数  12200 基準範囲(3001~9700)

評価は「問題ありません」でしたので、心配はしていませんが興味があるので教えてください。

質問1.この結果は妊娠と関係あるのでしょうか?
質問2.白血球数が増える影響は?この程度だったら全然平気?
質問3.白血球数が増えるのは一般にどんな原因ですか?

Aベストアンサー

質問2について参考まで。

白血球の12200という数字は一般的には異常値です。
その値によって、普通は感染してるかどうか?それから妊娠などしてないか?または白血球が増えるような疾患がないか?などを調べます。(どういう白血球が上昇したのかも調べられると思います)
白血球数はそのための指標とも言えます。
分かりやすく言うと、体の異物に対して兵隊(白血球)の数を増やした、って考えればいいでしょうか?
だから兵隊が増えること自体はさほど問題ではないのです。
なぜ兵隊が増えたか?っていうことの方が問題なのです。
kuro_73さんの場合は、その原因が問題ない場合の白血球の上昇だったのでしょうね。
ちなみに白血病などの血液疾患の場合は桁が一桁違ってきます。
定期的な検査もあると思うので、またチェックして下さい。
元気な赤ちゃんを産んで下さいね。

Q精神的ストレスを原因とする白血球(顆粒球)増加についての疑問

炎症や細菌感染だけではなく、精神的ストレスによっても、白血球(顆粒球)は増加すると、、或る本に書いてありました。
質問ですが、
1、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加するほどのストレスというのは、いったいどんな程度のストレスでしょうか?
カラオケとかに行ったり自棄酒のんだり人に愚痴ったりして翌日には発散できるレヴェルのストレスでも増加するのでしょうか?
2、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加するというのは、いわゆる基準値以上で、採血検査でも「注意」が入る程の増加をしますか?11.000以上になるとか。
3、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加した場合、いったい何日間/何週間、増加状態が続きますか?
4、精神的ストレスにより白血球(顆粒球)が増加する場合、だいたい何パーセントほど増加しますか?

あと、蛇足的な質問ですが。。。。。
5、恋愛中に、相手に不安を感じたり、相手に振り回されて一喜一憂したりする心の動きもストレスにあたりますか?ww

Aベストアンサー

顆粒球(主に好中球)はその人の自律神経のレベル(その時の心や体の状態)に応じて絶えず増減をしています。
1、同じようなストレスでもそれを深刻に敏感に感じる人とそうでない人もいますのでどの程度のストレスでどれだけ顆粒球が増えるのかはまちまちです。顆粒球の増殖能力は大変高く緊急時にすぐ対応できるように体がその機能を備えてるわけですが、なにか組織に炎症が起きると2~3時間でたちまち通常の2倍に増えます。しかし、生き続ける遺伝子を持っていませんので2~3日で死んでいきます。どんどん入れ替えられてるのです。

2、基準値自体が曖昧なものですし、大事なことは白血球の数より白血球の中味です。白血球全体に占める顆粒球の割合と数によってその時の免疫の状態がわかります。それによって一方の免疫の主体であるリンパ球の値が左右されます。
3、ストレスの強さ、ストレスの持続時間、期間によって変わります。
4、同上
5、人によってはそういうこともあるかもしれません。

我々は適度なストレスがないと生きていけないでしょう。ただ、ストレスが強すぎて自分の適応力を超えることがあります。適応力を超えたとしてもこれがおっしゃるように、憂さを晴らして翌日には立ち直ることができるような一過性のストレスであればそれほど問題にはなりません。

適応力を超えるような肉体的、精神的なストレスが解決できず慢性的に抱えてしまうと正常値を超える顆粒球増多が続き病気の原因になります。顆粒球が増え過ぎると常在菌と反応して化膿性の疾患が増えたり、顆粒球が死ぬときに放出する活性酸素で組織破壊が起こります。

たまに血液検査をして白血球像を調べると良いと思います。自分のその時の免疫状態が良くわかります。

顆粒球(主に好中球)はその人の自律神経のレベル(その時の心や体の状態)に応じて絶えず増減をしています。
1、同じようなストレスでもそれを深刻に敏感に感じる人とそうでない人もいますのでどの程度のストレスでどれだけ顆粒球が増えるのかはまちまちです。顆粒球の増殖能力は大変高く緊急時にすぐ対応できるように体がその機能を備えてるわけですが、なにか組織に炎症が起きると2~3時間でたちまち通常の2倍に増えます。しかし、生き続ける遺伝子を持っていませんので2~3日で死んでいきます。どんど...続きを読む

Q白血球数値が高値です

40歳の主婦です。パートで、老人ホームの介護員をしています。
質問は、私の白血球数値の事です。

去年秋、健康診断で高い数字が出ました。気になったので、今、
病院で検査中です。先日、部屋の片づけをしていましたら、
一昨年の健診結果が出てきました。やはり数値は高かったです。
血液検査の結果は以下に記します。

H.17.11   ・・ 15,000 (健診結果)
H.18.11   ・・ 18,700 (健診結果)
H.18.12.19 ・・ 13,100 (病院で検査)
H.19.1.13 ・・ 16,950 (病院で検査)

1月13日には、血液像の検査もして頂いており、その結果です。

Neut ・・ 80.4
Lymph ・・ 13.2
Mono ・・ 5.6
Eos ・・ 0.7
Baso ・・ 0.1

上記の結果により、再度、採血され、1ヶ月後に検査結果が出る
との事で、今は「待ち」の状態です。
担当の先生は「慢性骨髄性白血病の疑いを消すための検査ですよ」と
仰っていました。

でも3日前から、右耳の下が少し腫れ、痛みもあります。
その為、不安がつのってきています。
こちらのサイトで見せて頂いた所、「15,000」という数値は、
かなり高いようです。しかしながら、その後19,000辺りを上限に
上下している状態で、慢性骨髄性白血病の可能性って高いでしょうか?

それと血液検査の結果が1ヶ月かかるのは、
長すぎる気がするのですが・・・。

なにぶん、子供がまだ小学生低学年で、今、私が大病をすると
心配です。どうぞご回答、よろしくお願いします。

40歳の主婦です。パートで、老人ホームの介護員をしています。
質問は、私の白血球数値の事です。

去年秋、健康診断で高い数字が出ました。気になったので、今、
病院で検査中です。先日、部屋の片づけをしていましたら、
一昨年の健診結果が出てきました。やはり数値は高かったです。
血液検査の結果は以下に記します。

H.17.11   ・・ 15,000 (健診結果)
H.18.11   ・・ 18,700 (健診結果)
H.18.12.19 ・・ 13,100 (病院で検査)
H.19.1.13 ・・ 16,950 (病院で検査)
...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医ですが、研修中に血液疾患の患者さんも担当させて頂いておりました。
慢性骨髄性白血病(以下CMLと略します)の可能性は低いと思います。全体を通して白血球は多いですが、体質的なものではないでしょうか。いわゆる基準値とは95%の方の結果が含まれる領域ですので、特に病気がなくても高くなる方、低くなる方いらっしゃいます。
また、1月のデータを拝見すると、白血球中の細胞分画に大きな狂いはありません。確かにNeut(好中球)が若干多い印象がありますが、CMLなら検出されるべき、幼弱異常白血球が認められておりませんし、CMLに特徴的なBaso(好塩基球)の増加もありません。また、トータルの白血球数も、もっと増えます(5万~20万位です)。
CMLの診断においては、その他採血にてLDHの上昇もあるでしょうし、他のNAP scoreというのも調べます。CMLはフィラデルフィア染色体の異常が原因とされております。血液内科の専門ではありませんが、これも採血の検体で調べることは可能と考えます。
また、白血病の際に行うのは、「骨髄生検」です。「髄液検査」ではありません。腸骨という骨盤の一部の骨か、胸骨という胸の真ん中にある骨から骨髄を専用の針で採取します。「髄液検査」をしても得られるのは脳脊髄液で、造血細胞は得られません。
最終的な診断は、採血と骨髄生検で行われますが、採血のみでもある程度の診断は可能と考えます。
専門的な話が多くなってしまいましたが、担当の先生の方針は間違ってはいないと考えます。どうしてもご心配でしたら、血液内科を受診下さい。

消化器内科医ですが、研修中に血液疾患の患者さんも担当させて頂いておりました。
慢性骨髄性白血病(以下CMLと略します)の可能性は低いと思います。全体を通して白血球は多いですが、体質的なものではないでしょうか。いわゆる基準値とは95%の方の結果が含まれる領域ですので、特に病気がなくても高くなる方、低くなる方いらっしゃいます。
また、1月のデータを拝見すると、白血球中の細胞分画に大きな狂いはありません。確かにNeut(好中球)が若干多い印象がありますが、CMLなら検出されるべき、幼弱異常白...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報