問題に『0.1規定の酢酸100ml・・・以下省略・・・。』
ってかいてあるけど、『規定』ってどういう意味ですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 1リットル中に1モル当量の溶質が溶けているのが1規定ではないですか?酢酸なら


 CH3COOH=60
ですから、60g溶けているのが1規定ですね。0.1規定なら6g溶けている訳です。
 気をつけて欲しいのは、硫酸、炭酸や燐酸などの2塩基酸や3塩基酸ですね。モル当量ですから、2塩基酸は分子量の2分の1、3塩基酸は分子量の3分の1が溶けているのが1規定になります。
    • good
    • 3

皆さんの回答で充分ですが,edogawaranpo さんの回答に若干補足します。



一般的に言うと, 規定 = 当量 (eq)/体積 (L) です。

ここで,「当量」とは何かですが,これは今考えている反応の規準となるものがいくら出るかです。

例えば,酢酸などの酸塩基反応であれば,H+ あるいは OH- の数が規準となり,edogawaranpo さんがお書きの酸化還元反応では電子(e-)の数が規準となります。

そのため,同じ化合物であっても,考える反応が異なると,当量数が異なり規定度も異なってしまい,混乱の元でした。この混乱を避けるため,酸塩基反応以外では最近は使わないと思います。

では,何故この様な単位を使ったかですが。これは濃度未知(c)の化合物の体積(v)の溶液を,濃度既知(c’)の化合物で滴定してv’要した場合,c・v=c’・v’の式からcを簡単に求める事が出来るからでした。しかし,上述の様に,この関係を考えるには,反応式が分かっている必要があります。ですので,混乱の元の規定を用いなくても,モル濃度で充分で,これが規定を使わなくなった理由です。

ただ,酸塩基反応に限って言えば,同じ化合物が酸になったり塩基になったりする事は,通常の場合は,ありません。そのため,混乱が生じないので,まだ規定が用いられているようです。
    • good
    • 0

「規定」という濃度についてNo2.No3の回答が酸塩基滴定の考え方なので.酸塩基以外の場合の内容を。



酸塩基滴定の場合の硫酸水溶液の場合には.完全反応を想定した硫酸1モルあたり解離する水素イオンの発生量2モルですから.価数は2となります。
ところが.硫酸イオンを中心に考えた場合には.完全反応を想定した場合.硫酸1モルあたり解離する硫酸イオンは1モルで.価数は1となります。

現在の教育課程に含まれているか不明ですが.古い入試問題では.過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定が出題された場合があります。過マンガン酸は.酸性での化学反応とアルカリ性での化学反応では.反応が異なります。その結果.「規定」の計算に必要な「価数」が.どちらの反応か迷ったときに混乱するようにできていた引っかけ問題です。
以上のように複数の解釈が可能であり.現在「規定」は使われない傾向にありますので.近々モル濃度に統一されるでしょう。
質問文中の省略された内容によっては.別の濃度の場合もあります。

最後に注意点ですが.「化学」に限った内容では.規定は使わない方向にありますが.生物や医学の分野では.相変わらず使われています。分野によっては.他の定義が存在する可能性があります。
私はNo1の方の定義は.どの分野の定義か分かりません。したがって.No1の方の定義が有効であり.gからモル濃度へ換算して答えを求めよという問題の可能性を否定するものではありません。
    • good
    • 0

完全に電離した状態で、1L(=1dm^3)中に1molの水素イオン或いは水酸化物イオンを保有する溶液の濃度が1規定です。



従って、
 [規定濃度]=[モル濃度]×[価数]
となります。

亦、上の式を変形すると
 [モル濃度]=[規定濃度]÷[価数]
となりますので、

1価の酸・塩基の1規定溶液のモル濃度は1mol/L、
同様に2価の酸・塩基の1規定溶液のモル濃度は0.5mol/Lとなります。

件の設問は、
「0.1mol/Lの酢酸100mL云々」と読み替える事ができます。
    • good
    • 0

規定とは溶液の濃度をあらわす単位で、1リットルの溶媒中に1gの溶質が溶け込んでいることを1規定といいます。


0.1規定で100mLなら、0.01gの溶質です。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1N(規定量?)とは?

1N NaOH
という記述で、先生が、確か「1規定量」と読んでいたように記憶しています。
この規定量というのは何でしょうか?

ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

既にあるように、日化(日本化学会http://www.chemistry.or.jp/)では規定度「N」を使わないようになりました。これを受けて多くの業界では使わなくなりつつありますが、生きている業界(例 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03101000014.html、http://www.hokuriku-u.ac.jp/jimu/H16Syllabus/yakugaku/1nen/1-19.html等たまたま検索でヒットしたところ)もあります。にっかは化学系で最大の学会ですが、他の学会の決定には影響を及ぼしませんし、所詮、民間団体ですから立法を変更することはできません(国会での議決が必要、しかし、用語を置き換えると弁護士など法律家が理解できなくなるので、かなりの年月が経たないと変更されない。例、刑法の口語かには50年ぐらいかかった。ただし刑法の場合には法解釈の変更が何箇所か合ってここでもめた)。

酸塩基てきていの場合には、価数、でモル濃度を除した値
たとえば、
NaOHは一価だから、モル濃度と同じ
H2SO4は2価だから、モル濃度の半分
となります。

面倒くさいのが、酸化還元てきていの場合で、反応条件によって価数が変化する場合、6価クロム溶液とか過マンガン酸溶液で混乱しやすい。
沈殿てきていで、バリウムを硫酸でてきていする場合の硫酸のきていども混乱しやすいでしょう。
この混乱、モル濃度が異なる「同じ規定度の溶液」の存在、からにっかではモル濃度への統一を進めています。

一般人への化学の普及を目指したにっかのさいとを紹介しておきます
http://fchem.folomy.jp/
おまけ
http://frika.folomy.jp/

既にあるように、日化(日本化学会http://www.chemistry.or.jp/)では規定度「N」を使わないようになりました。これを受けて多くの業界では使わなくなりつつありますが、生きている業界(例 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S32/S32F03101000014.html、http://www.hokuriku-u.ac.jp/jimu/H16Syllabus/yakugaku/1nen/1-19.html等たまたま検索でヒットしたところ)もあります。にっかは化学系で最大の学会ですが、他の学会の決定には影響を及ぼしませんし、所詮、民間団体ですから立法を変更することはできません(国会...続きを読む

Q0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム

0.2mol/Lの酢酸水溶液10mLと0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液20mLの混合水溶液の[H+]は何ですか?

Aベストアンサー

溶液の電解質濃度が結構大きいから、実測しないと正確なpHは分からない。

Q内線規定とは?

電気工事施工に関する内線規定について教えて下さい。
内線規定は民間団体が各種法律に基づいて作成した
と聞いていますが、法律を遵守すれば、この規定に
違反しても法違反にならないのですか?
それとも、この規定を守らないと需要家として失格となり、給電を拒否されかねないのでしょうか?
また、「内線」の由来は何でしょうか?

Aベストアンサー

電気設備は電気事業法と経済産業省令である電気設備技術基準に準拠していることが必要です。技術基準は「火災のおそれがないこと」などと抽象的なので、「基準の解釈」が資源エネルギー庁から公表されています。これによると、「ガス管と電線は何m離して設置すること」とか、電線の太さは何Aのときは断面積何平方mm以上」などと、具体化しています。事実上これに準拠していないと使用前検査(新設時)、定期検査に合格できません。
これらの省令・解釈は「最低守るべき基準」になっています。
内線規定は法令で規定できない細部の補足や推奨的な事項が列挙されていて、技術基準・解釈を補完する位置付けです。


結論から言うと、内線規程は現時点で、一般家庭を除く需要家(特に高圧受電需要家)で設備を新設する場合に守るべき事実上のルールになっています。ただ、内線規定に沿って工事したかどうかをチェックする制度はありませんので、準拠しないからといって問題になることは有りません(寿命や安全性の点でよりベターなものが書かれているので、準拠しない場合はお客さんが困ります)

法令で予期していない、特殊な設計や新技術の採用は個別に経産局に相談し、保安上問題ないことが説得できればOKになりますが、時間と裏付け(実験データなど)が必要です。

なお一般家庭の工事は、電気工事士が、電気用品取締法に従った用品を使い、電気設備技術基準に沿って工事を行い、電力会社に受電の申し込みをすればよく、内線規程は必要ありません。

電力会社と接続する場合には「系統連系指針」が経産省から公表されていて、これに準拠しない場合は電力会社は接続を拒否できます。
電力会社は接続に際して技術的条件をユーザーに課すこともできますが、各社で定める供給規程に明示し経産省に届け出る必要があります。

電気設備は電気事業法と経済産業省令である電気設備技術基準に準拠していることが必要です。技術基準は「火災のおそれがないこと」などと抽象的なので、「基準の解釈」が資源エネルギー庁から公表されています。これによると、「ガス管と電線は何m離して設置すること」とか、電線の太さは何Aのときは断面積何平方mm以上」などと、具体化しています。事実上これに準拠していないと使用前検査(新設時)、定期検査に合格できません。
これらの省令・解釈は「最低守るべき基準」になっています。
内線規定は法...続きを読む

Q18Mの濃硫酸を用いて、0.1M硫酸を100ml作りたい

18Mの濃硫酸を用いて、0.1M硫酸を100ml作りたい

タイトル文のような溶液を作りたいので、僕は以下のように考えました。

100mlメスフラスコに18Mの濃硫酸を10ml入れ、水を加えて100mlにする。このとき、この溶液の濃度は1.8Mである。次に、この溶液から10ml取り出し、新たな100mlメスフラスコに入れる。そして、水を加えて100mlにする。このとき、この溶液の濃度は0.18Mである。次に、この溶液から10ml取り出し、200mlメスフラスコに入れる。この中に水を180ml加えると、この溶液の濃度は0.1Mとなる。この中から、100mlメスフラスコに100ml入れれば、0.1M硫酸を100ml作ることができる。

これでおそらく作れると思うのですが、
200mlメスフラスコには200mlの標線しか入っていないので、
ぴったり水を180ml加えることはできないと思います。
どうすればよいでしょうか。
その前にこの考え方であっているのかも心配です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>この溶液から10ml取り出し、200mlメスフラスコに入れる。この中に水を180ml加えると、この溶液の濃度は0.1Mとなる。

ここのところ計算間違いしてませんか?
0.18Mの溶液と水を5:4で混合すると0.1Mの溶液ができるはずなので、ここは「この溶液100mLに水を加えて180mLとする」になると思います。

特注で180mLのメスフラスコを用意する…なんて現実的じゃないですよね。

私なら、最初に濃硫酸と水を5:4で混ぜて10Mとしてからメスフラスコで100倍希釈するか、100mLのメスフラスコに0.18Mの溶液55.5mLと水を入れて100mLにしてしまいます。
どちらも誤差は出てしまいますが。


あと、細かいですが、
>100mlメスフラスコに18Mの濃硫酸を10ml入れ、水を加えて100mlにする。
この操作はおすすめできません。
水に少しずつ濃硫酸を加えないと火傷しちゃいます。

Q社内規定のサブタイトルにある”History”とは?

社内規定で、規定名の次の行に"History"と書いてあります。
これはどういう意味なのでしょうか?辞書を見てみたのですが、ぴったりする言葉がありません。
日本語でいえば、どうなるのか、教えてください。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

正確には「revision histroy」or「history of revision」

「改訂、改定、改正、修正」履歴

「history」はご承知の「歴史」ですが、「personal history」となれば「パーソナル・ヒストリー、履歴(書)、経歴、キャリア、個人歴、自分史」となり、編纂を重ねてきた履歴と表現するのが適当だと。

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Qsub-10nm resolutionとは

論文でたまに「sub-10nm resolution」という節を見かけます。
これって要は「1nm resolution」と同じ意味のことだと思うのですが
なぜこのような言い方をするのでしょうか?

Aベストアンサー

sub-10nm は10nm未満というように訳されますので、
10nm未満の分解能ということだと思います。
参考URLです(アルク)
http://eow.alc.co.jp/sub-/UTF-8/?pg=1

subdivide(分割する)を連想なさって1/10nmと推測なされたのでしょうか?

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Qオービスとは違う? Nシステムいついて

オービスと間違い易いNシステムがありますが、
OKなどでこのNシステムでもスピード違反を取り締まるようなことが書かれて疑問に思いました。
(上から3番目の投稿者10ptの人です。)
http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1688237
インターネットではNシステムでは通常ナンバー等を読み取るので、
スピード違反などの取り締まりはしてないというのが大方なのですが
どうなのでしょうか?
ご存知の方 いらっしゃいましたら教えてください。

またNシステムのストロボは日中でも気付くものでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 その3番目の人です(^^;

Nシステムは基本的にナンバーの読み取りを目的として、交通違反などの犯罪以外の調査に使われるというのが前提となっています、恒久的な設置型速度違反取り締まり装置の場合は、事前に取り締まり中もしくは取り締まり区間と明示しなければならず

それ以外の方法での検挙は、今の法律ではできないようになっています。

Nシステム設置区間に、この明示(看板など)はありません。


ですから、基本的にNシステムでは取り締まりできないようになっています。また、速度に反応して撮影をするという機構と連動するよう組まれていませんので、速度違反に関わらず全ての通行車両のデータが記録されます。

なおNシステムは可視光線を含まない光線を照射しているので(ストロボは組みこまれていません)、人間が発光したかどうか感じることはありません。

気がつかないということ。(^^;

Qこの0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液の[OH-]は何ですか?

この0.1mol/Lの酢酸ナトリウム水溶液の[OH-]は何ですか?
ただし、√2=1.4、酢酸の電離定数は2.0×10^-5、水のイオン積は1.0×10^-14 (mol/L)^2。

Aベストアンサー

[H^+]を求めて下さい。
酢酸ナトリウムは完全解離すると考えて構いません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報