人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

寒くなってきたので、プルメリアとパッションフルーツをダイニングのテーブルに避難させました。これで気温は大丈夫だと思いますが、日光が十分には当たらなくなりますので光合成ができなくなるのではと心配になり、1m位の距離から昼光色の1520lm、12.9w、LED電球で照射しようと思います。
はたしてこれで葉っぱを枯らさない程度の光のエネルギーは確保できるのでしょうか?

参考のためネットで調べたところ、“日本の緯度では,光エネルギー密度の最大値は約800 Wm-2だが,昼夜・晴雨・季節による変動をすべてならした実測値として約145 Wm-2という値が知られる”ということですが、LED電球による照射の場合との比較がわかりません。

難しいことはわかりませんので、可能性だけでも教えていただければありがたいです。

質問者からの補足コメント

  • 皆さん回答ありがとうございます。
    昼光色のLED電球なのでおおざっぱに言って可視光全体のスペクトル
    をカバーしていると思っていますのであまり気にしていません。
    気にしているのは照射する光のエネルギーです。1520lmのLED電球で
    事足りるかどうかが私の関心事です。

      補足日時:2015/12/06 19:44

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

http://web.canon.jp/technology/kids/mystery/m_04 …
http://blog.goo.ne.jp/mame-papa/e/7881f449f6e458 …
まぁ赤が殆ど光ってないということは無さそうですが。弱いのは弱いでしょう。
原理的に、青は強いのでしょうから、赤を足してやれば。
http://eleshop.jp/shop/g/gB84362/
http://eleshop.jp/shop/g/gB77361/
ちなみにこっちは、
http://eleshop.jp/shop/g/gB77363/
「日陰ですよ」サインのようですので、お間違えなきよう。

農工業的に言うと、不要な波長を発光させているということは、まずはエネルギーの浪費ということになります。
    • good
    • 0

> 昼光色のLED電球なのでおおざっぱに言って可視光全体のスペクトル


> をカバーしていると思っていますのであまり気にしていません。

No.
なのですよ。
太陽光のスペクトルと白熱電球の可視光スペクトルは、青の領域以外は近いかもしれません。
しかし、太陽光と蛍光灯は違いますし、白色LEDはもっと違います。
光のエネルギー量から換算するだけだと失敗します。

青色LEDの発明から、白色LEDは割とすぐにできましたが、そこから室内用LEDの発売までには、たぶん10年近くかかっていると思います。
一つの理由が、スペクトルの問題です。
青を発光させて、それを黄色く発光する蛍光物質に当てることで、青と黄色の2色から、「一見白色に見える」光を作っているのです。
一方、葉っぱは緑、つまり、緑を反射して、それ以外のどこかの波長を吸収しているわけです、
RGB、CMYでいうと、緑の反対側はマゼンタか、
しかし、白色LEDは、青と黄色ですから、マゼンタや赤はあまり発光していません。
その結果、テーブルの上のリンゴやトマトや赤肉がくすんで見える、色の再現性が悪い、そのために、市場投入が遅れたのです。
今は市場に投入されましたから、ある程度解決はされていますが、弱いと言えば弱いでしょう。
蛍光灯は、陰極線を蛍光物質に当てて、RGB三色を発光させています。
ただカラーフィルムで写真を撮ってみると、太陽光線のような色は発してないことが判ります。
ピークが三色の所にあるので、その間の色の発光も弱いです。
三色発光で白を作るLEDというのも、無いでは無いです。
というわけで、太陽光のスペクトルとは全然違います。

私も農業専用LED(ってどの植物専用かってのがまたありそうですが)が欲しいのですが、どうも
 ぼ  っ  た  く  ら  れ
感が激しくて、手が出せません。
20mAのLEDが200個千円なら買うんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございます。ガ~ン!Noなのですね。
葉っぱが緑色だから常識的に考えて、緑の帯域のエネルギーを吸収しないことはわかっていたのですが、昼光色の名前に釣られてタカをくくっていました。実際にはそう簡単ではないということですね。とはいえ、すでに購入してしまいましたので、ないよりはましだろうと使ってみることにしました。

お礼日時:2015/12/09 00:49

昼光色だけでは無理だと思います。


青、赤を補って、保温も必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
可視光の緑以外の波長域はざっくりと光合成に寄与しているようなので
昼光色なら十分なような気がします。保温は室内で温度管理していますので
真冬でも10℃以下になることはありません。

お礼日時:2015/12/06 19:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
紹介していただいたURLでは消費電力3WのLED電球が使用されているようですが、
それで足りるのであれば消費電力12.9wの私のLED電球は十分すぎると判断できそうですね。

お礼日時:2015/12/06 19:34

http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/led/qa/p …
ではできるとされています。
大事なのは光合成で利用する波長の光が含まれているかどうかで、専用の光源を用いた方がいいのは確かでしょう。
http://www.living-farm.com/category/1757926.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
周波数に関しては昼光色なのでざっくり光の波長域をカバーしていると考えています。
説によっては、緑の帯域(葉っぱが緑色なので効率が悪いということでしょう)以外はさほどこだわる必要はないというのもあるようです。
光量は私が使おうとしているLED電球で十分と判断してよいのでしょうか、それとも不足しているのでしょうか?

お礼日時:2015/12/06 19:30

補えますけど、どのあたりの周波数でどんだけの光量かは知りません。


だって地下農園、ビル農園っていいかげん前からやってるじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私が示したスペックのLED電球と距離によって葉っぱが枯れない程度の光合成(エネルギー補給)が可能かが質問です。
周波数に関しては昼光色なのでざっくり光の波長域をカバーしていると考えています。

お礼日時:2015/12/06 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLEDライトでの植物育成について

 goo内検索やインターネット検索でLEDライトによる植物育成が可能だということを知りました。
 そこで、私も試しに室内でLEDを使用し、植物を育てようと思うのですが、他のLEDライトでも代用可能なのでしょうか。例えば懐中電灯用LEDライトですとか自転車用LEDライトですとか。
 やはり植物育成用ライトを購入しないとうまく光合成してくれないのでしょうか。
 また、育成用ライトと雑用LEDライトで効果の差が出るのか、同じ効果が期待できるのかも併せて知りたいです。

お願いします。

Aベストアンサー

taka9さん、今晩は。
参考URLが判り易いでしょう。
必要なのは、赤、青、赤外でしょうか。
赤、青は100均あたりで、赤外はリモコンから取れますね。
そして、LEDの波長は製品により様々なのですが、
http://www.stanley-components.com/jp/products/selection_guide_tree/selection_guide_search.cfm
その発光スペクトルはややブロード(広)なので、測定するほど気にしなくて良いでしょう。基本的には何でも使えます。
注意すべきは、安い白色LEDは、青色LEDと黄色蛍光色の混合ですので、光合成には不向き(青だけ利用可)です。
ご健闘お祈りします。

参考URL:http://www.c-living.ne.jp/pfl/kougen.htm

Q観葉植物の葉がの先だけが茶色く枯れる

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない私にはどうして葉っぱの先だけが枯れてしまうのかわかりません。
別の同僚は「枯れてまっとるがや」と言いますが、植物自体は別段しおれている感じではないのです。

葉っぱは全部で20枚以上あると思いますが、外側のひとまわりの先っぽが茶色い色に変色しています。新しく出てきている葉は、とてもきれいなグリーンで元気です。

どのようなことが原因で葉の先が茶色くなるのでしょうか?

また、枯れかけた見栄えの悪い葉は茎からもぎとった方がいいと言われたのですが、まだしっかりと繋がっているものをもぐ勇気がありません。
しかし、やはり枯れた葉があまり見栄えがよくないのも確かです。
ちゃんと水やりなど、気を配っているのに、ちっとも面倒を見ていないように言われるのも悔しいです。
茎から黄色に変色してもろくなった葉は軽く引っ張るだけで抜けたりするので取ってしまうこともありますが、まだ元気ではあるものの先が茶色くなりかけた葉っぱももぎ取った方がよいものなのでしょうか?

説明が不足している点があるかと思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

会社にある観葉植物(名前がわからない。葉は20センチくらいの木の葉型。9月ごろにコンペイトウのような形をした緑の花のようなものをいくつかつけました)が今年の春頃しおれていたので、私が面倒を見て、鉢をひとまわり大きなものに替え水をときどきやっていたら葉っぱがピンと元気になりました。

しかし、秋の初めくらいから、葉っぱの先が枯れたようになってきています。植物自体はとてもしゃっきりしているのに・・・。

同僚は「栄養が足りないからだ」と言っていましたが、植物に関して知識のない...続きを読む

Aベストアンサー

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている花は小さなまま何とか咲いた花が1つだけです。
元気にしてあげたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?
[2002.10.10]
A 「スパティフィラム」の葉先の枯れは、根つまりですから植え替え、鉢を一回り大きくしたことは正解です。
悪い腐った根は取り除きましたか。
用土は半分くらい取り替えましたか。
その時にミリオンを入れて根腐れ防止対策は行いましたか。
またマガンプKなどの固形肥料を入れて置きましたか。
植替え後は日陰で管理しましたか。
水は乾いたら上げるようにしましたか。
葉先の枯れた葉は復活はしませんので、その部分を切ってください。
そうすれば,やがて必ず新しい葉が成長してくるはずです。
これからの時期は、少しカーテン越しの日光に当ててもいいです。あんまり日陰に置くと,花つきが悪くなります。
用土になじむのに2週間はかかります。
これはどの植物も同じです。
ときおり液体肥料をあげます。
葉を増やしたいなら、観葉植物用の市販の液体肥料でいいですが、花を目的とするなら、リンサン分の多い液体肥料を2週間に1回水遣り代わりに上げるといいです。
スパティは根がすぐに増える植物です。したがって,すぐに鉢の中が根が一杯になります。
年に1回あるいは2年に1回は植え替えするくらいです。また株わけも必要になってきます。
以上の注意点をもう一度考えてみてください

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~rinmodan/k-drtohei03q_list.html

たびたびすいません。
葉の先が枯れるのは根詰まりが原因のようです。

下記のURLのフパティフィラムの所にこのようなQ&Aがありました。

Q 今年の春に「スパティフィラム」を購入したのですが、葉先が枯れてきたので7月に鉢を大きなものに変えました。
ところが、葉先の枯れ方は変わらずどんどん枯れる一方なのです。
置き場所は室内で、日光は当たりません。
水遣りは土が乾いてからあげています。
鉢を変えたのがいけなかったのでしょうか?
それまでは花もよく付いていたのに、今付いている...続きを読む

Qタニシは何を食べますか?何をしたらいいですか?

葉っぱを持ちかえったら、たにしがついていました。
タニシは増えると聞きましたがそれでも捨てるのはかわいそうなので2Lのペットボトルを切って底の部分に水とタニシをいれてます。
こけというか藻というか食べるともききましたが庭の外のたまり水にもそんなには苔はないです。
とりあえず少し水たまりにあったこけをいれてますが、
何を食べますか?
水はまりもの様に時々かえてやるほうがいいでしょうか?

もしかりに増えたらひろってきたところにでもかえしてやるつもりですがとりあえず当分行く予定がないので。

Aベストアンサー

タニシの「何を食べるか」についてですが、生き物の中で特に節食法の幅の広さで定評のある生き物です。
池や田んぼ、小川の石などの表面に着生した藻類などを削り取って食べますし、水底の泥や堆積物をも食べます。さらには水中に漂う混濁の元となる浮遊物をエラで集めても食べます。

言い換えると水をきれいにする立役者ですので、魚などの混生させることで水質の保持に役立ちます。

昨年、うちの親父が道楽で造った庭の池のコイが、池に浮かべておいた水草に卵を産み付け、興味本位で部屋の水槽に入れておき多数孵化し稚魚を一年間育て上げましたが、その際タニシの子を数匹入れておきましたら、緑色に濁り始めた水やガラス面がみるみるきれいになり、観察するとガラス面をムシャムシャと生えている藻をむさぼっている様が可愛く、稚魚と共に観察し続けました。

水中も緑色に藻が繁殖しますが、これもタニシが濾過しては糞にして固めてくれますので、水替えの手間もなく、一日おきに底に沈んだタニシの糞をスポイトで吸い取るだけで始末が楽でした。

藻は外気に水が接していれば自然に発生しますので特に何かを与えるといった必要はありませんが、藻を食べ尽くせば食事にありつけません。
金魚やコイを一緒に飼っていれば、そのえさの残りやえさから水にしみ出した養分で藻も繁殖しますので、金魚でも水槽に飼ってみてはいかがですか?
えさの残りもタニシが食べて糞に変えてくれます。

いいばかりのようですが、欠点としてはとにかく増えます。
気がつくと水槽ガラス面などホウボウに透明なゼリー状の固まりとなる卵を産み付け、みるみる増えていきます。
ちっちゃなちっちゃなタニシの子たちがあちこち張り付く様も可愛くはありますが、水換えなどで水槽をからにするとあちこちにへばりついていて驚きます。

ペットボトルよりは、他の生き物と共生させるためにも小さくとも水槽の方がいいかも?

タニシの「何を食べるか」についてですが、生き物の中で特に節食法の幅の広さで定評のある生き物です。
池や田んぼ、小川の石などの表面に着生した藻類などを削り取って食べますし、水底の泥や堆積物をも食べます。さらには水中に漂う混濁の元となる浮遊物をエラで集めても食べます。

言い換えると水をきれいにする立役者ですので、魚などの混生させることで水質の保持に役立ちます。

昨年、うちの親父が道楽で造った庭の池のコイが、池に浮かべておいた水草に卵を産み付け、興味本位で部屋の水槽に入れておき多...続きを読む

Qアダプターはアンペアが違うとどうなるのでしょうか

どなたか教えてください!
電子オルガンを買いましたが、
別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
高いのでまだ買っていませんが、
この機器に私の手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプターが使えるかどうか教えてください。

一応音は鳴るのですが、このまま使い続けていいか支障がないか...
気になるのです。。。

教えてください!!

Aベストアンサー

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
 定格 電流:設計上の電流値。
無負荷電圧と定格負荷電圧の差が殆ど無い物と、無負荷15V/定格時7Vへと変動する物。表示が定格電流850mAでも実際には瞬間的に1.5A迄流せる物、あるいは表示電流+αで保護の為アダプターが故障する様にして有る物など種類は色々あります。
よって使用される本体機器により目的に合ったACアダプターが指定されています。
----------------------------------------

指定されているACアダプターは電子オルガン用なのでスピーカーの音量で流れる電流値が大幅に変化する事が考えられます。また乾電池6本/9Vで使用出来る物であればACアダプターの電圧は7~9V迄変動しても良い事になりそうです。また乾電池が4本/6Vで動作する場合は4.8V~9Vと想像されます、しかし4.8Vと15Vでは3倍もの開きが有りますので無負荷電圧が高い物は問題が有りそうです(7Vでも15Vだと2倍の開きが有る)。
さぁ困りました。指定されたACアダプターの設計基準はどうなのでしょう、予想しても確実な答えが出てきませんね。

hiyoko_hanaさんが使われている
>手持ちの出力9Vの500ミリアンペアのアダプター
     ........はどのタイプでしょう?

また、ACアダプターが保護故障した場合どんな壊れ方/切り方をするのでしょうか、この保護の仕方によっては電子オルガン本体も一緒に壊れてしまう事も考えられます。

たかがACアダプター1つですが表示されている電圧/電流だけでは分からない事が有ります。その為メーカーでは使用するACアダプターなどのアクセサリーは自社製品の中から指定しており、それ以外の物を使用した場合には動作/安全を保障をしていないのです。

私が扱った故障では「電話器の子機充電器に電圧が同じ他の物を使って子機のキャビネットが熱で溶けた」、「電圧/電流値が同じ物をビデオカメラに使用してカメラ内部の充電回路他を焼損させた」などの事例も有ります。


【結 論】
ACアダプターは指定された物を使いましょう。
汎用のACアダプターは同一メーカーの機器の、指定された機種/カテゴリーの品種に使い、少しでも疑問に思ったら使用/購入前にメーカーに確認を取る事をお勧めします。

>別売オプション品のアダプタは、出力9Vの850ミリアンペアです。
この指定されたACアダプターの特性がどんな物かによると思います。数値で書いてしまうと「電圧9V/電流850mA」で同じになりますが、電圧は無負荷電圧と定格負荷電圧/電流では最大電流と定格電流が有ります。
------------- 説明 ---------------------
無負荷 電圧:負荷を繋がない/電流が小さい時のアダプター出力電圧。
定格負荷電圧:規定の電流を流した時のアダプター出力電圧。
 最大 電流:そのアダプターが流せる最大値。
...続きを読む

Qエビ水槽のpHと総硬度(GH)について

エビ(CRS)水槽のpHとGH値についてお尋ねします。エビ水槽では、pH 5.5~7.5位で飼育可能だと聞きます。

pH 5.5~6.0の水槽では、GH値が低いと思いますが、エビ水槽の理想のGH値は、その程度でしょうか。またGH値を上げるとその結果、水槽水のpHは上昇すると思います。そこで、エビ水槽の理想のGH値とpHは、どの程度を基準にすればいいのでしょうか。

またGH値が低い場合、GH値を上げる必要があると思います。しかし急激に上げると、pHの変化も急激に怒るので生体に影響が出ると思いますが、具体的にはどのようにするのが理想でしょうか。一方、GH値が高い場合、下げる必要があります。その場合、具体的にどのようにすればいいのでしょうか。

初歩的に質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です。

・pHは6.0~6.9
アンモニアがより無毒なイオン化せずに残留してしまう割合が増えるため、無理矢理にはアルカリ側にしません。
濾過バクテリアの活性がpH6以下になると悪くなるらしく、あまりにも低すぎるpHは目指しません。
実際には、pH4.8~7.8の間の複数の水槽で繁殖させたので、極端にずれさえしなければ、pHはどーでも良いと思っています。
無換水維持をとっている水槽では、コケの問題などがありますので、酸性側へ弱めに誘導し、
頻繁に換水する維持方法をとっている水槽は、水質変化の避けることを最優先とし、アルカリ気味の水道水を基準にしています。

・GHは?
かつて、ソイルで爆殖報告が相次いだためか、レッドビーシュリンプには低硬度が良いとの認識が拡がりました。
その後、甲殻類の殻にはマグネシウムやカルシウムが必要だということで、今度は高硬度が良いとも、言われるようになりました。
専門誌であるRED BEE SHRIMP No.3(Pisces)によると、P103でGH2~10を提示し、P115ではGH3以上(理想は5以上)実験水槽で20で繁殖と書かれています。
さぁ、いっせーのーで「どっちやねん!」

さらに、ある有名ブリーダーの書かれた著書には、GH7を越えると調子が悪くなるので換水タイミング...と記載されていましたが、
私の環境ではGH7~18程度の水槽が多く、しかし何の問題もなく繁殖し、
気の弱い私は 自分の飼育方法が間違っているのかと心配で、食事は大盛りをお代わりし、夜はぐっすりと快眠していました。

どちらにせよ、ミネラルなどの添加剤を加えるとGHは上がります。
脱皮不全が起こるような極端な状況だけは、お避けになった方が良いでしょう。
エビを観察してさえいれば、大抵の異常は察知できます。

さて、ここまで書けば、数値はさして気にする必要がないことがお分かりになったかと思いますが、ご質問にお答えしましょう。

GHを上げるには、貝殻を入れれば良いでしょう。
モンロリロナイトやブラウンナイトなどを入れても、石組みレイアウトにしてもGHは上がります。
昔、海水の元を少量入れれば一発などという情報を聞いた私は、何をとち狂ったのかエビ水槽に(ほんのわずか)投入したため、
即座にエビ達は踊り出し、大半を殺してしまったことは、あなたと私の内緒にしておいて頂けないでしょうか?
エビは水質変化に敏感であることと、ロブスターとビーシュリンプは異なることを、私は痛く学びました。(馬鹿)

GHを下げるには、ソイルを濾過器に仕込んだり、イオン交換樹脂を用います。
もしくは、日本の水道水は、大抵軟水ですので換水すれば良いでしょう。

pHやGHは水質の一指標に過ぎません。
レッドビーシュリンプはpH,GHともに適応範囲が広いですので、数値目標を立てて水質を操作しようとすると、環境変化に弱いという点でつまずき、逆に失敗する場合があります。
また、水質変化を抑え、エビに負担を掛けないために、換水を控える維持をとったとすると、数値目標にあまり意味がなくなります。

実は、pHもGHも様々な意見があり、これが正しいという数値を私は知りませんし、大言壮語して恥をかきたくもありません。
従って、全て私の経験からの独断と偏見です...続きを読む

Q水槽の水が何となく生臭い

水槽の水が生臭い感じになっていますが、これは水を換えるべきでしょうか?
魚を買う前に水をセッティングして循環させ、1週間後に熱帯魚を飼い始めました.
魚を入れてから、まだ4日しかたってませんが、何となく、水が生臭い感じです.
こんなもの何でしょうか?
また、毎日、バクテリアの液体も入れていますが、これも毎日した方がいいのでしょうか?
教えてください.よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

高水温のこの時期に、立ち上げたばかりの水槽ならば多少の臭気は異常ではありません。
・臭気の強さによりますが、、、、、
では、立ち上げたばかりの水槽水の臭いの原因は何でしょうか。
臭いの正体は、残餌や糞、生き物の粘液や剥離したタンパク質などです。
この、タンパク質や有機物が水中の酸素と反応「酸化」し、アミノ酸類・有機酸類を経てアンモニアやリンになります。
濾過細菌は、猛毒のアンモニアを分解し、亜硝酸を経て、弱毒の硝酸塩に変えてくれます。

問題は、大切な濾過細菌は、とても繁殖速度の遅い部類の細菌類です。
通常で濾過細菌の消化作用が機能するまでに淡水では20~30日ほど必要です。

現在、魚を入れてから4日目とのお話、水槽水を嗅げば恐らく臭いと思いますよ。
場合によっては10日目くらいまでは臭いは強くなることもあります。
ペットボトルに生肉を少量入れて、水を満たして臭気を確認している状態です。
魚はお腹を壊しませんが、人が飲水すれば、多分お腹を壊すかも、、、
単に、水がすこし腐っている状態です。
あまりにも、臭気が強い場合は、何か異常です。
半換水または、立ち上げたばかりですから、リセットが良い場合もあります。

セットモノの濾過器ならば、恐らく外掛けフィルターだと思います。
この外掛けフィルターは活性炭やゼオライトによる吸着濾過を主体とする濾過器です。
残念ながら生物濾過能力は低いフィルターです。
私は、濾過器の強化をオススメします。
・外掛けフィルターの給水口にスポンジを取り付けます。(現在未使用の場合)
このスポンジに濾過細菌が定着します。
http://item.rakuten.co.jp/ibuki/10000991/​
・外掛けフィルターの濾過室にリング濾過材を投入します。
リング濾過材に濾過細菌が定着します。
http://www.a-forest.jp/product_info.php/cPath/136/products_id/2711​
掃除をするとスポンジやリング濾過材の濾過細菌は流出し減少します。
スポンジの清掃やリング濾過材の清掃は、必ず換水時の排水を利用して、軽く濯ぐ程度にします。
また、一度にストレーナースポンジとリング濾過材、両方の清掃は行わないようにします。

最後に、安定した飼育水の臭いは、ほぼ無臭か薄い墨汁の臭いがします。
良い臭いとは言えませんが、気になる悪臭ではありません。

高水温のこの時期に、立ち上げたばかりの水槽ならば多少の臭気は異常ではありません。
・臭気の強さによりますが、、、、、
では、立ち上げたばかりの水槽水の臭いの原因は何でしょうか。
臭いの正体は、残餌や糞、生き物の粘液や剥離したタンパク質などです。
この、タンパク質や有機物が水中の酸素と反応「酸化」し、アミノ酸類・有機酸類を経てアンモニアやリンになります。
濾過細菌は、猛毒のアンモニアを分解し、亜硝酸を経て、弱毒の硝酸塩に変えてくれます。

問題は、大切な濾過細菌は、とても繁...続きを読む


人気Q&Aランキング