20年や30年公務員をしていると「恩給」というものが年金とは別で、退職後に出ると聞いたことがあるんですが、本当なんでしょうか?ご存知の方おられましたら、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地方公務員ですが、恩給制度は聞いたことがありません。


地方公務員の場合、共済年金ですが、老齢基礎年金は、他の年金と勿論同じですが、報酬比例部分が他の厚生年金より高めですので、古い方が恩給と勘違いしていると思います。もちろん、高めに設定されているだけあって、掛金も高いです。私は30代前半ですが、事業主負担は、もちろん除いて、個人として月々約3万円ほど払っています。
年金制度について厳しさが叫ばれる時代、そんな有利な制度があるんだったら、真っ先にマスコミに叩かれると思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですよね。そんな制度があったら腹が立つなあ~と思っていたものですから、回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 08:40

(1)一定年限勤続後退職した公務員および旧軍人、またはそれらの遺族に国が恩給法に基づいて支給する年金または一時金。

1956年(昭和31)に公共企業体職員等共済組合法、58年に国家公務員共済組合法、62年に地方公務員等共済組合法が制定され、順次共済組合制度に移行。
(2)鎌倉・室町時代、家臣の奉公に対して主人が所領などを与えること。

以上は大辞林 第二版の書かれています

詳しくは恩給制度の概要をごらん下さい

参考URL:http://www.soumu.go.jp/jinji/onkyu.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 08:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金受給額(国民年金+共済)

将来もらえる年金について教えてください。
現在40歳で、自営業をしており国民年金を支払っています。
過去10年間、公務員をいていた時期がありその間は共済年金です。

40年間の納付で満額74万円の国民年金らしいですが、私の場合は
①国民年金40年間分+共済年金10年間分 なのか
②国民年金30年間分+共済年金10年間分 どちらなのでしょうか?

というのも年金は2階建て方式だから共済年金は「国民年金」+「共済年金」だから
ベースとなる国民年金分と上乗せした共済分で支払っていたと考えると①な気がします。

しかし共済年金自体は国民年金と別物と考えると支払い年数だけで②の気もします。

よくわからないので詳しい方教えて下さい

Aベストアンサー

今後もずっと会社勤めもしないのであれば、
①国民年金40年間分+共済年金10年間分
となります。

国民年金=基礎年金部分であり、
2016年現在、40年満額で
年金額780,100円です。

これがベースとなるものです。

それに加えて厚生年金部分
10年分となり、今後会社勤め等
されて厚生年金に加入すると、
この10年にプラスされていきます。

さらに共済年金特有の従来の
職域部分があります。

あなたの場合、共済組合でないと
正しい計算はできません。

下記をご参照ください。
http://chikyosai.or.jp/division/long/outline.html#longsec01-4

Q公務員(地方公務員・国家公務員)職種別一覧について

公務員(地方公務員・国家公務員)職種別一覧について、判りやすい表等になったものを探しています。
例えば、地方公務員 → 町役場職員・市役所職員・学校教員等と言った感じのものでも結構です。
何方かご存知の方おりましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

簡単な一覧表にし難い複雑さがありますので、こんなサイトを参考にするのはどうでしょうか?

http://www.公務員の種類.com

Q私学共済年金と国民年金の老齢基礎年金の仕組みって?

至急の回等できましたらお願いいたします。

65歳になりました。過去に厚生年金・国民年金を数年支払、現在、私学共済の加入者で、支払延期に関する書類が年金機構と私学共済から届いており、5月中に回等しなければならない状態です。私学共済年金は一部停止状態です。

受給年金について、公的年金の内訳は老齢厚生年金と老齢年金になります。年金機構担当者によると65歳になると定額部分が老齢基礎年金に移行して厚生年金比例部分+老齢年金(国民年金支払分含む)になります。

私学共済担当者によれば、年金受給額は私学共済年金と公的年金は合算したものになるといいます。しかし、注意事項に、「65歳になると退職共済年金の一部が老齢基礎年金として国民年金から支給されます」とあります。

定額部分の金額が40万近くあります。どちらが本当の受給額なのでしょうか

(1)私学共済から提示された年金額+公的年金額
(2)私学共済から提示された年金額+(公的年金額ー私学共済定額分)

60歳定時の年金加入期間が合算で25年と少ないので、この受給金額の差は
かなりおおきいです。また、繰り延べするか、すぐ返事をださなければならないので
その決定基準として本当の受給額をしりたいです。


よろしくお願いいたします。

至急の回等できましたらお願いいたします。

65歳になりました。過去に厚生年金・国民年金を数年支払、現在、私学共済の加入者で、支払延期に関する書類が年金機構と私学共済から届いており、5月中に回等しなければならない状態です。私学共済年金は一部停止状態です。

受給年金について、公的年金の内訳は老齢厚生年金と老齢年金になります。年金機構担当者によると65歳になると定額部分が老齢基礎年金に移行して厚生年金比例部分+老齢年金(国民年金支払分含む)になります。

私学共済担当者によれば、年金受...続きを読む

Aベストアンサー

> 担当者はa の年金額だというのですが、試算票には「65歳になると・・・・されます」の
> コメントがついています。
> 担当者の言葉通りだと、ご指摘された1)ということになるのですが、4月の定時と5年分を
> 加算して算出した6月以降の年金額がほぼ同じ場合は定額部分は含まれていないと
> 解釈してよろしいのでしょうか。お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。
関与したからには責任ある回答をしたいのですが、如何せん、資料が見えないので無責任な推測の域を出ません。
それでもよろしければお読み下さい。
現時点で斯様な回答があると言う事を考えると、次のような内容になると愚考いたします。
 ・私学共済からの提示金額
  「給与比例+職域」であり、65歳までの加入実績に応じた金額
 ・40万円
  65歳からの老齢基礎年金の金額。
  但し、これは「厚生年金の定額部分+私学共済の定額部分」では無く、
  「私学共済の定額部分のみ」と考えられる。理由は、老齢基礎年金の
  満額は約80万円[40年間加入]なので、40万円は加入期間が
  約20年に対する給付となるからです。
よって、ご質問者様の解釈どおりで良いと私は考えます。

> 担当者はa の年金額だというのですが、試算票には「65歳になると・・・・されます」の
> コメントがついています。
> 担当者の言葉通りだと、ご指摘された1)ということになるのですが、4月の定時と5年分を
> 加算して算出した6月以降の年金額がほぼ同じ場合は定額部分は含まれていないと
> 解釈してよろしいのでしょうか。お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。
関与したからには責任ある回答をしたいのですが、如何せん、資料が見えないので無責任な推測の域を出ません。
それでもよろしけれ...続きを読む

Qあと2~3年すると公務員の退職者が、、、

いっせいにでてくるので公務員になりたい人はチャンスだと聞きました。

これは本当でしょうか?そして具体的にどういうことなのでしょうか?

回答おねがいします

Aベストアンサー

公務員といっても職種は様々です。
最も人数の多い「教員」、しかも「都市周辺部」に限ると、行財政改革の定数への影響は少なく、子どもの数もそれほど減らないことから、平成20年ぐらいまでは「大量採用時代」になります。
すでに、ここ数年は本採用教員の数が増えています。

50歳代の教員が、どんどん定年退職を迎えるため、採用を増やしているのが原因です。

Q国民年金と厚生年金と共済年金

共済年金10年加入、厚生年金12年加入、国民年金(1号及び3号)20年加入
この場合受給はどの年金になるのでしょうか?
国民年金になり安価な受給額になってしまうのですか?
年金は年々条件が悪化し今後どのようになるのかは置いておき
現状の規則ではどのように扱われるのでしょう?

Aベストアンサー

>共済年金10年加入、厚生年金12年加入、国民年金(1号及び3号)20年加入

・国民年金が40年分(上記どれかの年金に20~60の間加入していた場合)
・共済年金10年分
・厚生年金12年分

が受け取れるものです。国民年金は共済年金や厚生年金加入期間中も2号被保険者として加入しています(20~60才の期間のみ)。

3号加入期間があるということは婚姻していて配偶者が厚生年金や共済年金の加入者でしょうか?
だとすると、共済や厚生年金の加入期間が20年に満たないのはgoodです。
(20年以上の加入期間があると配偶者がもらえる加給年金が出なかったりするので)

Q公務員の退職金はどの程度までカット可能なのでしょうか。退職を数年後に控

公務員の退職金はどの程度までカット可能なのでしょうか。退職を数年後に控えている職員の退職金を半額や3割カットすることは条例が議会で可決されれば可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

地方公務員には労働基本権がない代償として、人事委員会等を通じて給与等の労働条件に関する勧告を求めることができます。一方的に議会で議決したとしても、労働者である公務員に不利益を与えるのに合理的な理由がなければ許されないと考えるべきでしょう。ゴリ押しすれば公務員が仕事をしなくなり、また優秀な人材がいなくなるだけのことです。

Q私学共済年金について教えてください

看護学生として病院の就職活動しているものです。
私立の大学病院に就職すると、私学共済事業団の年金に入るようなんですが、民間病院の厚生年金にくらべると優遇されるのでしょうか? また国立の大学病院の共済年金とも受給額は変わってくるのでしょうか?
調べてみたんですが、いまいち良く分からないので是非教えて下さい。

Aベストアンサー

#1の方は「公務員共済がもっとも有利」と書かれていますが、国家公務員共済と私学共済は給付レベルが一緒です。
また、掛金率(標準報酬月額から保険料の額を算定をするために乗じる率)は、現在は私学共済が一番低いです。
よって、「コストパフォーマンス」的には私学共済が一番よいです。ま、どの年金制度も一元化の方向にありますから、今の話をしたところで将来的には同じになってしまうでしょうが・・・。

なお、私学共済加入を前提に書かれていますが、私立大学の全部が私学共済制度に加入しているわけではないですので、念のため(既に確認されていることだとは思ういますが)。

Q公務員が別の公務員試験を受ける場合

私としましては、自衛官や警察官でない限り特に普通の
受験者と変わらないと思うのですが…

一般の地方公務員が他の地方公務員の試験を受ける事は違反行為になるのでしょうか?

また、試験に合格して新しい職場に移る場合、
職務専念義務を解かれなければ職務を続ける
義務が公務員にはあると思いますので、その
実務上の取り扱いについてご存じの方がいらっ
しゃいましたら加えてお教え下さい。

Aベストアンサー

私自身、市町村職員の身分のまま
県職員の採用試験を受け合格しました。
もちろん履歴書には市町村に在職中、
と正直に書きましたよ!

翌年3月31日に前職を退職し、
4月1日付で採用になりました。
合格が判明した段階で上司には報告、
退職願は2月に提出しました。

私のまわりにも
国から県、県から市町村、
市町村から市町村、というように
公務員の身分まま、別の公務員試験を受け
合格している人結構います。

Q将来の年金受給額の目安と遺族年金について

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?
(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?

いくつかの年金シミュレーションを試しましたが複雑で解り難いです。年金についての知識が甘く、内容に矛盾があるかもしれません。訂正・補足はしますのでだいたいの目安を教えて下さい、お願い致します。

●私37歳、厚生年金5年4ヶ月(月収約15万)と国民年金29年2ヶ月

●主人43歳、厚生年金9年1ヶ月(月収約18万)と国民年金24年0ヶ月 何れも60歳まで加入した場合です。

●国民年金基金に加入済み、夫婦それぞれ毎月3万の上乗せです。

●子供は1人(今年で2歳)、今後2人目の予定は無し。

(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になる...続きを読む

Aベストアンサー

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額80万となります。
加入期間は、ご質問者が5年4ヶ月の2号被保険者期間+29年2ヶ月の1号被保険者期間で合計34年6ヶ月ですね。ですから 34.5/40×80万=69万/年となります。

ご主人の方は同様に33年1ヶ月ですから66万/年となります。

厚生年金については、ご質問者が年7万程度、ご主人が年13.5万程度になるでしょう。

あとは現在加入している国民年金基金ですね。

>(2)国民年金の遺族年金だと子供が18歳になるまでの支給ですよね?
正確には18歳到達年度以下の子供ですね。(平たく言うと高校卒業まで)
ただ国民年金1号被保険者としての加入期間が25年以上ある場合は妻自身が年金を受け取れるようになるまで寡婦年金というものがもらえる場合がありますが、ご質問内容からすると関係はしそうにはありませんね。

>わずかですが厚生年金での遺族年金は付加されるのですか?
現在は厚生年金加入者ではないので短期要件には該当しませんから、長期要件を満たした場合にはもらえます。
長期要件は、厚生年金と国民年金の加入期間のあわせた年数が25年以上です。
金額は(1)のご主人の計算の3/4になります。

>(3)子供が18歳未満の場合、18歳以降私が60歳になるまでの間、私が60歳以降65歳の間、私が65歳以降とそれぞれ受給できる遺族年金は具体的にいくらなのですか?

子が18歳到達年度以下で貰う遺族基礎年金は102万/年です。
この時の遺族厚生年金については金額は先に述べたとおりですが長期用件を満たすかどうかでもらえるかもらえないかが決まります。
年金未加入の期間がなければご主人が45歳以降で死亡した場合には要件の25年を満たすはずですが。
妻が65歳以降については、妻の老齢基礎年金+ご主人の遺族厚生年金となります。

(妻自身の老齢厚生年金を受けるプランも選択できますが、ご質問の設定条件ではご主人の年金を受けた方がよいように思われます。妻の老齢厚生年金の1/2+夫の遺族厚生年金の2/3というプランも在りますがほぼ同額です)

なお、遺族厚生年金にある中高齢寡婦加算については、厚生年金加入年数が20年に満たないのでつきません。

>(4)主人は契約社員なので60歳以降は基本的に仕事は続かないと思われます。
雇用されている場合には厚生年金加入が原則と思いますが、、、。国民年金基金に加入とかかれていいたので、御主人は厚生年金加入者ではないと仮定して回答しています。もし加入者であれば遺族厚生年金の扱いが全然違いますから補足下さい。

>年齢差6歳の為、主人が60歳からの10年間は個人年金での付加を検討中です。共済年金に注目していますが他に良いアドバイスは?
正直年金商品はどれも50歩100歩です。個人的には以前に郵便局の商品に興味を持ったことがあります。
調べてみて下さい。

>(5)夫婦で60~65歳までの任意加入(?)した場合とそうでない場合では受給額にどくらいの差があるのでしょうか?5年間二人とも任意加入すればトータルで年20万受給額が増えます。

まず公的年金では物価スライド制なので現在の金銭価値として幾らかという試算になり、また更に金額的に変わる可能性もあることをご了承下さい。
あとお書きになった加入期間ですが、国民年金加入期間とあるのは1号被保険者期間(直接国民年金に加入し保険料を支払う形)だと推定します。
問題は厚生年金加入期間のうち20才未満の期間がわからないのですが、一応厚生年金加入期間はすべて20才以上として考えます。

>(1)65歳以降、夫婦それぞれの年金受給額は?
老齢基礎年金は、40年の加入期間で満額...続きを読む

Q大正14年の国家公務員I種の月収

大正14年度の貨幣価値について調べています。
様々な物価、消費者指数などは日銀や統計局から資料の入手が出来ましたが、国家公務員の月収に関する資料が手に入りません。

国家公務員ですと人事院の範疇だとは思うんですが、人事院サイトでも検索の仕方が悪いのか情報がヒットしません。

どなたか大正14年度の国家公務員I種の月収についての資料が開示されているURIをご存知ありませんか?

※最悪、年収でも大丈夫です。

Aベストアンサー

人事院は戦後に作られた機関ですので、人事院のHPには、
戦後からの情報しか掲載されていないのではないでしょうか。

ホームページ上の資料ではありませんが、
『公務員給与序説』(稲継裕昭著、有斐閣)という本に
大正14年の国家公務員の給与額が載っていますので、
参考になるかと思います。
(値段はかなり高いですが)

ただ、戦前は公務員の任用制度が現在とは違い、
?種採用職員などといった括りにはなっていないので、
比較は難しいかもしれません。

参考URL:http://www.bk1.jp/product/02563694


人気Q&Aランキング

おすすめ情報