タケシのアンビリーバボーを見ていたら、前世の記憶を思い出した元刑事のことが出てきました。前世で、無実の罪で一族が滅ぼされたのがくやしくて、この世では犯罪の現場で死んだ被害者の声を聞いて、真犯人を割り出していたということです。
前世の記憶は、脳に記憶されているのでしょうか?しかし、受精卵が細胞分裂してできた脳に受精前の前世の記憶が宿るというのはどうも論理的にはおかしいと思います。記憶は脳以外の場所にあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

前世の記憶ということですが、これは本当の事だと思います。


ただテレビでは少し誇張していると思いますが。
この記憶の実証を追い求めてきた先人の記録、著書は沢山あります。
参考までに「生きがいの夜明け」という福島大学の助教授の飯田先生の論文が参考URLで見ることが出来ますので、こういった考え方もあるのだということの、ひとつの参考にしてください。
ただ、前世があるという考え方、つまり生まれ変わりがあると信じた方が、
人生が楽しくなると思います。死んだらそれでお仕舞いという考え方より
「今回の人生は自分では余り面白くなかったけど、今度はアメリカ人にでも
生まれ変わって、楽しくやるか」と死ぬ間際に思えれば死と言う事に対しての
恐怖感、絶望感が軽減されますし、たとえば今回は障害を持って生まれたとしても、次回の人生は健康体で生まれ変わるんだと思えればすごく人生を生きていく上で気分が楽になると思います。
前世の記憶は、退行催眠という方法で見ることが出来ます。
私も受けましたが、不思議な体験でした。

参考URL:http://kamakura.cool.ne.jp/so2002/realaim/Lifein …
    • good
    • 0

えっと、そもそも「前世」があるという仮定の元で話を進めるからこんがらがるんで....(^^ゞ


知らぬうちにその事件のことを見聞した事と自分の体験、疑似体験が混在して「前世」だって思ってるだけじゃないかなぁ?

そもそも、物事の都合のいいところだけを取りあえげて、さも関連があるかのように見せるor考えさせるのは、占いとか宗教とかでよく使われる手ですよ。
「前世」とか「因縁」なんてものの考え方って、殆どこれに依存してますよね。細かく分析していくとあれれ?って.....(^^ゞ

そうそう、綺麗とかの形容詞や動詞なんかも生活のなかで教わってますよ。幼児とかが身近に居たら観察してみると良いです。
たとえば、親や大人が女性を見て「綺麗」と言ったのを、最初は「女性」=「綺麗」と理解してどんな人でも「綺麗」と言いますよ。
そのうちその概念を「この人は綺麗じゃない」と否定される事で「女性」=「綺麗」が必ずしも成り立たない事や、他の「綺麗」なものとの共通点をその子なりに抽出して、初めて「綺麗」という概念が出来上がるわけです。
だから「綺麗」って人によって微妙に違うでしょう?

kamesenninさんは物事を「脳に受精前の...」という風に理論的に考える事ができる方のようですから、そもそもの理論の出発点(この場合「前世の記憶の存在」ですね)から論理的に検証されるとよろしいのではないかと?
この出発点の論理のすり替えに気づけない人が、危ない宗教や似非科学者に騙されちゃうんですよ。

オカルトや不可思議モノは「おはなし」としてまず楽しんで「論理の矛盾さがし」でもう一度楽しめるので僕は大好きなんですけどね。

この回答への補足

背理法をためしているのかもしれません。前世の記憶があると仮定してみて、矛盾が発生するかどうかを検証しているのです。

補足日時:2002/03/01 13:33
    • good
    • 0

生物としての記憶なら、細胞一つ一つのDNAの上に書いてあるのでしょうね。


ですから、日本語、何語の言葉・単語の一つ一つは書いてませんが、
「このようにして物事を把握し、言葉を覚えていく、概念と言葉を結びつけていく」という「学習・発達方法の記憶」は書いてあるのでしょう。

暗闇が怖いとか、火が怖いとか、天変地異が怖いとか、個体としての学習もあるのかも知れませんが、「種の記憶かも」というものもありそうに思います、うーん、「思う」止まりですが。

しかし、刑事さんの前世話は・・・・わたしもちょっと疑念を抱きます、

余談ですが、もし前世の記憶が存在し、教えられずに動詞・形容詞の知識などが人にあるとすれば、では、前世、稀代の大天才科学者だった人が、現世で狼に育てられたとしたらどうなるのでしょうね。

お目汚しでした、失礼します。
    • good
    • 0

補足いただきましたので、お答えします。



先ずあなたが言葉を使う場合あなたの考えというものが頭に浮かぶでしょう。
その考えに合わせて最適な単語が浮かんでくると思うのですが違いますか。
動詞にしろ形容詞にしろあなたがその言葉を知っていなければ最適だと感じることは出来ないでしょう。
知っていると言うことはあなた自身がすでに経験していると言うことですよね。
それが生前の経験であるか否かと言うことについては、あなたの前世が何であったかを考えたら、もし言葉だけをとるなら日本人でないといけないと言うことになりますね。
それでないとどうやって身につけたかという疑問は晴らせません。
一番始めはどうして習ったかという疑問はどうしても残ります。
言葉というものは、あなたがまだ小さい頃から周囲の環境の中で感じてきたその事の積み重ねがあるから出てくるのです。
小さい頃からのことは記憶にないかも知れませんがあなた自身の経験です。
ですから、あなたは自分の知らない言葉ではしゃべることが出来ないでしょう。
話は回りくどいかも知れませんが、「動詞、形容詞などは実物を示して教えることはできないのではないかと思います。」と言うご意見に対しては、それは違いますよとお答えできます。
「例えば、美しい、大きい、汚すという言葉」もそうですね。
これらも生まれてからの経験で認知できる言葉です。
ですから、「教えられずに、身につけたと思います。」と言う前提は間違いです。
教えられると言う言葉が悪ければ、数多くの会話の経験を持ったと言い換えましょうか。
ですから「この記憶は前世の記憶ではないでしょうか?」と言う質問に対しては、違いますとお答えします。
よろしいでしょうか。
    • good
    • 0

同じ番組で、過去に心臓を移植された人にドナーの記憶が入り込んだというモノがありました。



ドラマにもなった「サイコメトリー」という能力は
物体に移しこまれた念を読んで、持ち主の過去や現在を
知る能力です。

このように、オカルトの世界では記憶は脳だけではなく
意識とか念とか心とか魂というものにも宿るとされています。

科学や物理学では未だ解明されてはいないようです。
でも、20世紀中には絵空事とされていた現象がいろいろ解明されて、今では常識となったものもあります。
しかもこれから「発見」するのは難しいとされている昨今、こちらの分野で「発見」するしかないんじゃないですかね(笑)
    • good
    • 0

うーん・・・


科学的に解明できないコトだから「アンビリバボー」という番組で紹介されているのでは・・・と思います。
もしコレのからくりが分かれば、きっと「特命リサーチ」・・・などと考えてしまいます(^v^)
    • good
    • 1

前世の記憶の存在の有無は、まだ霊魂というものが実証されていない現在、哲学の域から出ていないものと言えます。


ですから、前世の記憶はそれぞれの人の考え方により有るとも無いとも言えます。
そのうちに、殺された被害者の生の声が証拠として提出されるようなそんな時代が来るかもしれません。
人の霊魂が、どこにあるのか。
しばらくはそう言うことを考えて楽しむのも良いかもしれませんね。
お答えとしては、ある個体の記憶はその個体の脳に宿ると言えます。

この回答への補足

人間が生まれて赤ん坊の頃から少しづつ言葉をしゃべることができるようになるのは、言葉を教えられるからでしょうか?名詞なら、実物を示しながら言葉を言えば教えることができますが、動詞、形容詞などは実物を示して教えることはできないのではないかと思います。例えば、美しい、大きい、汚すという言葉と、それに対応する状態はどうやって人間は身につけたのでしょうか?教えられずに、身につけたと思います。そうすると、すでに持っていた記憶にその言葉が存在していたのかもしれません。この記憶は前世の記憶ではないでしょうか?

補足日時:2001/06/19 02:20
    • good
    • 0

まずTVの方ですが、あまり信じすぎてはいけません


視聴率を上げるためのネタとして放送したのでしょう
前世で結ばれなかった恋人が・・・という
話でもメルヘンチックですが、現実的には信じていません

論理的に考えると、すでに死んだ人の記憶が
他人によみがえるというのは、かなり無理があります。

死んだときの「何か」を回収して、そこから人を
作ったとしたら記憶もあるかもしれません
「記憶」は脳にあるのは、ほぼ確実です。
ですが「意識」は、どこにあるのかはまだわかっていません

その、ほぼ確実という「記憶」の器が「脳」だということが
わかったのも人間の長い歴史から比べると、つい最近のことです。
それまでは「心臓」だと言われていました。

あと数百年あとに、「意識」の器がわかったとき笑い話に
なるんでしょうね

それと刑事の話ですが、ああいうのは大概、前世だという
人の情報を どこかで得ています。
新聞などでその刑事の話が出ているのを偶然記憶して
それと重なるシーンが現実にあったとき
あたかも前世の記憶のようにでてきたのでしょう

それと記憶の場所は「脳」だけでなく他の場所でも覚えています。
「理由は脳まで信号が伝達するのに時間がかかるため」
のようです。
「手が覚えている」などの表現は間違いでは無かったわけですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓ドラ・冬鳥のユンジについて

韓ドラ・冬鳥のユンジ(ドヒョンに片思いしているミニの友人)って
他の韓ドラで見た記憶があるんですが、思い出せません。
出演ドラマ、もしくは名前がお分かりになる方いらっしゃいましたら
ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

イ・ユジョンでしょうか?↓

http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/iyujon_p.html

http://koreaenta.exblog.jp/2412112

Q脳・記憶・学習について勉強できる大学とは

脳・記憶・学習について興味があります。
これらのことについて勉強できる大学はありますでしょうか。
以上、おおざっぱな質問で失礼ですが、どなたかご教示頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

大学ででしたら、医学か心理学で扱うものだと思います。

大学は、専門的な基礎をさらっとやっていくところですから
それを深く学びたければ、大学院だと思います。

Qフジテレビの韓ドラって

さほど多いとは思いません BSなんかでは多局での韓ドラが多いようにおもいますが。
私は韓ドラの時代物が好きですが 韓国は嫌いです

Aベストアンサー

こんばんは!
そうですね。
で、何を仰りたいのですか?反韓なんでしょ?だったら韓ドラの時代物も見ないと思いますが。不通は。

Q【脳・心理学】「相手が右上を見て話をしている人は記憶から話をしているので本当のことを言っている。

【脳・心理学】「相手が右上を見て話をしている人は記憶から話をしているので本当のことを言っている。

左上を見て話している人は想像しながら話をしている。

これをアイアイセシングキュー(視線解析)と言う」

なんで右上を向いたら過去の記憶で、左上を向いたら未来の想像なのですか?

Aベストアンサー

こちらから見て右上の場合、本人は左上を見ていることになります。
また人間は、末梢神経から得られる情報を反対側に投射するという仕組みがありますので、左上を見るということは、右脳に反射していることになります。
右脳はイメージを司っていますので、頭の中では過去の記憶をイメージ化させていることになるので、そういう理屈になるわけです。
もっと分かり易く説明して下さる方がいらっしゃれば良いですが。

Q韓ドラ「美しい彼女」の今日のあらすじ

韓ドラ「美しい彼女」の録画に失敗しました。
今日のあらすじを教えてください。

Aベストアンサー

こちらのサイトを参考に!

http://white.ap.teacup.com/applet/sinkikousi/msgcate10/archive?b=10

http://odekakewanko.cocolog-nifty.com/odekake/2004/09/happytogether.html

Q人の脳について(想像力や記憶力)

例えば人の顔を思い出した時、パッと見な顔全体の映像はすぐに頭に浮かぶのに、
目や鼻などの細かい部分を重視して思い出そうとすると、ほとんど思い出せないのは何故ですか?

僕の記憶力が悪いだけなんでしょうか。
逆に、何でも目で見たように鮮明に思い出せる人はいるのでしょうか。
それとも、そもそもイメージというものが曖昧なものなんでしょうか。


自分の頭でイメージしたものを、少し客観的に見てみると、案外曖昧なんだなぁーと思ったりしたんですが…僕の脳がおかしいだけですか。

Aベストアンサー

こんにちは。
仰る通り、見た物の記憶はかなり曖昧です。これは脳に入るときからです。そして、質問者さんは全く正常です。
まず、脳は全てを見ていません。
人間の目は、RGBやコントラストなど、受け取る光の情報を一粒単位のビットで処理します。脳はその情報を元に状態を認識するわけですが、これをデジカメなどのピクセルで言うならば、秒単位で億万という量になります。目が捉えているのはこんな膨大なデーターなのですから、それをひとつひとつ処理・判断しようというのはとても無理ですよね。そんなことをしたら脳はいっぺんでパンクしてしまいます。

視神経から送られる情報は視覚を司る高次中枢に送られる間に段階的に処理され、簡略化されます。まず、ビット・データーはそれぞれの部分の「線」や「円」、「傾き」「色」などといった「記号」に変換されます。ここでかなりの情報が破棄・整理されます。これを「記号化」と言いますが、脳に認識されたり記憶されたりするのは、このように記号化され、既に簡略処理された幾つかのパーツなんですね。そして、そのパーツの組み合わせが実体の状態であり、特徴ということになります。

このように、脳は目から送られる情報を記号化して認識します。ひとの顔で言うならば、輪郭や目鼻の配置、髪形などになるでしょうか。同様に、記憶も記号という形態で保存されています。そして、我々はそれを見たとき、過去の記憶からその組み合わせや特徴の合致したものを選び出し、それが誰の顔であるかを判断します。この認識の過程を「記号着地」と言うのだそうです。記号化された外部情報と内部記憶を照らし合わせて脳が判断を下すということですね。
実際にどんなことが起きるかと言いますと、誰かと会って目からその情報が送られて来ますと、脳の中で「顔というものの記憶」が一斉に活発化します。そして間もなく(だいたい0.05秒ぐらい遅れて)更に特徴が整理され、似ていない顔の記憶から活動が弱まってゆき、最終的に条件のあった記憶が選び出されます。恐らくこのとき、他人を見間違えたり、良く似たタレントさんを連想してしまったりといったようなことが起こるんでしょうね。

また、我々の脳は意識したものしか見ていません。脳には覚醒の段階があり、大変大雑把なんですが、「寝ているとき」「起きているとき」「何かに注意を払ったとき」の三段階に分けられます。起きているとき、目は必ず光を捕らえていますが、脳が認識するのは「注意を払ったとき」、即ち「意識したとき」だけです。
目が働いていることと脳がそれを見ていることとは違います。我々は起きていても、何か別のことを考えていたり、全く何も考えていないときもありますよね。極端な話、このようなとき、脳は何も見ていません。ですから、目では捕らえていても、ほとんど記憶には残らないわけです。もちろん何かに注目すれば、脳はそれを見て記憶に留めることができるわけなんですが、ひとたびそれを意識するならば、背景の情報はほとんど全て無視されてしまいます。
「見えている」というのは、単に目が仕事をしているという状態です。ですが、「見た」というのであるならば、それは脳が実体を認識し、最低でも記憶に残せる情報に変換されたということでなけれなならないのではないかと思います。

このように、脳は全てを見ていませんし、記憶もされていません。ですから、元々記憶されていないのですから、幾ら頭の中で頑張ってみたところで、見てないものを細部に渡って正確に再現するというのは、それはどだい無理な話なんですね。
更に人間の脳は、見えなかったり、また忘れてしまったりといった情報の欠落を独自に補ってしまうという離れ業をやって退けます。つまり、脳がその足りない部分を勝手に作ってしまうわけですね。これが、人間の記憶というものをいい加減にしている大きな原因のひとつかも知れません。
また、文章や状態など、論理的に解釈できることは覚えやすく、思い出し安いのですが、色や形など、言葉で表しづらいものは再現するのが難しくなります。前者を「陳述記憶」、後者を「非陳述記憶」といいます。視覚から得られる情景やパノラマなどの情報は、例え一流の文人といえども、おいそれとは言葉で言い表すことのできない「非陳述記憶」がほとんどですよね。
松島や、ああ、松島や~。

ということですから、誰だってそんなにきちんと思い出すことはできません。
ただ、個人差はありますし、意識を集中したり、また訓練をすれば正確さを増すことはできるんじゃないでしょうか。見た物の特徴をより正確に細分化して、強く記憶に留めるように努力をすれば良いのです。画家なんてのは、そうやって絵を描いているんじゃないでしょうかねえ。もちろん、人間の目はモデルの鼻の高さが何センチ何ミリなんていった正確な計測はできませんが、目鼻の大きさや配置などといったものを比較し、判断することはできます。絵描きさんは目の前に鉛筆を立てて、食い入るようにモチーフを睨み付けますよね。

それから、我々人間は「輪郭」を記憶するよりも「色」を記憶することが更に苦手です。例えば、白地の看板に書かれている文字を赤色や青色で想像してみて下さい。思ったより難しいですよ。
これは、かつて人類の祖先が夜行性だったことに由来していると言われています。実際に人間の目は、色のRGBよりも輪郭・コントラストに敏感な構造になっています。網膜には色を感知する細胞よりもコントラストを感知する細胞の数の方が圧倒的に多いんですね。ですから、元々人間は色を正確に判断し、記憶するということが苦手なはずでした。
ところが、最近では色付きの夢を見られるというひとがどんどん増えているそうです。画家や洋服のディザイナーなど、色彩に敏感なひとは頻繁にカラーの夢を見たり、色を思い起こしたりすることができるらしいですねえ。
30年ぐらい前は、人類の夢はほとんど白黒でした。ですが、最近では三人にひとりぐらいはカラーの夢を見るそうです。これは、天然色映画やカラーテレビの普及が原因なのではないかと研究した学者さんがいます。このような生活の変化によって、現代人の色彩感覚が夜行性の時代よりも豊かになったからなんですね(但し、これは脳が新しいことを覚えただけですから、人類の進化ということではありません、念の為)。

私の夢は未だに白黒です。これって、絶対に損してますよね。
質問者さんの夢は如何でしょうか。
看板の文字の色、ちゃんと着けられましたか?

長くてゴメンなさい。

こんにちは。
仰る通り、見た物の記憶はかなり曖昧です。これは脳に入るときからです。そして、質問者さんは全く正常です。
まず、脳は全てを見ていません。
人間の目は、RGBやコントラストなど、受け取る光の情報を一粒単位のビットで処理します。脳はその情報を元に状態を認識するわけですが、これをデジカメなどのピクセルで言うならば、秒単位で億万という量になります。目が捉えているのはこんな膨大なデーターなのですから、それをひとつひとつ処理・判断しようというのはとても無理ですよね。そんな...続きを読む

Q韓ドラ最高!日本のドラマよりもいいかもしれん女からしたら男で見てるとかきもい?

韓ドラ最高!
日本のドラマよりもいいかもしれん
女からしたら男で見てるとかきもい?

Aベストアンサー

恥かしながら、私の父が今更、韓流ドラマにはまっていて毎日録画をして観ているようです。
はっきり言って、キモイです。やめて欲しい。

Qエピソード記憶・短期記憶

こんにちは。

荷物をいれたロッカーの場所やパスポートをしまった場所がどこなのかと思い出す記憶は、「エピソード記憶」だと、ある本に書かれていたのですが、
何かの場所を探す際に思い出し、見つけた後、すぐに忘れるようなこのような記憶は、どちらかというと「短期記憶」の部類に入るのではないかと思ったのですか、どうなんでしょうか?

「短期記憶」は基本的に20秒程度のほんの少しだけためておく記憶であると思うのですが、必要でなくなったら忘れてしまうという点で、先の記憶と共通するのではないかと考えました。


また、このような日常の何かの場所を覚えておくという記憶を長期にわたり覚えておく記憶方法というものは、ないのでしょうか?

長い質問文で申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごきげんよう。

えと、質問者さんの記憶分類の定義がちょっと曖昧なのかな? 
そのせいで、質問文のような混乱が生じているのだと考えられます。


■回答■

> 何かの場所を探す際に思い出し、見つけた後、すぐに忘れるようなこのような記憶は、
> どちらかというと「短期記憶」の部類に入るのではないかと思ったのですか、
> どうなんでしょうか?

『短期記憶・長期記憶』の定義が曖昧です。
短期記憶は「入力された情報を『その場で』一定時間保持する記憶」というのが定義だったと思います。過去の出来事を思い出すような記憶は長期記憶に分類されます。長期記憶をさらに分類したものがエピソード記憶です(Tulving など)。
(記憶の分類法としては、短期記憶/長期記憶の2分類の他に、短期記憶/中期記憶/長期記憶という分類もありますが、中期記憶の定義や、中期記憶と他の記憶分類との関係というのは、まだまだ未確定でしょう)


> 必要でなくなったら忘れてしまうという点で、先の記憶と共通するのではないかと考えました。

短期記憶も必要でないものは忘れてしまいますが、エピソード記憶は長期記憶であるので必要なときにだけ取り出され、あとは必要がないので「忘れたようになっている」のです。本当に忘れたわけではありません。「3日前の国語のテストはミスが多くて…」とかを毎日毎日思い出していたら、うっとおしいでしょ?(笑)


> また、このような日常の何かの場所を覚えておくという記憶を
> 長期にわたり覚えておく記憶方法というものは、ないのでしょうか?

上の話の流れで答えますと、「あなたはその記憶方法を普通にやっています」。
必要ない情報が常に頭に思い浮かんでいる状態は、人間としてあり得ません。


ただ、「よく物を置いた場所を忘れてしまうんです~(泣)ちゃんと長い間記憶できて、適切に思い出せるような方法は何かありませんか~?」ということであれば話は別。

【原因と考えられること】
 ○「その場の保持」である短期記憶から長期記憶への転送が上手くいっていない
 ○適切に思い出せるための「想起手がかり」を上手く使えていない

【対策】
 ・地道な反復学習(←人間は忘れる生物だということを前提に何度も覚える)
 ・『記憶術』を用いた事物暗記:場所法/ペグワード法
 ・一緒に居た人や「急いでいたので」等その時の状況、一連の動作の過程など、
  使える「想起手がかり」に関連づけて思い出してみる


以下は、せっかく書いたので少し詳細な説明です。おひまならどうぞ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
まず「記憶の分類」については、その記憶の特性によって分類モデルがいくつか存在します。そして、心理学(主に認知心理学)においてそれらの特性すべてを包括した統一的な記憶分類モデルというのは、たぶん作られていなかったと思われます。

短期記憶と長期記憶の分類は、「入力された情報の保持時間」という特性についての分類方法です。
 ■短期記憶:覚えられる量には限界があり、保持時間も長くて20~30秒程度
 ■長期記憶:覚えられる量は無限大で、ほぼ永久に覚えていられるといわれる

「入力された情報のその場での保持」というのが短期記憶の定義なのです(記憶モデルの原著論文を読んでいないので、完全に正確な定義ではないですが)。「荷物をいれたロッカーの場所やパスポートをしまった場所がどこなのか」という情報を、荷物やパスポートをしまったその場で覚えておく場合には、その記憶は「エピソード情報の短期記憶」(仮称)だと考えられるでしょう。

しかし、1日でも数ヵ月でも、短期記憶の保持時間を超えて保持しておく、そして忘れてしまっているように思われる情報でも、「パスポートが必要になっちゃった~」という時に思い出すことが可能な記憶というのは、すべて「長期記憶」に分類されるのです。
(これは古典的な分類の話です。最近の分類によると、数時間~1日ほど保持される記憶を『中期記憶』とすることもあるようですが、詳細は他サイトにゆずろうかと)


で、別の記憶の特性によって分類した場合、
   長期記憶はエピソード記憶と意味記憶に分類することができる

長期記憶は上記のように、記憶量は無限大で、記憶保持時間もほぼ永久なのではないか、と考えられています(長期記憶を忘れるかどうかは、以下に書きます過去の質問をご覧ください)。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1535968

ですが、長期記憶は「パスポートは机の一番上の引き出しの中」という情報が随時頭の中にあるわけではなく、必要な時に取り出せるようになっていればよいので、必要の無い時には思い出さない「忘れたような」状態で保管されています。ですからエピソード記憶は短期記憶というよりは長期記憶であり、別に短期記憶のように忘れているわけではないのです。

エピソード記憶
・ある特定の時間や空間において経験した事象のような、時間的に関連した事象についての情報
・エピソード機構からの記憶の想起は意図的なものであり、しばしば自覚的努力を要する
・エピソード記憶機構は他の記憶機構に比べて、歪みに対して非常に損傷を受けやすくなっている

ということで、「自転車に乗る方法」「駅で切符を買う手順」などのような別種の記憶よりも情報が変質しやすい(先月○日昼食に行ったのは蕎麦屋 → 本当はラーメン屋)、また、それを思い出すときに意識的に行なう必要がある(場合がある)。

ということで、その特性からも質問者さんが誤解するのもわからなくもありません。

ごきげんよう。

えと、質問者さんの記憶分類の定義がちょっと曖昧なのかな? 
そのせいで、質問文のような混乱が生じているのだと考えられます。


■回答■

> 何かの場所を探す際に思い出し、見つけた後、すぐに忘れるようなこのような記憶は、
> どちらかというと「短期記憶」の部類に入るのではないかと思ったのですか、
> どうなんでしょうか?

『短期記憶・長期記憶』の定義が曖昧です。
短期記憶は「入力された情報を『その場で』一定時間保持する記憶」というのが定義だったと思います。過...続きを読む

Qあなたのお気に入り韓ドラを教えて!

韓ドラ大好きの私・・・
最近までは「トンイ」を鑑賞しておりました。
基本は、ラブコメ・時代劇物好きです。

ところが・・
近頃「これはいいぞ!」という名作(?)に出会えず少々残念。
もしかした韓ドラ卒業か??

いやいや、まだ見ますよ!面白いドラマを見逃しているはず。

・・・・・・・と、いうことで、
これは見た方がいいよ!押さえておくべき!!というドラマがあったら教えてください。

できれば、「古い作品」、「映画」、「暴力シーンが多い物」、「ドロドロした不倫もの」は
外してくださいね☆

Aベストアンサー

私が好きなドラマは

「タルジャの春」
   
「ロマンスハンター」

「個人の趣向」
 
などです。

Q短期記憶と長期記憶

短期記憶と長期記憶という概念を提唱した人は誰でしょうか?

本を見ると学習曲線ではエビングハウスという名前がよく出てくるのですが、エビングハウスが提唱したのでしょうか?

電話をかけるとき、一時的に電話番号を覚えておくのが短期記憶で、電話番号を何度も唱えると長期記憶に入る、
という意味では学習曲線とよく似ています。

Aベストアンサー

短期記憶,長期記憶という用語が現代的な意味で用いられるようになったのは
認知心理学がまだ揺籃期にあった1960年代と思われますが,
最初に用いた人が誰なのかははっきりしません。

短期と長期,2つの独立したシステムからなる記憶モデル=記憶の二重貯蔵モデルを提唱したのは
アメリカの心理学者アトキンソンとシフリン(Atkinson, R. C. & Shiffrin, R. M.)で,
エビングハウス(Ebbinghaus, H. 1850-1909)の没後60年近くたった1968年のことです。
ただしアトキンソンらのモデルでは
 感覚登録器(Sensory Resister)
 短期貯蔵庫(Short Term Storage;STS)
 長期貯蔵庫(Long Term Storage;LTS)
という用語が用いられています。
このうち感覚登録器は感覚受容器から感覚中枢に至る経路,
たとえば視覚なら網膜や視神経における情報の保持や処理を想定しています。
つまり「見えた!」と感じる以前の話なので,狭い意味での記憶系とは区別されていました。

短期/長期の別は単に保持時間の違いというだけでなく,
その機能や情報処理様式,それを担う解剖学的部位の違いが想定されています。
二重貯蔵モデルは系列位置曲線をはじめとする過去の実験データをうまく説明するとともに
その後の認知科学,神経科学における記憶研究の海図としての役割を担い,
研究の進展に伴ってさまざまな修正や拡張が行なわれてきました。
静的な短期貯蔵庫の概念からダイナミックな作業記憶ないし作動記憶への発展はその一例です。
短期/長期に加えて中間的なスパンの記憶システムを導入する仮説も現われています。
二重貯蔵モデルは遠からぬ将来,歴史博物館入りするかもしれません。
教科書に書かれたモデルや法則は執筆時点で広く受け容れられている最良の仮説であって,
それをより良いものに書き換えていくのが研究者の仕事ですから。

なおエビングハウスの実験は今でいうところの長期記憶に関するものと解されます。
彼の方法では秒単位で書き換えられる短期記憶の効果をすくい上げることはできません。
怪しげな記憶促進教材の広告などで今も目にするエビングハウスの実験データは
自らを被験者として,無意味綴りのリストを再記銘する際の時間の節約率を指標に得られたもので,
正確には忘却曲線,上下反転させた場合は保持曲線と呼ばれます。
心理学で学習曲線と言えば,まったく別のものを指すのが普通です。

短期記憶,長期記憶という用語が現代的な意味で用いられるようになったのは
認知心理学がまだ揺籃期にあった1960年代と思われますが,
最初に用いた人が誰なのかははっきりしません。

短期と長期,2つの独立したシステムからなる記憶モデル=記憶の二重貯蔵モデルを提唱したのは
アメリカの心理学者アトキンソンとシフリン(Atkinson, R. C. & Shiffrin, R. M.)で,
エビングハウス(Ebbinghaus, H. 1850-1909)の没後60年近くたった1968年のことです。
ただしアトキンソンらのモデルでは
 感覚登録...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報