お世話になります。一人暮らしをしていた母が昨年9月15日に他界致しました。自宅を整理していたら自筆の遺言書が出て来ました、財産はすべて私に相続させる内容です。司法書士さんに依頼して家庭裁判所で検認の手続きを済ませました。その時司法書士さんにより30年間行方不明だった兄を探していただきました。家庭裁判所にて兄と話し合い、兄から相続放棄の話を頂きました。その事を司法書士さんに伝え、相続権放棄なる旨の書面と署名捺印をお願いする手紙(私が書いた)に、相続の内容(不動産の価値、預貯金の額)を書いて送ったほうが良いのでしょうか。兄はその時、親の面倒や親戚との付き合いをすべて私に任せてきたので、相続はすべて放棄すると言ってくれました。相続する額もそう多くは有りません。なるべく穏便に済ませたいと思っているので、ここで相談させていただきました。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

感謝の気持ち、面倒をおかけすることへの詫び、その程度でよいのではないですかね。


変に遺産の内訳などを知れば、やっぱり放棄しない・遺留分減殺請求しないと言いかねませんからね。

以前私が司法書士事務所の職員として、資格者及び依頼人から手紙を作成したことがあります。その時には、事実ではありますが少し大げさに、生活財産(住まい)ぐらいしかないため、相続放棄の協力をお願いしますと書きましたね。

遺言書があるから遺留分だけという方もいるかもしれませんが、遺留分の減殺請求をされて困るリスクを残すべきではありません。
行方不明だったお兄様が言われているように相続放棄してもらうことが大切です。
書類作成費用をあなたが司法書士へ払い、その書類と司法書士への委任状にお兄様が署名捺印してくれさえすれば、裁判所で放棄の受理手続きが可能でしょう。放棄の手続きは比較的簡単なものですからね。

人間的なトラブルを回避するために、お兄様にははんこ代(押印のお礼)などを払ってもよいのかもしれません。私が関与した時には、そこそこの金額のお菓子を宅急便で送り、手続き終了後に改めてお礼のお手紙を出していましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
手続き終了後に、お礼の品を送ることにいたします。

お礼日時:2016/06/16 09:54

遺言書があるので、兄の意思は、遺留分の請求をしないということなので、よけいなことはしない方がよいです。


書類にするとなると、第三者に相談して、気が変わることもある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り、余計な事は避けておきます。

お礼日時:2016/06/16 09:52

他の方が指摘しているように、これは相続放棄


ではなく、遺産分割の話しですね。

遺産分割において、お兄さんの取り分をゼロに
する、ということだと思います。


家庭裁判所にて兄と話し合い、兄から相続放棄の話を頂きました。
その事を司法書士さんに伝え、相続権放棄なる旨の書面と
署名捺印をお願いする手紙(私が書いた)に、
相続の内容(不動産の価値、預貯金の額)を
書いて送ったほうが良いのでしょうか。
   ↑
遺産分割なら、お兄さんと質問者さんの間
だけの問題です。

アトアト問題にならないように、遺産分割の
内容を書面にしておくことは良いことです。
具体的に、どう書いたら良いかは、司法書士
さんに相談するのも良い方法です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/06/15 09:25

まず 兄が見つかって話を持って行ったのはいつですか? 相続があったことを知った日(なくなった日ではありません)から3か月経過すると法的な相続放棄は出来ません。


それはともあれ、法的な相続放棄は 本人(兄)が家庭裁判所に申して出て 許可を得る必要があります。
もう一つの方法としては、兄を含めて 遺産分割協議を行い 兄の取り分はゼロとする遺産分割協議書を作成することです。この場合、兄の記名・押印(実印)が必要です。
後者のほうが簡単ですので そちらをお勧めしますが いわゆる判子代として それなりの金額は差し上げたほうが無難だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/06/15 09:23

相続放棄とは、相続人が相続があったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があります。

相続放棄の要件を満たさないような気がします。

遺留分の放棄のことではありませんか?
たとえ、遺言書であなたにすべて相続させるとしても、
兄には法定相続分の2分の1をもらう権利があります。ですが、これは兄自身が遺言書のとおりで構わない、と言うのであれば、権利行使をする必要がありません。
兄に相続財産の内容を教えることによって、たくさんの財産があるから、前言を覆し、遺留分の権利行使の主張をする可能性もあります。
逆に、何も教えてくれないからと、金額とか具体的なことは明記せずに、遺留分の権利行使をすることもあります。

正直言って、どちらが正しいとは言い切れないような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/06/15 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兄の死亡後、家族が相続放棄しましたが、私も相続放棄しなくてはなりませんか?

兄は債務が多く、亡くなって家族はすぐ相続放棄したとの連絡を受けました。
兄との交流は無く、先日家族から亡くなった事知らされました。
債務が多く、生前から相続放棄するようにと言われたそうです。
私は実弟ですが、私も相続放棄の書類を家庭裁判所に送る必要はあるのですか?

Aベストアンサー

家族が2度でてきますが、兄の家族なのか、あなたの家族なのか判然としないのですが、

兄から見て、

0:配偶者
1:子
2:直系尊属
3:兄弟姉妹

までが相続人となる範囲です。ただし先順位の相続人がいれば、次順位以下は相続人になることはありません。ですので、兄から見て先順位の相続人がいる、いても全員相続放棄したのでない限り、あなたは相続人になることはありません。(配偶者0と記載しましたが、どの順位とであれ常に相続人となります。)

生きている先順位人全員、相続放棄したということであれば、相続というお鉢があなたに回ってきたわけで、どうするかはあなたが決めることになります。

Q法定相続人すべてが相続放棄すると?債権者は泣き寝入り?

たとえば5000万の財産を残して亡くなった場合で、法定相続人が一人もいない場合は、その5000万は国の物になると聞いた事があるのですが、その理論からすると借金の場合は国が債権者にしはらうのですか?

Aベストアンサー

 相続人の全員が相続放棄をした場合には,相続財産は,法人とされ(相続財産法人,民法951条),相続財産管理人が選任されて(952条),清算手続を行います(957条)。

 その手続では,相続財産を評価し,現金化が必要な場合にはこれを売却し,債権者にそれぞれ支払をします。債務超過の場合には,相続財産法人に対して破産の宣告を求め,破産手続で清算をします。

 相続財産が,特別縁故者に分配されたり,国庫に帰属するのは,その後でなお残りがある場合です。

 ですから,債権者としては,その清算手続を通じて債権の支払を受けること(最悪,破産手続で配当を受けること)ができます。当然,負債ばかりで財産がない場合には何もありませんし,ぼやぼやしていると,清算手続から除斥(排斥されること,958条の2)されてしまいますが,全員が放棄したからといって,支払を受けることはできます。

 ここから分かるように,債権者に対しては,国が支払うのではなく,相続財産が国に帰属する前に,相続財産管理人が支払をするのです。

Q兄の死の直後に母が死んだ場合の再転相続と相続放棄

兄が多額の債務を抱えて死亡しました。
兄には奥さんと、2人の子供と、母と、私を含め数人の兄弟姉妹がいました。
2人の子供のうち1人は兄の死亡直後に相続放棄の手続きをしましたが、残る1人の子供と奥さんが相続放棄をする前に、母が死亡しました(兄の死後、1ヵ月後)。
残る1人の子供と奥さんは近く相続放棄の手続きをする予定です。
私たち兄弟は全員が相続放棄するつもりですが、法律の調べてみると、第1順位の推定相続人が相続放棄をする前に第2順位の推定相続人の母が死亡したために、再転相続という問題もあるようです。
私たち兄弟は兄の債務を相続しないためには、どのような手続きをすればいいのでしょうか?
また、私たち兄弟が相続放棄したことによって、私の子供や甥、姪が代襲相続することになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 被相続人母についての相続放棄をすれば、再転相続の問題は生じませんが、御相談者は御母様の相続をすることができなくなってしまいます。もし、お兄様の債務を負うことなく、かつ、御母様の相続はしたいというような場合は、次のような順番で手続をすることになります。(御相談者の示された人以外に相続人がいないことを前提にします。)

1. 亡兄のもう一人の子(第一順位の相続人)及び妻(配偶者)が、被相続人兄についての相続放棄の申述をする。
2. 1.の申述受理後、被相続人兄の相続人である母(第二順位の相続人)の再転相続人全員(亡兄の子2人、御相談者及び御相談者の兄弟姉妹全員)が共同して、被相続人兄についての相続放棄の申述をする。
3. 2.の申述受理後、御相談者及び兄弟姉妹全員(第三順位の相続人)が被相続人兄についての相続放棄の申述をする。

 上記のように複雑な手続になりますので、弁護士又は司法書士に依頼された方がよいでしょう。

Q父の相続を放棄すれば祖父の相続も放棄することになるか

私の父が最近亡くなりましたが、相続財産の中に祖父名義の土地が含まれています。祖父は40年ほど前に亡くなったのですが、おじおばの間で話がこじれ父が亡くなる前には決着がつかなかったのです。祖父の相続争いには巻き込まれたくないので父の相続を放棄しようと思うのですが、これで祖父の相続争いから抜けることができますか。それとも父が祖父の相続を普通承認しているのでいまさら放棄できないのでしょうか。また放棄できるとしたら相続放棄の申述書には父と祖父の両者の名前を書いておいたほうが無難ですか。

Aベストアンサー

亡父の相続を家裁で放棄することによって、お察しのように
すでに亡くなっている亡父の父(祖父)の相続手続きから
離脱できます。

これにより、残った亡父の相続人が祖父の遺産分割の
テーブルにつくことになります。

Q遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


相続人とはどういう基準で決まるのでしょうか?
我が家では、母・父しかいませんし、母方も叔母、父方は誰もいません。


両親が亡くなった時だけ相続放棄をすればいいのか、遺留分の放棄を前もってしておけばいいのかさっぱり分かりません。

一番知りたいこと
(1)相続人とはどういう基準で決まるのか。
(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか?
(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか。
(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか?


以上になります。よろしくお願いします。

遺留分の放棄と相続放棄の違いと、どういう基準で相続人が決まるのか?

遺留分の放棄と相続放棄の違いとは平たくいうとどちらが強いですか?
調べたところ
■相続放棄→遺留分の放棄もへったくれもありません。正も負も含めて全て放棄すること。

■遺留分の放棄→亡くなった人をAさんとしてその相続人が3人、BCDとします。
        Aが「相続財産はBとCに全て与えDには一銭も与えない。」
        と遺言書を書いていても、Dには一定の相続権があります。これが遺留分。

こういうものでした。


...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・父のみ
http://minami-s.jp/page008.html

>(2)相続放棄をすれば、一度すれば全て(正も負の財産も)放棄できて、後で発覚した借金も放棄したことになるのか…

一度って、あくまでも父なら父に関するもののみですよ。
父が亡くなって相続放棄したからといって、母からの相続権まで放棄したことにはなりません。

>(3)遺留分の放棄の相続人は遺言書の有無は関係してくるのか…

そもそも遺言状がなければ遺留分は関係ありません。
例えば父が先に亡くなったとして、父が「全遺産を妻 (母) に」という遺言状を残したとしても、あなたには法定分の半分を請求する権利があり、これを遺留分というのです。
http://minami-s.jp/page010.html

>(4)関係してくるとすれば「遺留分の放棄」はどういう基準で相続がきまるのか…

(3) の例で、あなたが別に何も要らないと思うなら、それが「遺留分の放棄」です。
基準も何も、遺言状で除外された人の心一つです。

>(1)相続人とはどういう基準で決まる…

遺言状がない場合のことを、法律が順位を付けて決めています。
あなたの場合は、
1. 父が先に亡くなったとき・・・母とあなた
2. 母が先に亡くなったとき・・・父とあなた
3. 父が亡くなってその後で母がなくなったとき・・・あなたのみ
4. 母が亡くなってその後で父がなくなったとき・・・あなたのみ
5. あなたが父母より先に亡くなったとき・・・父および母
6. 父が亡くなってその後あなたがなくなったとき・・・母のみ
7. 母が亡くなってその後あなたがなくなったとき・...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報