年金現価係数から割引率を逆算するエクセル式を教えてください!

例をあげますと、
6%で3年だったら、年金年金現価係数は
(1÷1.06)+(1÷1.06^2)+(1÷1.06^3)≒2.673
になります。
ここで、2.673と3年が分かってる状態で、割引率がおよそ6%だっていうのをエクセルで逆算できるような式がわかる方がいればお教えください!

質問者からの補足コメント

  • お教えいただきありがとうございます!
    ゴールシークの場合、件数が30〜40件もあったら自動で計算してくれないので手間なんですよね…

    色々と試行錯誤していたら、IRR関数とROW関数を組み合わせたら上手くいきました!!

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/12/15 13:01

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ゴールシークをつかうのは?


http://allabout.co.jp/gm/gc/297824/
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割引現在価値の計算式について

10年後の1,000,000を割引率3%で現在の価値に置きなおすにはエクセルでどのような計算式を
組めばよいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

割引率は10年間3%で一定だとすると
1年後のキャッシュ = 現在価値 x 1.03
2年後のキャッシュ = 1年後の価値 x 1.03 = 現在価値 x 1.03^2

10年後の価値 = 9年後の価値 x 1.03 = 現在価値 x 1.03^10
よって
現在価値 = 10年後の価値 ÷ 1.03^10

= 1000000/1.03^10

キャッシュフローが毎年あるならNPV関数が楽です。

Q年金原価率って一体なんですか。

すみません。どなたか教えてください。
 「年金原価率」って一体どうゆうものなのでしょうか。どうも元金と利息を含めた返済額の係数?らしきことしか調べてもわかりません。自力で調べようとしても、どうゆうジャンルを調べればよいかの糸口もみつかりません。また、この係数の算出方法も全く分かりません。
 ???の連続で頭の中はエラー表示でいっぱいです。
 
 どなたかそのへんの事情に詳しい方、わかりやすく教えていただけませんでしょうか。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

#1の方の仰せのとおりですが、毎月購読しているファイナンシャルプランナー
の冊子に、今月、丁度出ていましたので、少しだけ補足?説明させて
頂きますと・・・

「終価係数」というのがあるらしいんですね。どうも。
まずは、これが基本の基本だそうでして、
つまり、今手元にある資金が、将来数年後に複利運用していくらになるか?
という「係数」だそうです。
式は、
「終価係数」=(1+利率)^期間 になります。
例としては、100万円を2%で複利運用したら、10年後いくらか?
と言えば、係数:(1+0.02)^10で1.219 よって、100万円×1.219≒121.9万円
ということになります。

そして、「年金原価率」ですが、これは、年金原価係数を出して計算する
ことになります。
これは、将来目標とする年金を受け取るために必要な「年金原資」を求める
際に必要な式だそうです。
式は、「年金原価係数」=(終価係数-1)÷(終価係数×利率)
です。
例えば、毎年100万円の年金を10年間受け取るには、金利が年2%ならば、
今、いくらあれば良いか?というような場合です。
そうすると、係数:(1.219-1)÷(1.219×0.02)=8.983となり、
100万円×8.983≒898.3万円あれば良いという計算になります。
以上です。

#1の方の仰せのとおりですが、毎月購読しているファイナンシャルプランナー
の冊子に、今月、丁度出ていましたので、少しだけ補足?説明させて
頂きますと・・・

「終価係数」というのがあるらしいんですね。どうも。
まずは、これが基本の基本だそうでして、
つまり、今手元にある資金が、将来数年後に複利運用していくらになるか?
という「係数」だそうです。
式は、
「終価係数」=(1+利率)^期間 になります。
例としては、100万円を2%で複利運用したら、10年後いくらか?
と言えば、...続きを読む

Q複利原価率

不動産購入に当たって、不動産から得られる収益から購入金額の概数算定に用いられている「期待利回り」に用いられる複利原価率の各利率毎の数値はどのようにして算出するのでしょうか。EXCELの関数でも使用するのでしょうか。
解りやすく教えてください。

Aベストアンサー

下記サイトより抜粋です。

「複利価率は、割引率と年数の設定することにより、複利原価率表から得られる。
複利現価率 PW の計算式としては、
PW = 1/(1+y)t y :割引率 t :年
また、現在価値 V は
V=Σ(CFt/(1+y)t) y:割引率 t :年」

http://www.mansionadvisor.com/wadai/a10_wadai22.html

Q年金現価係数について

年金現価係数の使い方について以下のような考え方で合っていますでしょうか。

毎年1,000円ずつ積み立てていき、10年後に10,000円になる。
8年目の時点では8,000円積み立てたことになる。

割引率を3%とした場合、この8,000円の現在価値は

8,000円÷1.03÷1.03=7,540円 となる。

まずこの考え方は合っていますでしょうか?

上記の現価係数を使うと
上記の1÷1.03÷1.03の部分(1.03の二乗)の現価係数は0.9426なので

8,000円×0.9426=7,540円となる。

現価係数の使い方も間違えていないでしょうか?


8,000円の現在価値を8,000円÷1.03÷1.03=7,540円でもとめましたが、
ここは結構不安です。間違えであればご指摘ください。

あと、現価係数表はネットで検索すると1%,2%と1%単位ではあるのですが、例えば2.5%など
0.5%刻みの現価係数表はないでしょうか?

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の内容、おおよそ理解いたしました。
そうすると・・・私が昨日書いた回答は適切では有りませんでした。

> 割引率を3%とした場合、この8,000円の現在価値は
> 8,000円÷1.03÷1.03=7,540円 となる。
その通りです。
3%で運用していった結果として10,000円(10年目)と言う金額が必要。
説明が下手なので急に話し[視点としている時間]が逆転いたしますが、10年目に於ける10,000の内の8,000円は、次のような金額であればよい。
 8年目にX円
 9年目にX円+l年間の利息
 10年目に8,000円=9年目の元利合計+1年間の利息
そのために必要な金額は、3%運用で考えると
 ○9年目の元利合計
  9年目の元利合計+1年間の利息=8,000
    ↓
  9年目の元利合計×1.03=8,000
    ↓
  9年目の元利合計=8,000÷1.03
 ○8年目のx円    
  X円+l年間の利息=8,000÷1.03
    ↓
  X円×1.03=8,000÷1.03
    ↓
  X円=8,000÷1.03÷1.03
このようになりますので、お書きになられている計算は正しいとなります。



> 上記の現価係数を使うと
> 上記の1÷1.03÷1.03の部分(1.03の二乗)の現価係数は0.9426なので
> 8,000円×0.9426=7,540円となる。
> 現価係数の使い方も間違えていないでしょうか?
合っております。

> あと、現価係数表はネットで検索すると1%,2%と1%単位ではあるのですが、
> 例えば2.5%など0.5%刻みの現価係数表はないでしょうか?
表の方は心当たりがないのですが
1 下記サイトを利用すれば計算できます
 http://www.pronavi.net/tool/index.html#
2 エクセルの関数を使えば、計算できますし、表の自作もできます。
 http://www.relief.jp/itnote/archives/003173.php

ご質問の内容、おおよそ理解いたしました。
そうすると・・・私が昨日書いた回答は適切では有りませんでした。

> 割引率を3%とした場合、この8,000円の現在価値は
> 8,000円÷1.03÷1.03=7,540円 となる。
その通りです。
3%で運用していった結果として10,000円(10年目)と言う金額が必要。
説明が下手なので急に話し[視点としている時間]が逆転いたしますが、10年目に於ける10,000の内の8,000円は、次のような金額であればよい。
 8年目にX円
 9年目にX円+l年間の利息
 10年...続きを読む

Q割引率の計算を教えてください

よろしくお願いします。

割引率の計算方法を教えてください。

お店などで 定価189000円が49800円となっている場合の、割引率ですが、

1-(割引価格 / 原価) = ●●%

49800 - 189000 = 0.2

1 - 0.2 = 0.8(80%OFF)

の計算方法で間違いはないでしょうか?

Aベストアンサー

49,800÷189,000=0.26349・・・・=約26%

100%-26%=74%   

割引率は約74% ということだと思います。

Q固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い

固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い?
いくら調べてもわかりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず固定資産と減価償却資産ですが、1年超の期間にわたって会社の事業のために使われる資産で、この中には有形のものと無形のものがあり、さらにそれぞれが減価償却するものとしないものに分けられ、固定資産のうち減価償却できるものが減価償却資産です。
有形固定資産は土地、建物など文字通り物体として形のあるもので、無形はソフトウエアなどのそれ自体は形として見えないものです。

有形の中で減価償却できないものの代表は土地で、できるものは建物や機械・装置などです。
無形では、ソフトウエアは減価償却できる代表的なもので、できないものでは電話加入権があります。
減価償却できないものというのは、理論上価値が減少しないとされているものですが、バブル崩壊後の実際では市場価値が減少しないとは限らないので、必ずしも理論どおりではありません。
できるもの、できないものの具体的な区分は税法の規定に拠るところがほとんどですので、規定で確認されるといいでしょう。

棚卸資産は固定資産とは根本的に異なるもので、例えばメーカーですと製品を製造するための部品や材料など製品を完成させるために消費される物品で、販売会社ですと、販売するために仕入れた商品がそれにあたります。通常1年以内には消費されるはずですから、そういう意味でも固定資産とは基本的に異なるものです。

まず固定資産と減価償却資産ですが、1年超の期間にわたって会社の事業のために使われる資産で、この中には有形のものと無形のものがあり、さらにそれぞれが減価償却するものとしないものに分けられ、固定資産のうち減価償却できるものが減価償却資産です。
有形固定資産は土地、建物など文字通り物体として形のあるもので、無形はソフトウエアなどのそれ自体は形として見えないものです。

有形の中で減価償却できないものの代表は土地で、できるものは建物や機械・装置などです。
無形では、ソフトウエアは減...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q内部利益率(IRR)をわかりやすく説明してください

内部利益率(IRR)に関する資料を読んでいるのですが、うまく頭に入ってきません。

どなたか、わかりやすく説明していただけませんか?

Aベストアンサー

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場合を考えましょう。
この割引率をrからさらに引き上げていけば、NPVは減少していき、いずれNPV=0になりますが、このときの割引率(これがIRRです)は、(値をrから引き上げていったのだから)当然rよりも大きい値になっているはずです。
したがって、NPV>0ということと、IRR>rということは、ほぼ同じことを意味しています。
(同様に、NPV<0であれば、IRR<rとなっています)

では、このNPV=0となるときの割引率であるIRRとは何ものなのかということですが、「投資とリターンが等しくなるときの利回り」なので、要するに「その投資の平均利回り」と考えることができます。

簡単な例として、初期投資100万円、1年後に105万円得られるプロジェクトを想定してみて下さい。
NPV=-100+105/(1+0.05)=0
となるので、IRR=5%です。
これは「100万円を1年間投資して1年後のリターンが105万円である場合の利回りは5%です」というのと同じですよね。
因みに、もしプロジェクトの要求利回りが3%であれば、
NPV=-100+105/(1+0.03)=1.94
で、NPV>0で、IRR>要求利回り3%となっています。

したがって、極めて粗い言い方をすれば、
プロジェクトの要求利回り(r)=プロジェクトの借入金利%
IRR=プロジェクトの平均利回り%
NPV=プロジェクトの最終的な儲け¥
であり、
プロジェクトの利回りが借入金利より高ければ(IRR>r)、儲けが出ている(NPV>0)
と、感覚的にとらえてもいいと思います。(厳密な表現ではありません)

>NPV=(初期投資額)+(将来予想されるCFの和)
>がゼロになる、またFINDRUNKさんのご説明でも、「NPVがゼロとして」とありますが、NPVがゼロになる、というのはどのような意味をもつのでしょうか?

NPVの式と意味は理解しているという前提でお話しします。

NPVの式で分母に出てくる割引率は「投資プロジェクトの要求利回り(資本コストとも言う)」を表しますが、これが上昇すると、分母が大きくなるので、NPVは小さくなります。
ここで、プロジェクトの要求利回り(r)で割り引いて、NPV>0となった場...続きを読む

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qエクセルで利率を求める関数

ファイナンスリースの貸手の計算利子率を求めるエクセル関数を知りたいです。rate関数でよいのでしょうか?この関数の使い方がよくわかりません

100万円で仕入れた物を今期首に移転外ファイナンスリース契約で貸します
支払は各年度末に30万円、支払回数は5回の計150万円です
残存価額はゼロとします
100=30/(1+r) + 30/(1+r)2 + 30/(1+r)3 + 30/(1+r)4 + 30/(1+r)5
となるrを求めたいのです

宜しくお願いします

Aベストアンサー

式はカッコの横にある数字はべき乗ですね?
100=30/(1+r) + 30/(1+r)^2 + 30/(1+r)^3 + 30/(1+r)^4 + 30/(1+r)^5
RATE関数で大丈夫だと思います。関数のヘルプを参照してみてください、恐らくご希望のものと一致するはずです。
(答えは約15.238%ですね?)
キャッシュフローを書いてXIRR関数(内部収益率を計算する関数)で検算してみてください、答えは一致するはずです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報