仮定法をSubjunctive modeと言いますが、Subjunctive という語の語源等を教えてください。

手持ちの辞書には、〔「接続」が原義〕と乗っていました(ジーニアス英和)が、だからなんなのさ、という感じです。

皆さんの、薀蓄とか、推理とか、を(できれば出典情報つきで)お願いします。なるほどぉ、という説をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

とりあえず手許の本から,接続法に関わる記述をまとめてみました。



『はじめてのラテン語』大西英文(講談社現代新書)
[108ページ]
(ラテン語の)法には直説法と接続法,それに命令法,不定法があります。接続法は,ある事柄や事実を,話してあるいは書き手の心のフィルターを通して,たとえば願望や意志,可能性や不確実性などのニュアンスを込めて表現する法を言います。事実を客観的に述べる直説法の「する」に対して,「すべし」とか「してほしい」とか「するかもしれない」などといったニュアンスを表現するのが接続法です。
[238ページ]
ラテン語では,こうした接続詞によって導かれる節(従属節)にはよく接続法というものが使われます。接続法という名称もそこから来ています。

『言語学小辞典』(同学社)
[70ページ]
ドイツ語には直説法,命令法,接続法がある。直説法がある陳述内容を事実として表現するのに対し,接続法は陳述内容が単に考えられただけのもの,非現実的なもの,他者の発言であって話者自身はその陳述内容に責任をもたないことを表明する心的態度の表現形式。ドイツ語動詞の接続法はI式とII式の形態がある。I式は引用文として,要求,とりきめ,などの表現に用いられ,II式は非現実の表現,実現の可能性のない仮定など,あるいは外交的・ていねいな表現(敬語的表現)に用いられる。

『印欧語比較文法』高津春繁(岩波全書)
[263ページ](原文は旧漢字)
(印欧)共通基語の法(modus)には直説法(indicativus),接続法(subjunctivus又はconjunctivus),希求法(optativus)及び命令法(imperativus)があった。modusはその名の如くに話者の気持を表わすものであって,接続法の表わす感じは未来のそれに近く,明らかに心の中に描かれた,希求法はそれよりも漠然たる,未来を表わし,この二つの差を有しつつ両者共に願望と仮定を表わす。


そういえば,「叙想法」という用語もsubjunctiveの(「仮定法」より古い)訳語ではありませんでしたか? 「接続法」が文中での機能に着目した名称だとすれば,「叙想法」は表す意味に即した名付けだといえそうですが,このあたりは全く記憶モードです。

上に挙げたうち『はじめてのラテン語』は現代新書ですから,本屋で立ち読みでもしてご覧になってはいかがでしょうか。ラテン語の接続法の用法が詳しく解説されていますので,「subjunctiveの本質」を知る一助になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ある狭い道に拘って辿っていったら意外なところで開けてある場所にぱっと出た、そこは印欧語の世界だった…という感じで驚きました。最初の質問からは(私は)予想し得なかったタイプの情報です。m(__)m。世の中にはいろんな分野があるんですねー。情報源つきの回答をありがとうございます。

お礼日時:2001/06/25 15:08

英語の仮定法に当たるものを,ドイツ語・フランス語・スペイン語など多くの言語の文法では「接続法」と呼んでいます(ドイツ語ではKonjunktivのほうがふつう)。

英語の仮定法の使い方とはそれぞれ違ってはいるはずですが,いずれも,「話者の頭の中にある主観的な内容」を表す従属節で使われる点で共通しています。「接続」された文(=従属節)の中で使われる形,というのが元々の意味なのでしょう。Konjunktivならまさにconjunctionと同じ言葉です。

となると,英語ではなぜsubjunctiveが「仮定法」と訳されたのか,そっちのほうが気になってしまいますね。

この回答への補足

おもしろいページを見つけました。題して "God save the subjunctive!" 。題名で笑えました。中はまだ読んでませんけど。ご参考まで。
http://www.ceafinney.com/subjunctive/index.html

補足日時:2001/06/20 16:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。実を言うと、質問の背景には次のことがありました。「Subjunctive mood」の例文には、「仮定」法という名称から連想で説明しきれないような感じを覚えたのです(例: God save the King/Queen. 例: It is essential that every child have the same educational opportunities. 等(出典:Swan PEU))。そこで「仮定」という日本語からではなくて、「Subjunctive」という語自体から、「Subjunctive mood」の本質を、追跡できないだろうか、思ったことがきっかけでした。このような質問背景でしたので、欧州での複数言語で、この用法が「接続法」と呼ばれているとのこと、大変ありがたい情報でした。

いろいろ教えていただいた今、疑問は細分化され、て次のように感じています。

(1)挙げていただいた各国言語とも、仮定法の本質を得た範疇名を作り出せず、構造上の特徴を捉えて、ただsubjunctiveという名称にせざるを得なかった、と見るのが普通だと思うが、その普通の見方でよいのだろうか?
(2)そうではなくて、subjunctiveという名称は、構造上の特徴(従位接続)を単に表現しているという事実を越えて、なにか仮定法の本質を、捕らえ表現している可能性はないだろうか?
(3)なぜsubjunctiveを日本では、仮定と訳されたのか。深い思慮があってのことか、それとも、単に仮定しているから、という単純な理由と見るべきだろうか?

などと考えています。良い情報をありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 11:08

他の出典と言うことで、



Etymology: Late Latin subjunctivus, from Latin subjunctus, past participle of subjungere to join beneath, subordinate Date: 1530

by Merriam-Webster
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。また出典情報もありがとうございます。Merriam-Websterって、赤い色で真中が黄色い丸みたいな模様があるやつですか?例えば、Subjunctive という語を引くと、上記のように、Etymology:… という項目も載っているのでしょうか?だとすると便利かなーと思ったもので。

お礼日時:2001/06/20 11:15

sub(~の下に)+junctive(←joinに性質を表す語尾'-ive'がついて形容詞化)


で、「従属的な」「従属語」の意味です、元々は。
ラテン語の subjunctivus が起源で、当時の文法では「仮定法は従属節に属するものと考えられていたから」だそうです。

出典:研究社新英和大辞典 5版(1980)

この回答への補足

自分の質問文に綴り間違えを見つけました。Subjunctive mood (modeでなく)でした。失礼しました。お恥ずかしいです。質問には影響ないです。

補足日時:2001/06/19 15:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、素早い。回答ありがとうございます。「ラテン語の…が起源で、…当時…従属節に属する…と考えられていたから」。納得できますねー。従位接続詞 - Subordinate Conjunction- と綴りの構成要素が似ているのが、やっかいだな、と思ったら、時代を遡ってこんな繋がりが合ったのですね。おもしろい説を有難うございました。出典情報も大変助かります。

このトピックはしばらくあけて置かせてください。ほかの説の情報がありましたらお願いいたします。

お礼日時:2001/06/19 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジーニアス英和辞典の第五版が発売されるそうですが

ジーニアス英和辞典の第五版が発売されるそうですが、発売日は正確に判明しているのですか?

Aベストアンサー

学参ドットコムによると、12月17日が発売になっていますよ。

http://www.gakusan.com/home/info.php?code=0000002795072

参考URL:http://www.gakusan.com/home/info.php?code=0000002795072

Qジーニアス英和辞典によると、suicide seatというのは助手席と

ジーニアス英和辞典によると、suicide seatというのは助手席という意味だそうです。しかしながら、suicideというのは、自殺という意味です。直訳したら、自殺者席という意味になるような気がするのですが、どういう語源なのかが気になり質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

交通事故で最も死亡率の高い席が助手席から来ているためと思います。「何かあったとき、運転手は本能で自分の身を守るためにハンドルを切る、そのため、助手席側に物が追突することになりショックが一番激しい席になる。」

このために、接待等で客をもてなすときは、日本では、運転手の後部座席に長老(会社の偉い人)を案内します。

Q仮定法過去、仮定法過去完了の否定文について

仮定法過去、仮定法過去完了の否定文
というのを見ないのですが、
文法的には

仮定法過去は
If S didn't V , 

仮定法過去完了は
If S hadn't V

になるのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

それでよろしいと思いますが、仮定法の否定の定番、

仮定法過去なら

If it were not for~

Were it not for~

But for~

Without~

仮定法過去完了なら

If it had not been for~

Had it not been for~

But for~

Without~

などを必ず押さえておいた方がよろしいかと!

また仮定法過去の be 動詞は必ず主語にかかわらず were を使うとか…!

Q山とか海とか湖とか川とか丘

英語で、山と湖の呼称は‘Mt.’や‘Lake’が前について、海と川と丘は‘sea'や‘river’や‘hill’が後ろにつくのは何故でしょうか?何か理由があるとしたら教えてください。

Aベストアンサー

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えたっているような感じではありません。それは、高さの違いから起こって来るものだとも言えます(平野では、高さ100mぐらいの丘も、「山」と呼び、山地部では、高さ2千mの山も、「丘」と呼ぶ例があるようです)。
 
  前に付くか、後ろに付くかでは、mountain も lake も、後ろに付く場合があると思います。例が思い当たりませんが、固有名を、例えば、abcd とすると、abcd mountain, abcd lake が英語では自然だからです。
 
  Mt.***** という形の山の名は、Mountain ***** ではありません。Mount ***** と読みます。
 
  しかし、一般に、よく知られている山や湖は、Mt. や Lake で始まっています。これは、恐らく、mount, moutain や lake がラテン語起源で、フランス語を経由して英語に入って来たためだと思えます。フランス語だと、英語のように、二つの名詞を並べて、前の名詞が形容詞的な意味となるというような用法は、基本的にありません。最近は、英語の影響を受けて違うかも知れませんが。(このサイトの質問の或る人のフランス語の回答を見ると、そういう例を書いていましたが、間違いではないかと思うのですが、最近はフランス語でも、そういう用法があるのかも知れないので、間違っているとは言えませんでした)。
 
  フランス語だと、山は、mont(モン)で、普通、この後に山の名が来て、山の名が、形容詞のような働きをします(mountain に当たるのは、montagne で、こちらは「山」の一般的な意味で使いますが、山の名前の場合、mont の方のようです)。le mont ***** で、*****山、という形になります。複数だと、「山脈」ですが、les Monts rocheux(または、les montagnes Rocheuses) は「ロッキー山脈」ですが、英語でこれは、the Rocky Mountains になります。(ロッキー山脈は、英語でもフランス語でも「岩の」という形容詞が rocky ですから、例として不適切としても、アルプス山脈は、英語で、the Alps Mountains と言います)。
 
  英語の Mt. **** は、フランス語の言い方を踏襲しているのです。
 
  lake は、ラテン語起源で、これもフランス語を経由して英語に入って来たものです。mount と同じような規則が働くのでしょう。レマン湖はフランス語だと、Lac Leman で、こういう風に、名前が後ろから形容詞的に働きます。英語だと、Leman lake が自然なのですが、慣習的に、lake の後ろに、湖の名前を付けているのでしょう(また、フランス語だと、le lac de **** という言い方もするはずで、英語でも、これに対応して、the lake of **** というのがあるはずです。ソルト・レークは、最初から英語で名前を付けたもので、ソルトは、固有名というより、「塩」という普通名詞で、「塩の湖」の意味です)。
 
  川の river は、ラテン語起源ですが、イギリス・ラテン語を通じて英語となっていて、フランス語を経由したのでありません。しかし、古い言い方が残っているイギリス英語では、テームズ川を、the River Thames と言い、アメリカでは、the Thames River と呼ぶようです。その他の場合も、イギリスでは、river を前に出すようです)。
 
  sea や hill は、hill の方はラテン語やギリシア語に平行形があるようですが、元々ゲルマン語です。ゲルマン起源英語の場合、名前+sea, hill というような形が自然なのです。
  

 
  固有名詞の場合、慣習的に決まっているものが多く、アメリカやイギリス、オーストラリアの政府などが、mountain と hill の区別を法律で決めても、慣用的表現はあまり変化しないと思います。
 
  mountain と hill の違いは、端的に、山の高さの違いでしょう(1000フィートを基準というのもありますが、厳密なものではありません)。それと、mountain というと、「山脈」の意味もあり、頂上が聳えたっているもののイメージですが、hill は、高台のような感じで、「丘の頂上」と言っても、聳えた...続きを読む

Q英語のSubjunctive

以下の文章のどちらが正しいか教えて下さい。
I suggest that he do it.
I suggest that he does it.
文法的には前者が正しいと思うのですが、周囲のネイティヴ3人(いちおうインテリです)に揃って「絶対に後者」と言われました。
------------- he remain here.
------------- he be more modest.
等については争いありません。動詞"do"については、subjunctiveにおいて独自の活用をするのか、単純に口語と文語のズレか・・・。いずれにせよ、そのどちらかに帰着するとは思うのですが。
100%自信のある方のみ回答お願いします。

Aベストアンサー

>100%自信のある方のみ回答お願いします。

まぁまぁそう硬いこと言わずに・・・
難しいですね。答えようとすると???となってしまいます。きちんとした理論や規則があるのでしょうか?

一般に、強い提案や要求、命令の意味を持つ動詞や名詞に導かれその要求などの内容を表わすthat節の中は、主語にかかわらず動詞の原形を用いるのが正しいと考えられます。
諸説あるらしいですが、助動詞shouldの省略なのではなく仮定法現在の用法なので、もともと動詞の原形を用いるのが正統で、現在では逆にイギリスでshouldをつけるようになった用法も容認されるとのことです。たいていの文法規則がイギリス→アメリカと移って、省略可となっていくのに、アメリカ→イギリスに戻ってshouldの付加が容認というのも面白いです。(教科書的なsuggest that S [should] 原形動詞という記載はshouldの省略が可能なのではなく、shouldをつけても容認されるという意味だったのですね。)

さてさてthat節の中で仮定法現在を使う意味は、こうあるべき現在を想定する=現状(近未来)を変えるのだ!という命令的要素が強く、「提案/要求/命令して、~という状態にする」という意味を表わすからだと考えられます。

propose, require, orderなど意味が強い動詞は、ほぼ100%that節は仮定法現在にするべきと思いますが、学校英文法ではsuggestもこのグループに入れられましたが、suggestは他の動詞に比べて弱すぎるのだと思います。

suggestの意味は、
propose for consideration: to state or refer to somebody or something as a possible choice, plan, or course of action for somebody else to consider
他人に行為を直接要求するのではなく、(行為するかどうか)考慮を要求するという消極的・間接的提案です。そういった意味で(そうあるべき現在を強く思う)仮定法現在とは相性がよくなさそうです。

that節の中をみていきますと、述語動詞として、
beやremainなど状態動詞は、
「状態を変えてもらい、その状態をとどめてもらう」という意味で直接的で、命令的要素(提案の結果、相手の行動が変わる必要がある)があり、仮定法現在でよいと思います。
動作動詞の場合は、ケースバイケースではないかと思います。
1. we,youが主語なら動作対象が目の前にいるので、(はっきりと行動を変える)提案と考えられるので仮定法現在でよい。
2.(主語を問わず)習慣的動作/行動もこれはしっかりと意思を持って行動を続けないといけないので、仮定法現在でよさそうですね。
3. それ以外で単一の動作をしめす場合は、内容によると思います。

do itが何を指すかによると思いますが、「これちょっとやってみたら?」という意味にしかならない場合、
I suggest that he does it. が正しいと思います。
I suggest that he should do it. 仮定法現在ではなく提案の助動詞shouldを使うのもOKだと思います。
I suggest that he do it. は、suggestと仮定法現在の強さの差が違和感になるのではないかと思います。
I propose that he do it. なら良いはずです。(proposeは直接行為を提案・要求する)。

他の文法規則でもよくみられますが、公式のように形だけから文法を判断することはことはできずに、意味をよく考えないとわからないことも多いですね。

100%の自信はありませんが、思うところを書いてみました。何かのご参考になれば幸いです。
まぁ何か書いておけば、誰かもっと核心をついたご解答を寄せてくれるでしょうから露払いとお思いください。

(tyuutaさん。they do, he doesのdo、doesは原形ではなく現在形(they doの場合は形は一緒ですが)ですよ。お気を悪くなさったらごめんなさい)

>100%自信のある方のみ回答お願いします。

まぁまぁそう硬いこと言わずに・・・
難しいですね。答えようとすると???となってしまいます。きちんとした理論や規則があるのでしょうか?

一般に、強い提案や要求、命令の意味を持つ動詞や名詞に導かれその要求などの内容を表わすthat節の中は、主語にかかわらず動詞の原形を用いるのが正しいと考えられます。
諸説あるらしいですが、助動詞shouldの省略なのではなく仮定法現在の用法なので、もともと動詞の原形を用いるのが正統で、現在では逆にイギリス...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報