EPA介護福祉士候補者の海外旅行について

当法人の施設で就労中のEPA介護福祉士候補生(インドネシア国籍)が韓国に海外旅行に生きたいと希望しました。施設の規定では、本人の公休と有休を使用しての活動(海外旅行も含む)はインドネシア人介護福祉士候補生であろうと誰であろうと制限はしていません。
在留資格は特定活動となっておりますが、韓国に海外旅行に行き、戻ってくることはビザの資格の上で問題はないでしょうか?
また特別な手続きがいる場合、その手続きもわからう方がおられましたらご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

その方が在留カードをもっていれば、それを使い「みなし再入国許可」が認められ、日本を出国するときに再入国カードに「みなし再入国許可(special re-entry)で出国する」にチェックをすれば、日本での在留資格「特定活動」を保持したまま、在留カードとパスポートを入国審査官に提示すれば、日本国外に在留資格を保持したまま出国はできます。



三ヶ月未満の場合は在留カードは交付されないので、再入国許可に関しては具体的には日本の入国管理局にお尋ねください。 おそらく、入国管理局で再入国許可の手続きが必要となるはずです。

ただし、残念ですが、韓国はインドネシア国籍者の場合は、ビザ免除とはなりません。したがって、在日韓国大使館で、短期滞在ビザの申請をしないと韓国への入国は不可能です。(外交官旅券もしくは公用旅券をもっている場合は、30日以内に限りビザが免除となっているようです。)

※参考 韓国外交部(英文)
http://www.mofa.go.kr/ENG/visa/application/index …

※参考 みなし再入国許可 日本法務省入国管理局
http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/minas …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q介護職ですが、介護福祉士 資格あったほういいですか? 国は本気で介護福祉士増やす気ある?

今後、介護の人数は増えていくし
安定してるし

特養とか、ハローワークで検索すると
介護福祉士の資格をもった人 でないと
面接できないことが多いようで・・・

介護福祉士実務者研修
10万くらいお金かかるし
今後、資格 入手する人すくなくなるのでは?

国は、介護福祉士を増やしたいのでしょうか?・・・

特養は、おむつ交換はきつそうですが
給与がボーナス年4ヶ月分くらい くるのでしょうか?

ショートステイは、入所、退所が面倒で
色々、人の入れ替わりが面倒です

Aベストアンサー

もちろんあった方が就職には有利ですし、ケアマネを取る際にも実質必須となっています。
が、増やす気を国が持ってるかどうかについては疑問ですね。
むしろ増やしたいのは外国人ばかりで介護福祉士は増やしたくないんじゃないか?と思う改正ばかりです。

Q介護施設内業務で介護福祉士とヘルパー2級資格者の職務内容の違いは何かあるのでしょうか?

介護施設内業務で介護福祉士とヘルパー2級資格者の職務内容の違いは何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2 の回答をしたものです。
 
 >資格手当てで差がでるのでしょうが職務内容に変わりが無いのに資格手当で差がでるのも矛盾を感じます。
 
  看護の世界もそうですよ。準看も正看もヒラだとやることは変わらないようですが、給料は違います。主任や婦長になれば違いますが。ただ、介護の世界と違うのは、キャリア加算があることみたいです。介護は、例え介護福祉士を持っていて5年以上のキャリアがあっても、基本給はあまり変わらないように思います。

 >ヘル2では医療的行為はここまでで、介護福祉士ではここまで出来るというようなものがないのでしょうか?それであれば資格手当てや基本給でも差をつけられるとおもうのですが。
 
 医療行為ができるのは医師・(準・正)看護師だけです。数年前の改正で、多少緩和されてはいますが、介護職であればできることは限られます。介護福祉士であっても、看護師ではないので。
 
 >そのために大金を使い、時間を使い、エネルギーを使い介護福祉士の資格をとるために一生懸命になるのではないでしょうか?
 
 う~ん。たとえば、同じ実力の人が正職員の候補に上がったとして、管理側はどっちをとると思いますか。ヘル2より、その上級資格である介護福祉士ではないでしょうか。
 
 ちなみに、介護福祉士だとヘル2ではできないことができたと思います。福祉住環境コーディネーターをとったらできる、住宅改修の意見書を書き込むだとか(←これは少しうろ覚えです)、あと、県によりますが、生活相談員(本来は社会福祉主事以上が必要)になれます。

 余談ですが、介護福祉士に限らず、ヘル2・1にしても、介護職員基礎研修にしても、費用高すぎです。というより費用に待遇が見合ってないって言った方がいいですよね。介護職を増やしたいなら、初期投資を少なくすべきなのに・・・。どう考えても、厚生労働省は資格そのものじゃなくて、資格をとる過程(で落とされる金)が大事なんじゃないだろうかと思ってしまいます。

NO.2 の回答をしたものです。
 
 >資格手当てで差がでるのでしょうが職務内容に変わりが無いのに資格手当で差がでるのも矛盾を感じます。
 
  看護の世界もそうですよ。準看も正看もヒラだとやることは変わらないようですが、給料は違います。主任や婦長になれば違いますが。ただ、介護の世界と違うのは、キャリア加算があることみたいです。介護は、例え介護福祉士を持っていて5年以上のキャリアがあっても、基本給はあまり変わらないように思います。

 >ヘル2では医療的行為はここまでで、介護...続きを読む

Q【介護福祉士について】 社会人一年目(女)で、将来の職業について悩んでいます。 色々と候補がある中、

【介護福祉士について】

社会人一年目(女)で、将来の職業について悩んでいます。

色々と候補がある中、一番将来性があり、自分次第で長く続けられる介護福祉士またはホームヘルパーに興味を持ちました。

介護福祉士は、専門学校にいかなくても実務経験を指定年数重ねれば国家資格を受けれるようですが、何も知識がないまま介護の道に進むのが怖いです。
かと言って専門学校に行けば学費がかかり、あの給料で奨学金の返済分を払えるとは思えなくて…

実際に介護職についている方、どちらの方法を選んだのか教えてください。

Aベストアンサー

介護福祉士は3年の実務と実務者研修を修了しなければ試験資格を与えられません。
それと他人がどうこうと聞くより自分がどうしたいかが大切ではないでしょうか?
本当に介護の仕事がしたいのであればどちらでも良いと思いますよ!
と言いつつも専門学校はおすすめしません。
専門学校で介護福祉士の資格を取得し入ってきた新卒の子は挫折して1年で辞めていきました。
理想と現実にギャップがあるのでしょうね…

Q介護施設、医療施設、宿泊施設のリネンについて

初めてご質問させて頂きます。介護施設・医療施設・宿泊施設にて使用しているシーツはレンタル品が基本なのでしょうか?またどのようなシーツを使用しているのでしょうか?日々介護等で汚れたシーツをクリーニングするにあたって、下の布団にまでしみてしまうことを考えて安価な防水シーツを製作して病院や介護施設で使用してみてはと考えております。既に国内では色々な防水シーツが出回っているのですが、値が張りますので大量購入には抵抗があるかと思います。
通常のシーツの肌触りで尚且つ安価なものを普及できればと考えております。医療施設や介護施設、宿泊施設の現場に従事されている方々からのアドバイスを頂ければ幸いに存じます。

Aベストアンサー

施設側の立場でコメントします。リネン業者の方、間違いがあれば訂正して下さい。

リネンの洗浄・乾燥・プレス・保管を自前で行うとなるとかなりの設備投資と場所が必要なので殆どの施設・病院はリースのリネンを使用していると思います。宿泊施設も小規模な民宿・ペンションなどをのぞけばリースの方が多いかと。

リースのシーツはくり返しの高圧洗浄に耐えられるように丈夫なフラットシーツ(一枚布のシーツ)が多いと思います。

防水シーツも日常的に使用しますが、同じ業者からリースするのが通常なので、施設側が購入するというのは考えにくい(リースの方がずっとコストが安いので)のではないでしょうか。

ちょっと否定的なコメントになってしまいましたが、防水シーツにたいして品質的に求めるのは
・くり返しの洗浄・乾燥に耐える耐久性
・シワにならず、肌当たりがいい
・安い(ランニングコストも含め)
といったところでしょうか。

現実的にはコストか品質かで差別化が図れるようなものであれば普及すると思います

Q医療現場や介護福祉施設間での たらいまわし

この前、病院で親がたらいまわしにされたと知人が言ってました。たらいまわしってどういうことでしょうか?自分なりに調べてみましたが詳しく知りたいです。

点数があって、それでお金がとれない場合は他の病院に行ってもらう こんなことが起きているのでしょうか?

また 最近法律も変わる?のでよりいっそう、たらいまわしが増えるかもと聞きました…

Aベストアンサー

「たらい回し」と称したことが適切かどうかわかりません。
実際にどのようなことだったのでしょうか?
病院の機能分化の行政方針があり、急性期病床、療養型病床などに分けられています。そのため急性期病床は半年以上など長期入院の場合の評価は低くなるような仕組みになっています。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~rojin_byouin_ic/rhic00.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報